クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    信者の闇は深いな、、ふなです。

    湾奥が投げ釣り禁止になったけど、誰が悪いとか犯人探しはやめましょう、とか
    信者の心の闇は深いですね。
    そんなに教祖のケツをなめたいかなぁ、、、
    麻原のどこがいいのかわからん。

    ロジックがわからないという意見もいただいたので
    ロジックについて説明しようと思う。

    「雨が降ったから車で行く」

    というのは一見ロジック的です。
    しかし、実は途中を省略したものなんですね。

    雨が降った(事実で確認できる)

    行く方法として徒歩、自転車、車がある(それ以外の選択肢はないとする)

    雨にぬれるのは嫌だ(少なくても雨に濡れて平気な人をほとんどみない)

    徒歩なら傘、自転車ならカッパ、車は特別な装備はいらない(という条件)

    徒歩なら30分、自転車はカッパの脱ぎ着と乾燥があるので3時間、車は5分
    徒歩は0円、自転車は減価償却が50円くらい、車は減価償却+ガソリンで200円くらい
    もっともコストがかかるのが車だが、
    時間に間に合うためには
    もっとも時間も手間もかからないのが車である。

    従って、雨が降ったので車で移動するのがもっとも良い※結論

    みたいな話です。

    ということで、これを「湾奥が投げ釣り禁止になったのはだれの責任か?」と
    いうことをロジックで考えよう。

    小池が東京オリンピックを決めたから!とかいうロジック無視の意見は
    ちゃんと説明されてないのでダメですね。

    少なくても、「投げ釣り」と限定されているので
    述べ竿の釣りは対象ではありません。
    投げ釣りといえば、ハゼやキスも投げ釣りで釣る魚です。

    大都会東京でハゼを狙う、墨田川はいいハゼのポイントだよ!という
    情報発信が多かったか?
    キスと言えば墨田川、5色の先に尺キスが!対岸の屋形船下を狙え!
    とかの情報発信が多かったか?
    スズキと言えばルアーで、橋脚狙い、マンメイドストラクチャー!
    という情報発信が多かったか?

    そして実際の釣り人にハゼ、キス狙いの人が多かったか?と考えると
    どうみても、スズキのルアー釣りが対象であることは明白です。

    証拠としては、大都会をバックにスズキを持つ釣り人の写真を提示したいな、と
    思うわけです。

    ということで、「投げ釣り」と定義されている釣りは
    スズキのルアー釣りと言っても異論はないと思います。

    次に禁止される理由ですが、どこでも「危険」のため、とあります。
    写真は沢山あると思いますので、危険について定義したいなと思います。

    この場合の危険とは、通行人に対しての釣り針と考えるのが妥当であろうと
    考えます。
    もちろん、通行人に対して竿が当たる、糸が当たる、手が当たる、等も
    選択肢としては残りますが、危険具合が全く違います。
    釣り針が通行人に対して危険である、という定義であると考えて
    問題ないと思います。

    歩道を塞ぐ、橋の上から釣り、は歩行者に対して「危険」ではありません。
    ※いいよ、という意味ではない。

    投げ釣り禁止になったのはスズキのルアー釣りが危険であると
    定義することに異論はないと思います。

    では、通行人が多い場所でスズキ釣りをする、という情報は
    どこから発信されたものでしょうか?
    釣具屋?口コミ?一般の釣り人?
    もちろん、否定は出来ませんが、影響力はさほどでもないでしょう。
    いや、ソースと言った方がいいかな。
    ソースはどこだ?ということです。
    それぞれ伝聞形式ですので、情報源はどこだったか?ということになります。

    バスの時にも言いましたが、
    「海が塩辛いのは私が昨日、塩1kgを東京湾に捨てたからである」
    ということを信じる人はいるでしょうか?

    確かに塩1kgを東京湾に捨てた、しかしそれは主要因ではないよね?
    ということは誰でもわかると思います。
    ひな祭りの時に円形のスポンジを使って、ひし形を作るカットの方法を
    発表したら、みんなコンテンツコピーした、という証明も過去にしました。
    そうです、ソースはどこだ?誰が発信源だ?ということになるわけですね。

    みんな自然に隅田川で通行人に向かってルアーを投げるのを自然に覚えたわけじゃない。
    101匹目のサルじゃあるまいし。
    何かの情報源を頼りに同じことをした、と考えるのが自然でしょう。

    そのポイント情報、マンメイドストラクチャーを狙う方法、どこで知ったのか?
    これはプロのDVDやヘビカバースタイルを情報発信している1人に行きつく。

    熱帯魚のレッドビーシュリンプも発生源は静岡県のお寿司屋さんの1匹から
    スタートですからね。

    源流とたどると、そこにいく着くわけです。

    じゃあ影響力はどうかというと、まったくなければ、ヘビカバースタイルでもごく少数の
    マニアがやっている釣りスタイルですからまったく問題にはならないでしょう。

    影響力はどうでしょうか?言うまでもありませんね。
    絶大な影響力があります。
    中国と戦争すれば勝てる、と一般人のサラリーマンが居酒屋で言うのと
    稲田防衛大臣が国会で言うのは同じではないんですよね。

    部下はどうでしょうか?
    はっきりと自分が育てたプロとして、ある人を公言しています。
    そのプロも都会(アーバン)でのマンメード狙いの釣りスタイルの
    情報発信をしてきました。

    さらにその部下はどうでしょうか?
    記録に残っている限り、その部下はいません。

    その他のモニターやテスターに影響力がある人は少なく
    情報源はその2人に絞られます。

    良くも悪くも影響力の大きい人が、積極的に都会での
    マンメードストラクチャー狙いを推進した。
    従ってそれを真似する人が続出し
    危険行為を行い
    投げ釣り禁止になった、と考えるのがごく自然な結果と言えます。

    そのため、今後も湾奥のマンメイドストラクチャーの釣りは
    禁止になると思いますが、情報源はその2名に絞られ
    戦犯であると結論づけられるわけです。

    これで、投げ釣り禁止の戦犯は湾奥の2名、の証明を終わりたいと思います。

    まあ、これだけでは将来につながりませんからどうしたら良かったのか?
    を考えていきたいと思います。
    考え方は2通りで、
    残った釣り場をマナー良く利用しよう、と
    どうせ禁止になるのだから、今のうちに今まで通り
    だと思います。
    なのですが、どっちを選んでも
    限られた釣り場に人が殺到して結局禁止
    アウトローで釣りをするのでさらに禁止
    と、どっちも禁止になるでしょう。

    人が多いところのでのキャスティング、と言って思い出すのは
    乗合船のキャスティングです。
    オーバーヘッドキャストは原則許されていますか?
    いませんね?
    原則アンダーキャストです。

    マンメイドストラクチャー狙いでも、人がいるわけですから
    人がいなくてもアンダーキャスト、が徹底していれば良かった。
    残念ながら、夜に人通りが少ない時間帯もあるので
    オーバーヘッドキャストしたい気持ちはわかりますが、
    そこはやっちゃいけないし、そういう情報発信をするべきではなったのかなぁ。

    マンメイドストラクチャー狙いは必ずアンダーキャストで!どこでもアンダーキャストで!
    という情報発信をしていれば、良かったのにね。

    「後ろを通る人に注意」は間違った問題解決方法でした。

    問題解決の基本的なことは「システム化すれば問題は99%解決する」が持論ですので
    残りの1%が「気を付ける」なのです。
    例えば「トイレの電気がつけっぱなし!」の問題解決には
    「気を付ける」は最後の手段です。
    センサーライトを点ければ、消し忘れはありません。
    これがシステム化すれば問題は99%解決できる、という方法論です。
    なんでもかんでも「気を付ける」に入れるからミスが起きるのです。

    日本の原発や交通事故も同じです。気を付ける、は最後の手段なのです。

    この場合、気を付ける、を最初に持ってきたので失敗でした。
    「キャストはアンダーキャスト」というシステム化を行っていれば
    隅田川でも人の多いところでも、釣りをしても何の問題もなく、
    オーバーヘッドキャストしている人を見つけたら、アンダーキャストで!と
    注意出来るシステムが出来上がっていたのでした。

    アンダーキャストではむき出しの釣り針は常に水面側にあり、歩道側にくることはありません。
    つまり「危険」な状態にない、ということが言えます。
    これがシステム化です。
    すると、気を付ける、という部分をほとんど使わなくていいので
    ミスは起きづらい強固なシステムが出来たのでした。

    船釣りでは当たり前のようにアンダーキャストが徹底されています。
    人が多い場所で針を振り回すのですから安全を考えると
    それは当たり前のことなんです。

    またバーブレスフックは「危険」を取り除く要因にはなりません。
    この場合、バーブレスフックは、「危険」が起きた時に被害を減らす
    システムであるので、バーブレスフックを通行人の近くで
    振り回しても「危険」な状態であることには変わりません。

    おそらくリスクマネジメント等の手法をまったく知らないで
    推し進めた結果が招いた事態だろうと思います。
    無知だから許されるのではなく、むしろ問題解決に積極的に務めなかった
    責任は重いと思います。

    釣り業界を継続的な事業として育てる気が無く、その瞬間だけ良ければいいと
    思う人は影響力が大きいところにいてはいけないと思います。

    オバマは演説だけで大統領になった。トランプは暴言だけ。
    ポエムだけでトップになれる制度もあってもいいが世界を壊してはいけない。

    さて、明日から4連休です。相変わらずリフォーム三昧だよ!

    じゃあまた!イオンモバイルにも行きたい!AUにも解約で行くぞ!来週かも!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2d5962be.jpg

    fa96155b.jpg

    eb7c0f5f.jpg

    1fa05e04.jpg

    9795bc90.jpg

    99377211.jpg

    bd6a212f.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    少しは責任を感じて、、、いないだろうな、ふなです。

    何らかの努力した姿でも見せれば多少印象は違っただろうに。
    ちなみにバスの外来魚指定の際にも
    目立った動きはプロでもなかった。
    いや、出来なかった。最大グループの日帰り温泉教のドンを抑えてしまったから
    「みんな戦うな」というおふれを出したくらいなので。
    これは敵ながらあっぱれであった。

    タレントの清水国明さんが、裁判起こしたりして
    ちょっと頑張っているイメージがあったけどね。
    俺は滋賀県の県議全員にメールして喧嘩したり(笑)
    あとは、当時のアメリカ大統領(確かブッシュ氏)に
    英語でやめさせるように日本に外圧かけれくれ、と英語でメールを送ったり(笑)
    まあいろいろやってましたわ。
    でも影響力なんかほぼないからなぁ。
    自分で出来ることはおそらくすべてやったと思う。
    最善を尽くすっていうのはこういうことだろうと。

    で、まあ湾奥が全面釣り禁止になるであろう、A級戦犯は
    なんとかのカリスマとプリンスじゃないかな。
    東京裁判なら極刑確定だ。
    靖国に合祀することは出来ない。
    大きな十字架を背負う覚悟が出来ているんだろう。
    しかしなんとかの面にしょんべん、今後もスルーだろうな。
    試投会があるようなので、どんなコメントが出るか楽しみ。

    消費者をいかに騙すか、しか考えていないとこうなる見本みたいなもの。
    いかに騙すか?といえば、ステラプレゼント!とかセオリープレゼント!という
    アンケートで人を騙すのも同罪で。

    釣り人が商売をやると、どうしても騙す方向に走ってしまう。
    消費者を騙して釣り上げるという行動になってしまうのは
    本当に残念なことだ。
    釣りと商売をきっちり切り離して、釣りでは魚を騙すけど
    商売では人を騙さない、ということが出来ない人は
    一過性の騙す技に満足してしまう。
    釣りを持続性のある産業、にどうやったら成長させることが出来るか?を
    考えないといけないが、それすらも考えてないように見える。

    オールキープのシーバスジギングの大会もしかり、
    今さえ良ければ、自分たちさえよければ、このDVDさえ売れれば、この在庫さえ売れれば、
    そういう短絡的な発想はやめようよ、

    さて、そんな悪い話題ばかりじゃしょうがないので、、、
    じゃあお前はどうなんだ?という質問が飛んできそうなので
    WIN-WINのビジネスモデルが正しいことを証明する実験が始まってます。

    前にも書いた、格安SIMで運用することが前提のスマホの販売です。
    格安SIMより安いんです。
    通常だと、まずはキャリア契約、それが高いとなると
    格安SIM契約、それでも高い、と感じている人向けのスマホです。
    それでも十分に採算が取れるのでいいんですよ。

    格安SIM契約より安い、ってどういうことだ?って思ったと思います。
    例えば、ドコモから格安SIMで契約するとします。
    月2000円で電話番号通話+3GBとかあるでしょう。
    しかし、そこに格安SIM特有の3大障害があります。
    1、故障した、どうする?
    2、テザリングが出来なくなった
    3、ドコモID登録のアラートが出るんだけど、

    この3大障害を解決したものですね。
    1、故障
    格安SIMでも端末保証サービスがあります。
    月500-700円です。
    これは大手キャリア(380円)より高いです。
    月7500円のスマホ料金に380円の携帯保障サービスが付くのは
    まあしょうがないか、と思いますが
    月500円とかのデータ専用運用で、月500円の携帯保障サービスが
    付くのは高い!と感じるでしょう。倍になるからね。
    ちなみに我が家ではOCNの音声付3GBなので、月1800円。
    それにSIMカード1枚追加で400円。
    合計2200円で2台運用してます。(奥さんと合わせて4台で4500円くらい)
    そのまま保証サービスを付けると2台なので1000円UPします。(4台なら2000円UP)
    実に50%近い値上げです。
    しかも、1回目の修理は4000円、2回目は7000円の負担です。
    最安値で修理しても、月々2000円+1回目4000円=6000円になります。

    キャリアで修理すれば画面交換で3万円とかです。
    町の民間修理なら2万円。
    それなら、俺が修理して9800円でいいじゃないか。
    ということになります。実際は家族分は原価なので、もっと安いですが。
    しかも、格安SIMの携帯保障サービスは民間修理業者端末は除外なので
    すでにサービスを受けられないし、古い機種だと修理さえ断られるのでね。

    通話料は3GBまで使えるサービス料とかですが、
    携帯保障サービスは保険事業なのです。
    これは何かというと、利用率は10%くらいだろうから、
    90%人は払い損、利用した人の料金は、利用しない人の財布から出ている、と
    いうものです。
    これでは消費者は格安SIMの携帯保障サービスは高くて入らない。
    故障したら、町の民間修理に頼む、という構造になります。

    そのため、このスマホは1年間の格安修理権利のついたスマホになります。
    故障しても格安修理が出来る権利がついているので、月々の保証サービスの
    料金はかからない。
    1年後は修理する在庫の兼ね合いで、継続するか、廃止するか、ですね。
    修理する部品が無くなってはサービス自体が出来ないので、、、
    もちろん、機種変更も格安で出来るわけです。

    第2のMVNOのモデル、を実験です。

    そんなモデルの顧客第一号のためのスマホを準備していました。
    別に箱とかないので、AUのGRATINAの箱があったので、これに
    入れてみました。
    #これはまあ実験なので、軌道に乗ったら実際箱は用意出来ないと思う。

    内容は本体で、すでにテザリング可能で、ドコモID登録のアラートが
    出ない設定にしてあります。
    それにSIMアダプタ。nanoSIMでも使えるように。
    携帯カバー、充電用ケーブル、この辺を無料プレゼントして
    価格は1万5000円を予定。予定というのは、定価がないので、、、、
    第一号なので、お友達価格ですが(笑)
    OS 4.4.2
    RAM 2GB
    ROM 16GB

    まあ xperia だしね、悪い携帯ではないです。
    格安SIMはイオンモバイルの予定、今月中だとSIM発行手数料3000円が1円なのです。
    4GB音声付で1580円を予定。
    今はガラケーで月2500円くらいらしいので、
    スマホにすると、安くなる(笑)という。
    イオンモバイルでも格安スマホ1万円でありますよ
    でも、京セラで、
    OS 4.4
    RAM 1GB
    ROM 8GB
    しょぼい。

    同様だと Xperia J1 Compact 39800円
    月々 1580円+携帯保障700円=2280円
    まあ高いよね。
    なので、イオンモバイルで買うより安くなるんです。
    1年間のトータルコストでも安い。
    あのイオンモバイルより安くなるんですよ。

          イオンモバイル   ふなモデル
    端末料金 42984    15000
    SIM発行手数料 1 1
    通信料金 1706 1706
    あんしんサポート 756 0

    2年間トータルコスト
    イオンモバイル 102073円
    ふなモデル    55945円

    イオンモバイルの約半額です。強烈だね。
    消費者のことを考えて、よりよいビジネスモデルを追求して
    まずはsmall start してみる。
    私の儲けなんかほんの少しでいいわけです。
    企業の利益が月10万円じゃあやっていけませんが
    個人の小遣いが10万円増えるのはいいよね?
    無店舗、人件費ゼロでいいわけですから。

    机上では2年間でイオンモバイルの半額という計算が出来た。
    あとは実際にやってみて、どうか?というところ。
    え?キャリア、、計算するまでもないだろう。
    2年で20万円超えるじゃないかな?
    キャリアの4分の1の値段、格安SIMの半分の値段。
    それがふなモデルなのである。
    おそらく現在最強のモデルだと思う。

    国内最大手の通信会社にビジネスアイデアとして出しているから、
    採用されたら格安SIM最大手の地位はますます揺るがないものになる。

    これをシーバスのプロが考えたらどうなるだろう。
    まず、技術的にレベルが低いので、、、
    釣りSNSアプリがインストール済み!
    有名人の壁紙付き!
    なぜかランカーが釣れるようになった!
    カバーはあのブランドのロゴ入りで赤黒!
    信頼の京セラ製、これで8万円は安い!
    とかのモデルになるよね、、、、
    まあいわゆるしょーもない物が出来上がる。
    そしてそれに価値があるように見せかける。

    価値の本質を間違えないで欲しいな。
    ふなモデルのスマホでみなさんも通信費を月2000円以下に抑えましょう。
    浮いた分で釣り具買おう、船に乗ろう、うん、WIN=WINだ。

    じゃあまた!みんなが幸せになるモデルしか考えない!脱!養分!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e43f971d.jpg

    17e3d415.jpg

    6e87dba9.jpg

    958cdafa.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    庶民の味方、ふなです。

    やはり牛丼には山盛り紅ショウガが似合う。
    すき屋派です。

    シガーソケットから5V2A程度取ることが出来る
    USBを1個頼んだら2便で2個届いてラッキー!となりました。
    1個250円(送料込)なので、秋葉原で買うより安いかな。
    8セグLEDは入力電圧を表示してくれるようです。
    楽しそうなので頑張って使ってみます。

    あ、別に頑張らなくてもいいんですが、、、
    車には標準装備のUSBポートがありますが
    電流は500mAしか取れないので、その4倍の電流が取得できるのが
    いいんですよね。

    タブレットとかも充電できるのでいい感じです。
    スマホなら急速充電できるので。
    ポケモンGOしながらでも大丈夫。
    2ポートあり、片方は2A片方は1Aなので、使い分けしましょう。
    バッテリーの電圧計にもなるので、便利ですね。
    はずれの取引が多いなか、たまにはアタリもないとね!

    さて、2020年に向けて都内のポイントは全滅するという
    予言は外れてほしい、と願っていましたが
    どうやらそれはかないそうにありません。
    墨田川で、広範囲で投げ釣り禁止になったようです。
    景品運河もなりましたので、ほぼ都内のポイントが
    全滅に向かうと思います。

    悲しい予想ですが、現実は甘くないと思います。
    当たり前ですが、そうならないように各有名人やプロは
    何か活動したか?というとそうではなく、相変わらず橋脚狙いとか
    アーバンサイドとか、「売るため」の活動を継続していました。

    自分で自分の首を絞めているんだから、自業自得だと思いますが
    関係ない一般人というか消費者からポイントを奪った罪は大きいな、ドスコイ。

    これからどんどんシーバスの市場は小さくなるでしょう。
    どこかに書いたと思いますが、釣り人の敵は漁師でも法律でもなく
    釣り人だった、というわけです。

    短期的な成果を求めるのはアメリカ式の資本主義といいますか
    4半期ごとにプロフィットと求められるので
    長期的な視点では物事を進められなくなりました。
    3か月で成果を出せ、と言われたら、3年かけて都内の釣り場拡大をやります、と
    いうことは認められないんですよね。
    3年後の市場より3か月後の決算の数字だ!と言われてしまうので。
    その結果がこのざまです。

    漁港も次々に禁止になり、一時期の霞ヶ浦水系を見ているようです。
    行政的には99%釣り禁止にして1%釣り公園があれば十分である、と
    思うわけですが、それじゃあ釣り人のキャパは捌けなくなり
    結果、業界として衰退します。

    中央から地方へ、という流れは同じですからね。
    2020年に向けて、地方も次々、中央に倣え、で、釣り禁止を推進するでしょう。

    唯一、希望の光が見えるのは周辺都市です。
    神奈川では130年で初めて大桟橋で釣りが出来るようです。
    都内の釣り客の取り込みを実験的にやっています。

    都内で釣りが出来ないとなると、「有料で」釣りを出来る場所を
    提供するという都市が出てきてもおかしくないわけです。
    そういう流れが出てくるか、それとも世論的に釣り禁止になっていくのか
    それはブラックバスの歴史を見れば明らかですね。
    同じ歴史を繰り返すと思います。

    そういえば、ヤマトが値上げをするかもという話でした。
    アマゾンの下請けとか言われていましたが
    いよいよ限界に近づいて、値上げすることで
    アマゾンから適正な価格を取ることができるといいな。
    なんでこんな話を書いたというと
    >「サービスが先、利益は後」という企業理念が示す通り、
    >利用者に不利益を与えることをもっとも嫌うのがヤマトのDNAだ。

    利用者の立場で考えないといけない、が最優先課題だからだ
    その矜恃を捨ててまで、値上げしないといけないというのは
    会社として業界として根本を揺るがす事態になっているということだろう。

    同じことがシーバス業界にも言えないかなぁ、
    もう売上一辺倒では立ちいかない状況になってきているだろう。
    消費者にどれだけ迷惑をかければ気が付くのだろうか。

    消費者は養分ではない。共存共栄のパートナーである。
    早く気が付いてほしい。それは植物が緑色で、他の植物にも太陽光を
    分け与えているように。

    じゃあまた!さてリールを使わないシーバスロッド、アーバンロッドを開発するか(笑)!

    このページのトップヘ