クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    最近、つぼリグという言葉を聞いて、ちょっと調べてみた。
    ひょっとしたら新しい釣れるリグかもしれない。
    すると、ちょうどお猪口にクローフロートクランクをセットしたようなものだと判明した。
    このお猪口にクロークランクが隠れるのでエビっぽさを演出するらしい。
    さらに、お猪口がシンカーなので、1点でシェイク(?)できるようだ。
    ふんふん、なるほどね。一応、サイトで使用することが前提になっているようだ。

    ということは使えるシチュエーションは限られてくるような気がする。
    6-9月で、シャローフラットで待つ釣りになると思う。
    さすがにバスの目の前にツボを落とすと逃げるだろうから、シャローのエサ食い回遊待ちが効果的か。
    遠投には向かないだろう、根がかりする要素が多すぎるなぁ。
    関東なら富士五湖方面で使える気がする。シャローフラットにツボがあってエビが隠れているのが
    見えたので待っていたら出てきたエビにバイト!か?
    2m以内で使えると思うけどサイトはつらいな。みえづらいかも。
    で、普通はここで解説おしまいであるが、オレはその先を行くことにした。

    このツボリグの最大の特徴はツボである。いまさらなにを、と思うかもしれんが、このツボはすごい。
    フローティングクロークランクに3号のナス重りでも同様のことは出来る。
    しかし、ツボと大きく違う点は、クランクが隠れる、ということもあるがもっと大きく考えると
    このツボはストラクチャーなのである。
    シャローフラットにストラクチャーがあったらとりあえずバスは寄ってみる。あるいは興味を持つ。
    それはルアーにではなく、ストラクチャーにである。ツボはストラクチャーなのだ。
    よくバスが、空き缶についている、とか、瓶についている、ということを経験した人も多いのではないか?
    ツボリグはなんにもない、シャローフラットにストラクチャーを作ったのだ。
    ルアーで集魚するのではなくストラクチャーで集魚するという発想のルアーなのだと思う。
    #製作者はここまで考えてないかもしれんが、、、

    そうすると、これまでいかに小さく重くするか?というシンカーの命題を完全に否定することにより
    シンカーが進化(おやじギャグじゃないぞ!)してツボになったのだろう。
    超左脳理論ではさらに先を行く。
    では、もっと効果的な使い方はないのだろうか?
    それはツボリグのソフトベイト化である。
    高浮力のソフトベイトを使うことにより、より効率的にバスを釣りことが出来る。
    さらにサイトに頼らなくてもよいことになる。遠投も出来るだろう。
    バイトもはっきりとわかると思うし、ツボも陶器にすれば、万が一根がかりしても
    陶器は石と同じで環境にやさしいし、フロートワームは浮かんで流れ着く。

    フロートワームは4インチチューブワームに浮力材をつめたものが適切か?
    遠投してもラインの抵抗に負けない浮力が欲しい。
    さらに、ツボリグではクロー限定だが、シャッドでもいいのではないか?
    ストラクチャーに着くベイトはクロー系だけとは限らないと思う。ヨシノボリみたいのがいてもおかしくない
    すると使えるシチュエーションがかなり広がる。

    応用例を考えよう!ツボリグは小さなストラクチャーだが、もっと違うのでもいいのではないか?
    たとえば、「杭リグ」。水中で立っている杭をイメージし、ちょうどダウンショットの横に
    杭が有る様子だ。バスは「お!杭だ、ちょっと隠れてみよう」と、よってくるとその杭の横に
    おいしそうな魚がぼけーっっとサスペンド中。イケル!かも。

    「オダリグ」シンカーをオダのイメージにし、その上にクローワームがいる。バスは目ざとく
    オダを見つけ、エビがいねーかな?とチェックするとエビ発見!と相成るわけだ。
    しかし、どっちもかなり遅い釣りになることは必至、どっちかというと漁に近いな。

    ストラクチャーを投入するという案では昔、ポイントマーカーの糸をウィード風にする案を出したっけ。
    これで山中湖のワカサギの回遊の足を止めようという作戦だった。けど、当時はウィード代わりの
    ものが見つからなくて、、それとルール上、マーカーは1人1個!となったので何個も投げ入れ作戦
    はだめだったような、、今は100円ショップに造花がいっぱいあるのでそれを利用できるな。
    3人くらいでマーカー打ったらウィードの林、、、に見えないこともないかも。
    やってみるかー。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ok16.JPG

    100円ショップで買ったもの。なんだかわかる?
    実はこれは竹の根。長さ95cmで2本で100円。安いね。
    これでタモを作ろうと画策。さらにもう1本の方で、針はずしを作ろうと画策。

    タモについては全長95cmということで直径は、、
    95cm÷3.141459 =30.239cmになる。
    今の小学生は 95÷3=32cmくらい。って計算か。誤差が大きいな(笑)
    こんだけあればいいだろう。小型は十分。でも超大型は対処に困るか、、

    さらにタモの柄との接続をちょっと考えると少し直径が伸びる。
    T型の部品をわっかに入れるからさ。
    T型の部品を作った余りで針はずしを作るのだ。わはは。
    どうなるか、乞うご期待。

    関係ないけど、SDカードがおかしい。いや、SH505i
    MiniSDカードを使っているけど16MBなら画像がちゃんとPCにコピーしても見られるのに
    32MBのSDカードを使うと画像が見られない。
    BUGか?
    面白いことにそのデータは携帯同士では見られる(SDカードを入れ替える)ので何が悪いかさっぱりである。
    なんだかなーである。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    09050001.JPG
    舘野ちゃんバス
    09050002.JPG
    オレバス
    09050003.JPG
    アマチュア
    09050004.JPG
    あ、舘野ちゃん発見
    09050005.JPG
    プロ部門、俺みえないじゃん!

    つーことで、ラインは東レなんですが、いつも4lbを使ってます。たまに大物狙いで5lb。
    フロロカーボンがメインです。たまにTOPでナイロンを使ったりしますが。
    ベイトもフロロの10lbが多い。大物狙いで12lb。ブッシュでナイロン20lb。
    フックはチヌ環付き1号が多い。なかなか売ってないので大きい店で買占め(と言っても2袋程度)
    特に0.5号、0.8号の環付きチヌはなかなかお目にかかれない。

    チヌ針のいいところは、安い、刺さりがいい、バスを傷めない、バレない、ルアーを殺さない、大型もOK
    などである。6/0とかのオフセットフックでもいいけど、タックルバランスからいってかなり難しいと思う。
    その6/0フックをバスの上アゴに貫通させるにはどのくらいのパワーが必要なのだろう。
    ラインは、ロッドは、フッキングパワーはどのくらい必要か?って考えるとゴッツクなっていく。
    当たり前だが、釣ったあとのバスのダメージも大きい。
    フック自体が重量を持つためルアーを殺すことになる。
    いや、ルアーも大きいフックを前提に作られるか。まあ、そういう理由で2/0 以上のでかい
    フックを使ったことがない。

    そういえば某社の新発売のワームをノーシンカーで使い、ネイルシンカーを入れたら、、
    なんとバイブレーションのようになった。
    以前、ソフトベイトのバイブレーションが欲しいと思っていたのでこのルアーはまさに!である。
    たぶん、JBのトップの方ではこの使い方をしているんだろうな。
    すぃーくれっと!ってところですか、、、
    単純には泳いでくれないので、フックの位置、シンカーの位置が微妙だ。
    スケール作って、フックはこの位置、シンカーはこの位置って決めるようにしようか。
    欲を言うなら、引いてくるとバイブレーションなのだが、止めるとスーーっと落ちるので
    そこでも波動を出しながらフォールして欲しいな。
    そのためにはテールが必要だ。ちょっとライターであぶってなんかのテールをつけてみるか。
    たぶん最強のソフトベイトになると思う。
    サイレント小型バイブレーション+ソフトベイト。くぅー最強じゃないですか。想像しただけでも10匹釣れた(笑)
    例えばウィードの上を引いていき、ウィードエッジになったらフォールさせる。それをスピナーベイトの
    半分から4分の1の速度で出来るとしたら使いたくない?しかもにおいと味付き。
    Do Notihngでも釣れる。ズル引きOK。バイブレーションとかスピナーベイトのズル引きじゃ
    釣れないよね??
    今はビッグベイトブームを作っていると思うけど、これからのブームはハードベイトのソフト化だと思う。

    問題は飛距離かな?軽いのでそんなに飛ばない。1/16ozのネイルシンカーじゃ
    4lbで投げても、、、ってところですね。
    ということで、また明日。じゃなかった。
    NHC第4戦のインタビューが載りました。ちょっとうれしい。
    しっかりBLOGの宣伝もしてしまいました。自分のね。
    あとスカパーの「NHCへらぶなトーナメント関東シリーズ第4戦」 もあります。チェキナ。
    来週になったらこっちのURLかな?

    ということです!また明日!

    このページのトップヘ