クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2016年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    c9946bd5.jpg

    641dc479.jpg

    3ca6e06a.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    マグロ釣りたい!ふなです。

    いや、マグロが釣りたいわけじゃない。

    ん?

    じゃあ何がしたいのか、、、
    それは、マグロ釣りにおけるサメ被害を低減させる装置を作るのだ!
    だからマグロが釣りたい!というより
    カツオ、メジでいいからサメうようよの船に乗りたい!が正解。
    もうすぐ始めるね。コマセカツオとマグロが。

    まず考えたのが、コマセカゴと一体化して、サニービシの下に
    アクティブエイガードを搭載して、単線を4??5mつけて、針先より1m先まで
    カバーする方法。

    なんだけど、ハリス3mとして、コード5mじゃあ邪魔になってしょうがない。

    次に考えたのが、マグロ用天秤の弓なり状態を利用して
    マグロヒットする、弓なり状態がまっすぐになる。
    この仕組みを使用して天秤の先にアクティブエイガードをつけて
    コードの長さは4mだけど、
    弓状の天秤がまっすぐになったら、20号程度の糸を弦のように張っておき
    コードを束ねている紐を切り、ヒットした瞬間だけ、コードが解放されるという方法。
    これなら邪魔にはならないよな。と思ったが、
    やっぱりコードが長い。

    コードを短くするには針先までアクティブエイガードをもっていかないといけない。
    次に考えたのが、ハリスにアクティブエイガードを通し、同じように
    弓状の天秤がマグロヒットにより伸ばされた場合のみ
    ハリスを伝わってアクティブエイガードがマグロの口元まで移動する仕組み。

    うむ、これでヒットした瞬間に、弓状の天秤がまっすぐ延びたら
    アクティブエイガードを抑えている糸が切れて
    ハリスを伝わってアクティブエイガードがマグロの口元まで移動し、
    コード長は1mだから、針先から、しっぽまでサメよけになるぞ、っと。

    これで完璧のはずだったが、1つ問題が、、、
    天秤使わないといかんじゃないか。
    するとコマセマグロにしか使えない。
    あるいはライブベイトとか?
    ルアーはダメだな。

    次に見つけたのが「マグロリング」
    うん、面白い。これの動作原理は
    マグロにわっかを通して、エラを開かないようにして
    呼吸させないようにする。
    なるほど!そういう方法か。

    そういえば松方弘樹さんは、マグロにはトレブルフックしか
    使わないと言っていた。
    その理由は、シングルフックでは、マグロが呼吸できるので
    いつまでたっても弱らないが
    トリプルフックなら口が開かなくなるので
    呼吸を止めることが出来る、という話でした。
    ふんふんなるほどー。

    これとアクティブエイガードを合体出来ないか?
    このマグロリング方式なら、コマセだろうがライブベイトだろうが
    ルアーだろうが対応できる。
    エラにリングがかかったとして、そこからコードの長さが1mもあればしっぽの先まで
    カバーできるはずなのだ。理論上はね。

    おお!理想的な形が見えてきたぁ。
    ということで、マグロリングを作るか市販のものを使って
    理想的なマグロリングを作るのだぁ。

    ちなみに天秤方式なら、上記の仕組みと連動して
    ヒット時にだけ、マグロリングが天秤から発射される仕組みも簡単ね。
    って考えると別に天秤じゃなくても可能かもしれませんね。
    ライブベイトとかでも応用効くかも。

    天秤にマグロリングセットすると何がいいのかって、
    マグロが小さい時はリングが大きいとそのまま
    マグロを抜けてロストしてしまうのだけど
    回収紐をつけておけば、大型のマグロリングもロストすることなく使用できるのだ。
    それって結構有用じゃないかな。

    と、すでにマグロを釣った気でいるんだけど
    この実験の難しいところは
    1、マグロをヒットさせる(すげーハードル高い)
    2、サメがうようよいる(これななんとかなるかも)
    3、こりゃあサメに食われるってシチュエーションでもちゃんとキャッチできる(ハードル高い)

    という非常に高いハードルがあるのだ。
    もちろん成功すれば、おいしいマグロが待っています(笑)

    そうだな、、「アクティブマグロリング」でどうでしょう??

    じゃあまた!妄想は続く!マグロも!深海も!そして実験!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    6e536c67.jpg

    6b372fa0.jpg

    8e22abba.jpg

    983790ed.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    東京湾はアカクラゲだらけ、ふなです。

    この季節、東京湾で釣りしてて何が嫌かというと
    あのアカクラゲですね。
    仕掛けに絡みつくし、刺されるとずっと指先ぴりぴりしているし、、
    ということで、何か対策ないかなーと調べていると、、

    クラゲに刺されない日焼け止め!というものを発見しました。
    これです!SAFE  SEA(セーフシー)であります。
    パッケージにはクラゲの海を泳ぐ子供の絵が描かれています。
    なかなか大胆な絵だな。

    生産国はイスラエルということで、イスラエルも技術の国というイメージがありますね。
    科学的に問題解決をアプローチするという姿勢はなかなかいいと思います。
    良い傾向ですね。科学的アプローチをするには基礎研究が大事で
    その先に応用製品があるので、基礎研究をしていないメーカーは
    他社のパクリしか出せないということになるんでしょうな。
    それは非常にわかる。
    マリアとかバークレーとかジャッカルはちゃんと基礎研究をしている。
    あとは基礎研究をおろそかにしているね。

    調べてみると、その動作原理は
    くらげと同じ成分を配合することにより刺されない、というもの。
    なんじゃ?と思ったら、クラゲは異質なものに触れると刺すという性格らしい。
    異質と感じずに、クラゲと同じ成分にすると、クラゲは自分の身を刺すのはやめようと
    判断するのでその日焼け止めを塗った場所を刺すことはなくなる、という原理でした。
    面白いなー。
    なるほどね、ニモとかも同じ原理ですかね?(たぶん違うと思うけど)

    クラゲと同じ成分を日焼け止めに塗れば、そこはクラゲに刺されない。
    アカクラゲももちろん対象、ということでした。
    これで、東京湾のアカクラゲも怖くない!はず!

    はずなので、確証はありません。今後実験です。
    自然界と違うのは、触手を直接触るので
    毒針が否が応でも刺さるのでないか?という心配だけですね。

    平塚に行った時も、手のひらには塗ったけど
    アカクラゲがいなかったので確認できませんでした。
    アカクラゲの季節に東京湾行くチャンスが来るか、
    夏がすぐにやってきて、海水温が上がるとアカクラゲは消えるので
    それが早いか、わかりませんが、、、

    東京湾でオフショアする人は参考にしてみてください。
    アマゾンで1000円くらいなので、試してダメでもまあいいかなーという程度で。
    ダメなら普通の日焼け止め程度に考えればいいんじゃないかな?

    匂いも普通のココナッツオイルの匂いがして変なにおいはありませんでした。

    個人的に失敗したなーと思ったのは
    手のひらと手の甲にばかり気を取られて
    腕が日焼けしてしまったことだよ!!

    すっかり忘れてた!アホだ!
    でも手の甲はしっかりガードしている。
    日焼け止めの基本性能はあるようだ。

    それにクラゲ対策が出来ればバッチリじゃないかな?
    春から夏の東京湾の釣りには必需品になりそうな予感です。

    はやく黒潮の蛇行が収まって東海、関東に接岸しないかな、、、
    そうしたら水温も上がってクラゲも消えて、サバも釣れるのに!

    ということで、東京湾のオフショアにはSAFE SEA!という常識に
    なるかもしれません。

    じゃあまた!クラゲ嫌い!ピリピリする!キスもアナゴも釣れなくなる!早く水温あがれ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9e86b3ae.jpg

    ba7f89e4.jpg

    c029a77d.jpg

    88f4798b.jpg

    461fc6ae.jpg

    94632375.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    絵本の浦島太郎を読んで泣いたことがありますか?俺はあります。

    最初の1ページでね!
    厳しい釣行でしたね。

    サバと言えば大量に釣れていかに手返しが早いか?みたいな勝負どころはあります。
    そのために針はずしを自作していました。

    まあ結局は使わなかったんだけどさ。

    材料はS字フックとすりこぎ。
    この針外しがあると、サバに触らず手返し良く釣れるのです。
    もう、作成は3個目になります。
    1個目はたぶん愛知県のどこかに忘れ、2個目は
    1週間前に家で発見されたが仕舞った場所を忘れてしまい
    3個目は急きょ前日に作成するという始末。

    作り方はすりこぎにドリルで穴を開けて
    S字フックを伸ばして、穴に差し込む
    そのあとエポキシ系の接着剤でとめるだけ。
    簡単だけど有用です。

    使い方は、サバのついているハリスを通して引っかけて
    ハリスをピンと張ってサバの重量を使って、下にふると
    サバが桶に落ちます。これで、サバを触らずに早く
    外せます。

    せっかく作ったので、使うシーンがあればいいなーっと。
    サバはリベンジしたいところです。
    狙え!竿頭!本当の意味での竿頭。

    まあ厳しい時に1匹釣れるか釣れないか、そこは腕の差なので
    今度は手返しが早いかどうか、かなぁ。

    大量に釣れる釣りは他にもキス釣りとかアジとか
    あるので、挑戦してみたいところではあります。
    手返し早い釣りとかも面白いですね。

    この時期だとデイのウェーディングもいいかもしれません。
    でも渋そうだけどね、、、

    さて、この作成した針外し、活躍する日が今年来るのでしょうか???
    来年まで眠ることになるのか、、、
    どっちだ???

    個人的にはLT落とし込みの細部を確立したいな。
    サバに飽きたらホウボウ爆釣とかシイラ爆釣とか、楽しい釣りにならないかなーと。
    あとの課題はワカシ攻略。
    いや、ワカシというか、サイズ違いのベイトにマッチさせるリグを
    何か考えたい。

    幅があるベイトサイズにマッチさせる何か、リグなのか、ルアーなのか
    わからないけど5cm??8cmまでベイトサイズがある場合に
    1個の仕掛け、1個のルアーで対処できるなんかそんな方法。

    まあいろいろ課題多いな!厳しい時にはそれだけいっぱい課題が出来るって
    ことだろうな。
    宿題をいっぱい出された感じだ。

    じゃあまた!サバはリベンジ!LT落とし込みは確立!ワカシの攻略!フグ!タチ!忙しい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e62ab386.jpg

    1ec0b52b.jpg

    cdcf401e.jpg

    106582e8.jpg

    63677968.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    この時期には厳しい!ふなです。

    行ってきました、浅八丸のサバ。
    ぎりぎりまで参加出来るか不安だったのですが
    無事合流させていただきました。

    きむおさんが幹事で仕切っていただき、
    ぶらぴさん、またやんさん、きむおさん、ほぼ鱸さん、TJAさん、にプラス2名の
    総勢8名で集合いたしました。
    参加させていただきありがとうございます。
    はじめましての方ばっかりでした。

    今年は調子悪そうです。
    連日0が行進しています。

    水温が上昇していないことが原因らしく
    おそらく黒潮が蛇行しているのでしょう。

    と、調べたら
    http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/KAIYO/qboc/2016cal/ocf/ocf201622.html

    おお、潮岬から大きく南に蛇行しているなー。
    これが伊豆半島に向かって流れてくると
    きっと水温があがる=サバ釣れる、ってことかもしれない。

    用意したタックルは6.6ftのベイトタックルと6.3ftのベイトの2本。
    両方MLだけど6.6ftの方が柔らかい。
    PEはいずれも0.8号。

    メタルジグは40g以下、40??60g、60g、60??80gの4BOX用意。
    連日の低釣果からジグサビキは必須で、サバ狙いならティンセル付の派手なのが
    いいと思いますが、何年か前に派手なジグサビキを使ったのですが
    まったく反応が悪かったので、サバ皮の地味なタイプがいいはず!と
    当時から思っていたので、それを用意しました。

    渋かったらジグサビキにしよう、と考えていましたが
    渋いに決まっているので最初から投入です。

    出港してすぐの場所、水深は20m前後、最初やってみると、
    ジグサビキにイワシのアタリが、プルプルする。その後、
    ガツーンとアタリ、サビキではなく、ジグに食ってきました。
    サバゲット!この調子か?

    と思うもイワシがサビキに当たる様子はわかるのだか、その後のアタリがない。
    LT落とし込みじゃぁ!と、イワシがサビキに食ったのを確認して、ボトムに落としたり
    水面に持ち上げたりしてみました。

    水面で1回、ボトムで1回、ガツンとしたアタリが出たので
    やり方は間違っていないことは確認出来たのです。
    (水面はおそらくシイラかワカシ、ボトムはホウボウかヒラメかな?)
    いかんせん付け焼刃の落とし込み釣りなので、上手に出来ず
    いづれもバレました。

    原因ははっきりしてて、そもそも落とし込み用の仕掛けではない
    ジグサビキなので、イワシが付いた状態で水面に持ち上げて
    くる最中にくるくるイワシが回って幹糸に絡む。

    アタリのタイミングの取り方がわからん(飲ませないといけないようだ)
    といろいろです。
    次回はLT落とし込み頑張ります。そういうメソッドが確立出来ただけでもよしとしよう。


    水深も20m??65mまでやってみました。
    65mではサビキに25cmくらいのデカイウルメイワシが
    ヒットしました。いや、これ食っている魚って相当巨大だぜ、、、

    鳥山もありましたが、どうやらワカシのボイルで
    これが釣るのが難しい。
    小型のメタルジグじゃないと反応しないのと、高速巻きでないと食わせられないので
    ベイト不利でした。

    おそらく20g以下で細身のルアーを高速巻きが必須。
    追っかけくるのが見えるので余計いらいらします(笑)

    ついにワカシも攻略できず。
    サビキにサバの子どもがヒットしたので、
    これも数に入れて、8匹。いや、サバ子7、普通サイズサバ1なので
    まあ1匹ですよ。

    なのですが申告は「サバの数」なので8匹(笑)
    なんと竿頭ということになりました。
    実際は0??1だけどね。

    みなさまのいらないワカシを何匹かいただきましたので
    クーラーの中は結構な数に。

    あれ?8人でまともなサイズのサバ釣ったのは私一人?
    そのくらい厳しい釣りでした。
    ワカシとホウボウは見ました。
    ほぼさんがシイラをメタルジグでヒットさせ水面ジャンプするのを見届けた。
    バレタケド。

    うお!これはリベンジしたいですね!次回はメガーンやロボットルアーなど
    多彩な釣り方でサバを攻略したいです。
    LT落とし込みも仕掛けを自作して臨もう。

    その前にフグとか夏タチとかかもしれませんが、、、

    釣った魚はおいしくいただきます。
    ワカシは3枚におろす、刺身にしようかと思ったら少ない身だったので
    天ぷらに。イワシ、サバ子、ウルメイワシも天ぷらに。
    まあ、小型の魚は天ぷらにしとけば間違いないです。

    唯一の普通サイズのサバはサバ味噌で、子供がおいしいと食べてくれるのがうれしいですね。

    さて、ここからいろいろ考えるわけですよ。
    ワカシの胃にあったイワシ、ジグサビキで釣れたイワシ、ジグサビキで釣れたサバ子
    これだけ、ベイトの大きさがバラバラなので、どうするかな?
    水深60mで20cmのウルメイワシとか。
    で、考えた、こんな式が当てはまるのでないか?と

    水深(m)÷3=ベイトの大きさ(cm)

    例えば15mなら5cm、21mなら7cm、30mなら10cm
    60mなら20cmと、これで近似値が求まらないか?

    長さが求まったらあとは幅も適当に計算すると自動的に重さも
    計算できるような気がする。

    その結果40gがいいとか50gがいいとか60gとか
    算出できる気がするんだよなー。

    LT落とし込みは幹糸とハリスを太くして、メタルジグは80g以上で
    やれば絶対高釣果になるはず。
    あれだけ、イワシが釣れるんだもの。
    絶対ベイトについている魚はいるはず。
    大物を狙うにはいいと思う。
    ジグサビキは針3本にメタルジグの仕掛けなのに、イワシが6匹ついてくるとか(笑)

    今回はシイラとかワカシ狙いで、ベイトの層を上を狙うという
    逆落とし込み方式を発見できただけでも収穫としよう。

    ちなみに「逆落とし込み」で検索してもヒットしなかったので
    発明者は私なのかもしれない。

    じゃあまた!サバはリベンジ!黒潮早く来い!逆落とし込みで革命を!フグも!タチウオも!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1f336e1e.jpg

    53a218cf.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    たまごっちは再び死ぬ、とカッコイイ映画みたい、ふなです。

    たまごっち本でベンツを買った身としては
    たまごっちの話題はとても敏感です。
    内容は若気の至りです、気にしないでください。

    さあ、今回もいろいろ世界から買ってます。

    最近、ちょっとづつ買い集めているのは
    ルーフバルコニーに池を設置する部品。
    それと、太陽熱温水器を自作しようかと。

    きっかけは災害で停電時の水確保問題。
    飲料水以外の水をどう確保するのか。
    で、400Lの池もいいんだけど、魚が泳いでいる水は
    風呂には使えない。飲料水にも。

    そこで、500Lくらいのタンクを置いたらどうかなぁと思い
    野外に置くと、太陽熱で温まってしまうよね。
    中の水腐るし。定期的に水を入れ替えるのは面倒。
    じゃあいっそのこと、太陽熱温水器にして
    常に新鮮な水を入れる、暖かくなった水は
    風呂に使う、と繰り返せばいいんじゃないか?

    ということで、いろいろ設計を考えていたんだけど
    500Lの水のうち、風呂は200L程度。
    200Lのタンク2個で交互に給湯とかいう面倒くさいシステムも考案したり
    200Lの温水器というのも考えたんだけど、、、
    500Lでも上下にわけて考えて、常に暖かい上部の水を風呂に
    給水は下から、やや暖かい水が翌日、太陽熱に温められるという
    仕組みを思いつき、机上の計算上はうまくいったので
    部品を次々発注してる感じ。

    うまくいくかどうかはまったく未知数。
    そもそもマンションのベランダでそんな熱量が
    計算通りに確保できるのかどうかもわからん。
    1平米あたり1日で4000kcalらしい
    200Lの水を20度上げるに似必要なカロリーは
    200*20=4000Kカロリー(4000Kcal)
    夏だと計算上は風呂が沸くことになる。
    冬のためにもっと大きくしないとダメかなぁ。

    停電時に動作することを想定しているため
    電源は12Vのバッテリーである。
    バッテリーのサイズも将来的なことを見据えて
    車に搭載されているバッテリーサイズを考えてみた。
    いざとなればこのバッテリーを車に使えるし
    この車のバッテリーをこっちのシステムにも使える、という設計である。
    そのため、12V電源で動作する部品をいろいろ購入している。
    爆弾作っているみたいだ。

    12Vのバッテリーがある程度あれば、停電時にも役に立つと思う。
    ゆくゆくはソーラーパネルで充電して蓄電して
    家庭用の屋内電源として使えるようにしたい。
    ビバ太陽光。、と、いきなりフルセットはできないので
    徐々に増設するパターン。

    ワイヤレス温度計などは日本で買う値段の5分の1程度。
    改造するので2種類買って見た。
    12V電源のタイマーやポンプ、フロートセンサーなと
    主要部品は全部大陸製。ちゃんと動くのかなぁ。
    それも心配ではある。
    やってみないとわからないことはいっぱいある。
    だからやるのです。

    さらに買ったのは、フックキーパー。
    1個70円程度だったと思う。5個まとめて買った。
    大小2つの大きさのOリング付。
    国内だと同じものが1個350円程度。やっぱり5分の1程度の値段で買える。
    国内の消費は伸びるが景気は良くならないね。
    国産の買ってないので、、、
    だからこそ、国内のモノづくりが復活すると思っている。
    最近、ダイソーでMADE IN JAPANをよく見るもの。
    古い効率の悪い方法を捨てて、革新が起きた会社だけ生き残るんじゃないかなと思う。

    面白いのは、国内で探す、同じものを大陸で探す、売っていると買う。
    どうせ同じものだから。
    このモデルが成立しているのです。

    家電業界は「ショールーミング」と言って
    リアル店舗の家電売り場で機種を選定、その後価格の安い通販で買うというモデルが
    確立しているのですが、
    その国内通販のサイト→大陸サイト、という「WEBのショールーミング化」が
    すでに起こっているのです。少なくても俺の中では。

    そのうちamazonが食われる可能性が出てきたのです。

    amazon、楽天 で評価、性能をチェック→大陸サイトで購入
    ショールーミングの次世代の買い物方式ですね。
    時代の先端を走るって楽しいなぁ。
    いい命名はないかな?と思って考えたんですが
    「WEBショールーミング」ってどうでしょうか?

    分かりやすいのはホームセンターでの買い物ですよね。
    旧ショールーミングでは
    「ホームセンターで見て、調べたものを安い国内の通販で買う」
    新WEBショールーミングでは
    「さらに国内の通販サイトで調べたものを安い大陸通販で買う」
    という2段階ショールーミング。

    国産でないでない限り、どうせ輸入しているんだから大陸サイトで買えるのである。
    ホームセンターが第2のショールーミングの舞台になっている。
    2段階ショールーミングのdouble と
    WEBのWとWORLD WIDEのWをかけて「Wショールーミング」という名前もいいかもね。
    まあそのうち経済新聞とかに取り上げられるでしょう。

    amazonの倒し方の参考に。
    ショールーミングに勝つには、どうしたらいいか、という対策も自分の中には出来ていて
    某釣り具店がその方式を採用するのか、動向を静観してます。
    通販に勝つリアル店舗の作り方、ビジネスモデルがありますから。
    電機店からオファーないなー。
    まずはパイロット運用的なところから実験して基礎データが取れたら
    一気に拡大という基本を守ればOKなような。

    まあこれも妄想ですから。

    大陸製のものを輸入して売るだけのビジネスモデルはもう崩壊したと
    言ってもいいと思います。
    ちょうど、携帯電話にカメラがついた時点で写ルンです、が終わったように。

    ってなわけで世界からまだまだ買っていますよ!

    じゃあまた!安い!品質がいい!楽しい!たまにトラブル!それも楽しい!

    このページのトップヘ