クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2005年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    あー、変なタイミングで更新ボタン押しちゃった。

    水が濁っているのを解消する
    DVC00238.JPG
    10年前からあるなー麦飯石溶液(700円)とPSB(600円)。
    で、この濁りはバクテリア不足と判断しPSB投入。
    #昔はPSBはう○こから作られていると言われていたがどうなんだろう?

    翌日、ピカピカーな水に変身。やっぱりバクテリア不足だったか。
    一応、麦飯石溶液も入れておく。が、なんか色が薄い。
    こんなに薄かったっけ?昔の白いボトルのはもっと濃かったような。
    DVC00263.JPG
    もやもやー。水流がないのでゆっくり作用する。

    ミナミヌマエビが全滅したので、PHだけは計ってみることにする。
    DVC00264.JPG
    1000円だった。

    DVC00265.JPG
    7.2くらい?わかんねー。PHメータ欲しいな。

    さて、PHも安定した次の日。ミナミヌマエビを再度投入。5匹(630円)
    いい加減水も安定して欲しい。じゃないとCRSが買えん。
    DVC00266.JPG
    その前にエビマンションを完成させる。
    無理矢理沈めて南米産ウイローモス(800円)をまきつける
    いい感じ。

    DVC00267.JPG
    よこからみたところ。

    しかし、メダカは爆発的に卵を産んでいる。
    浮遊用ウイローモス(210円)を投入。
    よーくみたら9匹のうち8匹メスで6匹が産卵中。
    1:8か、ハーレムだな。爆発的に増えそうなので外の池に移動してもらおうかな。
    しばらくは放置で。
    で、GWは10連休で次回更新は5月9日です。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    CRS,レッドビーシュリンプ、クリスタルレッドシュリンプのページをいろいろ見ていると
    竹炭で作ったうなぎの寝床みたいなのが2000円くらいで売ってた。
    ええ?100円で売ってたような、、ってことで。早速自作。
    DVC00256.JPG
    材料、ダイソーの竹炭6本入り105円。0.8号糸。

    DVC00257.JPG
    0.8号の釣り糸で炭を巻く。
    ピラミッド状にしたかったが、太さがマチマチなのでやめ。
    水道で洗って、細かい炭を落として投入。

    DVC00258.JPG
    げ、浮いた。
    沈まない。たくさんの穴が空いているからかな?一晩建てば大丈夫かな。

    DVC00259.JPG
    次の朝、、浮いてる。うーん。
    しかも、2匹ともミナミヌマエビは☆に。
    ミナミ全滅。どよーん。原因は簡単に判明した。「竹炭を水道で洗って」である。
    そう!残留塩素にペーハー。くぅー、エビ弱いな、、。
    一方メダカは元気に産卵。

    tamago.jpg
    やっと撮影できた卵を持っているメダカ。
    カモンバの林に産むみたい。拡大できます。

    無音声動画(デジカメで撮ったから)抱卵メダカ

    suiso.jpg
    水槽のようす。拡大するとなんとなくわかる。
    メダカが産卵した理由は2つ、流水ではなくなった。ペーハーが若干変わった。

    あとメダカの糞が凄いのでえさやり中止。緑色のふんをたくさんする。
    ってことはカモンバとかコケを食っているってことだろう。

    現在、ヒメダカ9(抱卵4くらい)、エビいない、、
    ビーシュリンプかミナミを買って水質安定を図らねば、、、
    エビ養殖は遠いな、アフリカンランプアイの養殖にしてしまおうかな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨日、地震予報システムのアラートが作動しました。
    行徳高校の行っているFM電波受信と連動しています。
    Eスポではないので、間違いなく地震の前兆でしょう。
    でも、幅は狭いのでたいしたマグニチュードではなさそう。

    無指向性アンテナ
    K1.png
    1500がアラート値ですから、大幅に超えています。

    K4.png
    西方向アンテナ、西方向に強く出ています。
    ということは伊豆方面でしょうか?とにかく浦安より西ですね。

    経験上、96時間後のプラスマイナス48時間というので
    4月27日ー5月1日の間です。伊豆方面か東京湾か、東海方面かわかりませんが
    その方面でしょう。震度は3以上だと思います。(体感できる地震)
    GWに地震が来るとかいう予言があったらしいが当たりそうですね。
    そんなに大きくはないと思うんですが、でも結構揺れると思う。被害はあまり出ないかな?

    地震が来たら水槽が大変だ。揺れてこぼれる分にはいいんだけど、落ちて割れると大変。
    まあピッタリした空間にはまっている水槽だから、ちょっと地震対策考えようかな。ちょっとした対策で
    平気だと思うし。

    ところでメダカが卵を産んだ。わーいわーい。カモンバの林で産卵したらしい。
    まあ地震の予知と関係ないと思うが。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ふなオリジナルの消泡装置
    DVC00254.JPG
    使用するのはこの連結用ストレーナー(1000円)
    こういう形のものが欲しかったのだー。

    何がしたいかというと、、水泡をこの中ではじけさせガラス面には何も水滴を飛ばさないで
    エアレーションしたいということだ。
    ちなみに水流も抑えられるはず。流水域の再現ではなく、止水域の再現だな。
    考え方はこうだ。
    エアレーションによって、底面フィルターから水を吸い込む。
    水は穴から横に抜ける、空気は上から抜ける。
    これで飛沫を防止しようという試みだ。
    いくらさがしても淡水用はなかった。
    海水用は似たのがあった。
    四角いパイプを沈めて、一番下からエアレーションをしてた。
    で、パイプの上は水面に出ているもの。これからエアレーションは出来て、水泡はできない。
    でも長さが60cmくらいあって小型化は難しいだろうなぁと思った。
    ちなみに底面フィルターは吹き上げ式になっている。

    DVC00246.JPG
    実験風景。
    みごとに水泡が消えている。こんなに狙い道理にいくとはね。
    専用の装置開発までやるつもりでいたが、あっさりできた。

    DVC00245.JPG
    実験中のため濁っているが、底面フィルターにエアレーションでぐいぐい水を出す。

    ということで水槽をリセットした。ちゃんと砂利は洗い。底面フィルターをセットしなおすところから。
    DVC00244.JPG
    左にパイプ+消泡装置。水中からの写真。
    ちなみに。水上には排出口がついている。
    エアレーションによってどのくらい水が吐き出しているか見るには
    連結ストレーナの窓を閉めると、勢いよく排出口から水が出ているのがわかる。
    ちなみに、このパイプと底面フィルターの接続面の丸いところは
    穴を丸くあけてない。普通は丸いところを取ってパイプ=底面フィルター間の
    水の流れを良くするのだが、吹き上げ式なので全部とってしまうと
    水圧がかかりすぎるだろう、ということで三角に切り取っている。

    DVC00243.JPG
    システム全景、右に水中フィルターが底面フィルターに排出している。
    左が消泡装置で水を排出。
    設定できたので、、、、緑をさらに投入してみることにする。
    水面に水流はまったくない。ちょっと油膜が心配だ。
    でもメダカが食ってくれるかな??

    DVC00239.JPG
    カモンバ30本。(980円)

    ジャングル完成か?っていうか入れすぎた。
    ステージにはウイローモスかリシアかグロッソを引きたいところ

    生体を数えたらメダカが9匹、、、1匹☆か行方不明。
    ということで、現状は
    水中フィルター+底面フィルター+消泡装置
    メダカ9、ミナミ2
    ナナ、ミクロソリウム、ウイローモス、カボンバ

    ミナミとかビーシュリンプを入れたいところ。
    水流の少ない水槽の完成である。ほとんど水流は見られない。
    でもちゃんと濾過しているし、エアレーションも行っている。
    消泡装置とかいて「しょうほうそうち」と読むと思うのだが
    「しょうほう」で一発変換できないなー。「けし、あわ」と入れて変換している。
    辞書に入れとこうかな、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    DVC00149.JPG
    なんとなく、上海のコーラ、味はドクターペッパーに近い。

    それにしてもドラマの世界は無茶苦茶だ。フジテレビだけか?
    本当にインターネットと放送の融合を進めていったほうがいいんじゃないかと思うんだけど、、
    さてドラマの内容は潰れそうなおもちゃやの契約を切れ!と堤真一に言われたクサナギが
    なんとかしようとする話。
    つぶれそうなおもちゃやが出た瞬間、「あ、これは骨董品パターンだろ?」とドラマ見ながら
    すぐにわかった。案の定、ごみ箱からアンティークのおもちゃが出てきて高く売ろうという話。
    しかし、、「オークションサイトを1からコーディングして1人で48時間で作る」という無茶苦茶な設定。
    困るんだよね。こういうバカな設定にされると。
    「オークションサイトなら2日もあれば出来るんでしょ?テレビで見たよ」と言われる。
    アホか、ボケかと言いたい。

    クサナギ君はじーっと画面(なぜかウインドウズの壁紙)を見つめると頭の中で設計しだす。
    そしてターミナルからコーディング開始(笑)1行1文字づつ。
    何考えているんだろうか?まあ出来ないことはない。
    現実問題、ショッピングモールの中の1店舗だけにオークション機能をつけるわけだし
    単純にログインされたIDの入札を1000円スタート1000円単位にすれば
    出来ないことはないだろう。
    それよりもオープンソースのオークションプログラムを入れてインストールすれば
    終りじゃないかな?1文字1文字打ち込むなんて考えられないなぁ。

    クサナギ君はroot権限もっているのかな?
    ソフトの作成自体はユーザーでもできるけどインストールは?
    48時間のうち何時間かはおもちゃやに行って写真撮ってた。
    いいけど、、なにがどのおもちゃで名前やデータなんかはどうするんだろう?

    昔たまごっちが流行したときに似非たまごっちの出版の話があって
    200-300種類のデジタルペットの写真を取ることになったけど、やっぱり
    インデックスは必要だったぞっと。結局出版されなかったけどねぇ。

    さて、クサナギ君はオークションサイトを不眠不休で作って寝てしまう。
    次の朝、オークションは人気になりおもちゃやは500万円の売上を作る。
    でも堤に言われる。「その後、おもちゃやはどうする?」
    そりゃそうだ、アンティークでは在庫がなくなる。
    クサナギの答えは「その500万円を元手に次の手を、、、」
    堤はアメリカのおもちゃ販売店と契約し自社のWEBで独占的に売ろうとするので
    競合他社は排除でつぶれかけのおもちゃやは結局契約を切る。
    ん?逆じゃないか?競合させないと意味がないんじゃない??
    楽天でも電気屋さんはいっぱいある、そこで価格競争をするからこそ
    ユーザーから支持され、店舗は切磋琢磨するわけで、、、
    ライブデパート唯一の高いおもちゃや、とかなら誰も買わないだろう。

    非情の堤と人情のクサナギの両極端で行えているのでバランスがいい。
    さて、自分にあてはめる。
    48時間で作ったコンテンツがあるかな?
    って調べてみた。
    すると、、、QRコード
    は更新記録を見ると、、

    QRコードでPON!の更新状況
    更新状況
    2002/10/02 ふと作成しようと思いつく
    2002/10/03 完成


    はは、48時間以内に作っているよ!徹夜はしてないと思う。
    俺はクサナギ君を超えたかな(笑)
    48時間あればたいていのコンテンツは作れるのである。
    ドラマ風に言えば「このPCのアクセスを携帯電話にも振り分けたい、なにかいい方法はないか?」
    って時だろうな。
    ってやっぱり俺がモデルに成っているのだろうか?(自画自賛)

    このページのトップヘ