クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2005年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ただいま実験中、パート3を引き継ぐべく、実験ネタをやってみる。

    長年酷使してきた某ブランドナイロンBAGが限界なのか、ぶっ壊れてきた。
    数年前セレクトインキタ○ラで買ったのでニセモノではないと思うが、、、
    でもニセモノかもしれん。まあいいや。
    ってことで何か手ごろなBAGはないかな?と探していると、、
    ありましたよ。ダイソーで525円のナイロンバッグ。
    DSCN5964.jpg
    右、プラダのBAG、左、ダイソーバッグ。100倍以上の価格差はなんだろうと。
    で、偽プラダを作るわけだが、方法はいたって単純。

    プレートをはがして、ダイソーバッグに貼り付ける。これだけ。

    DSCN5965.jpg
    はがされたプレート。これをエポキシ系のしっかりした接着剤でつける。
    んが、微妙に失敗した。
    接着剤つけすぎではみ出てるし、中心から微妙にずれている。

    DSCN6013.jpg
    完成品。よくできました?。

    さて、完成品をいろいろ友達に見せるが、特に不思議には思われない。
    よーく見れば、プレートが接着剤でつけてあるのはわかるが、、、
    ということで、ここで日本政府、中国政府に見破ってみろ、と挑戦状をたたきつけることにした。
    その方法は、、、中国旅行をして帰ってくるだけ。
    まあようするに「税関はこのニセモノブランドを見抜けるか?」ってことである。

    まずは日本出発、なにもなし。手荷物なのでX線とかバンバン通すけどね。複数の目で見ているはずなのだが、、
    中国入国、なし。中国出発、なし、日本入国なし。

    うーん、ということで結論。これはニセモノではなくオリジナルBAGとして通用する(嘘)
    プラダのニセモノが手元に余っている人はダイソーにGO!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国23人の上海冷茶コアファンの皆様とKIRINのこんなWEB潰れてしまえと思っている社員の皆様こんにちは。おまたせしました。上海冷茶シリーズ最終章です。
    上海冷茶探求して35年のふながお伝えします。(うそです3ヶ月がいいところ)

    第一弾の上海冷茶、故郷に帰る!はここです

    つーことで、上海のコンビニ「好徳」とか「ALLDAYS」とか「KEDI21」とか探し回るも
    上海冷茶がない。うーん、上海資本のコンビニにはないのか、、、
    とふと、日本系のコンビニならあるかも!と思い。
    DSCN5999.jpg
    ローソンに行ってみる。
    すると、、、
    あったよ、ありましたよ!
    3.5元(1元は15円として、50円)、やすう!思わず2本GET.

    DSCN6003.jpg
    じゃじゃーん!!現地のホテルで撮影。
    デザインはよく似てるな。花間清源というらしい。

    DVC00308.JPG
    おおー、日本では「上海冷茶」だ!みたいなことが書いてある。

    DSCN6007.jpg
    左が日本、右が中国バージョン。
    日本に逆輸入だ!
    つーことで、近所のコンビニ、自動販売機で上海冷茶を探すもない。
    うーん、ひょっとしてキリンは販売網が弱いのか、上海冷茶がそれほど売れてないのか、、
    生茶は結構あったけどね。
    ということで、ようやくGET。比較してみる。

    デザインは似たような感じ、ペットボトルは日本が四角なのに対し、中国は6角形。旧型の
    ペットボトルかな。
    この時点で驚愕の事実が分かる人は分かる。

    DSCN6008.jpg
    上から見た図。
    「キャップ部分に賞味期限を記入すること」という仕様かな?こういう解釈の差がある。

    DSCN6011.jpg
    いちおうケツも比較しておく。
    あんまり意味ないかも。

    さて、もうわくわくしながら、上海の逆輸入茶と日本の上海冷茶、どうやってブラインドテスト
    しようかな?俺は舌にはあんまり自信ないし
    微妙な苦味とか、渋みなんかわかんねーぞ。専門家いたかな?
    Aのコップ、Bのコップで目隠しして味をテストしてどう違いを判断するのだろう。と
    思っていた矢先。
    驚愕の事実を発見することに!

    DSCN6010.jpg
    材料名:水、白砂糖、、、糖度:3.4%以下
    げげ!!砂糖入り!!甘いんじゃん!!
    ブラインドテストの意味なし!!

    ええ??
    kirin2.jpg
    KIRINのHPより。
    こういうコンセプトじゃなかったの?
    「無糖なのに、やわらかく果物のような甘みがおいしい」と好評だったとあるじゃないか!
    「美味の本場上海でも、これまでのお茶の常識を一新する味と期待されています」は??

    中国でお茶に砂糖を入れるのは当然なので、その常識を破る期待をしていたのだが、、
    結局、期待されなかったんだんね、、、残念!!結局、従来の殻を破れなかった斬り!!
    ひでー話だ。

    さて、ここで、最初のオモテのパッケージ写真を見てみよう。
    そう気がついたかな?
    「無糖」ではなく「低糖」とあるのだ。
    だめじゃん!消費者は騙されませんよ!!
    CMはインパクトあったが、商品は嘘ばかり、、、2年で消えるなきっと。

    うーん、追跡!上海冷茶シリーズの最終章がこのような形で最終回を迎えてしまうとは情けない。
    KIRINには猛省を望むところである。もう買わないなきっと。
    ここまで嘘で塗り固められているとは思わなかった。しばらくはKIRINはずしの予定。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ということで、上海からこっちのオフィスでBLOGかいてます。
    時々DNSがタイムアウトする。
    ということで、「バンドを見ないと上海に行ったと言えない」という格言があるくらいのバンド
    外灘(あってる?)に行ってきました。夕食食ってから行きました。
    まあ、そんなにいうほどのこともないんだろうとなめてました。
    感想は、、、すいません、すげーです。
    簡単にいうなら実寸(1/1)のシムシティをやってみた感じです。
    巨大なふるいビルがきれいに並んでいます。
    写真とったから今度UPします。

    コンビニをずいぶんハシゴしたのだが上海冷茶は見つからない。
    スーパーか百貨店に行くしかないのかな?

    さてここでバンドに徘徊する、魑魅魍魎の物売りシステムを紹介。
    1、子供  コーヒーチケット売り
    子供は環境客にチケットを手渡します。只だと思うと実はコーヒーチケットです。
    パー券みたいなもん。おなじビジネスモデルは秋葉原のエウリアンの絵葉書です。

    2、成人男性、おもちゃ売り
    ねずみのおもちゃ、歩兵おもちゃ(秋葉原のMADとかにあるやつ)、LEDバッチ、名刺、似顔絵、写真屋。
    つーか、こんだけしか扱わないし、単品売りだし、意味あるのかね?
    写真屋は結構繁盛してたな。200人に1人客を捕まえられる感じ。

    3、成人女性、お土産売り
    クリスタルのビル模型
    クリスタルのビル模型が台に載っていて下からLEDライトがあたる。

    4、老人 物乞い
    物乞いしかしません。
    金クレーと来ます。警察官に見つかると「出て行け!」と言われます。まあみんな顔見知りみたい。

    ときれいにシステムが分かれています。
    うっとうしいですが無視してOK。
    値段の交渉とかしてないので価格はわからないです。中国語話せないし、英語なら少し、韓国語で煙に巻くか。

    船のクルーズは50元前後です。乗りませんでしたが。時間もないし。
    つーか、朝から晩までミーティングですよ。運動しないと体がなまる。
    バンドを1時間ほど歩いてホテルに帰りました。
    それでも夜10時(日本時間で11時)
    2時間くらいTV(NHK海外放送)見て寝ました。

    今朝はエレベータラッシュを避けて15Fまで階段を上ったら疲れた。
    また明日(?)
    明日は帰国だ。お土産まだ何も買ってない。まずいなー。釣り?見たことないぞー!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    書くことないので、アラートの話など。
    俺の地震予知サイトでアラートが発生中
    近日に関東地方で小さな地震が起きるかもしれない。
    まあこれなら普通のアラートなんだが、ちょっと気になっているのは
    俺が海外にいて安全なのと、家族が関東を数日離れるのだ。
    そこでちょっと大きめのがおきるんじゃないか?と思っている。
    なんでこんなことが気になるのかというと
    昔、地下鉄サリン事件の時に俺は法事で偶然、九州にいた。
    もし関東にいたらあの時間は地下鉄に乗っていたかもしれない。
    なので、もしも神様のようなものがいて、俺を守っているとしたら
    このタイミングかもしれないと勝手に思っている。
    ってことを2chにカキコしようとしたら送信を押す瞬間に
    ここのオフィスの掃除のおばさんがパソコンの電源ケーブルを抜いて、パソコンが落ちた。
    おいおい本当に単なる偶然かよ。と。

    まあこれが関東大震災とか東海大地震になるとは思っていないけど
    ひょっとしたら、、、と思ってしまう。
    タイミングが良すぎるのである。
    思い過ごしならいいが、、、、。気になる人は週末関東を離れてへらぶなつりでも行くといいかも。
    怪しいのは木曜日の夜から日曜日の午前までが気になる。土曜日本命で。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    つーことで、上海にきています。
    インターネットは少し早くなった?
    まえはタイムアウト続出だったが。

    では昨日経験したチャイニーズジョークを。
    ホテル(三ツ星)の1Fにあるレストランに入った。
    19:30頃かな?客は少なかったが、まあいいやってことで
    現地の方2名と俺1名でテーブルに座った。
    しばらくして料理が運ばれてきたが
    20:00になるといきなり閉店準備をし始めた。
    おいおい、俺らはまだいるぞ。ということでなんでこんなに早い時間に閉店するんだ?
    と現地の方が聞いてくれた。
    すると「SARS対策で今日は政府の人が特別な検査のための食事をしにきます。だから閉店」
    と言う答えでした。
    すると現地の方は
    「じゃあ、今日は安心してご飯が食べられますね!」

    ちょっと笑った。また明日?

    このページのトップヘ