クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1bd0a69e.jpg

    86fdd659.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    来週末はタチウオ、ふなです。

    東京湾タチウオバトルですね。その翌週が
    東京湾カワハギバトルです。
    バトルしまくらちよこ。

    タチウオのドラゴンは狙って釣れることを証明したいな。
    出来るといいけど。

    そこで使うルアーを買いました。
    ヤマリアのバイラバイラといういうメタルジグです。
    重さは160gですね。
    フォール系です。大人買いです。でも安い8本で6000円くらい。
    どれか当たるでしょう。
    おそらくいいポジションになるのではないか、と思います。
    写真の製品に値札が貼っていないので、まるでヤマリアのモニターみたいだ。
    通販で買うと値札つけなくていいのね、楽ね。

    最近メタルジグでのタチウオ釣果が悪いですね。
    エサ強いです。ちょっと対策考えよう。もちろんドラゴン狙いではない
    キーパー獲得作戦での話。

    そんなバイラバイラの写真を撮っていると気が付いた。
    全部、目にグロー入っている。
    バイトマーカーになってる??

    これからタチウオの生息水深はどんどん深くなるので
    そこでグローは有効かもしれない。

    さて、今回なぜ、バイラバイラを大人買いしたのか理由がわかる人は
    少ないだろう。詳細は大会後に発表するとしよう。
    それはいい成績を残しても、悪い成績を残しても発表する。
    最初にこのルアーを使うと宣言しているには訳がある。

    ほとんどのモニター、テスターは、何か偶然良い成績を残したら
    実は前々からこうだった、と後付する。それは嘘が多い。
    それは狙いではなく偶然だから。
    だから事前に発表しておくのだ。

    そんなメタルジグを見ると他のメタルジグでも目にグローを
    入れるのは有効なのではないか?と思う。
    もちろん、浅場ではあまり意味がないだろう。

    ということで、他のメタルジグも目にグローを入れるというのはありかも
    しれない。さっそく、在庫のグローシールを探したが
    テープ状のグローシールはあったが、円形状のグローシールは
    見当たらなかったので、買うところから。

    案外、この目のグローって効くのかもしれない。
    そのうえに黒のシールを貼るのを忘れずに。

    ついでに、いろんなルアーにグローを入れてみようかな。
    いろんなタチウオ番組を見ていると、案外グローが効いている場合が多い。
    ルール上禁止されている、プラグやティンセルや餌は使わないけど
    他の集魚機器までは禁止されていないので
    いろんな可能性があると思う大会だ。
    ここで、なんとかドラゴンを釣る方法があることを証明したいなーと
    思うわけです。出来なかったらまた来年!

    どんな強豪がどんな釣り方で来るのか楽しみであります。

    じゃあまた!目指せ優勝!いや、入賞!最悪キーパー1匹!ボウズで無ければ、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9fd6892f.jpg

    f3149e71.jpg

    84f15a7d.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    日産GTRのエンジンは職人の手で組み上げられている、ふなです。

    今年ストラディック4000XGMを使ってみると、ゴリゴリする。
    ひどいゴリゴリ感である。
    カラーを捨ててベアリングも入れたのに!ということで
    錆びた部品を交換するか、、、と思って分解しようとしても
    分解できない。
    どうも、スプールがさび付いているようだ。
    これが取れない。

    取れない時はメーカーの修理、と行きたいところなんだけど
    ちょっと気になるサービスがあった。
    facebook でも見かけた G.H.E(GodHandEnterprise)サービスである。
    http://www.boo1091.com/newpage28.htm

    どうせなら職人の手で修理して欲しい。

    以前、ステラを買ったら5台中4台まともではなかった、
    買って速攻、クレーム修理に出した、というプロの話を聞いていた。
    おそらく一般消費者ではわからないレベルのモノだと思う。

    工業製品なんだからばらつきがあって当たり前、
    その中でアタリリールを探すのだ、ハズレを引いたらクレーム修理に出すのだ、
    と言う感じだった。
    つまり、新品を買っても、結構な確率で気になるハズレ、リールが混じっていると
    いうことである。

    そういう話は最近も聞いた。

    そうだ、新品のリール=不完全品、という公式が成り立つ。

    通販でリールを買うのはそういうリスクがある。
    実はこのストラディックも持病があり、ベールがキャストの勢いで
    勝手に戻ってしまうのだ。
    フルキャスト→ベールが戻る→ラインブレーク→ルアーロスト&リーダー再結束
    という負のオーラを抱えたリールだった。

    じゃあどうしていたかというと、ベールの位置を
    竿のキャスト方向とは90度変えてからキャストしていた。
    という面倒くさいリールになっていたので
    ついでにその調整もしたかった。

    話は戻るが、日産のGTRという超高級なスポーツカーのエンジンは
    たった4人の匠によって組み立てられているという。
    工業化の最先端とも言われる自動車工業において
    ロボットではなく、人間の手でエンジンを組み立てられているのだ。
    なぜか?工業製品ではなく芸術品になり、完全体にするためなのだ。

    ということで、実際に整備を頼んでみた。
    見積もりは約2万円弱。通販の新品(18000円+送料)より高いのである。

    どうするか?コストに厳しい私なら修理をやめて新品を買うかもしれないね。
    すると、新品のリールとパーツ取りのリールの2台分手元に来るのだ。
    そういえば、このリールは19000円くらいで通販で買った気がする。

    ここで修理を選ぶと、合計4万円のコストがかかったリール、という計算になり、
    ツインパ買えるんじゃない?と思う。

    これが判断を狂わせてしまう、「サンクコスト」問題である。
    サンクコスト、つまりは埋没しているコストだ。

    この時点で、新品を買おうが、修理を選ぼうが、このリールを
    購入した時点のコストと分解修理のコストは返ってこないのである。
    つまりこのコストを含めてはいけない。
    この判断を迷わすサンクコスト問題は、コンコルドとかの話を
    調べてみると面白いよ。

    実際に判断すべきなのは、今から、いくら払って、実用になる
    リールが手元に届くか?なのである。
    では実際に計算してみよう。

    新品を買う→19000円で新品+分解料金3000+1000 合計 23000円で
    不完全な新品+ゴリゴリ感のリール、合計2個

    修理する→19000円で、芸術品、完全体のリール1個

    修理の方が安い、という結果になる。
    新品を同じコストにするには、さらに、ゴリゴリ感リールを
    ジャンクで4000円以上で売れること、が条件になり
    新品のリールを完全体にするサービスを別途費用をかけねばならないのだ。

    完全体のリール1個を手元に残すには新品を買う方が高い、という
    不思議な結果になった。
    おそらく、感覚的に新品を買った方が安いはずなのに、、
    という間違った感覚に襲われるだろう。

    これがいろんな人の判断を迷わすサンクコスト問題なのである。

    リールの匠が調整して完璧になった完全体のリール。
    まさに、日産GTRの世界が手元にある。
    残念ながらカラーをベアリングに交換した場所は、カラーに戻った。
    じゃあまたベアリングに戻すか、ということはしてはいけないのだ。

    リールの匠が職人の技で、きっちり組み上げたリールを分解するなど
    愚の骨頂である。ちょっとGTRのエンジン分解してみようかな、って思わないでしょ?
    さらにスプールがさび付いた原因は
    スプール内にあるカラーをベアリングに交換したせいである。

    メーカーがベアリングじゃなく、カラーにする理由が結構あるんだなー。
    錆びるベアリングを使う方が悪いのだが
    錆びないベアリングもあるのでそれを使うといい。

    おそらく、現在のリールに使用されている錆びない、と謳われている
    ベアリングは全部、キャストップだろう。
    http://www.nskmicro.co.jp/products/bearing/casstop.html

    塩水にさらされる釣り具に最適、とあるので
    これを各社導入しているだけだと思う。
    俺も今後、これを使おう。ベアリング販売会社(へっじほ〇ぐ、ZP〇など)は
    これ買って小分けしているだけでしょ。

    ということで、マツコと二周、いや待つこと2週間。
    手元に届きました。新品以上になったストラディック4000XGMです。
    当たり前ですが、私は外装の綺麗さとかまったく求めていません。
    あくまで、機能であり、機関の完璧具合です。
    持病も治ったみたい。ドラグもスムーズ
    リールの中のギアメカニズムは車のエンジンと同じなんですから。
    完璧になった状態です。

    交換パーツ部品と明細のお手紙が匠っぽい。
    個人情報保護にもちゃんと対応している。
    こういうちゃんとした仕事をする人はいいね。

    ということで、G.H.Eのようなリールの匠に完全体にしてもらう
    サービスというのはかなりいいと思います。
    そのリールの能力を100%引き出してくれますから。
    問題はリールの匠のような人は日本には数えるくらいしかいない、ということですね。

    苦労した様子がBLOGに上がっていました。
    https://ameblo.jp/kenjiboo/entry-12323261122.html
    https://ameblo.jp/kenjiboo/entry-12323272967.html
    https://ameblo.jp/kenjiboo/entry-12327187229.html

    じゃあまた!匠!職人!工業製品を芸術品に!新品≒完成品!能力を100%出しきれ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a6311518.jpg

    64962daf.jpg

    edefceb6.jpg

    f85338bd.jpg

    ec9d9b9f.jpg

    f99c112f.jpg

    e52e64ce.jpg

    f5ad3ea9.jpg

    b04b7b4d.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    家にバスロッド余ってますよね?ふなです。

    昨日の夕食はカワハギのフルコース!
    刺身に煮魚に天ぷらに骨せんべい、あ、骨せんべいの写真がない。。
    これ以外のレパートリーを知らない。
    寿司とかでもうまいと思うな。

    子供がアホみたいに刺身を食べてくれました。肝とかし醤油がうまいとか
    どんだけ贅沢な幼稚園児よ!
    沢山作って良かった。薄造りとか技術ないので、分厚いのが贅沢です。
    それはさておき、

    家にはダイコーのバスロッドがたくさんある。
    最長辺が170cmを超える荷物の送料がどかーーーん!と値上がりしたおかげで
    もう昔のワンピースロッドは送れなくなってしまった。
    売れないし、、、ということで
    オークションにも竿は安いが、送料が高いという現象によって
    地方住民の阿鼻叫喚が聞こえる。

    つまりは売れる竿は「近所で取りにいける」ものに限られてしまう。
    近所といっても高速使うと往復2000円とかかかるので、
    下道でいける範囲になってしまう。

    ということで、昔のダイワのワンピースバスロッドの新品を3000円で
    落札できた。送料はおそらく4000円くらいだろうか。
    バイクでばびゅーんと受け取り。往復2時間、100kmくらいの距離。
    4リッターとして500円くらいのガソリン代で済んだ。
    ハリケーンのロッドホルダーは役に立つ。

    これをソルト用に改造するとしよう。
    物は、新品のままコルクにビニールが被っているもの。
    コルクの状態は良い。が、プラスチック部分が溶け始めている。
    可塑剤の影響かな。べたべたする。なんとかしたい。
    10何年の月日に耐えられる設計ではないようだ。

    ソルト用に改造するのは単純に、グリップ延長を行うだけだ。
    バスと違い、ソルト用はグリップを脇で挟む必要があり
    そのためにグリップを延長する必要がある。

    どうやって延長するかは、まず、竿をぶった切ってみないとわからないのだが
    大抵、カーボンパイプなので、カーボンパイプを突っ込んでやるとそれだけで良い。

    文字にすると簡単だけど、実際はうんと大変。
    まずは、ぶった切ってみる。

    新品のビニールが付いたままの状態で鋸を入れる背徳感がすごい。
    まるで不倫をしているようだ。いや、不倫したことないけど
    背徳感の代表みたいなものだと思うので。
    子供の頃に、落ちているエロ本を拾って見るくらいの背徳感。
    これが新品で3万円とかの竿だと思うと、失敗したらどうしようと思うのだが
    3000円の竿だと思うと、まあ失敗しても部品取ればいいか、と思う。
    敷居が低くなるね。

    さて、まずはグリップのいい感じのところでカット開始。
    鉄ノコでゴリゴリ切る。
    パカっと切れると、想像通り、カーボンパイプだった。
    これが、無垢素材だとお手上げ、グラスソリッドとか
    カーボン無垢とかだと、ちょっと手間がかかる。

    その場合はコルク部分を剥いて、無垢素材を露出させて
    カーボンパイプを上からかぶせないといけないから、、、
    面倒くさいんです。

    さて、無事にグリップが2分割されたら、その穴に突っ込むカーボンパイプを
    作り出す。
    そのパイプは折れたロッドを再利用する。
    穴にぴったりな大きさの部分を取り出し、まずは
    グリップエンドの部分から作る。

    折れたロッドをグリップエンドにぴったりになるように差し込み
    ABS接着材でがっちり固定する。

    ロッド部分に突っ込む方は細くなっているので
    直径を合わせるために、ラインを巻いて太さを揃える。

    私は中華PE3号をぐるぐる巻いています。
    ギリギリ通る大きさにするのです。2か所。
    糸自体は瞬間接着材で止めます。

    ぴったりの大きさにしたら、これもABS接着剤を
    たっぷり塗って挿入します。
    これで完成。1時間も放置すればがっちり固まります。

    余ったABS接着剤がコルク面の上に出るので、これを広げて
    コルクの切断面をカバーします。
    余裕がある人は、コルクを削って、綺麗に成形してください。
    もっと余裕がある人は、この部分に
    使える半球状のコルクとかありますのでそれを貼ってください。

    私の場合は成形とか造形の美とか気にしないので
    機能のみですから、そのまま放置です(笑)

    その後、ティップ側を白く塗装しました。
    あ、写真ないな、、、ガイドが黒で、白地に黒いガイドという
    見えやすいカラーです。
    が、、釣行が終わって先端見たら、白い塗装がバリバリと剥げていました。
    たぶん、専用の塗料が必要なんじゃないか、あるいは
    トップコートが必要なのではないか、と思います。

    これで、完成です。
    バス用ロッドがソルト用ロッドに生まれ変わりました。
    25号(95g)のオモリは投げられなかったので
    40gくらいのメタルジグを使う、ライトジギングとか
    キス竿とかボートシーバス用、イナダ、サワラとかで使いたいと思います。

    グリップ延長20cmしたところで元は5.9ftのバスロッドですから
    200cmくらいのロッドですからね。6.6ftくらいでしょうか。

    折れた竿や使わないロッドをリメイクすると安くロッドが作れますね。
    ぴったりイメージ通りの竿が出来るようになると一人前。
    私はまだまだですね。コストを抑えるためにやっているだけなので、、、
    そしてそれはコンセプトプロトタイプでもあります。

    買おうと思えばカワハギ用のスピニングロッド買えばいいわけですよ。
    でも高いじゃないですか。4万円とかする。
    買ったあとに、こりゃ自分に合わないと思ったら、損なので、、、
    まずは実験的にやってみる、ことが必要と思っています。
    その予算は新品の10分の1で4000円とか5000円くらいかな。

    これなら損しても痛くないコストですから。
    4万円で買って、合わないな、で、2万円で売ったら、2万円の損になります。
    概念を知るために2万円は高いと思うわけなので。

    自作湾フグティップなら投げられることは判明しているので
    ティップも交換するつもりで。
    この竿をさらに改造してもいいのですが、スピニングロッドでMLは
    かなり細いので、湾フグティップを付けるとかなり短くなると思います。
    短いと今度はキャスト時の飛距離が足りなくなるのと
    フッキング動作する際のストローク動作の距離が足りなくなるので
    ある程度の長さが必要なので。

    ベイトロッドベースで作ると、結構太いブランクを使っているようなので
    いい感じに出来ます。つまり、ベイトロッドベースで作って
    スピニングガイドに交換してしまえ、という作戦が良さそうなので。
    ということで、ダイワのM、MH,Hくらいのベイトロッドのジャンクがあったらくれ(笑)!
    ワンピースでもツーピースロッドでも構わない。ティップ折れの竿が余っていないか???

    ということで、まだまだ試行錯誤は続きます。

    じゃあまた!竿作りは楽しい!ロッドビルダーの端くれだ!今月中に作らねば!

    このページのトップヘ