クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2007年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    以前作ったLEDライト、このユニットに何ボルトまでかけることができるか
    実験してみました。

    今は12Vを使っています。
    回路図的にはLED3つに1000オームなので計算上24Vでも耐えられるはずなのですが、、、

    20Vで駆動20Vで駆動
    まず、20Vで駆動。大丈夫のようだ。

    24Vで駆動24Vで駆動
    次に24V、、大丈夫のようです。
    でも、、1000オームのチップ抵抗が結構発熱する。

    熱を計る熱を計る
    チップ抵抗に水温計のセンサーを貼り付けて
    プチプチで包んで一晩置く。おお、火事にならずによかった。

    52度オーバー52度オーバー
    結構熱くなってます。

    せっかく夏の放熱対策でLED化しているので、24Vは厳しいかなぁ??
    もちろん、発光量は多いです。明るいです。
    12Vと比較しても単純に2倍。
    しかし、52度でも発熱量自体はちいさいので気にならないレベルかもしれません。
    24V0.5Aとしても12Wの発熱量ですので、気にしなくてもよいのかも

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ようやく買いました。クロックス。
    これで家族みんなクロックス(本物)です。

    クロックスクロックス
    鮮やかな青がいいなー

    ジビッツもジビッツも
    売っているジビッツは(Y)マークで315円
    ニコチャンマークは奥さんの自作、とどっかで見たことがある、プラダのプレート

    へらぶなとバスへらぶなとバス
    上州屋で1個399円
    つけてみましたつけてみました
    バスとへらぶながつきました。
    ☆のジビッツは奥さんの自作。

    釣り人のクロックスとしては良いのではないでしょうか??
    夏の釣りにはこれでいきます!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    PC用ファンを冷却ファンにしたのはいいんだけど
    肝心の電源周りを配線むき出しでやっていた。
    ということで、ちゃんと標準の電源ジャックをつけてみた。
    一応気を使って熱伸縮チューブもつけた。

    標準ジャック標準ジャック
    熱伸縮チューブ熱伸縮チューブ
    回転中回転中
    こんな風にできたー
    8cmのPCファンも12cmのPCファンもよく回って冷やしています。

    秋月では2.1mmの標準電源ジャックを30円とかで売っていますので、ぜひ買いましょう。
    ACアダプタは大抵2.1mmのセンタープラスのプラグです。
    プラグ自体も20円程度で売ってますので
    たまーにあるセンターマイナスとか1.9mmプラグを2.1mm標準プラグに変更してしまいましょう。

    秋月の回しもんか!でもこれでACアダプタがまず6Vで動かしてみて冷えないようなら9V,12Vって
    電圧を上げていけば真夏も乗り切れるはず。

    秋月といえば、そうだな、ペルチェ素子に手を出してしまおうかなぁ。
    ペルチェ素子のクーラー買ったくせに!
    自作ならいくらで出来るか?やってみたいところ。
    ちなみに、がんがん冷えるペルチェ3枚のクーラーの見積もりは
    6000円くらい。(CX-30は6300円で買ったんだぞ!)
    ネックが2つあって、1つはACアダプタ。20V5A程度の物が必要。
    これはノートパソコン用のジャンクが結構種類あるらしい。
    2つ目。水枕の加工部分。
    PC用は全部銅なんですよ。ステンレス製のものがほとんどない。
    あるいはバックプレートが四角のもののCPUヒートシンク。
    真四角のステンレス製のものがほとんどない。あっても5000円と高い。
    40mmx40mmのステンレスの水枕に代用できそうなものが思いつかないんで、、、
    この2つ(特に後半)の問題が解決できたら簡単に60cmでも使えるペルチェ素子クーラーが
    作れます。
    ステンレスで50mmx50mmx1mmの板を安価で加工する方法とかないかな???
    小口でネットショップの鉄工所でも高そうだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    バルコニーの日差しがきついので、日よけをつけたい。
    マンションでは一般的なオーニングをつけるのは難しい。
    筐体にボルトで止める、とかしないといけないからだ。
    しかしつっぱり棒タイプのものならいけることが判明。
    スーパーテントシステムという名前のオーニングをゲット。
    色は青白。近所のホームセンターで39800円
    一番の問題は、、2.8mの長さの荷物がエレベータに乗るか?だったので
    2.9mに長さをセットした、物干し竿(伸び縮みタイプ)をエレベータに積み込んで
    テストしてみた。その結果運べることがわかったので買う事にした。
    メーカーに荷姿を電話で確認したら、2個口で、2800x210x180と180x210x180と答えたのだが、
    どう見ても2個目は長いぞwwww
    本当なら電動オーニングでつっぱり棒タイプが欲しいが、手動しかないのでしょうがないなー。
    バルコニーバルコニー
    長い荷物(2.8m)長い荷物(2.8m)
    この場所につけますこの場所につけます
    つっぱり棒の巨大版つっぱり棒の巨大版
    足元に幅を合わせる足元に幅を合わせる
    設置場所の下にスケール代わりにおくらしい
    取り付け金具取り付け金具
    ちなみに一番上につけるとロール部分が天井についてしまうので
    少しスペースをあけないといけない(注意書きには書いてない)
    ついたついた
    日よけを伸ばす日よけを伸ばす
    最大2mまで伸びるので、1.8のバルコニーより外にでますwww
    半分まで伸ばす半分まで伸ばす
    通常はこのへんまで伸ばしたい

    物干し竿も同居物干し竿も同居
    物干し竿もつけることができたので、雨の日でも干せるようになった
    陰干しができるようになったと喜んでたww
    落下防止対策落下防止対策
    完成図完成図

    さて完成。実はこのオーニングは高所取り付けを前提としていない。風が強いと取れてしまうかも。
    ということで、自己責任で。風の強い日には格納してあります。
    次は、、、ウッドデッキだー!!

    このページのトップヘ