クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2008年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    実は届いたばかりのブロアはエアフィルタがなかったので作ってみた。

    売っているのかもしれんが、まあたいした処理をしているわけではないし
    作れるだろうと思ってやってみた。
    エアフィルターがないと吸気音が少し聞こえる。
    設置した設置した
    設置のアップ。室内用ポンプは取り外した。

    ブロアのエアフィルターがないブロアのエアフィルターがない
    注意書きをよく見ないで「注油」という文字があったので、スプレーオイルを用意したが
    よく見ると「注油禁止」だった。あぶねー!!

    スポンジカットスポンジカット
    頭としっぽを切って3枚におろします。

    あわせるあわせる
    食パン大の大きさにきります。

    穴をあける穴をあける
    ネジを通す部分を作ります。

    中身を見る中身を見る
    ついでに分解して中身をみてみました。
    すごい構造ですね。
    シンプルで、無駄がなく、どんだけ防振に気を使っているの?って感じの設計です。

    動作音にカラカラとか異音はありません。
    振動も少ないです。
    ブロアいいなー。排気のシューシュー音はエアパイプを1mくらいつけると消えるとあったので
    試してみました。確かに消えました。グー!!(なんとかはるみ風)
    一番上の写真の下2本が排気抜きです。
    排気抜きを作らないとブロアの寿命が縮まるそうです。
    たぶん現在20リッターくらい排気抜きから捨てていると思います。(全体で28リッターです)
    まあこれからエアリフト大作戦をやるので、余ってもらわないと困るのですが。

    細かい工夫ですが、実は10分岐をやや下向けに取り付けています。
    んで、一番下に排気抜きのエアパイプにしています。

    こうすることによって、停電時とかに水が水槽から逆流しても
    ブロア本体に水が入らず、排気抜きエアパイプから抜ける「はず」なんです。
    サイフォンの原理ですね。
    10分岐の1番上から逆流した水は、10分岐の先端に溜まります。
    そこから、徐々に水が増えていき10分岐の最後の分岐穴から水が抜ける、ブロア内には水は
    逆流しない、、そういう仮説を立てています。
    ブロア内に水が溜まったらヤバイらしいので。

    本当は水槽より上に設置できればいいんでしょうけど
    そうはいかないので。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    野外の飼育池なんですが、
    室内用の機材を無理矢理野外で使っているので、いろいろ心配。
    電力も多く使うし、、ということで
    ブロアを購入しました!

    ブロアブロア
    10分岐10分岐
    合体!合体!

    価格は中古ブロア3000円(ヤフオク)
    10分岐1050円(ヤフオク)
    合計5000円以下で揃いました。

    ブロアは28L/min のかなり小さめのやつ。でも十分すぎるほど十分です。
    ワット数も30W以下ですね。
    実は90cmの上部フィルターのポンプが24Wで
    それとは別の池では、PF380が5Wなので、これの代わりにしてやろうと。
    つまり、、、、
    ブロアの空気だけで全てのシステムを動かせば、消費電力が抑えられるんじゃない?という作戦です。
    上部フィルターの水のくみ上げもエアリフトでやります。
    底面フィルターもエアリフトでやります。
    投げ込み式だってエアリフトです。
    エアリフトさえあればほとんどのアクアシステムは動作させることができるはずです。
    と思うのです。

    これからは上部フィルターのポンプの代わりにエアリフト、とかいう方法で
    エアレーションと硝化のためのろ過ができる!とかになると面白いなー。
    まあ、問題は20cmとか30cmくらいエアリフトできんのかよ?ってところですが。

    まだ構想段階ですが、ガリレオのポンプの原理を使えば実現可能なはずです。
    ガリレオのポンプの原理についてはぐぐってね!
    つまり、普通に考えると1mの位置に水をエアレーションでくみ上げることは出来ないが
    ガリレオのポンプ方式を使うと出来るはずなのです。

    ♪ドラマガリレオの音楽 で ふなが計算式を書いているところを想像してください(笑)

    実に興味深い、、、
    さて、挑戦しますか!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ポケモンバトリオの第4弾のマスターパックのミュウのコードが判明したので
    自作パックを作って遊んできました。
    4月25日稼動予定ですから、3週間以上早いですね。



    プレイヤー2はなぜか、ディアルガ2体、、
    ディアルガ、パルキアのはずだったのに(笑)
    ミュウの攻撃を見るためにシャワーズを入れてみました。


    サンプルコードに格納しておきます。次回注文者からこのコードを出す予定。
    ミュウが見たい人は頑張ってコードを解析して自作パックを作るか、サンプルコードをどうぞ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    現在リーフィアカップが各店舗で行われている。
    ルールは簡単、赤パック3枚で2連勝した人に特別なポケモンのリーフィアが進呈されるのだ。
    前回の大会はナエトルが賞品で黄色、青色、赤色の3枚で3連勝した人の賞品だった。
    3連勝するには効率が悪く、20枚用意した店舗も閉店までに配りきらなかったことや
    1回負けると2時間以上待つ、というのが耐えられなかったので2連勝になったようだ。
    #ちなみに両方ともGETしました!

    今回のレギュレーションは赤パック3枚、どんぐりの背比べで有効な組み合わせが無数にある。
    それをいちいち手計算とか本を見ながらどっちの攻撃が勝つか?を計算するのはアホらしい!
    一発で計算できるシステムを作った。

    ポケモンバトリオのエミュレータポケモンバトリオのエミュレータ
    フォーメーションも完璧フォーメーションも完璧
    結果もわかる結果もわかる

    携帯で見られるようにコンパクトにまとめた。
    フォーメーション、相性、ボーナス、秘密ボーナスの数字で
    ポケモンの優劣が一瞬で決まるのだ。
    これで、100円を使わなくても対戦相手を想定した計算が出来る。

    リーフィアカップは20日までだから21日公開、と思っていたのだが
    最終週くらいは公開してもいいかな?と思ったので4月14日公開することにしよう!
    ポケモンバトリオは内部データをいじるという悪い会社が作っているゲームなので
    公式攻略本の数値が2週間後には意味のない数値になっていたりする。
    なんじゃそれは!って感じである。
    なので、余計にこういう計算ツールが必要になるのである。

    肝心の計算エンジン部分が出来たので「XXXXが勝つポケモンを探す」とか「XXXXを負かすポケモンを探す」とか自動で算出させる予定。
    最終的に3枚のパックデータを入れると、勝てるパターンを見つけ出す、までやろうと思う。
    結構大変だけどね!
    案外、アルゴリズムが単純なので、すごく計算しやすいのである。
    組み合わせは膨大なんだけど、整理すればそれほどでもないのだ。
    ってことに気がつくと、膨大な計算をしなくてすむ。
    これは数学の問題ではなく、クイズとかとんちに近いと思う。

    とんちの問題ならひらめきパワーがすごい(自画自賛)ので簡単に解くことができると思っている。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    以前に作成した、ワンタメの配列を検索するシステム。
    奥さんと奥さんの友達が使っていて、とても便利だそうだ。
    #俺は現場にいないからよくわからん(笑)

    それでたまに見せてもらうのだが、どうもうまくいっているようだ。
    その結果をちょっと見せてもらった。ダブリカード入れから。
    ワンタメ配列解析ワンタメ配列解析
    ワンタメ配列解析結果ワンタメ配列解析結果

    なんか知らないがこういうキラキラのカードがいっぱいあった。
    役に立っているんだねー。
    まあ実際、やってみて不具合を2通り直した。
    1つは9枚目10枚目の2枚で検索すると、そのパック内容はわかるが次がわからない。
    10枚目1枚目の場合に検索出来ない、という不具合を直した。
    これで、ますます便利になったもよう。
    残るは149枚目、150枚目の場合に次がわからない(つーか、カードがなくなるからいいか)
    150枚目、1枚目、、あ、このパターンはないのか。
    150枚目でカードが無くなるからね。

    と、ほぼ完璧なシステムに仕上がりました。
    システム屋としては満足な結果であります。

    これをASP展開するかどうかは、また別の話で、1人1URLを割り当てて販売するとか考えよう!
    つーことで仕事が遊びの役に立つ!の話でした。

    このページのトップヘ