クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2014年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国205人のファンの皆様こんにちは。

    今回はほぼ私信になります、ふなです。

    そのためコメントはいりませんので

    まぁざっと読み飛ばしてください。





    どうもお金の哲学について聞かれている気がしたので

    自分の考えを書きたいと思います。





    日本では義務教育でお金の勉強をしません。

    そのため、どこからお金が来て、どこに行くのか?とか

    為替とか株や金融に関する教育が行なわれていないです。

    そのため私もよくわかってない方だと思っています。



    あ、時間がなかったので尻切れトンボになってます。





    という前置きは置いといて







    ○お金の無力さを知る

    ほとんどの方はお金があれば幸せになれる。

    お金で買えない物はない、と思っていると思いますが

    いくらお金があっても意味が無いこともあります。

    年収650万円が幸せのピークというデータがあります。

    それより少なくても不幸だし、多くても不幸だということです。

    ああ、私は不幸だな。

    なので、お金にはあまり執着しても意味が無いことが多いです。

    これを悟ったのは10年くらい前なので、

    もっと早く、お金の無力さに気づいていれば良かったかな、と思います。

    たぶん、お金さえあればいいじゃないか!と思っている人は

    はやく気がついてください。







    ○目的か?手段か?

    お金を稼ぐのは手段です。何かの目的のためにお金を稼いでいるわけで

    稼ぐことが目的になってしまっていませんか?

    例えば、魚を釣りたい→道具が必要→お金がない→稼ぐ

    というのは明確な目標「魚を釣りたい」があるので

    その手段としてお金を稼ぐを選択しています。

    でも、お金を稼ぐ以外の手段で、「魚を釣りたい」は実現できないのでしょうか?

    道具を自作するというのも手ですし、漁師に転職するというの手です。

    お金は万能に近いので、とりあえずお金を稼ぐという手段を選びがちですが

    他の手段でも目的は実現できる可能性があります。





    お金は万能だ→お金が欲しい→稼ぐ

    こうなると目的はお金ですから、じゃあ稼いで何がしたいの?という

    答えにたどり着けません。





    ○情報商材について

    情報商材の情報にはほぼ価値がありません。

    情報商材はどうやって作られるか?を

    考えたときにその答えは出てきます。

    たとえば、デパートの商品券1000円分を金券ショップから930円で買い。

    ボールペン1本を50円で買うと、950円のお釣とボールペン1本が手に入る。

    その後、ポールペン1本を返品し50円も受け取る。

    これを繰り返すと無限にお金が増える、なんていうのを見たことがあると思います。

    みんな知っていますし、デパート側も対策しています。

    しかし、このモデルを見つけた最初の人は相当儲けているわけです。

    そしてデパートが対策し始めた頃に、このノウハウを「情報商材」として売るわけです。

    あとから情報商材を買った人はそのノウハウでは儲けられません。

    しかし、最初にモデルを見つけた人は実際に儲けて、なおかつその情報商材を売ることでも

    儲けることが出来ました。

    だからもう世に出回っている情報商材では儲けることが出来ません。

    情報商材は「誰かが儲けることが出来た」という記録みたいなものです。

    なので、本当に儲かる人は最初にモデルを見つけた人、なのです。

    コロンブスの卵は誰でも出来る、最初に見つけた人しか儲からない。





    ○お金の使い方は3つしかない

    それは投資、消費、浪費の3つ。

    投資は将来リターンが見込めるもの、消費はどうしても使わなくてはいけないもの

    浪費は使っても使わなくてもいいもの。

    割合の理想は25:70:5 だそうです。

    釣具はどうでしょうか?良く、ここは投資して高い竿を、、、

    という記述を見かけますが、どう見ても釣具は「浪費」です。

    収入の5%以下しか使ってはいけません。

    手取り20万円として浪費は1万円以下です。

    タバコやジュース、お菓子に新聞、タクシーや漫画、飲み会、ゲーム課金など

    使っても使わなくてもいいもの全部ひっくるめて1万円以下です。

    飲み会に行ったら、パズドラに課金したら、、釣具は買ってはダメなのです。





    という前提だと趣味は浪費ですね。

    しかし、趣味を仕事にしてしまうとこれは投資になります。

    クラウドルアーズはリターンが見込める(ほぼ原価返しですが)ことになります。

    浪費から投資に変化するわけです。

    すると、20万円の25%=5万円まで使えることになります。

    ルアー5万円分発注できることになります。

    テストと称して釣りに行けます。なぜなら投資だからです。

    これと一般消費者が「5万円投資して高い竿買った」、は違います。

    リターンがありません。この場合のリターンはあくまでもお金が基準です。

    「すばらしい経験」とか「所有する喜び」とかはリターンではありません。

    よく、セレブの奥様がエステとか美容化粧品と「自分への投資」とか

    言っていますが、あれも浪費ですね。





    ○寝ている間に稼げ

    昔、adwords が進出する前に携帯のクリックは1クリック20円とかで

    業者が買ってくれました。XXXクリックという会社名ならまず間違いなく

    携帯電話(ガラケー)の広告代理店でした。

    そこで、携帯向けの写真ストレージサービスを始めたところ

    2週間で1000万PVを稼ぎ出すサイトに成長しました。

    寝ている間に月200万円とかの広告費が入るようになりました。

    やることとと言ったらプログラムの修正とか、ユーザーサポートとかです。

    会員数は10万人程度いたと思います。

    それをたった1人で、管理運用しておりました。

    しかも会社は辞めずに暇な時間だけ使って。

    寝ている間にサーバーが稼いでくれるのです。

    ITと寝ている間に稼ぐ商売とは親和性が高いと思います。





    ○プラットフォームを持て

    思いついたらすぐインターネットサービスを始められるように

    WEBサーバを自前で持っています。

    自宅サーバと呼ばれるものですが、

    いいサービスを思いついた→サーバを用意しよう→お金かかる→じゃあ止めるか

    となってしまってはもったいないので

    いいサービスを思いついた→その日にサーバー上で開始しよう

    が出来る環境があります。





    クラウドルアーズも同じです。

    新製品が出来た→販売する方法が無い→売れない

    とならないように

    新製品が出来た→既存のストアで売る→売れる

    と、販売プラットフォームを自前で持つ、というのは意味があります。

    先日、大雪の山梨県でヤマザキパンがパンを配ったという話が

    ありますが、あれも、自社トラックだから出来ることです。

    自社で販売プラットフォームを持たないということは

    誰かに「売ってもらう」必要があるということです。

    その縛りがあると自由にコントロールできないというのは

    先日の大雪で他のトラックが食料品を配らなかったことからも

    わかると思います。





    通常、WEBサーバも販売プラットフォームも月々使用料金がかかります。

    しかし、自宅サーバで行なう点やヤフーストアの無料化など

    無料ツールを使えば毎月の使用料金を0円かそれに近い金額でいくらでもこの世にはあふれています。

    それを使い、プラットフォームを持つのは大きな武器になると思います。





    ○スキルにするなスキームにしろ

    クラウドルアーズの管理は奥さんにやらせています。

    やり方は簡単で、注文画面のコピペを

    自宅サーバのツールにペーストしてSUBMITすると

    送り状が印刷されるので、切った貼ったすれば終わりです。

    ブログコードやら案内文の印刷も自宅サーバのWEB上で処理しています。

    この処理なら、システムに無知な素人でも管理出来ます。

    ストア用のツールを作ったのは私です。

    乱数と文字列を表示してログに書き込むというプログラムを作ってます。

    その後のログ記事報告の報告WEBとかもすぐ作りました。

    これは奥さんでは出来ませんし

    メールで送ってもらって、別のエクセルで管理する、というのは

    手間がかかりすぎますので意味が無いのです。

    が、よくこれをスキルで処理しようとする人がいます。

    上記のメールで送ってもらってエクセルで、、、。

    それでも出来ますが、属人的な処理になり手間がかかります。

    スキルは人に依存します。人が変わるとノウハウも一緒に移動してしまいます。

    また、人の処理量以上は処理できません。

    膨大な知識と高度な処理能力が求められる割には処理量が少ないのです。

    対策として長時間働く、ということになってしまいます。

    そのため、1つの仕事をいくつかの単純作業にして、機械的に

    出来るところは機械的にやるということが出来ます。

    機械でも出来ることを人間がやって勝てるわけがありません。

    人間がやることは人間にしか出来ないことをやるべきです。

    同様に、海外でも出来ることは海外でやるべきです。





    ○ミスの99%は仕組みで防げる

    これも人間にしか出来ないことは人間が行なう、という見本で

    ミスしたときに「気をつけます」というのは最後の最後。

    まず、仕組みで防げないか?を考える。

    例えばトイレの電気、つけっぱなしで怒られる。

    「気をつけます」は最後の最後。

    例えば、センサーライトにするという仕組みを導入すれば

    99%は防げる。1%は長時間ONにしたいときに

    手動で切り替える時などに限られている。

    大体、ダメな管理職ほど人間に処理負荷をかけてさらにミスを

    誘発する事態になる。

    同様に99%のサポート内容は自動化できる。

    人間がサポートするのは残り1%でいい。

    FAQはそのためにあるから、FAQを充実すれば人間の

    サポート処理件数はどんどん減る。

    そうすると10万人の会員がいるサイトでも1人で

    サポートできる仕組みとなります。





    ○現象に対処するな、原因に対処しろ

    ほぼ問題解決の技法そのままですが、現象に対応しても

    原因に対応しないかぎり、問題は起こり続ける。

    たとえば、鼻水が垂れている人に鼻水が止まる薬を出す、

    というのは現象に対応していることになる。

    一時的に鼻水は止まるだろうが、また鼻水は出る。原因に

    対処していないからだ。

    火事が起こって火を消す。年間100件火災を鎮火した。は

    現象に対処しただけ。原因に対処すれば、火災件数事態が減る。

    同様に、釣れないというのは現象で、原因に対処すれば

    釣れるようになる。

    稼げないのも現象で、原因に対処すれば稼げるようになる、はず。





    ○お金に振り回されない

    ○1日は誰でも平等に86400秒である

    ○時間を2倍使う

    ○お金以外の価値を見つける

    ○友達関係はソーシャルキャピタルというお金で表すことが出来る





     あ、時間切れ、また今度気が向いたら続きを書きます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本全国205人のファンの皆様こんにちは。

    自分の年金運用を設定をしました。

    いわゆる401K、確定拠出年金が始まりました。

    ハイリスク、ハイリターンです。

    デフォルトは 0.025% とかの定期なので、

    これを3年で 50% 前後を狙う、年金運用にします。

    2000倍もの差がありますね。

    IT業界の方は、確定拠出年金を積極投資にしましょう、のふなです。







    タイトルだけでオチがわかってしまいましたね。

     



    ということで、ビットコインは終わりました。

    もともと、発行者がいない通貨や、保証のない通貨というものが

    どんだけ危険か理解していないわけで、円やドル、ユーロなどと

    同列に考えてはいけないのに同列に考えてしまったわけで。

     



    私の予想通りなら、「犯罪組織のブラックマネーを

    集めて通貨システムごと潰し、犯罪組織の資金を断つ」という作戦だった

    というのが後日わかると面白いんですが。

     



    まだWAONとかモリタポのほうがバックがしっかりしているから

    安全ですね。通貨じゃないんだけどね。

     



    万が一、再開出来ても信用はゼロですから誰も使いません。

    通貨としての信用がなくなったのですから。

    どっちに転んでも終わりです。ビットコインは終わりました。

     



    これは怖くて使えないと3ヶ月前に予想した通りになりました。

    ビットコインでインフラを整備しようとしてた、とかじゃないことを

    祈ります。

     



    さて、今後ビットコインはどうなるでしょうか。

    まず暴落は避けられません。

    そもそも通貨ではないので投機的な動きも難しいと思います。

    利用者は減り、システムそのものの存在もあやういと思います。

    概念だけが残る、ということになるのではないかなぁ。

     



    外資系の会社は撤退が早いです。

    これは日本の会社と大きく違います。

    昔、コモドール社のVIC-1001というパソコンを買ったのですが

    日本で売れ行きが悪くなった瞬間に撤退しました。

    これ以来、外資系の会社は信用しないことにしてます。

     



    保険なども同じですね。日本の会社と同じように考えてはいけないと思います。

    外資系の会社は儲かるから参入するのであって、儲からなくなると撤退します。

    そもそも保険が儲かるってどういうこと?って考えればますます外資系の保険には

    入ってはいけないと思います。

     



    ブランドとしてはどうでしょうか?

    ビットコインは信用を失いました。

    これは日本でいえばQ2に似ています。

    Q2=アダルト、というタグ付けされてしまったように

    システムそのものには問題ありません。

    しかし、信用が失われました。

    ある日突然換金が出来なくなるシステムであることは

    証明されました。

    これは参入しようとする会社にとっては無理な話です。

    結局、ビットコインの主な課金手段はアダルトコンテンツの決済程度しか

    使えないことがわかると思います。

    まさにQ2と同じブランドになります。

    Q2でも募金や有用な情報番組は少数ですがありました。

    ビットコインを持っている人=アダルトコンテンツを買っている人、という

    ようなイメージが悪いブランドになります。



     



    おそらく背景の良く似た映画があります。

    「マージン・コール(2011)」です。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB

     



    あらすじ[編集]ウォール街のとある投資銀行。ある日、突然の大量解雇が発表される。

    リスク管理部門でも多くのスタッフがオフィスからの退去を命じられる中に、

    リスク管理部門の責任者エリック・デールの姿もあった。彼は「用心しろ」という

    意味深な言葉とUSBメモリーを部下であるピーター・サリヴァンに手渡した。

    その晩、残されたデータを分析したピーターは、会社が全資産を超える損失に繋がりかねない

    リスクを内包した大量の金融商品(不動産担保証券、いわゆるサブプライム商品)を抱えている、

    という結論に達する。即座に新たに上司となったウィル・エマーソンを呼び出し状況を説明するピーター。

    既に状況は逼迫しており、明日にもリスクが顕在化する危険があった。

    ウィルと上司のサム・ロジャースは緊急役員会の招集を進言する。

    会社の存亡の瀬戸際で役員達が導き出した結論は、市場が気付く前に全ての不良資産を早急に売りさばくことだった。


     



    アメリカの会社がどうやって撤退するか、よく表現されていると思います。

    MtGOXもこんな感じで撤退したんだろうな、というのがわかると思います。

    雰囲気をつかみたい人は見てみてください。いい映画ですよ。

     



    ビットコインそのものが否定されたわけではないのですが、

    売買をするサイトがなくなる、取り付け騒ぎになる、など、

    通貨とは言えない事態になってしまったので、もう終わりだと思います。

     



    よく国際的な円天に例えられますが、その通りかなぁ、と思います。

    中身は違いますが、外から見たら同じなのです。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本全国205人のファンのみなさまこんにちは

    リアルが充実していると投稿数が減る、という調査結果に妙に納得しているふなです。

     



    この週末からリアルが充実というか、やることがいっぱいあったので

    てんてこまいでした。

     



    まず、車の買い替えでディーラーを右往左往。

    スズキを買ったのに、保険はトヨタに入るという不思議なことで

    2つのディーラーを行ったり来たり。

    ちなみに買い換えない場合に比べて、今後10年間で300万円以上余計な

    出費が出るので、、、燃費は正義ですね。

    ディーラーにもエクセルで作った表を見せて、燃費悪いと見込みコストが

    かかるという説得して値引きして、って頼みました。

    それを持って別のディーラー行って、ダイハツさんはこんなに引いたよ、とか

    見せます。だけど、スタートが悪かったので

    あまり値引きは期待できませんでした。とほほー。

     





    たぶん今の車の燃費は10・15モードで9.2km/l JC08 に変換すると 7km/lくらいかな。

    これが 26km/l になります。4倍良くなる?

    カタログ値の7割の燃費の計算で、10年10万キロ乗ると、大変な差がうまれます。

    あとは重量税や車検なんかも差が出るので、、、



    車買い替えはたぶん正しいと思いました。

     



    同じことが釣具にも言えて、ランニングコストの高い釣具って

    結局高いんですよね。

    それはメーカーを選ぶことに通じるんじゃないかと。

    高いコストのルアーなり竿なり、ラインなり使用すると

    同じ釣果を得るのに今後、余計なコストがいっぱいかかると。

    コスパが良くなるにこしたことはないかな、、

     



    ここで、注意したいのがコスパの考え方。

    たとえば、ダイソーのルアーは

    パフォーマンスはたぶんちょっと悪いが、それをカバーするくらいの

    コスト削減をしているので、コスパが良く見える。ということ。

     



    また、高いルアーはパフォーマンスはちょっと良いが、

    それをカバーできないくらいコストが高いので

    コスパは悪く見える。ただし、そこに「付加価値」という

    目に見えないパフォーマンスがあるように見えるので

    コスパが良く見える、ということだと思います。

     



    1500円のバイブレーションを1投目で根掛かりするとか

    悲しいコスパの悪い釣りになっていませんか?

    その場合はそもそものパフォーマンスを発揮していないので

    コストのみ上がってしまうという、散々な結果ですが、、、

     





    さらに、携帯電話を契約、月3円の携帯を5回線とプリペイドを2回線。

    ちょっと無計画すぎたので、なんと来年の3月には10回線MNPしないと

    いけません。うひょ。CB万歳。

    2人でMAX30回線なので、それでも16回線しか埋まってない。

    AUはよくわからん。SB高い、ドコモ安い、くらいかな、、、

    すいません、携帯コジキ去年から参戦なんです。

    一応ガントチャートとか作って管理はしてるんですがね、、、

    16回線維持するのに毎月の携帯料金は、、、5000円程度。まあアホですね。

    放っといてください。

     



    SB:みまもり*6+プリペイド*3

    DOCOMO:キッズ*5+Xi*2

    AU:がら空き

     



    AUよくわからんぞ!



    このMNPのCBで高価な釣具を狙うわけですよ。

    たとえば、、、

     



    EMカインズホーム日立 @emhitachi

    #205SH #MNP #キャッシュバック #まとめ

    ?台 75,000円!

    ?台180,000円!!

    ?台315,000円!!!

    ?台440,000円!!!!

    ?台550,000円!!!!!



     ・

     ・

    ?台1,100,000円!!!!!!!!!!


     



    10台で100万円超え、とかですね。



    どうやって10台同時にするのかわかりませんが(笑)

    5台x2回でも同じですかね。

    CBでステラ買うぞ!ってことです。来年まで狂想曲が続けば、の話ですが。

    遅すぎた参戦ですが、しばらく続くといいなぁ。

     



    2年契約で去年仕込んだのが来年咲くので、今年も2年契約を仕込んだ。

    これで毎年、なんらかのMNPが発生するように調整できたはず。

    それとは別に1年後に咲くようにプリペイドも仕込んだんですけどね。

    ああ、去年もっとプリペイド仕込んどけば良かった。

    今年は1回線のみ収穫です。

    もともと子供が使っている携帯だけどね。

    単にドコモにMNPするだけになってしまった。うまみなし。

    来年咲き過ぎ。もっと調整うまくやらないと。

     



    使わない携帯はなくて、寝かしたり、車に付けたり、バイクに付けたり

    親戚に配ったりして、長距離インターフォン代わりや

    GPS移動機器として使っています。

    車、バイクが盗難にあってもGPSで探せます。

    ココセコムと同じことが月3円で実現できます。

    案外、役に立ちますね。

     



    ちなみにSBのみまもり携帯のメールから

    所在地を割り出すウエブサービスを

    http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/mimamori/

    で立ち上げています。

     



    これで、GPS情報から地図に変換できるわけです。

    位置サービス情報をわざわざ契約しなくてもいいのですよ。

     



    さらに、保険の更新時期でした。

    はっきり言って民間の保険に入る必要はありません。

    共済で十分です。

    ということで、都民共済に加入し、民間の保険を解約(更新拒否)しました。

    都民共済では2000円で十分な保証があります。

    実際は2000円(I型)+2000円(II型)+1000円(特約)=5000円

    の保険に入ったのですが。

    最近、3大疾病の特約もいかが?というDMが来ていました。

    それでも+1000円。



    今までは1.2万円程度だったので半分ですね。

    それが今年の3月から倍の2.4万円になるというので、

    都民共済にしました。都民共済の良いところは

    割戻し金があるところです。

    保険事業を行なって、余ったお金を返却するのですね。

    大体3割返ってきます。ってことは実質7割の値段で、加入できるってことです。

    2.4万円の予定が4200円、6分の1に抑えられました。

    保険ももっと早く都民共済にすれば良かったな、と思いましたよ本当。

     



    都民共済の面白いところは、結婚式が安く挙げられたり、

    スーツを安く作れるところです。

    これは知らない人多いんじゃないかなぁ。

    結婚式は知っているかもしれないがスーツを安く作れるって

    知ってましたか?俺は知りませんでした。

    オーダースーツが1万円って、吊るしじゃないんですから

    安いと思いました。結局、営利を目的をしてないので安いのです。

    どっかのルアーもそうでしたね(笑)

     



    ということで、リアルが忙しくて充実していると

    バーチャルなネットの更新が億劫になるというデータは

    案外正しいな、ってことを感じました。

    今週末はまた携帯屋に突撃だー!

    ドコモの1000円以下でパケット使い放題案件を探さないと、、、

    子供のスマホはどれにしようかなぁ、、、

     



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国203人のファンのみなさまこんにちは。いやこんばんわ。

    今週末は軽自動車の納車です、そのため今朝は、白いボディのオープンカーで

    ピンクのワイドバイザーのついたPOPなジムニーみたいな車が納品される夢を見ました、ふなです。



    消費税が8%になります!

    1000円の買い物で50円の税金が80円に!

    10万円の買い物で5000円の税金が8000円に!3000円UP、たかが、3%、されど3%。

    大きい買い物するなら今!ステラ、ボート、別荘、うーん買えない。

    買わないのが一番安い。



    ということで、メーカーさん、小売さん、消費税UPする対応に追われていると思いますが

    消費者は何か防衛策はないのでしょうかね??

    ラインやスナップとか消耗品をちょっと多めに買っておく程度、ですかね?



    当然メーカーは値上げをしてきます。

    車はスズキだったのですが、たとえば、今HUSTLERを発注しても

    人気なので納車は7月だそうです。

    すると消費税8%になっちゃう!と思いますよね?

    ところが、スズキは違います。

    なんと、消費税5%でいいよ!ということなのです。

    差額の3%はどうするか、スズキ負担だそうです。

    よ!消費者の味方!貧乏人の味方!

    HONDAとかは先月、見積もり取ったら消費税8%で計算されてましたけどね。

    納車は4月超えるそうな。



    今回、トヨタ、ダイハツ、スズキ、ホンダ、マツダ、日産とディーラーめぐりしましたけど

    はっきりとその会社の色が出ました。イメージではない、現場の雰囲気というか

    メーカーの雰囲気ですね。



    同じように釣具のメーカーも対応が分かれるのか、それとも

    右へならえ、で同じように値上げするのか、、、

    ちょっと楽しみにしております。



    これは船宿も見てまして、原油高騰のため、値上げします、と上げた料金を

    下げた、という話を聞きません。

    便乗値上げが行なわれているんですかね。



    同様に、いろんな業界の対応を消費者目線で見ていこうと思います。

    ガソリンも上がるはずなので、値上げするのか?それとも据え置きか。

    はたまた下げるのか?とても興味深いです。



    上げるとしても3%なのか、それ以上なのか、それ以下ってことないと思うけど

    きっと値上げだろうな。

    うちは値上げしません、据え置きです。なので実質値下げですね。この時代に。

    もともと消費税は関係ないですから。

    為替は関係あるけどね。レートが酷く円高に振れたらさすがに価格改定という名の値上げを

    すると思いますが、、、

    あれ?送料どうなるんだっけな??ま、いいや。

    細かいことは気にしません。



    釣行回数も3%程度、削減することになるでしょう。もっと削減かもしれませんが。

    3月の駆け込み消費以降、4月からの落ち込みがハンパないと思いますので

    景気は悪くなりそうな予感です。



    消費税が増税になることの対抗策があったら教えてください。

    少し考えていたんですが、、、



    1、ヤフオクをメインにする

    消費税が関係ない個人から買う。(とは言っても落札手数料分上乗せされそうですが)

    2、高い国産に見切りをつけ、安い海外製品をメインにする

    マネーボール理論ですね。1500円のルアーの釣果を500円x2個でカバーするような買い方

    3、タックルベリーで中古メイン

    中古もそうですが、PBもいいかもってフックくらいしか使えないかな、、、PEラインはダメだった。

    4、トップゲーム、サーフェースゲームオンリーにする

    根掛かりロストを避けるために、、、

    5、ワームメインにする

    単価を限界まで下げるのはワームくらいだと思う

    6、バイク釣行を増やす

    自動車のガソリン、駐車場代を減らしましょう。うちの場合は電気バイクですが、、、

    7、リップが折れたら修理する

    ネタをまだ上げてなかった、、、100円ショップで買える物でリップは修繕できます。

    8、リールの下巻き糸を増やす

    150mラインを75mx2で使うってことです。100m一本使うより25%お得。

    9、釣れたら食う

    食料の足しにする、スズキさんごめんなさい。安部総理を恨んでください。

    10、ドラグを3%緩める

    ファイト時間が3%長くなります(理論上)



    あ、どれもくだらないですね。

    消費税UPに対抗できるのは買わないこと=より消費者の選択眼がきびしくなる、と

    いうのがたぶん一番の対抗策かな、と思います。

     

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    日本全国203人のファンのみなさまこんにちは。いやこんばんわ。

    松岡修三が帰国すると雪の天気予報が晴れになったというデマは面白い。ふなです。

     



    さて、釣り人口やらどう変化するのか、未来予測は

    どうなるか、考えたことはありますでしょうか?

     



    答えはレジャー白書にあるんですが、

    高い本なので、一般には買えないですね。

    でも、数字は時々拾うことが出来ます。

     



    http://yukan-news.ameba.jp/20121004-164/



    とか、

    釣り人口は2000万人をピークに1000万人割れしています。

    今後も、下降を続けるか、伸びるかは業界しだいですね。



    ただ、メインステージはリタイアした団塊の世代です。

    若者ではない、業界を大きくするには60歳以上を相手にしないと

    いけないということです。

     



    ソルトルアーはたぶん、これからも減り続ける若者をターゲットに

    していくのでしょう。そしてパイが小さくなり、奪い合いを行なうと。

    そういう暗い未来しか見えないのは嫌ですね。

    ますます、マニアック化していくしかないのかなぁ、、

     



    そして東京オリンピック2020年。

    都内の港湾部はますます規制が厳しくなり、ポイントはほぼ壊滅といったところ

    になりますね。

    今後の市場はかなり冷え込むと思われます。

    オリンピック圏内8kmは行かないほうがいいと思います。

    木場、お台場、ゲートブリッジ方面は全滅で、葛西より東、スカイツリーより北で

    羽田より南、新宿より西、が今度のフィールドになると思います。



     





    また、可処分所得も年々減っているので、低価格化は避けられない問題に

    なってくるんではないか、と思います。

    地方のポイントにスポットがあたり、涸沼とか混んじゃうのかな、、、

    釣り禁止になっちゃうかな、、、とかあまりいいニュースが予想できません。

     



    ぶっちゃけ都内のポイントで取材できなくなったら、雑誌とか無理じゃないのかなぁ。

    残されたと都内のポイントは荒川の上流、旧江戸、江戸川、多摩川、運河だけで、港湾部は全滅ですから

    人が多くて釣りにならねーってなる気がします。

     



    ポイントのドーナツ化現象は起こると思うので、都内のポイントはどこに行っても混雑、

    バスバブル時代か!と勘違いするほど釣り人の密集度は高くなるでしょう。

    それは都内港湾を追い出された人が8kmエッジに集まるので、

    釣り人はこんなにいるのに市場は小さくなっていく、というジレンマが見える。

     



    そんな夢の無い話をオリンピックを見ながら考えていました。

    じゃあ、どうするかって話ですよ。

     



    ●オフショアをメインに考える、シーバス=ボート ということにして

    乗合船やボート産業に釣り人口の受け口になってもらう、という方法。

    これなら、60歳以上の人でも簡単に釣れるし、市場は大きくなる可能性が高い。

     



    ●思いっきりマニアック、アングラ化してしまう。

    シーバス釣り=マニアしかいない。専門店も少数で、道具も高い。というような

    マニア化して生き残る。うーん、市場は小さくなっちゃうけどね、、、

    おかっぱりでシーバス釣っているの?違法じゃない?とか言われるレベルまで突き進む。

     



    ●地方メインにしてしまう、利根川、涸沼、多摩川とか、神奈川、静岡、千葉、茨城方面へ

    スポットをあて、ポイントが開拓されていく。

    手軽に、っていうわけにはいかなくなるでしょうが、地方の可能性を引き出すいいチャンス。

    移動時間が取られるけど、近所で手軽に、ということではなくなるので、地方ブームを仕掛ける。

    東北とかいいね。復興にも一役買う。

     



    ●ターゲットを変える、鯉とかニゴイとかウグイとか、エイとか

    すでにシーバスとか関係なくなってしまったが、他のターゲットなら

    都内のポイントでも釣れないかなぁ。都内のメバルカサゴにシフトする。

    あ、五平さんがすでに開拓を、、

     



    ●大阪、名古屋がメインになる。大阪湾、名古屋港が主役に躍り出る。

    うーん、大阪はありそうだけど、名古屋はどうなのかなぁ、、、

    よく知らないんですが、名古屋のポイントって、、、

    あ、愛知なら伊勢湾ですね!もちろんオフショアしか知りませんが。





     



    いろいろ考えましたが、現実的なのはオフショアにシフトすることでしょうか。

    もう少し船代が安くなれば、受け入れ量が増える気がするんですが、、、

    そういう風に雑誌もメディアもやっていかないと、市場が消えてしまう気がします。

    バスの時も、国が産業を潰したように、オリンピックが産業を潰す可能性があります。

    さて、生き残れるでしょうか。ちょっと心配です。

    最近、フィッシュマガジンの廃刊を聞いて、ああ、熱帯魚ブームは地震で去ったか、、と

    ちょっとさびしい気分になりました。

    (もちろん熱帯魚と地震の因果関係は不明ですが、、推測で)



    このページのトップヘ