クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2010年03月

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    すごい、久しぶりのAVカテゴリ。
    ということで、長年欲しかったHDDレコーダーをゲットした。
    というのも、今まで録画っていうと、VHSであった。
    そのVHSだが、ついにテープクラッシャーになってしまった。
    DVDプレイヤー+VHSデッキなのだが、DVDからVHSにダビングが「出来ない」仕様だったりする(笑)
    なんだよ、って感じ。
    VHSテープを入れると、クシャって音がして、排出するとテープがビローンって出る。
    もうVHSの時代は終わったな、、うちでは。

    しかし買えない、高いので、、、そこで、3月の決算時期を狙ってあちこち回ってみた。

    候補にあがったのは、2機種のみ。
    奥行きが短いこと、これだけで、2機種に絞られてしまう。

    エントリーナンバー1番、パナソニック EX100
    pana-EX100pana-EX100
    だけど、、地デジ専用モデルなので、地デジしか、撮れないのと発売時期が古いのと
    自作DVD-Rが再生できない(だろう)という最悪に近い機種。
    特にDVD-Rが再生できないのは痛い。今までDIGAの機種は自作DVD-Rが再生できないのだ。
    結婚式のサプライズビデオや、卒業式など、作ったが、DIGAだけ、再生できないのだ。
    #中国製の3000円くらいのプレイヤーはOKなのに。
    これはDVDプレイヤビリティを全うしてないだろう。
    VIERAリンクとか省電力とか言う前に、自宅で作成したDVD-Rを再生できるようにしろよ。
    って書くとお題目のように「DVDファイナライズすれば見られます」という回答が出る。
    ところが、DVDファイナライズできるのがDIGAで書き込んだ場合のみ。
    しかもDIGAでファイナライズすると他の機種では見られないのだ。
    あほか、ということで、DVDやブルーレイに関しては パナ は外している。
    俺はパナは結構好き(デジカメもビデオもパナだぜ)なんだけどね。
    DVD-RもBR-Rもたぶん見られないだろう、だったら買う価値はない。

    エントリーナンバー2番、東芝 VARDIA RD-E305K
    RD-E305KRD-E305K
    本当は2世代前のS303が欲しかった。
    で、ファームウエアを書き換えて1TBにしてやる予定だった。でも売ってない(笑)

    これは価格以外は納得していた。
    K'Sで49800円の5%引き(笑)
    #高いわ、帰る!って帰った。
    2月に出た新製品だし、BS,CSチューナーが付いている。
    値段が安くなかったのだが、ヤマダは安かった。
    といっても価格コムじゃあ33000円くらいだったけどね。
    送料、振込み手数料、時間を考えると、許せる範囲かなー

    KSは49800だったKSは49800だった
    ジョウシンアウトレットでも発見できなかった(当たり前だ、新製品だもの)
    ってことで、左脳的に考えると地デジ以外にBS、CSもハイビジョンで取れるし、SD画質でも録画できるのだ。
    もちろん、SD画質だと録画時間が長い。

    右脳で考えると「福山が好きだから」かな?

    2画面表示2画面表示
    釣り番組撮りまくりです。
    ちなみにテレビはパイオニアのプラズマ43V。でもフルHDじゃないんだよねー資料見たらXGA。えーって感じ。
    2005年くらいに38万円もしたテレビ。今なら15万円くらいかな。

    テレビラックに鎮座テレビラックに鎮座
    テレビラックに鎮座しているようす。
    奥行きが短いタイプじゃないと入らないので、ほとんどの機種が選択肢に入らない。
    家電メーカーはわかっているのかな?
    上VHS下HDDレコーダ上VHS下HDDレコーダ
    新旧交代。
    VHSさんありがとー、これからHDDの時代です。

    同じくらいの大きさ同じくらいの大きさ
    この大きさじゃないと入らないんだよね。

    足りない部材足りない部材
    さて、それ以外の部材です。
    まず、BS,CSを分配する分配器。
    そして、LANケーブル。そしてHDMIケーブル。
    面白いのは、エコポイントで薄型テレビを買うので、テレビがガンガン売れているが、
    それに伴い、分配器も売れている(笑)
    結構品切れしてた。へーへー。

    RCA端子→S端子→コンポーネント端子→D端子と進化してHDMIまで進化したのか。
    配線が大変だった。壁面収納だから真上から紐の付いた電池を落として、裏から拾って、真上に3本のケーブルを出して
    プラズマのレシーバーまで、、、夜中に汗だくで作業してました。

    おかげさまで、今まで録画できなかったチャンネルとかも録画できるようになり、また
    「放送か録画かわかんない」という今まで業務機でしかできなかった長年の夢が
    4万円以内の民生機でできるんですよねー。20年前にあこがれたAV機器でした。
    βマックスとかUマチックとかでも出来なかったと思う。(どうしても録画の画質は悪くなる)
    すごい技術は進歩してますね!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    強風残る日曜日、旧江戸河口へシーバスを狙いに、、、、ではなく!
    なんでもいいから釣れて欲しいなーと家族サービスフィッシングへ

    河口に来たんだけど、何も釣れる気配なし。つーか、干潮だから浅い浅い。
    そんなおり、足元のゴロタにカニの姿が!
    これを狙う
    子供と釣り子供と釣り
    穴釣りしているところ。

    鳥山鳥山
    すごい鳥山が出来ていた。イワシでも入ってきたのか?
    と思ったら、どうやら屋形船についているカモメたち。
    さらに、どうも屋形船が残飯を海に投げ入れているようす。
    投げ入れるっつーか、シンクの排水がそのまま海なんだろうね。
    だから屋形船にカモメがつくのか、、、



    ダボハゼダボハゼ
    正式名称は知らないが、ハゼではないと思う。
    ダボハゼちゃんが良く釣れる。

    カニカニ
    カニもはさみではさむので釣り上げられる(笑)

    ダボハゼダボハゼ
    道糸は10lb、ハリスは0.6号、針袖4号、錘3BBくらい。
    餌、アオイソメ。1パック買ったけど、使ったのは10匹くらい。残りは金魚の餌です(笑)

    置き竿置き竿
    ルアー竿にも天秤とスナヅリ仕掛け3本針で、ノーバイツ!餌も取られない。
    たぶん、旧江戸河口にはシーバスは生息していない。

    橋脚はノー感じ橋脚はノー感じ
    セッティングはまだまだ、もう少し、ラインを細くして、リールのベアリングを交換して、ベールの動きを調整しないと。

    ということで、奥さんと子供で2時間くらい穴釣りを楽しんだ。
    たぶんカニ30匹、ダボハゼ20匹くらい釣って全部リリース。

    シーバス釣りたい!!そういうことで、これはベイト調査だと思って観察してみた。
    ゴロタで捕食する小魚がいたら、このダボハゼで、クロダイが狙うカニはこのサイズ。R32っぽいサイズ。
    さらに、気が付いたのは、、、カニが移動する、あるいは岩から落ちるときに、牡蠣殻にあたると、カサ、とかカラっとか
    音がする。
    この音に敏感なのではないか?である。
    ラトル音はこの音を再現できたらいいんじゃないか?と勝手に思ってみた。
    ラトルサウンドとしてはかなり高音の類にあたる。

    ベイトを調べることも結構大事なんじゃないか?と勝手に思ってみたりした3連休でした。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    22日に全日本へらぶなオープン2010に出場してきました。
    ノープラ。ノープラン。

    去年の12月から開催されたウインターシリーズの決勝大会です。
    全国から40名の選手が出場資格と取得し出場します。

    なんとか私は関東地区で権利を取得したので、そのまま出場してみました。

    全日本へらぶなオープン2010全日本へらぶなオープン2010
    羽生吉沼羽生吉沼
    会場設定会場設定
    会場設定会場設定

    ということで、強風がビュービュー吹く会場で前後半、逆向きになるので
    前半は風を背中に受ける向きでラッキーな位置、でも端じゃないので、ちょっと厳しいかも。
    8尺テンテンで10cm40cmからスタート、、、、、
    30分後、、、、
    ノーバイツ!ノーモヤモヤ
    っていうか、高級クラブ!(さわりもなし)

    カッツケで、たまに釣れているので、8尺テンテンから1mに変更する。
    思い切ってハリスも40cm→70cmへ。
    すると、ポツポツ触るし、スレ、で2匹ゲット。
    なんだけど、もやもや、触る、→カチン→スレ、がひどい。
    たまに釣れる程度で2匹だもんなー。
    2時間釣れない。
    残り30分で、ちょっと浮いたと見て、80cmくらいにタナを変更。
    これで、3匹目をゲット。
    また、20分くらい釣れない。
    残り5分で、4枚目、ゲット!
    そして、ついに、、、残り1分で、5枚目をゲット!!
    リミットそろった!!

    午前中の検量開始。
    5匹そろっている人少ない。
    5枚で2900g、3kgいかない。うーん、ミニマム賞狙いか、上位狙えるか、微妙なところ。
    午前中は7位でした。おお!賞金圏内じゃないか!(10位まで賞金)

    午後、今度は風を真正面から受ける。
    同じく8尺テンテンスタートだけど、ハリスはやっぱり70cm。
    すると、30分に1枚のペースで釣れる。
    いずれも700g程度と型がいい。
    4枚目に500gが来た。残り1時間。うーん、と思って、逃がす。
    さあ勝負だ!
    ほどなく4枚目が700g。
    さて、最後の1枚
    が、これが全然釣れなくなってきた。餌は変えてないのだが
    強風が収まり、静かになって、日が照ってきた。
    たぶん変化があったのだろう、どっちに動いたかわからないけど、、、
    ああ、あの500gを入れていれば、、、とか後悔しているも、最後まであきらめないで、、、
    20分前に5枚目をゲット。おそらく700g平均で3500gくらいだろう。
    いい感じだ!上位かも!と思う。

    餌は ペレ道1、粒バラ3、BB1、水1、締めにセット専用1か段差バラケ1かスーパーダンゴ1。
    いよいよ成績発表。

    上位の方々上位の方々
    1位の方は東北1位の方は東北
    上位5名!上位5名!
    上位5名には入れませんでした。
    午後はみなさん釣ったようです。
    もっとこけるかと思ったのに!

    私の成績は、、、

    俺は6位!俺は6位!

    おお!ということで6位でした。(5位とは数グラムの差だった、おしいなー)
    賞金もゲット。(奥さんに全部取られました)

    これでウインターシリーズの大会は終わり、4月から2010のレギュラー大会があります。

    羽生吉沼ではさすがに鯉が多いので、底釣りはしないと決めていたのでへらぶなルアーの出番はありませんでしたが
    今シーズンNHCの大会はへらぶなルアーで挑戦です。
    入賞したときがへらぶなルアーを世に広めるチャンス到来です。
    さて、4月の大会に向けてルアー作成をがんばろう!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    TSST参加のため、フックをバーブレス化していた。
    ペンチで潰してもOKだというのだが、バンバンさびるんですけど!
    ということで、真っ赤に錆びたフックを交換する。

    バーブレスにバーブレスに

    主にガマカツのフックにした。
    しかし、フック高い、、、
    まだバーブレスフックでは釣ったことが無い。
    そういえば、竿はまだ魚をかけてない。

    魂が入るのはいつの日か?
    そういえば、春に試そうと思っていることがある。
    それはバスの世界だと当たり前になった春の定番ルアー。
    「スコーンリグ」だ。

    これがシーバスに効くのか実験してみたい。
    あまりシーバスを狙うのにラバージグを使っているという人はいないと思う。
    だからこそ、そこはねらい目だ。
    今日あたり行きたいのだが、明日が早いので、お預けかな。

    はやくしないと春が終わってしまう。
    たぶん通用するとすれば、バチヌケと同じ時期だけ効くはずだ。
    ちょっとわくわくしてきた。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ということで、家の小松菜を調べると、、、
    あ、つぼみが!

    家の小松菜家の小松菜
    花が咲きそう花が咲きそう

    この小松菜は越冬したものです。
    プランターに1株しか生えてません。
    大きくなって、葉っぱは摘み取って、エビの餌や、ハムスターの餌になっています。
    金魚池の水をくみ上げているので、金魚池の窒素分がどんどん吸収されていい肥料になっているのでしょう。
    一株あれば我が家には十分ですね。
    エビ用には昔はチンしたり、ゆでたりしていましたが、最近は生のままあげてます。
    1週間くらいずーーと、ツマツマして葉脈だけになります。
    ベジタリアンねー。

    ハムスターも喜んで食べるようです。
    動物園の餌をあげようコーナーに小松菜を持っていくのですが
    他のご家庭のキャベツやニンジンには見向きもせず、この小松菜をバリバリ食います(笑)
    たしかに、キャベツとかニンジンは家庭で余りますが、小松菜は余らないですよねー。
    完全無農薬ですから、おいしいのでしょう。
    つーか、エビに生であげても安心できるレベルですから!

    この小松菜は冬に寒さで枯れるかとおもったのですが、全然元気でのびのびしてます。
    冬は虫もわかず、よい葉っぱとして育ちました。
    金魚の糞が小松菜になり、小松菜がエビの餌になるというリサイクルじゃないけど、
    ちゃんと利用できているかなーって気がします。
    金魚に餌をあげると、エビの餌が出来るのだ、ってことは、最初から金魚の餌をエビにあげるか!
    それじゃあ金魚は育たないね(笑)
    金魚を育てるとエビが育つ!ってことですかねー。なんだかよくわかりませんが(笑)

    金魚池は自動給餌装置で動いています。
    その水はエアリフトでプランターに給水されています。
    完全自動化ですね。春になったら上部フィルターの糞を捨てることをしよう!
    この場合のフィルターは
    ベジタブルフィルターですかね?(笑)
    水中の窒素分低下になっているのかな??わかりません。

    もっとプランターを増やせば、窒素分低下になってよいのかも。
    何を植えるか、検討しないといけないですが、、、
    虫のつかないのがいいなー。

    このページのトップヘ