クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b58e8379.jpg

    3d43a67a.jpg

    a0fb356c.jpg

    b9ec040e.jpg

    5b401a11.jpg

    f39ac27c.jpg

    47aceada.jpg

    4446ad39.jpg

    7df01415.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ようやく年末調整が終わりました、ふなです。

    面倒くさいのよね、、、
    さあそれはさておき、TKBにそなえダイワのタックルを新調しました。

    KAWAHAGI X M-180であります。
    この性能で100g切っています。軽い!
    ポイント還元もあるので実質1万円程度ですね。
    それまで使っているロッドは激安の5000円くらいのロッドなので
    価格は2倍、log関数に応じて、釣果は伸びると思うので
    おそらく釣果は1.4倍になると思います(笑)

    舞台は竹岡沖がメインでしょうから、柔らか目のM-180ですね。
    別の宙メインの舞台ならMH-180にするといいと思いますが
    まずはMの食わせを使いましょう。

    初下ろしは12日のかみやの月例ということになります。

    ロッドは買えたけど、リールまで手が回りません。
    デッドストックのTD-S を使うことにしました。

    まあ懐かしいリールですね。
    そのまま使ってもいいんですが、せめてハンドルくらい交換してやれ、と
    思いまして、在庫してたハンドルセットをひっぱりだしてきました。

    使えそうな中華ハンドルを探すと、黒い感じのが良さげ。
    糸はパワープロですが、0.8号を200m巻いてみました。
    ぴったりですね。
    ギア比は5.1:1なので、ローギアですね。
    いい感じです。ハンドル長も少し長くなりますますパワー寄りです。

    ハイギアが欲しいところですが、一度大型をハイギアでばらしているので
    システマチックにローギアにしているところです。

    ヒットして巻き上げの場合に、どうしても力が入ってしまうので
    手が早くなります。
    結果、過大な水中の抵抗になって、針が伸びるので、、、
    パワーフック4.5が伸びるのですから針のせいじゃない。

    これを「気をつけよう」と思うのは良くないですね。
    ミスはシステム化しれば99%防げます。
    残りの1%だけ「気を付ける」ということにしないと
    なんでもかんでも「気を付ける」の箱に入れるからまたミスをするので、、

    ちなみにドラグ調整すればいいんですが、
    ドラグも経年劣化で固くなります。

    でもローギア比とロングハンドル化しておけば
    ヒットした!うれしい!早く巻こう!となっても物理的に
    糸巻き速度は遅くなるので
    大型をばらしずらくなるはずなのです。
    もちろん理論上です。

    デカいカワハギを釣るためにはあえてのローギア、ということですね。
    もちろん、ハイギアでドラグをちゃんと調整する、という方法でもいいんですが
    「あ、バレタ!ドラグが固かった!」と思った時には遅いので、、、

    これも試行錯誤ですかね。あえてのローギア作戦、当たるでしょうか。

    そして、ついでに世界最速ラインを巻いてみました。
    50mで16000円とちょっと試すには躊躇する値段です。
    水深30m以下なら使えるかも。
    が、激安で手に入れたので、世界最速仕掛けと合わせて
    使ってみようかな。

    残念ながらダイワ製品には世界最速のロッドはないので、
    TKBでは片手落ちになってしまうのですが。
    TD-Sのリールも世界最速のリールではないので、、、
    樹脂使っているからね。
    だからと言ってリールを買うほど余裕はない。

    さらにスピニングリールです。
    時代はスピニング、ということで、浅場ではスピニング仕掛けのカワハギを
    試そうと思っています。

    もちろんダイワ製しか使えない(TKBだから)ので、
    リーガル1500という、骨董品です(笑)
    これもパワープロ0.8号巻いてます。150mぴったり入りました。

    ロッドはバスロッドを流用しますが、なんと手に入れるのは11日です。
    12日に大会なのに(笑)3000円でした。

    ワンピースのバスロッドはすでに投げ売りですね。
    ってな感じで、TKBに向けて、タックルを準備しております。

    まずはかみやの大会で入魂できるといいな。

    じゃあまた!ダイワ縛り!スピニングのスポーツラインを買ったけど、グローブライド製で、ダイワじゃないからダメかな?よくわらん!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ac1d0797.png

    0c8b1a42.jpg

    a718b9f2.jpg

    42b8f5dd.jpg

    c2356c20.jpg

    f2646c86.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    エイガードの季節ですね、間に合いました!ふなです。

    エイに刺された。という話をよく聞く季節になりました。
    湾奥のカリスマも刺された、という話です。
    そして電気式エイガードも併用していたと
    いうことで、その対策が何か出来ないか?と
    ずっと思っていました。

    もちろん、アクティブエイガードの出力を上げる、ということも
    1つは対策でしょう。しかし、そこにはバッテリーの持ちという問題と
    直結します。

    現在、およそ1回の充電で40時間程度動作しているので、
    出力を2倍にすれば20時間程度しか動作しません。
    1.5倍でも30時間程度か。そのくらいは許せる範囲かなぁ、、、
    一晩の釣行時間では平均5時間程度なのです。
    あとは、手間がかかって不良品発生比率があがるとか、発熱問題やらいろいろあります。
    つまり、さあ来週から対策が講じられます。という具合にはいかない対策方法ですね。

    そこで、まず、アカエイに刺されるモデル図を書いてみました。
    (いやなモデル図だ!)

    アカエイの毒針と人の位置関係をモデルにした図です。

    他にエイ対策のグッズ等を知らないので知っている範囲で書きました。

    まず、アカエイの針が5m先にあり、それが皮膚に突き刺さり、筋肉まで到達するというモデル図です。
    (本当に想像するだけで痛いモデル図ですね!)
    時間軸ではなく、距離軸で表しています。

    まず、アカエイの毒針は5m先にあるとします。
    この時点では人間は安全ですね。

    それから、人間がアカエイに近寄ります。
    アクティブエイガードは周囲5mくらいから50cmくらいまで効果を発揮するので
    その範囲のカバー製品、ということになります。

    まあここでは単純に毒針と人間の位置関係のみに焦点を当ててモデル図を書いています。
    毒針が1m以下に近づいた場合は、ウェーディングステッキを持っている場合には
    この距離に対するカバー製品になりますね。
    おそらく50cm前後の範囲をカバーしていると思います。
    まだ安全っぽい。
    ここまではアクティブセーフティの考え方ですね。

    さらに、毒針は人間に近づき、5cm以下になると
    そこをカバーする製品は外付けエイガード、ということになります。
    毒針の侵入をウエダーの外で防御するわけです。
    もうすでに踏んでいるとかで攻撃されているわけです。
    ここからはパッシブセーフティの考え方になります。

    さらに、次には毒針はウエダーを突き抜けます。
    ここから先は靴下型エイガードの防御範囲となります。

    そして、不覚にも皮膚を貫通してしまったら、
    そこから先は「刺された」ということになりますので、
    ポイズンリムーバー、お湯、抗生物質、痛み止め、のような製品が必要となってきます。

    最終的には皮膚を突破されたら、その先は病院送り、ということです。

    今回、湾奥のカリスマは、電気式エイガードと靴下型エイガードを突破された、ということになります。

    そのエイガードメーカーのブログを見ていると、
    その靴下型エイガードは劣化しているようだね。5年で買い替えるべきだ。5万6千円。
    はあ?

    全然問題解決になっていないだろ。
    5年毎に5万6千円払え、いやなら刺されろ、という横柄な態度はどうかと思う。

    そこでだ、私は考えた。
    刺されてしまうことはおそらくあるだろう。
    じゃあ何が出来るのか。

    モデル図で、広範囲をカバーしているのは
    アクティブエイガードとポイズンリムーバーである。
    すでにアクティブエイガードは存在している。
    じゃあ、ポイズンリムーバーを扱えばいいのではないか?ということである。

    刺されないための道具をもってしても、刺される可能性はある。
    じゃあ刺された時に役に立つ何か、を出すべきだろうと。

    これが、ユーザーの声を反映した結果なのである。
    ということで、取扱始めました。
    https://store.shopping.yahoo.co.jp/2yn3hyulzbafwctcatj2vvinye/ztjfy4q6uc.html
    ポイズンリムーバー、800円。送料込で1000円。
    使わないTポイントが1000点あれば、現金なしで買えます。
    ※アクティブエイガードMAXを全額ポイント購入されたつわものも何人かおります(笑)

    ルアー1個より安いですね。
    小型なので、タックルボックスでも、ポケットでも入れておけば邪魔にはならないと思います。
    他社のポイズンリムーバーは大型で高く、邪魔になるものが多い。

    アカエイに刺されたら、どうすればいい?と質問すれば
    お湯につける、と答える人が多いと思いますが
    ウェーディングしている環境でお湯がすぐに用意出来ることは少ないと思います。
    お湯が用意出来るまでに救急車呼べる。
    もっと短時間に効果的な解決策はないか?と考えた結果です。
    お湯で処理する前に、毒物の絶対量を減らば健康被害は少ないのではないか?という考えです。

    当たり前ですが、5万6千円の靴下型エイガードは高くて買えない
    9800円のアクティブエイガードMAXも高くて買えない、
    6800円のアクティブエイガードLiteも高くて買えない
    でも800円ならなんとか買える、という方もいると思います。
    あるいは、アクティブエイガードと同時にポイズンリムーバーを買えば
    広範囲をカバー出来ているじゃないか、と考える人もいると思います。
    モデル図を見れば、今までの、外付けエイガードや靴下型エイガードの防御範囲ってかなり狭いことがわかりますね。
    そんなカバー範囲の狭いものに大金を払って、そして5年しか持たない、というのは
    モデルとしての欠陥じゃないのかな?って思います。

    メーカーは売れればいいわけですが、私はエイに刺されないようにする、刺されても
    被害を軽いものにする、そして経済的負担を軽くする、という消費者保護の立場でやっていますので
    目線が全然違います。

    ということで、良ければポイズンリムーバーをウェーディングの際には用意すると
    いいと思いますよ。

    ちょっと用意する時間がかかったのは独自の購入アルゴリズムをやらないといけないからなので、
    刺されたニュースを聞いた時にはもうすでにモデル図やら対応策やら瞬時に思いついていたんですが
    在庫が1個じゃ売るレベルにないので、在庫が10個になったら売る、と決めておりました。
    限定10個程度なので、お早目に
    https://store.shopping.yahoo.co.jp/2yn3hyulzbafwctcatj2vvinye/ztjfy4q6uc.html
    お求めください。
    売り切れたら、発注しますが、3週間後くらいになると思うのでもうシーズンオフですね。

    よし!なんとか今シーズンに間に合った!予定は来年だったのに!計画は前倒し!

    じゃあまた!安全なウェーディングを!ランカーを安心して狙おう!エイ対策をしましょう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ad50225f.jpg

    c5533bb7.jpg

    2c356d74.jpg

    424669a3.jpg

    d26c2a43.jpg

    4e222d05.jpg

    11f39ba1.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今年もスミイカやりました、ふなです。

    金曜日に東京湾サーキット大会のスミイカが
    入舟さんで開催されました。

    隅田川の結構上流に位置する船宿さんです。
    初見殺しの罠は特になかったですが、
    駐車場がわかりにくいかも。
    バイクで行ったので、30分ほどで到着です。
    5:00起床、5:30出発、6:00到着でした。
    先住公園内、って言う住所なので、公園内ってどういうことよ?
    と思っていってみたら、本当に公園内で笑えました。

    受付で名前を書いて座席は抽選。9800円で、氷はサービスです。
    今回用意したタックルはベイトとスピニングの2通り。
    ベイトではエギ、スピニングではスッテの釣りをするつもりで。

    エギマックスもラバマックスも使ってみた。
    7:00出発、が、隅田川の上流から出港するので
    お台場まで30分くらいかかっている、そこから
    東京湾沖に向かいます。
    ええ?これはとんでもなく時間がかかるのでは、、、
    8:45頃に「きさらづ2」の赤い浮標のあたりに到着、ようやく開始、
    なんと片道1時間45分、もし、これが竹岡沖なら片道2時間以上かかる。
    うお、、、ちょっと遠すぎますね、、、、

    船長は「スッテなら無双できるかも」と言っていたので
    スッテ仕掛けをやってみました。
    オモリは25号、スッテはトトスッテ。
    風は結構あり、潮も早い。
    全部で12名ほど乗船していたと思いますが、
    スッテ仕掛けは俺だけ。
    おお!無双しちゃうぞ!と思ったがこれがまったくノー反応。

    1時間ほどやるも、周りはエギでポツポツ釣れるし
    隣とお祭りしてしまったので、これを期に
    エギ仕掛けに交換。

    スッテの釣りはさっぱりわからないまま終了。

    エギに替えるも、全然反応なし。
    周りもポツポツ程度。
    ようやく違和感からズン!という、手ごたえで1匹。
    よし、もう坊主ないぞ、、、

    周り見てても、ピンクのマーブル柄とか、オレンジのマーブル柄とか
    どうやらアタリエギが判明している人はヒットしている。
    そうでない人は、あまりヒットしない、という感じ。
    マーブル柄に替えてもヒットしない、、まあそんな感じですよね、、、

    私はアタリエギを持っていないので、ヒットには恵まれず。
    12時までに2杯。あと1杯のリミットが遠い。
    1度、ズン!と重くなって、巻いてくるとフッとバレタ。
    マジカー!3ヒットでリミット揃ったと思ったのに、、、

    潮が流れなくなった時点で大きく移動。
    第2海保横だと思う。
    しかし、根が荒く、唯一のヒットエギをロスト。

    これは、、、いろんな手をやってみるも反応なし。
    14:15分終了。はい2杯でした。
    トップ7杯程度だったと思う。エギでしたね。

    そして帰港、遠いよ、、、
    桟橋到着16:00.やっぱり片道1:45.遠い。

    検量するも多分、8-12位のあたり。
    1位3匹で1189g。どんぐりの背比べ。
    7位で2杯700g
    俺は2杯630gくらいだったような。

    失意の帰宅となりました。
    まあ、全体的に釣れてない日で、全体的に悪い。
    去年の初挑戦で24杯とか夢だったのかもしれません。
    ということで、しばらくスミイカはもういいかな、、、

    3バイト2杯ですからね、、、
    そして何よりも船宿からポイントが遠い。

    なんで7時出発なのよ、、、
    たとえば、吉久、吉野屋が準備している横を、豆丸が
    お先にー!って感じで出発すると、上流でも
    出発時間を早めて、ポイント到着時間は早い、というリカバーするのに、、、

    が、航路を眺めて気が付いた。
    水位が高いと通過できないポイントがありすぎる。
    油圧昇降デッキでもない。
    満潮時には通過できない、旧機構の船なのか、、、
    これじゃあまるでミナミだね。
    同じように、河口に係留しておいて、そこまで小型船で行くとか
    出来ないものか。

    もう少し改善するといい船宿になると思うのになぁ。残念過ぎる。
    たぶん相当理由がないと入舟さんにはいかないと思うな。

    釣ったスミイカはお刺身にして、ゲソ等は煮物にしました。
    いやー、スミイカはおいしい。何してもおいしいね。
    子供がパクパク食べてくれたのでうれしい限り。

    来年もやるかどうか不明だけど、好調ならやりたい。
    トップが20匹以下ならやりたくない。苦しい釣りになってしまうから。

    代わりにイイダコって思ったら、もうシーズン終了していた。
    うへへへー、イイダコやりたかったよ、、、、

    ということで、今シーズンのスミイカ終わりです。
    来年までさようなら。来年も湧いたらやりたいな。
    釣れない釣りは楽しくないので、、、、

    じゃあまた!スミイカ難しい!アタリエギ持ってない!スッテの釣りがなんだかわからなかった!もういいや!

    このページのトップヘ