クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2011年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    おかっぱりでは釣れないってことはオフショアだろ!ということで
    ジギングに行ってきました。

    お世話になったのは渡辺釣り船さんです。
    24日は月曜日、お客さんは私を入れて4人でした。
    ミヨシは取れなかったですが、4人ならどこも同じですかね。
    シーバスAM船で6800円です。

    渡辺さんなのでオーシャンドミナーター
    オーシャンドミナーターなので渡辺さん、ということで
    ジグはオーシャンドミナーターがメインです。

    隣の方が、明日パーティのために魚を20-30匹持って帰りたい
    ということでしたので、オールキープということにしました。

    7:00出発、各地でポツポツ釣れるのですが、なかなか大きいのも
    数も釣れません。

    9:30ごろに長崎屋さんの船がよくシーバスを上げている横につけました。
    目の前でバコバコ上げています。

    負けじとこちらも、頑張る。
    すると、フィーバータイムか、入れ食いタイムに!
    40cm前後が多いですが、たまに50cm。まぐれで60UP
    今年初シーバスはジギングでした。

    竿は相変わらずバスロッド6.6ftMLとMアクション。
    リールはベイトでPE1号、リーダーは20-30LB。
    ジグは60g-80g。浅いところは60gで、深いところは80gで。
    専用ロッドは買う余裕がありません。バスロッドで十分。

    フォーリング中のアタリを取れるかどうかで勝負が決まります。
    水深は20-30m。フォール中にコン!とか来るのです。
    バイトは40くらい15バレ、25本くらい釣れました。
    最大70cmということになっていますが(笑)

    4人の中ではもちろん竿頭、となりのおじさんに全部魚をあげ
    写真だけ撮りました。
    60gのジグに22cmのメバルがヒットしたのは笑いましたけど。

    50UP50UP
    50UP50UP
    60UP60UP
    船長さんはメジャーをあて「よっしゃ70cm!」と言っていたので
    発表される数字は70cmということになります。(笑)

    船宿の数字のマジックですですね。あんなものは信じてはいけないということがわかりました。

    メバル22cmメバル22cm

    シーバスシーバス
    となりのおじさんにあげたシーバス。
    まあ全部です。
    盛大なパーティが出来るといいですね。

    あじさんは午後も釣る!と言っておりました。

    上陸するとスポニチの記者さんがいて、
    なんか聞かれたり、写真を撮られたりしました。
    木曜日発売だそうです。
    見たいぞ!俺の雄姿(笑)

    ちなみに、コツは?と聞かれて
    「ショートバイトが多かったので、アシストフックが有効ですかね」
    と答えたら、
    「JGFAルールだと載せられないからなー」と言っており
    「ショートバイトのためにアシストフックが有効」という一文はカット
    されていることでしょう。
    ついでに写真はサングラスがダメだそうです。なんだかなー。

    俺

    http://sea.ap.teacup.com/watanabe/2037.html
    渡辺のHPに登場。
    fimo のサンバイザーが良く見えん。くそー!
    データが俺じゃない、ちくしょー!

    カメラも回したのですが、
    位置が悪く手しか映ってない。
    しかも49分回しっぱなしでした。
    http://ftvjapan.ddo.jp/2011/0124/20110124.wmv
    こんな感じ、全然あきません。


    自分用のメモ
    PEPETはもう寿命、巻きかえるように
    60-80gのジグにアシストフックをつける
    ベアリング付きスナップとアシストフックの親和性を考えること

    でだ、この時期オフショアに行ったには理由がある。
    1つは魚の動向を探るため。
    2つ目は釣れるとして、どうやっておかっぱりから狙うか。
    これを考えるためだった。

    行ったのは新山下の渡辺。ってことはポイントはほとんどアクアラインより外。
    また本牧ふ頭の海釣り公園は釣れていて、若洲はまったく、ということから
    魚の群れはまだアクアラインを超えて湾奥には来てない気がする。

    ベイトが入っているかわからなかったが、魚探には影が出ていたようだからベイトが映っていたんだろう。
    それから釣れたシーバスのお腹。
    当たり前だがアフターの魚であろうという魚であった。
    産卵後の魚である。

    そしてショートバイト。釣れた魚の半数から3分の1くらいは
    針が口の中に掛かっていなかった。
    本格的に食いに来ている感じではなかった。
    そしてヒット中によくバレた。
    刺さりが浅いのであろう。
    丸呑みシーンはなかった。バスでもあったが春のバイトの特徴は
    じゃれるようなバイトである。
    水深は20-30m。表層ではない。ボトム付近に多かった。

    これを考えると、湾奥にシーバスの群れが入ってくるのは
    まだ先かなーと。
    バチが抜けていて、それをシーバスが食いだすのはもう少し先なのかなぁ、、、、

    というのが確かめたい情報だった。
    ついでに凄腕にエントリー!オフショアでエントリーするには
    プロフィールのホームをオフショアにして、登録でいいのかな??
    わからん!

    さて水深30mのシーバスをおかっぱりから狙うには
    キャスト先の水深が30mないと無理なんだが
    そういう場所があるのかな??
    300m沖が水深30mとして、300mキャストできないとだめですね。
    その手段は私の頭の中にはある。

    今の時期、シーバスを狙うにはショートバイト対策を何かしたほうがいい、ということですかね?

    次はいつ釣りにいけるんだろう、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国50人のファンの皆様こんにちは

    おかっぱりでは釣れないってことはオフショアだろ!ということで

    ジギングに行ってきました。



    お世話になったのは渡辺釣り船さんです。

    24日は月曜日、お客さんは私を入れて4人でした。

    ミヨシは取れなかったですが、4人ならどこも同じですかね。

    シーバスAM船で6800円です。



    渡辺さんなのでオーシャンドミナーター

    オーシャンドミナーターなので渡辺さん、ということで

    ジグはオーシャンドミナーターがメインです。



    隣の方が、明日パーティのために魚を20-30匹持って帰りたい

    ということでしたので、オールキープということにしました。



    7:00出発、各地でポツポツ釣れるのですが、なかなか大きいのも

    数も釣れません。



    9:30ごろに長崎屋さんの船がよくシーバスを上げている横につけました。

    目の前でバコバコ上げています。



    負けじとこちらも、頑張る。

    すると、フィーバータイムか、入れ食いタイムに!

    40cm前後が多いですが、たまに50cm。まぐれで60UP

    今年初シーバスはジギングでした。



    竿は相変わらずバスロッド6.6ftMLとMアクション。

    リールはベイトでPE1号、リーダーは20-30LB。

    ジグは60g-80g。浅いところは60gで、深いところは80gで。

    専用ロッドは買う余裕がありません。バスロッドで十分。



    フォーリング中のアタリを取れるかどうかで勝負が決まります。

    水深は20-30m。フォール中にコン!とか来るのです。

    バイトは40くらい15バレ、25本くらい釣れました。

    最大70cmということになっていますが(笑)



    4人の中ではもちろん竿頭、となりのおじさんに全部魚をあげ

    写真だけ撮りました。

    60gのジグに22cmのメバルがヒットしたのは笑いましたけど。





    51cm?

    オフショア部門にエントリーするにはどうすればいいのだ??





    50cmかな?





    62cmくらい?

    船長さんはメジャーをあて「よっしゃ70cm!」と言っていたので

    発表される数字は70cmということになります。(笑)



    船宿の数字のマジックですですね。あんなものは信じてはいけないということがわかりました。



    おまけで、、



    君はメタルジグで釣れるサイズなのか!





    となりのおじさんにあげたシーバス。

    まあ全部です。

    盛大なパーティが出来るといいですね。



    あじさんは午後も釣る!と言っておりました。



    上陸するとスポニチの記者さんがいて、

    なんか聞かれたり、写真を撮られたりしました。

    木曜日発売だそうです。

    見たいぞ!俺の雄姿(笑)



    ちなみに、コツは?と聞かれて

    「ショートバイトが多かったので、アシストフックが有効ですかね」

    と答えたら、

    「JGFAルールだと載せられないからなー」と言っており

    「ショートバイトのためにアシストフックが有効」という一文はカット

    されていることでしょう。

    ついでに写真はサングラスがダメだそうです。なんだかなー。





    http://sea.ap.teacup.com/watanabe/2037.html 渡辺のHPに登場。

    fimo のサンバイザーが良く見えん。くそー!

    データが俺じゃない、ちくしょー!



    カメラも回したのですが、

    位置が悪く手しか映ってない。

    しかも49分回しっぱなしでした。

    http://ftvjapan.ddo.jp/2011/0124/20110124.wmv

    こんな感じ、全然あきません。





    自分用のメモ

    PEPETはもう寿命、巻きかえるように

    60-80gのジグにアシストフックをつける

    ベアリング付きスナップとアシストフックの親和性を考えること



    でだ、この時期オフショアに行ったには理由がある。

    1つは魚の動向を探るため。

    2つ目は釣れるとして、どうやっておかっぱりから狙うか。

    これを考えるためだった。



    行ったのは新山下の渡辺。ってことはポイントはほとんどアクアラインより外。

    また本牧ふ頭の海釣り公園は釣れていて、若洲はまったく、ということから

    魚の群れはまだアクアラインを超えて湾奥には来てない気がする。



    ベイトが入っているかわからなかったが、魚探には影が出ていたようだからベイトが映っていたんだろう。

    それから釣れたシーバスのお腹。

    当たり前だがアフターの魚であろうという魚であった。

    産卵後の魚である。



    そしてショートバイト。釣れた魚の半数から3分の1くらいは

    針が口の中に掛かっていなかった。

    本格的に食いに来ている感じではなかった。

    そしてヒット中によくバレた。

    刺さりが浅いのであろう。

    丸呑みシーンはなかった。バスでもあったが春のバイトの特徴は

    じゃれるようなバイトである。

    水深は20-30m。表層ではない。ボトム付近に多かった。



    これを考えると、湾奥にシーバスの群れが入ってくるのは

    まだ先かなーと。

    バチが抜けていて、それをシーバスが食いだすのはもう少し先なのかなぁ、、、、



    というのが確かめたい情報だった。

    ついでに凄腕にエントリー!オフショアでエントリーするには

    プロフィールのホームをオフショアにして、登録でいいのかな??

    わからん!



    さて水深30mのシーバスをおかっぱりから狙うには

    キャスト先の水深が30mないと無理なんだが

    そういう場所があるのかな??

    300m沖が水深30mとして、300mキャストできないとだめですね。

    その手段は私の頭の中にはある。



    今の時期、シーバスを狙うにはショートバイト対策を何かしたほうがいい、ということですかね?



    次はいつ釣りにいけるんだろう、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国50人のファンの皆様こんにちは

    おかっぱりでは釣れないってことはオフショアだろ!ということで

    ジギングに行ってきました。



    お世話になったのは渡辺釣り船さんです。

    24日は月曜日、お客さんは私を入れて4人でした。

    ミヨシは取れなかったですが、4人ならどこも同じですかね。

    シーバスAM船で6800円です。



    渡辺さんなのでオーシャンドミナーター

    オーシャンドミナーターなので渡辺さん、ということで

    ジグはオーシャンドミナーターがメインです。



    隣の方が、明日パーティのために魚を20-30匹持って帰りたい

    ということでしたので、オールキープということにしました。



    7:00出発、各地でポツポツ釣れるのですが、なかなか大きいのも

    数も釣れません。



    9:30ごろに長崎屋さんの船がよくシーバスを上げている横につけました。

    目の前でバコバコ上げています。



    負けじとこちらも、頑張る。

    すると、フィーバータイムか、入れ食いタイムに!

    40cm前後が多いですが、たまに50cm。まぐれで60UP

    今年初シーバスはジギングでした。



    竿は相変わらずバスロッド6.6ftMLとMアクション。

    リールはベイトでPE1号、リーダーは20-30LB。

    ジグは60g-80g。浅いところは60gで、深いところは80gで。

    専用ロッドは買う余裕がありません。バスロッドで十分。



    フォーリング中のアタリを取れるかどうかで勝負が決まります。

    水深は20-30m。フォール中にコン!とか来るのです。

    バイトは40くらい15バレ、25本くらい釣れました。

    最大70cmということになっていますが(笑)



    4人の中ではもちろん竿頭、となりのおじさんに全部魚をあげ

    写真だけ撮りました。

    60gのジグに22cmのメバルがヒットしたのは笑いましたけど。





    51cm?

    オフショア部門にエントリーするにはどうすればいいのだ??





    50cmかな?





    62cmくらい?

    船長さんはメジャーをあて「よっしゃ70cm!」と言っていたので

    発表される数字は70cmということになります。(笑)



    船宿の数字のマジックですですね。あんなものは信じてはいけないということがわかりました。



    おまけで、、



    君はメタルジグで釣れるサイズなのか!





    となりのおじさんにあげたシーバス。

    まあ全部です。

    盛大なパーティが出来るといいですね。



    あじさんは午後も釣る!と言っておりました。



    上陸するとスポニチの記者さんがいて、

    なんか聞かれたり、写真を撮られたりしました。

    木曜日発売だそうです。

    見たいぞ!俺の雄姿(笑)



    ちなみに、コツは?と聞かれて

    「ショートバイトが多かったので、アシストフックが有効ですかね」

    と答えたら、

    「JGFAルールだと載せられないからなー」と言っており

    「ショートバイトのためにアシストフックが有効」という一文はカット

    されていることでしょう。

    ついでに写真はサングラスがダメだそうです。なんだかなー。





    http://sea.ap.teacup.com/watanabe/2037.html 渡辺のHPに登場。

    fimo のサンバイザーが良く見えん。くそー!

    データが俺じゃない、ちくしょー!



    カメラも回したのですが、

    位置が悪く手しか映ってない。

    しかも49分回しっぱなしでした。

    http://ftvjapan.ddo.jp/2011/0124/20110124.wmv

    こんな感じ、全然あきません。





    自分用のメモ

    PEPETはもう寿命、巻きかえるように

    60-80gのジグにアシストフックをつける

    ベアリング付きスナップとアシストフックの親和性を考えること



    でだ、この時期オフショアに行ったには理由がある。

    1つは魚の動向を探るため。

    2つ目は釣れるとして、どうやっておかっぱりから狙うか。

    これを考えるためだった。



    行ったのは新山下の渡辺。ってことはポイントはほとんどアクアラインより外。

    また本牧ふ頭の海釣り公園は釣れていて、若洲はまったく、ということから

    魚の群れはまだアクアラインを超えて湾奥には来てない気がする。



    ベイトが入っているかわからなかったが、魚探には影が出ていたようだからベイトが映っていたんだろう。

    それから釣れたシーバスのお腹。

    当たり前だがアフターの魚であろうという魚であった。

    産卵後の魚である。



    そしてショートバイト。釣れた魚の半数から3分の1くらいは

    針が口の中に掛かっていなかった。

    本格的に食いに来ている感じではなかった。

    そしてヒット中によくバレた。

    刺さりが浅いのであろう。

    丸呑みシーンはなかった。バスでもあったが春のバイトの特徴は

    じゃれるようなバイトである。

    水深は20-30m。表層ではない。ボトム付近に多かった。



    これを考えると、湾奥にシーバスの群れが入ってくるのは

    まだ先かなーと。

    バチが抜けていて、それをシーバスが食いだすのはもう少し先なのかなぁ、、、、



    というのが確かめたい情報だった。

    ついでに凄腕にエントリー!オフショアでエントリーするには

    プロフィールのホームをオフショアにして、登録でいいのかな??

    わからん!



    さて水深30mのシーバスをおかっぱりから狙うには

    キャスト先の水深が30mないと無理なんだが

    そういう場所があるのかな??

    300m沖が水深30mとして、300mキャストできないとだめですね。

    その手段は私の頭の中にはある。



    今の時期、シーバスを狙うにはショートバイト対策を何かしたほうがいい、ということですかね?



    次はいつ釣りにいけるんだろう、、、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    自宅サーバーと言えばLinuxですね
    私はCENTOSが好きです
    前はCENTOS4.1でしたから
    今回は5.5、かなりバージョンアップしました

    昔はCD6枚組とかでしたが、今やDVD1枚ですみます

    インストール中にCD入れ替えの手間がなくていいですね

    光学ドライブはDVD対応なので認識して使えます
    しかもSATAなので高速転送です

    マザーボードにはSATAの口が4つあるのであと2つ追加できるのです

    HDDを追加してやる~
    1TBでも2TBでもOK
    OSのインストール終わったら光学ドライブ外してもいいのです

    ますます増設が可能な環境になりますね

    ディスプレイは今だけCRT使います
    屋外に設置する時には使いません

    つーか今時CRTというブラウン管って!

    でも長持ちするんですよ
    三菱のダイヤモンドトロンかな?

    さすが国産クオリティー、壊れない

    奥行きの長さと消費電力と重さと解像度は大きいが、、、、

    壊れたら捨てようと思いますが、まだまだ現役です!



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    自宅サーバーの更改です
    最近、ブート用HDDが読み込み専用になる事象が頻発しているので
    そろそろ寿命かなあ
    もう10年は使ってます

    10年前に50万円で買いました
    さらにHDDやらメモリーやら追加して
    かなり当時としては高スペックでしたが今では電気食い過ぎ君かなあ


    それが今は28000円です
    OSなしで送料無料

    4GBメモリーに500GBのHDDです

    CPUはさすがにセレロンですが、デュアルコアですから処理速度は良いかも

    ネットで注文して3日後に届きました
    早いな

    さああとはOSを入れるところからです

    CENTOS5.5を使います
    移行は大変です
    まずなんのシステムが入っているか不明(笑)

    継ぎ足し継ぎ足し作ったシステムですし、
    movabletypeは古いままだ!
    新しくするかなあ

    いろいろやることはあるのでゆっくりやりますよ

    自分の会社でやったら200万円は取られる案件です(笑)



    このページのトップヘ