クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。

    2016年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    f03fda34.jpg

    aece7cd9.jpg

    5d72d950.jpg

    2d157e2b.jpg

    8524cfc7.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    秋ですね!秋爆です、ふなです。

    さて、土曜日の夜、ホームでのウェーディングゲームを楽しんできました。
    秋の大潮は1年の中でももっとも好きな季節。
    だって釣れるから。

    この日は Super X-wire 8 を使った釣行で、さらに使い勝手を
    試してみました。詳細は後日。

    TJAさんとサーモンさんとご一緒でした。
    20:30に現地到着するも、満員御礼の大混雑。
    だけど、浸かる人は少ない。

    そこは長身と私のウエダーの組み合わせにより、
    人より早く浸かることが出来ます。
    沈せず橋脚下へ。
    すると、イワシだと思うんですが、ガッツリ入っています。
    めちゃくちゃベイトが多い。
    さらにボイル多数。キタコレ!秋だ!祭りだ!

    橋脚下で、ブルスコ2で50cm前後をゲット。
    イージーだな(笑)

    釣り方はわかったので、ガンガン釣ります。
    バイトは毎回出るんだけど、乗らない。
    これはベイトが当たっているのか、それともシーバスのじゃれるようなバイトか、、、

    苦しみながらヒットパターンを見つけていく。
    本日はモンスターミノーBOXを忘れたので、
    同じような小型ミノーを投げる。
    すると、ヒットするというパターン。

    写真でもわかるようにアーダですね。
    結構シビアな釣りなんだけど、レンジとアクションが合うとヒットします。

    船もいるので投げられる範囲は狭いのだけど。
    ってなわけでほんの1時間程度の間で6本ゲットしました。
    バイトは無限にあります。
    俺は釣り下手なので、7ヒット6ゲットしか釣れませんでした。
    シーズン最初だし、そんなもんでしょう。ルアー変えすぎでもあります。
    地合いは一瞬なので逃すと釣れません。

    いずれも50cm未満ならイージーに釣れる状態でした。
    問題はランカーですね。

    そういえば、本日ニコ生でプロが釣りするみたいです。
    7時半がボイルのピークだと思うので
    50cm以下なら簡単に釣れるでしょう。
    それで、数釣れた、わーい、程度では素人と同じだと思いますので
    60cm以上、できればランカーサイズの80cmオーバーを
    いかに仕留めることが出来るか、がプロである証明をしてほしいものです。
    こんなイージーな季節にやるんですからね。
    できなきゃ、プロじゃないと思う。と、プレッシャーをかけておきたいと思います。

    そして個人的にはいよいよフォースの釣りをやらないといけない時期です。
    何もないオープンエリアでいかにランカーを出すのか。
    フォースの釣りを極める季節にしたいと思っています。

    ちなみに今の時期だとモンスターミノーは11cmくらいの一番小さいのが
    いいと思います。まだベイトは小さいので、マッチザベイトならこれです。
    次回は忘れずもっていきたいと思います。
    そしてランカーを釣ってやる!ダイソールアーでランカー!これが醍醐味ですね、、、、

    そして相変わらず、外国人(中国人)はマナーが悪いですね。

    ということで、秋爆を堪能しました。
    次はランカー確保だぁ!

    ということで、使用したのは以下のタックル
    ロッド:VIVID 96ML
    リール:ステラ 3000
    ライン:Super X-wire 8 0.8 5color
    リーダー:フロロ 7号
    エイガード:アクティブエイガードLite1.5ST
    ヒットルアー: ブルースコード??、アーダ78
    ノーヒットルアー:スネコン90S、スーサン、鉄板バイブ各種、マリブ、中華ミノー160mm
    コモモ、エリ10、などなど、、、

    じゃあまた!秋爆!きたきた!大好きな季節!大好きな場所!フォース!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    28638441.jpg

    48a2ea7c.jpg

    6e7d8a79.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    すべてがうまくいくわけではない、ふなです。

    失敗の連続の先に何かが見えればそれでいい。
    と、言い訳をしておいて
    最初の自作真空断熱パネルを使ったクーラーボックスは発泡ウレタンのパワーで破壊され
    (写真左端)
    2番目の自作真空断熱パネルと使ったクーラーボックスは蓋は成功したが、
    本体がやっぱり発泡ウレタンのパワーで破壊された。(写真真ん中)
    いやー、発泡ウレタンのパワーはすごいわ。

    なので、次の新品を買ってきた(左端)

    1つ気が付いたのは、穴を開けて、発泡ウレタンスプレーを
    一発で決めようとするのは無謀ということ。
    何回にも分けて何日もかけて、ゆっくり底から徐々に充填しないとだめだということ。

    さて、破壊されたクーラーボックスを分解して内部がどうなっているか見てみた。
    うん、いい感じに出来ている。自作真空断熱パネルの真空も保たれている。
    さすがにはさみを入れた部分は傷ついて、空気が入ってしまった。

    そこで考えた、大きくなったこの部分を削って、新品の発泡スチールと交換すれば
    発泡ウレタンで破壊されることなく、外側の筐体に穴を開けることなく
    クーラーボックスが完成するんじゃないの?と。

    ということで、今後は、取り出した中身を削り、入れ替えてみようと。
    ただし!!!自作真空断熱パネルを傷つけないように刃物禁止で、
    手作業でほじっていくとする。
    いや、ある程度刃物可能なんだけどね。危ないところは全部手作業で。
    本当にちょっと傷がつくと真空ではなくなるので、、、

    ダメなら、もう1回自作真空断熱パネル作成から出来るからそれでいいや。
    なんとか来週中に出来るようにしてみたいな。

    このクーラーボックスは1980円なので、失敗してもまあまあ許せる。
    ルアー1個の値段だから。
    ※俺にとってはルアー10個ー20個の値段だがな!

    ということで、いろいろ難しいですね。
    でもまあ難しいことに挑戦するのが楽しい。
    ただし!激安でね!

    コストが高いことに挑戦するのは無謀なので
    まずは激安の方法で手法を確立してからお金のかかることをやります。
    これはアクティブエイガードでも同じです。
    もちろん、世界最速ロッドも
    人工知能ルアーも同じ。
    買えば買うほど釣れるルアーもね。

    激安でモデルを確立してから、量産体制。
    think big,start small ,scall fast

    の大原則は曲げてはいけません。

    ということで、 クーラーボックスの完成は来週以降に持ち越しとなりました。
    うーん、来週末の釣りに間に合うのかな?
    って、まだターゲットフィッシュも決まっていないんですけどね!

    机上の空論ではいいはずなんだけど、という試したい新しい釣法は順番を待っている

    スミイカ....スッテ仕掛け+天秤W仕掛け
    タチウオ....第一の釣り+第二の釣り仕掛け、天秤にジグ
    湾フグ......新型カットウ仕掛け+世界最速仕掛け
    カワハギ....世界最速仕掛け+新型針
    キハダ......アクティブサメガード+マルチユースバンド
    シーバス....人工知能ルアー

    行かないと新しい方法は試せない。有効かどうかは釣果を見ないとわからない。
    何年かかることやら。お金あれば毎週行くんだけどね!

    いずれもゼロイチで、見たことのない釣法、道具のテストです。
    誰もやったことがない釣り方は通用するのかどうか
    試すのが面白いのであります。

    既存の延長上ではないのが楽しいじゃあありませんか。
    誰かの劣化コピーの釣りって楽しいですか?

    じゃあまた!今夜は浸かりたい!明日は絶対浸かる!秋爆かな!もう寒い?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    132f821d.jpg

    90bfff6b.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    世界最速はまだまだ譲れない、ふなです。

    ということで、世界最速ロッド「タキオン」のプロトタイプモデルが完成し
    先日、スミイカで使用してみました。

    フルメタルロッドという前人未到のゼロイチをやるのは楽しいです。
    意気揚々と船で出発。

    ポイントについて、実際竿を振ってみると、、、
    おっと!バットが曲がった、戻らない(笑)
    アルミだからね、、、

    感度はいいんだけど、バットがしゃくるたびに曲がるので
    実釣では戦力外通告です。
    次期改修を待ちましょう。

    釣れないわ、竿曲がるわ、散々ですね。
    予備竿で持っていた自作の湾フグロッドがいい仕事をしました。

    自重の重さが災いして、バットに想定外の力がかかったようです。
    そしてカーボンパイプの反発力では元に戻せないくらいの力がかかった。
    それと、気が付いたことは、、宙の釣りでは穂先が柔らかすぎる。
    ゼロテンションならいいかもしれないが、宙の釣りでは
    穂先が柔らかすぎるので、トップガイドとラインを90度にすることが出来ない。

    常に水面を向いている。
    10号で負荷に耐えられないのです。
    そうかー、ダメか。湾フグならいいと思うが
    ということで、コンセプトプロトタイプは
    バットを交換して作り直しということにします。

    バットは今度はステンレス巻きパイプ 8mm 1.0t x1000mmm と丈夫にします。
    実際は1000mmの長さは使わずにどこかでカットすると思うけど。
    ステンレス重いからね。

    ということで、世界最速ロッド「タキオン」の開発現場からでした。
    ステンレスパイプは発注済みなので、来週にはリニューアル。

    完成したところで、タキオンは湾フグのゼロテンションか
    カワハギのゼロテンションしか使い道がないのでアレですが。
    でもデータが取れればいいかなーと思います。

    なにせ、世界最速ロッド「タキオン」の実験ですから。
    実釣でよく使えるようにするにはまずティップが柔らかすぎるので
    ある程度のところからカットしないといけません。

    穂先をカットして硬さを出さないと、穂先が柔らかすぎる。
    でも、どこをカットしていいかわからない。
    難しい問題だ。
    手元のカワハギ竿と並べて、オモリの負荷をかけてやってみないとね。
    あるいは湾フグロッドを比べて硬さを出すという、非常に面倒な作業が待っています。
    柔らかすぎるティップを切るという不思議な方法ですね。

    これである程度使える仕様にしてから、データ採取となるので、結果が出るのは
    まだまだ先ということになります。

    いろんなことがまだまだ先だなぁ。
    でもまあ地道にコツコツやります。

    地味にコツコツやることを嫌う人も多い。
    ドカーンと派手な一発狙いもいいけど、それだけじゃあさびしい。

    ポイント開拓も同じで、コツコツ開拓して
    釣れない釣りをするのもいい。が、釣れない釣りをするのは辛い。


    じゃあまた!今週末はいい潮回り!楽しそう!釣れそう!浸かるぞー!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2f86934d.jpg

    40fe1a3c.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今週末は浸かる予定、ふなです。

    「遵守本地的???? 不要超??先行的人」って書けば通じるかな?
    ニーハオ対策ね。ちなみに「地元のルールを守れ、先行者を抜くな」と書いています。

    さて、先日のスミイカ釣りで DUELのモニターになっているSuper X-wire 8 を使用したんですが、
    その様子を。

    モニター中の Super X-wire 8 を使用しましたが、
    残念ながらスミイカでは使用に向きませんでした。
    理由は簡単で、オモリを底から1mのところにステイさせるので
    着底後、糸ふけを取りラインの1mマーカーを覚えておいて
    次の1mマーカーまで巻き取るとちょうど1m。
    これが必要。

    ところが Super X-wire 4,8 は 1mごとのマーカーがないので、
    1mを図ることが出来ないのです。きっちり1mを図らないといけないので
    1m単位のマーカーなしでは釣りは成立しません。

    偶然白いマーカーが表れたときは、その境目を覚えておいて
    そこから逆の境目まで巻けば1mですが、そんな偶然に任せた釣りは出来ないのです。

    超深海で、5m単位の水深の調整しかしなくていいのであれば Super X-wire 4,8 でも
    いいと思いますが、1m単位の調整が求められる東京湾の釣りには向いていないと思います。
    せっかく5色使っていますが、うーん、いまいち残念です。
    大体の深さが分かればいいなんていう、雑な釣りをする人にはいいと思いますが
    東京湾では、大体水深30m以内の釣り物が多く、
    30m以内の水深を正確に図るのに5m単位でしか測れないというのはうんこちゃんです。

    黒でもいいので1m単位のマーカーは「必要不可欠」です。

    旧製品のx-wire では1m単位のマーカーがあっただけにバージョンダウンと化していますね、、
    まあタチウオでののルアー専用、と割り切ればそれもありかもしれませんが、、、、
    カワハギでも1m単位で底から上げてくるし、アジでもビシを1m単位で上げます。
    コマセカツオやコマセキハダでも1m単位です。
    コマセ真鯛とかも同じかな。タチウオでも餌はハリスの長さ2mを巻いて開始するので
    その2mが測れない。唯一、ルアーならいけるのでルアー専用ラインですかね。

    5m単位しか測れないラインは登場する幕が少ないのです。
    この決定を下した責任者は処分されるべきだ、と思いますね。

    よくブログに書くんですが、モデルを大切にしてよく考え、最高のモデルにしてから
    モノづくりをやれ、と常々いっております。
    先にモノを作り始めるなと。
    モデルをよく練れば1m単位を廃止、5m単位で十分なんていう決定は絶対出ないはずなので。

    社内でも1m単位を廃止するなんてありえない、5m単位では荒すぎる、という声があったはず。
    それを無視して物事を進めるというのは「組織が正常に機能していない」のではないか。
    コストがー、手間がー、という声に負ける開発部隊。
    体育系の声高な個人が個人プレーできてしまう環境があるってことで
    時には良い方向に転がるんだけど、失敗するとその痛手は大きい。

    5色ラインは1m単位のマーカーがないと使い物になりません。
    おそらくルアーしかやったことない人が開発しているね。
    そんな雑な釣りばっかりじゃないんだよね。
    もっと繊細な釣りが多くあることを知るべきだ。
    HPの写真みたら、磯ヒラスズキにカンパチジギング、うーんルアーしかない。
    雑な釣りをするにはいいかもしれないけど、1m単位が必要な釣りも経験した方がいいよ。
    余計なおせっかいかもしれないが。

    ※ここでいう雑な釣りっていうのは飛距離、水深を1m単位で考えなくていいっていう意味です。

    ということで、オフショアではルアー以外使い道がないとことが判明しました。
    ほとんどの東京湾のオフショアではこのラインが使用できません。
    ※使用できないというのは釣りにならないという意味です。

    ルアーオンリーにはいいかもしれないけどね。
    ルアーでも、船長が棚を1m単位で言うなら向かないとしか言いようがない。
    5m単位で船長が棚をいう船宿のルアー専用ライン、、、めっちゃニッチなラインになるな、、、
    シーバス、青物、タチウオのジギングとキャスティング専用ですかね。
    エサではまったく使い物になりませんから。
    カウンターありのリール使えばいいと思うかもしれませんが、
    船宿はカウンターを当てにするな、ラインのマーカーで測れと書いているところが
    ほとんどでしょう。

    ということで、東京湾でのオフショアではおすすめ出来ません。
    1m単位のマーカーがついているラインを使ってください。
    旧製品のX-wire4とかX-wire8はおすすめできます。ベイトリール限定ですが。

    残念ですが、そんな結論です。

    なので、無理やり釣ったスミイカの画像をDUELのHPに Super X-wire 8 での釣果報告として
    UPLOADしてもいいのですが、それは消費者に正しい情報を与える
    ことにはならない、むしろ誤解を生むので、釣果報告はしないことにします。
    消費者ファースト、の考えは変わりません。
    メーカーファーストなら、本当にSuper X-wire 8 でスミイカ釣ったんだから
    釣果報告だ!点数稼ぎだ!商品の宣伝だ!となるんですが、それはしません。
    メーカーの犬にはなりませんので。勘違いする消費者が悪い、ですか?

    2年後に Ultra X-wire 4,8 が出ると思いますが(笑)
    5色ラインは1m単位のマーカーありでお願いします。
    あとグレーの色は白と見分けが難しいので、次回1m単位の黒か黄色マーカー時には
    ちゃんと見えるようになると思う、そうなることを願ってやみません。

    じゃあまた!今週末はシーバスで使う!さらに本領を発揮してほしい!ウェーディングゲーム!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b640bd88.jpg

    e2e49735.jpg

    2b924680.jpg

    9d0b99e3.jpg

    2d91ca19.jpg

    06315ab7.jpg

    3918f73f.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    スミイカ面白い、ふなです。

    あれは2年前、スミイカのデッドエギングってなんだ?
    という話になり、準備をしていました。
    http://crowdlures.blog.jp/archives/21297990.html

    なのですが、そのまま行くチャンスがなく今回行くチャンスに恵まれたので
    でこ氏と一緒しました。
    墨爆弾が映えるように白いTシャツを着て行ったのだが(笑)

    吉久では出船前にレクチャーを受けます。
    これは初心者の人は絶対受けてください。ためになります。
    このレクチャーを聞いていると釣れるので。

    要点としては、
    ・リーダー150cmは厳守
    ・底からオモリを1m
    ・違和感は全合わせ
    ・スミイカは爆弾
    ・感度のいいロッド使え
    ・底をまめに取れ(20秒に1回)

    って感じ。

    木更津方面に行くとおもいきや、羽田横から神奈川方面へ、50分ほど走る。
    中の瀬だと思ったんだけどなー。
    水深20m前後。

    選んだエギはオレンジ2.5号。メーカー不明。
    曇り=オレンジ
    晴れ=ピンク、が定番だそうです。

    タックルは自作湾フグロッドに、ベイトリールハイギア。
    リグはPE0.8号にリーダー30cmくらい25LB。10号の中オモリに
    例のゴム管つけて、派手に。
    そこから12lbのフロロラインが150cmをきっちりメジャーで図る。
    んで、エギをループノットで結ぶ。

    スナップ類は使ってはいけませぬ。微妙なバランスが崩れるので。
    で、あとで、エギをいろいろ交換したいとき。
    いちいちリーダーを作るのは面倒なので、後半やったのが、、、
    大き目のチチワでエギのアイに通す、とかやったんですが、
    エギが逆向くことが多かったので、ダメっすね。
    次回は、エギのアイにループを作っておいて、
    小さいチチワで、そのループにリーダーからのチチワを通せば、
    簡単にエギが交換できるのでは?と思った。
    これならループノットと同じ効果が得られるので。

    釣り方は、オモリが着底、
    底を取る、1m浮かせる。待つ、空合わせ、待つ、空合わせ、底を取る、って感じ。
    待つ、の間に微妙なアタリが伝わってくる。

    モタレだったり、ガイド1個分入ったり、揺れがなかったり、と。
    しゃくると軽いはずのシャクリが「ズン!」と重くなる!
    うひひひー!この感覚!楽しぃぃ!

    えーとあれだ、キスとか釣ってて海草が引っかかってくる感じ。

    船内第一号を釣って、船長に取り込み手順をマイクでアナウンスされる、うれしはずかしプレイ付き。

    隣のでこ氏はまったくノー感じっぽい。
    おかしいな、繊細な釣りは得意なはずなのに。
    とりあえず自分のパターンを教えてみるも役に立たない感じ。


    で、このエギがアタリだったらしい。
    とにかく移動後、第一号はかなりの高確率で私がヒットする。
    移動後は強いなー。何がいいのかわからんのだけれど、
    竿先に感じるプルプルから想像するに、エギがちゃんとS字に泳いでいる。
    ゆるい潮でも泳ぐ、で、フォール姿勢。空合わせのタイミングでしゃくることになるので
    その後のフォールの姿勢がいい。フォールスピードもね。

    たぶんこの泳ぎとフォールの2点が重要かなーと。
    24匹中23匹釣ったエギなので、新品をまだ入手したいのだが、くっそどこのメーカーか
    わからん。
    写真のオモリと一緒に写っているエギはどこのなんだろう?
    ググってみたけど、似たのは エギ王 ではないかな?
    シンカーに穴2つ、アイが丸っぽい。昔のだと思う。
    やっぱりエギはヤマシタかな。

    残りの1匹は「ダイソー」の2.5号エギなので、108円。これでも十分釣れる、いやなんとか釣れる。
    バランスは悪いと思うけど、色を調べるにはいいかも。色はいずれもオレンジ。カンナが黒い。

    次回はヤマシタのエギのみで行こう。
    24杯を釣り大満足、でこ氏に勝ったと思ったら
    後半、アタリエギを見つけたらしく、連発で
    最後25杯で逆転されました。こっちのエギもヤマシタらしい。
    あれ?俺1回もでこ氏に勝ったことないんじゃないだろうか。

    HPにも掲載されました。
    船内33??27??25??24?? と4位でした。絶好調な日に当たりました。
    33杯の方はたぶんスッテ仕掛け。
    次回はスッテで挑戦するかな?
    水深も深いだろうし。

    料理も簡単で、イカだけに捌くのは適当でいいかと。
    以下、自己流です。

    甲羅側に包丁入れる、薄い膜も切る、甲羅を取り出す。
    内臓と身を引きはがす。
    ゲソのワタのところにV字に包丁を入れ、内臓を取り出しよく洗う。
    目の左右を切るように包丁を入れる、目を左右取り出す。
    包丁の切れ目から中の軟骨を取り出す。
    イカの口を取り出す。
    これでゲソは出来上がり。

    身は、内臓の魚で言うところのエラみたいなのがあるので
    左右2個取り出し、エンペラ(耳)を左右から引きちぎって
    大きな皮を剥いで、完成。

    ゲソと身とエンペラの3つの部位に分かれる。
    料理する時はボウルを3つ用意して部位ごとにわけるといい。
    メタリックブルーな内臓は墨袋なので、傷つけないように捨てるといい。

    ゲソの天ぷらは油が尋常じゃないくらい飛び散るので、注意。何回も爆発する。
    身は3日目が一番ねっとりとして甘みが出てくる。
    なので、小型のスミイカから食べよう(by船長情報)

    というところで、初挑戦ながらも船長にいうことを聞いていれば
    釣れますので大丈夫です。
    次回はもっとディープでいいやつを釣りに行きましょう!

    その前にカワハギだ!いや、ウェーディングのシーバスだ!

    じゃあまた!スミイカ面白い!湾フグもいい時期!シーバスも!キハダも!カワハギはまだまだ!

    このページのトップヘ