クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2005年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    週末の準備をしてます。
    会社で!
    家ではぜんぜんやる暇がないのです。みちこさんとこいたろうの世話で忙しいハマちゃんなので。
    昼休みにコツコツと仕掛け作り。
    DVC00059.JPG
    デスクにいっぱい拡がって
    自動ハリス巻きのうにょーうにょーうにょーうにょーうにょー、ガツン、ガツンがフロアに響きます。
    まあパーティションで区切られているから関係ないんだけとね。

    DVC00213.JPG
    道糸!ってあれこれじゃないな。もっとプレミアのやつ50m。
    ここだけの話。プレミアの道糸は滑りやすいので、ウキ止めゴムが利きにくい。
    ねえ?>TNK IZK

    DVC00214.JPG
    そこでトンボ用だったこれの登場。これで思いっきり締めて使います。
    最初、15cmくらいに切って使っていたが無駄な量が多すぎるので
    糸巻きに付いたまま使っていると無駄が減る。だいぶ、ハサミで切って捨てる量が減った。

    DVC00215.JPG
    松葉!最近目がしょぼしょぼするので0.8号を折り曲げてウキ止めゴムに通すのがしんどくなってきた
    そこで松葉ですよ!ぶちきれるということもあるらしいがまだそういうことは経験ないかなぁ。

    最近、超左脳理論教の教祖である私が(笑)、へらぶな釣りって2種類しかないんじゃないか?
    と気がついた。
    1、2つの針が1つの層のへらを狙う
    2、1つの針が1つの層のへらを狙う

    1、の代表例、両ダンゴの釣り、バランスの底釣り、両トロロ、両ウドン
    2、の代表例、セット釣り、段差の底釣り、カッツケ1本針

    1はいうまでもなく同じエサを同じ層に到達させ、へらの密度を上げてそこに2本の針があり効率を狙ったもの。
    2はクワセを食わせることに特化し、ウワバリの役目はバラケ入れであり積極的には狙ってない。

    そこで、俺は第3の釣りを考案した。

    3、2つの針がそれぞれ2つの層のへらを狙う

    へらぶな釣りの歴史はまだ100年くらい?新しい理論が出てきてもおかしくないと思う。
    ただ、有効であった場合は有名になるまで封印すると思う。
    それは歴史からも顕著だ。
    1つはカンザシ型ウキ、落ち込みあたりを取る専門のウキ、昔は(いつの時代だよ!)釣り上げた魚を買い取る制度があったのですごく釣れたウキだったらしい。当然、釣堀経営者は経営が苦しくなり
    カンザシ型ウキを禁止した。
    2つめはオカメ。今でも「オカメを使うと消化不良を起こしヘラが死ぬから禁止」と思っている人が多いと思う。とんだ風評被害で俺は余った一発で金魚飼ってたぞ(笑)やっぱり「へらは両ダンゴ」派から見ると
    オカメでバカバカ釣られると面白くない。そこで禁止したんだと思う。(勝手な想像)
    3つめは仕込み浮き。小ウキ。軽いウキの頂点だろう。ほとんど禁止が多い。

    というように、飛びぬけて優れた手法、技術は禁止されることが多い。
    なので有効であったら封印(未公開)すると決めている。

    バスの世界でも昔は20mとかのフィリッピング竿とかあったらしい。
    それが長さ制限が出来たのは「キャスティング技術がんばりなよ」っていう意味だと思う。
    同じくへらのメータ以上の水深で、も同じ意味だと思っている。

    さて明日。羽生吉沼で爆釣してたらそれは第3の釣りが有効な証明になるかもしれない。たぶん外すな、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    つーことで、最初の方に抱卵した元祖BEEの稚エビを発見しました。
    かなり脱卵していたので無精卵じゃないか?と心配していたのですが、、、
    約3週間で孵化でしたね。

    DSCN6204.JPG
    どーこだ?わかんねーよ!!

    さらにヒント画像その2をどうぞ
    DSCN6203.JPG
    わかんねーって!!

    DSCN6202.JPG
    ん?あれかなー?

    DSCN6199.JPG
    いたー!!
    ということで、最後の4枚目でわかった人は
    最初の1枚目を見るとやっと発見できます。
    体長2mmとか1.5mmくらいかな?
    小さくてもしっかり白黒模様が見えている。高グレードの予感。
    孵化数自体はそんなに多くないと思う。数匹かな?発見できたのはまだ1匹。

    この調子だとあと数週間でCRS稚エビが孵化ラッシュに突入かも!
    しかしよく爆殖するなぁ。
    まずメダカが爆殖して、レッドラムズホーンが爆殖して、今はCRSが爆殖ですよ。
    やばい水槽が足りん。60cm追加だー!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
     米ソフトウェア最大手のマックロソフトは22日、同社が開発した次世代の基本ソフト(OS)の正式名称を「ウインドウズ・ビスタ」に決定したと発表した。2006年中にリリースが予定されている。現在のOSである「クロレッツXP」が発売されてから5年ぶりの交代となる。

     「ウインドウズ・ビスタ」はこれまで、開発コード名で「ロングホーン」と呼ばれていた。一般販売に先駆け、β版(テスト版)も近々リリースされることになっている。
    我々編集部でもそのβ版を入手することに成功した。

    vista.jpg
    パッケージの内容(1セット5枚、4ライセンス入り?)

    同OSには、キシリトールの改善、見栄えのする新しいグラフィックス、そして新しい検索機能や情報整理機能などが盛り込まれる。それにより、ユーザーはたとえば、保存先のフォルダを覚えておかなくても、仮想フォルダを複数用意し、そこに書類を置いておけるようになる。さらに、「先週食べたおやつ」や「子供のころによく食べたもの」といったように自動更新されるフォルダを用意することも可能になる。

    いまのところ、Vistaの重要な機能としては、カルシウムの強化、新しい検索メカニズム、幼稚園のおやつ向けに考えられた各種の新機能、カロリーコントロール、そしてホームイートワーキング機能の改善などがある。さらに、派手なパッケージのシュリンクや、クリームの内容を縮小表示するアイコンなど、グリコのおかげで外観にも変更がある。マックロソフトによると、Vistaでは幼稚園による複数のおやつへの導入が容易になるほか、小パッケージ使うことで、コスト削減にもつながるという。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    CRS5匹が卵を持っていることが判明。
    元祖BEEも持っているので計6匹は確認できた抱卵祭りだ!
    DSCN6195.JPG
    3匹は映っている。ママさん大集合。
    順調だと1ヵ月後には100匹以上の稚エビが誕生する計算。
    ヤバイ、水槽がない。60cmは必要かな?
    リビング水槽のデスクボーイRにも移住しなきゃ。
    でも水温が上がりすぎだなぁ。

    最近気温が低いのでファンを回しっぱなしだと、水温が下がりすぎることが多くなった。
    そこで逆サーモ、クーリングサーモ?、まあ冷却ファン専用サーモとか言われているものを
    ヤフオクでGET!、エビのエサも300円でGET!

    DSCN6189.JPG
    逆サーモと10V電源+インテルFANで1500円くらい。エビのエサ300円。

    DSCN6190.JPG
    同封のインテルの4cmファンをつないでみたが、これがうるさい。そこで静音ファンで有名な
    イルムシアンの9cmファンをつなぐことにした。

    DSCN6191.JPG
    デスクボーイRの外掛けフィルターにセット。
    結構冷える。よしよし。

    逆サーモは40cm水槽へ。
    ところが40cm水槽のファンが回らない。どうも半固定が焼けたようだ。
    12V直結で回してた。
    が、今朝になってまた回ってない。水温29度!ヤバイ!チェックすると、、、12VのACアダプタが死んでた。
    さすがGEX製!連続運転に耐えられなかったようだ。
    標準電源ジャックでセンタープラスなので秋月で買ってた12V1Aが役に立った。
    750円の小型スイッチング電源だ。
    まあファンが壊れることを想定してツインファンにしたわけだが、電源がいかれるとダメだなぁ。
    だからといってリダンタント電源にするほど余裕はないし。
    逆サーモが壊れたら、、って考えるともうなんだかリスク管理ってなんだよ?って感じになるので
    そのままにしておこう。秋月でまた予備電源買っておくかな。

    しかし爆殖の予感。稚エビが早く見たいな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    土曜日にいつものごとく金ちゃんで釣りをしてたらヤツはやってきましたよ!
    最初は大型ダンプが道を通ったのかと思ったが
    実は地震で、がーんと揺れた。
    水槽の水がハネまくりでついに関東大震災クラスが来たか?と思ったが
    結構揺れた割には被害はなかったようだ。水槽も落ちなかったね。
    釣りは2人で1時間で36点と絶好調。ちなみに1人1時間15点以上で爆釣ペース。

    その後、帰宅したら、、、エレベーターが止まっている。
    震災後4時間だぞ。まだ止まっているのか??
    なんだかなー。で、しょうがないので階段で行くことに。
    買い物を結構してたが、もてないので、買ってきた食品だけ持って昇ることに。
    おれは子供をだっこして14Fまで上がる。
    もう、大変ねー。12kgくらいあるからなー。
    奥さんは自前の荷物(?)が多いので、ひーひーふーふー。
    さて、被害状況の確認だ!

    引き出しがちょっと開いてた。
    DSCN6192.JPG
    マンションの造りとして揺れる方向は決まっているので
    その方向の引き出しが開いていた。
    耐震ラッチが作動するほどの地震ではなかったようだ。
    つーか、この引き出しは耐震ラッチついてないけど。

    水槽の水もこぼれてた。補給して完了。
    金魚池の水もこぼれてた。水草数本が放り出されていたので水道で流して
    おしまい。
    扇風機が倒れていたくらいかな?
    ああ、ガスも止まってた。復旧ボタンを押して解決。

    まあ特に心配なかったです。
    さて地震予報アラートですが出ていませんでしたね。
    ここにも問題があります。
    震度3とか4とかの微弱な地震を当てても意味がありません。
    が、震度5弱が当てられないとなるとこれはかなりまずいのではないでしょうか?
    今のところ打率はイチロー並の3割3部(1/3)くらいだそうですけど。
    震度3,4は当ててる、でも震度5以上は当てられないとなると地震予知研究としては
    意味がないと思ってきました。当たるかもしれんが、、、
    そういえばハムスターの回転計を作ろうと思ってもう数ヶ月がたってますね。
    はやく作ろう!
    地震雲も見なかったしなー。
    もう少し地震予知の研究方法を考えるようにしよう!

    次の日に水を2リットルx6本を食料庫に買って入れておきました。
    もっと水は備蓄するかも。

    このページのトップヘ