クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    近所の公園に散歩に行った。
    ここの池でザリガニが釣れる。ロッドは〒ムジン・ツアーエジソンの0.5XXH。0.5ftで硬さは
    XXHである。ラーメン屋などに大量に置かれていて2本1組、2本に割って使う。素材は元電柱。
    ラインはTAKO40lb、紙の糸巻きに巻いてある。25mで100円。ルアーはTOPVALUサキイカ100円。リグはワッキーをシングルノットで。

    まず、ベジテーションのシェードにフリーフォールしてサスペンドさせる。するとビジブルに優れたラインが
    ゆっくりとラインスラッグを無くしていくのでスローに引き寄せる。
    水中にクローフィッシュをサイトしたらネットで捕獲するという釣り方だ。
    #って、ザリガニ釣りをこんな風に解説するあほはオレだけか?

    ところが、どうもバイトが違う。明らかに魚がつついている感じだ。
    そこで近所の釣具やに行き、尼スレ8号(ハリスは3号)と一発(中)を買ってきて
    TAKO40lbの先につけてみる。
    何度か餌を取られたが、、、ついにヒット。40cmくらいの鯉だった。
    って、全部奥さんに釣らせた。オレは木陰で子守り(笑)。

    〒ムジン・ツアーエジソン0.5XXHは折られることもなく(1PCでソリッド素材なのにね!)
    TAKO40LBは切られることもなく。700gくらいの鯉が釣れた。わははは。
    でも池の水が汚かったのですぐにリリースした。

    そろそろ近所でテナガエビが釣れる季節である。
    今年はちょっと新しいアプローチを考えてみた。
    やってみたいのだが、時間がない。今度の土日の早朝にこっそり実験してみようと思う。
    100円ショップ(CANDO)で買ったある道具を使うと爆釣するはずであーる。
    乞うご期待。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    環境庁ではパブリックコメントを募集中と霞オヤジのHPにあったので見てみた。
    (う、BLOGならトラックバックするところだが、、)
    んで、まずその方針をみてみよう。(PDF)


    http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/mt/archives/000126.htmlにフォームメール作りました。
    どうぞーご利用ください。


    で、要するにバスがどうなるか?だけに視点を置いてみる。
    ちなみに鯉ヘルペスやセアカゴケグモやジャンボタニシ、カミツキガメ、タイワンサルなんかもそうだな。
    まずは、関心のあるバス関係をどう見るか。
    深読み&都合のいい解釈も含む。

    >生態系等に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物を特定外来生物として指定し、
    >国内における適正な管理が確保された者以外にはその輸入や飼養、栽培、保管又は運
    >搬(以下「飼養等」という。)を認めないものとする。

    飼養してはいけない、という観点からルアー釣りはOKで餌釣りはNGであると考えられる。
    餌は飼養にあたる、ルアーは餌ではないので飼養にはあたらないという考え。
    釣堀は外部に逃げない構造になっていればOKなのかな?

    >概ね明治元年以降に我が国に導入されたと考えるのが妥当な生物を特定外来生物の選定の対象とする
    バス、ギルは対象っぽい

    >学識経験者の選定は、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫類、維管束植
    >物等の生物の分類群に対応するよう留意する。
    魚類だねぇ

    >飼養等の許可の考え方
    どうするんだろ?河口湖漁協、許可でないと飼育できないってことになったら。

    >採取した直後に放つ等の行為は本法第9条の対象とはならない
    キャッチ&リリースはOK

    >捕獲又は採取後の特定外来生物の飼養等や譲渡し等については、引き続き本法の規制が適用されることに留意する。

    トーナメントでは釣った魚は会に譲渡するような規則になっているので、ルール改正が必要ですね。
    あるいは釣ったらすぐ検量というスタイルになるのかも。

    >防除を行う区域及び期間
    >全国的に広く蔓延している場合など、必ずしも区域が特定できない場合には
    >全国や広範な地域を対象に防除の区域を定めることとする
    >防除が長期間にわたる可能性が高い場合には、適宜防除の効果を評価し、
    >必要な期間の延長等が行えるようにする
    効果を評価し延長って、効果がないときも延長??

    >防除に使用する捕獲猟具(銃器を除く。)には、猟具ごとに、実施者の住所、氏
    >名、電話番号等の連絡先を記載した標識の装着等を行うものとする。
    基本的に駆除のための釣りをする人は竿にでっかい標識をつけることになるので
    すぐにわかりますね!

    >わなを設置する際に防除の対象生物の嗜好する餌を用いて捕獲を行う場合は、他
    >の鳥獣を誘引し、結果として鳥獣による被害の発生の遠因を生じさせることのない
    >よう適切に行うこと。
    あ、釣りという方式はダメでしょうね。エリもだめ、投網もだめ。
    バス、ギルだけを取る方法ってないですねぇ

    >原則として防除の公示に沿う防除実施計画を策定し、
    >当該防除実施計画を実行する財政的、人員的能力を有していること。
    要するにお金、人は駆除したい人が出しなさいということ。
    駆除のための釣り大会(一般参加型)は人員的能力を有しているとは言えないのでNGでしょうね。

    >防除を行う者は、防除を行う時は、確認又は認定を受けていることを証明する書類を携帯すること。
    これもあわせて判断。
    ますます釣り人頼みは困難で、なかなか環境庁はやるなぁ

    >原則として、我が国に導入された記録のない生物又は過去に導入されたが野外で
    >定着しておらず、現在は輸入されていない外来生物を未判定外来生物の選定の対象
    >とする。
    お、バス、ギルは選定から外れた。ギルの導入記録がなかったら笑うぞ。

    と読んでみました。
    間違った解釈があるかもしれんが、、、

    で、パブリックコメントを募集だって。
    何書くのかな?
    バサーの意見としては
    「ブラックバスについては輸入記録もあり、すでに帰化生物という認識にあり
    また地元の経済を支えているので防除した場合の損失を考えると
    対象としてはずすのが妥当だと思います」ということを言えばいいかなぁ。
    あて先は
    gairai@env.go.jpです。
    フォーマットは

    氏名(又は会社名/部署名)
    住所又は所在地:〒
    電話番号:
    FAX番号:
    ご意見
    <該当個所>(案中のページ数を明記してください。)
    <意見内容>

    です。


    続きがあります、に条文をコピペした。↓わかりずらい、読む気にもなれん。
    【特定外来生物被害防止基本方針】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨日、テレビで東京都主税局が押収品をヤフオクで売るということをやっていた。
    ピアノだったりリトグラフだったり。
    んで、見てみると、、

    その中でロールスロイスが出品されている

    まさか脱税者の個人情報を公開するわけにいかないから、ナンバープレートにはモザイクが
    掛けられている。
    うんうん、いい感じだ。
    で、詳細を見ると、、、

    登録番号 多摩33つ6866 高さ 148cm
    登録年月日 平成3年5月16日 総排気量 6.74リットル

    アホか!ボケか!まるわかりだ。なんのためのモザイクだ!
    陸運局に行くと250円で所有者がわかるぞ。
    なに考えてるんだか、公開捜査か!

    ちなみに、、
    走行距離 32,023マイル(平成16年6月1日 車内メーターにて確認)
    はい!知っている人は知っていますね。
    そんなメータはあてにならないことを、、コンピュータ聞かないとわからんのじゃボケェ!

    たぶん鉄くずだね。でも高騰すると思う。こんな程度の悪いものでも
    「東京都」が売るのだから、で、そのあとトラブルになるだろうな。
    損害賠償請求だ。1億くらい取れるかも。ということは、、、逆に「買い」かも!

    このページのトップヘ