クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2015年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8dba6d86.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    いい釣り納めでした、ふなです。

    土曜日に釣り納めに行きました。
    マイホームでの釣行。

    防寒もばっちり裏ボアの上下インナーで暖かいし
    なにしろネオプレーンインナーが水温を感じさせません。
    貼るカイロ2つでしたが、気にならないくらい。
    ただし、足先と手が今後の課題。

    ネオプレーン靴下とか作るかな。
    グローブは忘れただけなんだけど、、、、

    ってことで、ホームはすっかり人がいな、、、、いた!
    このくそ寒いのに2人先行者、プラス2人、そこに
    TJA氏と私、6人も!この年末でくそ寒いのに!

    先行者の2人はよくお会いする2人でした。
    ポイントにはガイド船が貼りついており
    たぶん釣れるんだろうな、、、

    潮位が下がり出したので、手前の橋脚を攻めると
    30cm弱がヒット、しかし、ラインがおかしい。
    南風に流されて、橋脚に引っかかっている。
    そのため、橋脚からダウンに投げて引かれたようなコースで
    ルアーがアクションしたのだろう。

    糸が傷ついたかもしれん、橋脚に魚が達したころに、バレタ。
    なんだろう、ここの釣り場では、最初の1匹をバラスという
    ジンクスがあるのかな。
    そういう時にはいい釣りになる、過去2回とも。

    今日つかうミノーはもう決めてある。
    2週間前から今日の大潮のためのイメージを決めていた。
    そのイメージと予算に合うのが、ダイソーミノーモンスターである。
    108円(税込)で買える。
    1600円とかのミノーもイメージでは合うけど、予算が合わない。
    道楽箱で買った500円のミノーもイメージにあうので、それも。

    基本的に明暗についている魚を狙う。
    オープンエリアのフォースの釣りは、この時期は厳しいはずだが、、
    挑戦はしてみた。うーん、やっぱりバイトがないんだよね、、

    明暗に流し込む釣りで、バイトはいっぱいあるがヒットに持ち込めるのは
    少数、何かがズレているんだろう。
    時折、ヒットしてもバレテしまう。
    どうもショートバイトのようだ。
    1匹目をキャッチしたのは、、、ミノーモンスター11cmシンキング(青)。
    強いねこのルアー。
    口の皮一枚と言う感じ。65cmくらい。いいね!
    2匹目はZXZ-125S 50cmくらい、やはり、口の皮一枚。

    カッとかプっとかショートバイトが多い。
    これをどうやってヒットに持ち込むかな、、、

    そして、ついにその時が来た。
    グっと抑え込むような大型独特のアタリ、反射的に背中の筋肉を使ってアワセを叩き込む。
    ワンテンポおいてギューンと、走り出しドラグが出る。
    ドラグを2ノッチ締める。
    止まらない、そして、フッっと軽くなる、バレタ、、、
    70cmをごり巻きできるタックル、勝負はシーバスの勝ち。

    80UPじゃない90UPかメーター級だろう、来年お前と勝負だ!
    いわゆるヌシだろうな、これを追いかけてみるのも悪くない。

    オープンエリアの方は厳しいのでTJA氏は明暗に。
    オープンエリアは無反応、なので明暗の様子を聞いてみると、橋脚についている
    バイブで何本か取ったとのこと。
    先行者の方も順調にヒットしている。
    良かったね!これで年が越せるね!

    私も明暗に移動、バイブで叩いたあとなんだから、、、
    ミノーで探ると、、、ヒット!
    70cmくらい。ミノーモンスター13cmシンキング。

    オグル、鉄板とショートバイトはあるのにヒットまで持ち込めない。
    ヒットしても数秒でバレル。
    このショートバイトを攻略するのも1つ課題が出来た。

    そして、ソコリ、しかし、潮があまり引かないソコリ、南風だからかな?
    上げ1分までやってやる!と思ったが、潮の上げが急だ。
    危険を察知し、先行者の2人と共にストップフィッシングとなりました。

    4人で上陸して撮影会。
    4人全員安打、最大80とボーズなし。
    みなさんいい釣り納めでしたね。

    今年の釣りの集大成が垣間見える釣りでした。
    1つは自分のシーバスフィッシングが正しかったことの証明でもあります。
    ルアーをイメージで買えるようになりました。

    ルアーを見ると、どのくらいのレンジでどんな動きをするかわかるので
    そのイメージにあったルアーをチョイスできるようになったわけです。
    ルアーの選択を「製品名」ではなくレンジとシルエット、動き、で
    出来るようになっていたわけです。
    その結果、ダイソールアーもイメージに合う=使う=釣れる
    を証明したわけで。

    いわゆるシーバス釣りの勉強が出来ているという感じなのかな。
    なので、製品名で釣りをしている人は、ルアー選択がデジタル化されていて
    ルアー釣りの本質に気が付いていない気がします。
    ルアーってアナログですから、製品名で区切ってしまうと、製品名を
    覚えてしまい、一番大事なルアーの特性を知らずに終わります。

    今回も中古のミノーでシマノのなんかわからんけど、リップがいい感じのものという
    左脳ではなく、右脳で判断したルアーを使ってヒットさせました。
    バレたんだけどね。そしてロストしたので、もうなんていう製品か、
    さっぱりわかりません。製品名はいわば、パッケージで
    中身のルアー特性こそが本質なので、パッケージだけ覚えるのは
    意味がないんですよねー。

    とか思っています。
    おっと本題からズレた。

    本日の釣果は
    10以上バイト、7ヒット3ゲット。
    72、68、50という3本でした。
    予想通りマリアカップには間に合わず。
    TSSTなら190cm。凄腕なら188cm、ワンデー大会なら上位か?とか妄想。
    ショートバイトなんとかしたい。

    ミノーBOX流し過ぎなんだよ!ということでTJA氏より、使ってないミノーもらいました。
    ありがとうございます。大事に流します。

    先行者の方2名もいい釣り出来たようです。
    4人で15本くらいでしょうか?
    40バイト20ヒット15本1沈くらいだと思います。
    適当です、すいません。

    今年はいい釣り納めができました。みんな釣れて良かった。
    また来年!次回更新は1月4日です。
    1月に浸かるのか?うーん。

    じゃあまた!今日から帰省!釣りビジョン見ながらだ!32GBx2=60時間の映像!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    0cd1c482.jpg

    8facbd5c.png

    a79255ff.jpg

    616c3901.jpg

    d9c2a1f2.jpg

    17fbb731.jpg

    b926e4a7.jpg

    7287e260.gif

    5cf79741.jpg

    bc83b68d.png

    bf6517d9.jpg

    c16872cb.jpg

    ddd3904e.jpg

    9464254c.png

    イメージ説明用

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b8fa4bf4.jpg

    a4a3f357.png

    7407f176.jpg

    0af41d63.jpg

    800c6bbc.jpg

    77263ac7.jpg

    701dcc44.jpg

    61f4f6fd.gif

    c3406cb3.jpg

    2b1c9eca.png

    イメージ説明用

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b343fe99.png

    80ff125c.jpg

    5cfb8e65.png

    684632f2.png

    42bcc1bd.png

    a8718f1e.png

    33c7ae8a.png

    c7fda7b3.png

    ff006480.png

    480710f8.png

    26c41db5.png

    352f9a8a.png

    c5470285.png

    7dea9e74.gif

    0aa8f575.png

    e91fa5b0.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    クリスマスの朝は子供の反応楽しい、ふなです。

    俺には来なかったけどな!
    さて、新型エイガードですが、コスト度外視で作った
    リチウムイオン電池、専用充電器、ランダムノイズ、専用基板、のコンセプトプロトは
    原価が5000円近いので、5000円で販売するのは難しくなりました。
    だからと言って、じゃあ定価上げますというのはみなさまにお約束した約束を
    破ることになります。ルアーなんか原価300円、500円で売りまくるぜー、と言っていて
    実際は2100円のミノー売るとかいう裏切り行為はしたくないのです。
    なのでコスト削減バージョンのLITE版を試作してみました。

    4つ作って、不良品率0%と、成功性が高く、
    電池も1・5Vの単三アルカリ電池、単一ノイズ、と、実用には問題ないですが
    コスト削減バージョンですね。

    いろんなパターンのハードウェアで、成功しているので
    量産化のめどがLITE版については出来た感じ。

    MAX版はね、専用基板が絶賛スタック中。
    専用部品だと高いので汎用部品の組み合わせを試行錯誤中。

    じゃあ最初のコンセプトプロトは
    新型エイガードMAXとか名づけようかな。

    使い分けを表にすると

         電源電圧 ノイズパターン 利用シーン        予価
    LITE 1.5V 単一      エイなんかめったに見ない 5000円
    MAX  3.6V ランダム    エイがうようよいる    9800円

    こんな感じになるかと。
    実際は、もう少し安くお手元に届くように計画しています。

    ロゴなんかも、発注してて、こんな感じ。(わざと解像度下げてます)
    フィッシングショーに向けてステッカーとかゲリラ配布できたらいいなーと
    思っています。
    ステッカー完成するのかな?
    ワッペンとか作りたいね、ライフジャケットにつけとけば、この人の周りにいれば
    アカエイ寄ってこないから安心みたいな目印にしたいところ。


    文字は逆に決まらない、、、、
    フォント難しい。

    どんなロゴがいいですかね???
    で、すべてのめどがついたら、いよいよクラウドファンドの申込みです。
    クラウドファンドで決済(GOが出る)されるには
    いろんな準備が出来ていますよ!というアピールが必要なのです。

    クラウドファンドを使うのは理由があって
    1つは市場調査
    もう1つは、特許と商標登録の提出

    本当は一人でコツコツ作ってヤフオクで売ってもいいんですけど
    特許と商標登録のお金は最初にかかるので、、、、
    最初はフロー型ビジネスなんですが、後にストック型のビジネスにするには
    これが不可欠なんですよね、、、

    さらに、今後
    ビデオの編集もあるし、、
    まあ冬はやることいっぱいありますね。

    あとは江戸川区で、軽作業を頼める作業所みたいなのはないかなーと
    探しています。
    奥さんがホームワークで、1個組み立てると1円とかいうバイトやっていたので
    同じように、1個組み立てると100円とかバイト払うから、やってくれよ!と
    思っています。逆に区役所に求人すればええのかな??
    でもまあ、ハンダつけがあるからなー。
    道具も貸すので、単純に、1週間で100個とか作るの頼みたいわけだけど。

    在宅で気軽に出来るし、区役所で聞いてみるか、、、


    今年の予定は28日の更新を最後に、次は来年の1月4日の更新となります。
    その間、釣りはしないし、帰省しているので
    釣りネタを仕入れることは出来ないかなぁ、、、
    31日と1日は時限投稿仕掛けるかな、、、

    ってなわけで、帰省用に釣りビジョンの番組をCPRM対応のDVDーRに
    バンバン焼いているふなでした。渋滞するだろうし。暇だし。

    さて、今夜か明日最後のウェーディングゲームだ!!

    じゃあまた!寒い!ランカー狙い!ビッグミノー!ワームも!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9305bb6a.jpg

    5866a071.jpg

    03e675b7.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    インナーの紹介が流行しているようなので便乗、ふなです。

    インナーをご紹介します。
    とは言っても消費者の味方、ふなですから
    無駄に高いのは紹介しません。

    今回紹介するのは、裏ボアの上下です。
    裏起毛のインナーは結構あります。
    でも、裏ボアのインナーはなかなか少ない。

    どれほど暖かいのか、それは触ったりしてみると一番なのですが
    WEB上ではそれが伝えられないので、だから
    裏起毛程度で、温かいとかいうコピーで売ろうとする根性に反吐が出る。

    そもそも、服はなんのためにあるのか、
    そして暖かいとはなんぞや、
    こういう基礎の基礎をおろそかにして、
    世のファッションデザイナーはデビューしてはいけない。
    ※ルアーデザイナーも同じだよ!

    服を着る習慣になったのは、たぶん100万年くらい前か、原人の時代ではないかと思う。
    いやまあ、そんな歴史をたどらなくてもいいけど
    服の役割はファッション性ではなく、どちらかというと体毛の代わりである。
    体温を保護するために生まれたと思ってもいいと思う。

    で、同じ体温を保護するものなら、デザインがいいもの、とデザインは二の次である。
    そういう服の定義からはいらないといけないと思っている。

    体温を保護するとはなんぞや?である。
    そしてその方法はどうやるんだ?というところに踏み込み。
    まず、暖かい、の熱源はなんだ?である。

    これは体温である、もちろん貼るカイロとか、酒とかも
    熱源かもしれないが、人間の感じる服を着て暖かい、の熱源は
    人間自身なのである。

    じゃあ、冬はなんで寒いのだろうか?
    服を着ないと寒いのはなぜだ?
    なぜ体を保温しないといけないのか?
    気温が10度以下だと寒く感じる、なぜだ?ということ。

    外が寒いから、とかいう非科学的な理由ではない。
    体温という熱を奪われる、と言うのが正しい定義だと思う。
    体が冷えるとなぜダメなのか?
    風邪ひくから、とかいう理由も正しくない。
    正確には、人間の体温が下がると免疫力が低下するので
    ウイルス等の感染にかかりやすくなるので、風邪をひきやすくなるから。
    というのが多分正しい。

    つまり、冬には「体温を奪われ、免疫が下がり病気になることを防ぐために防寒をする」という
    必要性があるのである。
    だから冬は暖かい恰好をするのだ、という意識しない当たり前のことを定義付ける必要がある。

    定義が出来たら、その問題の対処を考える。
    どうして服を重ね着するのか、その目的はなんなのか?である。
    冬に重ね着をするのは、服に含まれる空気層を沢山作り
    断熱効果を高めることにある。

    ダウンジャケットも空気層をかくほするために
    ふんわりしている。鳥の羽が発熱しているわけではない。
    ためしに、空気を抜いたぴったりしたダウンジャケットを着てみればわかる。
    たぶん暖かくないだろう(笑)

    なぜ、空気層は暖かいのか?
    それは熱伝導率が低い物質だからである。
    https://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/netuworld/seisitu/ritu.html

    仮にアルミで服を作ったとしよう。
    熱伝導率は 236 空気は 0.0241 だから、およそ1万倍よく冷える服となる。
    なので、アルミは冬服を作るには不向きな材料ということがわかる。
    ※夏は最高!かどうか知らんが。犬のクーラーとかアルミの板を売っているね。

    以下、いろんな繊維の熱伝導率。

    ・羊毛     0.37
    ・ナイロン   0.38
    ・絹      0.44
    ・綿      0.54
    ・レーヨン   0.58
    ・麻      0.63

    ・空気     0.0241

    大体繊維は 0.5前後である。
    その20倍空気は熱を通さないということになる。

    熱を通さないとは何か?の定義になる。
    義務教育中に習ったと思うが
    熱の伝わり方には3つある。
    全部言えない人は、もう一度小学校からやり直せ、となってしまうが、大丈夫かな?

    1、伝導
    2、放射
    3、対流

    この3つだ。思い出したかな?
    このうち、熱伝導率は1の伝導に対する対応である。
    体温が冷たい空気中に伝導しないように対策するのだ。

    ダウンジャケットがなぜ、小さい小部屋にわかれているか、
    羽を一定濃度でとどめたい思いもあるだろうが
    個人的には対流を防ぐためであろうとも思っている。

    なので、例えば、ダウンジャケットの中の毛をプレート状にして
    大きい一枚にして、小部屋のないダウンジャケットも出てきそうなものだけど
    対流がおこるからきっとダメなんだと思っている。
    羽毛布団も同じかな。

    断熱と遮熱の違いも理解していない窓フィルム業者も多い。
    「アルミ蒸着フィルムを使った断熱フィルム」なんていう
    科学的には有りえない商品もこの世にはいっぱい存在する。
    ※たぶん遮熱フィルムのことを言いたいのだろう

    おっと、脱線した。インナーの話だった。
    つまり、空気をたくさん含んでいれば、それだけ暖かいということになる。
    そこでようやくインナーの製法の話になる。

    インナーが裏起毛という方法で、空気をたくさん含もうとするのはわかる。
    だが、裏起毛以上に空気をたくさん含む手法がある。
    それが裏ボアだ。

    写真を撮ってみた、手前が裏ボア、奥が裏起毛である。
    どうみても、裏ボアの方が毛足が長く、空気をたくさん含めることがわかる。
    裏起毛でも、本体を厚手にすれば断熱効果は高まるのではないか?と
    思って厚手の生地にするよね?
    しかし、熱伝導率からみると
    それはむしろ間違いだとわかる。

    ・ナイロン    0.38
    ・綿       0.54
    ・空気      0.0241


    綿で厚手で裏起毛にした場合と、ナイロンの薄い生地で、裏ボアにした場合。
    綿を使えば使うほど、熱伝導率は上がってしまい、「寒い」インナーとなる。
    これは数字で証明されてしまうからしょうがない。

    ナイロンで作った裏ボアは、熱伝導率が低く、熱を伝えにくい「暖かい」インナーとなる。
    裏起毛では厚さ(空気層)が確保できないので、生地を厚く作ると残念ながら、、、という結果になる。
    同じ厚み(5mm)の場合

    綿3mm、裏起毛2mmとすると
    0.54*3(mm)+0.0241*2(mm)=1.6682

    ナイロン1mm、裏ボア4mmとなると
    0.38*1+0.0241*5=0.5005

    たとえば、こういうモデルでは3倍も暖かさが違うことになる。
    ※熱伝導率は数字が低いほど暖かい。上記の式は簡易計算。

    空気を含む層の服では

    裸<綿<<裏毛<裏起毛<ネオプレーン<裏ボア<裏ムートン<ダウンジャケット<宇宙服

    くらい違いがあると思う。
    裏起毛は、そんなに高いポジションではない。
    なので、裏起毛だからと言って、暖かいと勘違いしない方がいい。
    裏ボアタイツはEDWINですよ!おしゃれ!

    裏ボアのシャツはさすがに、ファッションセンターには売っていなかった。
    そう、分野が違うのだ。

    売っていたのは、、、ホームセンターホームズ!!
    職人が本当に寒さ厳しい時の対応用だ。
    いわゆるプロ仕様。



    時代は裏起毛ではなく、裏ボアなのである。
    まだ、過去のリールをお使いですか?じゃないけど
    未だに裏起毛程度なの?である。

    今年は暖冬です、だから裏起毛程度でも暖かいって喜んでいるかもしれないが
    これから寒さが厳しくなってきたら
    ぜひとも裏ボアのインナーをお勧めしたい。

    熱伝導率の少ない空気をたくさん含んでいるインナーですから。

    上下でも2000円いかないくらいなので。(両方裏ボア)
    上だけで6000円とかいう寒いインナー買うよりずっといいと思いますよ。

    暖かいって、イメージですよね?科学的に数字で考えると
    本当に暖かいのか?がわかります。
    より優れたものが、より安く!

    消費者目線のふなからのレポートでした。
    みんな騙されないで、本当に安くて暖かいインナーで、冬の寒さに負けずに
    釣りに行きましょう!
    でも一番の問題はフィールドに魚がいないことなんだけど(笑)
    オフショアの季節なのかもね!

    じゃあまた!今夜はクリスマスイブ!パリピ!シャンメリーで蛍光灯破壊!

    このページのトップヘ