クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2015年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9fd6a6f7.jpg

    60dc7b39.jpg

    f0cb36d2.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    昨日はふぐづくし、ふなです。

    1日寝かせたフグを刺身に、
    マゴチもアカメフグも、白子は湯通ししてポン酢でいただく
    捌くのにミスって、骨にいっぱい身が付いたのでそこはから揚げで。
    えーと写真で言うと
    揚げ物はから揚げで
    丸い白い皿はマゴチ刺身、白い四角いさらはショウサイフグの厚作り(薄く切れん!)
    白い小さい四角い皿はアカメフグの厚作り(薄くなんか切れるか!無理!)
    深い皿は白子の湯通し。
    なんでうちには白いさらしかないんだろう。全部ヤマザキパン、、、、
    贅沢だ!

    食感の硬さは マゴチ<ショウサイフグ<アカメフグ と、
    アカメフグの強烈なコリコリ加減はいい感じです。

    白子は子供が言うには「チーズだ!」と言っておりました。
    また来年ね!と、7月もフグが覚醒したら行くかもしれません。
    吉久さんでは捌きの際に白子がある人は白子コールがあります。
    これがドキドキするんだな。
    白子2匹分ありました。そして身が来ます。

    さて、そんな湾フグですが、ああ、そういうことかと
    わかったことがあるので、たった2回しか行ってませんが
    偉そうに語りたいと思います。

    1、釣り方
    湾フグの釣り方は大きく分けで2通りです。
    「カットウ」と「食わせ」です。
    はい、はい、カットウっていうのは引っかけ釣りで、
    食わせは海苔棚とかで枝針でやる釣りだろう?と、思いますが
    さらにその中でバイトを感じる、感じない、という2通りに分かれ、全部で4通りあります。

    「カットウーバイト」「カットウー掛け」「食わせーバイト」「食わせー掛け」の4通りです。
    カットウと食わせの釣りにはそれぞれ2種類あります。

    カットウバイトの釣りはワームフックとかチラシとかのエビエサに
    フグがバイトしたのを感知して、カットウ針にヒットさせる釣り方

    カットウ掛けは、エビ餌に寄ってきたフグをバイトを感じずに
    カットウ針にヒットさせる釣り方

    食わせのバイトは食わせ餌にフグがバイトしたのを検知して
    フッキングさせる釣り方

    食わせの掛けは食わせ餌にフグがバイトしたことは検知せずに
    フッキングさせる釣り方

    と、4通りあります。

    超レアなケースで、エビをつけるワームフックでフグをフッキングするとか
    いうケースがなきにしもあらずですが、まあそんな人はいないでしょう(笑)

    釣果の割合は
    「カットウーバイト」  : 2
    「カットウー掛け」   : 6
    「食わせーバイト」   : 1
    「食わせー掛け」    : 1

    くらいの割合だと思います。
    圧倒的にカットウー掛けの釣果が多いと思います。

    2、ロッドについて
    フグのアタリは小さいので、繊細な竿先が必要、という説明は
    いずれも「バイト」系のアタリを取る釣りになります。

    浦安の吉野屋さんの早朝の講座は「バイト系」の説明なのです。
    バイト系のアタリを取るには、確かに繊細な穂先が必要です。
    なので、カワハギロッドやキス竿では代用出来ません。
    が、しかし、「掛け」系の釣りをするなら、代用できます。

    「バイト系」と「掛け系」の両方の特性を持つのが
    湾フグロッド、ということになるわけです。
    バイト系で使用する繊細な穂先と、掛け系の丈夫な部分。
    その2つの性能を兼ね備えるのが専用の湾フグロッド、というわけです。

    幸い、自作の湾フグロッドはSABAROオリジナルの湾フグロッドと同じ
    穂先を使っているので、繊細なアタリと掛けのパワーの両方の機能を
    穂先が実現しているので、対応できる、というわけです。

    なので、他の湾フグ説明のHPでロッドにカワハギ竿やキス竿でも代用できる、という
    説明は「掛け系」の釣りをするなら、という前提条件が付きます。
    もし、これを「バイト系」でも対応できるんだ、と思ったら悲惨です。
    バイトは取れません。

    また、繊細な穂先はなんのためにあるかというと、小さいバイトを取るため、だけでは
    ありません。
    これはゼロテンションを持続させるクッションの役割も果たしています。
    船は波で揺れます。ゼロテンションを保つために竿先を揺れに合わせて
    上下させる時に、柔らかい竿先なら、多少ミスしても、貯めがあるので
    底からオモリが離れたり、糸ふけが出るのを防ぐことが出来るのです。

    極端な先調子になっているのは、掛け系の釣りの際に
    針先に十分な力が加わってカットウ針を貫通させる必要があるので
    硬いほうがいいのです。

    なので、硬めの竿先なら「バイト系」の釣果は捨てて、
    「掛け系」の釣果を伸ばす方が正しいと思います。
    特に、活性が低い時は掛け系でつるべきでしょう。

    はじめて、あるいは、初心者なら湾フグ専用ロッドは必要ないです。
    もちろんバイト系を狙う必要もない。
    名人が10匹の時、6匹釣れるのは掛け系の釣りを展開した時で
    無理矢理カットウバイト系の釣りを展開すると、2匹しか釣れない、ということに
    なります。効率の問題なのであります。

    3、釣りの展開の仕方
    名人になるとバイト系をメインに展開します。
    宮本英彦さんの釣り解説はまさに、バイト系ですね。
    それは湾フグ釣りのどこに主軸を置くか?ということになります。
    今回も左隣の方が、急に爆釣したのは、掛け系の釣りを展開したからでした。
    たぶんなんだけど、最初はバイト系で楽しんでいたが、
    難しいので、掛け系に変更して好釣果を出した、そんな感じだと思います。

    初心者、まだ初めて間もない方がいきなりバイト系を極めようとしても
    難しいです。未だに私も竿先が震えるアタリというものがわかりません。
    はっきりとした、コッ、みたいなアタリしか取れないのです。
    微妙なバイト系のアタリがわかりません。
    最後まで、バイト系の釣りを展開しているので、低調に終わる、そんな感じです。
    今回、右のトモの方はカワハギ竿で最後までフグのバイトを追っていたので2匹とかでした。
    本人がいいなら、それでもいいんだけど、、
    苦しそうでした。

    なので、初心者の方は掛けをまず、やってください。
    タイム釣りとか言われる方法ならある程度の釣果は確保できます。
    その先は、いよいよ、難しいと言われているバイト系です。
    いきなりバイト系はやらない方がいいです。辛いですよ。

    4、掛け系の釣りのやり方
    バイト系の説明はどんなHPにも乗っているし、
    吉野屋さんの出発前説明でも聞けるのでいいでしょう。
    宮本英彦さんのHP見てもいい。
    問題は掛け系のやり方をちゃんと説明しているHPがないことです。
    3-5秒ごとに、30cmふっとあげる、とか書いていることが多いですが
    まあ正しいけど、たぶん通じない。

    掛け系の釣りの方法を覚えたら、釣果はUPするはずなので
    ぜひ、まずは掛け系の釣りを覚えましょう。

    仕掛けは8-10号のオモリでワームフック1/0 とかに
    カットウ針16号、18号とかLサイズとかそんなものがついていると思います。
    私は仕掛けは自作するのですが、今回は市販の仕掛けに変えたら釣れたとか
    いう悲しい事実があり、自作仕掛けをもっとブラッシュアップしないとな、、と反省。

    餌は今は、アルゼンチンアカエビだと思います。
    サイズは船宿によっていろいろなので、めんどくさい人は船宿の
    餌と船宿の仕掛けを買った方がいいです。
    私は、釣具屋で安売りの仕掛けを喜んで買ったら、実は餌が甘海老用だったので
    使えなかった、という悲しい思いをしました(笑)

    肝となるのは、カットウ針の部分です。
    オモリやエビをつける針は適当でいいですが
    カットウ針とハリスはとても重要です。

    カットウ針はストレートな針先とボラ掛けのように針先が内側を向いている
    2種類の針があります。
    はっきり言いますと、ストレートなカットウ針は上級者用です。
    針先が内側を向いているボラ掛けみたいな針を選んでください。

    そして中通しのカットウ針がいいです。
    アイ付の針は着底時に下向くのでおすすめしませんし
    絡まりやすいです。
    ハリスはフロロで張りのあるラインで10号とかでしょうか。
    柔らかいナイロンは向きません。

    ボラ掛けのように内側を向いている針がいいのには3つ理由があります。
    1つ目はフッキングの際に針とラインが一直線になり力が加わりやすい
    ※デコ氏に教えてもらいました。
    ストレートの方が、外側までの半径が大きいのでチャンスが多い、と思っていたのですが
    それだけで、それ以外は結構手がかかることがわかりました。
    2つ目は錘が着底した時に、針先が海底に刺さらないので鈍りが少ない
    中通しの針で、針が内側に向いていると、着底の際に針先が少し上を向いているので
    余計なものを拾いません。
    私もチップしたので、針先を見ると見事に鈍っていました。
    そのために、定期的に針先をチェックして研ぐ必要があり、
    ストレートフックは上級者向けで、手間がかかります。
    内側を向いていればほぼノーメンテナンスで釣り続けられます。
    3つ目はバレにくい、形状です。
    針がネムッテいるので、バレにくいです。
    抜きあげの時とか、ストレートならちょっと糸が緩むとバレます。

    ということで、上級者以外はカットウ針はボラ掛けのように内側に向いている針を
    使ってください。
    頻繁に針先をチェックして研ぐ手間も惜しまない、っていうのなら
    ストレートなカットウ針でいいと思います。

    そしてカットウ針と餌の位置関係です。
    ものの本やHPには餌の先からカットウ針の先まで
    指2本と書いてるのがほとんですが、
    日曜日は指1本くらいのせまい間隔が良かったです。
    なので、そこの設定はシビアにできるような仕掛けがいいと思います。
    へらぶな釣りでいえばハリスの長さを変えるのに似ています。

    5、キャストから誘い方
    船の真下で釣れなければ、軽くキャストします。
    仕掛けはカットウのみでやりましょう。クワセ餌をつけると
    どっちのバイトがわからなくなります。

    キャストしたら、着底を待って糸ふけを取り、ゼロテンションを作ります。
    ここでバイトがあればフッキングするんですが、まずそのバイトは取れないと思います。
    3-5秒たったら、30cm竿先をあげ、錘を海底から浮かし、そのまま
    テンションを張った状態でカーブフォールさせます。
    着底を確認したらまた3-5秒まって、30cm竿先を上げ、、の繰り返しです。

    つまり、釣り人が調整するのは「何秒待つか?」だけになります。
    カーブフォールさせるので、例えば錘が10号12号だったらすぐにドスンと
    落ちると思います。なので、なるべく軽い方がいいと思います。
    流れがなければ6-8号、3秒くらいかけてカーブフォールすると
    いいと思います。魚は落ちるものに強く反応するので
    いかにフォールを見せられるか?寄せられるか?になります。

    あまり強く煽ると、フグが逃げるので、本当に軽く30cmくらいを
    目標にしましょう。
    オモリを軽く煽った時に、カットウ針にヒットしたら、
    さらに追い合わせを加えましょう。
    軽くしか針が乗っていないので、そのままだとバレテしまうので
    追い合わせが必要です。
    なので、必然的にヒットした瞬間は2段合わせになります。

    これを繰り返すことで、劇的にあなたの湾フグ釣果は伸びるはずです。
    レンタル竿でもカワハギ竿でもキス竿でも「掛け」の釣りなら
    大丈夫です。
    間違っても「バイト系」の釣りをしなければいいと思います。

    6、バイト系の釣り
    釣り味とかこだわりが強く出るところです。
    あゆを友釣りで釣るのかころがしで釣るのか、はたまた毛バリか。
    シーバスをプラグで釣るのかワームで釣るのか、トップ縛りか。
    難しい方を選ぶと1匹の価値が上がります。
    湾フグの1匹の価値を上げるためには「バイト系」の釣りを極めないといけません。
    なんですが、、、バイト系は繊細過ぎてわからないので分かるまでは
    1日を棒に振るかもしれません。そして釣果は低いまま。
    これは苦行にしかなりません。

    シーズンもあります。秋は小型がたくさんらしいので
    バイト系の釣りを始めたかったら秋にやるといいと思います。
    へらぶなも夏のかっつけあたりかた入ると面白いですよね。
    冬のウキが動かない釣りからスタートするとつまんないですから。
    バイト系の釣りの練習は秋にやろう。と思いました。

    なので、白子の時期は掛けの釣りをやりましょう。

    たった2回しか湾フグやってないけど、一応全貌は見えた気がします。
    問題はそういうロードマップがわかったけど、俺はまだ全然進んでないってことがわかった(笑)
    そして初心者のくせに、バイト系をいきなり極めようとした。
    初心者はまず、掛け系から始めないといけない、という大原則を発見したのでした。
    それがわかっただけでもいい勉強になったと思う。
    そして、湾フグ専用ロッドはちゃんと機能していることもわかった。

    初心者のみなさんも、カワハギロッドしかなくても、キス竿しかなくても
    ぜひ湾フグに挑戦してみてください。
    掛け系である程度までいったら、そのあと、バイト系に挑戦してみよう!
    ゲームで言えばEASYとHARDくらいの差があるので。
    おれはまず掛け系を習得しよう。
    2時間で書いた内容にしてはいっぱい書けた(笑)

    じゃあまた!湾フグ講座はまた新たな発見があったらね!次回は秋か来年か!白子うまい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    4955b5d3.jpg

    4a52cc86.jpg

    e83a04ae.jpg

    72c87264.jpg

    9e2c4085.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    カーボンバイブ試投会当選した!ふなです。

    来週はボートシーバス釣りだ!

    さて、日曜日に湾フグに行ってまいりました。
    いや、正確には土曜日の夜から準備していました。

    準備編として、土曜日に少し、仕掛けを買いに行きました。
    湾フグと言えばカットウの釣りですが、食わせもあるので
    準備しておきます。

    買い物が終わりましたが、家庭サービスがあります。
    夜9時までは家庭サービス目いっぱいで
    その後、釣りの準備です。

    が、しかし、旧江戸で、テナガをやっているという
    情報を聞きつけ、TJAさん(http://no-bite.blogspot.jp/)と
    はしびぃさん(http://blog.livedoor.jp/hashibiy/)が
    やっているところに乱入してまいりました。
    テナガと湾フグのリレー船です、いや、リレー釣り。

    久々にテナガをやったので道具も中途半端、仕掛けも
    中途半端というダメダメ状態でしたが、
    数匹釣り上げることができました。

    御両名、ありがとうございました。
    目の前で起きるシーバスのボイルを肴にテナガを釣ります。
    楽しいですよ!
    そういえば10cmくらいのセイゴを釣りました(笑)

    AM0:30

    吉久の席札を取りました。

    そして釣れたテナガを持って帰りました。
    うふふ、何に使おうかな。
    って用意が終わったのは2時。
    2時半に寝る。

    5時半起床。いや仮眠程度だ。
    吉久にデコ氏(http://dekoseabass.naturum.ne.jp/)と待ち合わせ。

    吉久にしたのには、なぜか、吉野屋と吉久では釣果が
    微妙に吉久の方がいい。
    なんでかな?と思ったのでこちらにしてみました。

    前の日に「飲んでしまったので動けません」という
    非情なラインが来たので、席札の取り方を聞いておきました。

    吉久はペットボトルの蓋が、席札です。
    これを取ればOKです。
    トモは取られていたので、その付近をGETしました。
    12時を過ぎて取らないといけません。
    その時間は、テナガを釣っていたとか内緒です。

    料金は1人9800円、エビが1パック付きです。
    2パックは使うと思うのですが、船内でも買えるので
    とりあえずは買わなくていいです。
    氷は1個100円。

    湾フグに挑戦するのは1年ぶり2回目というスローペースな釣り。
    2回目ですが、自作の湾フグロッドが火を噴くぜーとか
    わくわくして出発です。

    8:30現場到着です。
    デコ氏、動画取りながらなかなかやります。さっそく良型をヒットさせております。
    私は、よくわかりません(笑)
    竿はいい感じなんですが、

    原因はいろいろあって餌は去年の残りの冷凍エビなんですが、微妙に身が硬い。
    再凍結になってしまうので、そうか、エビは
    再凍結しちゃいけないのか、、、と反省。
    結局、船宿で買うのが一番か、、、

    それでもなんとか小さいながらもヒット、ボーズは逃れた。
    自作の湾フグロッドの使い勝手とか確認しながら、、
    うん、いい仕事するね。

    なんとか白子サイズのフグもゲット。

    途中で、ゴン!と当たって、ギュルギュルとドラグが出る(笑)
    何かと思ったらマゴチのスレでした。それも
    抜きあげることが出来ました。

    俺の湾フグロッドはちゃんとしている、いや、俺がすごいんじゃなく
    SABAROオリジナル湾フグロッド専用TIPがすごいだけ。
    俺のしたことは、ティップの背骨を探して、適当にガイドつけただけだから。
    とりあえず、ロッドがちゃんと仕事したのはほめる。

    お昼すぎると、こんなアナウンスが、、、「小型が多いけど、広く探ってみて」
    ここで、謎が解けました。
    そうか、キーパー場みたいなポイントがあるのか、、

    確かにアタリは多いかったです。
    今までの渋さとは別な感じです。
    そうか、ここで、数を伸ばしているのか、、と。
    これが吉久のスコアが吉野屋より少し良い秘密だったのかと。

    謎が一つ解けました。

    最終的にデコ氏8、私は6でした。(アカメフグ1含む)
    まだまだデコ氏には勝てません。

    本日のパターンは
    オモリは8号、クワセはいらない、誘いは3-5秒で1回。
    餌から針までは指1本、が正解だったようです。

    個人的にはオリジナル仕掛けは誘導式オモリなんですが、
    遊動式だと、余計な情報が入るので、固定式にすべきだなーと反省。
    ゼロテンションから誘ったタイミングで、上に持ち上がった錘が
    落下した時に「コツン」と絶妙にアタリそっくりの動きをするので。
    固定式がベストのようです。

    来年か秋の数釣りの時に、修正していきたい。
    あとは餌と針の間を調整できるような仕組みを取り入れたいなっと。
    餌の大きさによって微妙にずれるので。

    アタリも微妙なものは見えた、いい感じじゃないのかな。

    それと、湾フグの全体像が見えた気がするので
    自分の狙っている釣りが、非常に狭い部分だったということに
    気が付いたので、次回は、2回の湾フグ釣行で見えた全体像について
    語ってみようと思います。

    形態化して説明しているページはないので、宮本英彦さんの
    解説よりわかりやすくしようと思う。

    いやー、湾フグは難しいという入口に立ったことが分かった釣行だった。

    今夜は、、、
    ショウサイフグ、アカメフグ、白子、マゴチの刺身と
    ショウサイフグのから揚げの予定。

    魚はさばいて冷蔵庫で熟成中。
    おいしくなあれ!

    じゃあまた!湾フグ難しい!船宿の方針の違いも面白い!全体像が見えた気がした!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    58eaf2ed.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    計算上釣りSNSの会員数は8月に3万人を超えます、ふなです。

    述べ登録者数ー退会者数=会員数
    と定義すると、現在
    述べ登録者数=32357
    会員数=29390
    退会者数=2967 と算出できる。


    1日平均15人登録者数はふえるので、あと約600人=40日後
    予定日=8月5日前後です。
    お祝いしないとね!

    さて、どうでもいい与太話はおいといて
    給料日でした。
    給料が上がってました!
    月2000円だけ、、、定昇のみかよ。
    ちぇ!
    時間外は時給2200円のようです。
    基本定時退社なので、定時後と
    土日が暇って話です。

    なんかアルバイトでもしたいなーでもおっさんには需要がないな、、

    おっさん、、、

    おっさんレンタル!

    ということで、そういえばおっさんレンタルで業務拡大のため
    おっさんを募集しているという記事をどっかでみました。

    なので、応募してみました(笑)

    具体的な応募方法とか書いてないので
    適当にプロフィール書きました。
    いやー、変なおっさんだわ。
    自己嫌悪。
    プロフィール写真は詐欺レベルで。

    こんな感じ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    こんにちは
    舟橋と申します。

    おっさん募集の案内を見て応募しました。
    何を送っていいのかわかりませんでしたので、とりあえずプロフィールを送ります。


    基本普通じゃないおっさんです♪

    【プロフィール】
    舟橋夢人(ふなはし ゆめと) 東京都江戸川区在住
    本業:マツコを浮かせること


    滋賀県生まれ
    高知育ち
    大学生活は福岡

    大学卒業後、システムエンジニアとして東京に就職。
    ずっと現在の会社一筋。
    社内起業の経験あり
    http://biz.bcnranking.jp/article/interview/face/0510/051024_93034.html
    システムエンジニアとして東証1部上場企業の正社員をずっとやってる。
    毎日マツコを浮かせることに邁進中。

    仕事は技術一筋だが、休日はアウトドアが好き

    趣味:釣り、バイク、ハッキング

    資格:初級アドミニストレータ―、2級小型船舶免許、中型自動二輪、普通免許、4級アマチュア無線

    バイクは100ccスクーター
    車は軽自動車


    釣りはルアーをプロデュースするほどはまってる。
    元バスプロ、現在は海づり
    バイクでどこでも行ったりする
    自称ホワイトハッカー
    会社の立ち上げ方から、潰し方まで教えます(笑)

    メイドさんをプロデュースした経験あり
    https://www.youtube.com/watch?v=VsEbvUVRgvY


    出版社でバイトしてたので芸能情報は詳しいが、興味なし。(あれは若い子が目指すもんじゃない)
    一緒に仕事をした有名芸能人:
     X-JAPAN:TOSHI
     武田久美子(写真集S)
     菅野美穂(NUDITY)
     宮脇健(ケンちゃん)
     武豊(JRA騎士)
     岸部四郎(金融地獄)
     ロシナンテ(進め!電波少年)
     

    と、まあ、普通の会社員をずっとやっていますが
    たぶん普通の会社員ではない、楽しい経験をいっぱいしてますので
    何かのお役にたてると幸いです。

    FB
    https://m.facebook.com/yumeto.funahashi

    ツイッター
    https://mobile.twitter.com/funa2784

    ブログ
    http://crowdlures.blog.jp/

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    へんなおっさん、需要なさそうだわ。
    応募して凹む。
    どうせ連絡ないだろうと思ってた、、、

    だけど、速攻で返事来た。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    舟橋さま


    はじめまして、プロフィールありがとうございます。

    素敵な人生ですね。

    一緒におっさんレンタルしましょうね!


    ーーー

    おっさん募集にご応募いただきありがとうございます。

    下記の条件が可能ならば、面接(遠方の方はスカイプ等)に入らせていただきますね♪

    ・一年契約 。おっさんレンタルサイト(国内外のメディアに注目されています)に掲載
    ・加盟金 13万円(サイト管理費月額1万×12ヶ月、事務手数料1万)
    ・ロイヤルティはございません。売り上げは全てご自身のものです。

    おっさんレンタルとして活動し沢山の人の応援し、自身生きがいを感じましょう!

    詳細をお聞きしたい方は、お気軽にお電話ください、090-xxxx-xxxx

    ご検討の程、宜しくお願い致します。
    ------------------------------------------------

    うん?加盟金?どういうビジネスモデルで、、、ってちょまて。

    おっさんれんたるのWEBってBASEじゃん。
    俺も作っているけど、あれ、無料だぜ。
    タダのものを12万円で売るのか、すごいな。

    過去の実績見たら3年間で1500件の利用とあった。
    1年単位で500件くらいだが、増えたとして700件とかだろう。
    3人在籍のうち、ほとんど創業者指名だろうから
    500件創業者、100件Aさん、100件Bさんとかだろうか。

    1件1000円として、年間10万円、お、元が取れない。
    創業者は50万の売り上げと、加盟金13万円*2=26万円
    合計76万円となり

    1年間の収支は
    創業者76万円
    Aさん▲ー3万円
    Bさん▲ー3万円

    なんじゃそりゃ。

    元を取るには130件以上をクリアしないといけないが
    基本、オフィスタイムの平日9:00-17:30は無理なので
    定時後か土日祝になるが、年間休日は120日くらいなので
    1年間の休日を全部潰してしかもマイナス収支とか、、、
    だったら残業単価の方が高いですわ、、、

    これなら家族との団らんとか釣りすることを取る。
    これは誰が得をするシステムなんだろうか。
    収支みても分かる通り、創業者が楽して儲けるシステムだね。

    ただし、これを収支と見るとそう見えるが
    実際の動機はもっと別のところにある。
    若い女性がリピート利用とかいうところである。

    若い女性と接点がないおっさんにはいいんじゃないかな。
    残念ながら私にはモデルさんやらタレントとかキャンギャル
    レースクイーンとか接点がいっぱいあるので魅力的ではない。
    前にも書いたと思うけど、キャバクラに価値を感じないので
    意味がない。

    ごめん、共感できない。

    要するに1000円もらえて若い女性と話出来るかもっていう
    逆キャバクラ状態と勘違いさせるビジネスかな。
    情報弱者相手の商売の一部だろうな。

    キャバクラ代月に1万円だと思って、とかセールストークになるんだろうか。
    うーむ、ますます、魅力がない。
    自身の生きがいを確かめましょうって、家庭と仕事と趣味で充分生きがいを感じて
    いるんだが、、、
    応募する人は、毎日会社の往復でATM状態で無趣味だから刺激欲しいってことなのか?

    それは人生のレベルが低すぎないか。仕事を楽しくするのも、家庭を円満にするのも、
    趣味を楽しむとかいうことも出来ないって、自分自身の努力が足りないからじゃないのか?

    だから低スキルのおっさんに成り下がるんじゃないのかなぁ。
    パソコン先生っていうおっさんのスキルはどの程度なんだよ。
    VBSでADコントロールするプログラム書けるのか?
    情報処理技術者の資格は?JAVAはマスターかシルバー?、MCP取得?どれかあるのかな?
    そういうスキルがあって、パソコン先生を名乗っているんだよね?
    とか、思っちゃう。時間1000円だと、専門的なことは分からなそうだけど。

    そういうお前はどうなんだよって突込みが来そうなので、、、
    仕事でマツコ浮かすのに私には月95万円っていう価格がついています。
    ※人月単価だよ、手取りじゃないよ。手取りだとどんだけうれしいか(笑)
    160時間で割ると、時給6000円。まあ一般的なIT技術者の価格ですね。
    低スキルの仕事はもちろん、高スキルの仕事も出来るので
    その値段がつくわけで、1000円では雇えないんですよねぇ。

    だから時給1000円で働くことに大きい意義を感じない。
    これが google とか microsoft で就業体験とかなら
    1000円で短期間なら喜ぶけど。

    私は近江商人なのでこの商売は、三方よし、の定義に当てはまらない。
    売り手よし、買い手よし、世間よしでない限り
    そういう商売はしてはいけないと思うな。

    じゃあまた!ビジネスモデルが残念すぎる!もっと良いモデルがあっただろうに!俺みたいなおっさんも需要ない!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    318c9ab4.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    シリコンゲットだぜ、ふなです。

    追記じゃないけど、昨日のログで
    グラフを書いた表のデータは以下です。

    http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/fimo/sjisdata1.csv
    ※会員数反映、2010年以前カット、3/14BUG 修正バージョン

    http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/fimo/sjisdata.csv
    ※生成生データ
    と2つのデータがあれば、まあ全体像がぼやっと見えてくると思います。

    毎日会員数と投稿数をゲットするAPIも作ってみました。
    そのうちデータ公開しますか。
    どんなグラフになるのか、神の味噌汁。

    さて、シリコンと言えばM4470ですね。
    メタルジグを自作する上では欠かせない耐熱シリコンです。

    ブランクマスターが完成したらこれで鋳造型を作るのですが
    1kgで1個とか贅沢な仕様ではありません。

    ケチケチ大作戦をいつも決行しております。
    鋳造型は大体2-3個の型にします。

    細長いのは3個いけるし、ちょっと大きいのは2個ですね。
    しかも、1kgで2個、鋳造型を作ります。

    2個の鋳造型ということは表裏でさらに2回ですので、
    250gづつ、合計4回に分けて使います。

    シリコン250gに硬化剤10g(100:4なので)を混ぜて
    流し込みます。これで、表面が1回目。
    さらに油粘土を取り出して、裏面で2回目。
    合計500gで、1つの鋳造型が完成です。
    1kgでは2個の鋳造型が出来ます。

    1個の鋳造型で最大3個のメタルジグを設定できるので
    1kgのシリコンがあれば6種類のメタルジグの
    鋳造型が出来ることになり、大変経済的です。
    ※80g以上で考えているので、小さいのはもっといっぱい作れる

    シリコンは1kgで4500円くらいなので、
    2700円とかで売っているバカ高いメタルジグも
    2本コピー取れば元が取れます(笑)

    それ以上に、オリジナルのカラーとか勝手に作れるし
    メーカーが120gモデルと言っているのに実際は112gしかない
    ようなメタルジグもこの方法でコピー取るとちゃんと120gにすることが
    可能です。

    1個の鋳造型ではシリコン500gを使いますので、500g余るわけですが
    次回まで結構持ちます。
    半年とか1年持ったと思います。
    その間に、次はなにを作ろうかな、、とか考えるわけです。

    やっぱりその魅力はオリジナルのメタルジグで
    どう作るか、どういう動きを狙うか、ということを
    どう反映しながら作るのか?というプロセスを考えながら
    作ることになります。

    そういう視点で見ていくと、たとえばメタルジグの定番ブランカとかは
    平面を意識しつつ、アクションには影響しないところで、ルアーの顔(目玉部分)を
    作っていたりするので。
    なるほど、そういう風に作ったか、、とか作り手の苦労が見えてきます。

    オーシャンドミネーターのセンターバランスとか、苦労してセンター
    取ったんだろうなーとか、メタルフリッカーとか、
    ボディの形はなんでこんな風に膨らんでいるのか、苦労したろうな、、
    とか思うわけです。

    今回、作ってみようとしているのは120-150gくらいの
    タチウオ専用メタルジグで、今までにないものなので
    どうやって最終形態に煮詰めていくのか
    さっぱりわからんのです。

    コンセプトプロトを作るまではいける、その後
    修正するんだけど、修正が正しく反映されるには
    どうブランクを作り直すのか?がわからん。
    軽くするなら、削ればいいけど、じゃあ重くするには?
    とか、その修正方法が確立してないから
    タイプA,タイプBとか数作っていくしかない気がする。
    むーん、3DCAD欲しいわ。

    って手でマスターブランク作るのにどうするんだべ。
    悩んでいてもしょうがないので、前に進むために
    いろいろやってみるか。

    ちなみに試したいことがもう1個2個あるので、今回の
    鋳造型には鉄板バイブレーションのオモリ部分も作ります。

    鉄板バイブレーションのオモリの部分の鋳造。
    マリアさんのカーボンバイブの作成記事みてて
    思いついたんだけど、鉄板以外のプレートを
    使った鉄板バイブレーションって、錘とプレートは
    鋳造じゃないよね?
    きっと、プレートを挟み込むようにウエイトの設定をしているはず。

    という仮説が当たったみたいなので、
    鉄板用のウエイトを作ろうかと。
    鉛と鉛でプレートを挟んで、2か所きっとなんらかの接着(ビス止め?)だろうと。

    そうして大量の鉄板を作れば新しい素材とかの
    鉄板研究がはかどるはず!と勝手に思っています。
    オモリだけ作ればプレートの形で、泳ぎは変えられるはずなので。

    逆に鉄板を鋳造で作る場合は、結構大変なはず。
    一発勝負に近いはずなので、、、

    という机上の空論が正しいかどうかもやってみよう!
    ルアーってどうやったら修正しやすいように製造工程を考えるか?
    とかも大事だね。どうにもできん、作り直ししかない。
    となってから気がついても遅いので。

    じゃあまた!鉄板!鋳造!いろんな技術が必要なのね!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    53b699fe.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    結婚記念日のサプライズは成功した、ふなです。

    もう30年以上、何かの折につけ花を買っているけど
    いつも花屋に不満があります。
    それは、花束が見える状態の梱包しかしないんですよね。
    ビニール袋に入れるとかね。
    なので、大き目の紙袋とか箱とかこっちで用意しないといけない。
    花屋は何を売っているのか認識すべきだと思う。

    ってな感じで会社帰り予約したレストランに家族を先にエスコートして
    花束はコインロッカーへ隠してからレストランで合流。

    食事の途中でちょっとトイレへ、と言う感じで席を立ち
    急いでコインロッカーへ花束を取りに、いくつもりが
    なぜか子供もトイレになってしまい、計画と違うぞ、と
    焦りつつも、子供のトイレを済ませて、子供抱えてダッシュで
    花束を取りに行く。

    子供は不思議そうな顔をするんだけど、
    結婚記念日おめでとうだから、ママに渡してね!とか
    頼んで、無事レストランに戻り、サプライズ成功!
    よしよし、これでしばらくは平穏だ。

    女なんか記念日さえ喜ばせておけば、あとは毎日釣りに行ったって文句言われないんですよ。(もう台無し)
    毎日文句を言われないからと言っていい気になっているとあとで爆発するんですよ。(爆)
    適度なガス抜きが必要って最近わかりました。

    食事から帰ると、もうやるきしないよなー。
    ってことで、短時間でも出来るデータ解析でもやってみるか。

    さて、釣りSNSの投稿率が下がっているんじゃないのか?って
    疑問をずっと思っていたんですけど
    イメージではなく、リアルなデータが必要じゃないかな。
    ってことでエビデンスが必要ね。

    ツール作って、データを取得したので、公開します。
    1日あたりの投稿数をCSVで取得したので
    それをグラフにしてみました。
    ツールはサーバにやさしい仕様で、1ページアクセスするごとに数秒の間隔をあけて
    時間をかけてゆっくりアクセスする仕様です。
    RSSじゃないけど、貧弱サーバにアクセスを集中させると業務妨害だ!とか騒ぐので。
    12時間くらいかけてゆっくりやらせてます。

    生データは
    http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/fimo/sjisdata.csv
    あたりにあるので、加工できる人は加工してみてください。
    おれはエクセル苦手だ。
    ※一部プログラムのBUGで3/14とかのデータは正しく取得出来てないです。

    誰か、2つのグラフを重ねて折れ線グラフにしてくれ。

    それと会員数のデータがあるので
    グラフにしてみたい。どうやるんだっけ?忘れた(笑)
    なので、2つの独立したグラフになったんだけど、面白いデータが取得できました。

    会員数は過去のブログで書いた通り、順調(?)に年間約5000人というペースで伸びています。
    投稿数は去年をピークに下がりトレンドです。
    投稿率じゃないですよ、投稿数、ですよ。

    会員数は増えているのに、投稿数は減ってます(笑)マジか。
    シャレにならんね。
    去年の6月頃とか何かあったっけ?
    去年何かあったっけ?
    そういえば、、、、おっとリーダーの悪口はそこまでだ。

    夢は大きく、でも現実は残酷だね。

    ちなみに、定期的に飛びぬけて投稿が多い日がありますね。
    調べると、、、12月31日でした!
    毎年、400人前後が今年のけじめを報告するようです。
    それすら去年はおととしを下回っていますが、、、
    これは毎年伸びていたのにね。
    下げトレンドの象徴です。

    その人数はある意味、アクティブなブロガーと定義付けてもいいような気がします。
    なので、釣りSNSにおける400人くらいがアクティブなブロガーと言えると思います。

    結構多い方じゃないかな?もっと少ないと思っていました。
    100人くらいだと思っていたので、、

    生データは提供しているので、例えば投稿の多い曜日とか月とか、総記事数とか
    アクティブなブロガーの偏移とか
    分析したりしてみると何か傾向が見えるかもしれませんし
    反論できる材料は提示しています。※ピケティと同じ方式ね!
    投稿数を増やす何かのきっかけが見つかるかもね。

    ちなみに2010年より前のデータはたぶん村岡さんのTSNのデータ移行に伴うものだと思う。
    それとブログの引っ越ししたインポートデータ関係かな。
    なので厳密にいうと投稿数ではない。記事数ではあるけれど。
    会員数も厳密には会員数ではない、述べ登録者数ではあるけど。

    ビッグデータと呼べるほどのデータではないけど、データって分析すれば
    面白い傾向が見えるからそれに対応するのも結構簡単だと思います。

    下げトレンドになっているように見えると大抵みんなはオワコンだと
    言い始めるんですけど、mixi だって復活したように
    ちゃんとした戦略があればいつでもV字復活できると思う。
    出来なきゃ、投稿平均200/日程度のままでどうやって黒字化するのか、とか
    別の観点が必要だと思うけどね。
    成長曲線は去年で終わり、今年からクローズ戦略に向けるのかもしれない。
    その辺はどうやるのかわからんけどね。

    一般利用者が考える問題でもない。
    ただ何かの行動を起こす判断の材料にはなるだろう。

    じゃあまた!投稿数下げトレンドかぁ!現実は厳しいなぁ!復活を望む!

    このページのトップヘ