クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2014年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国247人のファンのみなさまこんにちは

    明日はヘラブナ釣りをライブ中継してみようかな、ふなです。



    バッテリーの持つ2時間程度しか出来ませんが、、、

    充電しながら出来たらいいのに。

    第1回目の釣り中継のリベンジ場所でもあります。

    Ustならできるはず。ああ、でもあの時はAUだったな今度はドコモ

    電波が悪いかも、、、



    土曜日は旧江戸に出撃、撃沈風邪引くという連続コンボ。

    ボトムじゃなく中層にベイトはいたので、いやボラだと思うんだけどね。

    釣りがメインじゃないし(震え声)

    フルバイク2号のテストだし。

    1つ進化したのは、ルアーを1個もロストしなかったのが救い。

    それだけですけどね。



    結局薬局北極、ホームは人だらけで、魚は1匹も見なかったです。

    ボイルもなし、ボラが泳いでいるらしい波紋が見えただけ。

    ポイント選びに失敗したわけですね。

    もう少し足を伸ばして対岸にでも行けばよかったな。



    そういえば、DUELさんのモニターに選出されました。

    (PEラインですね)

    そして、マリアさんのモニターに選出されました。

    (ブルースコードIIとフラペン)

    おめでとう、俺!面白い切り口で、斬って行きたいと思います。



    WEBモニターに課せられた使命はアクセス数であり、宣伝です。

    ちゃんと宣伝はしつつも、自分らしさを残せるか?という課題があります。

    本当に難しい、さじ加減です。

    これはいい、これでしか釣れない、最高!というわけにはいかないし

    これ使えない、釣れない、駄目よー駄目駄目。というわけにもいかない。

    微妙なさじ加減。どっちか極端は簡単だけど、中間地点が一番難しいと思う。



    これとは別の話なんだけど、実はホワイトに見せかけたブラック企業が

    多いと聞いて、なるほどと思っている。

    たとえば、TDRのオリエンタル○○。ワタ○、たかのゆ○、とか

    新手のブラック企業に共通するのは「夢」「感動」を給料に入れ込む、という

    手法である。



    経営者的な視点から見ると、給料20万円払うとして、そこから2万円を

    感動体験や夢のために別で消費しているのなら、仕事で感動体験や夢実現をさせてあげるので

    給料18万円でいいよね?という論理らしい。

    一人月2万円を減らすと年に24万円、1000人だと年間2億4千万円削減できる。

    3万円減らすと、4万円減らすと、、、



    いわゆる「ありがとう」をもらえると生きていける、とかいう論理になってしまう。

    こういう手法が流行っているのがすごく気になる。

    コストを正しく計上せずに従業員に他の職場にはない感動体験を対価として

    搾取する手法である。



    会社だとサンキューレターとか、貼りだして公開したりして

    「こんな風にお客様に感動、感謝されました、みなさんもこんな風な

    お手紙をもらえる仕事をしましょう」みたいな話をされると思う。



    別にサンキューレターが欲しくて仕事をやっているわけではないが、

    サンキューレター獲得そのものが目標になると怖い。

    そこはコストが見積もれないのだから。

    私も通常の仕事で、えらくお客様に感謝されたことが何度かあったが

    別に特殊なことはしてないので、何とも思わなかったな。

    通常業務の範囲の話なので、、、いや、それやって当たり前、出来て当たり前でしょ、、みたいな。



    今までのブラック企業は目の前のニンジン作戦であった。

    もう少し頑張れば、ご褒美がもらえる。届きそうで届かない

    微妙な目標に向けて頑張らせる、という作戦だった。



    それはストックオプションであり、決算賞与であり、資格取得制度であった。

    弊社も決算賞与があり、絶対に届かない目標が掲げられており

    前年度より、増収増益だけど、目標に届かなかったとして賞与が出ない。

    しかも、原資は年俸の5%を最初から引いているので、それを戻すだけである。

    結果、人件費の削減手法として決算賞与は存在する。

    ひどい手法なのである。これで東証一部上場企業だからねぇ。社員辞めまくるわけだ。



    ということで、今日言いたいことがわかったかもしれない。



    若くしてモニターやプロに選出された人は「夢」や「感動」を餌に

    対価を搾取されるかもしれないということ。

    社員でも休日や定時外のいろんな作業とかちゃんと残業代が

    払われているのか心配している。

    裁量がある年俸制度でもない限り残業代は払われるべきなのだ。

    マックの店長でさえ、残業代は払われないといけないという判決が出たくらいだ。



    かのWBSの吉田幸二さんもこんなことを言っていた。

    「ルアー1個、ライン1巻で魂を売る人間の多いこと」



    クラウドルアーズでも低価格バージョンの広告は義務化しているが

    実際に書いてみて大変だった人もいるし、そうでもない人もいると思う。

    大変だった人はこれ以上コストは掛けられない、と言っている人もいたくらいなので

    大変だと言う人にとっては重労働なのである。



    正確にコストを算出してみたい人は、労働時間を正確に測ってみるといいと思う。

    時給1000円として、記事1個作るのに何時間かかるのか。

    釣りに行くぞ、と決めて家を出発して、釣りして、記事書いてUPLOADするまでの

    時間である。

    そこからモニター品の価格を引いたものが搾取された対価である。

    0円以下が理想だが、おそらくは搾取されているであろう。

    であれば、解決方法は方法は2通りある。



    1つ目はモニター品の価格をUPする

    要するにはもっともらえ、ということである。

    でも難しいと思う。通常は配布個数は決まっている。



    2つ目は、コストを下げる

    さおだけ屋はなぜ倒産しないのか、とか

    帰り便、とか、訳あり品と同じように、

    正規の手法にとらわれない。



    通常の釣行のついでにやる、とか、

    いつもの釣り中継のついでにやるとか、

    コスト自体を別のことが負担していればよいのである。

    すると搾取される額は小さくなる。



    さらに考えてみよう。



    搾取されないためにはどうすればいいか、それは立場を逆転すればいい。

    モノをやるから宣伝しろ、というメーカー主導ではなく、

    宣伝してやるからモノをよこせ、というユーザー主導になればいい。

    いや、これは難しい。論理的には可能だか、どうやればそうなるのか。



    実は簡単である。モニターに課せられたのは宣伝である。

    宣伝媒体として価値があれば、逆転は可能なのである。

    そのためにはアクセス数を稼ぐ、他のメディアを持っている、等々の

    広告宣伝媒体としての価値を高めることにある。



    すなわち、、自己プロデュースが出来るのか?というところなのだ。

    他人に宣伝してもらうのではなく、自分自身で自分を宣伝できるか?

    なのだ。他人に宣伝してもらうのでは他人がいなくなったら

    自分を宣伝できなくなる。だから確固たる自分を持つことである。



    自分ってなんだ?自分に価値はあるのか?自問自答を繰り返し

    自分の価値を高めていって欲しい。

    おそらくは、今日のログの内容は大半の人の心には響かない内容であろう。

    しかし、入り口まで来ている人や、将来、ああ、そういえば

    そんなことを言っている人がいたな、程度で思い出して欲しい。



    自分の価値は他人ではなく自分で決めるのだと。



    じゃあまた!宗教臭い!意味不明!将来わかるさ、、、


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国247人のファンのみなさまこんにちは

    昼ごはんは宝来軒の皿うどんを食べたふなです。



    大盛りじゃなくても十分多いんだよね。

    午前休を利用して、フルバイク2号の原付ナンバー取得を

    しておりました。

    ついでに自賠責もコンビニで入ったので乗れます。

    初号機も合わせて2台、乗れます。

    今夜からブイブイ走り回ってみるか。



    ということで、今夜あたりから自転車のような原付が

    走っていたら私です。



    もともと初号機の調子が悪いのです。

    なので、昨日は部屋に入れて椅子に乗せ

    アクセル全開で放置してみました。

    30分、40分と経っても平気に回り続けています。



    おかしい、人間が乗ると2-3分で電源が切れるのに、、、

    何がおかしいのだろう?わからん、、、

    最初はバッテリーかと思っていましたが

    2年くらい毎日充電してるからそんなにへたれないだろう。



    電圧計で測りながら30分回しても初期値30V前後を

    ずっと指している、、、うーん。24V10AHって

    30Vスタート、20Vカットらしい。



    たぶんなんかの安全装置が働いて、切れるという

    コントローラに問題があるような気がしてきました。

    コントローラーを別のものに交換するかな、、

    5000円くらいかかるけど、、、



    その間に2号機を調整して乗ろう。

    1号機はアルミフレーム、リチウムイオンバッテリーと

    最新テクノロジーですが、

    2号機は、鉄フレーム、鉛電池と一世代前のテクノロジーです。

    久しぶりに充電して、電気入れたらちょっとウインカーの

    調子が悪いみたい、なんとか修理して、来週から乗れるようにしなくては。



    2号機はほかにも悪いところがあって、クランクのbbリテーナーが

    おかしいようで、ぐらぐらする。これも買ってこないといけない。

    部品だけではだめで、フックスパナとかクランク抜きとか

    特殊な工具が必要。

    自転車マニアなら持っていると思うけど、一般人は持ってない。



    これを交換すればなんとか使えるようになると思う。

    というか、自転車の知識あまりないので、

    実際分解したりしてみないとね。



    法律的には原付バイクと言っても、90%くらいは自転車だから(笑)



    ようやく、釣りの予定が決まって23日にへらぶな、28日にカワハギ、です。

    23日のへらぶなはライブ中継できたらしますので(たぶんする)

    ツイキャスか、USTでやります。たぶんUST。

    台風で中止になったらごめんなさい。

    23日はNHCの大会です。久しぶりの清遊湖です。

    秋の両ダンゴか、セットか、その辺ですね。



    へらぶなとシーバス釣り、何か関係あるの?と思いますよね?

    実は、BIG1の狙い方に関係があります。

    NHCは5匹の総重量で争います。

    1匹1匹釣れるたびに、キープか、リリースか、を判断するわけです。

    3時間で5匹なので、まあリミットはなんとか釣れるんですが

    問題は型ということになります。



    型の出し方に大きくわけで2通りあります。

    1つ目は、数を釣ってその中から大きいのを選ぶ方法

    2つ目は、大きいのだけを狙う方法



    とにかく数を釣ってその中から大きいのをキープする、

    という方法があります。

    これは従来のへらぶな釣りの総重量で優劣を決する大会方式ですね。

    数を釣ればそのうち大きいのが混じる。



    シーバスのプロの中にも同じ考えの人がいます。

    80cmを何本か釣った中に90cmが混じる、

    だから80cmをコンスタントに釣ればそのうち混じるからとにかく

    数を釣ればいい。という考え方。



    実は私の記録はおかっぱりの97cmですが、80cm台は1本も釣ったことはありません。

    70cm台は数本ありますが、60cmは数十本とそんなに数はありません。



    それは2つ目の考え方で釣りをしているからです。

    それは大きいのを狙う方法です。

    なかなか釣れないが当たると大きい、そんな釣り方です。

    心が強くないとなかなか釣れません。

    どうしても数釣る方向に向いてしまいがちで

    型が狙えなくなるのです。



    数を狙うか、大きいのを狙うか、これは相反する考え方です。

    両立は出来ません。雑誌やプロのスタイルを目にすると思います。

    雑誌などは両方書いているので、いいとこ取りをしようと考えますが

    それは中途半端なだけで、まず両立はできません。

    バスで言うと、アメリカンオールドタックルでトップが大好きだが

    トーナメントで優勝したい、っていうくらい無茶な話です。

    でも釣りビジョンではトップ堂のあとにJBトーナメントが放映されたりするんです。

    じゃあ、アメリカンオールドタックルでトップオンリーで河口湖戦出るかなぁって

    いいとこ取りするつもりが中途半端になってしまうでしょう。



    それと同じで、でかいの一発狙いと数を狙うのはスタイルから違います。

    メディアに惑わされないで自分のスタイルを確立しましょう。



    そういうのが学べるへらぶな釣りは大事なんですね。

    ※ウキは宗教です。



    28日のカワハギはまず、道具をそろえるところからスタートです。

    そしてそのまま大会に突入です。

    たぶん下位に甘んじると思うけど、最初だからね。

    勝手もわからないだろうし。

    偶然にもでかいのが釣れたら決勝の切符が取れるってことで、、、

    まず、難しいだろうけど、、、

    挑戦することに意味があるので。

    1回やれば、これは向いている、向いていない、がわかると思う。

    そして武器は理論値50倍のバイトを取る感度理論のみ、という。

    もうドンキホーテじゃ!



    これは新たな挑戦ですね。

    うまくいくかいかないか、、、うーん、神のみぞ知るってところでしょうか。

    頑張ってみますか。月一くらいで今年いっぱい挑戦してみる。



    じゃあまた!へらぶな!カワハギ!どっちも共通しているんだよ!






      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国247人のファンのみなさまこんにちは

    DUELのX-ワイヤーのモニターに当選したふなです。



    散々偉そうなことを言っておきながら自分が出来なかったらどうしようかと

    思ってます。その時には笑ってください(笑)



    どんなことしてやろうか案を練っていたんですが、

    丁度スピニングリールが同じのが2個あり、ロッドも2個あり。

    ベイトリールも2個あり、ベイトロッドも2個ある、という

    偶然が重なりましたのでX-ワイヤー4,X-ワイヤー8 の違いを徹底的に

    出せるかと思います。



    スピニング:

    VIVID96L が2本、95ステラ3000 が2個



    ベイト:

    TDS-103 が2個、AGRESION 66M が2本、という4セットあるわけです。



    そこで、X-4 0.8号 200m と X-8 0.8号 200m を希望し

    100mづつ4セットに巻くということが出来ます。



    ロッドもリールも同じ、違うのはラインだけ、という環境が作れます。



    よく、まったく種類の違うタックルで比べていたりするんですけど

    あれ、意味ないよな?って思っていたので。



    リールだけなら替えスプールもあるので、

    それで対応でもいいけどね。でも、見た目のインパクトは

    同じセットが2個あったほうが分かりやすいはず。



    そういえば、8本撚りは初体験かもしれません。

    いつも安い3-4本撚りしか使ってないので。

    もらい物の8本撚りは高くて使えないってしまってあります(笑)

    比較したら怒られそうなので、比較しませんが。

    乞うご期待!



    さて、ウエブサイトは10億件を突破したというニュースがありました。

    このサイトも1つなのです。

    単位がよくわからないんだけど、ドメインだと思う。

    ページ数なんかはとっくに10億ページは超えていると思うし。

    そもそも、ウエブサイトは25年前にCERNがhttpdを、、、

    とおっさんの昔話が始まるのでアレだが。

    手元の経歴書を読み解く限り、1992-1996の間に

    私は社内でWWWとかHTMLとかを独学で覚え、

    社内システムのペーパーレス化とか進めていた(笑)



    1995年のWindows95すら発売される前にWWWとは何か?

    HTMLのキモは?みたいなことがわかって

    当時に社内ヘッドハントされてインターネットに関する部署に

    異動になったっけ。

    ちなみに1995年くらいから釣り日記は書いています(笑)

    みたいな思い出を語り出すとおっさんの象徴なので

    やめます。



    10億のウエブサイト、そして今後もどんどん増え続けるってことを

    考えると、アクセスやら会員数やらっていうのは

    集めるのに苦労する時代である。

    10億分の1の確率でよく利用してもらうサイトに成長させるのは

    とても大変なことなのである。



    普段、使用しているサイトはいくつくらいだろうか?

    10くらいかな?結局、サービスの yahoo と検索の google くらいは

    よく使うと思うけど、youtube やらニコニコの動画サイトに

    自分のサーバくらいだろうか。facebook , fimo , mixi のような

    SNSサイト。最近では、サイトという概念ではないサービスもあるので

    それも多い。はい、LINEのことですね。



    前にも書いたと思うけど、自社のアクセスが100万増えたら

    他のサイトが合計100万減るのです。

    どこかが繁栄したら、どこかが寂れるのです。

    それは財布の中も同じです。

    何か釣り道具を買ったら、何かを買わなくなるのです。

    何かを買ったら、釣り道具は買えなくなるのです。



    要するにシェアの奪い合いが起きているのは

    財布だけじゃなく、サイトも同じです。



    指標はいくつもありますが、分かりやすいのはアクセス数です。

    これを見ているとわかると思います。

    公開された情報がないか探したら、

    http://www.alexa.com/siteinfo/fimosw.com

    とかが有名でしたが、、、

    8月にすごいアクセスを集めていたが最近は下火、

    そんな感じでしょうか。



    8月に何があったんだっけ??夏休みで

    暇だから??サマフェス?なんだろう??

    失格問題?ってな感じです。



    会員数では、会員数を取得するAPIを書いていましたが、

    変化までちゃんと見てないなぁ。

    伸びが鈍化しているのは感じていたけど、、、



    ってな具合にサイトの状態を見ることが出来ます。

    そもそもサイトの管理者はアクセス数も会員数も

    アクティブ会員数も、ページ数も、投稿率、駐在時間とか

    いろんな情報を見られるわけで、何が重要なのか

    それを監視していかないといけないんですが、、、



    ってなことで、10億分の1になるためには、ちょうどあなたが

    産まれる前の競争を思い出せばそこにヒントがあるのかもしれません。



    じゃあまた!億千万!億千万!ジャパーン!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国247人のファンのみなさまこんにちは

    秋ですね、すごしやすい季節です、ふなです。



    昨日は、理論値と実測値の話のたとえが見つからずに

    適当な例がなかったんですけど

    携帯の通信速度はピッタリでしたね。



    実は理論値と実測値はルアーパッケージにも使われています。

    有名なのはバークレーの400倍とかです。

    X400 とか、書いてあるパッケージを見たことがあると思います。



    これは確か、バスがバイトしてから吐き出すまでの時間で

    ソリッドワーム1秒、塩入り6秒、バークレーニオイ味付き20秒とかの実測値です。

    これだと20倍じゃないか!となるんですが、このニオイを

    20倍に濃縮して同量だったか、10倍に濃縮して2倍使ったとかだか

    忘れましたが、その20倍なので、20x20=400

    400倍のパワー!とかいう数字になっています。



    実測値x理論値 の典型的な例だと思います。



    400倍釣れるわけではないですが、理論値は400倍の長さの時間

    ワームを咥えているはず、という理論値ですね。

    なので、ニオイの元とか、めっちゃくちゃ臭いですね。



    理論値はいろんなところで使われます。

    極端な話、コンビニの入り口が1mしかないので

    2mにしたら2倍の売り上げになるはず、とかいう

    のも理論値です。



    飛距離が60mから66mになったら、カットした

    バームクーヘンの面積比較なので釣果が1.7倍になるとかも

    同じです。あくまでも理論値です。



    じゃあ理論値は必要ないか?と聞かれれば、それはノーです。

    理論値はある程度正しいです。

    理論値以上になることはめったにないのですが

    目安にはなります。

    理論値の反対は実測値かなぁ。



    実際の結果から実測値を検証する。

    ルアーの飛距離なんて、実測値がメインです。

    重さを倍にしたので、従来の倍飛ぶ、とかではないですね。



    そして、ルアー業界に蔓延しているのが

    希望値というか、計測不可能な値。

    さらに使いやすくなりました。とか、従来より絡みにくい、とか

    飛距離がアップ、とか釣りやすい、とか

    引き抵抗が軽いなど

    計測不可能な数値でもなければ、実測値でもない。



    実測値でも理論値も使わずに宣伝していたら、まず嘘だと思ったほうがいい。

    良く飛ぶ、って何に比べてどのくらい?

    からみにくいって何に対してどのくらい?

    軽いって何に対して?

    実測値が測定できそうなものすら、数値を発表しないのは

    嘘だと思っています。



    数字の意味も正しく捉えましょう。

    シマノのAR-C内蔵ルアーあたりから、

    飛距離を測定しているシーンを良くみるようになりました。

    ブルースコードIIとかも飛距離を測定しているシーンがあります。

    MEGABASSのLBOとかも。



    66m飛ぶって宣伝するなら66m飛んでいる実際のシーンを見せるのが

    第3者にも検証できる良い方法です。

    STAP細胞はありまーす、では誰も信用しないのです。



    理論値の数字も出し方も意味があります。

    前述の400倍ではないけど、数式には意味があります。

    たとえば、三角形の面積を求める数式は

    底辺x高さ÷2ですが、

    これは、同じ三角形をくっつけて、平行四辺形を作り

    平行四辺形の面積を求める式が、底辺x高さなので、

    それを半分にする、という意味です。

    式にも数字にも意味があります。



    飛距離が従来の1割UP、距離は110%になります。

    しかし、ヒットゾーンは面積となります。

    カットしたバームクーヘンの面積比較になるので

    前提条件を決めると1.7倍になることは前回計算で求まりました。

    でも、それをしない、ってことは

    ヒットゾーンも110%ということになります。



    単純に面積比較でいうと、半径60mの円と半径66mの円の

    面積比較ということになり、単純に面積の比較でも110%に

    なってしまいます。

    が、この比較はおかしいことがわかります。



    半径66mの円が入るということは、川幅140m以上の流芯に立ち

    どこに投げても水中でないといけません。

    あるいは超遠浅の干潟で、水中島のような場所に立ち、360度、投げることが

    出来るような場所ということになります。

    ※あ、おかっぱりの話です。ウェーディングがおかっぱりかどうか置いといて、、



    そんな場所って日本にいくつあるのかなぁ。

    ただし、オフショアは別です。

    半径66mの円は大抵すっぽり納まります。

    しかし、前提は9-10ftのロッドです。

    オフショアではあまり使わないのかなぁ。

    キャスティングでは使うかもしれません。



    普通、前に投げるでしょう。そして、大抵扇形に探ると思います。

    扇の形を決めても、足元まで引くとしたらそれは同じように

    面積比でも110%にしかなりません。



    どのくらい先を無効エリアとするのか?で、違ってきます。

    そこで理論値の計算が必要なのです。



    自分のスタイルとフィールド状況によって理論値が違ってきます。

    堤防先端のような300度の範囲で足元まできっちり引ける場合と

    テトラ帯のような、狭いエリアのちょっと沖でもう引くのをやめる場合では

    理論値が違ってきますね?

    ※後者の方が理論値が上

    すると、テトラ帯では、飛距離のあるルアーが有利、あるいは効く、

    ということが分かってきます。

    これが理論値が必要な理由となります。

    そして、机上の釣りとなるわけです。



    理論値が参考になる釣りには数字で説明が出来ることが必須です。

    「飛距離が有利になるんだって、人より飛ぶんだよ。その魚を狙うんだ」と

    いうのは数字で説明されていないので理論的ではない、と言えます。



    さて、その数学アプローチとして、カワハギ釣りに挑戦してみます。

    理論値で約50倍バイトの取れる感度のいい方法を見つけたので

    実践して答え合わせとなります。

    正しいかどうかは今年中にある程度、方向性が見えると思います。

    カワハギ釣りとかしたことない私が理論だけで挑戦という無謀さです。

    ダイワカワハギバトルに出てみようかな、と



    じゃあまた!理論値!実測値!そこには乖離が!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本全国247人のファンのみなさまこんにちは

    仕事が忙しすぎていろいろ大変です、ふなです。



    釣りの予定がたてられません。

    21日の青物、28日のカワハギ、だけど、、、21日の青物の

    道具さえ用意できてない。無理っぽい。



    さて、本日は、モニターになったら商品のインプレを書かないと

    いけません。たとえば、Mariaさんでは200名ものモニターを

    募集しています。



    でもインプレの内容が駄目だったら、それはダメージが大きいじゃないですか。

    お互いにとってですよ、そこで!モニターの人向けに

    書き方のキモを今日はやりたいと思います。



    書き方のキモってなんだ?ってことです。

    いろいろあると思いますが、一番みなさんが書くのが難しいのは

    ネガティブな情報をいかにポジティブにするか?ということです。

    事実やカタログ情報はそのまま書けますが、

    使用感とか結果とか、どうやっていい情報にしようか

    迷うところです。



    そこで、必要になってくるのが、「言い換え」です。

    例に出していいのか、わかりませんが

    売春を援助交際とか窃盗を万引きとか、麻薬を脱法ハーブとか

    内部被爆しろを食べて応援、とか

    言い換えによって、印象をやわらかくする効果というのがあります。



    もともとは2-30年前からコンピュータソフトの世界やゲームの世界で

    使われていたテクニックになります。

    さすがにクソゲーとか書くわけにいきませんから、

    そこは苦労したと思いますね。

    たとえば、、、



    拡張性に優れた=買った時点で使い物にならない

    息をのむようなグラフィック=絵だけ綺麗

    一本筋の通ったストーリー=展開が1本道



    とかの言い換えです。



    ということで、早速例を中心にやっていきましょう。



    「全然飛ばないし、価格も高い、普通に釣れるけど」



    どうでしょうか、買いたくないですね。

    別にこのルアーじゃなくてもいいですね。



    言い換えるとこのようになります。



    「飛距離は控えめながらも、高価値のあるルアーは、あなたに至福の1匹をもたらすでしょう」



    なんか、釣れそうな気がしてきた!



    飛ばない=飛ばないってことはルアーが遠慮して飛距離は控えめなんですよ。

    値段が高い=値段が高いってことはそこには価値がある、高い価値のあるものなんです。

    あなたに至福の1匹を=普通に釣れるから使ってみて、



    こんな風に言い換えをすることによって、ネガティブな情報もポジティブに

    言い換え出来ます。



    「HEKOAYUは有名ルアーのコピーで安いだけ、広告面倒臭い」



    こんな例文はどうでしょう(笑)。

    もう買いたくないですね。こんなネガティブなインプレじぁ

    誰も喜ばないですね。



    これを言い換えすると

    「オーソドックスなスタイルは全フィールドの必需品であり、

    独創的な販売方式はユーザーの財布にやさしく、紹介記事を書くだけでOKだ」



    こんな感じ、

    有名ルアーはそれだけオーソドックスとかベーシックである、と言えるわけです。

    あと「XXXの必需品」「XXXの定番」という言い方は、特徴のないルアーに

    付けられることが多い。言葉に困ったら追加してみてください。



    プライアルシリーズでも使えると思うし

    D社のバイブとかでも使えそうな言い換えです。



    「塗装とか綺麗だけど、まともに泳がないし、釣れないし、釣果情報見てもモニターばかりだ」



    全然買いたくないですね。きっと見た目はいいんでしょうけど、釣れないんですね。

    さて、こんなインプレを言い換えましょう。





    「その製品はまるで美術品のようなオーラを発し、水中では魚を寄せ付けるような

    すばらしいアクションを起こす。中級者から上級者用に使って欲しい一品である」



    綺麗なだけで高いんだから、それは美術品です。

    魚は釣れないけど、寄せることは出来ているはずです。

    モニターの釣果情報しかないってことは中級者以上が釣っているんでしょう。



    こんな感じでしょうか。





    あくまでも言い換えであって、これを嘘にしてしまうとタチが悪い。

    100m先でヒット!(本当は50mくらい)

    5キャスト5バイト(本当は1バイト)

    60cmのスズキクラス(本当は53cm)



    言い換えも過ぎると嘘になります。



    「スレたシーバスに効く」「飛距離は最大級クラス」

    「周りが釣れない中、このルアーだけが、、」

    「ぶっとびます」「爆裂XXX」「XXにしか反応しない」

    「特選XXXカラー」



    こういうインプレやらコピーやら見ますが、

    もし、これが不動産広告だったら全部違反です。

    こういう表現が通じるのは規制のない釣具販売だからなのです。

    良心のあるメーカーはこういうインプレを使いません。

    どれも根拠がないからです。



    言い換えは真実の中の表現方法であって、

    嘘を言えと言っているのではないです。



    これを時々勘違いして、嘘800を並べる人がいますが、それは違います。

    メーカーに気に入って欲しい、っていう気持ちはわかりますがね。

    そしてそれは釣果捏造へと繋がっていく。



    さて、自分はモニターじゃないから関係ない、と思った人もここまで来ると

    もう伝えたいことがわかりますよね?



    そうです、言い換え元の文を想像できるようになったわけです。

    消費者には常に正しい判断をして欲しいわけですから

    モニター向けに言い換え方法を書いているということは

    その元の文も想像できるようになったわけで

    ポジティブな文からネガティブ情報もわかるようになります。



    ということで、

    「長年のバスプロ経験から来るその独自の理論は他の追随を許さない圧倒的な

     情報量で他のモニターとは比較にならないほどの広告宣伝効果を持ち、

     情熱は誰にも負けないふな」がお送りしました。



    元の文は大体わかるようになったよね?



    じゃあまた!ネガティブ!ポジティブ変換!


    このページのトップヘ