クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2009年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    いやー、ついにやりました!
    金曜日夜シーバスの会!での出来事です。
    いつものように、金曜日の夜におかっぱりのシーバスです。

    そろそろバチが終わったかなー
    でもバチパターン試してみよう。

    同行者はヒット!40cmくらいのあげてます。
    やっと私にもヒット40cmくらいかな、、、
    と思ったら、40cmのボラ(笑)。
    シーバス釣りたい!!ボラはしっかりフック食っていた。

    うーん、潮目が見える、、、
    ここかなー、とデッドスローで引くも不発で。
    バイトの水柱が出ても、ルアーに触るけど、のらない。ちゃんと食え!!と叫んだり。

    ってなことで、午後9時くらい。
    ゆっくりルアーを引いてくると、バシュ!と水柱、また食いそこねか?と思うと
    ワンテンポ遅れて竿がひっぱられる!

    ゴン!とあわせを入れると、動かない。ワンテンポ遅れて、ドラグがジーーー!と出る。
    あ、でかい。反射的に思った。

    ロッドをしならせて常にテンションをかけながら、ドラグをちょっと緩める。
    5m寄せて10m出される感じが2-3回。
    毎回、ちょっとずつドラグを緩める。
    ポンピングで寄せてきて、、、

    姿が見える。でかい、半端ない。ヤバイ、ネットに入りそうにない。
    空気を吸わせないと、、、
    と、なんとか空気を吸わせ、おとなしくなったところで、同行者にネットを頼む。
    頭からすくい、ゲット!

    97cm97cm
    うへへうへへ
    にやけているおっさんにやけているおっさん
    97cm97cm
    暗い暗い
    スズキ!スズキ!

    東京湾のおかっぱりでいきなり記録更新しました。
    それまでは確か、オフショアで68cmとかだったので、
    70UP,80UPをすっとばして、90UPです!
    重さは7kgくらいだったと思う(腕秤)

    東京湾のシーバスのおかっぱりでも97cmが釣れるってことがわかりました。
    シーバス最高!東京湾最高!同行者最高!
    ちなみにJGFA(IGFA)には登録してないので記録は残りません。
    記録より、記憶に残る魚ってことで、、、

    使った道具なんか、安物の組み合わせです。
    道具より腕(運)です。メーカーの戦略に惑わされない信念は貫き通していますから。

    諸元表
    場所:新木場
    日時:2009年6月12日 午後9時頃
    ロッド:エイテック10ft改   (ナイトホーク風98L)  2980円
    リール:NASCI 2500SDH        (中古屋で買いました 3500円くらい)
    ライン:TBオリジナルPE1号(10lb)   (安いから 1800円くらい)
    ノット:サージャンノット            (簡単だから)
    リーダー:KEN CRAFT フロロ12lb  (バス釣り大会の参加賞の残り)
    スナップ:1.5番
    ルアー:AREA10                  (945円)


    上記の中には、デカスズキを釣りあげる為のヒントがいっぱい隠されています。
    がんばって読み解いてね!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    いよいよ最後です。
    基本はケーブル交換だから、そんなに大変じゃない。

    ボートとステアリングキットボートとステアリングキット
    さあやるぞー!

    古いのと新しいの古いのと新しいの
    すでに古いのは分解済みだから、外すのは簡単でした。
    で、新しいケーブルを取り付けます。

    古いのと新しいの古いのと新しいの
    角度をちょっと変えて撮影。

    ピカピカです。ピカピカです。
    組み立ては分解の逆の手順でした。
    簡単でした。楽勝!

    ってことで1時間程度で終わり。
    無事交換できました。

    ただし、そのままボートを出すには問題が、、、

    シート腐っているシート腐っている
    シートが腐っています。
    っていうか、合板???

    シートの張り替えは高そうなので、またまた自分でやろうと思います。
    シートの幅を計って120cm以上ならローバックシートとハイバックシートを3つ
    並べれば多分できる。
    シートは1個7000円程度なので予算は2万円くらい。
    シートを張替えに出したらおそらく5-6万円は取られるでしょう。
    作り直しならワンオフで10万円とか取られそう。
    もうボート屋さんは信じないので、なんでも自分でやります。
    植物が!植物が!
    スポンジは水が溜まり、かいわれ大根みたいなのが生えていました。
    そういえば、前回座ったときにケツがぬれると思った。
    10年選手ですし、プロトタイプですから、適当に作っている部分から壊れますね、、、

    ボートカバーも破れていました。
    3年くらい前にレンジャーのカバーを買ったんですけど、ぜんぜんもたなかったなー。
    UVシートを加工して、作ってみるか。
    ちなみに折り紙でどうやってボートのカバーを作るのか実験中。
    予算1万円。市販品を買うと5万円、オーダーで10万円かな。

    メンテナンスにお金がかかりますなー。
    まあ10年選手ですので!それなりです。
    ついでにバッテリー置き場の補強もしよう。
    24Vエレキなので105Aのバッテリーが2個。
    しかし、ラフウォーターをバンバン飛ばすので、バッテリー置くところのプラスチックと
    船体がついてない。ビス止めしても衝撃で抜けてしまうんですね。
    ここを強化したいなー。まあ本当は12Vエレキで強風時は出船しない、、ってのが安全なんですけど。
    トーナメント仕様だから、強風時に北浦大橋下でステイできること、というエレキにしたんだよなー。

    今年のボーナスで少しは手入れしてあげよう!

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    周りで仮想化、仮想化と言っているのだが
    全然仮想化に魅力を感じない。メリットどころかデメリットしかない。

    仮想化全否定の私が通ります。

    1、仮想化はパフォーマンスが出ない
    #ハードウエアの性能があがったから実用的だ、というが
    #仮想化しないで物理的なマシンを使えば高いハードウエア投資が必要ない
    2、仮想化するシステムは、あまり使われない
    あまり使われないが必要だから仮想化でまとめる場合も
    2-3台のマシンをまとめて1台にしても
    コストメリットが出にくい
    よく使われるシステムはパフォーマンスが重要になる。仮想化に向かない。

    3、仮想化は高い
    あまり使われないマシンをまとめるコストを払うなら
    サポートをスポットで頼むほうが安い。

    4、仮想化したところでセキュリティは向上しない
    むしろ、仮想化ソフトのセキュリティ分下がる

    5、仮想化してもシステム数は減らない
    むしろ、仮想化環境という部分が増える

    6、仮想化しても論理PC数は減らない

    7、仮想化に合う条件が狭い

    8、仮想化環境が死ぬと全システムが死ぬ

    9、仮想化のための特殊な環境を作らないといけない
    物理PCなら必要ない

    10、クライアント(お客)が仮想化について十分な知識を持っていない

    だから仮想化はダメなんだよー!!
    と全否定します。
    結局、コンセントが減るだけで、テーブルタップ1個買えばいいんじゃない
    ってことになりそう。
    アメリカは仮想化で10個サーバを1個に減らした。
    一方ロシアはテープルタップを使った、になりそうだ。

    仮想化に合致する条件って、
    ほとんど使っていないが必要なシステムが10個あるなら
    統合して1個のPCに10個のシステムを仮想化して
    そこに構築して、運用費が少し下がりましたって程度じゃないかな??
    あとは合致する条件がほとんどないと思う。

    ただし、以下のようになったら仮想化は十分使える

    1、パフォーマンスが実PCと変わらないか早い

    2、仮想化ジョブRAIDが可能
    たとえば1論理PCが死んでも他のPCの中でジョブが動いていて
    止まらないシステムが構築可能みたいな機能が入っている。

    3、セキュアな仮想化環境になっている
    UTM環境を仮想化環境に組み入れてあり
    すでに更新されなくなったWindows95,98なんかがセキュアに運用できる

    4、記憶領域がRAID6以上
    なんつーか、実HDDだとRAID6ってプロパティHDDが2台必要だけど
    論理HDDはいくつでも作れそうなので記憶領域が software raid-6 風

    5、論理CPUが選べる
    IntelのCPUマシンでも AMD風なコンパイラが動く
    みたいなこと32bitマシン上で x64 のものが動くとか、、ありそうね。

    6、Iceみたいなことが出来る(Iceって古いな!)
    動作プロセスの中身が見られるのでメモリの使用状態とか
    ファイルのロック状態なんかが外から解析できる。

    あと4つくらいネタを出して、こんなだったら使ってやる理由10を
    出してやりたい(笑)


    ということで、仮想化のメリットを説明している。以下の図のような場合
    image01.JPG
    PC3が負荷が高いので、「他のPCを全部仮想化する」という結論になぜなるんだろうか?
    PC3だけ、リプレースすればいい。
    200万円程度で済むのではないだろうか?他のシステムまで仮想化すれば1500万円は超えてしまう。
    PC3のリソース問題を解決するのに5倍のコストがかかる。
    仮想化するとパフォーマンスは低下する。
    すると、単独にリプレースする機器よりも数倍上位機種が必要になる。
    単体リプレースよりコストがかかる。ハードウエアメーカーの思う壺だ。

    システムは通常10-20%くらいしかリソースを使わないので
    20%ならあと4台同じシステムを入れて、5個のシステムをいれ、100%リソース使用に近づけるのだそうだ。
    アホか!
    何のために余力を残していると思っているのだ?
    たとえば、PC1の負荷が上がれば、余力の80%を消費することで、耐えるわけである。
    仮想化するとリソースの効率的が配分、というのが売り文句だが
    仮想化の条件に当てはまるシステムのほうが少ないと思う。

    極端な負荷向上があり、それは年に1回、とか月1回とかまあ1日1回とかでもいいけど
    そういうシステムの組み合わせで、なおかつシステムの負荷時間帯が絶対に重ならなくて
    どのPCも高性能なんだけど、ピークに合わせているから普段はアイドルが多いとか。
    言う場合でさ。
    システム同士が連携していないってことがあるかな?
    普通は負荷を上げるシステムは何か別のシステムからのリクエスト処理だったりして
    連続バッチ(笑)を行うシステムでもない限り、システム同時の負荷が絶対に重ならない、なんていう
    保証はどこにもない。

    WEBサーバやメールサーバ、ファイルサーバなどはパフォーマンスが重視されるので仮想化には向かない。
    DBサーバもパフォーマンス重視される。
    じゃあ残るサーバって何??

    逆に仮想化を分散サーバにしたらコストがぐっと下がったって結果になりそうなんですけどね、、、
    今や1Uサーバで大抵のことは出来ます。
    それで十分だと思いますけど。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    土曜日にジュエルペットのステージがあったようです。
    奥さんはディズニーランドに行っていたので子供とヨーカドーに行ってたんですが。

    CD買うとサインか、一緒に写真が撮れるということでした。
    1260円はちょっとねぇ、、、
    で、サインをするのは主題歌を歌っている 浅香唯!
    なつかしー!!
    麻宮さき、のスケバン刑事、しか覚えてない。
    80年代のアイドルでしたっけ。
    ちなみに会場に網浜直子さんもいました。気がついた人はいただろうか?
    俺だけ??
    懐かしいのぅ。

    ステージは主題歌歌うよ!とか歌っていたけど、途中でカラオケが切れ、再開するも
    口パクがモロバレ(笑)子供だましだ。

    浅香唯のサインか、ジュエルペットのルビーと写真か、を選べるんだけど
    サインに並ぶのはコアなファンのようで、おっさんオンリー。
    写真は子供オンリーという、ダブルスタンダード!!

    ルビールビー
    こんな感じで写真とってました。

    ジュエルペットジュエルペット
    紅玉紅玉
    ルビーは人気ねー

    浅香唯浅香唯
    ミニスカート!80年代を彷彿させます。
    これで40歳だから見えないなー

    浅香唯浅香唯
    究極の若作りかもしれない。
    そのうちダウンタウンDXに投稿してやる(笑)

    ルビールビー
    会場の上から撮影してみた。
    なんだかよくわかんない(笑)

    ジュエルペットは毎週日曜日の朝、9:30から放映中です。
    話の内容は見ていないからわからん。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ボートのステアリング交換で、ごにょごにょあったので、
    自分で交換することにした。

    さて、ケーブルはすでに廃盤だそうで、流通しているのはデッドストックだろうな。
    WEBに載っていてもおそらく注文しても「メーカー欠品」ってことになると思う。
    海外から輸入する方法は、アメリカ在住の人に頼んだんだけど、音沙汰なし。
    ebay で6000円くらいで出ているのに。
    セカイモン、は信用ならんサイト。ということで、輸入はあきらめ。
    時間かかるからね。

    さて、
    旧ケーブルは     25、200円(もう売ってないみたい)
    ラック&ピニオンだと 28、000円
    ロータリー式      28、000円
    NFBロータリー方式  33、000円
    油圧          130,000円
    ボート屋油圧     180,000円

    旧はNFBのラック&ピニオンなので、リプレースする上位機種が不明なのだが
    ふと思ったんですよ。

    ラック&ピニオンを注文してケーブルが互換だったら楽じゃないか?3000円弱。の差はあるが、、
    んで、使わなかったヘルムは売れるかなー。ま、予備部品で持っている手もあるけどね。
    ケーブルに互換性がなくても、ヘルムもべゼルもついているからリプレースが簡単だ。
    ロータリー式、油圧等にしたら本体加工が大変かも。

    という判断で、、、
    ラック&ピニオン (no NFB おっと2重否定だ、FBタイプって書けばいい?)
    を注文。
    ラック&ピニオンラック&ピニオン
    キター!
    注文して10日後。ようやく届きました。

    ケーブルとヘルムケーブルとヘルム
    見た感じ、旧とおなじようなケーブルだ。

    あとは現場アワセが原則ですね。
    ケーブルの型番SSC13412ケーブルの型番SSC13412
    次回はこのケーブルを買えばいい。
    その頃はまた違うラック&ピニオンにしているかもしれないが、、
    少なくても4万円より安く済む予定。


    明日交換の予定だったが、、、雨の予報。
    えーー!!じゃあ日曜日するかな、、、
    霞ヶ浦でTOP50(?)開催中なんですよねー
    プライベートで釣りするには湖上が騒がしいな、、
    あ、そういえば船検が切れているはず。5月で。新規で取らなくっちゃ。
    定額給付金で、、、ってこれに消費されたか、、、トホホー。

    まあハンドルがない船は検査に通らないだろうから、ハンドルつけてから検査に出しますか。

    ということで、、、
    NFBラック&ピニオンのケーブルがこのケーブルと互換なら、ケーブルのみ交換で復活!新ヘルムを売る
    互換性がないなら、ヘルムごと交換で、FBするラック&ピニオンで復活!旧ヘルムを売る
    というシナリオになりました。

    詳細は週末の作業後だ!
    【ボートのステアリングを交換するパート2】の続きを読む

    このページのトップヘ