クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    66ab9e50.jpg

    f6de1380.jpg

    5e610201.jpg

    21620e97.jpg

    1daf8bd2.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    明後日は遠州キハダキャスティング、ふなです。

    コマセと全然道具が違うな、、、
    準備に忙しい。
    そういえば、中古ルアーを4つくらい買った。
    380円??980円くらいのもの。
    それに伴い、ST-66のバーブレスフックを 1/0 2/0 も購入。
    スプリットリングも6番だか7番だが、100LB超え。
    巨大な魚を相手にしたことがないので、全然実感わかない。

    ST-66 2/0 は 18cmのルアーに 1/0 は14cmのルアーに装着。
    バランス的にこれでいいのかわからんけど、つけてみた。

    今回持っていくルアーに中にはチャーマスこと北村秀行のサイン付きもある。
    昔何かのプレゼント企画で、当たったものだ。
    シイラでも釣りに行く時にもっていくか、と思っていたが、ずっと
    死蔵していたもの、ようやく日の目を見る。

    あと、個人的に期待していて持っていくのがハルシオン オズボズ 150 MOKKA
    これもプレゼント企画で、ハルシオンの工藤さんからもらったもの。
    おそらくシーバス用だと思うんだけど、1.5mmの貫通ワイヤー仕様という時点で
    マグロも本体は破壊されるかもしれないけど、釣れるんじゃないの?というもの。
    ハルシオン内でもマグロのキャスティングで使っている人いないだろう。
    しかもリップ付き、がいい。

    どうもマグロルアー=リップレス、という常識が蔓延している。
    泳いじゃいけないの?という疑問もある。

    そして馬鹿じゃないの?というのが
    ビッグベイトというソフトルアー。
    これも釣れるかどうかあやしいけど、
    バス用のソフトボディのビッグベイトに、100LBクラスのスナップを
    内蔵して、強化して、泳ぐんかい!釣れるんかい!というルアー。

    マグロルアー=ハードベイト、という思考停止の業界にカツを入れる問題作。

    さらに人工知能ルアーも投げるかな。
    ルアーに比べてフックが大き過ぎるので、
    泳がないと思うけど。いやがるかもしれないし、サメ専用かもしれない。
    100LBスナップを4つも使って強化したので、バランスなんか崩れまくりで
    いみあるのか!という仕様。


    と、ネタだけは豊富に用意。
    投げるチャンスあるかわからないけどね。

    あとは、HF釣法を試すための、小物を用意。
    エビングもね。いろんなアプローチで、キハダを狙いたい。

    ビッグプラグをナブラに投げ入れるだけが、キハダ釣りではないと証明したい。
    何年かかるかわからないけど。ゆるいテーマで攻略の糸口が見えたらそれでいい。

    アドレナリンが出て、昨日は準備を全部してしまった。

    そこで、ちょっと驚いたのが、フェルールワックスだった。
    8.5ftのキャスティングロッドはバットジョイントなので、
    そのままだと、差し込みが固い気がした。
    フェルールワックスを塗ってみた。

    すると、、、なんと差し込み深度が深くなったのだ。
    え?どういう原理で??
    今まで5mmくらい差し込み口が浅かったけど、まあこれは一般的な
    2ピースロッドの差し込みと同じで、きっちり根本まで入るのは稀だと
    思っていたので、その隙間はあって、当然と思っていたのだが。

    フェルールワックスを塗ると、すっぽり根元まで入った。
    不思議だねー。原理がさっぱり想像つかないんだけど

    ってことで、頑張って明後日は遠州キハダキャスティングです。

    個人的には明日から有休で、15日までお休みなので、
    次回更新は16日ですね。

    釣れるといいなー。
    最悪カツオでもいい、いや、サバでもいい、、お土産釣らせろー!(笑)

    ダメでも2週間後にまたキハダのキャスティングがある。
    どっかで釣れろ(笑)って思うと、全部釣れないから、1回1回がんばる!

    じゃあまた!天気は良さそう!俺の調子も良さそう!運転大変!釣具屋が移転らしい!がんばるぞー!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2ed8fa32.jpg

    15f3c885.jpg

    99c77dfd.jpg

    b3e0bdb2.jpg

    1f9f49fa.jpg

    dd1f48d4.jpg

    c6570efb.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ほげちらかした!ふなです。

    まあ釣れませんよね。酔狂な趣味です。
    ということで、やってきました。キハダマグロ釣り。
    2回目だけど、相変わらず朝が早い。
    3時10分起きて、3:40出発。

    通常は東名から茅ヶ崎に向かうんだけど、
    なんか高速料金が2000円超える。
    横浜経由だと1500円くらい。
    500円ケチって横浜経由で。時間も5分ほど遅くなるようだ。
    が、朝の4時台に走っている車は少なく、順調に走行して
    5時前に到着。1時間チョイですね。
    自衛隊前の交差点を正面から来たのは私だけな感じだろう。

    横浜経由のルートは空いてても案外走りにくい。
    曲がりくねっていて、道幅も細い。
    高速料金も1500円なので許せるか。

    初見殺しの罠をかいくぐり、ようやく乗船。
    ポイントとしては、
    バイク置くところはどこか。
    氷はどこでもらえるのか。
    受け付けはどこか。
    エサはどこで買うのか。

    を、常連の動きを見て覚える(笑)
    さすがにバイクをどこに置くか?は聞いたけど。
    ちゃんと店の裏に止められるので、安心。
    同じようにビックスクーターで来てた人がいて良かった。

    受付だけど、3隻かな?分かれていて、12000円お支払。
    コマセ3kg、付けエサ1個合計1350円。
    くじ引きだけど、適当に引いたら1号船の左舷の胴の間。
    船によって引くくじ箱が別れているので、好きな船頭の船で引ける。
    本家派の俺は別船のくじは引きたくない、と思ったので1号船。
    というか、1号船が本家かどうかわからない。
    だって、普段乗ってない船宿なので。

    で、出港準備。そこで、気が付いた。
    あれ、サングラス忘れた。あと、熱中症対策飴も忘れた。あれれ?フラグかも。

    フラグと言えば、前日の夕食のリクエストを聞かれたので「マグロ丼以外」と言ったら
    見事に無視されてマグロ丼になってしまったので、フラグかよ!と突っ込んだところ。

    いろいろフラグは立つ。
    右のおっさんがタバコ吸い、上流で吸われるとムカつく。煙い、臭い、灰飛ばす。
    左のおっさんは温水さんっぽい、いろいろやさしくしてくれた。

    左舷、右舷とも11名で、合計22名、ギチギチ。なんこれ?
    道具はみんな電動リール、11名中1名手巻き、ああ、俺だ。

    そして、グラスロッドの太さ、みんな太いなー。
    俺の細いなー。本当に30kgのマグロ釣れる竿なのかー

    と周りを見る余裕が出てきた。今回。前回は自分のことで精いっぱい。

    さて、出発です。6時頃出発で、30分も走るとポイントに。
    いわゆるRUN&GUNを行います。
    棚は30??40m、一回言うと、その日は棚を言いません(笑)

    ナブラうちならなんとかなるんですが、見えない棚を釣るのは難しい。
    投入して、2分で、「はい、上げて」、で移動して「はいどうぞ」
    この繰り返し。

    こういう風に群れを見つけて釣るんですね。
    カウンターではなく、PEカラーの色を見ます。
    俺のリールにはカウンターついていないんだけどさ。

    PEで4色出して、コマセを振りまいて、じっとまつ。
    それだけ。いつかくるであろうアタリをまつ。

    最初のヒットは右舷の胴の間だった。
    20kgくらいのキハダが取り込まれた。たぶんGOPROに写っていると思うんで
    あとで見てみようっと。

    その後、さっぱりヒットなく、しばらくして、群れを見つけられなかったのか
    散会、クルージングタイムが始まるのが9:00くらい。

    急遽全速力で沖に向かって走り出す。
    全船向かってくる。その数、100隻くらい。
    その中でもおきえもん丸1号船は早かった。770HPだっけな。
    一番に到着して、投入。でもヒットなし。
    続々と、到着する船、あちこちでファイティング中の黄色いパトライトが回る。
    すごいなー。

    そして、船内2ヒット目、またまた右舷、胴の間、20kgくらい。

    で、12:15終了。
    はい、ほげました。
    せめてヒットして欲しいわ。
    当たったのはすべて右舷、風が無いので、船長の操船の癖が出たんだろうな。

    前回クルージングばっかりに比べれば、ずっとRUN+GUNなので、楽しい。

    途中にエビングの人を見てると、ヒットする瞬間を見てしまいました。
    あの人取れたのかな?ああ、ああやってエビングでヒットするのね。って。

    釣れたマグロは船の大きいクーラーに入れますので、
    個人の大きいクーラーは必要ないのですが、
    全員持ち込むという、、、、まあわかるけど、、、

    隣の温水さんは俺の天秤に興味津々で、「その丸いわっかなに?」とか
    マグロリングの自動発射装置に興味があったようでした。

    広まったら、温水さんからだな、、、俺が発案者なのに(笑)
    ちなみに温水さんはあだ名です。本当はS氏らしい。
    胸に名前の刺繍があったので、有名なテスターかもしれない。
    俺は知らん。

    ということで、無事表彰式。21本エントリーされたようです。
    上がったのはもうちょっとあるのですが。

    1人で3匹釣った人もおりました。
    ただ、1つ言えることは、たぶん棚でしょう。3匹は偶然じゃない。
    きっちり棚があっていないとヒットすらしないんですから。

    電動と手巻きの差ですが、気になることはありませんでした。
    電動の方が便利ではありますが、30??40mでは、手巻きでも
    十分に対応できます。

    探見丸はスマホ版は未対応、持っていけば良かった。ち!

    ということで、しばらくはコマセについているキハダは完全な運ゲーですね。
    せめて1ヒットあれば、またやろうか、と思うんですが、今年は黒潮の
    影響で、かなりカツオ、マグロ類が大量っぽいです。

    帰りも横浜経由で15:40出発 17:00到着渋滞嫌だな

    タチウオの釣り方教えるから、マグロの釣り方教えてくれ(笑)

    ということで、次回は、、、11日の遠州マグロのキャスティングでございます。

    え?今週末じゃん!今度こそ、マグロ釣りたい!

    タックルデータ
    ロッド 1850mm グラスムク
    リール ACT-40 トローリングリール
    ライン ULTRA2 PE8号 350m
    リーダー 26号ナイロン3m
    接続 ハワイアンスナップ 5号
    天秤 自動マグロリング発射装置付き コマセかご80号+コイン2個
    ハリス 20号 4.5m 
    針  ムツサークル1.0
    エサ 3Lオキアミ

    じゃあまた!コマセマグロ大盛況!今年は当たり年!行った方がいい!10分の1の確率で釣れる!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    13b1b75a.jpg

    74c344c7.jpg

    1fb93422.jpg

    52707376.jpg

    55d35416.jpg

    90662d75.jpg

    184acf6b.jpg

    fd95a654.jpg

    773c8f34.jpg

    3126a894.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    頭の中はマグロだらけ、ふなです。

    坂本結びに挑戦しているんですが、これがきれいに出来ない。
    全然ダメだな、市販の仕掛け買うしかないのか、、、。
    自分で作ると、針70円、糸(5m)12円、パイプ10円
    くらいなので、700円とか1000円出す意味がないと思っているんですが
    坂本結びという技術料が500円くらいかかっているのかもしれませんね。
    100円払うから誰か坂本結びを教えてくれ(笑)

    作るべきものが多くて、全然間に合わないかもしれない。
    最悪針は買おう、だが、マグロリングは作らねば。
    アクティブエイガードをマグロリングに装着したものは
    去年の使い回しで。

    ということでしたが、頑張りまして
    マグロリング5個、針6個を無事結ぶことが出来ました。

    マグロリングは天秤にセットして、ヒットしたと同時にマグロリングが
    発射されます。仕組みは後日ね!
    100m先の船上から投入するより、すばやく、マグロのエラに向かって
    落ちていきます。
    100mを秒速2mで落ちるのと、4mを秒速1mで落ちるのは
    効率が50秒と4秒だから92%も効率がいい。

    200gと2gでは、100倍外れにくい。
    2000円と100円では、20倍コスパがいい。

    総合すると2000倍使いやすいマグロリング。他を圧倒するぶっちぎり性能。

    一番難しいのは、カツオがヒットしても発射されずに
    マグロの時にだけ、発射される仕組みをどうやって
    閾値を設定するか?というところだけですね。
    今のところ、フロロ7号かナイロン10号で考えています。
    もっと細い方がいいのかな?とは思いますが、、、
    3kgのカツオの引き抵抗って何Kgくらいなのか、わからん、、、
    4kgのキメジ、マメジでも発射されないように、、、
    うーん、10kg超えたら発射するか、、、

    作ったマグロリングは0.4mmのピアノ線で、折り畳み出来ます。
    折り畳み方式で1個100円いかないくらいですので、
    まあカツオがかかって、マグロリング発射して、ロストしても100円ならいいか、、、
    というか、折り畳み方式のマグロリングって世界初じゃないのかな?
    直径18cmと、相模湾の20kgくらいの大きさを目標にしています。

    さて、18cmのマグロリングを作るにはどうすればいいのでしょうか?
    円周は直径×円周率だから 18cm*3.14=56cm
    30cmのピアノ線2本でちょうどいいということがわかります。
    家に在庫していたやつを流用です。

    それを、スリーブのSSサイズで、カシメます。
    あ、良く考えたら、ピアノ線、折り返せばよかった。強化するのわすれた。
    強い力入れたら抜けるな、、、
    まあ良い、マグロのエラなんて強い力は加わらんだろう。
    そして、スリーブ止めしたところに、熱伸縮チューブをして完成。

    消耗品と考えてると、価格は安い方がいいですね。
    0.4mmではちょっと細すぎた気がします。
    強度の問題ではなくて、沈下速度の話。

    ただ、質量が少ないのも意味があって
    マグロの口、そして針にぶつかるものですから、
    あまりに質量があると、それが原因で針が外れます。

    バス釣りやっている人なら知っているでしょう。
    ラバージグ、ジグヘッドが外れやすいってことを。
    そうですね、質量は軽い方がマグロはばれにくい。
    案外0.4mmっていう軽さと強さは、いいかも。

    細いので水の抵抗のないのでね。
    あれ?なんか苦しい、体が動かない、、とマグロは思うかも(笑)

    さらに針を結びました。
    針は16、18のみでいいか、大きいのは使わない気がする。
    ハリスはフロロ16号と20号を使います。
    ポンド数で言うと64LBと80LB。

    カツオを狙う&食いが渋い時には細めでいいかも。という使い分け。
    本当は12,10号くらいまで細くしたい。
    最長6mまでで、どういう時に使い分けるのかわからないけど
    どうも渋い時は長いらしい。

    坂本結びに関しては、5-6本結んでわかったけど、
    どの方式がいいのか、よくわからない。
    世間にはいろんな坂本結びがあるの??

    結び方で一番のキモはグラビアアイドルの営業である。
    いや、違った。
    枕である。
    4回巻きつけて、枕を作る、管の襷がけを綺麗にする。
    その後、わっかを針に3-4回通す、という、一連の工程すべてが謎である。

    なんとなくわかったのは、管の襷がけがきれいになるには
    こういう手順じゃないと出来ないよなーとか
    わっかを針に巻きつけるのは強化パイプを巻き込むようにしないと
    綺麗に出来ないよなぁ、と思いながら試行錯誤してみた。

    途中で、素手で締め込みとかしたら、シュ!とラインが滑って手をヤケドした。
    ライン怖いお。
    絶対に素手でライン触ってはいけないね。

    強化パイプはケイムラパイプなので、さらに
    ケイムラコートを結び目と、針そのものに塗ってやった。
    これで、水中で良く見えるはずだ。
    原価は100円いかないくらいなので、多少失敗してもどんどんやり直そう。

    ハリス本線を引くと、ギュイーンと締まっていく様子は楽しい。
    ゆっくり引くのがコツみたいね。早く引くと摩擦熱が一気に出てしまう。

    しかし、仕事が手に着かない。
    連日、相模湾ではマグロが釣れている。

    去年のリベンジを果たしたいところだ。
    速報ブログやツイッターのマグロ情報が気になって気になってしょうがない。

    6日はコマセだが、11日はキャスティングである。
    しかも遠地、静岡からという、、、、
    そう、準備期間がない。だから、準備は平行して行う。

    キャスティングのマグロも独特なんだろうな、と思いつつ
    ルアーは2個しかないんだから、、、
    現地で買おうと思っています。
    現地の釣具屋に行って船長に、明日何持っていけばいい?的な質問をするのだ(笑)

    あとは何を準備すればいいのかな、わからな過ぎて困るわー。

    じゃあまた!何でも実験!準備!テスト!人工知能ルアーも持っていこう!

    このページのトップヘ