クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    82598db7.jpg

    217a89d9.jpg

    34530c6a.jpg

    31bc2568.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    久しぶりに釣りをした、ふなです。

    2017年4月江東区
    秋に釣りたかったら春に現場を見よ、そんな言い伝えがある。
    それとは関係なく今年も現場を見てきた。

    犬と一緒にマラソンを走るイベントやBMIの高い欅坂48のような人たちがPVを
    撮影していたり、スピードの出そうな自転車が大勢集まるそんなポイント。

    水上バスが発着し、プレジャーボートや水上バイクが航行する。

    2020年に向けて水上交通の整備にも余念がないようだ。

    以前に訪れたのはおよそ5年以上前だと思う。
    まずは子供に釣りの楽しさを教える教材。
    今年は次女の番。

    竿、糸、ルアー、シンカー、でいい。針がないので、安心、安全の釣り物である。

    大潮ではないし、ド干潮でもないので、潮の干満はあまりない。
    それがいいのか悪いのか、わからないが、とにかくフィールドは
    いろんなことを教えてくれる。

    釣り方としては、ロックホールにキャストして、フリーフォールをさせたあと
    じっとステイ。バイトを感じたら、ゆっくりとスイープなリフトアップで
    すばやく、バケットに移動させる。これで、オートマチックにルアーから
    外れる。基本的にはこの繰り返し。

    ターゲットフィッシュに手も触れないし、針もない、この釣り
    小さいころからやるには面白いと思う。

    時々、ノーシンカーで挑戦している人がいるんだけど、シンカーは
    絶対にあったほうがいい。ルアーに水がしみこむまではなかなか沈まないからだ。
    2g前後のシンカーを用意しよう。
    ウォーターグレムリンの小さいのがおすすめ。


    ロッドはAPIAのクラブシューター0.5
    ラインはミディアムファット(30LB)
    ルアーはスプリットドライスクイッド
    シンカーはウォーターグレムリンの2番



    このタックルを使い岩の隙間からドリフトさせて牡蠣殻の裏に流し込むと「ドン!」とバイトが。
    水しぶきをあげながら水面を割ったのはランカーサイズの豆カニ。
    このタックルでしか取れないターゲットであった。

    一般的に皆さんはラインにはPEを使っていると思うけど、牡蠣殻での糸ずれには無力だ。
    あっという間に切れてしまう。そこで、TAKOITOを使う。
    今回は中太を使用した。
    強度は30LB前後と、同じ太さのPEラインと比べると弱いが
    根ずれには強力だ。万が一、フィールドに残ってしまっても
    天然素材で作られているので、自然に帰る生分解ラインなのである。

    また、ロッドはガチガチの生ダイヤモンドを使用している。
    ダイヤモンドを作る前の材料となっているカーボンを
    作る前の材料だ。
    ダイレクトに伝わる極小のアタリを確実にアングラーへ届けてくれる。
    クラブシューターシリーズはお近くのコンビニでお弁当を買ったときに
    「クラブシューターはおつけしますか?」と聞かれるので「イチXen下さい」という
    暗号を発することで手に入れることが出来る、レアアイテムだ。
    ぜひとも手に入れたい。
    しかも生分解ロッドで自然に負担をかけないのだ。

    今回使用したルアーはイカパターンに適応した、スプリットドライスクイッドである。
    時々、単なるドライスクイッドを使用している人を見るが、それではバイトが遠のく。
    確かに昔の教科書にはクローフィッシュ狙いにはドライスクイッドを使うと書いてあった。
    しかし、湾奥では少なくてもスプリットドライスクイッドを使用した方が
    明らかにバイト数が多くなる。
    最近ではクローフィッシュ狙いでもスプリットドライスクイッドを使う方がいい。

    ターゲットフィッシュは3人で30前後キャッチすることが出来た。
    一緒に連れて行った釣りガールも楽々キャッチ
    やはり、アピアのクラブシューター0.5のおかげである。

    潮回りは中潮の上げ2分から上げ5分くらいの短時間勝負であった。
    その時間帯にバイトが集中した。
    周りもターゲットフィッシュを狙うアングラーでいっぱいだった。
    どのアングラーも2桁キャッチしていたと思うほど、活性は高かった。
    おそらく産卵前シーズンで食いが立っているのであろう。
    ぜひとも大潮前後に波打ち際で、大きいおなかをゆすって産卵していただきたい。

    釣りの基本はキャッチ%リリース、食べられないことはないが、手間がかかるので
    全てリリースした。

    準備も簡単である。
    ロッドにラインをハーフヒッチで2回転し、長さを1??2ftにする。
    その先にルアーをダイレクトにこれもハーフヒッチで。
    リールを使わない、ダイレクトでアタリを取るスタイルとなる。
    シンカーはルアーの直前に付ける。
    ダウンショットにしないほうがいい。

    サングラスは必須で、水中のルアーにアタックしてくるターゲットを
    見ながらのサイトフィッシングになるパターンが最強である。
    放置していると、ルアーにいつの間にか歯型がついているだけ、になってしまう。
    あくまでもリフトアンドフォールし、ターゲットにアピールしよう。

    今回、バラシが目立った。特に水面でバレることが多かった。
    釣果の3倍以上を水面でバラシテいる。
    そのためにフィッシングネットの必要性を感じた。

    フィールドの形状から大きいフィッシングネットは
    ロックホールには入らないので、小さいフィッシングネットが必要だ。
    2インチ四方のネットくらいを用意すると、もっと釣果は伸びると思う。

    道具は全国のワンコイン専門店で揃えることも出来る。
    自分にあった道具選びも楽しい。道具はS社かD社か、と聞かれたら
    迷わずS社が好きだと答えたい。
    D社もいいんだけど、どうもクオリティーに難があると思う。

    最初に写真があるから、もうネタバレしていると思うが
    これはカニ釣りである。
    竿は15cmくらいの割りばし
    糸は中太のタコイト
    エサはサキイカを使う。
    ラインは30cmくらいで、
    もちろんダイソー(D社)ではなくセリア(S社)で買いました。

    でも、あくまでもルアー釣行記風で書いてみた。

    さて、どうだろう?以上の文を読んでみて、
    そう、釣りならなんでもこのフォーマットで釣行記をかけるのである。
    適当な英語を意識高い系の文章にすれば、
    何やら大物釣りをした文章にも見える。

    はたしてそれでいいのか?ということも疑問として持ってくれればそれでいい。

    じゃあまた!ホップの苦みを発する黄金色の泡は、スプリットドライスクイッドに良く合う!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8c190291.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    見慣れない画像がカメラフォルダーに、ふなです。

    見たらリモコンの赤外線LEDが発光している風な
    ところを撮影したかったらしい。
    子供のやることはわからん、いや、わからんでもないか、、、

    実はリモコンを修理していた時に
    信号が出ているかスマホのカメラでチェックしていたんだよねー
    その様子を見たわが子の幼稚園児が、きっとそのまま撮影した、というところが
    真相であろう。かえるの子はかえる、理系の子は理系。

    そういえば、チャリが壊れた。
    いや、満身創痍なチャリだったので、いっぺんにガタが来た感じだ。
    もう捨てるかな。

    今回はタイヤが割れた。クギ踏んでパンクなんて生易しいものじゃなく
    タイヤが劣化してサイドからひび割れて、めくれてる。修復不可能で、交換しかない。
    電動アシストなので、タイヤサイズが20x2.125 という特殊サイズ。
    KENDAという大陸製のタイヤだから、まあしょうがない。

    交換しようとするとタイヤチューブで2200-2500円。
    なんだけど、、、後ろだけ変えても意味ないので前後同時になる。

    普通の自転車と違って、電動アシストで、モーターのあるほうの
    タイヤだから簡単に交換が出来ない。

    しかもその後ろタイヤはラッチ部分(なんていうの?チェーンとタイヤが一方方向に回らない
    ようになっていく仕組み)の部分が時々壊れて
    スカッてクランクがくるくる回る、進まない(笑)

    回るだけならいいんだけど、漕いだ瞬間にスカッと外れると、
    足がハンドルに激突して、怪我する。
    いろいろ限界なので、使えるパーツだけ取って、あとは捨てようかな。
    バッテリーは分解して12V10AHのバッテリー2個になるし
    ペダルとテンションリテーナーに1本あしスタンドあたりは持って帰ろう。

    そして、鉄製の重い自転車にさよならして、
    アルミの自転車を修理するかな。
    20インチ折り畳みの、これもアシスト自転車だったけど、
    どうもコントローラーかバッテリーが逝かれたらしいので、
    移植して様子みるか、、、
    ダメなら、アシスト部分を捨ててただの自転車として使おう。

    バイクは冬眠中だし、しばらく足が無い。
    うーん、今週末はバイクを冬眠から目覚めさせるのだ。
    しばらく釣りにも行けなくなる。

    今後の予定としては
    GWあたりにキス・アナゴリレー釣り
    とらふぐは爆発したら、行く
    ヒトツテンヤも爆発したら行く
    シーバスは道具を準備次第。

    一度やったことある釣りなら、すぐにでも釣りに行けるのだが
    初めての釣りは道具の用意からはじめなくてはいけないので
    なかなかこれがどうして、準備が大変。

    キャスティングのボートシーバスに明日行きましょう!と言われても道具の用意があるので
    何があって何がないのか確認してからなので、すぐに行けるよ!とはならない。
    詳細がわからないので、、、
    これが同じボートシーバスのSGOKさんだと過去に行ったことあるので
    すぐにでも行ける。
    REALさんでも、たぶん行けるし、アイランドクルーズさんでも多分OK。

    でも、初めてのボートシーバス宿では、持っていく道具がわからないと
    何があって何がないのか?がわからないので、大変。
    HP見たらナイロン16LB(4号)巻いてこい、細いPE死ねという感じ。
    うちのリールは全部PE0.8だ。
    あ、全然リールが用意できないわ。ロッドはある。

    これは前回のカーボンバイブ試投会の苦い思い出があるからだ。
    同じ穴うちの横浜のボートシーバスだと思って短い(6ft)竿用意したら
    遠投大会だったので、ボーズ。7ft以上の竿が必要だった、重いルアー必要だった
    なんなら40gのメタルジグとかも、必要、ということが「事前に」わからないといけない。
    当日の船上で必要なものが分かっても遅いのだ。
    1日と1万円相当を消費してボーズという結果になったので、これはいかん。
    という、経験があるので、「同じボートシーバス」ではないので。

    ガチキンでも同じ、いわゆるプレジャーボートでも9.6ftのロッド振ったり
    したので、事前にどういう釣りかわからない釣りには行きたくても行けないのです。

    過去に行ったことのある船の同じ釣り物はわかるからすぐにでもいける。
    この差がわからないとなかなかうんいいよ、行けるよ、とはならない。

    ボート屋さん自体は魅力的、道具が揃えば行ってみたいところではある。
    事前に準備しとかないと無理な釣りはいっぱいある。
    同じような釣りに見えてもね。

    なので、私がはじめての釣り物を誘う時には「道具は全部こっちで用意します」
    くらいで始める。去年のタチウオ教室とか、家族のハゼ釣りとか、テナガ釣りとか
    ライトルアーのサバとか、へらぶなとか、ブラックバスとかも
    全部用意してそれからスタートである。
    だって初めてなんだから勝手がわからないと釣りにならないからね。
    そこで無駄金を使わせるわけにも1日を無駄にさせるわけにもいかないから。

    あ、これは実は元をたどると幼少期の思い出があって
    近所のアイススケート場に父と行ったのだった。
    はじめてのアイススケート場、たぶん小学校低学年だったと思う。
    ローラースケートは出来ていたので、アイススケートもいけると思ったのだろう。
    レンタル靴を借りて、さて始めようとしたとき、靴が小さかった。
    たぶん防寒のための靴下が分厚かったんじゃないかなー。
    足が痛いのだ。「足が痛い」と言っても無視されて、怒って父は
    一人でスケートをやっていた。
    一人ぽつんと残される俺。つまらない、、、。
    おそらくその後、追加料金を払って一回り大きい靴を借りてやったような気もするし
    そのまま帰宅した気もするが、始めてて勝手がわからないのに、
    放っておかれるというトラウマみたいなものが今でも脳裡に
    焼きついて離れない。
    たぶん45年とか40年以上前の出来事なのにはっきりと
    ひとりぽつんと残された記憶がよみがえる。

    初めてで勝手がわからない人を放置してはいけない、同じ目にあわせては
    いけない、そう深く記憶に刻まれている。幼少期の体験は大事だね。

    今年もたぶん、タチウオ教室やると思うけど
    ・ファイティングリーダーは無償提供
    ・ジグ使い放題
    ・釣り方懇切指導
    ・道具無い人はロッドとリール貸す
    はじめてでも、ちゃんとメタルジグでタチウオ釣らせます!という内容になるだろうな。と。

    じゃあまた!お昼だ!チャリ修理しないと!いや、中古買うか!ああ足が無い!足が生だよ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3162f59c.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    矢口真理、お前が言うな、ふなです。

    フィッシング倶楽部を見ていたら矢口真理が出ていた。
    まあ出ているくらいなら見るんだけど
    お前が言うなっていうセリフを吐いていた。

    いわゆる嫌悪感ってやつですね。
    基本的に女が嫌い、いや、性の対象じゃないという意味ではなく
    論理的に会話が出来ないから嫌い。
    嫌いというか面倒くさい。

    男性は論理、言語の処理が得意なのだが、
    女性はたのしい、うれしい、おいしい、とかいう感情の処理が得意。

    なので、普通のコメントを言ったとしても
    不倫をしたお前が言うな、というロジックの破たんの方に目が行き
    嫌悪感に通じるのだ。
    これが原理であろう。

    これに対し女性は、生理的に無理、とかいう感情でものごとを処理するので
    ロジックではないのである。

    よく、男性と女性は別の生き物だ、と言った哲学者か誰かいたと思うけど
    そんな気がします。
    脳の仕組みで言えば、女性は自分の都合のいいように過去を書き換えて記憶するので、
    「事実か?」と確認された特に、平気で嘘をつくわけです。でも嘘をついているとは思ってない。
    なぜなら自分の記憶を書き換えたということすら忘れ、書き換えた記憶を事実として認識するので。
    男性にとって事実かどうか?は客観的に見て、事実かどうか、判断する。
    もうこれは脳の使い方から仕組みまでまったく違うので、
    べつの生物と言っても過言ではないと思う。

    だから女性を喜ばすには感情に訴えかければOK。
    ロジックは男性。こんな使い分けをするといいかも。

    あ、前置きが長くなりました。

    と思ったらお昼でした。

    やばい、まえがきだけで終わった。

    季節はそろそろ「キス・アナゴのリレー船」だと思うGWあたりにいきたい。
    とらふぐもそろそろ爆発しないかな、、、
    テンヤマダイもいい釣果を聞かない、、、
    キスとリーバスのリレーもそろそろ声がかかる頃か

    行きたい釣り物はあるのに、海の状況が悪い感じ。
    寒くて全然シーバスに行けていないので、なんとか休みに行きたいところ、
    でも潮回りが今度は悪い。もうね、なんかね、いろいろ負のループになっている気がする。

    じゃあまた!キス!アナゴ!シーバス!タイ!フグ!あー!釣り物が多すぎる!どれか爆発しろー!

    このページのトップヘ