クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    5ebb4019.jpg

    a69fda5f.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    矢ガモならぬ、ルアーカモですね、ふなです。

    昔から矢ガモ、釣り針カモ、など、釣り具で水鳥が被害をうける事例は発生していた。
    ジェット天秤とかがくちばしについた水鳥など、餌釣りの人だろうな、というどこか
    所詮他人事なことがあった。

    しかし、今回、ルアーがカモにくっついているルアー鴨が報道された。
    「釣り人が」という広義な定義では説明できないくらい、狭義の世界になっていた。

    見て分かる通り、この鴨にくっついているルアーは邪道のスーサン、カラーはレッドビアだろう。
    開発者は村岡昌憲である。
    http://www.ja-do.jp/product/muraoka/susan/index.html

    これは絶対に「シーバス狙いの人」が加害者であることがわかる。

    この報道の反応を見ていると、擁護派が多くて萎えてしまうのだけど。
    どう言い訳しても、シーバス狙いの人(村岡信者)が、鴨を釣ったことは疑いようがない。
    事故ですよね!偶然ですよね!鴨を狙う人はいません!という擁護派の意見は辟易する。

    現実としてスーサンが野生の鴨にぶら下がっているのだ。
    この事実は動かしようがない。

    どういう類の人間が、このルアーを使っているのか、良くわかる。
    カリスマの信者たちはシーバスも殺すし、鴨も殺すし、釣り禁止を広げるのだ。
    そしてカリスマは東京湾のシーバスが少なくなったと嘆くだけ。
    まったくこの件には触れない。まただんまりだろう。
    いやー、面白い。これほど幼稚な世界がほかにあるんだろうか。

    一方、邪道の藤澤さんは、この鴨を救出すべく動いている。
    地元ということもあり、また邪道に関わる人として、見過ごせないのは良くわかる。
    この鴨はルアーの宣伝どころか、会社の逆宣伝になっているんだから。
    救出して、解放するまでをぜひ動画に収めてもらいたい。
    やることやってます、というアピールは必要だから。
    アピールだけでなく、その後の啓蒙活動も期待したいのだけれど。

    これは偶然起きた事故ではないことはよくわかる。
    1つはフッキング位置
    通常、釣り人が迷惑をかける水鳥の被害と言えば、ラインが足に絡む事故か
    くちばしに針、である。
    ルアーが刺さるような事故は記憶にはないかな。
    ミノーがくちばしに、はあったかも知れない。
    ラインに足が絡む事故は、細いラインを多用する釣りに多い。
    残ラインが足にからまり、動けなくなってしまう。
    これは鳥が動けないので、救出が可能で助かることも多い。
    バス釣りの立木とか、テトラ帯とか、残ラインの問題。

    くちばしに針、は、餌釣りの事故で多い。
    キャスト切れとかした餌のついた仕掛けを食べてしまうわけだ。
    だからくちばしに針がかかり、オモリを引きずる。
    ジェット天秤とかひっぱっているのはこの例。
    キス狙いか、投げ釣りだろうけど、本格的なのか、ちょい投げかわからないけど。

    そういう私も鳥はなんどか釣ったことがある。
    バス釣りでボートに乗り神宮橋下で、ハトが仕掛けにからまったが、
    5lbのフロロカーボンラインだったと思うが、無事手元に寄せて、針を外した。
    あとは、去年のマグロキャスティングだっけな。
    4号PEでカモメをフックしたが、寄せてきて、外して逃がす。

    いづれも、鳥は寄せて、逃がした。
    この事例になぜ糸の太さを書いたかというと、糸の太さが鳥の救護を可能にするから。

    つまり、羽根と足にルアーがかかっている時点で、鳥に向かってルアーを投げている。
    小魚に間違えられ水鳥がバイトしてしまったら、くちばしにルアーはフッキングする。
    そうではないことがわかる。

    また、カラーもレッドビアはナトリウム投の下でのナイトパターン用なので、
    信者らしくカリスマの教えを忠実に守れば、水銀灯の下で夜に使ったはずだ。
    とうぜん、水鳥の種類なんかは見えるわけがない。
    オレンジ色の水銀灯やナトリウム灯の下ではカラーが判別しにくい。
    シルエット重視の照明なので、、、

    鳥がいる!ベイトがいる!と思って、鳥に向かって投げるというシチュエーションだったのだろうという
    想像はつく。

    でも、ラインがある程度太かったら、水鳥にフッキングしても、手元に引き寄せられるよね?
    しかし、思い出してもらいたい。
    カリスマはどんなラインのタックルを推奨していたか。

    シャローフィネスという0.3-0.4号程度のPEラインを使用する釣法を使用していた。
    信者が忠実に教えを守っていたら、0.4号程度の極細PEラインにスーサンのレッドビアをナトリウム灯の下で
    夜に使っていたとしたら。
    鳥はシルエットしか見えず、鳥=ベイトを追う、と見えただろう。
    そして鳥は暴れ、ラインが切れてしまう、とシチュエーションは想像できるだろう。

    これが全貌じゃないかな。

    だから、これは偶然起こった事故ではなく、おこるべくして起きた事故なんだと思う。

    さらに悪いことは続きます。
    テレビが映像に収めることが出来たのは偶然ではなく
    ある程度、確実な状況を抑えて取材に行きます。
    つまり、絶対撮影できる、となって行くのです。
    それには期間が必要。

    その期間内にフックが外れれば、映像には残らないのです。
    ニュースにもならない。
    それが撮れる、ということになった。
    そこにも理由がある。
    バーブ付きのフックだからだ。
    バーブ付きのフックでは鳥は自分でフックを外すことが出来ない。
    せめてバーブレスなら自力で外せる可能性は高かったのに、、、である。

    そしてその後、残念ながら、この先、この鴨が見つからなくて、どこかに行ってしまった、となった場合。
    この鴨の運命はどうなるだろうか。

    フックは雨や海水にさらされ、錆びて、ぽろっと取れると、鴨はおそらく助かるだろう。
    よく思い出してもらいたい。
    あそこって、「錆びないフック」を出していなかったか?
    それを採用していないか?
    HP上にはST-46 #10 とあるが、フックの採用があるロットから変わるなんてよくあることだ。
    fimoフックの錆びないフックが採用されているとしたら、、、
    前にも言ったと思うけど、
    フックは錆びなくてはいけない、腐食しなくてはいけない、と昔書いた。
    こういうことが起こった時にリカバリーする方法がなくなるからだ。

    このルアー鴨は、それをよく表している。
    カリスマを作り上げその信者に対して売りつける商法の欠点
    極細ラインを使用する釣法の欠点
    錆びないフックを使用する際の欠点
    バーブ付きのフックの欠点

    これらが浮き彫りになった。
    つまり、偶然、邪道のスーサンが鴨に刺さって報道されたわけではない、ということだ。
    起こるべくして起きた事故である。

    当たり前だが、こういうルアーにたとえばWaterLand製のルアーが報じられることはない。
    なぜなら、ラインを太くしろ!と村田さんは言っているから
    万が一、鴨にヒットしても、回収でき、鳥はリリースされるからだ。
    他のルアーで、万が一、ラインブレイクしたとしても
    針が腐食し、ぽろっとルアーは外れるからだ。

    だから、他のルアーが報道されることはほとんどないと言ってもいいだろう。

    日本の最大バス釣り競技団体のNBCのステッカーを見たことがあるだろうか。
    水鳥を守ろう宣言、のステッカーを張っている。
    バス釣りの効率化を求めるなら水鳥のことなど無視すればいいのに
    わざわざ、水鳥を守ろう宣言をしている。
    FECOも同じ理念の延長上かな。

    バスアングラーの行動の根底に水鳥を守らないといけない、という基本理念があるからだ。
    だから、鳥を守るような行動をまずとっている。
    バス釣り人口はシーバスより何倍も多いと思うが、水鳥にバス釣りのルアーがついているという報道がないのは
    こういう運動の努力のたまものだと思うわけですよ。

    そういう努力は一切なく、まただんまりなんだろうな、と思うと
    情けないなぁ、という思いでいっぱいです。
    何か行動を起こすこともないんでしょう。がっかりです。

    ではシーバスアングラーが出来ることはなんでしょうか?
    簡単です。
    鳥に向かって投げない?そんな現象に対応するようなことでも
    気を付ける、という精神論でもない。
    メディアの情報を信じないことですよ。
    テレビ、雑誌、DVD、釣具屋POP、有名人のブログ、全部の情報です。
    自分に自信がないので、誰かを頼ろうとする、誰かの信者になろうとする。
    情報を鵜呑みにしないようにすること、それだけでいいんです。
    わが心の師匠の村田基さんも、「情報を鵜呑みにするなよ!」と言っているくらいですから。
    心の師匠と言っている割には WaterLand製のルアーは1-2個しか持ってないけどね(笑)

    自分自身をカリスマにし、自分自身の信者になりましょう。
    良い部分は真似て、悪い部分は真似しない。

    あきらかに悪い部分も良しとしてしまうのが信者なので
    そこはちゃんと反面教師にしたいですね。

    ということで、ルアー鴨について思うことでした。

    あなたの使用してるルアー、釣法は、魚を減らしたり、鳥を傷つけるものではありませんか?
    もう一度良く、再認識してみよう。

    じゃあまた!ルアー鴨!鴨ルアーって言うとバス釣り用にあるのだ!スーサンレッドビア逆宣伝になった!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    73f5aa14.jpg

    57fd4c5c.jpg

    b205b6a5.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    釣りに行きたい!ふなです。

    ということで、平日の夜にTJA氏に誘われてアジングに!
    途中前回の俺と同じミスコースをしてK7から港北とか行ってしまうのかと思ったのですが、
    なんとか現場到着21:00頃スタート。
    一級ポイントは人が多くて全然いけないので
    抑えのポイントに。
    そこでフミ氏とお友達も発見。

    風はなく潮回りは下げ2分と言ったところ。
    ベイブリッジの上は4mくらい吹いていたのですが、
    風裏になるのかなー。

    タックルはいつものアジングロッドに0.4??0.6gのジグヘッド。
    エステル0.3号ととてもライトですね。

    ワームはガルプのベビーサーディンピンクという王道で。
    水深は3??4mくらいしかないのですが、
    どうも水面から中層にはいない感じ。
    その下からボトムまでに反応がありました。

    数投で、コン!と上品なバイトがあってから、ヒット!
    が、惜しくも水面でバレ。

    そして、さらに数投後、コン!といいアタリがあって
    初の1匹!幸先がいい!今日は爆釣か?!
    とか思ったのもつかの間。

    まったくアタリがない。
    周りもあまりアタリがない。
    そこから2時間で4人で5匹くらいという激渋。

    唯一、TJA氏がバイトが多いので、聞いてみたら
    ワームがいいやつを使っている。
    おお!と思って1本もらうと
    いきなりヒット!やっぱりワームか!

    結局その後もバイトがなく、3バイト2本キャッチしました。
    3Hで3バイト、厳しい!。
    TJA氏は25cmくらいのメバルも釣り上げました。
    すごいね!

    合計で4人でアジ7匹、メバル1匹という釣果になりました。
    釣れると型がいいんですが、釣れないのも厳しい。
    すべて魚は頂きました。ありがとうございます。
    1:00に帰宅、魚は冷凍庫へGO!
    そのまま翌日の夜に解凍して料理です。

    子供たちのリクエストで、アジはアジフライに、メバルは煮付け、アジの骨せんべいと
    夕食が豪華になりました。
    アジフライは衣のパン粉をつけたままで残りは冷凍保存です。
    冷凍のまま、フライが可能になります。

    アジの調理には魚っ平を使いました。
    皮が一瞬でむけるので、あとは身を切り出すだけで楽チンねー。

    無事に料理も終わり、あとは食べるだけー!
    いやー食べられる魚はいいですね!
    TJA氏のガイドのおかげでよいアジングが出来ました。
    ありがたいありがたい。

    少し離れると全然アタリがないので、ポイントとかレンジとか大事ですね。
    あとワーム!さっそくヒットルアーは買い足したいと思います。

    そして、数種類のルアーを持ち歩くための容器を開発中。
    実用になっているものがないので、開発しましょう。
    市販のは使いにくい!
    そのうちお披露目しよう。

    しかし、アジは去年も今年も豊漁ですね。
    沢山いるイメージがあります。
    良く太っているので脂がのってます。

    いい感じだと思います。今年もいっぱいアジが釣れるといいなー。
    欲を言えば、もう少しアタリが欲しい!サイズより数、でアタリを楽しみたいなー。

    アタリは上品なコン!という感じです。
    メバルやカサゴはブン!という下品なバイトなのですが、大きいし重いバイトです。
    アジのは小さい、その小さいアタリをいかに捉えるのか、これが楽しいのです。

    道具はまだ初心者タックルの域を出ていません。
    俺のタックルは重い部類です。
    もっと軽く出来るみたいですが、、、お金がついてこない。
    もう少し、修行して、竿の良しあしがわかるほどになったらタックル新調しようかなーと。

    釣り方としては、ボトムをずる引きか
    テンションフォールでボトム付近でのバイト、が多かったので、
    ウルトラライトバチコンが出来るのではないか?という可能性を見つけました。

    以前にも挑戦して、あまりいい成果の出せなかった、ウルトラライトバチコンですが、
    フォールのアタリを取るにはいいかもしれないなーと。
    もう少し研究してみようと思います。

    ということで、楽しいアジング!の話でした。

    じゃあまた!アジング楽しい!ルアー楽しい!アジおいしい!裁くの楽!冷凍庫まだまだ余裕!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8557d14a.jpg

    4014570a.jpg

    32c2b3dd.jpg

    73bd870f.jpg

    51dfd412.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    嘘からでた真、ふなです。

    今週頭はエイプリールフールでしたが、いかがでしたでしょうか?
    私はしょうもない、嘘をつきました。

    アクティブエイガードのバッテリーが通常1個なのですが
    2個バージョンを作った!とかいう嘘でした。

    もともと今年のエイプリールフールはあまり予定がなく、
    午前中に部屋の片づけしていた時に、そういえば、間違って買った単三電池2本仕様の水中ライトを
    発見して、そうだ!と思いついて午後に適当にインスタとかツイッターとかfacebookに投稿したんですが
    大した反応得られず。

    まあそんなもんか、と思っていました。
    もともとアクティブエイガードは電池1個、Liteは単三(1.5V)だし、MAXはリチウムイオン電池(3.7V)だし、
    Liteでは推奨はしていませんが、リチウムイオン電池でも動く場合があるので(保証しないよ!)
    そこに単三を2本接続する(3.0V)電圧はどちらのモデルでも可能なのです。

    まあそういうおふざけです。
    もちろん、出力は2倍になんかなっていないと思います。MAXに至っては電圧が下がっているから、弱くなってる(笑)
    がしかし、ちょっと考えてみた。
    同じ電池2本でもリチウムイオン電池を2本接続したらどうなるだろう、、、

    電圧は3.7*2=7.4Vになるので LIteもMAXも壊れます。
    LEDの中心が黒く焦げて終わるのはLED工作やっている人にとって見慣れた景色だと思います。

    が、しかし、7.4Vでドライブ出来るとしたら、超強力なアクティブエイガードになるんじゃないの?と思うわけです。
    そこで、ちょっと、回路を考えてみると、、、、、
    あれ?いけるんじゃないの??と思いました。

    机上で設計したらいい感じで出来そうです。
    ひょっとしたらMAXの数倍の出力になるかもしれません。

    あまりに出力が高いと、電気ショッカー並に出来るかも、です。
    かも、なので、可能性は低いのですが、、、
    電気ショッカーになれば、マグロ漁が変わります。
    通常電気ショッカーはケーブルが20mしかないので、手前20mになってようやく
    電気ショッカーを落とします。

    が、ワイヤレス電気ショッカーになってしまえば、ヒットした瞬間から
    電気ショッカーを使うことが出来るので、100m先のマグロにも効きます。

    まああまり期待しないで、実験しますか。

    これを今年の相模湾のマグロに使えば、
    サメ除けとしては最強なはずなので、
    マグロリングと合わせて使えば今年からマグロゲームに改革を起こすことができますね。
    もちろん安全対策も考えないと、、、

    そんな夢を見ていました。

    アクティブエイガードの出力強化に関しては、前々から検討していました。
    が、既存の回路では限界があります。
    せいぜい1.5倍程度の出力UPが限界です。

    なので、別のアプローチが必要と思っていました。

    そのアイデアを思い付いたので、これからコツコツ机上で試作をいろいろします。
    試作部品はもう注文したので、今週末からちょっとづつやりましょう。
    完成したとして、ネーミングが難しい。MAX以上の名前ってあるのかな?
    アクティブエイガードultimateとか?高い部品ばっかりなので、お値段も究極になってしまう。
    これはいつ完成するかどうかもわからんので、、、

    さて、そんなアクティブエイガードですが、
    ついに、この日が来てしましました。
    アクティブエイガードMAXのおまけにしていた、ワッペンが在庫切れになりました。
    日本中に何十枚かワッペンが配布され、フローティングジャケットとかにつけていることでしょう!
    (たんすのこやしだとさびしい)

    そのため、現在のおまけはポイズンリムーバーとなっております。
    刺されたあとに毒を吸いだすことは被害軽減に絶対に役に立つので
    ルアーボックスの片隅にでも置いといてください。
    本日注文分より対応します。
    なくなったら終了です。

    現在アクティブエイガードMAXの在庫は2個となっております。
    充電器が在庫切れしてしまったので、、
    注文は前からしているんだけど、全然届かない!!
    ちくしょー!!

    平日夜とか休日には釣りにばっかり行っているので
    ちゃんと仕事しろ!って感じですよね。
    だって釣りが楽しいんだもん!

    そんなわけで、これからもアクティブエイガードをよろしくお願いします。

    じゃあまた!アクティブエイガード生産止まった!早く来い来い部品!世界中から部品集め!楽しい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    56975ed6.jpg

    7ac61b4a.jpg

    dd3d82f0.jpg

    b7393006.jpg

    9d6ad1ee.jpg

    137d5201.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    自宅サーバは夏モード、ふなです。

    前回の光電話の騒動と同時に自宅サーバをベランダに設置して
    配線しなおすことになりました。

    通常自宅サーバというと部屋の中にあることが多いのですが、私はベランダに設置しております。
    異様にデカい箱は、昔4Uサーバを入れていたのです。
    Super micro の X5DAE という Xenon CPUを2個積んだサーバでした。
    当時は50万円くらいした気がします。
    それに数テラのHDDと数ギガのRAMを積んで、WEBサーバを運営していました。
    会員数は10万人前後と、10万人を一人で管理するように極力自動化して
    人の手がかからないように管理しておりました。
    そのノウハウは今も生きてます。

    が、その巨大サーバもすっかり引退し、今ではデスクトップ1台で十分なくらいに
    トラフィックが落ち着きました。

    なので、今ではUPSやらモニターまで突っ込んでいます。
    ベランダサーバでは夏の気温が結構天敵なので、この防水BOXの左右に排気ダクトを設け
    さらに換気扇を取り付け、その換気扇はBOX内の気温が35度超えると回るようになっています。

    アクア用の逆サーモが活躍しています。
    もう10年近く野外に放置していますが、丈夫なのです。

    そんなベランダサーバに配線をやり直します。
    ちゃんと自宅サーバの仕事をするバッファローのルータ配下に置くのです。

    配線は面倒くさいです。
    まずは室内のエアコンの配管の横を通します。
    LANケーブルはきしめんタイプをよく使います。
    地面に配線した時にフラットになるようにこのタイプが結構好きです。

    このケーブルの爪にパイプをセットして、エアコンの配管横に通します。
    そのまま、ベランダにGO!です。
    同じように100Vの線や、衛星アンテナの配線なんかも応用が効きますね。

    それをベランダサーバまで配線して、終了です。

    自宅サーバをベランダに出すとベランダサーバとか呼ばれますが
    場所、音、熱、の問題を一気に解決してくれるのでとってもいいですよ。

    みなさんも自宅サーバはベランダに設置しましょう!

    じゃあまた!自宅サーバ万歳!ベランダサーバいい!排熱なし!音なし!場所取らない!最高!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fceb6cf7.jpg

    3d916301.jpg

    7893c650.png

    0dfbd217.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    自宅サーバと光電話の両立は面倒くさい、ふなです。

    以前に書いたように
    自宅の電話をIP電話にすることが出来た、これで、月々2200円→1200円となり、月々1000円浮く予定だ。
    ところが、翌日からネットが使用できなくなった。
    一体何が原因か、わからないので、プロバイダーのサポートを受けることにした。
    どうも動きとしては、幹線につながないとグローバルIPが取れなくなり、
    ルーター機能もあるので、既存のネットワークのルーターと喧嘩する。
    そんな感じだった。
    このルーターがAPモードになれば一発で解決するのに、、、と思って
    サポートに聞いてみたら、APモードにはならない!という回答だった。

    なるほど、、、どうもNECのaterm 822n は使えない、ダメルータのようだ。
    さらにネットワークが翌日から切れた、マンションの機器が壊れたか?と思って
    管理人にインターネットが切れたようです、確認してください。と伝えて出社。

    その昼に、プロバイダから、電話がかかってくる。
    使えないのはあなたの家だけなので、設定を確認させろ、という話だった。

    で、もってヒアリングするのだが、まず各部屋にLANの差込口は何個あって、その先に何が何個つながっているか?
    を延々20分くらいかけて聞く。
    うちには、LANポート4つあり、それぞれに大量の機器がつながっている。
    それを記憶で全部答えるのだ。

    全部聞いてから、
    「1回線あたり2つしか同時に使えません、お客様の環境ですと、どれか2本抜いてください」
    とふざけた回答をする。
    PCの接続制限はローカルIPの問題ではないだろうと思い
    「それって、各部屋の基幹LAN1本に対して、グローバルIPが2個までしか使用できないという意味ですか?」
    と聞くと
    「(ぱぁぁ)その通りです!お客様!」
    と一発で答えにたどり着いた、最初からそう言え!
    そしてそのことはHPに書いておけ、わざわざサポートを使うことでもないだろうよ。
    しかも、うちは注文時にLANのポートを2個増設する際に、各ポートのLAN全部にグローバルIPを振るという約束を
    したじゃないかよ。反故にしやがって。

    というこで、それがわかればこっちものだ。

    一気にまとめにかかるよ。

    まず、うちのマンションのインターネット会社は
    アルテリア・ネットワークス株式会社
    で、グループ会社が
    株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
    マンション向けインターネット接続サービス「UCOM光 レジデンス」「e-mansion」を主軸に、
    マンションに関する様々なサービスを提供します。
    アルテリア・エンジニアリング株式会社
    情報通信設備工事を柱とした総合設備エンジニアリング会社です。

    前身はUSENだったと思うので、それからUCOMになって、さらにアルテリアになったと。
    そして、UCOM光電話は株式会社つなぐネットコミュニケーションズが請け負うというモデルでしょうね。

    インフラはギガイーサーが1本マンションに来ているので、
    機器をギガ対応のものにすれば、1Gbps(1000Mbps)のスピードが出ます。

    そのため家庭内ネットワークは少しの変更で済みました。
    まず、お風呂裏の配線はリビングには直接配線するギガスイッチングHUBから
    直接光電話用ルーターに配線し、
    その他の配線は、ルーターを介して配線します。

    これにより、光電話と自宅サーバが住み分け出来て、さらに4つのLANポートすべてに
    PCがつなぐこともできて、さらにネットワークが混まないといういいネットワークを
    作ることが出来ました。

    配線見てると、リビングにWIFIスポットが2個あるので、無駄だと思いますが
    APモードのルータは前から置いていたもので、DSやらスマホやらタブレットやら
    いろんな接続設定が残っているので、NECのaterm 822n に全部接続しなおすのは面倒なので。
    古いWIFI機器もレガシーな感じでいけます。

    アルテリアネットワークで光IP電話にしたら、PCがつながらなくなった、という時には
    ひょっとしたら、グローバルIPが発行されていないかも、ということを疑ってください。

    この辺はHPに書いてくれたらいいんですけど、あれだ!
    おそらくほとんどの家庭は1世帯1グローバルIPアドレスなんだろうな、と。

    んでもって、自宅サーバで困るのは ドメインをローカルアドレスに変換してくれないので、、、
    そういうルーターを使わないといけないのです。
    残念ながら NECのaterm 822n はポート変換機能はありますが、
    自宅サーバ向けにアクセスしようとするとGATE TIME OUTというエラーが出るので
    自宅サーバ公開に向いていません。

    それに比べ、BUFFALOのルータ(お風呂裏のルータ)は、変換してくれるので
    ドメインアクセスでも、ちゃんと自宅サーバにアクセスできるので。
    なので、そのルータ配下に自宅サーバを設置するのが正しいわけです。

    ということで、アルテリアネットワークで自宅サーバを公開して、光IP電話にする方法の話でした。

    しかし、うちはPC多過ぎじゃないか、こんだけ面倒な配線をよくやったな。
    まあいいけど。

    コツとしては、各PCに与えるIPアドレスは全部ローカルIPにすること。
    192.168.*.* を与えておけば安心。
    グローバルIPアドレスはルータで消費するようにすると後が楽です。

    ということで、無事、安心、安全なインターネット環境が戻ってきました。

    じゃあまた!インフラの知識必要ね!ネットワーク万歳!CISCO万歳!NETGEARも!つーか、グローバルIPアドレス4つくれ!

    このページのトップヘ