クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    c095840a.jpg

    3a7dfb92.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    成人式の当日に計画倒産とか鬼畜、ふなです。

    成人式、おめでとうございます。
    あ、もう数日たってしまいましたが。
    成人というと20年前に生まれた、ということですね。
    先日実家に行ったら、旧式のPCからデータを救いだしてほしいという要望があった。

    立ち上げてみたらWindows98!
    そう、成人式のみなさまと同じ1998年に登場したOSです。
    CPUは当時最高速の233MHz(笑)HDDも4GBの大容量。RAMは256MB(も)ある。
    DISKはおそらくFAT32フォーマット。

    起動は無事したので、あとは中身のデータを移動させる方法だ、、、
    救うデータはワードファイル20個ほど、
    1ファイル10KB-20KBと少量。

    まず、USBメモリを使ってみた。幸いUSBコネクタは1個あった。
    でも規格は1.0とかだろうな、、、
    4GBのUSBメモリはデバイス名は認識した、しかし
    ドライバがない。標準のドライバでは動かない。断念!
    しかし!なんと古い256MBのUSBメモリもあった。
    これは逆に古すぎて、いけるだろ!と思ったら
    これもデバイス名は認識したが、ドライバがないので動かない。

    くそー!!USBメモリはダメだった!

    移行対象は20ファイル程度。
    20ファイルくらいならyahoo のメールで自分あてに送ればいいか、と思って
    IE立ち上げてみると、yahoo のページが表示できない。
    ん?ネットがつながらなくて、IPアドレスが振られてないのかな?
    ちなみにネットは PCIカードにRJ45のジャックがついている10BASE-Tという
    旧規格もいいところ。よく20年持ったな、、、

    google もつながらない。
    ipconfig と打っても、ちゃんとローカルIPが振られている。
    え?ネット孤立か?と思って、自宅サーバにアクセスすると
    なんと見える。

    どういうこと??そうか
    yahoo や google は古すぎるIEでは表示できないのだ。
    おそらくIE4かIE6。
    表示できない、じゃなくてなんか出せばいいのに。

    しかし、なんと msn は表示できるのだ。
    そして 検索も bing であれば使える。
    おお!ギリギリ助かった。
    やるな!マイクロソフト!

    フォルダーごと、lha してやろうと思ったが
    ファイル圧縮ソフトが手に入らない。
    標準OSにないのだ。
    検索で、lha を調べる。いや、この時代は lharc だったか。
    というか、 windows98 用のlharc ってもう探しようがない(笑)
    圧縮して、1ファイルにまとめて、メールで送るのはあきらめた。

    先ほど、自宅サーバのHTMLは表示された。
    そこで、自宅サーバでサービスしている、web メールを呼んでみた。
    squrriel を入れているので、自宅で web メールをサービスしているのです。

    これは成功した。そうか、最悪、1ファイルづつメールで送ってやろう。と
    そしてバックアップに3.5インチFDに全部のファイルをコピー。
    これを新しいPCにコピーすればいいね。

    と思ったら、、、、新しいPCにはFDDが無かった(笑)
    くそ!新旧PCのデータ移行はムズイ。

    まあWindows98からWindowsVISTAマシンにデータ移行という
    面倒くさいことをするのは私だけだろう。
    それでもVISTAマシンか!古いわ!
    旧旧データ移行である。

    ということで、2通りのデータ移行方式が選べた。
    1つは、1ファイルづつメールの添付という形で、メールを新しいPCで受信できるようにする。
    いや、これの場合は、自宅サーバのWEBメールなので、下書き(Draft)に置くのでもいい。
    クリントンのメールサーバ方式。
    もう1つはFDを使って、新PCに持っていく。
    残念ながら移行先のPCにFDDがなかったので、これは断念。

    なので、メールに全部のファイルを添付して、自分あてに送ったのだ。
    これを移行先のIEからWEBメールを立ち上げて、そこからダウンロード、という
    唯一の方法でデータ移行が完了した。

    厳密には、日本語のファイル名「住所録2005年仕事関係.doc」とかいう物が
    ファイル名がBASE64エンコーディングされているので、ファイル名を元に戻すという行為が必要なのだけれど。
    こんなに古いファイルを救って感謝されました。

    まあファイルの価値は人それぞれなので、20ファイルも救出出来て良かった。
    次回はもっと移行が楽になるようにUSB-FDDとか用意していこうかな。
    1000円もあれば、用意できるのでいざと言う時に使えるかも。

    これで実家のPCは
    2016年 Windows95→WindowsXP
    2018年 Windows98→WindowsVISTA
    と、まあまあマシになりました(笑)

    Windows9X時代の遺品がいっぱい出てきて
    「このプリンター使えるかしら?」と出てきたのは、、、
    プリンターポート対応のEPSONのプリンタ!!
    今時このポート搭載のPCはないと思う。
    そして、PCIカード!!旧規格の5Vのやつ!いらん!
    そしてADSL,FAX切り替え装置!ここは古墳か!
    PS2マウス!いらぬ!
    と、いうことで、遺跡を発掘しているようでした。

    20年の時の流れは最新電化製品をいとも簡単に陳腐化してしまうんですね。

    唯一!現在でも使えそうなのは、
    RJ45ジャックにささっていた、LANケーブル。
    3Eとか4とか、使えないやつだろうな、と思ったら5E!
    これだけは最新にしたのかも!何のアピールよ!
    そうか、昔はモデムだったら、NICカード+ケーブルは最新のを買ったのかも。
    Windows98マシンですよ!、ということで、無事データ移行&ゴミ掃除が出来ました。

    みなさんもたまには実家にいって親のPCとかスマホとか面倒みてあげてください。

    じゃあまた!次回のPC入れかえはWindowsXP->Windows7か!また来年!成人式おめでとう!Windows98さようなら!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    396f72e7.jpg

    e2ba3e9d.jpg

    4eadc3da.jpg

    835f5b72.jpg

    846d2ccb.jpg

    d13ca4d8.jpg

    d1b01611.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    プリンタもニコイチ!ふなです。

    Canonのプリンタ、MG6230を使っているのだが、エラーが出て動かない。
    6A81と6A80です。
    調べるとパージ付近の不具合だという。
    パージってどこだ?
    見ると、どうも、プリンタの内部の右側の
    天井に隠れた部分らしい。
    ここを覗き見ると、白いプラスチックに吸着剤がセットされている
    部品が上下と手前奥に動く(文章で動きを説明するのは難しい)

    これが時々動かなくようだ、原因ははっきりしてて、こぼれたインクが
    固着するのです。
    パーツクリーナーをかけてみたが、あまり芳しくない。
    次にオイルスプレーで、ようやく少し動き出した。

    これで、なんとか年賀状は印刷出来た。
    なんだけど問題はCD,DVDのレーベル印刷が出来なくなった。
    なぜか、ガーガーと言って印刷が止まる。
    普通の印刷には問題がないが、うちは結構DVDやBDのレーベル印刷をするので
    困ったなー、ということだった。

    そこで考えられるのは、修理に出すか、新品を買うか、自分で修理をするか、である。
    基本的にメーカーに修理を出す気は全然ないのと
    新品を買うほどプリンターは安くないので、、、

    そこで、中古を入手してみた。
    ヘッドがおかしいらしく、シアンがマジェンタになったり、
    マジェンタがシアンになったりするようだ。
    幸い、今まで使っていたプリンターのヘッドは元気なので、
    これで、ニコイチにしてやれ!と思った。

    あとで分かったんだけど、Canonのプリンターは、去年からTSシリーズになっていて
    MGシリーズは旧盤になったため、投げ売りされている。
    初売りでMGシリーズが5000円以下で売られていた。新品買うならこっちだったかな。

    ということで、中古を送料込2500円程度で落札。
    去年届いていたが、帰省してたので、そのまま放置。
    ようやく、修理の段取りとなりました。

    といっても、単純にヘッドの移植とインクの移植。
    良く見ると、落札したプリンタのインクはシアンとマジェンタだけリサイクルインクだそうで
    これ、間違えたな(笑)

    さらに送ってきた箱がTSシリーズだったので、ああ、TSシリーズ買ったのね、なるほど、と
    分かりやすい消費者行動分析。
    無線が使えないという話でしたが、無線も無事登録完了。

    ということで、外景の色は多少変わりましたが、中身は無事に動く固体となりました。
    ページ番号は6800枚前後と、まあまあ印刷しているほうだと思います。

    さて、修理が終わったプリンターと、問題は、廃棄する方のプリンターです。
    毎回ですが、これをゴミにして出すと、処理料を取られます。
    そこで、、、いつものごとく、分解です。
    燃えるごみと、燃えないゴミに分別して出します。

    ネジ1本単位になるまで、分解です。
    毎回思うのだが、Canonはプリンターを長期間使えないような設計にしています。
    まあ機会があったら分解してみてください。
    EPSONも同じだと思いますけどね。

    プリンターの隙間に、インク吸着材が敷き詰められているのですが、
    これがあふれたら、もう使えないよ、という設計です。
    買い替えを進めるための施策なんですかね、、、
    計画的陳腐化だ!ということなんでしょうか。

    基本的にプリンターは、本体安く、インクで元を取るという壊れたビジネスモデルなので
    俺みたいに社外インクバシバシ使うと困るのでしょう。関係ないけどね。
    本体5000円で、6色インクが5000円とかおかしい話ですから。
    いや、しかし、アマゾンとかで、インク送料込68円とかだと、
    原価いったいいくらよ?って感じなのですが、、、、
    純正品は10倍の値段ですからね、、、

    分解したプリンターは45リットルのゴミ袋1杯に収まり
    燃えないゴミはレジ袋1杯に収まり、そのままゴミに出せる。
    分別を消費者がするのだから文句はあるまい。

    そのまま処理費払ってシール貼って回収を待つのもいいんだけど、
    分解すると、その内部構造からビジネスモデルを支える仕組みなんかがわかって
    面白いよ。技術に興味が無い人にとっては
    壊れたプリンターは買い替える、という方法しか思いつかないだろうけど。
    買い替えても何も学ぶことはない。

    技術は楽しい。いろんなことの仕組みを知ることになる。
    なんでも捨てる前のものは分解してみよう。
    思わぬ発見があるかもしれない。

    じゃあまた!正月早々修理だよ!楽しい!プリンター買わずに済んだ!互換インク万歳!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    37dd65a5.jpg

    7595abfb.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    2018年、おめでとうございます、ふなです。

    Windows7が勝手にWindows10にバージョンアップしたせいで
    住所録がきれいさっぱり消え、年賀状は来た人に出す方式に変わってしまいました。
    なので、明日出します、、、すんまそん。
    ソフトも筆まめから筆王に変わってたし、、、ちょ!

    まあそんなわけで、年末年始は子供と帰省してきました。
    往復新幹線でした。来年は車で帰省したい。
    帰省後の足がないと、どこにも行けないのだ。

    イオンに行くのに、JRで3駅先、とかだぜー。
    駅まで徒歩15分とかだぜー。
    片道40分かけて、イオンに行くんだ。

    はい、そうです。この年末年始は両親のドコモをイオンモバイルにする計画を実行しました。
    ちょっと前の請求書を見ると、19年10か月ご利用とか、書いてある。
    もう20年もドコモに吸い上げられてきたわけですね。
    その奴隷解放運動をしてあげるのが、私の役目であります。

    いやー、しかし、MNP予約番号を発番するだけで、なんと1時間かかりました。
    151に電話するだけじゃないか、と思うんですが、これが70代80代の老人には無理な話で。
    まずはばぁば、の契約から開始で、151に電話。最初、私が代わってやっていたら
    本人に代われというので、電話機(スマホ)を渡す、そして
    電話番号を確認するというので、電話番号を聞くと「0777」と言い出す、いやいや、それは
    固定電話だよね?携帯だよ、ということで、無事090と言ったら、スマホがブーと言って切れた。
    「切れたよ」と渡されたスマホの電源が切れている、、、
    緊張でギューと握ったらしく、電源ボタンを長押しして切れたようだ。
    「切ったね?」「知らん。何もやってない」という問答。
    ああ、これはアレですわ、、、車のアクセルとブレーキを踏み間違えても、自分は知らん、何もやってない、
    と同じです。75歳以上は免許返納した方がいいと思うな。
    2回目の151に電話で、ばぁばの方は持ち方に気を付けて、なんとかMNP予約番号の発番にこぎつけ
    次はじぃじの番です。
    本人確認をというので、スマホを手渡すと、しばらくして「切れたで」と返される。
    どうみても通話終了を指で押した感じです。
    「切ったね?」「知らん、何もしてない」、もう全老人にドライブレコーダーみたいなの
    つけろよ、っと。

    わかった!スピーカフォンにして、全員スマホ触るな!!と
    3回目の151に電話、しようとしたら、向こうからかかってきた。ありがたい。
    20年も使っているのだから、引き止めポイントが付くかと思ったら
    6000ポイントだけだった。たった、それだけ?前は20000-30000ポイントついたのに。

    Xiの2年契約は解除料金0円だったが、かけほうだいの契約がFOMA時代から続いていたらしく
    掛け放題の解約金が9500円かかった。罠だったなー。くそー。

    そして、長年使用のポイントで5000ポイントつくという。
    うーん、合わせても11000ポイントだから、全然意味がない。

    ドコモの意地悪まだ続く、「SIMロックは解除されますか?」と
    いやー、SIMロック解除の案内をこのタイミングでしますか?
    分かる人には不要とすぐわかるけど、SIMロックってなんですか?という
    質問来たら、老人に説明するのに理解してもらえるのかね?
    ベンダーロックと何が違うとか、わかるのか?

    ということで、ドコモの最後のにぎりっぺは結構ひどく、
    MNP事務処理に2160円、
    MNP番号発行に3240円、おい、何が違うんだ。
    かけほうだい解約料、9500円
    残存債務が1か月分1600円くらい。
    1月は日割りではなく、まるまる1か月分
    ということで、1人2万円近いMNP発行になった。
    まあそれでも、格安SIMに移行する方が安いんだけど。
    来月から月々サポートがなくなり、各3800円上がる。
    半年で回収できるからいいや。

    Dポイントが1100ポイントくらい残ってますけど
    移行しますか?とか、いらんだろ。

    格安SIMに移行するとSIMが届く間、4-5日使えませんがいいですか?とか
    お前、イオンモバイル知らんだろ?とか、まあドコモの最後の脅しがひどい。
    老人騙して無駄なもの買わせるように仕向けるんだからね。
    詐欺をドコモがやっているから、俺が同行しないといけないとか、情けない話ですよ。
    ドコモくらいは老人にもやさしい企業であれよ。

    まあそんなこんなで、MNP予約番号の発番まで、なんと1時間かかった。
    まあ疲れた。
    わかったことが、いろいろ。
    毎月のパケット使用量、どっちも1GBいってない。0.4GBと0.8GB。じぃじがよく使っているといっても
    この程度のレベルで(笑)2GBの契約だけど、まあその程度までゆっくり増やして。
    タブレットはまったく使っていない(笑)無駄な契約だったな。


    その後、イオンですよ。
    JRに乗って近所のイオンにGO!
    イオンモバイルですね。
    世の中にはいろんな格安SIMがありますが、窓口があるのが大切。
    郵便局がiijmioとやっているが、モノが届くだけで設定はやってくれない。相談ものってくれない。
    ほとんどの格安SIMの窓口が無い。
    本当ならばOCNモバイルがいいのだが、即日開通センターが近所にない。
    大阪にいかないと無い感じ。

    なので、イオンモバイルです。
    ただ今、SIM発行料金が1円という、通常3240円かかるんですけどね。
    キャンペーン中なので、、、いいね!

    窓口は空いていて、2人の老人を相手してくれていた。
    APNの設定までやってくれるか、観察していたんだけど、
    ちゃんとやってくれるんですね。
    おれがやってもいいんだけど、故障時の対応を見たかったので。
    安心した。これで、故障したら、予備のXperiaを持っていけば
    すぐに使えるようになる。

    契約はパケット少なくても良かったんだけど
    同じくらいを希望していたので4GB音声付1580円、おもしろいのは
    SMS必須だということ。1通3円。
    老人的には、昔からその方法でしか連絡のやり取りをしていない人がいるので
    SMSは必須。
    携帯保障は機種を替えないので入らず。
    無駄なオプション一切不要。

    何も変わらずに、そのまま使えるのが感動です。
    そう、ドコモのサービスを除いては。
    2年前からドコモメールを使わずにgmailをつかえ、とことあるごとに言ってきたが、
    老人の行動はそう簡単には変えられず、ドコモメールを使い続けたようで
    急にドコモのサービスが dアカウント認証しろ、のアラーム連発で
    どんどんdなんとかのサービスをアンインストール&停止、にしまくった。

    これで、一件落着。やっぱり徐々に移行、が難しい人は、ある日、
    ばっさり、切ってやるのが行動するきっかけになるのでよいと思った。
    どうやってgmailを相手に使えるか?という知恵を絞っているようだ。

    次の日は無駄なタブレットの解約。
    さっそく、面白い行動が、、、
    「来店予約を簡単できるからそれで行こう」
    と、ドコモのアプリを立ち上げる、あ、出来ない。
    そうだ、ドコモを解約したのだった、、、
    面白い!

    タブレットの解約もいろいろドコモの嫌がらせが(笑)
    「タブレットですが、良品なら1万dポイントでお引き取り出来ますが」
    いらんわ!wifiで使うわ!dポイントいらん!

    ということで、こっちはあっさり解約が終了。
    でも、当月分は請求とタブレットの残存債務が1か月分残る。

    これで、2日かけて行った、ドコモをやめて格安SIMに移行する、が無事完了したのであります。
    これで両親のドコモの契約がきれいさっぱり無くなりました。

    何もしなければ、2月から2台で2万円以上、格安SIMだと2台で3500円。
    一桁違うぜ!
    気になる修理ですが、ふなモバイルとして予備機を2台おいてあります。
    Xperiaなのですが故障して、使うとなったら、1万円くれ、と言ってあります。
    富山の置き薬方式ですね。
    まあイオンモバイルで買っても4万円するので、お得です。

    これで、月々17000円くらい浮くはずなので、お小遣いくれ!と言ったら
    おいしいもん食べるわ!と返されました(笑)
    年に20万円くらい、2年で40万円くらい浮くはずなのに(笑)
    まあいいもの食べて長生きしてくださいな。

    老人を食い物にするドコモ、本当ゆるすまじ!

    さて、ふなモバイルのサポート範囲が2回線増えました。
    あとは家族でドコモ使っているのは妹だけになりました。
    本当はこの年末年始で移行したかったのだけれど、今2GBで、5500円。
    わりとキツキツで、サポート終わって7000円になる来年考えるとのこと。
    まあ、いいか。

    なので、ふなモバイルは我が家2回線、義父1回線、両親2回線、の五回線ともドコモから
    格安SIMにしてやりました。
    あ、奥さんのお姉さんところはSBからOCNに2回線。全部で7回線ですね。来年は8回線になります。
    いやー、ふなモバイルの輪が広がっていくなぁ。
    なんせ、激安携帯と格安SIMと激安修理のサービスがセットになると
    格安SIMの半額という驚異的な激安を手に入れられるので、、、、

    みなさんも今年、携帯代を2000円以下にしてみませんか?

    じゃあまた!ドコモよさらば!格安SIM最高!激安修理サービス最高!ふなモバイル最高!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2a6ffb12.png

    8ed8369b.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今年のまとめを書く、ふなです。

    次回は1月5日更新です。
    さて、今年はいろいろありました。

    1月
    スマホの修理開始。
    もう何年もやっている感じがしたけど、今年の話だったのね。
    Xperiaの修理ならおまかせ、という感じになった。
    1年間で20台以上修理したと思う。

    2月
    リールの修理をたくさん
    電動リールが多かったな
    スマホの修理もたくさんした。

    3月
    隅田川の投げ釣り禁止問題を提起
    スマホ修理いっぱいやりました。
    中華通販買い過ぎ警報

    4月
    カニ釣り
    スマホ修理大量に

    5月
    サンスポキス釣り大会:選外
    fimo下山

    6月
    アジング始めました
    タチウオ、キスリレー釣り
    おかず倶楽部、キス、カサゴ

    7月
    日刊スポーツ・フィッシング・サーキット」タチウオ釣り大会:5位入賞
    おかず倶楽部、キス、カサゴ
    アジング爆釣

    8月
    キハダマグロキャスティング:坊主
    伊勢湾ジギングバトル:選外
    バリバスカップ キハダマグロ:選外

    9月
    サンスポのバリバスタチウオ:選外
    若洲付近でイナダ:2ゲット
    マグロ用道具買い過ぎ
    おかっぱりでシーバス1本、イナダ0本

    10月
    ランカーシーバスGET!
    カワハギ釣り:15枚
    タチウオ釣り:19本
    おかず倶楽部イナダボート:2本

    11月
    東京湾タチウオバトル:選外
    アジングでカサゴ2匹、アジ0匹
    かみやカワハギ大会:船内3位
    東京湾サーキット大会スミイカ:選外
    アジングでセイゴ1匹

    12月
    大野ゆうきは橋脚打ちをやめろ、キャンペーン
    かみやチャンピオンシップ:選外
    警戒船資格取得
    冷凍庫導入
    TKB(東京湾カワハギバトル):19枚クーラーゲット!

    今年もいろいろ釣りに、スマホに行きました。
    回数は少なくなっている気がします。

    初釣りは5月ですので、遅すぎるだろ、ということです。

    大会の結果は
    日刊スポーツ・フィッシング・サーキット」タチウオ釣り大会:5位入賞
    かみやカワハギ大会:船内3位

    と、まあまあシングル入賞2回はいい感じ。
    選外も多いけどね。

    来年はもう少し大会に出たい。
    タチウオ、カワハギは好きになった。
    マグロは本当に相性が悪い(笑)
    1月から大会ってあるのかな?

    今年の総評としては
    もっと釣りに行かないといけないなぁというところで。
    それはおかっぱりを含め、いろいろ行きたいところです。
    シーバスなんか1回しか行ってないがランカーゲット!と効率はいい。

    さて、ちょっと気にしているfimoのデータですが、
    衝撃のグラフが出ました。

    なんと、投稿数が去年の半分近くになっています。
    会員数は増えているのに!です。
    1日100記事を切らなかった去年に対し、
    今月は1日100記事を超えることが少ない、という、、、
    70??80平均ですから、もうすでに役割を終えたメディア並です。
    2016年の方が投稿数が多いって(笑)

    会員数の伸びも、1年で5000人だったのが、
    2016/3/6 35011
    2017/6/19 40000
    1年3ヶ月で5000人とさらに鈍化しています。
    25%も遅いペースで

    mixi や 魔法のiらんど、geocity と同じように、もう、終わったメディアの仲間入りです。
    7月頃からがくーんと下がっています。その頃に何があった??
    と思い返せば、隅田川の投げ釣り禁止ではないかなーと思いました。
    それに対し、ちゃんと正しい対処をしなかった結果かなっと思います。
    いよいよ終わる時が近づいてきましたね。
    ※俺の下山タイミングと同じなのは偶然か
    前から予言している通り、東京オリンピックまでもつか、どうか、ということが心配です。

    まあ消えたところで、どうでもいいんですが、、、
    泥船が沈んでいく姿を高見の見物といたしましょう。

    今年を表す漢字としては「吉」!!ではなく、、、「船」かな?
    オフショア率高かった。

    じゃあまた!来年!今年は楽しかった!来年はもっと楽しく!実験多めに!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8d9165a2.jpg

    c9768cfd.jpg

    096d09d7.jpg

    95eddfb9.jpg

    fd6139f2.jpg

    750c68a6.jpg

    328b39e5.jpg

    772fc383.jpg

    ec590bdd.jpg

    08dcdd2f.jpg

    ba4354f9.jpg

    808acd94.jpg

    e58ed597.png

    10e88e82.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    アイドリングストップ対応バッテリー交換した、ふなです。

    予兆はあった。
    あるガソリンスタンドでバッテリーの診断をしたら
    性能低下しているという診断結果が。
    ん?と思ったが、奥さんは無視したらしい。
    その数週間後に、車のディーラーの点検でその話をしたら、
    バッテリーは大丈夫、という話を聞いて
    ガソリンスタンドがインチキテスター使ったな、と思っていた。
    今思えば、ディーラーの技術者がダメだったということになる。

    そして1週間前に、奥さんから車のエンジンがかからない、と
    いう話を聞いて、どれどれ、と見に行くと、普通にかかった。
    ブレーキが固い、とか言っていたけど、
    何を言っているんだ、と思ったものだった。

    その翌週、またまた奥さんから、エンジンがかからない、と
    いうSOSが。
    しょうがないのでJAF呼べ、JAF!という話をして
    JAFを呼ぶ。どうで、ブレーキの踏み方が甘いんだろ、と
    思っていたら、バッテリーの電圧が、9.8V、エンジン始動後14.1Vと
    診断が出ていた。どうやらバッテリーがダメになっていたようだ。

    つまり最初のガソリンスタンドのバッテリー異常を検知したあと
    ディーラーが「確かにバッテリーが低下している」と判断してくれれば
    もっと早く手が打てた、ということになる。

    この流れで一番悪いのは、スズキのディーラーということになった。

    さて、JAFはバッテリーを接続して、エンジンをかけ、そのまま30分おいておけ、
    なんならそのままディーラーに行って、バッテリー交換して、と言ったらしい。
    という奥さんとのLINEのやり取りをしている最中にバッテリーを注文(笑)

    「エンジン切っていいよ、JAFには帰ってもらって」ということで、
    JAFは帰還。奥さんも部屋に帰還。

    会社から帰ると、さっそくエンジンを始動、普通にかかる。
    始動前のバッテリーの電圧は12.1Vだった。
    リモートエンジンスターターをつけているので、
    ヘッドライトだけOFFにして、帰宅後エンジンスタート。
    バッテリーを充電する。放置しておくと1回15分のアイドリングして自動的にエンジンストップ
    と仕組みなので、2回ほどスタートさせれば30分充電したことになる。

    さて、我が家の車はスズキのスペーシアカスタムである。
    型番はMK32Sなので、バッテリーサイズは M42R
    買って4年でダメになったということになる。
    M-42Rで探すも、ATLAS-BSというバッテリーが最安値で、これでいいか、と思って
    検索すると、これが韓国製。5000円くらい。
    送料考えると6000円くらい。

    うーん、韓国製かよ、、、ということで、
    ここは最高級のバッテリーを!と探すとPanasonicのCAOSシリーズが
    上位互換である。N-M55R/A2 が使える。
    しかも送料込8500円。韓国産に1500円プラスで国産、さらに容量1.3倍で
    耐久年数1.8倍で2年保証はお得だろ。

    ということで、ヤフオクで即決。なんと翌日に到着した。
    オートバックス交換価格15000円なので、半額近い。
    ディーラーなら、2万円近くするだろう。

    バッテリーが届いても、交換する時間がないので、1日だけだけど、リモートエンジンスターターで
    1回15分の充電をする。
    朝起きて、から夜寝る前の充電。たしか、金曜日届いたので、金曜日は2回。

    土曜日は先の通り、かみやのカワハギ釣りなので、朝の5時にエンジンがかかることを
    確認して15分充電開始。出発直前にまたエンジンかけて、そのままバイクで釣りに出かける。

    昼間に奥さんが車を使うのは何も問題がなく、平和に車は走った。
    かみやからるんるん気分で帰宅後、奥さんが夜に帰ってきたので
    バッテリー交換は日曜日、ということになった。

    さて、バッテリー交換の日曜日。
    バッテリー交換という懐かしい整備をする。久々だな。
    たぶんW124時代のバッテリー交換以来じゃないか?10年ぶりくらいだ。

    ボンネットを開けてみると、わかりやすい位置にバッテリーがある。
    手順の記憶が正しければ、
    1、バッテリー端子のマイナスを外す
    2、バッテリー端子のプラスを外す
    3、バッテリー交換して、、、
    4、バッテリー端子のプラスをつける
    5、バッテリー端子のマイナスをつける

    だったはずだ。
    お、確認したら当たっていた。

    あとは、リセット後の何かをするのだが、パワーウインドウのセットが多いかな。
    これが面倒な人は、メモリー記憶予備バッテリー、みたいなキットがあるので
    それを使うといいと思う。

    リセットされずにバッテリー交換できる。
    やってやろうと思ったら、ミノムシクリップが小さすぎてダメだった(笑)
    ででーん、とバッテリーの存在が主張するエンジンルーム。
    青いバッテリーがカコイイ。

    よし、大成功、と思ったら、、なんとリモートエンジンスターターがエラーになる。
    CAR MATE のリモートエンジンスターターを使っているのだが、
    Err15 と表示されて、車と通信出来ない。
    なんと、初期セットアップが必要のようだ。

    えー、、、取り付けたオートバックス行かないといけないの???と
    思って、調べたら、ACCにするだけで、エンジンかけてはいけない、とある。

    ということで、またまたボンネットをあけて、マイナス外して、3秒待って、マイナスつけて
    車に乗り込んでプッシュエンジンボタンを2回押す。

    リモートエンジンスターターのCHECKを押すと、今度はちゃんと通信出来た!
    よし、うまく行った。
    エンジンかけてみよう!とそのまま、エンジンスタートさせると、、、
    今度はErr11が発生。

    もー!!!なんだよ!結局オートバックス行かないといけないのかよ!と
    思って説明書見ると、、、
    Err11はスマートキーを持ち込んだままエンジンをかけることは出来ないよエラー、とある。
    うん?車内からエンジンかけられないのか。

    と思って、寒い屋外に出て、リモートエンジンスターターを使ってエンジンをかけると、、、
    無事成功しました。
    なーんだ、手順は大事ね。

    ということで、教訓。
    バッテリー交換後にすぐにエンジンをかけてはいけません。
    ちゃんとリモートエンジンスターターを初期設定しましょう。

    さて、外したバッテリーを見ると。GS-YUASAとあった。ユアサ製か。
    4年もったね。

    じゃあこの外したバッテリーはどうするか、、、
    回収に出すのもいいんだけど、再生してみようと思う。
    多くのバッテリーは10-15年くらいもつように作られている。
    それが短期間でダメになるのはサルフェーションである。
    そのサルフェーションを除去してやれば再生するはずである。

    そう、デサルフェーションだ。
    さっそくデサルフェーサーを接続して、充電を開始してみた。
    これで、バッテリーは復活するはずなのである。
    予備電池の誕生です。

    そういえば我が家は太陽光発電の実験をしようとしていた。
    うむ、バッテリーが手に入ったことになる。
    あとはソーラーパネルかな。

    ということで、車のバッテリー交換の話でした。
    これが帰省中で冬で雪の道路上とかで起きなくて良かった。
    気温が下がれば、バッテリーの性能は落ちるので
    冬に多く発生するトラブルなのかもね。
    ああ、JAFには入っているので、JAFの費用は無料でした。
    診断のためだけにJAFを使った感がありますが。
    まあ原因がわかったので良い。そういう使い方をしてもいいよね。

    これで、4年以上もってくれればいいなーと。
    計算上4*1.8=7.2年。およそ7年もってくれれば、ラッキーなのである。
    ノーマルバッテリーで4年弱だから、7年はもってね!1.8倍の期間大丈夫なんでしょう???
    頼むで!CAOS!

    ということで、アイドリングストップ対応のバッテリー交換のお話でした。

    じゃあまた!信号停止中にアイドリングしている車の音が「無駄、無駄、無駄、無駄」に聞こえる!

    このページのトップヘ