クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2004年08月

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨日も少し触れたが、Basserからのトラックバックはなんの意味があったんだろう??

    トラックバックとはその名の通り、その記事に関する引用をしたよ、あるいは、その記事に関することに
    ついて、を書いたよ!を知らせる道具である。
    Basserのトラックバック先の記事はその役目を果たしていない。
    単なる宣伝である。悪質な書き込みとあまり変わらない。

    ペンを持つものなら自分の記事に責任を持つべきだ。
    共同通信のBLOGが非礼な記事を書いて更新停止に陥ったがペンを持つものはPCの世界のことを
    知らな過ぎるのではないか?と思うほどだ。
    これはBasserの編集(部?員?)にも当てはまる。

    予算がない中で宣伝をしたいのはわかる。だからといってトラックバックスパムが許されないのは周知だ。
    Basserはバス業界で初のトラックバックスパムを行った不名誉な雑誌になってしまった。
    いや、ひょっとしたら出版業界初のトラックバックスパムか?
    ここ最近のバス冷え+出版業界冷えで苦しいのはわかるが
    やっていいこととやっちゃいけないことくらいの区別は欲しいところだ。
    良心よりも金(売り上げ)が優先してしまう企業理念では情けない。

    オレの過去のBLOGでもトラックバックスパムが容易に行えることを実証している。
    容易に出来るからこそ、ペンを持つ人はやっちゃいけないんだと思う。
    バイアグラを売りたい外人だったらなりふり構わずやるんだろうが。
    そこまでモラルがないとは思えない。

    たぶん行った本人は何がそんなに悪いのか、わかってないんだろう。松さんって
    すまん誰かしらん。おそらくトラックバックスパムとは何か?会社のために宣伝したのに何が悪いのか?
    何もしらずにやったのだろう。Basser編集部もあまり関与してないと思われる。責任はあるが。
    共同通信の時は「編集局編集長」自ら、記事を書いたのだから編集部は自覚していると思う。

    この場合はBasserのBLOGを開設したのは編集部だろうが、他の企業と同じで記事内容には
    検閲が入る場合が多い。本の内容をBLOGにされたのでは本の売れ行きが悪くなる。
    しかし、トラックバックやコメントまでは検閲できないのは?

    BLOGではしきりに8月26日発売のBasserをよろしくとうたっている。
    あまりに宣伝中心は逆効果だと思うけどなぁ。
    不買運動をしようと思ったが、もともと買ってないのでその必要もないのかもしれない。
    本当ならつり人社に抗議のひとつも入れるところだが
    特定外来生物被害防止基本方針法でバスが指定されたら
    自然に消滅する雑誌なので、放置しておくことにする。
    ろうそくの消える前はフット明るくなるというが、最後くらい襟を正して欲しいものだ。

    さて、このトラックバックはトラックバックスパムか?
    記事内容はBasserのトラックバックはトラックバックスパムである、という意味のことを
    Basserにトラックバックするわけである。トラックバックスパムではないことは明白ですね。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    八郎潟といえば、現在の奥さんと新婚旅行に行った先が八郎潟である(爆笑)

    ええ?オレが言い出したのではないよ。奥さんが言い出したのである。もちろん八郎潟へ行きたい!って
    新婚旅行がちょうど9/11にをはさむ週だったので、飛行機には乗りたくないねーということと。
    奥さんが大の飛行機嫌いだったので、国内でバスが良く釣れるという条件を満たすところとして
    八郎潟があがった。
    もし1年結婚が早かったら、いまここにいないかもしれない。

    その時の日記はここの2002年9月17日を見てね。

    ボート屋の前日にレンタルの予約を入れて夜中走って8時間で八郎潟。
    最初に湖を見た感想は、、おおーバスいそう!であります。
    で、、、ボート屋さんがオープンするまでおかっぱりをやっていましたが
    反応なし。一応ボート屋さんのリリース魚を狙っていたんですが。

    ポイントに関しては何にも事前に情報がないままで行ったので
    見つけるのが大変でした。アホみたいに釣りまくった4日間だったっけ?

    一番の思い出はサンルーラルでセミスイートに泊まったことかな。
    クモと蛾で窓は開けるな!って書いてあった気がするけど、
    リリ禁ではもう行かないかもしれないな。
    子供が釣りを始めたら八郎潟に行こうと思っていたので。

    ここの釣りの特徴はズバリ一言で言えば「教科書通り!」であります。
    写真つきの日記はここにあります。

    ここだけの話ですが、爆釣ルアーはピンクのワームならなんでもOKでした。
    わははは。面白いね。

    そういえば、Basserからトラックバックが来た。
    トラックバックすると抽選でなんかもらえるらしい。じゃあエントリーじゃ!!
    最近、Basser買ってないなー。自分のHP紹介とかで載ると買ったりするんだがな。
    1つはそういう情報に蓋をしているということもある。
    今はメーカーが売りたいルアーを売りたくてその偏向記事になったりする。
    今ならビッグベイトか?ビッグベイト=ビッグバス?
    うーん、キャスティークトラウトもストックトラウトベイトも両方投げたことある俺としては
    いまさら感がある。
    それも99年頃だ。そのころ北浦でキャスティークトラウトを投げてたのは俺くらいだろう。

    実際に釣れなかったけどね。キャストする竿がないし。一応フィリッピングロッドとクランキングロッドを
    両方試してみて、フィリッピングロッドでなんとか投げれた記憶がある。
    キャスティーク社のフナベイトも投げたことある。
    これは池原で45cmを釣った実績がある。いつかは60を狙いたい。

    キャスティーク社のはあることをすると、ボディがテロテロに怪しい動きをするようになる。
    ふっふっふ、内緒。ちなみにザリガニワームなんていうのもあった。

    新しい技術をどんどん取り入れてマイシークレットルアーを作ろう!

    土曜日に横利根におかっぱりをしに行った。
    いや正確にはおくさんがおかっぱりをするので、子守りとして出かけた。
    その合間にちょっと竿を振ってみた。子バス2.

    そのあとボートの様子を見に駐艇場へ、、
    実はヒッチ延長棒のピン(直径20mm長さ80mm)をなくしてしまったので
    代用品はどれがいいかなー?とあわせにいった。
    近所のDIYショップで16mm長さ80mmのボルトナットが多少小さいながらも
    合うことを確認。トレーラーの配線を見る時間はなかった。
    そのまま帰宅。潮来から1900円の高速代+200円の京葉道路。
    行きは大栄までなので1450円なんだけどね。あーETC欲しい!
    って、次の大会は9月なんですがぁ!

    今週は隼人大池で大会です。バスじゃなくてへらですが!
    では、また明日!
    【秋田の思い出】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    お笑いの技術について考えたことがある。

    当たり前だが2人組の場合「ボケ」「突っ込み」という役目がある。
    それ以外のファクターの技術はなんだろう?と電車に乗りながら考えていた。
    ボケと突っ込みが今のところ2大重要技術である。
    あとは「ネタ」である。

    例えば漫才とショートコント。同じ時間なら漫才の方が数倍もネタが必要である。
    いわゆる小説のようなものである。逆にショートコントは週刊誌のワイド記事のように
    たくさんの細かいネタをつないで尺(時間)を稼いでいる。
    政治家にも同じように鳩山兄弟のように、切れ目のないコメントは編集しずらいが
    小泉さんのように短いコメントを数出すほうが編集はしやすい。

    さて、ネタの長さだがショートコントは最初長く、あとは短くジェットコースターのようになっていると
    テンポよく感じる。それに比べると漫才はどこで終わりなのかよくわからないくらい長い。
    苦労の割には、、である。

    同じネタを文字でびっしり埋めると漫才のほうが文字数は多くなる。それはずっとしゃべっているからだ。
    ショートコントはキャッチを挟むことにより、文字数を減らせる=ネタが少なくてもいい ということだ。
    これがネタが少なくていい技術の1つであると考えた。
    それはネタの「希釈」である。

    例えば「猫が寝込んだ  布団が吹っ飛んだ アルミ缶の上にあるみかん」というネタがあったとしよう。
    そのままでは5秒で終わりだ。
    そこにキャッチを入れて「希釈」する
    「猫が寝込んだ ♪ハイ!ある!ある!あるある探検隊!♪ある!ある!あるある探検隊!
    布団が吹っ飛んだ ♪ハイ!ある!ある!あるある探検隊!♪ある!ある!あるある探検隊!
    アルミ缶の上にあるみかん ♪ハイ!ある!ある!あるある探検隊!♪ある!ある!あるある探検隊!」で36秒くらいに尺が稼げる。

    これを希釈というか伸長というかなんと言っていいかわからないけど、希釈以外の何者でもない。
    ネタをキャッチで薄めるのだから。
    漫才が小説ならショートコントは詩か短歌か4文字熟語であるな。

    漫才の難しさはショートコントの比ではない。
    ショートコントは客層に応じてネタ単位でチェンジできるが、漫才はそうはいかない。
    漫才は話の途中で無理やり話の方向を変えねばならず不自然さが目立ってしまう。
    あのヤスキヨでも、よくやっさんが「ええ?えらい急に話が変わったな!」とそれ自体をネタにしてた
    くらいだ。
    ここに必要な技術は話術であり話芸である。今はお笑いブームかもしれないが漫才ブームではない。
    それくらい技術的に高い芸人がいないのが現状だ。

    以前、テツandトモとなんでかフラメンコの人の比較をした。
    そのとおりにテツandトモはもう今はTVでは見ない。
    ネタの薄さをキャッチや動きでカバーできなくなってきているのだ。
    では「ボケ」「突っ込み」「希釈」の3大お笑い技術に続く次世代の技術は何か?推理しよう。
    それはキャッチである。「つかみ」ではない。キャッチにまだ確立された技術はない。
    例えばキャッチの中に別のストーリーを混ぜることも可能である。
    例:
    「猫が寝込んだ ♪ハイ!ある!ある!あるある探検隊!♪(子猫が生まれたんですわ)!
    布団が吹っ飛んだ ♪ハイ!ある!ある!あるある探検隊!♪(ベッド取られますねん)!
    アルミ缶の上にあるみかん ♪ハイ!ある!ある!あるある探検隊!♪(しょうがないから缶ビール飲んで寝た)!」
    とかである。キャッチはまだいろんな可能性がある分野である。
    ギター侍とか、アンガールズとかこの辺はほとんどこのパターンだ。
    Aネタ キャッチ Bネタ キャッチ Nネタ キャッチ キャッチ (おわり)

    キャッチに改良の余地有りである。

    さて、明日は台風の中北浦に行きます。
    釣れるといいなー!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    つーことで、夏休みを利用して20日に利根川あたりに出没予定だ。

    今年3回目の北浦、霞水系である。とってもタノシミ、、でも、、、
    台風きてんじゃねーよ!!せっかくなのにぃ!!

    ちなみに朝はTOPで、それから利根川とか橋げたのシェード。
    あとは、、、う、パターンがない!
    走りまわるしかないかな?

    あとは台風をにらんで横利根とか、新川とか。
    利根川だと水中堤防が面白いらしいけど、場所がわからんからいけない。
    その前に半年くらいエンジン掛けてない、、大丈夫か??

    ボート、天候、ストラテジーに不安を抱えながら釣ってきます!
    あと、最悪なまず狙いで(笑)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    アテネオリンピックでは柔ちゃんが金メダル。
    以前、堂々と「谷亮子は金メダルを取れない、披露宴でしちゃいけないことをしたから」とか
    言っていた。
    ズバリ!外れてるわよ!
    新番組も1クールで終わりそうだな。

    あの番組のいいところは、芸能人個人のことに厳しい突っ込みを入れるのが良かったが
    いきなり大衆向けになっていたっけ。眉の細い人はどうのこうの、、、
    1時間びっしり芸能人にダメだししてくれると面白いのに。
    ということで、占い師に似た職業はやはり競馬解説者か。
    予想までの講釈と外れた言い訳がうまい人に限る。
    それを考えると、細木数子も無茶な予想はもうしないと思う。

    個人的な相談なら、「前に先生はこう言いましたが、こうなりました、外れた?」とか聞いても
    「いいえ、私はこうなることもあると言いましたよ」なんて言い訳できるがTVじゃそうはいかない。
    しっかりとVTRに記録が残っている。
    おさるの改名も被害者だろうな。きっと改名しても売れないだろう。

    占いは昔は医学だったり心理学だったりした。決して先の未来を当てることはなく
    現状を当てるだけで、未来も当たるかも、と思ってしまう。
    たとえば、医学の場合。爪の真ん中あたりに凹みがあるとする。
    爪は6ヶ月ほどで生え変わるくらいのスピードなので、「3ヶ月前くらいに病気をしましたね?」
    などと当てることができる。
    髪をいじくるしぐさや爪が噛まれていてギザギザになっているとそれは心理学的に「寂しい」という
    ことをあらわしており「あなた寂しがり屋でしょ?」なんていうことがわかったりする。

    ほかにもいろんな細かい事象からその人の特徴がわかればあとは適当なことを言っていればいい。
    特に女性の場合は自分の中に解答があり、同意を求めているだけなので「うんうん、そうだね」だけ
    言っていればいいのだ。

    前に、少し研究したが占いの統一性のなさは深刻だ。
    昔、星占いで「山羊座 三角関係がもつれます」とかあった。
    三角関係がもつれるということは、自分、相手、第3者、の3人がいることになる。
    そして、もつれた場合、それは相手、第3者も巻き込まれるわけだからその2人も
    三角関係がもつれることになる。すると、、、自分、相手、第3者の3人ともが
    山羊座ということになる。ありえないよねぇ。
    同じく金運。たとえば、「みずがめ座 思わぬ出費に注意」「てんびん座 ラッキーな入金があるかも」
    とかあると、それぞれでプラスマイナス0になるが、全体的に金運がいい場合。
    いったいどこから入金があって、出費は誰がするのか?という全体的にありえないバランスがある。
    少々無理やりに解釈すれば「全体的にうすーく、出費があり、その入金先が偏った」という
    状態がないわけではない。
    そこで、統一性が妥当かどうかが、その占いの判断基準になるのだ。

    占いは予想であると仮定して、予想ができるか、出来ないか?という科学的見地にたって
    解説してほしいと思っている。
    どういうことが可能か?例えば放物線を描くような場合は途中で切ってあっても
    その先は予想できる。数学的に関数の中身がわかっている場合だ。
    つまりは y=f(x) がわかっている場合には予想がつく。

    そのf(x)が占星術だったり血液だったり○月生まれ、とか画数だったりする。
    そんな簡単なパラメータでいいのか?
    昔、テレビでやっていたのは「画数占いの場合、桂三枝と桂小枝では画数が同じなので
    桂三枝並みに桂小枝は出世するはずである。あるいは運命が同じ」という前提で
    いかに画数占いが当たらないか、をやっていた。
    その中で例に出されるのが日航機墜落で唯一助かった女の子の画数が占い的に良かったという事例。
    実はその女の子よりも画数がいいはずの人が多数亡くなっており、あまり意味がないと言っていた。
    また、画数の考え方も手法によっては様々で、都合のいいように多くしたり、少なくしたりと
    適当だったことも言っていたっけ。

    最近、これはいいかな?と思っている占いに言霊占い(占いか?)がある。
    発声する言霊に意味が込められているということだ。
    オレがこれを発展させて、百科事典占いというものを研究したことがあった。
    方法はかんたんだ、名前をひらがな読み、あるいは名前をそのまま辞書で引くというものだ。
    言霊があるとすれば、人に呼ばれている名前が魂を持ち(魂か?霊か?)そのものが具現化した
    姿がその人であるはずだからだ。
    たとえばエキサイトの辞書機能でも占える。
    オリンピックの金メダリスト 谷亮子をオレの言霊辞書占いで占ってみる。

    たに
    たに 【谷/渓/谿】<

    (1)山または丘にはさまれた細長い溝状の低地。一般には河川の浸食による河谷が多い。成因によって川や氷河による浸食谷と断層や褶曲(しゆうきよく)による構造谷とに分ける。また、山脈に沿う谷を縦谷(じゆうこく)、山脈を横切るものを横谷(おうこく)という。

    (2)高い所にはさまれた低い部分。
    「波の―」「気圧の―」

    (3)二つの屋根の流れが交わる所。
    「―樋」


    りょうこ
    りょうこ りやう― 【両虎】<

    二匹の虎。力量がともにすぐれ差のつけがたい二人の勇者のたとえにいう。

    ということで、何が見えるだろうか?。
    今回、「田村亮子でも金、谷亮子でも金」を掲げていたが、
    りょうこ=両虎 となり、力量がすぐれた勇者のたとえ、とある。つまり、たとえ田中さんと結婚しても山田さんと
    結婚してもはたまた離婚しても強さは変わらなかったのでないだろうか?ということ。

    これがオレの言霊辞書占いである。よく当たると思うよ。「谷 亮子」と呼ばれていることにより
    「亮子=両虎」と呼ばれているのだから、谷亮子は勇者であると、みんなが言っているわけだ。
    当然、言われている本人はトラになるのだ。
    この言霊辞書占いには未来ではないかもしれないが谷亮子選手のもう1つの1側面が見える。
    両虎ってことはもう1つ飛びぬけた才能を持っているわけだ。なんだろうね?
    それを探しましょう。
    広末涼子なんかもりょうこである。同じく女優ではトップである。

    ただ1つ問題が、、外国人選手の場合は外国語の辞書を調べないといけないという問題がある。
    ミャオミャオ?日本の辞書では調べられません、、、、

    このページのトップヘ