クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b7b93f4a.jpg

    45266747.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    修理するよ、なんでも、ふなです。


    本日の修理はドライヤーです。
    強風にならない!髪乾かすのに時間がかかる!なんとかして!という
    リクエストにお応えして、分解。

    すると、、、風量スイッチに何か紙のようなものが挟まっているのを発見。
    取り除いたのはいいのだが、いったいどこから入ってきたのか、、、

    どうやら、スイッチの滑りを良くするシートのようなものが
    剥がれてきてしまい、ぐしゅぐしゅっと丸まって、スイッチの可動部分を
    じゃまになる形で止まった。
    そんなことだった。うまくいく修理もあれば
    失敗する修理もある。

    車の配線でヒューズが飛んだ。
    いや、ヒューズが飛んだのは原因がわかっていて
    増設した3連シガーソケットで、シートにひく電熱線ヒーターみたいなのを
    使っていたのだが、そのプラグが熱で溶けてしまい
    プラグの金具とバネとヒューズが3連ソケットに残ってしまった。
    バネは取り除いたのだが、まだ細かい部品が残っていたのだろう
    それがショートした。

    幸い、5Aのヒューズが切れただけだったので、
    交換しようと見ると、20Aのヒューズに交換されていて
    それが切れていた。
    そうか、5A程度じゃすぐに切れるから大きくしたんだな、、
    とまた20Aのヒューズに交換して、ついでに他の5Aの切れていたヒューズも
    20Aにした。

    そしたら、またしてもショートしたらしく、奥さんが車に乗っていたら
    配線から煙が出たらしい。ボヤ騒ぎ。

    高速の真ん中であわててくるまとめて逃げたそうだ。
    車は煙を出しているが、幸い火事にはならず。
    もう少しで、車と奥さん燃やすところだった。
    ヒューズはちゃんと規定のを使いましょう。
    そして、イカレタ3連ソケットは捨てよう。

    と、反省。今週末は配線を治そう。
    焦げていると思うけどね(笑)

    さて、本題か、、、

    将棋ソフトのponanza と elmo のドキュメントを見ていた。
    ponanza は強いが、なぜ強いかわからない、どこをいじればいいのか
    わからない、という言葉が印象に残っていた。
    電王戦で優勝したソフトだそうだ。
    それに挑戦するelmoが勝ったという、ドキュメントみたいなもの。

    面白いな、と思ったのは ponanza はどこをいじれば強くなるかわからないんだけど
    elmo は強さとは何か?を研究して作られたアルゴリズム、ということだった。

    そう、2人の違いは、強さの定義の違いにあった。
    将棋の強さとは何か?
    これを定義出来た方と、強くなるパラメータをいじって、結果強くなった、という手法の違い。

    面白いことに ponanza は2歩をしないという。
    しかもそれはアルゴリズムで2歩禁止というアルゴリズムを持っていないのだという。
    でも自然に2歩しない、ということだった。

    2歩禁止のルールがあるのに、それが自然に出てこないというのは
    アルゴリズム的におかしい、ということになる。
    名人戦でも2歩を打ち、反則負けすることもあるのだから
    ここに2歩打てば優勢になる、という判断が出来るはずなのだから。

    つまりそこから考えられる、アルゴリズムは、過去の棋譜の組み合わせでしかないのではないか。
    あるいは2歩した時点で負け(たぶんルールは想像しかならない)なので、
    2歩は極端に避ける、というアルゴリズムはあることがわかる。

    一方 elmo は各将棋ソフトの強いパターンを組み合わせているという。
    確かに、後半戦の詰将棋の要素になっていくと、計算の組み合わせパターンははるかに
    少なくなっていく。

    それと第一手の極端にパターンが多いアルゴリズムは同じであるはずがない。
    いわば、終盤戦に強いソフトのアルゴリズムは終盤戦に、
    前半戦に強いソフトのアルゴリズムを前半戦用に、とわけているに違いない。

    極端な話、名人10人対名人1人というような方式だと思う。

    まあここまで興味持って読んだ人は少ないと思うけど
    なんでこんなことを書いたかと言うと
    人工知能ルアーで同じことが起こるからなのだ。

    橋脚狙うのにいいアルゴリズムとサーフで遠投するアルゴリズムは
    まったく別のアルゴリズムであるはずだ。

    つまり、1つのアルゴリズムでルアーを作ると
    釣り負けるルアーになる可能性がある。
    そう、設計の段階で、「釣れる」とは何か、の定義を
    しっかり持っておかないと、出来た人工知能ルアーは
    ゼンマイのおもちゃと大差ないものになってしまうわけだ。

    その定義こそ、釣れる人工知能ルアーの開発という一番の鍵ではないか?と思うわけです。
    将棋と同じようだな、と思ったのは、結局「なんだかわからないけど良く釣れる」は
    何かのパラメーターをいじって偶然出来たものにすぎないので
    「釣れる」とは何か?、を正しく定義出来ているか、それが
    ルアーのビルダーに求められてるものだと思う。

    残念ながらソルトのプロは「売れる」ルアーを作るので
    釣れるルアー、の開発ではない。新興メーカーは特にそうだと思う。
    だから新興メーカーのルアーは買わないのだ。だって釣れないんだもん(笑)

    「売れる」とは何か、ではなく、「釣れる」とは何か、これがはっきり定義出来た
    ルアービルダーだけ、生き残ると思うよ。
    将来、極端な話、プールに魚入れて、人工知能ルアーを泳がせて
    どっちに食いつくか、という競技が出てくると想像する。
    それで勝ち上がれるかどうかは、やはり人工知能ルアーを正しく作れるかどうかだろうな。
    もちろん人間とも戦う、ソルトのプロと人工知能ルアーが戦い
    人間が勝てなくなる日が必ずやってくる。

    それを夢見て、私は開発を続けるのである。
    道のりは長いな(笑)

    その時にはniconico で「電釣戦」として生中継してほしいものだ。
    まあ最初は負けまくるだろうけどね。

    じゃあまた!人工知能ルアー開発中!全然進まないけどねー!いつか片っ端から倒してみせる!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e5cd9031.jpg

    c55605e6.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    バイクのオイル交換終わった、ふなです。

    オイル交換メッセージが出ていて、6000kmごとに交換するらしい。
    ということで、交換した。

    バイク屋にまかせようかと思ったが、思わず時間が取れたので
    じぶんでやることに。

    久々にいじります。
    まず、アマゾンで関連する部品を調達。
    オイルは1L660円の缶を2本。
    カストロール好き、ではなく、一番安いやつで十分かと。

    標準1200mlとあるので、1Lでは足らない。
    2本だと多い。1.5Lくらいの缶ないかな?
    まあよいよい。余ったら車に入れよう。

    オイルフィルターとOリングも、合計2000円くらい。

    バイク屋だと1万円近いだろう。

    そして、フィルターとOリングも同時に注文。。
    オイル受けというか廃油処理は買うと500円くらいするので自作。
    新聞紙を細かく裂いて、ビニール袋に詰めて、アマゾンの箱に入れただけ。
    あと、キッチンペーパー。
    これだけで、OK。

    やりかたはなんでもWEBにある時代。便利になりました。

    センタースタンドを立てて、ドレンボルトを抜いてから
    オイルフィルターも交換。

    あ、手がオイルでべたべたなので、写真はないです。

    たったこれだけで、オイルを抜く作業は終了。
    さらに、逆に回り、オイルを入れて、完成。

    オイルジャッキがなかったので、ペットボトルで入れた。
    オイルは汚れていますが、汚れるのがオイルの仕事なので、安心。
    ギアオイルは汚れていたらダメよ。
    この辺、ちゃんと知らないと
    「お客様!こんなにエンジンオイルが汚れています!」と言われても
    汚れるのがオイルの仕事じゃボケぇぇぇ!!
    と言えるようになろう。

    ドレンボルトには磁石が内蔵されていて、内部の鉄分を吸い寄せるのだが
    案外何もついていなくて拍子抜け。

    この程度なら自分でも簡単に出来ました。
    ついでにETCカードが7月で切れるらしく、新しいETCカードに交換。
    よし!東名も京葉道路もアクアラインも走れる!夏にびゅんびゅん!

    今週末はキス釣りの予定なので、近所に走りに行きます。
    いや、まあ船宿の場所によっては羽田くらいまで走るかもしれないが、、、

    要するに今年もいいシーズンがやってきたー!というわけで、その準備も
    いろいろやるわけですね。

    次回はブレーキパッドかな?
    アドレスV125とあまり変わりないだろう。

    じゃあまた!オイル交換くらい自分でやろう!今週はキス釣り準備で忙しい!キスしたい!海の女王とキスしたい!Bも!Cも!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a786ef54.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    本日は急ぎWEB&停電対応で忙しい、ふなです。

    世界を買う、本日はアナゴロッドです。
    いや、アナゴ用として売られているものではなく、
    アナゴ用に使えるんじゃないの?と思って買ったものです。

    残念ながら今、まだ東京湾はアナゴの状況が良くありません。
    トップ20本いかない、下手すりゃ10本いかない、ストック5、という
    屈辱の制度もあるくらい今年は釣れていません。

    でも好調になるかもしれない、と信じて買ってみました。
    長さは120cmです。去年180cmでちょっと長いと感じたので
    短く、150cmでも良かったのかもしれないけど。

    物の本にはテトラ竿がいい、とあるのでまずは短めでスタート。
    これが下限なので、これで短いと感じたら150cmを買ってもいいな。
    お値段660円、2本で1300くらい。

    よくみたらスピニング。硬さは、ちょっと硬めで、いい感じ。
    短い竿の硬めは、硬すぎる可能性もあるので、オモリは25号とか20号とか使う。
    それでバランスを取ることにする。
    2本同じ竿じゃないと、2本竿のバランスが取れないというので、竿は同じ。
    あとは同じスピニングリールにする。無理矢理ベイトリールにしてもいいかも。
    ソルティワンを2台か、ステラを2台か。
    中華ステラモドキもう1台買うかな。3000円だし(笑)

    あとはアナゴとキスが上昇してくれればいいんだけど、、、
    リレー船乗りたいな。アナゴ、キス、天ぷらにしたいよ!

    キスは来週行くんだけどね。

    さて、本題の日記。

    22日の月曜日にWEBページ公開したいから、月曜日の朝までに
    まったく新規のWEBページを日本語版と英語版を作れと言われて、てんてこ舞いでした。
    昨日の定時前に言われて、なおかつ、ノー残業必須。

    つまり、本日1日(7.5時間)しか時間がない。
    土日出社すりゃいいや、残業すりゃいいや、が、通じない。
    という無茶ブリが上から降ってくるわけですよ。

    うお!っと。なおかつ、設計図というかイメージ図は
    手書きのA4一枚(笑)昨日は骨格まで作ったら、実はこのサイトをイメージしてる、と
    まったく同じサイトをあとから提示される、、、、
    嫌がらせか!最初から教えろよ!

    まいいや、ってことで17:30まで全力で、似たようにして
    本日9:00より、全力で組み込み。
    ほぼ、いけるかな?と思ったら

    FAQの項目は、「質問」と「回答」をセットで入力するが、
    まったく違うイメージで、とかあり得ない!!!

    という、業務効率を極限まで高めたら、そんなことでも
    お茶の子さいさいで、変更に対応できるのだけど、、、

    と、日本語版を作ってさて、英語版を作るかな、と思っていたら、、、
    「期限が延長になりました、22日じゃなく29日」

    なんだったんだ、この2時間!!昨日の1時間と合わせて返せ!
    朝処理の順番変わってもらって、スケジュール調整したのに!
    昨日の定時後から今朝までどうやって効率的にすすめるか
    ずっと考えていたのに!
    まあちょっとほっとしたわけです。

    ということで、まあ3時間もあれば、WEBサイトなんぞ完成出来るわけですよ。
    あ、これは特殊な例だから、一般的な作業効率だと数週間はかかる話ですね。

    業務効率の高いツールと人間が合わさると、そのくらいのスピード感になるわけで
    そういう無茶でも対応してくれるという絶大な信頼があるから、無茶ブリが
    来るわけで、、、まあ信頼されている感じですかね。
    無茶だ!そんな短期間じゃ出来ないよ!とあきらめるか、よーしやってやろうか。
    と思うか

    イメージはヤフーストアに2時間で新規出店して!写真も商品説明もあとで送る!的な感じかな。
    実際はもうちょっと複雑ですが。
    いつもメンテナンスしている人なら多分可能ですよね。

    でも普通のHP作成代行会社は、じゃあミーティングして、仕様を決めて、
    写真も商品説明も全部そろってから3営業日ください、的なスピード感で、高いよね。

    仕事の超スピード術を身に付けると、1日が何倍にも使えるよ。
    世の中はそういうゆっくりしたスピード感で動いている。
    1週間かかるところを2時間でやってしまうと、1日7万円として
    7万円 VS 7000円、とかで出来るわけだ。
    ただ、早いだけじゃなく、品質も担保するには優秀なツールが必要。
    優秀なツールがあってもそれを使いこなす技術が必要。

    いろいろ条件が揃うと爆速で開発が出来るのだ。
    X-MENの高速で移動している人みたいな感じ。
    周りが止まって見えるのです。

    残業は物理的にも出来なくて、明日ビル全体が停電なので、5時には
    PCの電気全部おとして、コンセント抜け、という状態。
    高圧試験もあるので、数時間停電するだけ、なので、ノートPCならいけるだろ、とかいう
    ものでもない。そもそもビルに入れないし
    クラウドの話なので、家からリモートでつないで、というもの出来ない。

    いいね!厳しい状況であればあるほどやりがい(攻略しがい)がある。

    そういう仕事を楽しいと思えるか、無理っぽ、、とテンション落としてウジウジやるか
    物事は捉え方次第ですね。どっちがいいですか?

    じゃあまた!立て続けに仕事が舞い込む!忙しい人に仕事は集まる!逃げ出したい、とは思わない、ドーンと来い!

    このページのトップヘ