クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ad50225f.jpg

    c5533bb7.jpg

    2c356d74.jpg

    424669a3.jpg

    d26c2a43.jpg

    4e222d05.jpg

    11f39ba1.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今年もスミイカやりました、ふなです。

    金曜日に東京湾サーキット大会のスミイカが
    入舟さんで開催されました。

    隅田川の結構上流に位置する船宿さんです。
    初見殺しの罠は特になかったですが、
    駐車場がわかりにくいかも。
    バイクで行ったので、30分ほどで到着です。
    5:00起床、5:30出発、6:00到着でした。
    先住公園内、って言う住所なので、公園内ってどういうことよ?
    と思っていってみたら、本当に公園内で笑えました。

    受付で名前を書いて座席は抽選。9800円で、氷はサービスです。
    今回用意したタックルはベイトとスピニングの2通り。
    ベイトではエギ、スピニングではスッテの釣りをするつもりで。

    エギマックスもラバマックスも使ってみた。
    7:00出発、が、隅田川の上流から出港するので
    お台場まで30分くらいかかっている、そこから
    東京湾沖に向かいます。
    ええ?これはとんでもなく時間がかかるのでは、、、
    8:45頃に「きさらづ2」の赤い浮標のあたりに到着、ようやく開始、
    なんと片道1時間45分、もし、これが竹岡沖なら片道2時間以上かかる。
    うお、、、ちょっと遠すぎますね、、、、

    船長は「スッテなら無双できるかも」と言っていたので
    スッテ仕掛けをやってみました。
    オモリは25号、スッテはトトスッテ。
    風は結構あり、潮も早い。
    全部で12名ほど乗船していたと思いますが、
    スッテ仕掛けは俺だけ。
    おお!無双しちゃうぞ!と思ったがこれがまったくノー反応。

    1時間ほどやるも、周りはエギでポツポツ釣れるし
    隣とお祭りしてしまったので、これを期に
    エギ仕掛けに交換。

    スッテの釣りはさっぱりわからないまま終了。

    エギに替えるも、全然反応なし。
    周りもポツポツ程度。
    ようやく違和感からズン!という、手ごたえで1匹。
    よし、もう坊主ないぞ、、、

    周り見てても、ピンクのマーブル柄とか、オレンジのマーブル柄とか
    どうやらアタリエギが判明している人はヒットしている。
    そうでない人は、あまりヒットしない、という感じ。
    マーブル柄に替えてもヒットしない、、まあそんな感じですよね、、、

    私はアタリエギを持っていないので、ヒットには恵まれず。
    12時までに2杯。あと1杯のリミットが遠い。
    1度、ズン!と重くなって、巻いてくるとフッとバレタ。
    マジカー!3ヒットでリミット揃ったと思ったのに、、、

    潮が流れなくなった時点で大きく移動。
    第2海保横だと思う。
    しかし、根が荒く、唯一のヒットエギをロスト。

    これは、、、いろんな手をやってみるも反応なし。
    14:15分終了。はい2杯でした。
    トップ7杯程度だったと思う。エギでしたね。

    そして帰港、遠いよ、、、
    桟橋到着16:00.やっぱり片道1:45.遠い。

    検量するも多分、8-12位のあたり。
    1位3匹で1189g。どんぐりの背比べ。
    7位で2杯700g
    俺は2杯630gくらいだったような。

    失意の帰宅となりました。
    まあ、全体的に釣れてない日で、全体的に悪い。
    去年の初挑戦で24杯とか夢だったのかもしれません。
    ということで、しばらくスミイカはもういいかな、、、

    3バイト2杯ですからね、、、
    そして何よりも船宿からポイントが遠い。

    なんで7時出発なのよ、、、
    たとえば、吉久、吉野屋が準備している横を、豆丸が
    お先にー!って感じで出発すると、上流でも
    出発時間を早めて、ポイント到着時間は早い、というリカバーするのに、、、

    が、航路を眺めて気が付いた。
    水位が高いと通過できないポイントがありすぎる。
    油圧昇降デッキでもない。
    満潮時には通過できない、旧機構の船なのか、、、
    これじゃあまるでミナミだね。
    同じように、河口に係留しておいて、そこまで小型船で行くとか
    出来ないものか。

    もう少し改善するといい船宿になると思うのになぁ。残念過ぎる。
    たぶん相当理由がないと入舟さんにはいかないと思うな。

    釣ったスミイカはお刺身にして、ゲソ等は煮物にしました。
    いやー、スミイカはおいしい。何してもおいしいね。
    子供がパクパク食べてくれたのでうれしい限り。

    来年もやるかどうか不明だけど、好調ならやりたい。
    トップが20匹以下ならやりたくない。苦しい釣りになってしまうから。

    代わりにイイダコって思ったら、もうシーズン終了していた。
    うへへへー、イイダコやりたかったよ、、、、

    ということで、今シーズンのスミイカ終わりです。
    来年までさようなら。来年も湧いたらやりたいな。
    釣れない釣りは楽しくないので、、、、

    じゃあまた!スミイカ難しい!アタリエギ持ってない!スッテの釣りがなんだかわからなかった!もういいや!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e5838029.jpg

    fa70970d.jpg

    0e4ed5d5.jpg

    d4f08e83.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    有名プロはだんまり、ふなです。

    大野といい泉といい、だんまりを決め込むのは
    業界の誰を真似しているのかな?
    旧来のメディア対策なら有効な手段なんだけどね。
    時代は双方向なので、「忘れられる権利」はとっくの昔に奪われているんだよっと。
    両方TB落ちだな。
    ※TB落ち・・・・(タックルベリーの)中古でしか買わない、という意味
    ※ルアーそのものは使うが、そのメーカーに利益を渡さない方法
    ※サイレントクレーマーが使う手段

    さあ、そんなダメなメーカーは放っておいて
    準備、準備。

    あ、昨日はアジを30匹捌くライブ配信をやってみました。
    https://t.co/5GaYwfvbC4
    魚っ平が活躍する様子。
    ツイキャスじゃないのね、、、

    1匹あたり1分半くらいで3枚に下ろしています。
    アジが新鮮だったので、皮を剥ぐのが大変でした。
    前回は一回冷凍してから解凍したアジを使ったので
    もっと簡単で、アジも小さかったので、早かった気がします。
    本日、アジの刺身とアジフライで頂きます。感謝感謝。
    アジングはリベンジしたいところ。

    それはさておき、明日はスミイカです。
    ということで、スミイカの準備していたら、アホみたいな量のエギ、スッテを買っている
    ことが判明した。
    大型のバッカン一杯エギ、スッテ(笑)

    おそらくメインで使うのは、エギLiveだが
    スッテならトトスッテ。この5本だけでいい。
    だが、2軍、予備、ゴミ(笑)を入れると
    すごい量になる。

    ヒイカ用のエギもあるので、
    1.0号,1.2号,1.5号,1.6号,1.8号、2.0号、2.5号と
    アホみたいに大きさもいろいろある。
    いや、スミイカ用だから結局2.5号しか使わないと思うけど
    でも万が一、激渋だったら、、、、と思うと予備を持っていくことになる。

    なんでもそうだけど、基本的にリダンダントで考えます。
    サーバーで言えば冗長化、みたいなもん。
    アクティブスタンバイというか、コールドスタンバイというか。
    なので、予備竿、予備リール、予備ライン、って考えると
    どんどん荷物が増加するという、、、

    とは別に近所のおかっぱりでは釣れないだろうと思って
    手軽に出かけて、思わぬ大物釣ったりして、困ったもんです。
    こればっかりはわからないからなぁ、、、

    そして、中華通販で買ったものが多い。
    これが使い物になるかならないかは、実際使ってみないとわからないからなぁ、、、
    あとは店頭でも激安エギとか。
    LED内蔵とか、まあキワモノも多い。

    去年釣ってみて、面白そうだから去年仕入れて
    今年フィールドテスト、良ければ、仕入れてみるけど
    発注から到着まで3週間なので
    売れるのは来年のこの時期になる。
    つまり、最低でも3年かかるという計算になる。
    頑張ればもう少しはやまると思うけど
    今年は他の釣り物で忙しい。商売より、釣りだ!
    (正しい釣り人の姿勢)


    スミイカは今年は型がいいそうだ。
    ズシンと来る重さがたまらない。

    ロッドは自作の湾フグロッドでエギ
    スッテはスピニングで湾フグティップ
    メタルトップのティップもあるので
    これは両方に使えるが、たぶんスッテ仕掛けでいけるはず。

    って言っているけどおそらくエギで8割の時間を使うと思う。
    他人のスッテ釣果を見て、スッテに替えるかもしれないが、、、

    エギの仕掛けで何が重要かというとハリスの長さである。
    きっちり150cmにしないといけない。
    だから今夜はハリスを何本か用意する。
    用意するのはナイロン3号1.5mと
    フロロ2.5号1.5mの2種類である。

    微妙にハリスが長かったり、短かったりすると
    バイトが全くない、ってことになるので、、、

    ということで、本日はハリス作りをするか、メジャーを買うか、
    どっちかにしよう。
    あと中オモリが8号1個、10号1個しかないので
    買い足さないと!

    ということで、スミイカの準備でした!
    じゃあまた!スミイカ!コウイカ!カミナリイカ!シリヤケイカ!モンゴウイカ!なんでも好き!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a2452585.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    アジングムズイ、ふなです。

    久々にアジングです。お誘いいただき、はい、喜んで!
    道具が見つからないので、適当に準備してみた。
    夜中にフミ氏とTJA氏と平日夜間にどきゅーんと出発。

    潮位は下げからずっと上げ。
    どうもヒットポイントが遠いらしい。
    パターンもわからん、五里霧中。

    久々過ぎて、何をやっているか皆目見当がつかない。
    で、ようやくヒット!が抜ける。
    ええ、、、サイズが大きいのか、ジグヘッドの大きさが合わないのか、、、

    左右が入れ食いで、真ん中の俺ノーヒット(泣)
    難しいわ、、、

    現場ではしびい氏に出会い、バケツにアジを放り込んでくれる。
    俺釣れてないのにアジゲット。

    ようやくバイトを取った!と思ったらセイゴ。
    シーバスちゃんは今夜は用がないの!

    おして、またしばらくしてバイトを取るも、ジグヘッドごと切れる。
    切れるってなんだよ、、、

    そういえば思い出した。アジの口って結構硬い。
    ラインは0.3号(1.5lb)のエステル。
    それにジグヘッド直結。そうだった。
    リーダーが必要だった。

    ジグヘッドは2gのSなので、ちょっと小さかったみたい。
    おそらく丸のみされて、切れたんだろうと。
    サイズも大きくなったので、ドラグも重要だけどラインも重要。

    ライン巻きなおすか。
    ということで0時を回りタイムアップ。
    3バイト1セイゴでした。

    周りは、、
    はしびぃ氏、、、ツ抜け
    フミ氏、、、、、ツ抜け
    TJA氏、、、、ツ抜け
    俺、、、、、、、ノーアジ!

    下手さが飛びぬけてます!
    釣り方がわかった時点で、タイムアップというところでした、、
    ボトムじゃない釣り方はよくわからん、、、、

    ですがみなさんのアジをほとんど頂いたので
    アジが冷蔵庫にたくさん!
    今夜料理する!

    みなさんのアジを数えたらきっちり30匹!
    うまいね!早く上達したいものです。

    いろいろダメな点はわかりました。
    1つ目はキャストしたら糸ふけが出るので、
    これを回収していると、ジグヘッドも動いてしまう
    2つ目は着水地点が見えない、明暗も見えない、どこに投げているのかわからん
    3つ目は自信のあるワームを持っていかなかった

    糸に関しては、巻きなおそうと思っています。あとリーダーつけたい。ナイロン0.4号とか、
    フロロ3lbとか、5??10cmくらい。

    ルアーはニオイ、味付きじゃないと釣れる気がしない。

    こんなところを次回はカバーしてみたいと思います。
    前回に比べアジのサイズは確実に上がっていましたので
    それなりの対策をしないといけないようですね。

    タックルが繊細なので、ほんのちょっとしたバランスが悪いと
    全然釣れないということがわかりました。

    じゃあまた!アジング難しい!アジ大きい!料理大変!がんばろう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    c9dce07d.png

    01ecdc16.png

    9c5b8de4.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    送料高い、ふなです。

    ヤマトが値上げをしてから、その影響が釣り具販売にも影を落とし始めました。
    顕著なのが、ロッドです。
    もうすでに1ピースのバスロッドは170cmを超えるので
    送料が4000円とか3000円とかになっています。
    1000円のバスロッドを4000円かけて送料払う人はいないので
    もう売れない感じですよね。

    ZOZOTOWNも送料自由から送料200円になりました。
    自由に設定したら、平均96円という結果が出ました。
    これでは赤字ですよね、特に関西の方は顕著で、0円が多かったとのこと。
    結局、運転手さん大変ねー、でもお金は払わないわ、ということが
    わかったので、ZOZOTOWNは壮大な実験を成功させた、と思っていいでしょう。
    そして、ZOZOTOWNは送料200円とした。
    これは一定の意味があります。

    何を隠そう、クラウドルアーズモールの送料も200円なのです。
    これは200円で送れる大きさにしている、というのが正解なので、
    ZOZOTOWNも宅急便ではなく、クリックポストにしてしまえば
    200円で送れるのにね。A4サイズで厚さ3cm以下なら
    どんな洋服も送れると思う。

    送料といえば、秋月の送料もずっと500円なのはやめてほしいなぁー
    電車で行くとなると240円*2=480円かかるので
    送料500円は微妙な設定なのだが、
    ほとんどの注文はクリックポストで送れると思う。
    すると送料は200円に下げられるので、もっと通販が利用しやすい。

    送料を気にしないのは企業だけで、消費者は送料を気にする。
    私も一番最初にクラウドルアーズでルアー売ると決めた時には
    とにかく送料のことを考えた。
    送料込499円で売る、とまず価格ありきで考えるのだから。
    ルアーを500円以下で売る、という目標に対し
    ルアーは500円、送料630円、合計、1130円、というのは
    ルアーを500円以下で売ったことになるのか?ということである。

    これが結構理解できていない人が多いと感じる。
    高額商品ならそうでも感じない。
    1万円の商品を送料600円かかるのは、まあそんなもんか、である。
    でも、100円のものを送料800円かけるのはあり得ない、のだ。

    どうして、送料のことを考えないのか?ということは
    消費者の立場に立っていないから、企業の論理のみで動いているからである。
    信者なんだから、高い送料も負担すべき、とルアーメーカーは考えているのだろうな、と思う。

    そんな送料高騰のアオリを受けたのか、改善する方法が思いつかないのか
    ベリーネットでロッドを買おうと思ったら、送料が1700円超えてて笑った。
    もちろん170cm以下であるし、2pcsロッドだからまあ500-800円なら許せるか
    という送料を予想すると、なんと1700円超え。

    いやいや、ロッド自体は5000円だよ。送料入れても6000円以下だろ。
    振込手数料入れたら7000円超えるじゃないか。
    高すぎる。なんでこんな設定になっている?
    カゴ落ちだよね。完全に。
    前回買った時には送料800円でも高いなーと思っていたのに。
    こりゃダメだ。もうベリーネットは死んだな。
    どうして、別の支店で受け取る、が出来ない。
    最悪、在庫支店名を出せよ。

    さらに、中古を買うと新品より高くなる現象も発生。
    こりゃベリーネット死亡だな。

    消費者のことを考えないシステムは使われなくなるなぁと。
    まあ今はどうしても来週中にはダイワのロッドが欲しいから
    どこかで買うと思うけど、ベリーネットは最終最後の手段だな。
    馬鹿みたいな送料は払う気がしない。
    それなら、店舗はしごして探す方がいいわ。
    家族サービスしながらやりますわ、今週末にでも。
    逆に言えば、同一種類のロッドなら上限7000円まで出せるということですね。
    中古でそれか、、、新品の上限はKAWAHAGI??Xで12000円くらいだったと思う。
    新品で1万円ちょっと、リールはプリードで5000円。
    リールは最悪TDSでいいや。EL20とか、古いダイワのリールはいっぱいある。

    だから中古ロッドで5000円はいい線。だけど、送料高くてトータルで7000円超えるのは
    ちょっとね、、、、考える。
    そういうところです。
    送料も銀行の振込み手数料も、全部まとめて竿の値段なんですから。これを勘違いしていはいけない。

    もっと時間があれば、古いダイワのカワハギロッドのティップを修理して、という工作もやるんだけどね。
    ということで、ティップが折れた、あるいはないとかジャンクのダイワのカワハギ竿持っている人がいたら頂戴(笑)
    バイキングとか早技とか入舟とか出舟とか、大昔の竿でもいいな。
    近所の中古屋さん探してみるか、、、
    ダメならもうダイワ KAWAHAGI X M??180 でいいわ。
    どうせ竹岡沖だ。8:2で食わせで十分。
    ヤフーショッピングなら送料無料でポイント10倍で、さら保有ポイント使用で1万円前後になるだろう。

    っていう、私の購買行動を見る限り、送料の値上げって実店舗には
    来客数が増えて、いいことなのではないか?と思うわけです。

    送料の影響は中小企業を中心に結構な地殻変動を起こすのではないか?と感じています。
    送料値上げでその分、消費者に転嫁ということしか考えないところは
    早々に潰れるだろうな、という気がしますね。

    じゃあまた!送料問題結構大事!クリックポスト有能!ヤフーショッピング有能!ベリーネット無能!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    5e25f260.jpg

    177d7498.jpg

    074517ce.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    TKBに久々出場です、ふなです。

    今週末はスミイカ、そして次の週はカワハギ、その次はTKBでカワハギの予定です。
    つまり、まずはスミイカの準備、というわけですね。

    現在、スミイカの釣り方は大きく分けて、4通りあります。
    ち、面倒くせー、でも紹介していくよ。

    1、シャコテンヤ
    シャコを餌にテンヤでスミイカを釣る方法
    シャコの不漁により、一時期は下火になっていましたが、
    なんとか冷凍ものやら確保できるようになったので、
    最近復活しているようです。
    すいません、やったことがありません。
    ロッドは固めのロッドで、ベイトかな。
    1.8mでは短いと思うので210cmくらいの竿がいいと思います。
    ラインはPE2号くらい、結構力強くしゃくるので固めの竿。
    感度はいらない。


    2、デッドエギング
    10号ほどの中オモリと、2.5号程度のエギで狙う方式。
    吉久が有名なので、初挑戦するには、まず、早朝に行われる
    船長直伝の熱血セミナーを聞くのがおすすめ。
    釣り方も教えてくれる。
    ロッドは湾フグロッドがおすすめ。ベイトロッド。
    繊細なアタリを取ってかける。
    去年挑戦して、大漁だった。今年はバックアッププランとして準備する予定。
    ダイソーの2.5号エギでも十分釣れる。

    3、スッテ
    25号のオモリでスッテで狙う方法。
    キャスト出来るので、広範囲が探せる。浅場では有利か。
    スピニングロッドで行う。固めのキス竿、カワハギ竿でいいと思う。
    今回、挑戦してみようと思っている。
    スッテはトトスッテがデフォルトのようだ。
    ウルトラスッテ、レンズスッテなんかも用意した。
    オモリを海底につけてシェイクして誘う。
    アタリは感じられるのか?それとも空アワセ時にずっしり、来るのか。

    4、ダウンショットエギ
    エギをダウンショットで使う方法。
    よくわからないんだけど、スッテ仕掛けのスッテの代わりに
    エギを使うのかな?
    エギにシンカーをつけて、海底を探る方法らしい。
    良く知らない。

    その他にも、ティップランスミイカ、とかあるみたいだけど
    船が出ていないのでわかりません。

    東京湾では、主に、シャコテンヤ、スッテ、デッドエギングが主流。
    スミイカは海底をいかに攻めるか?なので
    テンヤやスッテ釣法はオモリを海底につけるので
    意味はわかる。

    デッドエギングは、オモリとエギを浮かせるので、
    底付近にエギを泳がせるという結構大変なスキルが必要。
    しかし、アタリを取ってかける、というプロセスが好きな人には
    たまらない釣味となる。

    空アワセしてみたらノッテいた、という釣法が多い中で
    繊細なアタリ取る、というのは結構面白い。
    釣れた、のではなく、釣った、感がある。

    金曜日にスミイカなのだ。
    デッドエギングはまあまあ自信があるのだが、
    スッテ釣法には自信がない。
    そこで、超繊細なティップを持つ、スピニングロッドを作ってみていた。

    メタルトップのスミイカ専用ロッドである。
    というかスミイカ専用というのは嘘で
    メタルトップのスピニングで、シェイク後の繊細なアタリを取ろう、である。

    25号のオモリは投げる場合には、結構ティップにパワーが必要なんだけど
    着底して、シェイク、アタリを待つ、という段階では
    ティップが固いとまったくアタリが取れないと思う。
    だから、逆に考え、キャストする際にはティップはがんばらなくてもいい。
    キャスト後のアタリを取るためだけにティップは活躍してもらおう、という作戦だ。

    メタルトップが優秀なら、繊細なアタリを伝えてくれるはずなので、、、
    また、湾フグティップと同じ穂先が使える仕様にしているので

    デッドエギング用ベイトロッド(湾フグティップ)
    スッテ釣法用スピニングロッド(湾フグティップ)
    の2本に対して、(湾フグティップ)は(メタルトップティップ)に
    交換できるので、ロッド2本とティップ1本で、4本分のロッドアクションの組み合わせとなります。

    そのためメタルトップティップを作成していました。
    湾フグティップはそれだけで完成形。
    ティップがすべての仕事をしてくれるので
    あとは適当な棒につけると超一流のロッドが完成するほど
    優秀なティップなのですが、
    メタルトップに関しては、本当にティップの仕事しかしないので
    その下の穂持ちやバットまで力を分散させないといけないということがわかります。

    なので、ちょっと作るのが難しい。
    これをスピニングロッドベースのティップにも使えるようにするために
    いろいろ工夫するところからスタートであります。

    メタルトップは市販品で2500円もします。
    ガイドは5mmの小型ガイドが1個200円。上州屋で買ったかな。
    トップガイドは500円くらいしている。
    つまり、このメタルトップだけで、4000円もするんですよ!
    ちなみにベースのスピニングロッドは中華製で1200円とかです(笑)
    それにスレッド巻いて、エポキシして今朝完成しました。
    あとは色を塗るだけですね。

    おそらく白ベースな色を塗ると思います。

    こんな風に、専用ロッドを買わずとも、なんとか高感度のロッドを作るために
    試行錯誤する感じです。

    じゃあまた!今週末は雨じゃないよね!また荒天?そろそろ船宿悲鳴あげているかも!晴れろー!

    このページのトップヘ