クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fa5ab330.jpg

    a18e479c.jpg

    e7cf36a0.jpg

    0813df75.jpg

    42e72c51.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ロッド完成!ふなです。

    そういえば、アクティブエイガードの使用レポートを
    書いていただいたようです。
    塩対応しなくて良かった(笑)
    http://www.fimosw.com/u/yoshihito/4o18ft3xkgzpgc

    釣り具作っていると、釣りに行けないし、
    釣りに行っていると、釣り具作れないし、
    バランスが難しいのであります。

    そろそろハイシーズンだし、さらに釣り物も増えてきて
    あー、釣りに行きたい!毎週のように釣りに行きたい!と
    思うのですが、そうは問屋が卸さないのが現実で。

    ということで、連日釣り具作っています。

    よやくキハダのライブベイト用ロッドが完成しました。
    とは言っても
    強度はどんなもんかさっぱりわからないけど。

    ガイドは中華で10個600円という激安品、実は8個180円というものも
    発見したので、買ってみた。別のロッドでも作るかな。
    費用は、ガイド代の600円だけ、あとはありもので間に合わせたので、、、

    相変わらず、ちゃんと作りません。
    ガイドの足は削らないし、スレッド巻きもナイロンラインの上に
    PEラインを巻いて色のお化粧の割には
    エポキシはすでに黄色く濁っているので、綺麗に仕上げるとかあまり考えてない。

    いかに費用をかけずに、いかに機能だけを実現するか?というところに
    主題が置かれているので、、、商売ではないので、自己消費用だしね。

    スレッドはナイロンライン3号を巻いて、その上に
    PE3号とか極細のカラー糸を巻いて、色を付けています。
    強度的には十分だと思うんですけどね。
    先端は黒地に黄色なので目立つように。
    あとはPEのカラー次第(笑)

    結構鮮やかな色だぜーと思ったらエポキシが染みて
    さらにやや黄色いエポキシになったので、くすんだ暗い色になりました。
    良く綺麗な色のスレッドを巻いている人を見ると、いい感じだなーと感心します。

    だから黒いスレッドになってしまうのかな、、
    あとラメは必要かも。キラキラする糸じゃないと映えないですね。
    まあいいか。弘法なんとかですよ(笑)

    スレッドを巻いたら、エポキシで固めます。
    A液B液を半々混ぜるんだけどBがほんのちょっとでも多いと固まらないというので
    A11:B10くらいの割合で混ぜまず。

    通常穂先のみのガイド交換とかなので、大抵お互い0.5ccづつで合計1cc作るんですが
    今回は1ccづつの合計2cc、ではまったく足りず
    合計3回混ぜ、6ccも使用しました。

    さすが大型スピニングロッドですね。
    使用するエポキシの量も多いです。

    フィニッシングモーターが年に数回活躍するのです。

    使用したスレッド用のPE3号も、1つのガイドで1色(=10m)近く使うので
    これもびっくりでした。
    黄色が無くなって途中で緑になっているとかそのままです。
    ちなみに密巻きでも平行巻きでもないので、アホみたいにPEラインを使い
    盛り上がるんですが。
    すなわち、エポキシの吸い込む量も多い。

    全てが規格外、いや、規格内だけど、結構量が多い。
    あとは実践あるのみだ。

    改めて、大型スピニングリールを装着してみた。
    うむ、いい感じな気がする。

    ちなみにキハダのライブベイト用としたのは
    ・グラスソリッド竿
    ・80-180という固さ
    ・2kgくらいのカツオはバンバン釣れた

    という理由からで、やろうと思えばディープなジギングとかでもいいかもしれない。
    この竿を満月にしてキハダを釣りたいところだ。
    カツオを狙うが、外道のキハダがかかっても大丈夫なロッド、という位置にしたい。
    6ftだから、近距離ロッドですね。遠くのナブラは撃てないが
    目の前のナブラ攻略では使えるはず。

    じゃあまた!今夜も釣り具を作る!釣りに行きたい!シーバス!アジング!サヨリ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    060be499.jpg

    e2932ea0.jpg

    e58dec12.jpg

    b5157e3e.jpg

    63e86884.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    時化後のなんとかでアチコチ爆釣ね、ふなです。

    本日のマヒマヒは海が荒れてダメだったようですが、、、
    自然相手は難しいなぁ。

    誕生日休暇を取らないといけないかもしれないので
    来月は平日休んでライブベイト船に乗りたいんだけど
    終わってしまうかもね。
    今月末にどこかで休むかなぁ。

    いずれにせよ、ライブベイト用のロッドが必要になるわけですね。
    ということで、ガイド交換を開始していたのですが、
    ようやくガイドを半分取り付けることが出来ました。

    最初についていたガイドを取り外す時に気が付いたのですが
    スレッドがナイロンラインのような感じだった。

    いつもPEでガイドの足を巻いているので
    伸びのある素材でガイドを巻くってどういうこと?という疑問を
    持っていた。

    そこで考えた仮説は、グラスソリッドなので
    ガイドの根本は結構動くのだから、スレッド糸も多少動かないといけないのでは?
    というものだった。

    それが正しいのか、それはまだわからないんだけどね。

    そこで、用意したのがへらぶな用道糸0.8号。
    なんだけど、用意したはいいけど、実際細すぎた。
    どうもナイロン2-3号の太さのようだ。

    2.5号のフロロと3号のナイロンで迷ったけど
    3号のナイロンで巻いてみることにした。
    しかし、ラインは透明なので、
    ナイロンを巻いた後に、装飾で何か色つきの糸を巻いてあげればいいんじゃないの?
    という考えで、ガイドを巻いてみた。

    まずはマスキングテープでガイド位置を固定して
    片方の足から巻いて行く。
    瞬間接着材で、糸を固定してから巻いて
    最後は、糸とガイドの隙間に余った糸を通しておしまい。

    でも、めちゃくちゃ時間かかる。
    手巻きのスレッドって面倒くさいなぁ。
    ロッドクラフト工場はこれを手でやっているんだろうか?
    機械でぴゃっと!やってばいいのに、、、

    と考えながら、ガイドを巻いて行った。

    これでまだ半分しかガイドは巻いていない。
    今夜あたり続きを巻こうと思っている。
    飾りの糸は余ったPEを使うか、良く使っている黄色を使うか、考えたのだが
    黄色を使おうかな。キハダだけに、黄色をアクセントとして使う。

    黒ベースのロッドに黄色のスレッドで色付けて
    その後、エポキシコーティングに入る。

    フィニッシングモーターに竿を固定して一晩回しっぱなしで固めるのだ。
    ナイロンの3号の糸は単純に12LB、つまり6kgの強さがある。
    これが30回とか40回とか巻いているので、強度的には十分であるはずだ。
    さらにこの上にカラーのスレッドを巻くし、エポキシで固めるので
    強度は十分ではないかと思う。

    出来上がったらライブベイトの釣りに行ってみたいなー。
    今年はアタリ年のはずだから来年はきっとこんなに釣れないと思う。

    じゃあまた!マグロ!タチウオ!カワハギ!イイダコ!スミイカ!ヒイカ!いろいろやりたい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    910da0ad.jpg

    8f09de3f.png

    7dfb30bb.jpg

    1cc5a3de.jpg

    6b38b645.jpg

    d465b121.jpg

    aaff2c6b.jpg

    023c4a56.jpg

    f2fe811d.jpg

    4e20ecb5.jpg

    04fc752f.jpg

    5598714f.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    夏休みは幼稚園も休み、だから有休、ふなです。

    8月に4日夏休みを取得し、3日有休取ったら
    会社から文句言われたぞー。
    飛び石なのだがね。

    だから7月は有休を取得したくなかったのに
    4-6月に1日も有休を取得していないものは強制的に7月に休みを
    取らせる、という意味不明な施策をして
    そして8月に夏休みを取ると、取りすぎだ、セーブしろ、という文句が出るのは
    頭のおかしい会社だな。
    ちゃんと休める算段つけて休んでるっつーの。

    有休は100%消化が目標とか言っているけど、40日+特別休暇を消化しようとすると
    月に5日は消化しないといけないぞ。
    平月は有休使わない、休みの前後とか5月8月12月のような休みのある月に
    まとめて取るようなマネジメントをやってもいいじゃないか。と

    だから9月??11月くらいまで休みは取りませんが
    12月と1月は取るぞー!
    と言っても、田舎に新幹線で帰省するだけですけどねー

    9月の平日に釣りに行くなんてセレブな生活はできねー!

    土日にライブベイト行きたいなー。
    24日はタチウオの大会。


    という長い前置きがあってライブベイトと言えば
    キハダのライブベイト用リールが届いた。

    ぱっと見、ソルティガじゃないかと思う。
    っていうか、ソルティガのことは良く知らないので、
    イメージだけだけどね。

    ちなみに、製品名はMANATEEである。
    マナティー。マナティーと言えばOZのワインド用ワームの名前で有名かもしれないが
    世界的には大型リールなのである。

    だから、「マナティー買った」と言っても、「ふーん」で終わってしまう。
    型番はMX8000、いわゆる8000番台のリールだ。
    箱には9000番台もあった。

    箱には説明書きでDRAG25kgとあるが、
    中華サイトには画像に30KGで、文章に35KGとある。
    盛るのが大好きな中華の典型だろう。
    こういう事実を見せつけられると
    南京大虐殺はなかった、中華独特の盛る文化の虚言である、ということが
    理解できると思う。
    科学的な調査において、多くても300人だと検証されている。それが3000人と伝えられ
    3万人と伝わり、30万人と伝わり、300万人と盛られた、と考えるのが一般的。
    実に1万倍盛られている。

    そう考えると、このリールのドラグも最終的には3トンくらいあるはずである(笑)
    クジラも釣れるだろう。

    スプールのキャパシティも0.5mmで220mとなっているけど
    この場合の0.5mmって、中華表記なので信じてはいけない。
    日本だとおそらくPE8号が0.483mmなので、PE8号ー250m
    って感じか。
    PE5号なら300mは余裕で巻けるだろう。
    よし、今夜巻くか。

    説明書きにはカーボンのドラグワッシャーが使われているし
    また、海水対応という文字も見える。
    なんとか使えるのではないか。

    ブラスギアってことで、真鍮のギアが使われているのもわかるだろう。

    使ってみた感じ、いや、回してみた感じ、結構スムーズに回る。
    さずが、ベアリングを13個も使っているだけある。
    ハンドルノブもちゃんとベアリングが使われているので、
    ノブの回転すらスムーズである。

    ボデイや塗装、印刷面がさすがに合格!とは言えないんだけどね。
    これがダイワ製で12万円だったら、印刷がかすれているだけでクレームだろう。
    塗装面も見た目に凸凹している。
    これは下地の磨きが足りないことを表している。
    バリすら取らない感じだろうか。

    ハンドルノブを回して爪を当てると
    微妙に歪んでいることがわかる。
    この辺も精度という面で見ると、うーん、、てな感想だ。

    結構、あちこちにPVCの防水パッキンが使われているので
    浸水対策をやっている感じだ。
    だから錆びないと言う風にはならないのだけれど。

    ドラグ音だけど、結構キンキン系の音がする。
    個人的にはノッチ系の音が好きなんだけど
    ドラグ音は安っぽい音がするので
    おそらく嫌いな人が多いと思う。でも、ドラグ音はデカいので、
    キン!キン!とドラグが出てるなーという謎アピールにはなる。

    あと、一番驚いたのは、逆転スイッチのレバーがないのである。
    まあ個人的には全く使わない、逆転スイッチ。
    そう、ローターが逆転するのを可能にするレバーである。

    逆転防止のみ装備なので、その機能をOFFにするレバーを気にする必要が無い。
    OFFになっててローターが逆転するよー、ということがない。

    あと気になったのは、展開図ない(笑)
    どうやって修理するんだろう。分解する時は写真撮りながらじゃないと苦労すると思う。

    しかし、考えてみよう。
    12万円のソルティガをメンテナンスするとして、5000円くらいかかるのなら
    もう買い替えればいいよ、という使い捨て感覚のリールなのかもしれない。

    あと、重量が結構重い。
    1kg近くあると思う。
    フルメタルだからしょうがないんだろうけどね。
    1日中なげろ!というGTでは重いかもしれないけど
    投げないライブベイトでは苦にならないかもしれない。
    とは言え、キハダのキャスティングの予備リールとして
    活躍するかもしれない。

    予備ロッドの重要性をこの間、身に染みて分かったので、、
    ということで。予備タックルとして置いておこう。

    ドラグは25kgと覚えておこう。
    これにPE5号300mを巻いておけば、まあなんとか使えるだろう。
    SK60のPE5号ね。

    開封インプレッションでした。
    次は実際に使用してみて、どんなもんなのよ!ってな感じを
    お伝えできるといいなー。

    まだ1ヒットも無いんですけどねー。
    道具だけは用意しておきます。

    じゃあまた!ライブベイトでもキャスティングでもエビングでも使える!たった6600円!使えるかな?

    このページのトップヘ