クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2016年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e39bb459.jpg

    b6cc2cc6.jpg

    fb80ba80.jpg

    0cb0044d.jpg

    e2f65525.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    パッケージ来たー!ふなです。

    新型エイガードのパッケージがやっと届きました。
    なので、こんな荷姿になります。

    外箱はこんな感じなのですが、まだ完成ではありません。
    まだ2つ作らないといけないものが、、、
    1、使用説明書
    2、外箱の印刷

    使用説明書はアクティブエイガードLITEの使用方法を
    書いたものです。A4一枚、両面使ってでもとにかく
    このパッケージだけ手に取っても、WEB説明要らずに
    使えるものが必要です。

    外箱印刷では、このままプリンターに通して箱に印刷してやろうと
    思っています。
    一応店頭に並ぶことを想定して、穴付きハンガーBOXです(笑)

    箱はおり畳まれているので、プリンターに通るはず、、、
    はず、、、通らない時はラベルシール印刷して、
    そのラベルを貼ることになりそう。
    ダメならプリントごっこぉ!

    むーんむーん、いろいろ困難を乗り越えて
    なんとか今月中に初期ロット10個発売したい。
    難しいかもしれないが、、、無理ならこの1個だけ売る(笑)
    なんじゃそりゃ。

    ゲスを作るか迷ったんですが、ゲスは作らない方向で行けそうです。
    そして、本体にはスパイラルコードをつけています。
    ウェーディングで水中にぽちゃっと落とさないためです。

    この場合は、スパイラルコードは赤っぽいのがついてます。
    まあ好みのコードに変えればいいさ!

    ケーブルは青ですね。
    一応赤と青の2種類あります。
    長さは1mくらい。
    くらいっていうのは、1mで切ってハンダつけすると
    数cm、本体の中に入っているので、、実際の
    コードの長さは1mを切ることになる。

    まあこんな感じです。
    パッケージになんかいろいろデザインしたいところですが
    そんな右脳な頭は持っていないので
    初期ロットは真っ白の箱のままかもしれません(笑)

    せめて商品名は書きたいところです。
    最悪消しゴムハンコで!

    電源は単三アルカリでおそらく200時間くらい持つはず。
    あ、嘘かも、出力強化したので100時間切っているかも。

    耐久試験もこれからじゃー!うわ、未整備いっぱいです。
    それと同時に、国内で組み立てることのできる
    ところを探さないと、、、
    とりあえず月に100個程度なら無理なく出来ると思う。
    問題は単価だよな、、、
    あまりに高いと中国の工場になってしまうので、、、
    で、動画も作成してたりして、全然実作業が進まない。

    さらに平行して進めているのがMAX。
    MAXも進めています。
    専用基板は今、運搬中らしい。全然トラッキング出来ないが、、

    自分で基板のパターン書いて、ガーバーファイル作成出来たので
    ダメモトで送ってみたらあっさりパスして、今運ばれてます。

    まじか、うまく行っているのか?それともトンデモ基板か。
    楽しみであります。
    基板だけで1枚1000円くらいするので、
    LITEがある程度売れないとGO!しません。
    100個くらい売れるといいな、

    って、100個の壁は大きいことを知っているので
    大変だということは重々承知。

    では量産体制に入りますか、と言いたいが。
    今週末はいろいろ忙しいので、無理かも(泣)

    じゃあまた!形になってきた!ゴール見えてきた!うれしい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    97c28f1e.jpg

    ae8de66b.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    画像加工アプリ怖い、ふなです。

    自撮りして、画像加工アプリで加工したら
    20代に見えた。
    適当にいじってたんだけどね。
    これからこの写真をプロフィールにしようかな(笑)
    詐欺だ!!!!

    というわけで、最近の自撮りアプリはすごいな。
    もう女子のプロフィール写真なんか幻想に近い。
    おそらくCGか?と思うような加工もいとも簡単に出来ると思う。

    釣りアイドルもアプリ使ってどんどん写真を撮ってほしいな。
    そうすれば過度な幻想を抱いて、この業界も盛り上がる、、、か???
    しわ取りも美肌も自由自在なので、、、

    さて、アクティブエイガードですが、
    LITEを改良して、MAXと同じノイズパターンできました。
    ひょっとしたらMAX不要になるかもしれませんね。

         電源電圧 ノイズパターン  予価
    LITE 1.5V 単一      5000円
    MAX  3.6V ランダム    9800円



         電源電圧 ノイズパターン  予価
    LITE 1.5V ランダム     5000円
    MAX  3.6V ランダム     9800円

    まあ、個人的にはどっちでもいいんだけど
    リチウムイオン電池の管理が大変な分、MAXはマニア向けになるかな。
    新Lite はアルカリ単三電池。一般アングラーはこれで十分だと思う。
    旧Liteに比べ出力は2倍くらいになっている計算なので。

    しかし、加工が難しいとなれば、旧Lite Verに仕様変更になる可能性もある。

    効果はまったく同じとは言えないんだけどMAXの方が強力。
    出力は1.5倍くらいなので、安心と言えば安心です。

    昨日は、作成マニュアルを作りながら、作成していました。
    1個作るのに1時間もかかってしまった。ビデオ撮りながら、静止画撮りながら、なので。
    今晩はもっと速いペースで作らないとね。

    何かを注文して納期が1か月とかなので、
    即納になれていると予定の立て方が狂う。

    これを突き詰めるとTOYOTAの看板方式に近いことがわかってきた。
    1か月に100個作る場合、100個注文して、1か月かけて作る、ではなく。
    週に25個で4週にわけて作るイメージ。

    まさにトヨタの看板方式に近い。

    で、もう2週分到着していたりするので、
    自分のケツを叩いております。
    タイミング難しいな。
    いろんなものの調達タイミングがバラバラなので、
    ちょっと部品が足りないとすぐ生産中止に追い込まれる(笑)

    知っている限り、ルアーで看板方式をやっているところはないと思う。
    必ずバッチ方式で、一度に作って、出荷して、次回生産はまた来年、とかだ。

    しないのか、出来ないのか、、、難しいのう。

    実際に看板方式でやるとその調整の難解さに気が付く。
    特に海外からの輸入品が読めない。
    これが国内のみだと、即納で対応すればいいんだけどね。

    あ、アレだ、あれに似てる。LPGの輸入だ。
    LPGのタンカーって常に日本に向けてタンカーが向かっている。
    航海期間は2週間だったかな?
    そして、LPGのタンカー1隻の容量は1週間分。
    つまり、毎週日本に向けてLPGタンカーが出発して
    2週間後に到着し、1週間分のLPGをバースから、、、、というスケジュールらしい。
    だからLPGタンカーは最低6隻必要になる。とかいう計算。
    ロシアとかの大陸は、パイプラインで即納方式で対応だ。

    そこにはカンバン方式はない。

    どこも大なり小なり看板方式を取り入れているのね、っと思う。

    じゃあまた!手順書作って工数見積もり取ろう!メイドインジャパンになるか!瀬戸際!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    90d0a84c.jpg

    58f6058e.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    3連休は子守だけ、ふなです。

    おくさんがインフルエンザで、寝たきりだったので
    結局俺が全部いろいろやってた。
    さらに奥さんのスマホが起動不可になり、壊れた。
    いろいろ壊れるな。

    そこで、秋葉原にスマホを買いに。
    同機種の中古を買う。
    3月なので、MNPとか考えたのだが、機種が変わると
    スペックが落ちる。
    しかも高い。じゃあ中古でいいわ、ってことになった。

    中古は9980円。MNPする予定のイオンモバイルは新規で14800円。
    高いくせにスペック落ちる。イオンモバイルのはキャンペーンで定価の
    半額で売っているので、中古が19800円とか、逆転現象起きている。

    なので、今使っている機種なら中古で9980円程度、未使用でも19800円
    と、遜色ない感じ。
    これで、しばらく使うかな。

    子供も親も同じ機種を使っているので、融通が利く。
    バッテリーも使いまわせるし、本体もね。
    なので、今回、中古をさらに追加で買ったので
    家には同じ機種が5台ある。
    そのうち2つは文鎮化しているんだけどね(笑)

    ジャンクで売るか、分解して2個一にしてみるか、、、
    2個一で復活出来たらわらうな。

    1つは暗号化に失敗で、内部メモリーが死んだパターン。
    1つはどこかがショートしているらしく、1分くらいで
    温度が急上昇してシャットダウンする。
    なんじゃそりゃ。まあなんとか2個一で復活させたいところ。

    で、日曜日に秋葉原に中古スマホを買いにいったわけですよ。
    無事買えたんだけど、もう一個行きたい店に行ったら閉まってる、、、
    ええ?オヤイデめ!3連休開けとけ。

    また来ないといけないか?と思ったが、回ってみて違う店でゲットした。
    アクティブエイガードのメインの部品だけにこだわりがある。

    で、いろいろ思ったのだが。
    アクティブエイガードってメイドインジャパンになるのか??
    ケース:中国製
    基板:アメリカ製
    ケーブル:日本製
    基板上の部品:アメリカ製
    組立:日本

    専用基板は厳密に言うと、アメリカで注文して中国から送られてくるので
    中国製だと思う。

    で、世界中から部品を集めて、日本で組み立てることになる。
    これって一応メイドインジャパンだよなぁ、と。
    最終組み立てまで中国だと、メイドインチャイナってことになるけど。

    たぶんちゃんとした定義があるんだろうけど
    わかんないのでメイドインジャパンと名乗ることにしますか。
    http://www.toishi.info/fta/madeinjapan.html

    この辺読んでも、わからんちん。
    でもまあ、検査だけとかじゃなく、実質加工の部分は日本なので
    メイドインジャパンなのかなーっと。

    おっと、じゃあ、あれだ。
    基板加工だけじゃなく、部品までつけたらメイドインチャイナとなるのか。
    ODMになるからってことか。
    そこの折り合いをどうつけるか、ですね。なるほど。

    あとは日本での加工費がどんだけ高いのか?ってことか、、、
    あとで見積もり取ってみよう。
    逆に言えば、日本の加工費高すぎる、ってなれば部品加工までやって
    メイドインチャイナになってしまうのは仕方がない。

    はい、ということでなんとか部品が揃ったので10個とりあえず作ってみます。
    今月中にはファーストロットとして売れる体制に持っていきたいが
    いろいろ不備があります。
    アクティブエイガードの本体は今後も同じですが、
    周辺が揃っていないので、パッケージがZIPLOCKとか
    説明書がプリンター印刷とか、説明ビデオがまだないとか、
    足にケーブルを固定するバンドがないとか、、おまけが変更になっているとか
    分かる人向け、になってしまいます。
    それでもいいよ、っていう人は買ってみてください。

    パッケージのサンプルすらまだ届かないので(笑)
    ビデオも編集してないし、、
    本当に3月中に作れるのだろうか?

    全然自信ないけど頑張ろう。
    基本的に夜、子供が寝てから自分が寝るまでの3時間しかない。
    この時間にテレビ見ながらやるので、ちょっとづつしか進まない。

    自分のケツを叩いているおかげで、毎週本体が届く。
    もう2便届いている。大変だけど、やりがいはある。
    金儲けというより、人助け。実験の意味合いが大きい。

    俺一人が自分用にアクティブエイガード作ればそれで十分なのだから。
    あとは困っている人の助けになれば、、、という程度で。

    モノづくりはいろいろ難しいですね。

    じゃあまた!釣り行きたい!花粉つらい!奥さん早くインフル治って!俺が釣り行きたい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    66d69a57.png
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    拾ったバスを釣ったことにしてルアーの宣伝かよ、ふなです。

    バスの生死なんか写真見りゃわかるのにねぇ。矛盾点もいっぱい。
    嘘をついても売れればいいっていう風習はやめればいいのに。

    似たようなことが昔あって、琵琶湖で日本記録のバスが釣れた。
    70cmオーバー10kgオーバーの世界記録を塗り替えるものだ。
    でもギルを生餌にしたムーチングだった。
    それを計量したのがあるルアーメーカーの人だった。
    みんなから言われたそうだ。
    「自社のルアーで釣ったことにしないんですか?」
    その社長はしなかった。

    そうすれば売れるだろう、でも、消費者を騙すことになる。
    それをしなかったおかげで、消費者から得たものがある。
    それは信頼だ。
    そのルアーメーカーは deps 奥村さんだ。
    だから今でも支持者は多い。
    今でも俺の記憶に残っているのだから、相当だ。俺も好き。

    信頼を無くしたメーカーの将来は厳しい。相羽エビさんは今でも苦しんでいる。
    一度騙して短期的な利益を手にすると、それをずっと繰り返すことになる。
    麻薬と同じだ。キヨハラだ。
    リターンは大きいが、リスクも大きい。

    映画 focus じゃないけど、嘘をつき続けるのは無理が多い。
    残念ながら、それを組織的に悪意がなく平然とやる心臓に毛が生えた
    プロも多いのも事実だ。さらに法律まで平然と破っている。
    あ、きっと今、あなたが想像したソルトのプロはそうだろう。

    いろんなテクニックを使ってみんなを騙すわけだ。
    だから、その方法をいちいち解説して「騙されないように!」と
    いうことしか言えない。
    当たり前だけど、現役のプロやモニター、テスターはそんなこと言えない。
    こうやって消費者を騙してきました、と白状するのは引退後だろうな。

    それほどひどい現状があるのである。
    あれはインチキだね。
    特に女性は事実を自分の都合のようにいい事実に書き換えることは
    脳科学の世界では既知の事実である。
    拾ったバスじゃない、釣ったことにしよう、釣ったんだ、自分で釣ったんだ
    と思い込むと事実は釣ったことになる。

    男性にとって事実とは客観的な事実だが、女性にとって事実とは記憶の事実である。
    なぜなら記憶を書き換えるからだ。
    これもいろんな裁判で問題になっているのだが、
    「XXXXは事実ですか?」と聞かれているのは客観的な事実を求めるが
    記憶の事実を話すため、「はい、事実です」と、客観的ではない事実を話す。

    これらのプロセスは、
    「魚は釣ったのかもしれない、釣ったに違いない、釣った、間違いなく自分で釣った」と
    記憶を書き換える。
    その結果
    「自分で釣りましたか?」と聞かれると「はい、釣りました」と答える。
    女性は嘘をついている認識はなく、記憶を書き換えるので、こうなる。
    なので、基本的に女性の証言は信用しないことが重要。
    客観的事実を事実を定義している前提が崩れるのだ。

    男性脳と女性脳の違いでもある。


    昔に、無知な消費者はひょっとしたら幸せなのではないか?と書いたことがある。

    結局、裏側のドロドロした真実の世界を知るより、晴れ舞台のきれいな上澄みだけ
    見ていれば幸せであると。
    映画マトリックスでいうところの、ドロドロの現実世界よりも
    きれいな仮想世界で無知に生きている方が幸せ、という感じかな。
    どんなに腐った世界もいろんなしがらみで崩れないように
    強固なモデルで成り立っている。

    正論は通じない。正しいことがやりたければ力を持たないといけない。
    腐った世界を変えるのは強力な力かな?と思っている。
    その力はいろいろだ、法律であり、資本であり、ビジネスモデルであり、
    個人で出来るのはビジネスモデルくらいかな?
    だから世界を変えるためのビジネスモデルを探すのは楽しい。

    中国では3.15に「消費者保護」のための番組があるくらいだ。
    aliexpress も消費者保護を唄っている。
    WEBに書いてあることと、実際の商品が違う時は返品なし、100%返金を
    唄っている。
    とか言って、ヤフオクみたいに本当は実行されないんじゃないの?と疑っていたが
    実際、自分の注文が4つ返金されていたので
    ああ、ちゃんとしているなぁ、と感心した。
    2つは、WEBの説明と実際の商品が違ったので
    返品なしで100%返金対応。つまりタダでいらないものが2つ手に入った。
    2つは虚偽商品、もとから存在しないであろう商品を出品してた。

    10件くらい取引して、結構ハズレを引いている俺は運がいいのか、悪いのか。
    でも利用するのは消費者保護があるからだ。

    そう、そこには信頼をいかに消費者から勝ち取るか?がブレていない。
    俺の中では青い会社は信頼を得ていない、騙すことに必死な会社だ。
    おそらく買うことはないだろう。中古はあるけどね。
    中古を買うってことは利益を渡さない行為という意味である。

    HEKOAYUの販売の時に「利益を渡すか渡さないかは消費者が決める」という
    販売方法を取ってみた。
    予想は、ほぼ全員が利益を渡さない方式を選ぶだろう、と思っていたら
    案外、利益を渡してもいい、と判断してくれた人がいて大いに喜んだ。

    同じことを市場でやろうと思ったら、方法は簡単だ。
    新品を買えばメーカーに利益が渡る。中古を買えばメーカーには利益がない。
    そんな手段があることも忘れずに。
    さあて、タックルベリーや道楽箱に行こうか(笑)

    じゃあまた!3連休!釣りしたい!秋葉にも行きたい!でも子守りだ!夜間行く!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e6ab7729.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    HPの更新手順書とか書いてて疲れる、ふなです。


    戦略コンサルタント志望の人が必ずぶつかる壁について
    という記事にケース・インタビューが大事という話が載っていた。
    http://diamond.jp/articles/-/87928

    調べてみたら、自分がやっていることが実はそのケースだったということが分かった。
    なーんだ、戦略コンサルタントって簡単なお仕事なんだなぁと。

    実はあるマイナーなスポーツのHPを更新するというお仕事をもらった。
    最初、目的は会員数を増やしたい、ということだったので
    市場を調査することから始めた。

    調べると全国で8万人くらいの愛好者がいるようなスポーツだった。
    同じように8万人くらい愛好者がいるスポーツを調べたら空手があてはまった。
    空手の都道府県別分布でその県には3200人の競技人口がいることがわかった。

    そして、市区町村別の人口構成図を調べると、対象の市は県の人口の10%が住んでいた。
    つまり、対象の市には320人の競技人口および愛好者がいる。と推測。
    そしてその市には3つの道場がある。

    ってことは会員が107人程度ならそれ以上は増えないんだけどな、、、と
    思いつつミーティングに向かった。
    そこで渡された資料は、会員数105名。調査の結果とピタリ一致したのである。

    なので、これ以上増やすなら競合との引き抜き合戦になります。
    増えたとしても2倍とかは期待できません。なんていう話をしたと思う。
    という話をしてたら、実は目的は会員を増やすのではなく、単に管理が大変なので
    リニューアルだった。というオチでした。

    当たり前だけど、このくらいの考えって誰でも出来るんじゃないだろうか。
    逆にこの市場調査をしないから、目標!会員 500人!とか無理な目標を立てたりするのを
    防ぐ役割もあるんだろうか?

    あるいはアマゾンの倒し方。
    ネット通販の王者アマゾンをどうやって倒すか?とか日々考えていたりする。
    私の中ではすでに答えが出てて、モデルは出来た。あとは実証実験で
    うまくいくことを確認できればやられっぱなしの家電業界も復活できるほどだ。

    最近だと aliexpress を使っていたりするので、どうすればさらに巨大化できるか?
    とか考えている。これは職業というより趣味に近い。
    常にこんなことを考えている感じ。

    アクティブエイガードも自分の中ではすでに終わっていて
    モデルは確立している。アカエイが水槽で逃げまくったビデオを見るだけで
    十分満足している。ああ、俺の仮説は正しかった、と一番ダメな「チチモンダラオワリ病」で
    ある。だから、自分のケツを叩くために仕入れして逃げられないように自分を追い込む。
    ブログ記事に書くことで、やろう!という気合を入れる。

    シンギュラリティのロボットルアーも、頭の中でモデルが完成しているので、
    おそらくプロトタイプ作って泳いだら、それで満足してしまうだろう。
    だから発売までこぎつけるように、自分のケツを叩かないといけない。
    面倒くさいので、俺のアイデアをそのまま形にして販売してくれる部隊が欲しいよ、
    というTLOをいつも考えている。

    数個革命的なものを発表したらTLOな機関になりたいものだ。
    もっとクリエイティブなことに時間を割きたい。

    あ、TLOというのはTechnology Licensing Organization(技術移転機関)の略称で
    優れた技術を民間にライセンスする、ってことです。


    ということで、自分にケースインタビューのお題を出してみよう。

    アクティブエイガードは何台売れるか?

    資料はないが、ターゲットは海で釣りをする人、
    サーフィンをする人、海水浴をする人、もちろん全員が買うわけではない。

    日本の人口は1億2000万人で、釣りをする人は人口の5%程度で600万人
    サーフィンをする人は1%程度で120万人、海水浴は20%くらいかな?2400万人

    釣りをする人で海のウェーディングとなると、かなり絞られてくる。
    ルアーが確か60%であとは餌だったと思うから360万人がルアー。
    淡水、海水は淡水が60%くらい、海水が40%くらいとして144万人
    そのうちシーバスは半分の72万人。ウェーディングは25%くらいで
    18万人。アクティブは半分くらいと見て9万人。
    20%が買うとして1万8千台。

    釣り人はそんなものか。

    次はサーファー。120万人のうちアクティブは半数で60万人。
    そのうち10%買うとして6万台

    海水浴は2400万人いるけど、必要と思う人は少ないだろう。
    0.1%として2万4千台。

    合計10万2000台。
    これが累計での数字だ。サーファーが多いけど、本当かね?
    10年間で売ったとして、年間1万台、月に850台。
    週200台。そんなペース。

    うむ、こんなものか。累計10万台くらい、ってことになる。
    でも全体の累計だから、競合他社が出てくれば半分くらいになるだろう。
    5万台、これがリアルな数字じゃないかな。と思う。

    予想は10年間で5万台である。
    さて、当たりますかね?

    そういうケースインタビューとかをされるわけなんだろうな。

    いや、まったく違うのかもしれないが、
    少なくても、答えの無い問題に「どうやったら答えらしきものにたどり着けるか?」を
    考えられるのかをケースインタビューということでやるのだと思う。

    ということで、戦略コンサルタント志望の方に質問
    この瞬間、空中にあるルアーの数は?(平日木曜日の昼12:30くらい)

    楽しい問題を考え、それを解くのも面白い。
    まるで、自己完結型のdeep leaning である。打倒!alphaGO!

    じゃあまた!また手順書作らねば!自分が何屋だかさっぱりわからん!腹減った!

    このページのトップヘ