クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e84eea9f.jpg

    1d676219.jpg

    f597d500.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ネタ切れ、ふなです。

    ネタ切れでも書くには、時事ネタがいいという話を昔書いた気がします。
    なので、あえて、時事ネタ以外で挑戦したいと思います。
    あ、お昼すぎた。

    ということで、苦労の多いスマホについて、、
    もう同じ液晶パネルを買うのが2回目なので、いい加減修理しろよ、と
    思っているのだが、なかなか進まない。

    画面の割れたスマホなのだが、これが修理の泥沼にはまっている。
    いい加減、捨てようかと思ったところ。
    最初の修理はまあまあ良かった。

    失敗その1
    が、よく見ると、走査線がところどころおかしい。
    ちょっと画像がななめになっているというのかな、、、
    使えないわけでないので、そのまま放置していた。
    だけど気になり、新しい液晶画面を注文。

    到着したので、走査線のおかしい液晶パネルを剥がして捨てて
    新しい液晶パネルをつけると、、、
    そうしたら、、、、
    液晶画面だけ到着しやがった、、、
    たしかに半額くらい安かったので、、、、ああ、そういうことか、、、と
    失敗その2になった。

    その後、画面だけではしょうがないので、そのうえのタッチパネルを
    別途注文し、到着を待った。

    そして、タッチパネルだけが届き、今度こそ、とつけるも、、、
    今度は表示とタッチパネルの微妙なズレに気が付く。

    普通は液晶パネルとタッチパネルは一体型になっているので
    ※最初の液晶パネルはそうだった。
    そのズレがいやだ。

    アイコンの0.5mm下を押されている感じ。
    その微妙なズレがすごく気になる。

    で、位置を治していると今度は液晶パネルが
    表示不良を起こす。
    マジか、、、
    2セット目の液晶パネルもゴミに。
    失敗その3になりました。

    で、昨日、3セット目の液晶パネル。
    もちろん、タッチパネル一体型なのだが
    うまく動いた。が、液晶パネルが浮いている。
    ん?と思って剥がそうとしたら、、、割れた(泣)
    失敗その4になった。

    本当に液晶パネルは繊細な部品だ。
    ちょっとのことで表示不良を起こすし、ちょっとのことで割れる。
    なので、昨日4セット目の液晶パネルを注文したところ。
    最短で10日後に再挑戦である。

    ということで、もういい加減あきらめればいいのに!という感じなのだが
    なんとか復活する見込みがあるので
    ネバーギブアップです。

    5度目の挑戦で、なんとか復活してほしい。

    という基礎実験を何回も繰り返しているので
    技術が向上して、経験が積めるのです。
    液晶パネル1万円はよい勉強代、、、高いわ!!

    30分で書いたにしてはまあまあの文章量が書けた。
    こんな感じ。

    じゃあまた!勉強勉強!失敗失敗!練習練習!経験経験!なんでも挑戦ですよ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    6a2b9d6e.jpg

    43ba30c7.jpg

    9ddcd572.jpg

    1918cecf.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    昨日はアシスト自転車の修理、ふなです。

    アシスト自転車のスタンドが折れたので、
    交換してやろうと思ったら
    モーターにつながる線が邪魔でこりゃ大手術になるなぁ、と
    思ってしばらく放置。
    でも、不便なのでクロスバイク用のフレームに取り付けるタイプの
    スタンドを付けていたのです。
    これで一見落着かと思ったら、
    ある日、スタンドがグイーンと曲がって、自転車が転倒。

    その余波で、スタンドがモーターにつながる線を
    ブチ切ってしまいました。

    いつか、効きっぱなしになる後輪のブレーキも交換してやれ、
    とサーボブレーキも買っていたのでついでに交換することに。
    あと、チェーンを引っ張るテンショナーも交換だ!

    で、モーターにつながる線を切断して、
    後輪を外して、まずはサーボブレーキから交換だ!と思ったら、、、
    なんと、径の大きさが違う。
    通常の自転車の車軸(?)より、電動アシスト自転車の車軸が太いので
    そのまま交換が出来ない!
    さらにチェーンテンショナーの穴も小さい、わ、困った。

    しょうがないので、新品のサーボブレーキを分解し、外シェル以外の中身を取り出して
    旧ブレーキに移植するという手法で、無事ブレーキを交換出来ました。
    効きっぱなしになる不具合は解消。

    チェーンテンショナーも使えないので、四角いワッシャーみたいなのと
    ナットだけ移植。

    スタンドは普通に取り付けられたので、なんすかね、、、この仕様。
    すべての配線、修理が終わってから、、、
    モーターの配線をハンダ漬けして、熱伸縮チューブで絶縁して完成。

    手のかかる子や。もう捨てようかな(笑)
    タイヤを変えても次はギア、チェーン、、、うーん。ママちゃり買えるな。

    買うといえば、大陸通販。
    相変わらずバッテリーは配達が、、、という状態です。
    届くのに60日かかることが多い。
    しかも、偽装しているらしく、携帯電話のフリをして発送するようです。

    バッテリー単体だと、危険と判断されているのか、スマホに偽装されてきます。
    その方法は、、、、
    なんと、ジャンクのスマホフレームにサンドイッチして送る!
    なんじゃこりゃ!
    そうです、X線写真撮った時に、単なるスマホのジャンクに見えるように。

    なんですかね、この技術(笑)必要悪というやつでしょうか。
    業者もいろいろ試行錯誤しているのか、1個しか注文していないのに
    合計2個届きました!たまにはいい目を見ないと、、、

    発送履歴を見ると、追跡番号を3回発行しています。
    そのうち2個が届いたということですね。
    1個はリターンしたのかな?
    1個しか注文していませんが、なぜか2個届いた、、わーいわーい。

    そして、このサムソンのスマホのジャンクは、すぐゴミ箱行きとなりました。
    どうも水没固体らしい。
    それにしても、こんな筐体がゴミになるくらい大量のスマホが
    大陸にはあるんだろうな、、、廃品回収?なんですかね???
    わからんけど。

    ってなわけで、たまには中華通販でもいいことある!でした。

    じゃあまた!リチウムイオン電池の扱いは世界中で困っている感じね!航空便で送れるようになあれ!爆発!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    70515ff0.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ハッタリ用時計を修理中、ふなです。

    2個で80くらいした超高級時計。
    ベルトが切れたのでダイソーの修理キットで修理。
    超高級時計をダイソーで修理していいのかよー
    はい、いいんです。だって
    80って、万円じゃないですよ。元です(笑)

    「りゃんがぱーすぃ!」を連呼し続けて昔買ったやつ。
    中国語で「2個80元なら買う!」って意味で、80元って
    約1200円です。ふらんく三浦より安い。

    逸話としては同じようなものを買った同僚が
    ホテルのジムに忘れてきてしまい、落し物としてホテルに取りに行ったら
    えらい細かく身分証明を求められた、とか言っていた。
    本物と思われたらしい(笑)

    今週末使うので、はったりをカマす小道具として活躍予定。
    はったりにもならないかもしれないが、、、、、

    どういう場面で使うかというと、転職案内説明会。
    相手が勝手に勘違いしてくれればいいや的な。

    転職の面接って、相手がこっちを見定める意味合いが強いと
    思うんですが、実はこんな風に、こっちも相手を見定めているわけですね。
    外見や雰囲気に惑わされないで、本質を見抜くことが出来るか?を
    こっち側が試しているわけです。

    試していると思ったら試されてた、ということにしてやろうと。
    一般的な詐欺なんかも同じ手法のどぎついやつです。

    ハッタリはある意味嘘なんですけど、
    事実を伝えているのに勝手に相手が勘違いしてくれたらラッキー
    程度で考えています。
    この例で言うと
    事実は「中国製のコピー時計を装着している」
    受け手側「高級時計を身に着けていた」
    確認もしないで、勝手に勘違いしてくれることを狙うわけです。
    聞かれれば正直に答えますが、確認しないで勝手に思うのは
    相手のミスなのです。
    確認をするという大事なプロセスをスキップしているのですから。

    プレイボーイな皆様はそのスキルが高いですね。
    女性「今まで何人の女性と付き合った?」
    プレイボーイ「うーん、片手以上、両手以下かな?」
    女性(ふーん、6-10人か、、、)

    プレイボーイはうそは言っていません。
    女性が勝手に6-10人と思い込んだだけです。
    プレイボーイはコンピュータに詳しく、
    数は2進数で数えます。
    5ビットは31、10ビットは1023なので、
    この場合、1000人と付き合っても「片手以上、両手以下」なのです。
    確認しない方が悪い(笑)

    という、まあどうでもいいことを前置きに
    事実は置いといて、いかに勘違いさせるか?

    有名なのは「さとうきびから味○素」ですかね。
    が、作られる、とは言っていません。
    勝手に作られる、消費者が思い込んでいるだけです。
    「さとうきびから味○素と同じ成分を生成することが出来る。
    本当の原材料は石油」の略なのでしょう。

    これも釣り業界では蔓延しています。
    いかに勘違いをさせるか?のいわゆる売る技術から
    最終的には騙す手法へとつながってくるのです。

    ルアーなんかでも、あきらかに釣り負けたじゃないか、という
    ルアーがなぜか釣れるルアーとして宣伝されているものも多いです。
    エリア10に釣り負けたXXールとか
    カーペンターズに釣り負けたXXペンとか
    TGベイトに釣り負けたXXXテンとか

    名作に追いつけ、追い越せ、という心意気はわかるけど、
    なかなかそれはかなわないのが実情。
    でもメーカーは金型作ったし、テストもしたので
    サンクコストがあるから回収したい、だから釣れないルアーを売る、
    釣れないけど売る、騙してもいいから売る、という負のループ。

    釣り負けたルアーを使うのは時間とお金が無駄なので
    やめた方がいいんじゃないかなぁと思うわけです。
    メーカーが作りたいのは「売れる」ルアーで、
    消費者が買いたいのは「釣れる」ルアーなので
    このギャップがある限り、業界としても良くない方向に向かっているなと。

    そのギャップをなくすいいモデルがあるといんだけど、、


    じゃあまた!ハッタリかます!履歴書!経歴書!めんどい!楽しい!

    このページのトップヘ