クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2010年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    シングルフック推進派の皆さんすいません

    ある種個人的な結論です



    前回の日記でショートバイト連発の話を書きました



    その中にシングルフック仕様のエリア10がありました

    実はエリア10は3種類のフック構成で

    普通に3本トレブルフック仕様

    シングルフック仕様

    クワッドトレブルフック仕様

    の3種類がありました



    クワッドトレブルフックは

    普通3本針のトレブルフックですが4本針のトレブルフックです



    釣れたのは4本トレブルフック仕様が大半で

    3本トレブルフックが少し

    シングルフックはゼロでした



    バイトの数は同じようにあったのでカラーの差はありますが

    フックの差が釣果の差と感じました

    シングルフックではファイトにすら持ち込めなかったです



    腕の差かもしれませんが

    シングルフックは多分使わないでしょう



    ゲームを難しくするツールとしたは良いと思います



    しかしここ一番!外せない魚を獲るには向いていないかなあ

    おそらく魚のバイトは季節やベイトや水深などでいろいろな方向がありシングルフックではある一定のバイトに対しては有効だと思いますが

    あらゆるバイトに対応出来るか?となるとそれはNOだと言わないといけない



    では逆にシングルフックが活躍する場所はどこだろうと考えてみるとエリアトラウトやヘラブナやカツオのバケなどが思い浮かぶ



    トラウトやヘラブナは狭いエリアで大量に飼育するため魚の保護、またゲームを難しくするためのツールとして利用されている



    カツオのバケは外しやすさを重視しているためかな



    そう考えると広いエリアでバイトの少ないシーバスを釣るにはシングルフックは向いていないかな



    同じシーバスでもボートシーバスのサイズは過小評価される

    それはシーバス探しをしないからだと思います

    おかっぱりシーバスのサイズは正当に評価される



    剣道3倍段ということわざがある

    同じ段なら剣道は武器を使うので3倍強いという意味だ

    同じくシングルフック3倍ポイント、みたいなシングルフックで釣るのがえらい!みたいな風潮になれば

    シングルフックで釣ったの?すごい!ということになると

    普及するかもしれません。



    現状はトレブルフックでもバーブレスでもシングルフックでも評価が変わらないと思います

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    めんつゆのもつパラメータで、色が黒、というものがある。
    この黒を生かしてなにか出来ないかなーと考える。

    それは、、プリン作りだ!!めんつゆの黒をプリンのカラメルソースに見立てるのだ。

    ということで、材料。
    めんつゆと片栗粉めんつゆと片栗粉
    メイン食材のめんつゆと片栗粉。

    茶碗蒸しと一緒茶碗蒸しと一緒
    プリンに見立てるのは茶碗蒸し。
    俺の好きなエビ茶碗蒸し。


    鍋にめんつゆ入れる鍋にめんつゆ入れる
    まず、鍋にめんつゆを大さじ2杯。

    水溶き片栗粉を混ぜる水溶き片栗粉を混ぜる
    片栗粉と同量の水で溶いた水溶き片栗粉を、めんつゆに混ぜていく。

    とろみを付けるとろみを付ける
    つまり、めんつゆにとろみをつけるのだー!
    そのまま茶碗蒸しにかけたら、ダラーって流れるだけなので、あえて、とろみをつけてみた。

    茶碗蒸しを皿に茶碗蒸しを皿に
    プリンの原型となる茶碗蒸しを皿に。

    とろみをつけた片栗粉をとろみをつけた片栗粉を
    とろみがついた片栗粉を、、、

    たらしていくたらしていく
    たらしていくのだ。
    あ、ちょっと色が薄いな

    たらりーんたらりーん
    どんどん乗せます

    完成!完成!
    プリン風、茶碗蒸し!

    食べてみる食べてみる
    試食タイム!!

    見た目はプリンだ!見た目はプリンだ!
    見た目は完璧だ

    うまい!うまい!

    うまいぞ!
    こ、これは、、、


    どんどん進むどんどん進む

    大成功だ!

    ということで、茶碗蒸しのプリン風は有りですな!

    材料:めんつゆ おおさじ2
    水溶き片栗粉 おおさじ2
    茶碗蒸し 1

    いけます!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote






    なんとなく見えてきたバチパターン。

    バチの釣りは2シーズン目ですが、

    前回の日記の疑問の

     大潮~大潮の間の小潮、中潮、長潮はシーバスは

    何食っているんだ?はわかりました。



    はい、バチ食ってます。



    大潮しかバチが抜けないのでなく、満潮時に抜けるのですね。

    程度が大きいのが大潮付近ということでしたか。



    フィールドに出てみるものですね、収穫があります。



    昨日は、長潮らしく、夜の1時が満潮で、前後2時間を

    やってみました。



    先行者ありなので、情報聞くと全然釣れないとのこと。

    しかし、話を聞いている途中で、ヤルキバのピンク5g(そんな重量のあるの??)を目の前でヒット。

    バレマシタ。

    「こんな感じのショートバイトなんですよねー」と話す。



    活性のあがる俺。



    ちなみに、1時間でこのバイトを含め2-3バイトだという。

    奥のスペースを撃たしてくださいと了解を経て、奥へ。

    ここはやったけどダメだったそうです。



    じゃあ俺がやっつけるか!(うそです、自信ないです)



    ピンクに反応がいいのかなーってことでエリテンピンク。

    デッドスローに巻くと、数投でバイト!おお!バレタ!

    これか、、、ショートバイト、、、



    捕食音がいろいろ聞こえるけど、大きい固体は入ってないみたい。

    50cm上限か??



    続いて捕食音連動バイト!!、バイト信号のみ。

    水面にボファ!って聞こえて同時に手元にプルンって来るあのドキドキ感。

    なんで乗らんのだ?2バイト0ヒットかー。とここからバイト数を数えだす。

    8バイト0ヒットまで数えた。

    ルアーもローテーションしまくりで、水面系はほとんど試した。



    11バイト目、ようやく1匹目。30cmくらいのチーバス。

    11打数目にようやく1ヒット。このサイズが戯れているのかな?

    18打数目に2ヒット目。また30cm以下。







    24打数3ヒット目、40cmのようやく検量サイズ。



    3匹の共通点、全部エリテン。

    あとのルアーはニートだ!(バイトもなし)



    エリ7も試したがニートだった。



    ここからエリア10だけのローテーションに変える。

    色は3色しかないのでピンク、白緑、赤白。

    すると、バイトが増え、あとはどうやってのらせるか?だけになった。



    上流に向ける、下流に向ける、早く引く、遅く引く、を試す。

    で、今日のヒットパターンを発見。

    ハンドル1回転2秒のデッドスローで、上流から斜めに引いてくる。

    2-3キャストに1回バイトがある。

    後半はノレばバラシは無くなった。



    ここで後攻者に声をかけられる。

    「どうですか?」「24バイト3本です、ショートバイトの嵐です」

    さらにその後、別の後攻者が、、

    「よく釣っていらっしゃるのを見てお声かけさせていただきました」と好青年。

    「ルアーは何を?、どうやって?、」と興味深々な様子。

    どうもボイルを目の前に釣れてない様子。

    おれはバイトのたびに「うおー!」とか「くそー!」とか言っていたので

    釣れているように見たのだろう。水面でジャンプした魚がバレたりしてたし。

    そこでその日のパターンかもしれない方法を伝授。

    「ありがとうございました」と帰っていきました。あの青年釣れたかな?



    がんばれ少年、おじさんは応援しているぞ!(笑)



    結局32バイト6本。タモ入れに失敗してタモにルアー引っ掛けてリリースとか

    抜き上げ失敗で落下とか、水面でジャンプバイバイとか、とにかくバラシが多かった。

    バイトのみは半数くらいかな?

    2-3秒ファイトしてバレルのが4分の1、残りの4分の1が

    確実に取れていたはずの魚。



    これで、凄腕もリミット揃ったので、あとは大型狙いで

    入れ替えを狙えればいいかな。



    なんとなくバチのパターンが見えてきた感じです。

    まだなんとなくですよ。



    昨日の釣りとかけまして



    職安とときます



    その心は



    バイトがあるとうれしい



    ふなっちです!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ヤマキのちょいがけ実験隊に当選して、待っていると
    めんつゆが届きました。

    めんつゆ当選しましためんつゆ当選しました
    さて、なにを実験しようかな。

    普通の料理に使っても面白くない。
    ここは独自の道を行かないと。
    ということで、めんつゆ、、、で考えていると
    ある話を思い出した。

    それは24時間マラソンでの話。
    萩本欽一さんが、24時間マラソンをした際に、スポーツドリンクの代わりにめんつゆを使ったスポーツドリンクを飲んでいるということだった。
    へーへー、でもレシピを調べてもどこにも載っていないので、独自にやってみることにする。

    アクエリアスとコラボアクエリアスとコラボ
    粉末のアクエリがありました。


    材料材料
    材料はこんなもので。
    アクエリの宣伝になっていたらごめん、っていうかならんだろう(笑)
    アクエリアスを計るアクエリアスを計る
    まず、普通のアクエリアスを作る。

    買ってきたほうが早いが、濃度を調整できるので粉末のほうがいいのだろう。

    水を計量して水を計量して
    規定量の水を投入。
    普通のアクエリが完成。

    いよいよ、めんつゆをいれてみる。
    めんつゆ投入めんつゆ投入
    濃度は適当です。

    めんつゆドリンク完成めんつゆドリンク完成
    一応完成。
    飲んでみたが、、、これは、、、、ぜんぜんマッチしない。
    本当にめんつゆとスポーツドリンクはあうのか??
    濃度を調整してみたが、、、、、
    どう調整しても、おいしく感じない、、、
    欽ちゃん本当にめんつゆドリンク飲んだのかよ!

    めんつゆが少ないと普通のスポーツドリンクだし、めんつゆが濃いとめんつゆにしか感じない、、、
    これは、、
    これは、、、、、


    失敗だ!!!

    ということで、また実験をやるのだが、、、
    次回からは、、、
    めんつゆのいろんなパラメータにスポットをあてて実験を開始してみよう。

    めんつゆの成分めんつゆの成分
    成分からのアプローチ。

    使用量の注意使用量の注意
    使用量からのアプローチ。

    これがヒントになってめんつゆから無限の可能性を引き出すのだ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    本当なら毎日、湾奥とか隅田川とか行きたかったわけですが

    愛知県に帰省していたので、アウェイの風に阻まれていました。

    ちょっと昨日、湾奥と別の運河に行ってみました。

    1箇所目は満潮前にもかかわらず、バチ抜け、ボイルもある。

    エリ10ブン投げていくと、待望のヒットが!

    おお50cm以上の感触でドラグをジーっと出す、

    やったね、と思ったがフッとフックアウト。

    ラインが切れたわけではないが切れたのとの同じ感触だったので

    身切れしたのかな、、、

    フックが折れたのでもないみたい、、



    その後、チーバスがヒット、大型の気配が無くなったので

    2箇所目に満潮の潮止まりに小規模運河に移動、

    新しいポイントで、見ていると多少バチ抜けやボイルもあるが

    チーバスのボイルなので、ノーバイツ。

    ここが爆発するのはもっと早春の気がする。



    なぜか、携帯の位置登録プログラムがエラーを返すので

    カーナビに登録。100円パーキングの位置でいいや。

    ポイントって、結局駐車スペースを登録することになる気がする。



    今週末は小潮だからそんなに期待できないなぁ。



    ふと、疑問が起こった。

    バチヌケシーズンはバチが抜けていればバチを食うんだろが、

    抜けていない時期(大潮~大潮の間の10日くらい)は何食っているんだろう??

    小潮時はどうなんだろうなぁ、、、と思う。

    次の大潮は13日前後から始まるそれまで何も食べないってことはないだろうけど、、、



    今夜も出撃してみて、確認しようかな。

    毎日同じポイントに行くと変化が見えるのかもしれない。



    そういえば、愛知の中古釣具屋(タックルオフ)でステラ3000DH(95)を

    6000円でゲットした。

    昨日さっそく使ったが、、、軽い!こんなに巻き味軽かったっけ??

    NASCI2500SDHやバイオマスター3000DHとは比べ物にならない。

    多少ゴロゴロ感はある。ギアだと高い金額で交換だから手が出ないが、

    ベアリングなら安く自分で交換できるぞー。



    tailwalk のカタログもとどいていた。

    中身に気になる竿が、、 VIVID 96L の竿。16000円かー

    竿や道具の予算は1個1万円なので、ちょっと無理しないと買えないな、、、

    それにしても安くなったと思った。

    エントリーモデルと出すことで上位モデルの顧客にしたいのかな、、



    昨日はついでに家族でタックルベリーでルアー補充の買い物。

    子供は相変わらずバスゲームでバス釣りしている。

    メインの買い物はシマノのパワープロのPEラインでした。

    1号100mで1300円かな?安くていい糸です。

    中古ルアーコーナーで「AREA10って背中に書いているルアー探して~」と奥さんに頼んで、スーサンとかにょろにょろをあさっていると

    「わかんないなー、どれ??」とか言われるので

    近くにいた人が「これですね?」って手渡してくれた(笑)



    そんなこんなでGWは終わった。

    さて、次の大潮はどんな風にしようかな、、、

    隅田川はいきたいところです。

    このページのトップヘ