クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    メダカ産卵、護岸工事で水流早まると半減

    ニュースの引用だけど、ちょっと水流がはやまったくらいでメダカに影響ないだろう、よし影響なし。
    なんていう環境調査がもう通用しなくなる。
    同様に、ちょっとしたPH変化や水温変化、塩分濃度なんかも関係あるだろう。
    バスがメダカを食う、なんていい加減な本も出なくなる。

    バスを狙う場合でも護岸ポイントはあまり釣れない。どっちかというと水門とか
    水が緩むあたりがポイントになる。
    水流が4cm/秒以上のポイントしかないところと、複雑な地形で1cm/秒以上になっている
    場所があるのではより幅の広いレンジがあるほうがたくさんの生物の住む環境にはいい。

    護岸工事で湖や川をプール化しているとどんどん、生き物が減ることくらいわかりそうなもんだが、、
    だからといって護岸を壊して自然にしろ、とは言わない。
    護岸の沖に浅瀬を作ればいい。ビオトープを護岸の向こうに作るのだ。
    これなら水害の時の決壊の恐れはない。ビオトープが流されるだけなので
    ビオトープを再構築するだけですむ。
    簡単なんだがねぇ、、おっと霞オヤジみたくなってきた。

    そういえば小池栄湖のにごりの問題。
    おれは小さい頃に庭に池を作っていた&熱帯魚バカだからわかるのだが、池のにごりを取ろうと思ったら
    2通りある。1つ目はきれいな水で流す、2つ目は吸着する。
    にごりの原因は細かいごみである。ミクロとかナノとか。
    沈殿を待っているようだが、ごみが軽すぎるので沈殿しないのだ。
    水道水を流し続けると、きれいな水が軽いごみを流してくれる(オーバーフローさせる)ので
    時間も水道代もかかるがきれいにはなる。んが、こんな方法は野暮だな。
    2つ目の吸着に期待したい。
    吸着させるにはいろんな方法があるが、一番はやはり炭である。
    池の水を巡回させ、濾過するのだ。
    木を炭にするのでもいいし、市販の炭を使ってもいい。
    これでにごりはかなり取れるはずだ。
    ただし、炭はかなりの量を用意しないとだめ。俵4表くらいは覚悟して欲しい。
    池を作ったりした時に出た廃材を炭にしてもいいだろう。
    炭は炭素で出来ている。空気中の温室ガスCO2を固体にして
    温暖化防止にも役に立つ。
    ちなみに濾過器のモデルは川遊び
    とか、なんとか動力を確保して、池の水を濾過してみたらいいのにね。
    太陽電池でポンプ駆動、、大変かな。
    風さえ吹けばガリレオの揚水ポンプが簡単だけどね。
    同時にモグラよけになるし。しかし、風力とか結構計算しないと動かないかもかも。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    相変わらず勝負の釣りが出来ていない。
    成績表でわかるとおり、リミットの釣りじゃだめだぁ。
    たとえば棚網さん。1stステージ1匹。2ndステージ5匹で上位だ。勝負師だなぁ。

    その前に選べるほど釣る事が出来ないということだ。
    前半6匹、後半8匹ではそうそう選べない。

    ちなみに田中ちゃんはもう少しの11位。うわさで「うーん11位か12位」と言っていたら本当に11位。
    どっちにしても革命的に上達しないと無理。しかし、月1回プラなしでは
    上達は望めない。やはり革命を起こさないといけないのである。

    で、考え方を変えた。まず、勝負の釣りを徹底すること。
    考えようによっては6戦ということは12ステージある。
    1ステージでも上位にいれば高ポイントである。12回チャンスがあると考えれば、、
    とあと3戦、6ステージを残して実施するのみである。

    そして革命。練習時間、テクニックを考えたらあと3回の釣りで上達するとは思えない。
    5%釣果がアップするための練習をするのは時間が足らない。
    しかし400%釣果がアップする道具、釣法が自分のものになればやってみる価値はあるだろう。
    なんとかがんばりまっす!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DSCN5678.JPG
    ということで、前日の0時過ぎに寝たんだけど、すぐに起こされる。
    なんだろうと思うと停電。ブレーカが飛んだようだ。
    エアコン3台同時につけると飛ぶことが分かった。

    で、4時起床。結局、「つばめ返し」を作ることができずにそのまま出発。
    4:30出発5:30到着。清遊湖まで下道で1時間だ。
    エサはベーシックとオールマイティ1袋、桟橋は東、西で向かいあい。(なんでもOK桟橋)

    エサのタッチはよくわからないが、BASICは粘る、重い、という感想。
    オールマイティはチョーチンに似ているかな?(単品で作る時間なかった)
    竿は相変わらずの9尺、12尺(これしかもってない)
    08道糸、04ハリス。針は4-5号、ハリスは50,60cm
    9尺テンテンで釣り始め、投入30分ウキまったく動かず。
    があまりに釣れないのでつれたらキープということで。
    途中でオールマイティに大きな麩のカケラが結構混入していることに気がつき
    針をオカメ針に変更し、20、40としてセット(オカメ)にした。
    ようやく3枚まで釣り、周りはカッツケで結構釣ってる。沸いているへらが見える。
    ということで、どんどん浅くしていく。んがカッツケではオカメが食われず。
    ここでアクシデント、ヒットした魚が走りまわり左の方の道糸とオマツリ。
    魚はOKだったが、自分の道糸と同じ色の道糸だったので間違って両方切ってしまった。
    スイマセン!と謝って相手の人もいいですよ、と言ってくれたがペースを乱してしまった。
    オレも仕掛け作り直し、10分くらいロス。
    結局前半は6枚しか釣れず、5枚で2300gくらい。

    午後はカッツケ勝負、水深40cmにハリスは30,40くらい。目標3kg。
    開始10分で魚が浮いてきた。15分で1匹目、それから1時間1枚もなく2匹目は400gだが
    釣る自信がなくキープ。で開始40分で雷が聞こえた。雨、風も時々。
    この時点で3枚だったが、荒天試合時間短縮を予想して全部キープする作戦に。
    今終われば後半シングルだよなぁなんて思いながら。
    カッツケで600g弱を5枚キープ。90分で、あとは雷雨待ち(笑)
    パラソルの金具を万力の板(なんていうんだ?桟橋にある万力をはさむためにある板)の金具に
    かませ、万が一パラソルに落雷しても桟橋に抜けるようにセット。
    んが、天候は一向に悪くならず、回復した。
    まじっすか?作戦失敗。
    隣は小山さんだったが700g以下は入れないという作戦を敢行。
    なかなか勉強になったっす。ラスト1分で5枚目を釣るというすごさ。
    勝負強いなぁ。

    駐車場に近所の農家の方の直売所が来て、とうもろこし買って帰りました。
    3本150円でした(たぶんおまけしてくれたんだと思う)
    とりあえず、次は3kgを目指そう。

    このページのトップヘ