クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    logowtagline.gif

    MSの新しいロゴ、なんでタイトルに(R)がついているんだろうか、まあいいや。

    そこで、これを和訳することにする。
    直訳すると 「あなたの可能性。私たちの情熱」
    であります。ふつうの企業なら
    「あなたたちの可能性は、私たちの情熱で作ります」となる。

    しかし、接続詞等もないので意訳はもっと違う意味になると思われます。

    Your potentioal は あなたの可能性 で Our passion は我々の情熱 は正しい。
    しかし、あのMSだ。そこはちゃんと意訳してあげないと失礼にあたる。
    この場合、「あなたの可能性は、我々の情熱による。」という意味に近い。

    つまり「MSがあなたの可能性を制限する」、とか潰す、といってあげることにする。
    逆にいえば、「我々の情熱が無ければあなたの可能性もない、」と言い換えることができる。
    MSの天狗さ、傲慢さ、わがままさ、を加味して

    「おまえらの可能性は、俺ら次第なんだよ。」ってことである。
    しかし、これが映画の台詞に出てきても長すぎる。戸田奈津子ならもっと
    ちゃんと意訳するだろう。
    たぶん、こんな風だ

    (Your potential. Our passion)
    「だれのお陰だと思ってるんだ?」

    こう訳されるに違いない。いや、こう訳すことにしよう。
    想像してみよう、星一徹がちゃぶだいをひっくり返しながらこう叫ぶ!
    「Your potential. Our passion!」
    ぴったりだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨日までの2日間、プロジェクトマネージャ研修を受けてきた。
    詳細はこんな感じ

    研修自体はどうってことないのだが、いや、まあ役に立つといえばいい感じである。
    面白かったのは他の受講生である。
    ビデオを見ながらそれについて、どうだったということを話し合う。
    1日目にビデオの中身をもう一度見て検討したいことが何度かあった。
    もう1回見せてーとお願いした人もいるがだめだったようである。
    2日目にオレはカセットテープを持参し、ビデオの音声を録音して望んだ。
    まあ2日目の内容は再度、検討する必要はなかったのだが、最後に他の受講生から
    突っ込みというか、嫌味というか、受けた。
    「この講座では我々にはビデオを見る権利しかないですよね?録音する権利はありますか?」と
    講師に聞いていた。
    もちろん講師は「そうですね、ないです」と言っていた。
    まあ、別に録音しても止められることなく、行っていた(わざと見えるように)
    ほかの受講生からすると「ずるい」と思ったのであろう。

    さて、「ずるい」ことは悪か?厳密にいえば著作権違反かもしれない。
    しかし、研修内容を万全にこなすためにはそういう対策をしないといけない。
    無策のまま1日目の失敗を何の対策もせずに2日目を受講する他の受講生の態度は
    まさにダメビジネスマンのように写った。ここを突っ込んでやりたかったが、まあ無駄なので静観。
    サッカーに試合でも日本チームはラフプレイが苦手だ。
    これはラフプレイだと思っている。

    さらに著作権違反だとして、訴えるか?という話。
    費用対効果の点からしてもありえないし、そんなことをすれば顧客を失う。
    そこまで考えてやっているのだ。
    ビジネスの世界は結果がすべてだ。リスク管理の研修は受けていないが
    受けたいなぁ。
    あと帝王学とか社長業とかそういうの。
    MBA取る?無駄かな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    釣具やで売っているヘラ用のカウンタは高い。
    最低でも1500円くらいする。
    んが、価格破壊の波はここまでやってきたー。
    ダイソーで発見したのである。

    DVC00100.JPG

    DVC00099.JPG

    105円、安い!しかも水に浮くほど軽い(すまん実験してない)
    これで、何匹釣ったのかカウントできるのである。

    ダイソーにはいろいろ売っている、本当にすごいと思う。
    確かに品質は70点のものが多いが、満足度は70-130%くらいのものが多い。

    次回のNHCは7月11日の清遊湖である。
    餌は完全指定のベーシックとオールマイティである。
    なんだが似たような作りだな。まるでパウダーベイトのセットとセット専用バラケである。
    よくわかんない。使ったことがない餌なのでしかも、プラできないので
    当日水とあわせて、沈めて特性を理解して始めるという、素人には困難な作業である。

    NHC2戦やってみてリミットの釣りを展開して思ったことがある。
    リミットの釣りじゃ勝てねー。ちなみにオレは2戦、4ステージ全部リミット達成している。んが
    ステージポイントは取れても、試合ポイントは取れていない。
    あたりまえのようで難しい。へらぶなは数がつれれば型を選べる。が、数が釣れなければ
    大きいのを狙うしかない。ということは、大きいのを狙う釣りにしないといけない

    すなわち、ギャンブルの釣りということになる。
    基本は600g以下はリリースということになる。
    型の大きい層、釣り方を狙うことになる。2ステージでどっちかでシングル入賞しステージポイントを
    40点くらい取るとまず、大会ポイントはゲットできる。
    根本的に狙いが間違っていたようだ。
    そうかぁ、なかなか難しいなあ。清遊湖ではいろいろなアイテムを登場させよう。
    あとは腕しだいである。

    このページのトップヘ