クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2008年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ということで、先週のプラではあまり釣れなかったが
    今度はがんばるぞーということで、底釣りをしてみた。
    先週やらなかった方法を底釣りで試すのだー

    雨なので席替えはなし、奥の端っこを抽選で当てたかったが、ハズレ、真ん中になる。
    用意したのは12尺底のみ!
    以前もこの組み合わせだった。
    エサは ペレ道120ccにつなぎぐるてん15cc水60cc柔らかめに出来るので隼人ペレット60ccって感じ
    隼人ペレットとは、隼人で売っているペレットです。粉末です。250円です。安い!釣れる!
    やっぱりマッチザベイトでしょ?

    折れたウキ、、月山タイプ折れたウキ、、月山タイプ
    途中は困難の連続、ウキは折れるし、仕掛けは2回も切れる。(1回は仕掛けセット途中に切れた)
    1回は魚がついたまま走った。
    なんとか、回収した。でも魚はいなかった、、、
    午前中は3500gで折り返し。いいぞ!俺!
    へらぶな初めて初のリャンコを体験した。2匹とも食っていた。
    思わず入れたが、小さいほうを逃がすべきだったなー550g500gって感じでした。
    そのあと5匹目も650gオーバーを入れたが、
    フラシを閉じてからいいさかながヒットした。
    3匹以上。あーあー、そんなもんだなー。

    午後は不調だったり、好調だったり良くわからない。
    3連続ヒットだったり1時間アタリなし、とか。
    なんとか600g平均で3100gで終了。
    つなぎぐるてんがなくなったので、、
    ペレ道240cc+わたぐる20cc+水120cc+隼人ペレット60ccが良かったと思う。
    インタビューを聞いていると、福田さんと同じことやっていた。
    たまーに作戦が当たるんだな(笑)

    1位はぶっちぎりの7kgオーバーで三沢さん
    2位は6600g台で、俺かと思ったら3位4位まで、6600g台、微妙な差だなぁ。
    午前中の入れミスが痛い。あと100gはUPしたはず。

    タラレバで、2位か。

    1位ー3位1位ー3位
    俺4位俺4位
    やりました。
    俺には「清遊湖の切符」という文字が見えます(笑)

    この後、奥さんに取られたこの後、奥さんに取られた
    子供になんか買ってあげて、と言うか言わないうちに取られました。

    乾燥中乾燥中
    子供部屋で干しました。
    子供が「わーいわーい、おうちだー」と
    言って入りましたが、、「エサくさーい!」とすぐに飛び出ました。

    乾燥すれば匂いは消えるんですがね。
    ということで、みなさん清遊湖で逢いましょう!わははは。
    その前に富里にプラに行きたいな。
    7月にいけるかな?
    実はバスにも行きたいが、この前の土曜日から急に腰が痛い。
    バスのときにバッテリー2個持ったのが今頃効いて来たのかな?
    ちなみにバッテリー2個で50kgなのです。重い。
    なのでしばらくバスは行けそうもない。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    なんか歌詞みたいだが、、、まあよい。
    白点病の治療にマゾテンを入れたが、とりあえず定番も足してみた。
    塩とメチレンブルーだ。
    メチレンブルーは濾過したり太陽光にあたると効果が薄くなるということなので
    短期勝負で追加してみた。

    そもそもなんで、白点病には塩なのか?

    塩とメチレンブルー塩とメチレンブルー

    そしてメチレンブルーなのか?
    ということで、メカニズムはこうらしい。
    塩を入れると、白点の虫が浸透圧の関係で金魚の粘膜から剥がれるらしい。
    しかし放っておくとまた、金魚に寄生するのだそうだ。

    なので、はがれたときにメチレンブルーの薬液で殺してしまう、という原理らしい。
    本当かねー。
    塩とメチレンブルーのセットで使うといいというのはこういうことか。

    さて、この金魚池の金魚は現在、何匹か白点病にかかっているが
    軽度であるので治療は可能だと思う。
    水温も22度前後あるので、金魚も元気。
    あとは薬剤が効くのを待つか、さらにマゾテンを足すか、、、
    なんですが、、、

    知ってのとおり現在その上で小松菜を育てております。
    この小松菜は塩+メチレンブルー+マゾテン の混ざった水を吸い込んで育っているので
    エビのエサにはやばいかもしれません。
    うーん、人間が食べるかな。
    まずはミナミヌマエビにあげてみようか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    100円ショップで見つけたので思わず買ってみました。
    水槽の調子がよくなる、、、のかな??

    100円100円
    ツマツマツマツマ

    ミネラル補給に良いかも。

    90cm水槽の調子が良くないので、いろいろやってみるつもりなんですが
    その途中で、水草を持ってきました。
    40cm水槽よりニテラを山盛り持って来て入れました。
    その時に小エビが少し混じったのですが、それがすくすく育っています。
    90cm水槽では抱卵や稚エビ確認までできたのですが、その先が続きません。
    つまり原因は稚エビの食うエサがない。ということになりそうです。

    そうなると完全にわかりやすいプロセスで、稚エビの食うエサ=インフゾリア不足が
    確立しそうです。
    以前に作った、インフゾリアの素(エサ)はあまり効果がないようだ、ということもわかってきました。
    市販のインフゾリアの素を試してみるかなー
    あるいはインフゾリア水を作って注入するか、、、
    とにかく稚エビの食べるエサを(どういう形でもいいから)与えないと
    育たないようです。
    ふーむ、まずはインフゾリア水から試してみるかー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    さて、前回小松菜を植えるという作戦が成功したので
    またやってみます。
    プランターを2個にして、土にはリセット時のソイルです。
    窒素系の栄養がいっぱいのはずです。

    プランタープランター
    小松菜小松菜

    あいかわらず小松菜です。
    給水は自動給水です。
    あとは育つのを待つばかり、本当に1ヶ月で収穫できるのでしょうか?
    予定では7月末に収穫です。
    本当かよ!

    まあじっくりと育てますよ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    相変わらずヘラのえさ実験をしております。
    今回は、、、トコロテン!心太と書いてところてんと読む、みたいな。

    ウドンの代わりにエサになるか実験を開始です。

    ところてんところてん
    ところてんところてん
    うまく撮影できないなー

    こんな感じこんな感じ
    いけそうなんだが、、、

    ダメでしたー
    まあやっぱりエサ持ちが悪いというか、針につけにくい。
    割れるんですね、エサが。寒天系は割れてしまうのがダメでした。

    普通のエサじゃ釣れるのにね!
    釣れませんでした釣れませんでした
    前日と同じ写真ですね。

    ということで、アルファーゲル化もので今度はいろいろ挑戦してみたいな。

    このページのトップヘ