クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8879bb22.jpg

    3d98c90a.jpg

    d066c8dd.jpg

    e854776d.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    明日はお休み!だから日記の更新はなし、ふなです。

    急に会社から7月は1日以上有休をとりなさい!と
    わけのわからんメールが来て、明日休むことになりました。

    奥さんはパートない、子供たちも夏休み初日!ということらしく
    パパが休めばみんなでどこかに行けるね!という
    絶好の有休消化日和。
    どうしようかなー、みんなで回転寿司にでも行こうかな。

    さて、回転寿司と言えばくら寿司派です。
    かっぱの食べ放題にも魅力を感じますが、
    やっぱりくら寿司の魅力と言えば、びっくらポン!です。
    ルーレットを回すためにひたすら皿を重ねます。
    いえ、重ねないで投入します。

    前回は5人で、50皿つまり10回回して3回当たりました。
    くら寿司はわかっていないと思いますが
    480円のラーメンとか、680円のうなぎとか
    注文したくても出来ません。
    なぜなら皿が増えないからだ!
    230円のデザートも、ルーレットに関係ない皿で来るので
    200円分の皿+30円、ってことにすれば
    もっと売上あがると思うよ。
    680円のうなぎやシャリカレーも同じ。
    まず100円単位で皿を重ねて、端数をカウントする皿にしろよ、と思う。
    そうしたらもっと注文するのにね。

    そんなくら寿司なのですが、新メニューは大抵試します。
    シャリーカレーパンも試しました。

    今回はやっとその意味がわかったのか、
    デザートですが、シャリコーラシュークリームです。
    そう、100円なので、皿を増やせます。
    つまり、注文できます!!!。

    シューアイスは既存のメニューにあったのですが、
    シャリコーラシュークリームとは別物です。

    まずはパッケージですが、まあ、普通だよね、、、
    なぜか「米」の文字のデザインです。
    あ、これはシャリコーラのデザインなのですね。
    シューの部分に米が使われていることはないと思います。

    というか、シャリコーラ飲んだことないので
    わかりません。
    皿が増えないメニューはめったに頼まないので、、、

    袋から出して、外見も普通のシュークリームですね。

    一口食べてみました。
    うーん、シュークリームだよなぁ、、、
    確かに変な味のクリームではある。

    そもそもシャリコーラの味を知らないので
    シャリコーラを想像するしかないのだが、、、
    なんとなくわかった気がする。

    進化としては
    ・シャリカレー → シャリコーラ → シャリコーラシュークリーム と
    3段階目に来ているので、
    まあはっきり言って、開発者の自己満足しか感じない。

    当たり前だが、シャリコーラが十分マーケティング的に広がっているから
    シャリコーラシュークリームが出せるのであって、
    こんな時間に世界征服の真っ黒Dのフィギュアのコップのふちこを入れるケースを
    がちゃがちゃで出そう、くらい、突拍子もない企画と思う。
    ベースがない上に、その上に載せる、砂上の楼閣になっているなぁ。

    そもそもシャリコーラシュークリームを注文する層はシャリコーラを飲んだことある層だと
    思うわけです。逆はないと思う。
    シャリコーラシュークリームがおいしい、じゃあシャリコーラ飲んでみようか、という層は
    いないと思うんだな。

    クリームの色は普通のシュークリームと変わらない。
    はい、食べたよ、全部食べた。
    文句言いながら全部食べた。

    じゃあ、評価的には、、、

    インパクト ★☆☆☆☆
    味     ★★☆☆☆
    コスパ   ★★★☆☆

    うーん、半年から1年で消えると思う。
    1つはインパクトがない。シャリコーラはシャリ味なのに炭酸水感があるという
    インパクトがあると思う。
    しかし、これは炭酸水感が全くない。
    シャリ感もない。やや変な味のコーラ感があるのみである。

    コーラ味のシュークリームと思えば、パンチがないので
    ぼやけているなー、よく商品化OKしたな。
    社長の舌もバカになったか。と思うようなもの。
    確かあそこは社長がOK出さないと店頭には出ないので、、、

    ネタに詰まっているな、という気はする。
    シャリコーラ路線はどこまで行くんだろうか。
    次はシャリコーラエクレア、とか、シャリコーラダブルシュークリームとか
    さらに揚げてしまうとか?しかインパクトはないなぁと思う。

    あ、これから夏だし、シャリコーラかき氷とか?シャリコーラガリガリ君とか。
    その辺だろうなぁという気がします。

    というわけで、シャリコーラシュークリームは半年から1年の製品寿命、大ヒットはしない、と
    予想しました。
    さて、来年あたっているか答え合わせをしましょう!

    じゃあまた!シャリカレーも食ったことない!皿重ねるシステムにしよう!ぴっくらぽん好き!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e206294a.png

    5d2e5181.png

    7bca8e65.png

    12e20611.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ラーメンのルーツの新常識が発見された、ふなです。

    日本で最初にラーメンを食べたのは水戸黄門であるという常識が
    覆る文献が発見された。


    ラーメン博物館は2017年7月13日、公式ウェブサイトで
    「ラーメンのルーツとなる中国の麺料理が室町時代に食べられていたことがわかりました」と
    発表した。根拠となる史料の1つは、足利義満が京都の相国寺に設けた
    「蔭涼軒(いんりょうけん)」に住む僧侶が記録した『蔭涼軒日録』という日記。
    もう1つは、元時代の中国で書かれたとされる、宋時代の生活をまとめた
    『居家必要事類(きょかひつようじるい)』という生活百科事典のような書物だ。


    ニュースを知っているラーメンマニアは多いだろう、
    だが、聞きたい。「原文を見たのか?」である。

    ニュースソースを確認しないで、ニュースを語ることは
    情報リテラシー教育が成功していないと思う。

    人間は、同じ情報を3か所から聞くと、それを真実と思い込む
    心理学上の性質がある。

    このニュースも同じようなニュースを3か所以上で見たと思う。
    だから真実である、という勘違いしている人が多いと思う。

    ちなみに同じ手法を使えば、「釣れるルアー」を作り出すことも出来る。
    心理学上可能なのであるが、今回の主題とはズレるのでまた今度。

    今回の文献ロジックは非常に面白い。

    それは
    1、『蔭涼軒日録』には、1485年に僧侶が『居家必要事類』を調べて「経帯麺」を見つけた
    2、1488年には来客に経帯麺を作って振る舞ったことが書かれていた
    3、『居家必要事類』には経帯麺の作り方が掲載されていた
    4、経帯麺の材料は小麦粉とかんすいであった。汁は任意で。
    5、ラーメンの定義には材料に小麦粉とかん水を使うことが定義されている
    6、よってこれは日本最古のラーメンである

    というロジックである。
    ロジックに関心しているのは私だけだろうか。完璧である。

    さて、原文にアクセスしてみよう。
    ラーメン好きなら歴史を学ぶことは大事だ。
    さあ原文にアクセスだ!
    『居家必要事類』
    http://base1.nijl.ac.jp/iview/Frame.jsp?DB_ID=G0003917KTM&C_CODE=NARA-00196

    今から500年以上前に作られた文献とは思えないくらいしっかりした
    保存状態である。

    が、800ページ以上もある。20冊をまとめているらしい。
    探すのは困難を極めた。

    逆にいうとこんな文献、まず見ることはないなぁーと。

    ということで、まずは目次から見てみると
    13冊目が当時の料理本というかレシピ集であるので
    まずは13冊目の表紙を探すところから。

    気分はトムハンクスで、アメリカントレジャーのようだ。
    よーし、13冊目を見つけたぞ。
    556ページにその表紙はあった。

    次に目次を見つけた。
    これだ!
    560ページに目次がある。

    気になる料理名とか並んでいるけど
    その中にもちゃんとある。
    温麺食品、なのかな?
    ソーメンが並んでいるから、温かい麺というのは違うかもしれない。

    読めん、古文とか漢文を習った人なら読めるのだろうか。
    高校時代に「古文とか漢文とか、タイムスリップして現地の人と
    話すチャンスなんてないから、勉強するなんて無意味、無駄だ!」と
    言ってコンピュータのことばかりやっていた自分を殴りたい。

    しかし、グーグルさんで調べたら、、、
    http://kanjitisiki.com/zinmei02/068.html

    湿の旧字だと判明した。
    なるほど、湿った麺食品ね。

    高校の時の先生!やっぱり古文漢文は不要でした!コンピュータがあれば十分です!

    さて、次はいよいよ本文である。

    586ページにその経帯麺の記述は始まる。
    587ページにも続く。

    古文か、、、レ点くらいしかわからん。

    つけめん、のようであるね。
    湯に通し、涼しい水に入れ、水を切る、と読める。

    汁任意、も読める。そうか、
    精進料理だから、冷たいつけ汁なのか、暖かいつけ汁なのかわからんが
    ここからわざわざ暖かい汁にはつけないだろう。
    冷たいつけ汁で召し上がれ、であろう。
    隣にソーメンの記述「素麺」があることから

    ソーメンと同じつけ汁風だったのだろうな、という想像はつくのだけれど。

    ということで、確かにそこにラーメンの期限を記す文献が存在したのである。

    ニュースを発信する側がよく、フェイクニュースを発信するんだけど
    こういう風にニュースソースを確認すればフェイクニュースを発信することはないのである。

    しかし、今から500年も前にラーメンが食べられていたという事実は非常にびっくりだ。
    その歴史はソーメンと同じというのも興味深い。

    本日は日本ラーメンの最古を思い出しながら
    から揚げとポテトを食べたい。

    じゃあまた!最古の二郎は文献はよ!山のごときの肉野菜!注文時にまじないを唱え!客はデブ!みたいな記述!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3e48ee04.jpg

    9ffb1159.jpg

    c74f279f.jpg

    f55d6f5a.jpg

    f0fb4a56.jpg

    5561d22a.jpg

    f3fc7026.jpg

    0d6f6c46.jpg

    845e9ae0.jpg

    2057098e.jpg

    c292f439.jpg

    44325d6e.jpg

    3643552f.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    あつはなついね、ふなです。

    毎日猛暑で暑いですね。
    そんな中、外でも涼しくというコンセプトで
    空調服が欲しくなりました。

    でも探してみると、約3万円、、、高い、、、。
    じゃあ自作してみよう!ということになりました。

    予算は2000円!
    ということで、さっそく作ってみました。

    用意するのはUSB扇風機2個、適当な服、モバイルバッテリーなどなど。

    USB扇風機はプラスチックの軽量のやつがいいでしょう。
    薄型のあればもっと良かったけどね。

    さて、これは近所のじゃんぱらで500円(税込)でした。
    なので、2個で1000円。

    服は、おねえさんにもらったもの。0円。買うと1000円くらいするのかな?

    まず、最初にUSB扇風機を分解します。
    分解と言っても、スタンドを外して捨てるだけです。
    そして、カバーを分解します。

    服の内側にUSB扇風機のファンカバーを付ける向きになります。
    これを接着したかったのだけど、このカバーがプロポリピレン製で、
    Super??X多用途とか、クリアーGPとか、使ってみたけど
    まったく接着出来ない。

    あきらめて、ビス止めしてみた。
    2mmのビス長さは10mm、これで、無理やり止めてみた。
    さらに、ウエストを抑えるためにゴムを入れてみた。

    うむ、完成じゃ!
    モバイルバッテリーをつないでみた。
    モバイルバッテリーはいつもスマホの充電に使っているやつです。
    13000mAHつまり13AHですね。
    流用するので0円。買うと3000円くらい。
    いくぞー!!!!
    スイッチ オーーン!!!
    フォーーーン、、、、涼しい。

    これならいけるぞ。釣りに仕事に。

    けど、少し不安が、、、、
    服の生地から風が抜けすぎる気がする。
    もっと首元とか、手首から風が出てほしい。

    あれだね、CPUファンみたいにもっと風量が欲しいところだ。
    USB扇風機ということもあって、電流を測定すると500mA弱。

    USBの規格めいっぱい使っている。
    5Vの500mAだから1個のファンは2.5Wである。
    2個で5W、1A相当の消費。
    1時間で1AHだから13000mAHのモバイルバッテリーでは10時間動作する計算だ。
    本当かな。

    これで炎天下でも涼しく釣りなり仕事なりが出来ればいいけど
    ちょっと服の材質に難ありなので、もっと空気が抜けない仕組みを
    考えないとダメかなー。

    そういえば市販の空調服って、もっと目が細かい生地で出来ているね。
    なんとか、生地の目から空気が逃げない工夫をしようと思う。

    ダメなら水冷服だ!

    空調服の最大の弱点は水に弱い、ってことである。
    ファンに水がかかったら壊れる。
    汗も水である。かなりやばい。
    当然、船釣りではしぶきを被れば壊れる。

    急な雨でも壊れる、洗濯できない、、うーん、、、
    いろいろダメだこりゃ!

    じゃあまた!エレベーターに乗ってたら小学生に笑われたぞ!生地が肝だな!今週買いに行けるか!加工するか!むーん!

    このページのトップヘ