クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2012年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    スマートホンから更新テスト







      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国105人のファンの皆様こんにちは。

    しょうゆちゅるちゅるでインテークマイク(潜水艦の連絡筒みたいなやつ)作ったけど

    有線マイクで解決したので、一晩で無駄になったふなです。



    なんのこっちゃですね。

    そのうちわかるかも

    ということで、本日はマシュマロテストについて、です。







    マシュマロテストってなんだ?

    と思った人が大勢でしょう。

    知ってる!と思った人は少数か、、、



    http://air.ap.teacup.com/supert/1286.html

    参照で



    http://www.youtube.com/watch?v=6EjJsPylEOY&feature=player_embedded



    簡単に言うと4歳の子供に1個マシュマロを出して

    「マシュマロを食べないで15分我慢してね、我慢したらもう1個あげる」

    と言って部屋を出るというもの。



    このテストで我慢できた子供は30%

    70%は我慢できずに食べたというもの。



    で、それで終わりなら別にああ、そうか、、、くらいで終わる。

    問題はその先で、そのグループを30年間追いかけたら

    我慢できたグループは進学率や収入面が平均より高く、

    食べた70%の子供は、犯罪率や収入面が大きく劣ったというもの。

    食べるのは本能で、食べないのは理性なのだそうです。



    同じことが実は釣り人にも言えると思っています。



    これを釣り人に置き換えると、、、

    マシュマロテストで我慢できた30%のグループは理性が大きい。

    立ち入り禁止には入らないし、他人のラインに被せない。大きい釣果を得ることが出来る。

    残りの70%は本能に勝てず

    フェンスを超えていくし、釣れた人の横に割り込み、貧果に終わる。

    釣り人のマナー云々はこの70%の人に向けられたものです。



    4歳の時にすでに決まっているのですから大きくなった大人には今から言っても無理なんだな。

    タバコも同じ割合かな。

    同じ様に今の100ドルと1ヵ月後の120ドルでは今の100ドルを選ぶのだそうだ。

    「今」のプレミア感が高いことがわかる。

    ちなみに1ヶ月20%とすると年利は240%なので、1ヵ月後に受け取るほうがいいに決まっている。

    が、そこは「今」のプレミア感が高いということだ。



    マシュマロテストでいうと、

    今買える定価の新製品のルアーと2ヵ月後に20%引きでタックルベリーの中古に並ぶのでは

    新製品の定価を「本能」が求める。「今」のプレミア感だ。

    「理性」が勝つとタックルベリーに並ぶまで買わない。

    市場で見ると新製品を買わない30%を相手にするよりも

    新製品が出たら本能に負けてしまう70%を狙ったほうがいい、ってことになる。

    だからメーカーは新製品、新カラーを出し続けることになるし、店舗もそれが売れるので

    そこはWIN-WINの関係になる。



    犠牲になるのは本能に負ける釣り人だ。釣り人の70%は本能に勝てない。

    すでに4歳の時に決まっている。

    新製品が出る、プロは「釣れまっせ」と言う。「欲しい」そう思わせたら

    釣り人の70%が新製品を買ってしまうんだから。

    そして短期的な釣果を求めるから、釣れた人の横に割り込み、フェンスに穴を開け、なかなか釣れない。

    本能が勝ってしまう人が70%いる。

    これは変えようがないと思う。



    4歳に戻ってマシュマロテストは出来ないが、今、自分が70%のほうか30%のほうかは

    現状を見ればわかると思う。

    我慢できずに買ってしまったモノが自分のタックルにどれだけあるか?だ。

    同じものはあとから安く買える可能性があるものなのに定価で買ってしまった、とか。



    私もあまり安くないルアーをいくつか買っていると思う。

    でもまあTBでメインに買っているから、新品を沢山かうことは少ないかな。

    リールも95ステラメインだし。ロッドも7000円で最近ナンピンした(笑)

    有名プロと同じロッド、リールで新製品のルアーで釣りをしている人は

    この法則から言うと貧果に終わっているはずだ。

    ひとよりいっぱい釣りたい、と思っているはずで、バチ抜けの情報を見るといてもたってもいられなくなる。

    本能が勝ってしまっている人の行動パターンになっていないだろうか?



    目の前でボイルが起きていて、先行者がいてもそこに投げない理性はあるだろうか?

    あなたが釣れない理由は実は本能にあるのかもしれない。



    じゃあまた!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国105人のファンの皆様こんにちは。

    しょうゆちゅるちゅるでインテークマイク(潜水艦の連絡筒みたいなやつ)作ったけど

    有線マイクで解決したので、一晩で無駄になったふなです。



    なんのこっちゃですね。

    そのうちわかるかも

    ということで、本日はマシュマロテストについて、です。







    マシュマロテストってなんだ?

    と思った人が大勢でしょう。

    知ってる!と思った人は少数か、、、



    http://air.ap.teacup.com/supert/1286.html

    参照で



    http://www.youtube.com/watch?v=6EjJsPylEOY&feature=player_embedded



    簡単に言うと4歳の子供に1個マシュマロを出して

    「マシュマロを食べないで15分我慢してね、我慢したらもう1個あげる」

    と言って部屋を出るというもの。



    このテストで我慢できた子供は30%

    70%は我慢できずに食べたというもの。



    で、それで終わりなら別にああ、そうか、、、くらいで終わる。

    問題はその先で、そのグループを30年間追いかけたら

    我慢できたグループは進学率や収入面が平均より高く、

    食べた70%の子供は、犯罪率や収入面が大きく劣ったというもの。

    食べるのは本能で、食べないのは理性なのだそうです。



    同じことが実は釣り人にも言えると思っています。



    これを釣り人に置き換えると、、、

    マシュマロテストで我慢できた30%のグループは理性が大きい。

    立ち入り禁止には入らないし、他人のラインに被せない。大きい釣果を得ることが出来る。

    残りの70%は本能に勝てず

    フェンスを超えていくし、釣れた人の横に割り込み、貧果に終わる。

    釣り人のマナー云々はこの70%の人に向けられたものです。



    4歳の時にすでに決まっているのですから大きくなった大人には今から言っても無理なんだな。

    タバコも同じ割合かな。

    同じ様に今の100ドルと1ヵ月後の120ドルでは今の100ドルを選ぶのだそうだ。

    「今」のプレミア感が高いことがわかる。

    ちなみに1ヶ月20%とすると年利は240%なので、1ヵ月後に受け取るほうがいいに決まっている。

    が、そこは「今」のプレミア感が高いということだ。



    マシュマロテストでいうと、

    今買える定価の新製品のルアーと2ヵ月後に20%引きでタックルベリーの中古に並ぶのでは

    新製品の定価を「本能」が求める。「今」のプレミア感だ。

    「理性」が勝つとタックルベリーに並ぶまで買わない。

    市場で見ると新製品を買わない30%を相手にするよりも

    新製品が出たら本能に負けてしまう70%を狙ったほうがいい、ってことになる。

    だからメーカーは新製品、新カラーを出し続けることになるし、店舗もそれが売れるので

    そこはWIN-WINの関係になる。



    犠牲になるのは本能に負ける釣り人だ。釣り人の70%は本能に勝てない。

    すでに4歳の時に決まっている。

    新製品が出る、プロは「釣れまっせ」と言う。「欲しい」そう思わせたら

    釣り人の70%が新製品を買ってしまうんだから。

    そして短期的な釣果を求めるから、釣れた人の横に割り込み、フェンスに穴を開け、なかなか釣れない。

    本能が勝ってしまう人が70%いる。

    これは変えようがないと思う。



    4歳に戻ってマシュマロテストは出来ないが、今、自分が70%のほうか30%のほうかは

    現状を見ればわかると思う。

    我慢できずに買ってしまったモノが自分のタックルにどれだけあるか?だ。

    同じものはあとから安く買える可能性があるものなのに定価で買ってしまった、とか。



    私もあまり安くないルアーをいくつか買っていると思う。

    でもまあTBでメインに買っているから、新品を沢山かうことは少ないかな。

    リールも95ステラメインだし。ロッドも7000円で最近ナンピンした(笑)

    有名プロと同じロッド、リールで新製品のルアーで釣りをしている人は

    この法則から言うと貧果に終わっているはずだ。

    ひとよりいっぱい釣りたい、と思っているはずで、バチ抜けの情報を見るといてもたってもいられなくなる。

    本能が勝ってしまっている人の行動パターンになっていないだろうか?



    目の前でボイルが起きていて、先行者がいてもそこに投げない理性はあるだろうか?

    あなたが釣れない理由は実は本能にあるのかもしれない。



    じゃあまた!

    このページのトップヘ