クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2013年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国183人のファンの皆様こんにちは

    今年はほとんど釣りらしい釣りが出来なかったふなです



    さて、釣り納めに伊勢湾ジギングに行ってきました



    お世話になったのは第二明康丸さんです。

    予約が取れなくてここしか開いていなかったんだけど

    直前まで行けるかどうかわからないからなあ

    しょうがないです。



    伊勢湾のブリが釣りたくて、なおかつフォルテンの

    実力も試したいなあと、



    ロッドはタックルベリーの特価品 RVSP/602F-H 5980円

    リールもメーカー不明のlong run 8000という2800円

    ラインはヤフオクでノーブランドPE3号300m 1680円

    ショックリーダーは26号で約100lb 700円



    適当ですよ、弘法は筆を選ばずです(笑)



    ルアーはフォルテン120gブルーピンク

    これをトゥルーアイチューンして目玉を3Dに変えたもの



    いやトゥルーアイチューンとかいうと怒られそうだが

    ジグの目玉は大事なので譲れないです。

    青いシールはベイトの目に見えないという主張は変えません



    前日は雪が降り気温が急低下、こういう日は魚の活性が

    グンと落ちると予想。



    釣り方としては回遊待ちなんで我慢の釣りになりました。

    いつ来るかわからない魚を待つのです。



    群れが通ればバタバタ、あとはシーンとする。

    5時間で3回群れが通った感じでした。

    そのうちの一回に、無事ヒット。

    ブリとはいきませんでしたが、ワラササイズを

    確保しました。



    船内12人で7本、トップは3本だったそうです。

    二隻出発して、よかった方の船に乗ったようです

    半数以上がボーズな中、ゲットできて良かったです。



    トップはTGベイト150gを使っていたとか。

    タングステンかぁ、フォルテンタングステンバージョンの登場を待つか



    シルエットは小さめのジグが良かったので、フォルテン120gは

    マッチしたのだと思います

    隣のz1,z4を使っていた方はやや大きめのジグで、

    ノーヒットノーバイトでしたから



    伊勢湾ジギングはセミロングが良いときと

    小さめのジグが良いときがあるのでセミロングが良いときの

    ジグはスイムライダーを用意しておりました。



    前の日記で伊勢湾ジギングではシーライドより

    フォルテンの方がマッチするはず、と仮説を立てて

    その実証が出来たので良かったです。



    持論の釣りの90%は机上で行う、を証明出来たのも良いかと

    ただ釣り負けましたが、

    打倒TGベイト、次は負けないぞー



    ということで、来年はブリをまた狙いたいな

    また来年!












      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国183人のファンのみなさま、メリークリスマス!

    大量の通知メールというクリスマスプレゼントを fimo からもらったふなです。いらねー!!





    予想通り、ビットコインが暴落しました。



    もともと通貨ではないこの仮想通貨。



    通貨というのは発行元が安定させる仕組みを

    取り入れてようやく運用できるもので

    国ががんばってもジンバブエドルみたいに

    インフレが起きて、どうしようもない事態になったり

    するわけです。

    それなのに、放置すれば急激な上げ下げが起こるのは

    当たりまえで、今回は中国が取引を停止したから

    暴落した、それがなければ上がりっぱなしだったのに、と

    思っている人はバブルの崩壊を見てない能天気さんです。



    急激に上がれば急激に下がる、上がりっぱなしなどどいう

    神話はなく、調整機能もない仮想通貨は

    金融市場の制限をうけることなく、自由に相場が操れることを

    考えると、もはや通貨ですらありません。



    いや、ビットコインのネガティブキャンペーンをしにきたわけではなく

    例えば、ダイヤモンドも一部のユダヤ人が価格を維持しているおかげで

    高値安定というわけです。

    自由市場ならとっくに崩壊している価値です。



    同様に、ルアーも高値安定ではないでしょうか。

    無駄に高い、高い値段で安定させようとしている。



    唯一、タックリベリーとか、ダイソーが

    価格破壊を試みています。

    ダイソーは数年前はエギやミノーはなかったのに

    今は結構、品揃えが増えてきます。

    終わりの始まりが見えます。



    何度も言っておりますが、ルアーなんか105円で利益が出る

    製品なのです。付加価値という幻にお金を払わせる

    ノウハウで消費者を騙してきました。



    それもそろそろ終わりが見えてきたと思います。



    プラグ1個1500円という、標準的な価格、これを破壊しようと

    100円ショップ、オリジナルPEライン、トリプルフックのタックルベリー。

    ユダヤ人モドキが築いたルアーの価格を破壊しようとしています。

    とても良いことだと思います。



    クラウドルアーズも、少なからずルアーの価格破壊に挑戦です。

    ユニクロ、ニトリ、IKEA,タイガー、H&M、FOREVER21、トイザラス、俺のイタリアンなど、高品質低価格は

    決して不可能ではないことを見せてくれました。



    その視点を、メーカーサイドからではなく、消費者サイドから見ると

    今まで見てきた景色、常識が一変します。

    今まで当たり前だと思っていたことが、まったく違ってきます。



    クラウドルアーズは、メーカーの立場ではなく、消費者の立場から

    製品作りをしております。

    そうすることによって、メーカーの論理ではなく、消費者の利益のために

    存在する価値がある、唯一無二の存在となりえるわけです。



    来年はいよいよ、クラウドルアーズは産声を上げます。

    いや、あげる予定です。

    あげれたらいいな、、、

    まちょっと覚悟はしておけ(by さだまさし)



    今年最後の更新となりそうですが、、、、、

    年末年始は伊勢湾でジギングの予定です。

    ツイキャスをすると思いますので、暇な方は見てね。



    歴史を紐解くと高値安定しているものには必ず価格破壊の波が

    訪れます。どんな分野もそうです。

    いつまでもルアーや釣具が高値安定していると思うなよ、ってことです。



    来年は価格破壊が本格的に起きるといいな、のふなでした。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国183人のファンのみなさまこんにちは

    スルー力(りょく)のないふなです。



    見つけると、突っ込みたくなるんです。

    ネコがティッシュBOXに突っ込むように、、、



    http://www.youtube.com/watch?v=jNz-vUv-cn8



    ということで、フォルテンを探してかなり多くの釣具屋を

    回りましたが売ってない!

    しょうがないの通販で買いました。





    1個だけだけどね!高いね!



    伊勢湾でブリ狙いに使う予定です。

    シーライドは潮流の早い海では使い物にならないので

    逆のフォルテンだといけるはずなんです。



    それはさておき、ルアーを発注して、いろいろ

    製作者側に立つと見えてくるものがあります。





    釣れたら笑顔でガッツポーズを忘れずに!



    うん、遊び心はいいですね。

    でも、、、、肝心なことが間違ってはいませんか?

    最終チェックしましたか?



    わかった人は偉い。



    今週末は、修正シール貼りまくりだね。



    答えは最後に置いといて、

    クラウドルアーズの話をすると思い出すかも。



    前回、ルアーの外装について書きました。

    いや、前々回かも。

    それ見るとわかると思います。



    いよいよ、今週末にサンプルルアーが仕上がる予定です。

    どんな風に出来上がるか、楽しみなんです。



    ふなっしーは2体目を発注したら、変な形になってたとか

    言ってましたが、まじで変な形だったらどうしよう。



    なっとくするまで、サンプルは作り直しが出来るらしいですが。

    本当かね?



    ちなみにFeDEX込みで100個300ドル。

    1個300円です。

    送料190円、だから合計送料込みで500円で販売予定。

    利益10円だけど

    封筒があるからほぼ利益0円。人件費もなし!

    まだ手元にないので関税の額もわからず!

    ルアーの原価なんてこんなものですね。



    何が出来るかお楽しみ。

    もちろんOEMも可の予定。



    ちなみに外装の厚さを20mm以下にするために

    PETBOXではなくPVCバックにしました。

    このメタルジグと同じ外装ですね。



    PVCバッグに入ったプラグって初じゃないかな?



    というわけで、もう、おわかりですね!



    正解は、ケース:PET ではなく PVC だ!!

    やっちまったな!



    ※違っていたらごめん!

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国の183人のファンのみなさまこんにちは

    たまにはインターネット技術者のふなの話です。



    先週、奥さんがぼそっと言った。

    なんか最近インターネットが遅いんだけど、、、と。



    使ってみると確かに遅い。

    自宅サーバがあるが、そのアクセスまで遅いのだ。

    イントラネットなのに。



    調べてみると自宅サーバのトラフィックが爆発していた。



    1日のグラフじゃわからないね。



    年のグラフで言うと



    どかーん!



    こんな感じ。

    実はある仕掛けを施していて、その成果が急に花開いたわけでした。



    よく見るとトラフィックは3回爆発していることがわかる。

    1回目は3月に爆発。

    2回目は8月に爆発

    3回目はこの12月だ。

    3回目のトラフィックの爆発で、自宅サーバのトラフィックが爆発し

    尋常じゃない量のトラフィックが流れ込んできたのだった。

    そのため、回線がパンクしかけたのである。





    こっちの方がわかりやすいかな。

    3回目の爆発のあと、鎮火したのがよくわかる。



    原因を調べると、どうも仕掛けていたことが花開き、

    グーグルの検索結果は自宅サーバのSEOにヒットして

    一気に流れ込んできたらしい。

    グーグルでは検索アルゴリズムを定期的に変更し

    より情報のあるサーバの検索結果を上位に表わすようになったからだ。



    それが花開いた。

    いや、正しい花の開き方ではなく、想定外の事態だった。

    トラフィックの主な内容は画像検索の結果である。

    画像検索の世界ではSEOはあまり語られてなかったが

    そのうち、画像検索もSEOの主戦場になると想定して

    2004年くらいから仕掛けておいたことだった。



    グーグルの画像検索では画像とともに、そのページを開くことが

    出来るので、image -> Text サイトという流れを作ろうとしていた。

    トラフィックの流れを画像検索からWEB検索へ流そうという

    作戦である。



    なんだけど、肝心なWEBページのカウンタがあまりまわってないのである。

    ログを調べると、画像の直リンクばっかりであった。

    画像の直リンクサイトが直接、画像のリンクを貼るので

    自宅サーバは画像置き場と扱われて、テキストのページが

    クリックされない=カウンタが回らない、という悪循環に

    陥っていた。

    そのため、直リンクサイトのアクセスをブッチ切ったのである。

    それで鎮火した。



    それでも一向にインターネットは遅いままだった。

    トラフィック制御は焼け石に水のようだった。

    何かが違う、原因はなんだ?

    で、あることを思い出した。



    サーバは型は古いが、1ヶ月2000万PVを捌いていた超高速マシンである。

    データセンターにあるようなマシンと変わりない。

    自宅サーバにこんなバケモノマシンを使っている人は

    そうそういないだろう。

    サーバに問題はない。となると、回線か。



    昔ADSLで同じ様にトラフィックが爆発して

    上のMRTGのトラフィックが天井張り付きで

    限界までトラフィックがあったことがあったが、この回線は

    光で100MBPSである。

    そこまでトラフィックは高くない、サーバーの

    ロードアベレージも上がっていない。

    でもインターネットは遅い、なんでだ?



    そうか、アレか。

    ちょっと時間かかるな、、、



    httpd.conf で MAXCLIENT を512->16とかに

    落として、トラフィックを無理矢理落とし

    画像検索結果もアクセス拒否し

    しばらく運用。



    ヤフオクで3700円であるものを落札し、設定。

    無事、トラフィックを捌けるように

    なったので、apache の設定を元にもどし

    画像検索結果も許可し、運用再開。

    無事、早いインターネット、イントラネット環境にもどった。



    #肝心な点はぼかして書いてます。



    サイトにアクセスしずらい現象はいろいろ原因があります。

    あとは経験とスキルで対処できるかどうか。

    これが肝心。個人的には何回かトラフィック爆発を

    経験しているので、そこらのWEBエンジニアより経験値が高いかな。

    趣味でこんなことやってるのは相当暇人が、変わり者だろうけど、、



    なので、仕掛け方を間違えなければSEOやその他のトラフィック爆発は

    起こそうと思えば起きるのである。







    トラフィック爆発を止めた様子。

    4000Kって4M、しかし単位はBytes/secなので

    4M*8bit=32MBPS



    100MBPSの光回線で32MBPSのスピードが出てればそりゃ遅かったろう。

    共有回線だし。

    100MBPSはあくまでも理論値です。

    実際は半分くらいしか出ないことも多い。



    ということで、インターネットのスキルは何か事件があると

    ぐんぐんアップしますね。

    釣りもこんな風に簡単に巨大魚を追いつけられたらいいのにな。

    IT簡単、釣り難しい。



    見たい人がいるかどうかわかんないけど

    自宅サーバのMRTG

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国183人のファンのみなさまこんにちは

    昨日のRTF6はどうだったのかなー、気になるふなです。



    さて、ルアーを作る工程にはいろいろありますが

    外装、パッケージにはあまりコストをかけたくありません。

    それ以前の問題もあります。



    メール便で送ることをメインで考えているので

    厚みが20mm以下の外装が理想なのです。



    しかし!標準的なルアーの外装パッケージは

    PETBOXというもので、ほとんど大きさが決まっております。



    この厚みが23mmとかなんですね。

    メール便で送るには20mm以下でないのでいけないので

    封筒の厚みを考えて17-18mmが理想です。

    薄い封筒なら19mmでもいいかもしれません。



    これがないんだな。

    手元にあるPETBOXはすべて厚みが20mmオーバー

    もう、メール便で送る気さらさらないのかい、っていう感じです。



    ところが!

    1個だけ20mmを切ったPETBOXを発見しました。

    なんとYOREYOREは19mmでした。



    地味に藤沢さんすごいな、いい仕事するなー

    と関心しておりました。



    なんでもそうですけど、

    やってみないとわからないことがいっぱいあります。

    机上の空論から具現化していく過程において

    問題は山積し、それを解決していく過程が面白いですね。

    え、面白いのは私だけでしょうか。

    普通の人は問題なんかないほうがいいと思うと思います。

    問題はあったほうが面白いと思えるのは仕事が楽しい証拠ですね。



    さて、20mm問題はPETBOXを使わないという方向で

    解決しそうです。じゃあ何を使うのだ???



    次の問題は、こちらのデザインがあっちに伝わるか?です。

    標準的なプロトコルはないのかなー。

    色の重ね方とかさ、グラデーションとかさ、ドットの大きさや

    エッジの処理方法まで、統一されたフォーマットはないのかい?

    世界標準のプロトコル的なものになるような規格を作れば

    ルアーなんて世界のどこの工場でも同じものが出来るようになるのにね。



    まずはイメージ図を描きますか。

    どっかに標準的なルアーの発注方法のドキュメント落ちてないかな〈笑)

    このページのトップヘ