クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a6d1d0e5.jpg

    35f6a5d9.png

    76524281.jpg

    fe53573d.jpg

    b940c2ec.jpg

    c5e24d24.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    スマホを修理する道具から作る、ふなです。

    あれ、この題名2回目な気がする。

    それは置いといて、週末は釣りの予定が、雨で中止に。
    オフショアのシーバスの厳しい時期に突入らしい。
    いろいろ中止になる。
    今週末は仕事の可能性があるので、これも中止かもしれない。
    もう、しばらく釣りには行くなという啓示なのかもしれない。

    キスの大会は頑張ろう。
    さて、スマホを修理していると
    こういう道具があるといいなー、というのがあります。

    道具がなければ道具から作る、という。
    基本的にないものは作ればいいわけで、、、

    ドライヤースタンドを作ってみました。
    ドライヤースタンドって、きっと一般的には使い道が思いつかないものです。
    ドライヤーって手に持って使うモノってイメージがありますから。
    でも、固定して両手を使いたい時に使う、というシチュエーションが
    欲しい人にはいいかもって。
    じつは、これはどっちかと言うと、固定して使うというより
    保管場所として使うものみたいですね。
    へ!関係ないわい。

    ということで、さっそく工作。

    奥さんのもっていたスタックボックスとかカントリーボックスのようなものを
    奪い取り、工作に。

    あ、肝心のドライヤースタンドは中国から送料込で200円以下で手に入れました。

    これをカントリーボックスの中に付属のネジ止めして、完成。
    スマホ修理道具として活躍してもらいます。

    ドライヤーは普段使っているもので、1200??1500W程度の普通のものです。
    ヒートガンもあるんですが、熱量が多いので、扱いが難しい。
    難しいというか、筐体が溶ける、焦げる、と大変です。

    ドライヤーなら、そんなこともないので、
    ゆっくり加熱できるのですね。
    スマホを痛めません。

    急いで処理することはあまりないので、ドライヤーで十分なのであります。
    時には温めながら作業することもあるので、
    100度くらいならなんとか熱い、熱い、言いながら作業できますが
    ヒートガンは200-300度くらいまで上がるので
    熱しながら作業、があまり出来ません。
    されないほどスマホは熱せられるし、
    そして、内蔵のリチウムイオンバッテリーも劣化します。(熱に弱いので)

    ってなわけで、スマホを交換する時に使う道具がなければ自作する、という
    話でした。
    そのうち市販品で、ドライヤーホルダー、とかドライヤースタンドって
    出てくるかもしれませんね。
    それはそれで、その登場を待つ、というのも1つの考えですが。
    私はこの世にないものは作る、という方法を取ることが多いので
    こんな感じ。

    無いものは作る!
    じゃあまた!楽しいよ!ゼロイチは!この世にないものを作り出す喜び!釣り行きたい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fb62cf8c.jpg

    c4a0fa84.jpg

    be0d63ed.jpg

    58c38e68.jpg

    bcff8f41.jpg

    0ee0c90f.jpg

    e9132e01.jpg

    e85ba0c0.jpg

    fe49af44.jpg

    c165c92f.jpg

    1600c970.png

    64f962b2.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    土曜日は雨で釣り中止、今夜から降るみたいふなです。

    来週は仕事かもしれないな、、、
    なんだよ土曜日仕事ってよ。
    シーバスも厳しい予報。
    サバも撃沈中
    フグも、マゴチも、テンヤマダイも

    もう本当に釣り物がないな
    テナガでもやるか。キスの大会には出たいな
    さすがに0??2本ってことはないだろう。

    さて、そんなことはさておき
    世界を買うシリーズ。
    本日は、電気シェーバー(充電式)です。

    ヨーロッパコンセントの変換アダプタ付きです。
    お値段、、、なんと送料込で、、、2円。

    ん?

    間違い?

    いや、いや、2円。

    2円って1円玉2つ?

    そうそう、2円。

    正真正銘の2円。

    たまにはいい思いもしないとね、、、
    定価は2000円くらいです。

    それがたまに2円で買える。
    もちろん抽選販売。
    どうやら抽選に当たったようだ。
    そういうこともあるんだね。
    倍率は100-300倍くらいだと思う。

    実はこれで2個目。
    1個目はベルトだっけな?
    その時は1円でした。

    底辺サラリーマンは生き抜く知恵を持っているんだよ(笑)

    実際に使ってみたんだけど、、、
    うーん、、、、
    いまいち(笑)

    Philipsとかの切れ味を想像していたんだけど、、、
    モーターの回転が遅いし、トルクがないように感じる。
    皮膚まで削れる感じか?と思ったけどそれもない
    どっちかというと、そり残し多い。
    ゆっくり動かさないと切れない感じ。

    所詮は大陸製か、、、
    昔ながらの掃除ブラシ付き。
    今だと防水で、水中で洗える感じのが多いかな。
    乾電池バージョンの日本製の方がもっといいよ。

    充電用のコンセントもある。USコンセントだね。安心だ。
    EUコンセントだったらどうしようかと思った。

    で、コンセントに差し込んで充電。
    うんうん、、
    なんだけど、充電中のLEDみたいなのがないんだね。

    翌朝、充電完了したのかどうか、わからんな、、、

    うーん、、、
    充電されてるの?
    おかしいな、、、

    うん?

    むむ!これは、、、、

    良く見たら、対応電圧、、、220V??
    げ、電圧足りないじゃないか、、、
    うそーん、、、

    ということで、この充電池が放電し終わると
    使い終わりです(笑)

    とはいえ、どうせ充電池内蔵なのですから
    充電器の部分を改造してやればいいんでない?

    あとで分解してやろうと思う。
    さすがに100V-> 200Vのトランスを買ってくるのはあほらしいので、、、
    なんならUSプラグ捨てて、直接USBから充電するように改造してやってもいい。

    ということで、こいつは改造することにします。

    くそ!たかが2円、されど2円。

    まあよい、腕試しにはちょうどいいだろう。
    大陸製のシェーバーの作りを見てやろう。

    案外侮れないかもしれないし、へんな作りかもしれない。
    これはこれで楽しみである。

    じゃあまた!くそ!罠にはまった!アメリカなら普通に使える!日本じゃ無理!T字シェーバーで十分!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    cd60f6f7.png

    084adcf0.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    あ、今更わかった回答がね。ふなです。

    3年で倍の売り上げにする方法

    ずっと、何か変だなー、何か変だなーと違和感があったこの設問。
    配られた資料も妙に陳腐だったし、、、違和感はずっとあった。
    商店の売り上げを倍にする方法ばっかりを考えてたけど
    そうじゃないことが今更、霧が晴れたようにわかってしまった。

    商品点数を増やすことでも、利益構造を変えることでもない。
    そうだ、M&Aである。
    挑戦する会社じゃないか、挑戦しないでどうするよ。
    有利子負債が資本金を超えようが、構わないで規模を追うのだ。
    そうすれば3年で倍でも3倍でもいけるじゃないか。

    多分そういう視点が欲しかったのだろうな、と思う。
    まあ、でもグループミーティングだから、他人のブラッシュアップに
    時間を費やしたのがもったいなかったな。
    冷静になれば、なんでも良く見えてくるのに、緊張すると視野が狭くなる典型。
    対面の人も手が震えたし、緊張するのは良くわかる。

    ま、そんなもんだ。誰かがM&Aします!規模を追います!って答えを
    出すだろうな。俺じゃない誰か。
    極限の緊張状態でその答えを出せる人を探しているのだろう。
    「3年で倍ですか?私なら3倍、いや5倍にしてみせます」という人。
    24時間経ってもこの設問の最適解を出せなかった人よりは優秀だろうけど
    30分で出した人には敵わない。そんな世界を見た気がした、悔しいな。
    30分で出した人がいるかどうかわからないけど。
    ということでしばらくおとなしくしてますか。まだ結果わからないけど多分ダメ。
    チャンスがあれば暴れるけど(笑)

    さて、昨日は自宅サーバのHDD追加をやらねば、ということで
    中古の1TBのHDDをヤフオクで落としていた。
    現状は /home 500GB だけど 使用率 95% とかなので、
    1TB2台で、メインとバックアップを取るつもりで
    1台づつ落札して、最初の1台が到着して、さて、増設、、と
    PCの中を見て、驚いた。
    500GB+500GB+1TBと3大のHDDがあるではないか。
    あれ?1TBなんてあったっけ??
    ということで、mount してみるとちゃんと使える。
    え?マジか。なんでmount しなかったんだっけ??どうするべか、、、
    ほかの500GBのHDDはどうなっているの??と分析してみると。
    /dev/sda(500GB) /
    /dev/sdb(500GB) /home
    /dev/sdc(1000GB) /mnt1

    こんな感じになってた。
    /home が500GBで足りないのはわかる、が、、、
    / も500GBあるはずなのに、50GBくらいしかない、、、
    ん??
    と思ってパーティションを確認すると、、、 83 LVM-Linux
    仮想化のためのDISKとして400GBも確保されてた、、無駄無駄、、、
    とはいえ、パーティションやら設定いじると壊れるのがいやで、
    /は放置でいいな。

    /dev/sdc の1TBのHDDはなんでmount してないんだっけ??と
    遠い記憶を探すと、、、、
    あ、思い出した。
    HDDが死んで全ファイルが lost+found に突っ込まれたんだった。
    それをサルベージュしたところまでは覚えてた(笑)

    うぉ!どうするべか、、、
    とりあえず、/home を 500GB -> 1TB にリプレースしたい、
    その後、1TB -> 1TB でバックアップを取ろう。
    だが問題が、、、SATA のコネクタが4つしかない。
    1台DVD-ROM
    3台HDD
    空きが無い、、、しょうがないので、DVD-ROMをもう使わないことにして
    ※どうせOSインストールするくらいしか使わないし。

    そこにHDD増設して、やりくりしますか、、、
    というところまで分かったので、徐々にやっていこうと思います。

    手順は、、、、
    /dev/sdb(500GB /home) -> /dev/sdc (1TB /mnt1) にコピーして
    /dev/dvd-rom -> /dev/sdd (1TB /mnt2) を増設し
    /mnt1 -> rsync -> /mnt2
    /home を umount して、取り出し
    /mnt1 -> /home に
    DVD-ROM を復活
    毎日 rsync /home -> /mnt2 設定する。

    これで、SATAは
    1台DVD-ROM
    1台500GB
    2台1TB
    ということになる、、、はず。
    面倒くさい、、、

    余ったHDDは別のPCで使おうかな。
    なぜかSATAのコネクタが余っているので、、、

    ということでHDDの大移動がいろいろありそうだな。
    単純に移動したらいいだけでなく、mount しているので、
    web のコンテンツが 404 にならないように移動するのは大変だ。
    考えながらやらないとね。

    ということで、今週末、マンション全体が100Mbps ->1Gbps に
    リプレイスされると同時に、自宅サーバも自室から
    ベランダに移動しなくては、夏の排熱地獄が始まってしまうので、、、

    という、個人的なPC環境の話でした。
    OSはCentOS6なんだが、仮想化パッケージなんか入れなきゃ良かったよ(笑)

    じゃあまた!コンピュータ難しい!面倒くさい!1年間電源入れっぱなしで8760時間!何万時間動いたんだろう!

    このページのトップヘ