クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2007年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    奥さんが、、、まあいいや。
    ということで、あるメルマガのコピーを見ると

    中国で『脂落としのお茶』として古くから親しまれているプーアル茶を粉末に
    して、カプセルに閉じ込めちゃいました!恐るべしお茶パワー。外出先でも水
    入らずで飲めるところが人気の秘密。
    これで自信をもって、カレシにお姫様だっこをお願いできちゃうね!


    実際商品を見ると、100カプセル2500円!とか。

    高くない??ってことで
    作ってみた(笑)
    まあもともと 腸の鞭毛を短くして吸収を抑える、というサプリがあって
    それはイソフラボンとビタミンCの組み合わせだったので
    「きなこ」と「ビタミンC」で同じ物が出来るな、と思ったけど
    情報源をたどっていくうちにどの製品も「TVで紹介されました!」とあり
    全部、そのTVがあるある大辞典だったのでこりゃインチキだなぁ、と躊躇してました。
    カプセル情報だけは安いところを探していた。


    ところでプーアール茶なの?プアール茶なの?
    まあどっちでもいいか。ダイエットするのだ。自作でね。

    カプセルと充填器カプセルと充填器
    カプセルカプセル
    1号1号
    プアール茶100円プアール茶100円
    キャップはずして並べるキャップはずして並べる
    プアール茶をプアール茶を
    ドサッとドサッと
    軽くつめる軽くつめる
    タンパーでぎゅうぎゅうとタンパーでぎゅうぎゅうと
    板でならす板でならす
    こんだけの材料こんだけの材料
    キャップ用意キャップ用意
    ふたをしていくふたをしていく
    完成完成
    3gで15個できた3gで15個できた
    簡単ね!簡単ね!

    ということで、3gのプーアール茶で15個できたので、1個あたり0.2gのプアール茶。200mgね。
    1号カプセルは0.2gかぁ。
    原価は1カプセル1.5円、プアール茶は3gx20袋=105円だから300個作れるので0。3円。
    つまり、、1カプセル2円くらい。
    100カプセルなら原価200円!!販売すると2500円!!ボッタクリ!!!!

    あとは痩せることが出来たらラッキーでございます。
    ちなみに充填セット1500円、1号カプセル1000個1500円。プーアール茶105円。
    奥さんがダイエットする気 Priceless

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    過去にいろいろ作ってみた人工孵化装置。
    未だにコレ!というものが出来ません。
    第5弾くらいじゃないだろうか??
    抱卵ママが☆になったのを気にもう一回作ってみました。

    人工孵化装置人工孵化装置
    ペットボトルペットボトル
    ふたに穴ふたに穴
    バスボンドバスボンド
    つけるつける

    今回のポイントは
    ペットボトルの口にパイプをつけたので、エアレーションにより吸水もするようになりました。
    これでうまくいくかなぁと、数日ほうっておいたところ、、、
    ペットボトルの底をカットした部分からミナミが侵入、卵をツマツマしたようです。
    うーむ、、、またまた、うまくいきませんでした。
    まあ、でもペットボトルの底をなんとかすればOKのようですので
    もう少し工夫してみます。
    抱卵ママの☆は最近減ったので活躍することが減るといいなー。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    マンションのインターフォンはエントランス部分にカメラがあり、それでピンポンを押した人は確認できる。
    しかし、玄関に来た人はカメラがないので確認できない。
    マンションなのでドアの外には何もつけられない。
    そこでドアスコープにカメラをつけている。
    しかしそれが最近、モニターに画像が乱れるようになった。
    本体が壊れたのだろうと思っていた。
    これは定価66000円もするのをヤフオクで3万円で買ったやつなので
    おそらくモニタだけでも結構な金額するのだろう。
    で、二の足を踏んでいたが、秋葉原で互換機を発見。秋月に555のSOPを買いに(一部のみ爆笑)
    いったところ近くで安売りされていた。
    これはチャンス!とGET!
    9800円9800円
    交換だ交換だ
    箱の中身箱の中身
    本体を交換しても、モニターの乱れは直らず。ん?
    新しい本体にACアダプタにドアスコープカメラの入力で綺麗にうつる。
    今の本体に室内カメラをつなぐと乱れる。
    ん???????
    ということでACアダプタだけを交換すると、綺麗に写った。ショック!!!
    壊れていたのはACアダプタだった。
    がびょーん!!電源かよ!!電圧低下だったようだ。
    コンデンサ飛んだかな??まあいいや。
    これだけなら秋月で650円で売っているじゃないかぁぁぁぁ。

    しかし、換えの本体を手に入れたし、650円のアダプタだけ買ったら
    もう1セットつかえるからいいか。と思って、これにて修理完了!ちゃんちゃん。
    これで本体壊れても、まだまだ使えるぞー。

    ついでに半年点検の不具合修理でやっと本格的に修理が始まりました。
    現象はドアを開けると天井が「ギ」って鳴る。

    階段養生中階段養生中
    天井クロス張替え天井クロス張替え
    この部屋もこの部屋も

    無事に天井が綺麗になりましたが、、、相変わらず「ギ」ってなる。
    当然、修理完了のハンコは押さないので、後日点検になった。
    担当者は「○○をやったんだけど」って言うんだけど何をやったかは問題ではない。
    どうなったか?である。結果だ!
    天井をやり直し、、だろうなぁ。
    ついでに部屋も模様替え。
    ゴミも大量に捨てましょう!今年は捨てるぞぉ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    コケ取りにアルジーライムシュリンプというのを発見。
    ミナミヌマエビの亜種でアオミドロも黒ヒゲコケもたべると言う。
    本当か??
    ということで90cmのアオミドロ壊滅作戦。
    移動中移動中
    移動中移動中
    主要なエビちゃんを各水槽に移動。避難させる。
    ソイルにアオミドロソイルにアオミドロ
    ミドロたち!ミドロたち!
    このミドロたちを退治してくれー

    アルジライムシュリンプアルジライムシュリンプ
    ヤマトヌマエビヤマトヌマエビ
    コケ取りGOGO!コケ取りGOGO!
    アルジーライムシュリンプもアルジーライムシュリンプも
    出動出動
    がんばれがんばれ

    ということで1週間経って、成果は、、、芳しくない。
    全然食べないぞーー!!

    ちなみにアルジーライムシュリンプの説明は

    最強のコケ取りエビ!! 黒ヒゲや藍藻、珪藻、アオミドロなどあらゆるコケを食べてくれます!! 
    ヤマトヌマエビ以上です!! 中国原産で、ミナミヌマエビの亜種とされています。全長約4㎝。

    うーん、、、
    看板倒れか、、

    お値段は20匹2600円。無駄無駄無駄ぁ!

    ヤマト君は30匹980円(PET IN VIP)

    アオミドロを眺めているうちにあることを思った。
    別のアオミドロが発生していない水槽と何がちがうのか?と。
    それは「二テラ」。
    二テラが爆殖している水槽はアオミドロが生えない。
    おそらく窒素体の吸収速度が二テラのほうが強いのではないか?と。

    二テラが最強のアオミドロキラーになるのではないかと思ってきた。
    二テラならつまんで放り出しても手間じゃないので同じ爆殖するのなら二テラがいいな。
    つーか、アオミドロの繁殖のメカニズムがわかった気がする。

    硝酸塩(窒素) が多くなるとアオミドロが増える。
    じゃあ水換えをしてあげればいい。
    でも今までは水換えをすると☆になっていた。きっと億劫になっていたので
    足し水が続いた。=硝酸塩が減ってない=アオミドロ発生。
    餌もあげすぎなんだろう。

    ということろから考えて、、
    水換えのペースを上げて、二テラや水草を植えて吸収させて、餌は少なめで減るはず。
    と予測してやってみよう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    給水すると翌日からパタパタと☆になるという現象の根本を探ってみたくて
    ろくに調べもしないでPHだ!と決め付けてみました。

    前回は残留塩素と思ったが実は違っていたので残るは温度とPHしかないわけですが
    温度かなぁ??
    ヒーターを抜いてみたので水温は24度くらいから数日かけて21-22度に落ち着きました。
    これから暖かい季節になるので徐々にあがっていくでしょう。
    水換え4分の1とかすると温度も下がるのでそれが原因??なんかピントずれのような、
    そこで、、水道の浄水器 -> カルキット のダブル浄水で
    ちょっとアルカリに傾きすぎているのでは?と勝手に解釈して
    途中にピートを詰めてみました。

    水道の浄水器 -> ピート -> カルキット
    となりました。
    ピートチューブピートチューブ
    手抜き水換えです。
    抜いて、足すので大体4分の1くらい交換します。
    黒をいくつか移動黒をいくつか移動
    90cmの黒の残りを出来るだけすくいました。まだ黒が残っている!
    うーん。

    ということで、水換え翌日、、
    落ちてない!
    どうもPHだったようです。
    まあろくに水質検査してませんが、仮説どおりなら
    今までアルカリ水を足していたわけです。
    どっひゃー!まあ水槽の水が5.8くらいで、PH8近い水を足していたらPHショック起こすんだろうなぁ、、
    今週末でも水質図ってみますか。

    水換えのための水あわせも必要なんですねぇ。と実感。
    過ぎたるは及ばずがごとしのいい例ですね。

    これからはピート水を注ぎますね!

    さて、トイレの40cm水槽の自動給水装置で面白い現象が。
    ゴミが取れる!!ゴミが取れる!!
    なんと水面に浮いたゴミが取れます。
    水面にゴミが浮く -> ホース付近に張り付く -> 水が給水される -> 空気が取り込まれ近くのゴミが吸い込まれる
    というメカニズムのようです

    うーん手抜き万歳!

    このページのトップヘ