クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2011年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国70人のファンの皆様

    こんにちは。9月は毎週月曜日出勤、火水が休みになっているふなです。

    21、22は水木だけどね。くそー、平日にオフショアでも行こうかな。



    さて、今日は実験のためルアーの型取りをやってみました。

    メタルジグではやったことあるんですが

    プラグはない。



    しかもお金がないので、

    シリコンの代わりにシリコンシール

    剥離材の代わりに家にあったシリコンスプレー

    でやってみました。



    ちょうどスーサンがヒビが入りクラッシュしたので、3枚におろしてみました。

    用意した材料は、、、





    ブロックは専用で500円もします。

    油粘土は100円。

    シリコンシールは500円くらい。

    3枚におろされたスーサンの型を取ります。







    ブロックを組み立てます。

    適当です。

    高さはこのあともう一段ふやしました。







    油粘土にルアーを埋め、シリコンスプレーを吹いたところ。



    このあとシリコンシールを流し込みます。





    にゅるにゅると流し込む、、

    うーん硬すぎる気がします。



    放置すること2日。



    取り出すと、、、







    ぼよーん、、

    ルアーの細かいところにシリコンが貼り付き取れませんでした、、、、

    トホホー失敗です。



    やっぱりシリコンスプレーは剥離材の代わりにならなかったし

    シリコンシールも型取りシリコンの代わりにならなかったです。



    こんどはちゃんと出来る材料をそろえます。

    しかし型取りシリコンは高いんだよなー

    次回は頑張ります。



    教訓:専用の道具にはそれぞれちゃんと意味があるようだ。



    でもスーサンの内部構造がわかってよかった。

    こういう風な設計をしているのねー!みたいな。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国70人のファンの皆様

    こんにちは。9月は毎週月曜日出勤、火水が休みになっているふなです。

    21、22は水木だけどね。くそー、平日にオフショアでも行こうかな。



    さて、今日は実験のためルアーの型取りをやってみました。

    メタルジグではやったことあるんですが

    プラグはない。



    しかもお金がないので、

    シリコンの代わりにシリコンシール

    剥離材の代わりに家にあったシリコンスプレー

    でやってみました。



    ちょうどスーサンがヒビが入りクラッシュしたので、3枚におろしてみました。

    用意した材料は、、、





    ブロックは専用で500円もします。

    油粘土は100円。

    シリコンシールは500円くらい。

    3枚におろされたスーサンの型を取ります。







    ブロックを組み立てます。

    適当です。

    高さはこのあともう一段ふやしました。







    油粘土にルアーを埋め、シリコンスプレーを吹いたところ。



    このあとシリコンシールを流し込みます。





    にゅるにゅると流し込む、、

    うーん硬すぎる気がします。



    放置すること2日。



    取り出すと、、、







    ぼよーん、、

    ルアーの細かいところにシリコンが貼り付き取れませんでした、、、、

    トホホー失敗です。



    やっぱりシリコンスプレーは剥離材の代わりにならなかったし

    シリコンシールも型取りシリコンの代わりにならなかったです。



    こんどはちゃんと出来る材料をそろえます。

    しかし型取りシリコンは高いんだよなー

    次回は頑張ります。



    教訓:専用の道具にはそれぞれちゃんと意味があるようだ。



    でもスーサンの内部構造がわかってよかった。

    こういう風な設計をしているのねー!みたいな。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国66人のファンの皆様こんにちは

    ストライドはガムベースが固いので長く噛んでいると顎が痛くなりますね、のふなです



    本日はスキルとスキームの差を説明したいと思います



    いや、釣りとは関係ないので、まあつまらんと思いますけど



    世の中にはスキルで活躍する人とスキームで活躍する人がいます



    限界ですが

    スキルは個人の限界で、スキームは仕組みの限界です。



    釣りの世界はスキルに頼ることになります



    さて、スキルは個人が出来る限界です。

    fimoで言えば『本日のGOOD GAME』

    月に6万投稿されているらしいので

    1日200ブログ見て、これはと思うものを紹介する。

    今はまだ一日200ブログくらいだから、手作業でもなんとかなる

    が、2000や2万投稿になっても手作業でチェックするつもりかな



    一定の基準てなに?

    はっきりしない



    それをスキームで考えると

    良い記事には良いボタンを押し、悪い記事には悪いボタンを押すとかの仕組みを取り入れる

    評価ランキングとかで読者の好みがわかりますね



    仕組みなので、一日のブログ件数が100でも10万投稿でも可能



    これがスキルとスキームの差



    また、他にもいい記事があるよ、という気づきを教えるならリコメンドが有効



    良くECサイトでXXXを買った人はYYYも買ってます、みたいな表示を見たことがあると思いますがあれがリコメンドです



    ちなみにリコメンドを導入するとアクセス数は10%程度アップします



    これもスキームです



    スキルはスケールしませんが、スキームはスケールします



    y=nxがスキル、

    y=nx二乗 がスキーム



    爆発的に会員数が伸びる可能性がある、がスキームが受け入れられないと全く伸びない



    スキルは徐々に増える、が爆発的に増えることはない



    fimoは残念ながら半分以上スキルのサイトだ



    個人が頑張って運営するサイトに近い



    コンテンツは本部がリリースしないと増えない。最近は機能追加のリリースの案内がない



    グッズにしても本部リリースしかない、最近リリースを聞かない



    スキルの限界がそこにある





    PVを支えるのはコンテンツ量である

    コンテンツが増えないとPVは増えないし、会員数も増えない



    1万人の会員数で黒字を目指すサイトにはなってほしくない



    現状はこんな感じ、さて秋にどんな改革が待っているのでしょうか?



    というわけで

    大胆予想、秋のfimoはこうなる!



    ★タイドグラフ

    今のタイドグラフは特徴がない

    そこで

    一年間のゲットブックのデータを反映

    去年の今頃、潮が同じならいつ頃ヒットするのか地合いが分かる!画期的なタイドグラフ



    ★釣りぽー

    コメント通知機能が追加され、ログインすると赤字で『コメントがあります』と表示される

    拡散推進ボタンも追加

    携帯から位置情報を通知しない書き込むが可能に



    ★釣りログ

    1記事ごとにフィーモがつく

    GOOD、BADボタンが追加

    評価の高い記事は

    ランキングにも登場

    またショップのアフィリエイト機能追加



    ★凄腕

    エビデンス大会になる

    キャストから取り込み、計測までを動画にしないとエントリーできない

    究極の不正防止大会に舵を切る

    内容はfimoTVに反映

    優勝者はDVDかスカパーに紹介される

    静止画+文章の時代は終わる

    時代はリッチコンテンツ時代に突入



    ★ショップ

    グッズ販売パックが発表される

    fimoグッズを自由に作って良い、作ったグッズはショップで販売すること

    販売手数料をもらうモデルに

    店頭販売不可になるので

    仕入れモード追加される

    10個、100個単位で売る場合に単価が下がる。当然買い切り

    すべてのfimoグッズはショップを通して流通するので販売手数料を100%把握出来る

    月に10個以上のグッズがリリースされる





    アフィリエイト機能追加

    釣りログ、個人ブログにショップのアフィリエイト機能が出来る

    入金ベースでフィーモが貰える

    売るプロが出て来る



    ★レコメンド機能

    興味ある人に気付きを教えてくれる

    XXXを見た人はYYYも見ています、みたいなこと

    アクセス数は全体で10%アップする



    ★トップページ

    トップページ、ログインページ、マイページの差がさっぱりわからないので

    大幅にデザインが変更される



    ★広場

    OKWAVEにアウトソーシングか廃止



    ★API

    システムのAPIが公開される

    シーバス釣りソーシャルゲームが人気に





    ほぼ理想像はすべて書いた気がします

    これくらいやって欲しいが3つくらい実現が限界かなあ



    頼むよ~

    期待してます




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国66人のファンの皆様こんにちは

    ストライドはガムベースが固いので長く噛んでいると顎が痛くなりますね、のふなです



    本日はスキルとスキームの差を説明したいと思います



    いや、釣りとは関係ないので、まあつまらんと思いますけど



    世の中にはスキルで活躍する人とスキームで活躍する人がいます



    限界ですが

    スキルは個人の限界で、スキームは仕組みの限界です。



    釣りの世界はスキルに頼ることになります



    さて、スキルは個人が出来る限界です。

    fimoで言えば『本日のGOOD GAME』

    月に6万投稿されているらしいので

    1日200ブログ見て、これはと思うものを紹介する。

    今はまだ一日200ブログくらいだから、手作業でもなんとかなる

    が、2000や2万投稿になっても手作業でチェックするつもりかな



    一定の基準てなに?

    はっきりしない



    それをスキームで考えると

    良い記事には良いボタンを押し、悪い記事には悪いボタンを押すとかの仕組みを取り入れる

    評価ランキングとかで読者の好みがわかりますね



    仕組みなので、一日のブログ件数が100でも10万投稿でも可能



    これがスキルとスキームの差



    また、他にもいい記事があるよ、という気づきを教えるならリコメンドが有効



    良くECサイトでXXXを買った人はYYYも買ってます、みたいな表示を見たことがあると思いますがあれがリコメンドです



    ちなみにリコメンドを導入するとアクセス数は10%程度アップします



    これもスキームです



    スキルはスケールしませんが、スキームはスケールします



    y=nxがスキル、

    y=nx二乗 がスキーム



    爆発的に会員数が伸びる可能性がある、がスキームが受け入れられないと全く伸びない



    スキルは徐々に増える、が爆発的に増えることはない



    fimoは残念ながら半分以上スキルのサイトだ



    個人が頑張って運営するサイトに近い



    コンテンツは本部がリリースしないと増えない。最近は機能追加のリリースの案内がない



    グッズにしても本部リリースしかない、最近リリースを聞かない



    スキルの限界がそこにある





    PVを支えるのはコンテンツ量である

    コンテンツが増えないとPVは増えないし、会員数も増えない



    1万人の会員数で黒字を目指すサイトにはなってほしくない



    現状はこんな感じ、さて秋にどんな改革が待っているのでしょうか?



    というわけで

    大胆予想、秋のfimoはこうなる!



    ★タイドグラフ

    今のタイドグラフは特徴がない

    そこで

    一年間のゲットブックのデータを反映

    去年の今頃、潮が同じならいつ頃ヒットするのか地合いが分かる!画期的なタイドグラフ



    ★釣りぽー

    コメント通知機能が追加され、ログインすると赤字で『コメントがあります』と表示される

    拡散推進ボタンも追加

    携帯から位置情報を通知しない書き込むが可能に



    ★釣りログ

    1記事ごとにフィーモがつく

    GOOD、BADボタンが追加

    評価の高い記事は

    ランキングにも登場

    またショップのアフィリエイト機能追加



    ★凄腕

    エビデンス大会になる

    キャストから取り込み、計測までを動画にしないとエントリーできない

    究極の不正防止大会に舵を切る

    内容はfimoTVに反映

    優勝者はDVDかスカパーに紹介される

    静止画+文章の時代は終わる

    時代はリッチコンテンツ時代に突入



    ★ショップ

    グッズ販売パックが発表される

    fimoグッズを自由に作って良い、作ったグッズはショップで販売すること

    販売手数料をもらうモデルに

    店頭販売不可になるので

    仕入れモード追加される

    10個、100個単位で売る場合に単価が下がる。当然買い切り

    すべてのfimoグッズはショップを通して流通するので販売手数料を100%把握出来る

    月に10個以上のグッズがリリースされる





    アフィリエイト機能追加

    釣りログ、個人ブログにショップのアフィリエイト機能が出来る

    入金ベースでフィーモが貰える

    売るプロが出て来る



    ★レコメンド機能

    興味ある人に気付きを教えてくれる

    XXXを見た人はYYYも見ています、みたいなこと

    アクセス数は全体で10%アップする



    ★トップページ

    トップページ、ログインページ、マイページの差がさっぱりわからないので

    大幅にデザインが変更される



    ★広場

    OKWAVEにアウトソーシングか廃止



    ★API

    システムのAPIが公開される

    シーバス釣りソーシャルゲームが人気に





    ほぼ理想像はすべて書いた気がします

    これくらいやって欲しいが3つくらい実現が限界かなあ



    頼むよ~

    期待してます



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国64人のファンの皆様こんばんわ。

    ブログと同じ内容じゃ面白くないので、切り口を変えて書きますね。

    ふなです。



    私の趣味にハッキングがあります。

    ハッキングはコンピュータを使って悪いことをすること、という定義が浸透していますが、本当は詳しい人、とかいう意味らしいです。

    クラッキングと混同しているのでしょう。



    さて、魚釣りはハッキングだと思っています。

    結果にたどり着くのに、いろんな方法がありますが、

    その方法が必ずしも王道ではない方法が好きです。



    明暗、ブレイク、ストラクチャー、当たり前すぎて面白くありません(笑)

    別の道が必ずあると信じています。常に「それ以外」を考えています。



    さて、そんな私に絶好のおもちゃが、、、

    任天堂の3DSであります。

    値下がりしたので、思わず買ってみました。いや、子供の小遣いで子供が買ったの貸してもらった。



    3DSにはダウンロード無料のソフト、ポケモン立体図鑑BWというソフトがダウンロードできます。


    これはARコードというQRコードに似たコードがあるんですが、その仕組みは4x4のビット。16ビットで2価なのです。

    つまり、2の16乗通り「しか」ありません。

    2の16乗=65536通り。

    これは全部作って、読み込ましてしまえ!ってことで、、、

    さっそくプログラムを作成し、65536通りの画像を作成。


    256個の画像を256ページに分けて収録し(256x256=65536)

    片っ端から撮影するということをやります。

    1ページ30秒くらい。

    2時間もあれば全コードを発見できます。

    そんな様子をビデオに撮っていました。



    そしたら、レシラムという2大ポケモンの1つが判明した瞬間を偶然撮影できました。

    机の上のダイワのリールは修理を頼まれて修理が終わったリールが

    放置されています(笑)



    こんな感じです。

    釣りに行けないからこんなことして家でコツコツ遊んでます。

    http://www.youtube.com/watch?v=2Q1n5IseE1o

    あー、こんなことしてないで釣りに行きたい!

    このページのトップヘ