クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2005年09月

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    「ほむぺ」の商標がこのたび
    正式に商標登録されましたので

    お知らせいたします。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    まあこんなことをしているへら師は
    日本全国でも俺くらいだと思うが。



    どれを使うか迷ったんだがエサの色に「紅」と書いてあった

    この「大師」を使うことにした。

    どのエサも水を1:1で混ぜて3-5分放置しろ、と書いてあるように見える。

    TNKは「たぶん全部グルテンだよ」と言っていたが、、、



    餌を作るにあたって、現地のミネラルウォーターを使った。

    俺なりのこだわりである。どんな本格的な中国料理の店に行っても

    水から本場の物を使っているところはあるまい。

    「米は地元の水で炊くのが一番旨い」を実践したのである。それの国際版だな。



    120ccカップで作って3分放置、さわってみると、、ざらざら。

    まとまりがない。ちょっと練ってみた。まとまりすぎた。

    調整が難しいぞ!!

    実際餌を打ってみると、、、

    パタッと、アタリが止まった!!ええ??

    ペレ道メインの餌を打ち始めると、また食ってきた。

    「大師」の紅餌を打つと食いが止まる(笑)



    なんじゃ??どうも赤い餌が警戒するみたいだ。

    桟橋のクレクレへらはちょっと躊躇して食う。

    つーことで、なんだかわかんねー。釣れない。

    TNKは「魚が寄りすぎた時に散らすエサとして使える!」と言っていた。(たぶんいやみ!)

    さすがだ、確かに日本には「散らしエサ」みたいなジャンルがない。



    つーことで、もうちょっと使い方がわかんないのだが、

    分かってくれば、中華料理を食ったことのないへらには新鮮な爆釣エサになりそうである。



    つまりハードウエアはある、使い方のソフトウエアがあればうまくいくのではないか?

    と考えるのである。

    ちなみにこのエサは現地価格で5元(75円)である。

    仕切りは2-3元か?日本に大量に輸入して流通させると

    マルキュー1社独占の状態を崩せるかもしれない。

    #注:逆スポンサー依頼の記事ではないよ。



    918というメーカなので「くいっぱち」と呼んでいる。

    たぶん中国のマルキュー的存在でこれが結構シェアを占めている。

    中国のBASICは「釣王国」というメーカらしい。

    輸入して「ふなつげん」というブランドにしてしまおうかな?(笑)

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    がんばってメディア廻りしたかいがありました。
    来月には雑誌にも掲載される予定。

    あとオープンソースのイベントに出展するかもしれません。



    どんどん広報して行こうと思っています。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    がんばってメディア廻りしたかいがありました。
    来月には雑誌にも掲載される予定。

    あとオープンソースのイベントに出展するかもしれません。



    どんどん広報して行こうと思っています。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9連休のあとの仕事は溜まっているメールを読むことから
    (大体1000-2000通来ているぞ!!)



    プラは前々日に行ってきました。

    (中国エサも試した、、それはまた後日)

    8、9、12、15、17、21尺と振りました。

    長いほうから振ってみたのですが、

    21尺底釣りで鯉3連発。終了!

    鯉しかツレネー。

    結局、8-9尺がいい感じでした。

    カッツケか、テンテンか。

    長竿の2本もありかな?でも長すぎて振れない。



    んで本番は、9尺17尺で

    午前中は17尺2本をがんばったけど、

    竿がやわらかすぎて560gのヘラが上がってこない(笑)

    しかも竿が折れるという不運。

    しょうがないので9尺テンテンで。

    600g以上を入れていくことにして

    2時間で2本しか入らない。

    最後1時間は全入れモードで3kg届かず。



    後半はしょうがないので9尺でがんばってなんとか600g以上を

    揃えて3200gちょっと。

    前半戦の悪い成績が響いて清遊湖チケット圏外へ。



    あーまあこんなもんか。

    来年に期待。フル参戦したいな。



    しかしようやく、ウキのバランスと魚の密度の関係が分かってきた感じ。

    そうか、俺には9-15尺テンテンをやるウキが無いんだ。

    竿も折れたし、15の次は19になってしまった。

    16、18あたりが欲しい。硬いのがいいな。

    この冬に買おう。

    このページのトップヘ