クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2011年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国49人のファンの皆様こんにちは。

    地下アイドル評論家のふなです。まあ半分ウソです。



    2011アングラーズアイドルに知り合いの子が応募しました。

    予選通過したら投票してあげましょう。

    予選落ちしたらごめん。



    今日はレースクイーンやモデルやメイドさんやアイドルの卵とお友達になれる方法、、、ではなく、最近の釣りドルについて。



    残念ながらどの釣りドルも飛びぬけた人がいないのが現状です。

    逆にいうとチャンスであります。

    ああ、唯一、みっちーが頭ひとつ抜けた感はありますが、他は雨後のたけのこというか、どんぐりの背比べ状態だと思います。



    2011アングラーズアイドルも誰になるかわかりませんが、2010アングラーズアイドルのAICAと同じ道を歩いて1年終わると思います。

    せっかくのチャンスでしたが、AICAはそんなに売れませんでした。



    そもそも、「売れる」の定義は大きく分けて3つだと思っています。

    スポット、サークル、レギュラーの3つです。



    スポット、、、少しのメディアで1回、登場する。素人のそっくりさんレベル

    サークル、、いろんなメディアに1回登場する、渡部陽一、池上彰とか一発屋レベル

    レギュラー、、メディアに出続ける、タモリ、さんま、レベル





    釣りドルはサークルまではいってもレギュラーになるのはかなり難しいです。

    とりあえず釣り番組、釣り雑誌、釣りWEBに数回出て終わり、だから新たな新人を発掘して、同じレールを走らせる。

    ある分野の女性の使い方と同じです。

    高橋がなり、、、といえばピンとくる方も多いかも。

    まあそれは置いといて。



    これはプロデュースする側も同じです。

    そういう使い方しか知らない。長期的に育てることをしないので

    結局、蝶よ花よ、という扱いをして終わる。

    没個性、顔ハメの看板と同じで、顔だけ違ってコンテンツ的には

    初めての○○釣り、○○に挑戦、プライベート○○的なものだけで

    それ以外を見たことがない。



    その上のプロにしても巻頭カラー8Pでボーズでした、とか

    どこを読めばいいのかわからない記事とかある。



    確かに女性はこの世界に少ないから女性を投入すればある程度は

    人気が出る、しかしそれは継続的にはならない。

    じゃあ釣りのうまい女性ならいいのか?

    答えはNO!だ。



    女性アングラーに釣果やテクニックは求めていない。

    いや偏見かもしてないが、レースクイーンにベストラップは求めてないでしょう?と。



    少なくても顔ハメコンテンツを打破しない限り釣りドルに価値を見出せない。

    そのコンテンツを作るところから始めて欲しいなーと。

    釣りドルは釣りドルで、顔ハメコンテンツに乗っかるだけなら誰でも出来るし、その次を見据えて欲しい。

    それが出来ているのは数人だけだと思う。

    そして釣りドルは女優になるための足がかりと思うのはやめたほうがいい。

    釣りと結婚するくらいの意気込みがないと、今の女性プロはそんな感じだ。

    本当に傍から見ていて釣り「も」やる、という釣りドルにはなんの魅力も見えてこない。



    じゃあどんなコンテンツがいいんだよ!ってことになるのだが

    私が見たいのはガチンコという番組があったが、あんな感じの釣り番組。

    あるいはサバイバーのような感じ。

    釣りドルを持ち上げない、リアルドキュメント風なものがいいなと。

    毎回涙、そしておっぱい、いやこんな釣りコンテンツがないものかな。



    釣りドルも顔ハメコンテンツに乗っからない個性を出して欲しい。

    youtube にあったが、メイドさんが釣りするとか、スーツでシーバス釣るとかね。極端な話、防寒着着てフードかぶってサングラスじゃ、誰でも同じ。

    全ロケ、水着とかミニスカとかまずは見た目の打破からしてほしいな。

    コスプレは顔ハメコンテンツからの脱却を助けてくれると思う。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    去年からmixiでエキストリーム凧揚げとかいうコミュを作って細々活動しております

    単に糸の長い凧揚げですが

    高さを競うわけでなく、糸の長さを競うようなことが競技として成立したら面白いかなあ、と勝手に思っていました

    が、この競技には守らないといけない法律があります。
    それは航空法です
    なんと飛行場の近くで凧揚げは禁止されています

    東京湾で凧揚げをするともろに羽田空港の規制を受けるのです

    場所にもよりますが、私が正月に凧揚げする場所はおよそ高さ制限は345mです

    つまり糸の長さを350m以上にすると違法になる可能性があります

    これがエキストリーム凧揚げを都内で開催出来ないであろう、または安易なブームにしてはいけないなあ、ということで
    この競技は少しサスペンドしております

    で、今年もまた子供と一緒に凧揚げに行きました

    例年ですと午後に風が吹いて来ますので午後に行くのですが、今年は風が吹いていたので午前中に行きました

    道具はシナモンというキャラクターのゲイラカイトタイプに80-180のマグロロッド、7000番の大型スピニングリール、ラインはPE4号300m
    これを使います
    年に1回だけマグロロッドが活躍するのです
    悲しいなあ
    まあいいや

    会場の公園に行くとすでにライバルのタコが見える
    ふふふ、そんなに高いタコはいないぞ
    よしヒーローになるチャンスだ
    今回は上空から撮影する小型カメラも用意した

    が、このカメラが自宅のテストではちゃんと動作したのに本番で電源が入らない、くそ~

    仕方ないのでカメラなしで挑戦だ

    タコにカメラをつけるとバランスが悪くなるのか上がらない
    なるほど、バランスがあるんだなあ
    たかが18gのカメラなのに
    されど18gかあ
    これは次回の宿題だな

    さて、凧揚げですが最近のタコは良く出来ていますね
    弱い風と強い風用に穴の位置があります

    タコは風に乗り、ぐいぐい上空をめざします
    5分ほどでラインいっぱいの300mを出し切りました

    天空に舞うタコ、肉眼では点にしかみえません
    よしよし、また今年もこの会場で一番高く上がったぞ

    と、ここでふと思った、凧揚げを利用して魚釣りは出来ないものか、

    実はキャスティング距離を伸ばす研究をしていたのだが、その一つにタコも候補が上がっていた

    凧揚げで魚釣りを検索すると、参考になるサイトがほとんどないことがわかった

    なにかが障害になっているのかもしれない
    ふんふん、これはイケるかもしれない

    これは良いテーマになると思う、ということで研究してみようと思います

    ちなみに、キャスティング距離を伸ばす研究テーマに上った候補は
    ヘリウム風船、ロケット花火、船ラジコン、バット、ゴルフ、ペットボトルロケット
    こんな感じです
    目標としては100m以上をめざします!




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    去年からmixiでエキストリーム凧揚げとかいうコミュを作って細々活動しております



    単に糸の長い凧揚げですが



    高さを競うわけでなく、糸の長さを競うようなことが競技として成立したら面白いかなあ、と勝手に思っていました



    が、この競技には守らないといけない法律があります。

    それは航空法です

    なんと飛行場の近くで凧揚げは禁止されています



    東京湾で凧揚げをするともろに羽田空港の規制を受けるのです



    場所にもよりますが、私が正月に凧揚げする場所はおよそ高さ制限は345mです



    つまり糸の長さを350m以上にすると違法になる可能性があります



    これがエキストリーム凧揚げを都内で開催出来ないであろう、または安易なブームにしてはいけないなあ、ということで

    この競技は少しサスペンドしております



    で、今年もまた子供と一緒に凧揚げに行きました



    例年ですと午後に風が吹いて来ますので午後に行くのですが、今年は風が吹いていたので午前中に行きました



    道具はシナモンというキャラクターのゲイラカイトタイプに80-180のマグロロッド、7000番の大型スピニングリール、ラインはPE4号300m

    これを使います

    年に1回だけマグロロッドが活躍するのです

    悲しいなあ

    まあいいや



    会場の公園に行くとすでにライバルのタコが見える

    ふふふ、そんなに高いタコはいないぞ

    よしヒーローになるチャンスだ

    今回は上空から撮影する小型カメラも用意した



    が、このカメラが自宅のテストではちゃんと動作したのに本番で電源が入らない、くそ~



    仕方ないのでカメラなしで挑戦だ



    タコにカメラをつけるとバランスが悪くなるのか上がらない

    なるほど、バランスがあるんだなあ

    たかが18gのカメラなのに

    されど18gかあ

    これは次回の宿題だな



    さて、凧揚げですが最近のタコは良く出来ていますね

    弱い風と強い風用に穴の位置があります



    タコは風に乗り、ぐいぐい上空をめざします

    5分ほどでラインいっぱいの300mを出し切りました



    天空に舞うタコ、肉眼では点にしかみえません

    よしよし、また今年もこの会場で一番高く上がったぞ



    と、ここでふと思った、凧揚げを利用して魚釣りは出来ないものか、



    実はキャスティング距離を伸ばす研究をしていたのだが、その一つにタコも候補が上がっていた



    凧揚げで魚釣りを検索すると、参考になるサイトがほとんどないことがわかった



    なにかが障害になっているのかもしれない

    ふんふん、これはイケるかもしれない



    これは良いテーマになると思う、ということで研究してみようと思います



    ちなみに、キャスティング距離を伸ばす研究テーマに上った候補は

    ヘリウム風船、ロケット花火、船ラジコン、バット、ゴルフ、ペットボトルロケット

    こんな感じです

    目標としては100m以上をめざします!










      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    去年からmixiでエキストリーム凧揚げとかいうコミュを作って細々活動しております



    単に糸の長い凧揚げですが



    高さを競うわけでなく、糸の長さを競うようなことが競技として成立したら面白いかなあ、と勝手に思っていました



    が、この競技には守らないといけない法律があります。

    それは航空法です

    なんと飛行場の近くで凧揚げは禁止されています



    東京湾で凧揚げをするともろに羽田空港の規制を受けるのです



    場所にもよりますが、私が正月に凧揚げする場所はおよそ高さ制限は345mです



    つまり糸の長さを350m以上にすると違法になる可能性があります



    これがエキストリーム凧揚げを都内で開催出来ないであろう、または安易なブームにしてはいけないなあ、ということで

    この競技は少しサスペンドしております



    で、今年もまた子供と一緒に凧揚げに行きました



    例年ですと午後に風が吹いて来ますので午後に行くのですが、今年は風が吹いていたので午前中に行きました



    道具はシナモンというキャラクターのゲイラカイトタイプに80-180のマグロロッド、7000番の大型スピニングリール、ラインはPE4号300m

    これを使います

    年に1回だけマグロロッドが活躍するのです

    悲しいなあ

    まあいいや



    会場の公園に行くとすでにライバルのタコが見える

    ふふふ、そんなに高いタコはいないぞ

    よしヒーローになるチャンスだ

    今回は上空から撮影する小型カメラも用意した



    が、このカメラが自宅のテストではちゃんと動作したのに本番で電源が入らない、くそ~



    仕方ないのでカメラなしで挑戦だ



    タコにカメラをつけるとバランスが悪くなるのか上がらない

    なるほど、バランスがあるんだなあ

    たかが18gのカメラなのに

    されど18gかあ

    これは次回の宿題だな



    さて、凧揚げですが最近のタコは良く出来ていますね

    弱い風と強い風用に穴の位置があります



    タコは風に乗り、ぐいぐい上空をめざします

    5分ほどでラインいっぱいの300mを出し切りました



    天空に舞うタコ、肉眼では点にしかみえません

    よしよし、また今年もこの会場で一番高く上がったぞ



    と、ここでふと思った、凧揚げを利用して魚釣りは出来ないものか、



    実はキャスティング距離を伸ばす研究をしていたのだが、その一つにタコも候補が上がっていた



    凧揚げで魚釣りを検索すると、参考になるサイトがほとんどないことがわかった



    なにかが障害になっているのかもしれない

    ふんふん、これはイケるかもしれない



    これは良いテーマになると思う、ということで研究してみようと思います



    ちなみに、キャスティング距離を伸ばす研究テーマに上った候補は

    ヘリウム風船、ロケット花火、船ラジコン、バット、ゴルフ、ペットボトルロケット

    こんな感じです

    目標としては100m以上をめざします!









      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    あけましておめでとうございます

    初日の出を自宅より写しました。

    東京湾に飛行機雲がまるでラインのように太陽を釣り上げています

    今年はいい年にしたいなあ

    2011年もよろしくお願いします

    無理せずマイペースで行きます。

    って自分に言い聞かせないと無理して体とかいろいろ壊しそうです



    新年一発目はまず凧揚げです。



    ん?



    正月に凧揚げは普通ですね



    しかしそれを使って釣りをするとしたら、、



    西の脚立に東の凧ありとしたいところです



    明日は凧揚げに行ってきます!








    このページのトップヘ