クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2017年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    24550cbc.jpg

    918f3a43.jpg

    420bb968.jpg

    985a2c20.jpg

    e47d15e9.jpg

    8c4c5b89.jpg

    976ba0a7.jpg

    b2bca86e.jpg

    ba3e9fa4.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    井戸を掘ったら黄色い水が出たという夢を見た、ふなです。

    鉄分を多く含んでいたのかな?酸っぱい味がしたと思う。
    正夢になったらいやだなぁと。

    松方弘樹さんの訃報はご承知のところだと思いますが
    リスペクトしている部分はあって「松方弘樹、世界を釣る」という
    番組は好きだったので、私も「世界を買う」シリーズをリスペクトして
    記事にしておりました。
    いつかは松方さんみたいに世界を釣り歩きたいものです。
    国内でマグロを釣ってからだなとは思いますが。

    いや、その前に深海釣りか。
    ということで深海釣りに挑戦する:パート3ということになります。

    ようやく前回のネジ問題を解決しました。
    リールシートのサポートプレートを止めるネジが8mmでピッチが1.0という
    特殊ネジだったので、蝶ナットがなく
    ネジごと交換してやりました。

    ステンレス製で簡単に設置できるようになりました。
    次は、ライン巻きです。
    下糸がすでにスプールに巻いてあったので、その上から巻いてみました。
    PE10号を1000mを注文。価格は3500円。安い中華製。

    まず、テーブルにラーク18をセット、その上にグラスムクのロッドを
    セットして、電動リールもセット。
    あ、なるほど、こうやるのね、って確認してから
    ラインをセットしていきます。

    濡れタオルでテンションかけながら巻くのが正しいはずなので
    その設定をやっていました。

    椅子に虫取り網の棒にラインスプールを通し、
    濡らしたタオルを2か所ラインを通し、テンションをかけながら
    巻いて行きます。

    電源は前回に紹介した、電動アシスト自転車から取り出した
    鉛バッテリーですね。
    12V12AHありますので、12Aで使っても1時間使えるはずです。
    いや、実際はもっと少ないけど。

    これで1000m巻くのは何分かかるか時間を測ると、、、
    10分弱ほどでした。8分ちょっと9分くらい。
    つまり、500秒。1000mを500秒なので
    秒速2mということになります。
    これは高速モードで巻いたので、実際の巻き上げはもっと遅くなるかも。
    なんですが、実はワインティングにラインが当たってしまったので
    200mほど引出しました。
    つまりPE10号が800m巻いてあることになります。
    うむ、これでリールの準備はOK。マグロ用、金目鯛用かな?

    ちなみにバッテリーは持ちましたので、
    これ1個で間に合うかな?って感じです。
    バッテリーは2個あるので、予備が1個ある感じですね。

    いや、それにしても重い。
    リール3.4kgとか、バッテリー2kgとか
    大変だな。もっと軽く出来ないものか、、、
    さすがに最新のリールとかリチウムイオン電池は高くて買えないので
    なんとか工夫したいところ。

    そして、深海サメ対策の、深海版アクティブエイガードを作成。
    いろいろ案があったが、とりあえず、コンセプトプロトタイプを作ってみた。
    コンセプトプロトタイプは、やりたいことのプロトタイプ。

    防水が一番心配なので、ある程度大丈夫なようにやってみた。
    ある程度というのがどのくらい大丈夫なのか
    深海の恐ろしい気圧を試していないのでわからないが、、、

    コンセプトはこんな感じ
    昔、ウォーターワールドに似た感じの映画を見た記憶なんだけど
    人類が深海に潜るSF映画で、、、
    深海に潜るには肺に空気が入っていては気圧で潰れる。
    そのために、高濃度酸素を含んだ液体を肺に満たして
    肺に入れて、深海に潜るとかいう内容の映画だった。
    そして主人公が、空気のある空間に
    出た時に肺にたまった水を吐き出す、とかいうシーンがあった。
    このイメージが強烈に残っている。

    この映画のコンセプトをそのまま使えないか?ということを
    応用してみた。

    深海で巨大な気圧がかかり、電気製品が水没するということはどういう
    ことか?という問題解決の方法論を取り入れてみた。
    水没するということは、電気配線の空間に水が入り込むことを意味する。
    スティーブジョブスがiPhoneの試作品を水槽に入れて
    「ほら、こんなに泡が出る、もっと隙間を埋めればもっと小型化できる」と
    いうことを示したの同じだ。
    そこで、泡が出なければ、隙間という空間がないわけだ。

    なので、事象に対する対策ではなく原因に対策する手段として
    「空気の空間をなくす」という手段を取ってみた。
    隙間があれば水は入ってくるだろう、しかし
    隙間がなければ水が入ってきても場所がなくなるはず。

    前述のウォーターワールドっぽい映画の1シーンの応用である。
    そのために、空間にシリコンを詰め込みほとんど空間をなくした。
    それでも空間は出来てしまうので、
    グリスを縫ってしまおうかと画策している。
    あと、コードが撚り線を使っている。
    撚り線の隙間には空気が入っている。
    これをなんとかしたい。
    これで、空気に入っている空間を極限まで無くせば
    圧力に容器が負けて割れたとしても機器は水没することがないはず、
    という考え方で行こうと思う。

    実際、他の水中LEDとかは樹脂で固めたものが多いからね。
    その応用でもある。

    よし、これで、深海サメを撃退できる準備が整ったぞ!と思ったのだが。
    実は大きな問題が発覚。

    それはリールの船べり停止機能が効いていないようだ。

    前述したように1000m無理矢理巻いたけど、当たるので
    200m引き出したのだが、カウンターがうんともすんとも動かない。
    コマセマグロでは使わないと思うけど、深海釣りでは、自動停止して
    くれないと穂先を巻き込み折れる。30分かけて巻き取るとかいうのに
    あと何メートルとかがわからないし、自動停止してくれないのは困る。
    うーむ。どうしようか。
    手巻き用のハンドルもないんだよな、、、

    取るべき選択肢は2つ
    1、分解して自分で修理
    2、違うリール買う

    古すぎるので、格安で修理する方法は自分で分解して直すしかない。
    うーん、悩みどころ。

    いっそのこと新しいリール手配するか。もちろん中古です。
    おそらく最初にやるのは中深場なので
    PE6号300mとかPE3号600mとか
    そのくらいのライトなやつなので、、、

    ちょっと考えます。

    じゃあまた!まだまだ行けない!準備大変!寒いし!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dd728f82.png

    8c27ac2e.png

    0172ad1d.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    フィッシングショーで洗脳されたかい?ふなです。

    フィッシングショーは、今年は何も目玉がなかったので
    おそらく入場者数は35000人を切ったと予想しています。
    これは当たるかな?と
    思ったら外れました。
    3万8635人でした。おお!昨年比101.35%!
    ただし理由が、、、
    「3日間、晴れたのがよかったし、風も吹いた。船が出られないから船宿も
    この会場に何人も来ていた。お客も船に乗れないから来たという人が
    多いんじゃないかな」
    http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1768850.html
    より引用
    晴れて風が吹くと来場者が増えるという法則があるようです。
    来年は4万人に届くといいなー、と思うんですが
    天候頼みじゃ厳しいですね。

    実はフィッシングショーの予想は当たったことがあって、それは
    アングラーズアイドルでした。
    予想は小川絵海莉か波木井桃子のどっちかだ、
    という予想をしておりました。

    http://crowdlures.blog.jp/archives/68088487.html
    で、「今回はおそらく、釣り具メーカか靴メーカの人でしょうね。」
    で。靴メーカの人がグランプリ。
    ね、誰がなるのかわからないのではなくて、
    もうすでに決まっている出来レースなのです。
    どの辺がディープな感動なんでしょうか?(笑)

    こんなことばっかりやっているから魅力がなくなる。
    来年はアングラーズアイドルはないかもね。
    と思ったけど、無くして来場者が減ったら
    戦犯にされる人がいると思うので無くさないだろう。

    カテゴリ分けは成功したと思うので、あとはどんどん
    カテゴリを増やしていけばいいような気がします。
    カテゴリを増やすってことは細分化なので、
    小コマ出展をもっと可能にすればいいような気がします。
    2分の1コマでさらに共同出店可能なスキームを提供すれば
    いいと思います。スキルじゃなくてスキーム。
    リードジャパンならきっとやっていると思う。
    フジヤでは難しいかな。

    スキルっていうのは、個人が「誰か一緒に出展しませんか?」と呼びかける。
    スキームと言うのは、一緒に出展する相手をマッチングしてくれるサービス。
    この差がわかるかなぁ?

    できればそっちに舵を切って欲しいところ。

    あと来月は大阪ですね。
    このクソ寒い時期にフィッシングショーをやるのはいいと思います。
    釣り物も少なくなってきますので、、、
    春のシーズンに向けてどんどんやっていきましょう。
    時期としては正解の時期なのではないか?と思う。

    残念ながら、いまだに朝一ダッシュ、じゃんけん大会、セミナーしか
    見受けられないところが多いですが、もう少し頑張ってほしいところ。

    何度も言ってますが、フィッシングショーはお祭りではないので。
    お祭りだと思うと出展費用が高額な効果のない宣伝費にしかなりませんので。
    まだまだ出展効果を計測できるまで至ってないのが現実かな。

    あ、本当は前置きだったんだけど
    どんどん思いつくまま書いてしまおう。
    一度でも出展を担当して、リードジャパンの事前説明会に行った人は
    わかるんだけど、IT系やその他の出展で、リードジャパンの
    出展は他の適当な出展業者と一線を画す。

    何が利益になるのか?をちゃんと考えているのだから。
    WIN-WINにしないといけないことを教えてくれる。

    都内はこれからどんどん釣り禁止になるだろう。
    悔やむべくは、小池の政治塾に申し込まなかったことかな。
    都議会で釣り禁止に反対する議員になる予定を
    すっかり申し込みを忘れてたからなぁ。
    いや、正確には、申し込みを行うのに必要な資料が
    手元になかった(証明写真と5万円)、だから途中で
    スクリーンショットを取っていた。
    まあ、悔やんでもしょうがないので、次回ですね。

    本来ならば、俺のすることじゃないんだけど、、、
    誰も立ち上がらないので。
    適任でもないし。
    身体検査すれば俺が小池都知事に反対していることが出てくるし。
    これも運命と思って次に期待。
    個人的な言い訳は反小池票を小池に届ける役目、というのを考えていたんだけど。
    ま、いいや。

    次っていつだよ!と思うんですが、少なくてもオリンピックで都内が
    ほぼ全面釣り禁止になることは避けられないだろうから
    その後の世界ってことになりそうですね。

    その後ってどうなるんだよ、ってことですが
    まだこれもわからない未来になります。

    都内がほぼ全面釣り禁止になるのは避けらない運命だと思います。
    今から誰かが何かをやってもすでに遅いと思いますので。
    そもそも、通行人に対し危険行為をやっている人が反対!と言っても
    誰も聞いてくれないでしょう。
    そのくらい厳しい現実です。

    ブラックバス釣りは法律で市場を失ったと同じように
    都内のシーバスも条例によって市場を失うと思います。
    ブラックバス釣りの歴史と同じ道を歩くと思っています。

    ほとんどの人は正しく認識していませんが、
    ブラックバス釣りは二度とブームも活気づくこともありません。
    右肩下がりになる一方で、ある日、急に終わります。
    同じモデルが林業にも起きていて、
    林業はトラック問題が解決できないので、おそらく
    ある日急に終わります。

    同様に、法律とか条令で禁止されたら、そこから終わりに向かって
    いきます。バスで有名だった人はどんどん他の魚種に移りました。
    王様はトラウト、折本さんはロックフィッシュというように。
    問題の深刻さをわかっている人はもうバスに残っていません。

    唯一都内の釣り禁止で潤いそうなのが、オフショアです。
    これは禁止に出来ないのと、都内の釣り禁止でそっちに人が流れるからです。
    この流れも以前に予想した通りとなるでしょう。

    とは言え、未来は変えることが出来る唯一の希望ですから
    私の予想が外れてくれることを祈ります。

    じゃあまた!フィッシングショーはまだまだ成長出来る!スキームが大切!洗脳されないように!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    4817c288.png
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    なんだよライブドアブログはgmailから更新できない、ふなです。

    親の宿題であった、メールでブログを更新したい!という
    設定をライブドアブログでやっていたんだけど
    gmail アプリで送られるメールは HTMLメールで
    ライブドアブログが読み込めないという不具合が放置中かよ。

    なんだかなー。
    HTMLメールをプレーンテキストメールにして、再送するサービスを
    しないとか?
    面倒くさいな、、、

    そういえば、釣り人と一般人の認識の差を一覧にしてみました。
    ほぼネタですね。
    ほかにもいろいろありそうですが、まあインパクトだけ(笑)

    さて、
    本日からジャパンフィッシングショーが始まるので
    釣り場はガラガラでしょう。
    来週はモチベーション上がった釣り人で
    釣り場は混雑、という予想です。

    残念ながら行く理由がないので、フィッシングショーには行けませんが
    みなさんどんどん物欲を刺激され、バンバン釣り具を買って
    業界に貢献してください。

    去年の反省が実はあって、どうもアマゾンで買い物をし過ぎた感が
    あります。
    ほとんどがヒイカに関する釣り具でした。
    考えてみると、ヒイカ1匹釣るのに3万円くらいかかっています。
    釣り具をバンバン買うのはあまり良くないなぁと反省。

    今年は集中と選択、去年はへらぶなに行かなかった気がします。
    もうへらぶな釣りしなくてもいいかなって思ってます。
    そんな感じで、行かなくていい釣り物、と新しく始める釣り物。
    力を入れる釣り物をしっかりわけていきたいなぁと思ってます。

    ちょっと考えただけで、10種類くらい釣り物はあるので
    これを全部極めるとなるととんでもない金額かかってしまいます。
    やはり、遊びでいいや、って適当にやるのと
    本格的にがんばるぞー!という釣り物をしっかり
    わけていきたいなーと思います。

    シーバスはバチと秋だけでいいや。
    カワハギは豊漁になってから開始でもいい
    タチウオは大会がんばる
    フグはとらふぐ狙うぞ
    イイダコ、タコ、スミイカ、アオリイカ、イカ類、タコ類は遊びで
    マグロはシーズン初期、エビング、後半コマセ
    カツオ、シイラ、タイ、サバ、キス、アナゴ、LTアジ、堤防は遊びかな、、、
    へらぶな、ヒイカ、トラウト、メバル、はあきらめで
    深海は初挑戦で

    って感じで、あれ?シーバスとタチウオとフグと深海しか気合が入ってない!
    まあそんなもんか。
    それでも多いかも。

    あとは不漁の魚はやっても苦しいので、出来れば豊漁の魚をやりたいところ。
    カワハギも好調ならやりたいんですけどねー
    苦しい釣りはなるべくしたいくない。

    じゃあまた!土日いっぱい洗脳されよう!奴隷になろう!奴隷解放運動!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    03d31110.jpg

    787cac67.jpg

    5f72356a.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今年から勤務報告は1分単位です、ふなです。

    いきなりそういわれて、はいそうですか、と対応できるほど
    準備は出来ていない。
    ムカつくので、logon logoff を利用したローカルのグループポリシーから
    自動的にlogon logoff 時間を算出して csv ファイルに落とし込み
    自動で excel の勤務報告書を作成するプログラムを作ってやろうとしています。

    社内で公開はするかもしれんが、まあ現場は大混乱の様子。
    1日は7.5時間の勤務で、小数点は第2位まで求めよ、とかいうことらしい。
    馬鹿じゃないの?昼休みとかも1分単位なの?

    あ、これって30年ほど前に新人だった頃に
    1分単位で計算すべきだ、15分単位だと年間で最大120時間もの誤差が出る
    という話をして「ああそうですか」と軽くあしらわれたことを思い出した。

    なんだけど、1分単位にするということは1分以上かかる事象は
    すべてON,OFFを記録しないといけないということになる。
    何の話?別に今までと変わらないと思ってはいけない。

    たとえばタバコ休憩、15分単位なら最大14分59秒までは
    タバコ1本吸ってもどってきても、15分以内なら
    カウントしなくてもいいけど、1分単位なら
    10:01-10:09 タバコ休憩(8分)
    とイベントとしてカウントし、休憩時間として計上しないといけない。

    まあ私はタバコ吸わないので、別にいいんだけどね。
    これも新人のころから言っている、タバコを吸う人は
    タバコ吸っている間仕事していないのだから、給料を下げるべき
    がようやく実現されるようになったってことだ。
    #もっというと喫煙ルームの設備負担もあるので
    #喫煙者は禁煙者にコストを払うべきだと。
    #これを生産現場に転換すると年間1億円以上のコストを禁煙者は払っている計算

    トイレも同じ。トイレは1分以内ならカウントしないが
    1分以上のトイレはカウントされることになる。
    もっと厳密に言うと、
    跨いだ時間はカウントされないとする。
    すると、10時01分01秒から 10時02分59秒まで頭とケツは1秒仕事しているとすると
    10時01分00秒から01秒と02分59秒000から2分59秒999は仕事とカウントしてもいいとみなすので
    最大1分59秒999の休憩はカウントしないでもいいと思う。
    今までは29分59秒999までの休憩はカウントしていなかったのだから
    その例を踏襲すべきだろうから。

    これで休憩時間の最大値は大幅に引き下げられた。

    より管理が厳しくなったが、これを良いと見るか悪いと見るか。
    それは今後次第だろう。

    これとは別に、コンピュータの仕事の場合
    「人工管理」という時間の概念もある。
    いわゆる一人月いくら、というやつだ。
    通常15分単位で管理されるべきものだ。
    これはこれで現状維持らしい(笑)
    見事なダブルスタンダードだ。

    これで定常的に残業が発生することになる。
    9:00 の仕事開始の場合、8:45からの15分間に
    出社すれば9:00 開始になるが、今まで通り
    8:50に出社すれば9時までの10分の残業
    17:30退社の場合、17:45までに退社すれば残業0だが
    7:40に退社すれば10分の残業になる。
    当たり前だ。1分単位になったのだから。
    だからと言って9:10に来て、17:40に帰ると
    遅刻になり、ボーナスが引かれる。
    だから定常的に1日30分くらいの残業が自動的につく。
    今までサービス残業ではなかった合法的な、「頭としっぽ」は
    ちゃんとカウントしないといけないということになった。
    なので、1分単位だと会社は余計なコストが増えることになる。
    コストを払いたくないだろうから、サービス残業が増えるだろうな。
    という予測が立つ。今月末、うちの会社は慌てふためくだろうか。

    計算上1日30分、20日で10時間、1000人で月1万時間
    時給2000円としても月2000万円が生産性は変わらず増えるのだから、
    年間2億4000万円のコスト増。耐えられるのか?
    利益吹っ飛ぶ気がするぞ。

    おおっと、前置きが長くなった。
    仕事もし過ぎた。日記書こう。

    ラインが届いた。中華ラインなので、直径0.6mmの100LBが1000mで3500円
    ラインの闇については過去に何度かブログで取り上げたので
    見てほしい、ってまあ見る人はまれなのでもう一回言うと

    直径なんて信じるな、ポンドが少し参考になる。です。
    この場合、10号0.6mmって書いてますけど
    どうなんすかねー!1000mってありますけど
    本当かなぁ!程度に思っていればいい。
    じゃあ何を信じるのか?って話ですが、
    それは現物かな?感じろ!さわり心地だ!ってことです。

    10号を買ったのは、10号なら8号くらいの強度あるだろう、という
    中華2段階増しの法則とでも言いましょうか、
    あまり品質は信じておりません。

    お値段は3500円ということで、まあそれなりでしょう。
    これで深海とかマグロとかに挑戦ですね。

    たぶんSK60ベースだと思うのでSK71とか
    Spectora ベースの予備も手配しておきますか。

    さらに問題はバッテリーです。
    世の中にはリチウムイオンがありますが
    クソ高いので、そこは鉛バッテリーでいいかなーと。
    ということで、床に転がっているバッテリーを
    使ってみます。
    そう、このバッテリーはアシスト自転車で使っていた
    古いバッテリーです。
    これをデサルフェーションかけて復活させ
    利用しようという作戦です。
    うまくいくでしょうか?
    いやー、未知数だなー。
    家には24V10AHならリチウムイオン電池があるが、
    24Vにつないだら、きっとモーター燃えるだろう。
    これをなんとか12Vに出来ないものかね、、、
    難しいか、、、、DCDC?
    しかも最大で15A流れるからなぁ。
    ちょっとやそっとのDCDCじゃ無理。
    12V3A程度のDCDCを5つ並列につなぐとかだめ?
    無理かな、、、
    ちょっと調べたら、出力にダイオード入れたらいけそう。
    3A*6個=18Aまでの余裕回路にすればええじゃろ。
    12V3AのDCDCは250円(M-01610)6個でも1500円!2000円以下でイケる!
    あ、非絶縁型かよ、、、、
    アマゾンなら3680円、、輸入考えるか、、、、

    無理だったら12Vのリチウムイオン電池探すわ、、、、

    理論上、1000mのラインをこのバッテリーで巻き切れば
    釣行に耐えられるはずです。
    濡れ雑巾かタオルで負荷をかけながら30分くらいかけて
    巻いてやろうと思います。
    すぐに巻けないのは、ただ今リールはリールシートを分解して
    そのまま放置しているので、8mmの蝶ナットに変更してから
    ロッドに装着して、ラーク18との親和性を見ながら
    確認出来て、初めて巻き始めようと思います。
    それにしてもリールの使い方をどうやって勉強しようか。

    幸い、マンションの上階なので、ロッドを
    窓の外に出して、地上までラインを垂らして
    水深45mの世界を再現することは可能なのだ。
    出来るなら、ランドマークタワーの屋上からやってみたいが、
    それでも450mだ。東京タワーで333m、スカイツリーで634m。
    1000m級のビルこーい!

    ということで、そのうち、マンションの屋上から100号くらいの
    オモリを垂直に垂らしていろいろ勉強+練習をしてみようと思う。

    問題はどうやってマンションの手すりにラークを設置するんだ?とかそっちほうが心配

    アホですね!
    夜中にベランダでうぃーんうぃーん言わすわけですよ。
    何事か!と近所の方が思われる、、、、、

    じゃあまた!今週末は釣り場がら空き!釣りに行くなら今週末!来週は激混み!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    db2523b2.jpg

    8b250dd4.jpg

    5c7e2b66.jpg

    a87c52ba.jpg

    2c81eb78.jpg

    a959db5e.jpg

    7df82f29.jpg

    2c77256e.jpg

    27bc9d27.jpg

    c5721602.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    新しいことを始めるのはワクワクする、ふなです。

    新しい世界に市場があるんじゃないかと思っているわけですが
    それを開発するのもまた一苦労あるわけで
    未知の世界はわからな過ぎて逆に面白い。

    それが深海の世界なのであります。
    深海は宇宙よりも謎が多いと言われており
    また、宇宙に行くのと深海に行くのでは
    深海に行く方が難しいとまで言われています。

    そんな深海のロマンを求めに
    深海釣りに挑戦したいなーという話を去年しておりました。
    実はアクティブエイガードはマグロ釣りのサメにも効果があるのですが
    それが深海サメにも効果があるのではないか?という仮説を
    実証したいと思っているわけです。
    去年はマグロ釣りに1回行きましたが、
    全くのノー感じで、実証するには効率が悪すぎる。
    マグロ釣り用のサメ除け出したところで、
    売れる率は低いのではないか?と思っているわけです。
    いわゆるROIが悪いと。

    そこで深海釣りに挑戦しようといろいろ用意するのですが、
    道具はほとんどコマセキハダの道具が使えます。
    唯一、リールだけは大型の電動リールじゃないと対応できません。
    キハダ釣りでも大型電動リールを使用している人がいますので
    なんとかこれは用意しないといけないわけです。

    だからと言って、新品を買うほど予算があるわけでもないので
    中古の古い、大型電動リールを手に入れました。

    買ったのはミヤエポック800という1978年に発売された
    古い電動リールです。
    もう40年選手ですか、、、でも立派に動くのです。

    おそらくブラシモーターなので、低回転でもトルクがあって
    いい感じに動くのではないでしょうか?
    まあ、大きいし重いしうるさいですが、最大釣力は75kgもあるので
    なんとか使えるのではないか?と思うわけです。
    シリアルはさすがの500番以下(笑)
    初期中の初期モデルですかね?

    WEB漁ってもマニュアルがないので、使ってみて機能を覚えるしかないですね。
    なかなか難しいです。
    きっとスペックはこんな感じ

    [仕様] *)糸巻き量:12号1,500m・15号1,000m・17号900m・20号650m
    *)巻き上げ力:40kg(低速)・38kg(2段)・32kg(3段)・30kg(高速)
    *)釣り力:75kg 作動制御:電子制御及び手動制御
    *)回転数(4スピード):247(低速)・287(2速)・313(3速)・359(高速)
    *)電源:DC-12V (仕様範囲10V??14V)15Ah以上
    *)消費電流:無負荷 1.8A-最大15A
    *)使用温度:-10??+70℃以内 リール重量:3.4kg
    *)防水:電源、電子制御部、モーター、主メカニズムは全て完全防水
    *) バックラッシュ防止(微調整及び自動解除機構) ボールベァリング(SUS)12個
    *)電子制御仕様:自動2段変速・過負荷警報・過負荷自動停止・船べり自動停止・逆接防止(+ -)・自動巻き上げ

    リールの重さが3.4kgとかね、、重いけど当時は重厚な贅沢な作りだったんだろうなとか
    思います。

    あとは実際使ってみないとわからないかもねん。

    さて、あちこちをいじっていると気が付いたのですが、
    サポートプレートについているネジが
    ただのナットなので、これを蝶ナットにしたい。

    で、ナット1つ外して、ホームセンターにこれの代わりになる蝶ナットを
    探したんですよ。
    すると、、、、M8のナットで、、、なんとピッチが1.0!!
    普通ならピッチ1.25なので、特殊なネジになってます!マジか。

    探してみましたが、M8の蝶ナットで、ステンレスでピッチが1.0のものは
    無いようです。
    ええ?毎回レンチで締めるのは面倒くさいなぁ。
    なんとか蝶ナットで手で締められないか、、、、

    ということで、よく見ると、ボルトとナットが取れる仕組みになっていました。
    お、良かった。溶接されていたらどうしようか、と思ったものです。
    さっそくナットを緩めてみるも、、、
    ん?ナットが取れない。抜けない。
    下巻きの糸が邪魔で、抜けません。
    困った、、が、よく見ると、横のネジでプレートごと止まっている感じです。
    お、これならいけるか、、

    ということで、無事分解することが出来ました。
    分解できればこっちのものです。
    あとは普通のステンレス製のM8のステンレス製の
    ボルトと蝶ナットにリプレイスしたいと思います。
    いや!俺はネジの専門家だがM8でピッチ1.0の蝶ナットは存在する!
    という方はどこで売っているか教えてください、、、、、

    ということで、深海釣りに挑戦する予定ですが、、、
    いつになるかさっぱり予定が立ちません。
    おそらく4月以降だと思います。

    それまでは準備準備といそしみたいと思います。

    次回はバッテリーとPEラインについて、の予定です。

    しかし、深海釣りで電動リールが壊れた場合は
    どうやって回収するんだろう
    1、手で巻き取る
    2、ラインを切ってサヨウナラ
    3、予備の空リールを用意するのは常識
    4、その他

    うーんうーん。

    じゃあまた!もう少し小型の電動リールも欲しい!中深場で練習したい!シーバスの深海記録を作りたい!

    このページのトップヘ