クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2015年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150806-00000049-mai-soci

    <釣りざお>一式19万円も…高額売りつけ、相談増加
    毎朝新聞 8月6日(木)17時48分配信


     釣竿とリール一式で19万円--。国民生活センターは6日、
     店頭販売の釣り竿を高額で売りつけられたという相談が増えているとして、
     注意を呼びかけた。

     

     同センターによると、店頭販売の釣竿について全国の消費生活センターなどに寄せられた
     相談件数は、2007年度まで500件前後あった。
     注意喚起を強化した結果、08年度は62件にまで減ったが、
     14年度は465件と増えつつある。

     

     相談は、釣竿の販売で「『1本3980円』とチラシにあったのに店頭に行くと1本4万9800円と言われた」
     など想定以上に高額で売りつけられた内容が多かった。
     さおの支払額は平均4万2319円だという。
     13年には、関東地方の30代男性から「プロが勝手に手に取って『古いので替えるべきだ』
     などと言って新しい釣り竿とリールを手に取らせた。19万円を請求され、
     その場で魔法のカードで支払ってしまった」という相談もあった。
     ほとんどのプロは自称で詳細は分からないという。

     

     国民生活センターによると、さおは1本9000円以下、
     リールは数千円から2万円台で買える。
     Oリムピックの竿に自社のシールを貼って数万円の上乗せや
     D社のリールを自社カラーにして数万円の上乗せがある例が多い。
     同センターは「販売価格を確認し、断ることが難しいときには
     周囲の下山者やふなに助けを求めてほしい、信者に相談してはいけない」と話している。

     

     

     

     

    感じ方はいろいろ。笑える人も笑えない人も。

    出来れば笑える側にいたい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    16db7217.jpg

    0264e46e.jpg

    5e0cb7bb.jpg

    eab847ac.jpg

    d0bd0977.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    8月10日は有給なので、投稿をセットしたふなです。

    つまんない記事だけどね。
    さて、キャノンのワードタンクを長女(中一)が使っていたが
    次女(4歳)がそれで遊んでいた。
    見てみてー、と手渡されたそこには
    うれしい文字が。

    ママにも同じことやったらしい。
    デジタルネイティブな時代。
    いいね!

    中学生くらいになって、いきなり使い始めるスマホとかでは
    情報リテラシー教育がそんなに浸透してないだろう。
    だから、小さいころからそういう機器には慣れておくべき。

    プログラムを覚えるのにPCはいらない。
    ichigojam があればBASICは覚えられる。

    電子辞書で、キーボード入力は覚えられる。
    いずれも、インターネットに繋がっていないコンピュータの世界だ。
    今から30年前の日本は、PCと言えばネットにつながっていないのが
    常識だった。

    今のPCはネットにつながっているからね。
    プログラムを教える、とか以外のことに使えてしまう。
    なので、ネットに切り離されている機器からスタートする方がいい。

    携帯電話も、安心だフォン、見守り、ガラケー、そして、スマホ、と
    徐々に使い方、リテラシー教育をしないといけないと思っている。

    学校でも少しやるけど、メールのやり過ぎLINEのやり過ぎで
    学力が下がったという研究結果があり、まあ、子供与えていい影響はない感じですね。
    ほどほどにさせないとだめだと思う。

    今のところネットにはまっている様子はないので、ちょっと
    安心だが、そのうちフィルターとかつけないといけないと思う。

    さて、新型エイガードは不良品の分解と再生に向けて前進。
    完成品の動作確認はしたので、あとはもう少し数が欲しい。
    さすがに2個では、、、ちょっと希望者のみなさん試して、という数ではない。

    1個は自分で使うとして、もう1個しかないので、、、、、
    プロモーション撮影用に数はもう少し欲しい。
    撮影出来ないわけじゃないけどね。

    中身を取り出してみたのだが、難しいのは
    プロトタイプを作るために、専用基板まで作成するのか?という
    舵取りをするか、しないか。

    取り出したシリコンの塊を見てわかるように
    非情に狭いスペースにいろいろ突っ込んでいる。
    なので、配線同士がくっついてしまい、ショートする。

    そして基板はアルミ製の基盤で、表面実装部品を取り去ったものなので
    パターンが剥がれてしまう。
    強化するために、細い電線をハンダ付けすると、さらに配線が増えて
    狭い空間で空中配線なためにショートするという悪循環。

    これが専用基板なら銅箔の上にちゃんと部品配置して
    きっちりハンダできるので、そういうこともなくなるが
    コストがかかりすぎる。

    ノギスで計ってみたが、直径20mmの円形基板である。
    昔、エッチングしたけど、それをやらないといけない感じなのかな?
    エッチングまでは出来るけど、ホールスルー加工する方法が思いつかない。

    両面銅箔パターンの基盤はベークライトベースだと思うんだけどね。
    うーみゅ、困った。
    なんか考えよう。

    円形基板の外周は、バッテリーのマイナスが接触する面で
    中心の円は、バッテリーのプラスが接書する面なので
    ハンダ漬けして、高さが変わってはいけないので、、、

    そのためにホールスルー加工されている基板なのだ。
    円形に切り抜くのは、自分でやるとして、一回り大きい30mm四方の基盤を発注するとか
    しないとだめかなぁ、試作基板の会社に見積もり出すか。

    数は4個+予備2個で6枚。うーん、単価高そう。
    量産化は別の筐体かもしれないので、大量に作るわけにもいかんな、、、

    うーむ、考えますね。空中配線をなんとかすればいいような気もするので。
    進捗としては進んでいるんだか、進んでいないのだか、わからん感じに
    なってます。
    なのでコンセプトプロトタイプを作る、という視点では進んでいるが
    6個作る、という視点では遅れている。

    じゃあまた!今夜は釣りに行きたい!行けるかな?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    42570956.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    やっとエビ池の水を抜いて、ミナミヌマエビ100匹救助、ふなです。

    ミナミヌマエビだと思うんですが、100匹以上
    回収しました。高水温にも耐えられるのか
    たぶん水温40度以上になったと思うんだけど
    なんとか生きてます。
    あとは水と温度合わせをやってリビングの水槽に放流予定。
    やっと大物が片付きました。
    あとは丸のこで、裁断して、燃えるごみに出すだけ。
    プラ船ジャンボ400が2個だから、、
    庭に埋めて池にするのでくれ!とか言う人いませんよね、、、
    実家に送るかな、、、送料6000円か!もらってれたら1000円あげるわ(笑)
    ウッドデッキも撤去かな。
    いよいよ、今月からマンションの大規模修繕工事です。

    2年かけて、マンションの大規模修繕を担当して来ましたが
    1億円の見積もりを7500万円にまでコストカット出来たので
    俺の中ではよくやったぞ、俺!と自分でほめています。
    まあ自分の力だけじゃないんですけどね。
    あとは無事工事が終わればいいな。
    年末までずっと工事です。

    専門のコンサル業者に頼むと、削減金額の半分くらいもっていかれる感じなので
    いい仕事したなぁっと。
    修繕積立金が足りなくなったり、値上げすることなく、運営出来ているので
    健全な運営状態ですね。会社なら黒字決算。

    マンションの理事会でお金を使う決定って、どうも人の金だから適当でいいやって
    思っている人が多い感じなんですが、私は、人の金だからちゃんとしないといけない、って
    思うので、自分の金を使う以上に気を使いますね。

    さて、昨日、よいコメントを頂いたので、テーマにしてしまおうと。
    「コストにシビアなのに市販品の仕掛け買うんですか?」

    すごくいい質問です。

    もちろん、自作の仕掛けも作ります。
    自作の仕掛けを作るには理由が3つあります。
    ※一応3つと言いましたが、まだ3つ思いついていません。
    ※書きながら思いつくことにします。

    1つ目はお手本です。
    自作の仕掛けをHP見ながら作るのは可能ですが
    細かいところは実物見ないと出来ません。
    実物通りに作れば、そのコピーになっているかどうか、実物と比較できます

    2つ目は予備です。
    湾フグの時もそうですが、自作の仕掛けが釣れなかった時に
    市販の仕掛けを使ったら釣れたということがありました。
    また、自作仕掛けをこれから作るわけですが
    何かあって、自作仕掛けを作れないと、仕掛けがない状態になります。
    船宿にも売ってない、となると釣りが成立しません。
    そのため、確実に釣りをするために仕掛けを買います。
    もうこれで、自作仕掛けが釣れない、作れない、ロストした、となっても
    釣りは実行可能です。

    3つ目は差分を見ます。
    自作仕掛けを作る際に、参考にしますが、どうしてこの仕様になっているのか、
    の意図を読み取ります。
    スナップの大きさ、仕掛け巻の形、針の仕様、糸の素材など
    意味があるもの、ないもの、様々だと思います。
    そこから理想の仕掛け像を作り、仕様を決めます。

    4つ目、実はコストが安い
    あれ、3つと言ったのに、3つ目がぼやけているテーマなので
    急きょ4つ目
    自作は案外高いです。
    300円で2セット作るのは自作では難しいかもしれません。
    一人暮らしで自炊すると高くつく、に似ています。
    針すら50本300円とかで、それにフロロカーボン1号100mは500円とか
    大量に作るなら自作は安いですが、少数では逆に高くなります。
    そこはいかに手持ちの道具を再利用するか、にかかっていますね。

    特に意味があるのは予備だと思っています。
    いざとなったら市販品を使えばいい、という安心感です。

    釣行をプロジェクトに例えた場合。プロジェクトを成功させるために
    出来る限りの手は打っておかないといけないと思っています。
    災対に近いものがあります。
    事業継続計画(Business continuity planning、BCP)に近い考え方です。

    釣行継続性 【Fishing Continuity】
    不時・不測の障害が発生しても釣行が間断なく続けられることを釣行継続性という。
    これを確保するための方針や手続きを示した計画を
    FCP (Fishing Continuity Plan)という。
    また、このFCP を策定し、それを実行し、評価をして
    パパがレビューを行い、継続的に改善する釣行活動を
    FCM(Fishing Continuity Management )という。
    釣行継続性が重要な家庭内課題であることは、障害の発生によって釣行が止まる、
    子供ががっかりする、夕食が確保できないといった影響の出ることが、
    パパの威厳の存続や子供満足度を左右しかねないからである。
    また、釣行継続性確保の対策を講じていないがために、
    障害が発生した時に多大の費用損失を被ることがないようにするためでもある。
    ※ふなペディアより

    こんな定義になると思う。

    釣行継続性の実施に際しては、様々な障害を想定する。
    魚が針を飲み込む、船酔いする、竿が折れる、熱中症になる、釣れなかった、
    当日に発熱、渋滞する、台風が来る、
    など、レベルの幅が非常にある。

    なので、私の場合は、最悪、予備の竿とリールは持っていきます。
    6ftのパックロッドとリールは鞄に入ります。
    竿が折れたり落としたら終わりなので、、、

    そういう意味ではカーボンバイブ試投会では準備不足だった感がすごくある。
    結果、いろんな損失をいろんな人があちこちで被っている。

    予備、予備、と気がついたらスナヅリ仕掛けは10枚以上あったので
    もう買わないと思うんだけどね。

    どれも安いものだ。安くても釣れるので、、、
    そこは腕でカバ―である。
    高いものを1個より、安いものを2個、の基本的な考えは変わらない。
    普通は逆かな、ナスキー3個より、ステラ1個って感じじゃないだろうか。

    しかしそれは釣行継続性の観点から見るとダメな準備になる。
    ステラ1個が壊れたら釣行が終わってしまう。
    段階にもよるが、釣行1週間前に壊れたら、修理に出して戻ってこない。
    手持ちにリールがなくなるので、多大な費用を払ってリールを買うことになる。

    高い竿でも同じ。折れたら終わりなので、同じ予算なら高い竿1本より
    安い竿2本である。
    ちなみに竿とリールの予算比率は1:2 である。
    竿に1万円かけるならリールは2万円。これは耐久消費財と消耗品の差であります。
    カテゴリが違うんだから予算比率は違って当然なのです。

    おっと道がズレた。
    なので、どこまで障害を想定するか、ということにかかっている。
    そして、釣行継続性を確保して「パパ楽しかった!」と
    いう結果を出すためには必要な計画なのである。

    前回はサバのジギングで、毎晩、ワンピッチを練習したように
    今回は、アンダーキャストを3日間、練習する予定。
    もちろん、練習しなくて、船下のみを釣るって手もあるんだけど
    なんでわざわざ釣れる確率を下げるのか、わからない。
    釣行時間が限られているのだから、船に乗ってから教えればいいや、
    という考え方は間違っているということがわかる。
    教えている時間が1時間として、2人で2時間無駄にすることになるのだから。
    で、いまさら気が付いた。

    胴付仕掛け、と書いていたが、胴突が正しい。
    そして、アンダーキャストをやらせるのは、胴突2本針より
    1本針の方が楽なはず。
    買わねば、、、

    ということで、市販の仕掛けをなぜ買うのか?
    それは釣行継続性の一環だから、というお話でした。


    じゃあまた!釣行継続性!釣行=プロジェクト!俺はプロジェクトリーダー!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ffbdd959.jpg

    3ad5e499.jpg

    9d862a5a.jpg

    9f0d80f9.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    昨日は江東区の花火大会、迫力ありますね、ふなです。

    花火を見て、きれいと思うか炎色反応話をするのか
    理系と文系の会話はかみ合いません(笑)

    ついでに、人出の人数予想から計算する経済効果とか
    荒川のシーバスが驚いて怯えてしまうから明日は行かないな、とか
    何人くらい告白してカップルになったのかな、とか
    音速から5秒後に音が聞こえる自宅までの距離を計算したり
    紙コップの生ビールの温度が上昇を抑えるには何かアイデアないかな、とか
    荒川の屋形船はどんな航路で来るのかなぁ、とか
    音だけ聞いたら戦闘地域とあまり変わりないんだろうなぁ、とか
    平和を維持するって大変なんだなぁ、とか
    明日はゴミ掃除大変だろうなぁ、金属探知機持って歩きたいなぁ、とか
    物事にはいろんな側面がありますね。

    そのどこを切り取って花火を見るか、見ることが出来るのか、
    それが大事だと思う花火大会でした。
    あなたは何を感じましたか?

    私は奥さん、子供を送って、近所のキャスティングへ。
    花火をバックにお買いもの。

    8月23日のキス釣りの仕掛けを買いにいきました。
    閉店間近だったので、シーバスルアーでカーボンバイブが売り切れで
    欲しいカラーが無かったので、パス。
    ポイズンイワシグロー!!!

    キスの仕掛けと針とオモリだけ購入。
    欲しかったのは胴付の仕掛けで2本針。
    スナヅリ方式はいっぱい持っているのと
    初心者の子供には胴付がやさしいと思って購入。

    なんだけど、3社ありましたが
    微妙に内容が異なっていました。

    サイズ違いで欲しかったので
    7号8号9号と会社を変えて買ってみました。
    あともう数社あったのですが、価格帯が違う(380円で高い!)のでやめた。
    OWNERはスナヅリ仕掛け(199円で安い!)なので
    比較は対象外。


    MISAKI:313円
    http://www.misaki-net.com/NEW/catalog/catalog_page/p21.pdf
    2本針 2セット
    ※フロロカーボン
    全長:80cm
    幹糸:1.5号
    ハリス:0.8号

    YAMASHITA:297円
    http://www.yamaria.co.jp/yamashita/product/detail/270
    2本針 1セット 替え針3本
    全長:85cm
    幹糸:2号
    ハリス:1.25号
    ※フロロカーボン

    SASAME:280円
    http://www.sasame.co.jp/1775/
    2本針 2セット
    全長:90cm
    幹糸:2号
    ハリス:1.5号

    結構同じかと思ったら、YAMASHITAだけ
    1セット+替え針だった。
    ふーん、考え方の違いですね。

    2本針2セット買う人って、針が切れたり交換する時には
    しかけごと変える。それが速い。
    2セット目で針が切れたら、1セット目の残りで2個一する感じだと思う。

    今回は親子なので、親の分と子の分の2個が必要なので
    2セット必要。それに交換針という内容。

    つまり、釣行人数の仮定が違うという話になる。
    交換針は10本で180円。

    一人で行くなら300円程度のセットに交換針10本180円で合計500円弱。
    YAMASHITAのは交換針が3本セットされているから300円程度で済む。

    が、2人になると。
    2人でも上記の計算通り500円弱だが
    YAMASHITAは2セット買う必要があるので600円弱になる。
    600円弱でも替え針は合計6本なので、価格的にも内容的にも負けてる。
    勝つには交換針を5本以上付けないといけない。

    船のキス釣りには一人で参加する人が多いというリサーチ結果でもあったのかな?

    替え針はOWNERの針にした、理由は簡単で、子供に合わせろ!と言っても
    難しいだろうから、向こう合わせに特化した針にした。
    それだけの理由だ。俺一人なら競技キスみたいな針でいいんだけどね。

    ということで、一人で気軽に行くなら、YAMASHITA
    2人以上で行くならその他の製品でいいと思う。

    個人的は円形スプール採用のYAMASHITAを推したいところなんだが、
    2人で行くので、MISAKI推しになってしまう。
    仕掛けに癖がつきにくい円形スプールを採用したことを評価したいのだが
    スナヅリ、振り分けならまだしも、胴付仕掛けなので、あまり意味ないと思う。

    本当は、替え針もフロロカーボンがいいんだけど、店頭にあったのはこれかな。

    ってなわけでキス釣りに備えます。
    同じように見えて、実は微妙に違うんですね。
    つーか、1号って4lbだから、キス針とフロロカーボンライン
    買ってきて、自分で巻けって話ですよね。
    ナイロンラインとの使い分けくらいやれ、って話かもしれません。
    時間あるし、巻いてみるか、、

    じゃあまた!去年のリベンジ!キス釣り!優勝するぞ!金沢八景!親子釣り!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ブラック企業、ブラックバイト、ブラックふなです。

    いや、ブラックふなはあるのかどうかわからないが、
    あると言えばある。

    このクソ長い日記だ。
    あなたの時間というリソース、そう貴重な昼休みという時間を
    読むだけで無駄にしてしまうという、これだ。

    時間も貴重な資源(リソース)である。
    毎回、全文を読むのに何分費やしているかどうかわからないが
    (書く方は1時間くらいだよ)
    その貴重なリソースを奪っているのである。

    一応、その自覚があるから、このクソ長い日記、なんて言える。
    24時間365日倒れるまで読め、とは言わないし。
    「いいね!」があれば生きられる、とも言わない。
    ブラック企業ではないので。

    読む時間無くなったから、代わりに要約してくれる人を
    探してこないとダメ、必ずコメント入れろ、とかもない。
    だからブラックとは言わないかもしれない。
    でも、あなたの貴重な時間を消費していることは
    間違いない。

    例えば昨日の日記でも、もっと詳しく調べれば
    サマフェスの参加人数の移行グラフとか書けるわけだけども
    調べてない。そんなことに時間を消費するのがもったいないので
    3分くらいぐぐれば、大抵のことはわかるのでそれ以上
    調べるのは無駄なのだ。そんなにモチベーションがない。

    釣り配信でも、どうみても、会社の時間外に仕事していると思うんだけど
    その分、ちゃんと残業代なり、代休もらっているか心配だ。
    管理職ではないと思うので、、、ブラック臭がプンプンする。

    マリアミーティングの時にはちゃんと聞いてみた
    皆さん休日出勤だと思うんですが、休みはどうなっているんですか?
    ちゃんと代休が取れるそうだ。良かった。
    ホワイトな企業だね。当たり前だと言えば当たりまえ。
    その当たり前が出来ていない企業はブラック企業だと思う。

    ブラックバイトも同じ、代わりの人を見つけないと辞められないとか
    低時給とか、そんな違法な条件で働いているバイトも同じ。
    ノーと言えない学生と食い物にするんだとか。

    でだ、本題。

    じゃあ、ブラックルアーっていうのがあるのかも知れない、と
    思い始めた。
    ブラックルアーというのは、使い方が難しい、使うのに時間がかかる、
    使うのに道具が必要、使うのに別のコストがかかるものを言う。

    武器で言えば三節棍みたいなもの。
    ヌンチャクは棒が2個なので2節棍。
    棒3つが2つの節でつながっている武器。
    たぶん習得するのはすごく大変。
    でも武器としては、習得してもそんなに強い武器じゃない。
    ヌンチャクと攻撃力として何が違うの?
    パフォーマンスの差にしか見えない。
    もっと効率のいい武器あるだろう。

    一方でナギナタという武器がある。
    「剣道三倍段・薙刀九倍段」という言葉もあるくらいなので
    武器としては同じ攻撃力を習得するなら空手より、9分の1の労力で済む、という
    見方も出来る。

    ということは、ヌンチャクや三節棍を時間をかけて習得した攻撃力より
    ナギナタを使う素人の方が攻撃力が高いかもしれないわけである。

    さて、何を言いたいのか、というと
    難しくてそのルアーを使いこなすようになるには時間がかかる、という
    ルアーはブラックルアーじゃないか?と思うわけである。

    それこそパッケージから出して、キャストして、タダ巻きで
    1時間で釣れる釣果と1週間練習して、10時間練習した釣果が同じなら
    前者であるべきではないか、と。
    10時間練習したあとに釣れた1匹は格別であろう。
    それを感動とか苦労の1匹とかいう美辞麗句で飾り立てるルアーは
    実は不良品(ブラックルアー)ではないのだろうか。

    これがゲームならクソゲーである。
    たけしの挑戦状とか、無駄に時間を費やすだけのゲームがある。
    BIGRIGみたいに、ゲームとしての根本もないようなものもある。
    まともに泳がないとか、絡んで釣りにならないというクソルアーもある。

    習得するのに時間がかかる、別のものを買わないと使えない、なんていう
    ルアーも実はブラックルアーなのではないか、と思う。

    別のものを買わないと使えないルアーなんか聞いたことない、と思うかもしれない。
    例えば、、PE0.8以下の細いラインではきれいに飛びません、とか。
    先調子のロッドじゃなくとアクションが出せない、とか
    ナイロン直結じゃないとダメとか、
    そういうルアーのことです。

    へらぶなの世界にもあります。
    それは、糞みたいなウキのことです。
    ダメなウキは使うだけでストレスになるので、
    そのウキにアジャストする時間が無駄になるので、
    そういうウキは折って捨てるそうです。
    そういえば、俺も全く使わないウキセットがあるな、、、
    捨てるか、あげるか、、

    車のドリフトとかも、相当練習して、出来るようになるのですが、
    グリップ走行の方がタイムは速いし、安全ですね。
    パフォーマンスためだけに存在するものです。
    買ったばかりの車で、免許取りたててで、スイッチ一つで
    ドリフト出来るようにならないものか。


    あなたの身の回りにもそういうブラックルアーが潜んでいるかもしれません。
    使い方が難しいルアーはブラックルアーで
    あなたのリソースを食い物にします。
    大抵高い値段なので、捨てるに捨てられず、懲りずに使ってしまうんですよね。
    そこでも、お金、場所、時間という限られたリソースを食い物にします。

    若い人ほど気を付けてね。時間が限られた資源という感覚がまだ養われていないと思うので。

    じゃあまた!ブラック日記を読んでくれてありがとう!何の利益もないよ!長い!

    このページのトップヘ