クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2008年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    土曜日が会社の行事で出勤したら、全然この土日を休んだ気がしない。
    日曜日にゲームセンターを3件ハシゴしました。
    1個はドリームライブの大会
    1個はリーフィアカップ(ポケモンバトリオ)
    1個はリーフィアカップ(ポケモンバトリオ)の違う店舗。

    1日で3件回るとさすがにきついなー。
    ちなみに結果は(子供結果です)
    ドリームライブ、、、4位で選外、(メタモル負け1点差)でもいい情報をGET!
    リーフィアカップ、、1回戦敗退で時間切れ
    リーフィアカップ、、2連勝でリーフィアゲット!

    ということで、濃かったです。
    そのゲーセンに、水槽がありました。

    ゲーセンの景品ゲーセンの景品
    売っている売っている

    スマトラとか珍しいですね。大抵強いベタとかだと思います。
    へーへー。
    これから暖かくなるからいいのかな?
    しかし瓶詰めでは苦しそう。(1日経ったら水槽に戻されるのかな?)

    うーん、やっぱりちょっとかわいそう。
    まあ自分の家で飼うわけではないのですが、、取れちゃった人はどうするんだろう?

    昔からなんらかの生き物をゲーセンの景品にする風習がありますねー
    ペット保護条例にひっかからないのかしら?とふと思いました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    よく実験するのだが、いつも成功しているわけじゃない。
    中途半端になるものもあれば、明らかに失敗というもののある。
    今回は失敗の実験。

    赤いものを青い液で染めると紫になる。
    昔、キックボードのタイヤを染めたことがあるのでプラスチック染色が出来るかも、
    と思ってやってみた。

    容器とパック容器とパック
    100円ショップで買った、チンしても平気な容器。
    それに赤パック。
    これを青い液で染めれば紫になって、裏にミュウツーとかの自作コード貼って、
    紫のパック完成だ!とかやりたかった。
    中に入れる中に入れる
    パックケースも今回、入れてみた。
    おそらく、次回のパックケースの色は黄色でその次は紫だろうから一歩先に作りたかった。
    ダイロンの染色材ダイロンの染色材
    アクリル染色で使ったダイロン。400円くらい。

    熱湯に溶かす熱湯に溶かす
    なんかもう化学実験というかねるねるねるね、ですよ。

    漬ける漬ける
    漬けた。

    4分間チンする4分間チンする
    マニュアルに沿って4分間、チンする。

    取り出して、洗ってみるが、、、
    多少汚れただけ多少汚れただけ
    全然染まらない。いや、少し染まっているのだけど、わからん。汚れたパックが出来ただけだ。
    紫も微妙な赤紫と茶色って感じ。
    あー、失敗だ。

    教訓:プロポリピレンはダイロンでは染色できない!

    教訓その2、手に染色材の溶液がついたら落ちない!!

    もうダブルパンチですよwww

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    崩壊中の60cm水槽に使用している外部フィルターの濾材を
    ブラックスポンジからリング素材に変更しました。

    ガラスリング濾材は以前に買った27L(15kg)の残りを使う。
    前回8L使ったはずなのでまだ19Lも残っている。
    今回も8L使う。残りは11L(6kgくらい)かな。
    濾材交換濾材交換
    全部ガラスリング全部ガラスリング
    ブラックスポンジでは表面積があまり取れないので
    このガラスリングにすればいい感じになると思っています。

    過剰ろ過の第1歩ですかね。
    崩壊の原因というかプロセスを考えると、どうも硫化水素ではないか?と思い始めました。
    当たり前ですが、リセットしたての水槽では崩壊は起きません。
    1年とかかなり時間が経ってから崩壊が起きる。
    それはなぜなんだろうか?と考えたときに
    酸素を使った硝化ではなく嫌気になった部分の硫化水素ではないか?と。

    崩壊のプロセスはまず、稚エビがいなくなるところから始まります。
    硫化水素の濃度が薄くても稚エビには害があるので落ちます。
    そして大人の固体が落ちていくということだと思います。
    落ちだすと☆固体の分解にバクテリアが酸素をたくさん消費します。
    ますます嫌気部分で硫化水素が発生し一気に崩壊、というプロセスなのではないか?と。

    硫化水素の濃度を測る試験薬はありますが高い!!10本4000円とかです。
    うーんもっと安くならないかなぁ。
    まえに嫌気を調べていたら炭素源ではなく水素源にすると硫化水素の発生がなくなるという
    実験結果を見たような。
    もうちょっと調べてみよう。すると崩壊レスな水槽作りに1歩近づくかも。
    実際、水素源の脱窒実験を行っている水槽は崩壊してないんですよね、、、
    もう少し比較実験してみようかなぁ。今年は水素源での脱窒をメインに行いたいと思います。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ポケモンバトリオの自作パックですが、
    以前の記事で発動を確認しました。


    こちらで発動の確認を取っています

    うまく出来ればこんな風になります。



    大会トリオ大会トリオ
    とか確認できます。

    こんなのこんなの
    完成品完成品(注意:パックはつきません)
    こうやって確認することができます。


    こちらで発動は確認していますが
    機械によって発動しない場合もあるでしょう。(今のところ発動は100%です)
    また将来にわたって発動を保証したものではありません。V1.33においては大丈夫です。



    【バトリオ自作パックの印刷サンプルコード】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    なんか金魚池の様子がおかしい。結構☆になっている。
    水あわせに失敗した固体が少し浮いているのかと思ったら
    よく見るとヒレや体に白い点がついているものが多い。

    力なく泳いでいるかパクパクしている。
    あ、これは白点病だ。

    それには塩らしい。
    1kg100円1kg100円
    白点病が!白点病が!
    穴を開けて設置穴を開けて設置
    ゆっくり溶けるかなゆっくり溶けるかな

    えーと0.5%の食塩水を400Lで作るには、4kgで1%だから2kg。
    まずは1kgで0.25%の食塩水にするために1kgの食塩を投入。
    ゆっくり溶けろ、ということで、塩の袋に穴をあけて、上部フィルターに設置。
    2日くらいかけて溶けろよー。
    ということで、養殖場によっては最初から食塩水で養殖しているところもあるそうだ。
    あー、どのくらい残るかなぁ??
    ということで、全滅は免れてほしいところ。
    本日、さらに1kg追加で0.5%になったはず(計算上の話)
    全治したら、薄めて
    今年は0.25%前後の食塩水で育てるか!
    それがいいのかも。
    金魚飼育では常識なんでしょうね。

    寒いのでよく金魚を見てやれなかったなー。毎朝エサはあげているのだが、健康状態までは
    見る時間がなかったからなー。反省反省。

    このページのトップヘ