クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2017年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    012ce43a.jpg

    f448723b.jpg

    437ec7ed.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    電動アシストチャリの修理中、ふなです。

    ニゴイカップはいわゆる参加費無料のイベントです。
    これじゃあ主催は儲からないと思いますよね?
    はい、全部手弁当で利益ありません。

    でも、間接的にちょっと儲かればいいと思っています。
    そもそもフォトコンテストでもWEBトーナメントでも
    ほとんどの場合、その経費は広告費として計上されます。

    開催することで認知度をUPさせ、将来の売り上げにつながるのです。
    方法はいろいろなんですけどね。
    専用のメジャーを買わせるところもあれば、申込みと参加賞配布を店舗にして
    来店回数を増やすという方法としているところとか、間接的に利益を得ています。

    なので、誰でも出来る方法では全然だめだと思うわけです。
    仮に1000円のエントリー費で優勝者総取り、とかにしましょう。
    運営費を差し引いて総取り、というのは別に誰でも出来るモデルなので
    その人じゃないと出来ない、というモデルではありません。
    運営費は500円ね、つまり、人数x500円が儲けであとの500円を適当に配分する、というのは
    誰でも出来る陳腐なモデルなわけです。

    運営費500円くらい、、、って思うでしょ?
    http://sayasoku.net/archives/11684880.html
    こんな感覚ですよ。

    あるいは
    http://crowdlures.blog.jp/archives/67138845.html
    >通常9500円とか9800円の釣り物が大会で1万円とかなら許せる範囲ですが、
    >13000円とか14000円は許せない範囲です。
    >明らかに何かが「乗っている」ので。そういうのは嫌い。

    こんな風に、阿漕な風に見えてしまうので。

    宣伝費で間接的に利益を得るのは好感が持てますが
    直接的に利益を得ているのがバレバレなのは嫌悪感があります。

    仮に自分がレンタルボート屋さんだったら、ボートをレンタルして釣った魚の写真で勝負でしょうね。
    あるいはガイドだったらガイド先の釣った魚の大きさ勝負。
    これで、まず、基礎を固めます。
    それでノウハウを経て、全国大会に発展。
    ノウハウないのにいきなりお金集めて全国規模のフォトトーナメントやります、というのは
    無謀でしかない。どっかの食い物グランプリでお金あつめて倒産した会社みたいになってしまう。
    「やってみたかったんですぅ!」で終わり。

    私がニゴイカップを開催しているのもノウハウを溜める要素の方が多い。
    自分の考えたモデルが十分に機能するかどうか、実験です。
    参加費無料にしたのは、1000円のエントリー費のハードルの高さを知っているからですね。

    毎年、伊勢湾ジギングバトルにエントリーしているんですけどそれが参加費1000円。
    参加費1000円で、優勝賞金70万円とかですよ。
    参加賞はステッカーなんですけど、どういうお金の流れになっているか、とか
    実際に研究したりしております。

    そもそも1000円の金銭の授受方法とか
    参加賞の物流とか
    写真の有無とか
    エビデンスの確保方法とか

    方法としてはステッカーはおそらく全量買い取りで1枚100円程度の原価を
    船宿に800円で卸して、1000円で販売させてる。ステッカーの不足分はまた買い取りする。
    1000円の授受は現金で過不足なく決済が終わる。
    エントリーは船宿が写真を取って、HPの宣伝に使える。
    虚偽報告がないように船宿が検量してエントリーする
    釣れたら参加すればいいや、ということがないように
    事前登録制(出港直前まで可)

    というモデルだと思う。

    これを全国でエントリー費振込とかなったら、過不足、誰がどのエントリーと一致するか?
    これを全部手作業でやらないといけない。
    ネットバンクで手数料安いところとか探さないといけないし、
    場合によってはいろんな銀行口座を開かないといけない。
    当たり前だが、1000円を振り込むのに手数料420円取られるのは嫌だからだ。
    場合によっては勝手に手数料を差し引いた分の580円だけ振り込む人もいる。
    3人分3000円振り込んだが、2人はキャンセル、だから返金して、とかある。
    これを全部事務処理としてやらないといけないわけ。

    だから現場で現金決済という強みが出てくるわけだ。

    専用のメジャーは決済システムをECにゆだねているので
    その部分はパス出来るし、
    ルアー縛りなら、そのメーカーのルアーを買ったことがわかるので
    間接的なエントリーが決済終了ということだ。

    この辺を考えて、よいモデルをまず構築する。
    そしてスモールスタートして、最後に全国規模、世界規模の大会にする。
    なんでもそうだけど、基礎をすっとばして、応用だけやりたい、というのはダメだろうな。
    スポーツでも基礎練習のあとに試合形式の練習。

    ニゴイカップの場合は参加費無料なので、決済は発生せず。
    エントリーもツイッターに上げるだけ
    賞品発送はクリックポスト(164円x3個)なので、
    案外お金かかってないんですよ。1000円くらいじゃないかな?
    それでどうやって利益あげるんだ?って話ですよね?
    はい、それは秘密です。
    でも間接的な利益を得ることが出来るはず、という仮説の実験でもあります。
    えーと、暴露してしまうと、まだニゴイは1匹もエントリーされていませんが
    もう最初の利益は少しだけ得てます。当たり前ですが
    この方法はぐぐってもヒットしません。
    なぜなら自分が考えたモデルだから私の脳内にしかないのです。
    情報商材買っても載ってません。自分で仮説を組み立てて、その実験を行う。
    いわゆるPDCAを回せば最適な答えは出ます。

    そして消費者とのWIN-WINの関係を築かないと絶対に長持ちしません。
    よいモデルを練る時間は無駄ではありません。
    何か前に進めないと仕事をやってない感はありますが、
    体を動かすことが仕事ではないので、、、、
    これは頭脳労働と肉体労働の差なので、良いモデルを考えるのを辞めたら
    そこまでですね、、
    某SNSもそうですが、とりあえず走りながら考える、というのは
    良くないんですよ。最初のモデルが悪いと限界値が低いままになってしまうので。
    Thnik BIG,Start small,Scale Fast になっているかWIN-WINか?
    これを良く考えましょう。
    適当なモデルじゃあ成功は難しいし、長続きしない。

    さて、前置きが長くなりました。
    電動アシスト自転車の修理です。
    バッテリーの端子部分のプラスチックがバラバラになってしまいました。
    そこで、、
    バラバラの部分をセロハンテープで「軍艦」にして
    エポキシ樹脂をたっぷり流し込み。
    カッターで削って成形し、がっちり、二度とバラバラにならないようにしました。

    ここの端子だけ売ってないかな、、、
    コンセント分解して作るか!どうやって!!
    もう手間がかかってしょうがないです。
    20インチの電動アシスト自転車探すか!
    近所の釣りに使えない!

    ニゴイカップ開催中
    http://crowdlures.blog.jp/archives/69256088.html
    賞品は続々準備中!

    じゃあまた!あれ?前置きの方が長い!まあいいや!ひな祭り!フォトトーナメントはノウハウが大事!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e839121b.jpg

    4250bf15.jpg

    17f98524.jpg

    1b4ba1f6.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ニゴイカップ開催中です、ふなです。

    http://crowdlures.blog.jp/archives/69256088.html
    ニゴイカップ詳細

    ニゴイが釣れたら、エントリーしてみてね。
    #多分外道でスズキが釣れるよ!

    さて、本日はちょっとはマシな18650の話です。
    前回、5本で980円とかいう激安18650を買ったら1300mAHしかない
    という容量詐欺の電池でした。
    そこで、まあまあマシな18650を買ってみました。
    2本で999円。それでも500円くらいですね。
    容量は3000mAHくらいが限界なはずなので、それに近い数字であれば
    満足ですね。
    ということで、今回入手したのがLiCB製のもの。

    メーカーはいろいろですが、あいかわらずバッテリーテストします。
    到着直後にヘッドライトに入れてHighで連続点灯。
    ん?2時間くらい明るいぞ。

    前回のは1時間くらいで暗くなったのに、、、ってことで
    暗くなって、スイッチが効かなくなってから、充電開始。

    コケコッコー!朝だよ!ってことで、朝には充電終わり。
    すると、2500mAHくらいをマーク。

    おお!実際は暗くなって完全に消えてから充電開始でもいいんだけど
    そうするとバッテリーにダメージがあるので、残っている状態でスタートしてます。
    なので、まあ3000mAHくらいあると見ていいんじゃないかな?
    まあまあ満足できるレベルになります。

    でも、きっと生セルなので、扱いには注意ですね。
    ちなみに、これ1本で単三乾電池8本分のパワーがあります。
    世のライトで乾電池を使っている限り、明るいライトは望めないと思ってください。

    パワーLEDを光らせることが出来る電池というのは
    いかにたくさんの電流を流すことが出来るか?という
    この一点なのです。
    そのパワーの源であるバッテリーが乾電池では1Aとか2Aの大電流は
    流せません、従って暗いヘッドライトになるわけですね。

    でもメーカーは「明るい!」って言い張ります。
    本当にF社のZとか、ひどいコピーで消費者を騙しています。
    LEDの定格をそのままコピーに使うので
    「1000ルーメンの光!」とか書くわけですが正しくは
    「1000ルーメンの光量を出すことの出来るLEDを使用しているけど、電源がプアなので実測値は100くらい」
    の略なんですから。

    実際に1000ルーメンを出すためには、放熱もバッテリーも強化しないと無理ですね。
    この辺は消費者の無知に付け込んでいると思います。
    ヘッドライトは800円台、バッテリー500円、充電器200円としても、1500円あれば
    F社のZXシリーズ並みのライトは手に入ります。
    なんで定価13000円とかなの?って話ですよ。
    おっと、誰か来たようだ、、、
    (ドン!ドン!)
    、、、、
    、、、
    ふう、あぶなかった!
    、、、、
    、、、
    まあ、イメージとかに騙されないようにしてくださいね。
    とは言え、あまり明るいライトはおすすめしません。

    スズキを釣るには明るいライトはどっちかというと邪魔になるので、、、
    それはライトマネジメントが出来ていない人が多すぎます。
    水面をライトで照らしたり、橋脚をピカピカ照らしたり、お前は
    ヘッドライトを持つ資格がないわ!って人が多すぎます。

    本来ならポイントに着くまでは明るいライトを使っていいんですけど
    ポイントについたら、ネックライト程度の小さい手元ライトで。
    さらにポイント方向を照らさない、という大原則。
    そして、帰り道は明るいライト、という使い分けをやって欲しいと思います。

    こういう大事なことをプロは全然広めようとしないで、ヘッドライトの宣伝だけしてますからね。
    本当に困りものです。
    自らポイント方向を照らす動画とか、下手すりゃ橋の上から橋脚につくスズキを照らしたりしてる。
    もうアホか、ボケかと。

    なので、明るいライトに変えてから、魚が釣れなくなった、って人がいたらこの記事を思い出してください。

    ニゴイカップ開催中
    http://crowdlures.blog.jp/archives/69256088.html

    じゃあまた!電池は大事!光も大事!タックルバランスと同じ!強けりゃいいってもんじゃない!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    737bb0f6.jpg

    7055b445.jpg

    3a660cda.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ニゴイカップ開催します、ふなです。

    去年からニゴイカップやりたい、って話を聞いてて
    音頭取る人もいなかったので、自称ニゴイ芸人の私が開催することになりました。
    #ニゴイ芸人って何するんだよ!

    どの程度釣れるのか?とか全然わからないので実験的な意味合いも込めまして
    開催です。データを取りたいというのが本当のところです。

    みなさんもシーバス釣りしていると外道でウグイやらニゴイが釣れると思います。
    別名ひげシーバス、とか言われていますけど、、、
    そんなニゴイを毛嫌いせず、愛しましょうよ、という嗜好です。

    ウグイはウグイ将軍、エソはESO-1カップ、などがあるので、
    ニゴイならニッチでいいかなーと思います。

    さて、どうしてニゴイのことをひげシーバスなんて呼び方をされるのか?というと
    流れの弱いところで釣れることが多いですね。
    たとえば、下げ止まり、上げ止まりとあります。
    その付近ではニゴイが釣れ、それ以外ではシーバスが釣れます。

    シーバスと親和性のある釣りになるわけです。
    特に協賛スポンサーは付きませんので、大した賞品は出せませんが
    タックルボックスに眠っているルアーを適当に送りつけようかと思っています(笑)

    それと、クリスタルの盾を用意しました。
    NHCのデザインをまるパクリしました。まあ冗談ですから大目に見てね!
    おや、誰か来たようだ、、、
    、、、、
    、、、、
    (かもめミサイル!バキューン!)
    、、、
    、、、

    ふう、あぶない、、、
    、、、、
    、、、、


    プロのデザイナーさんに頼んだので、いい感じに出来ましたね。
    デザイン料は激安でした。右脳を使う仕事は本当に苦手なので
    アウトソーシングするに限る。

    キーアイテムもあります。
    キーワード的なことになると思いますが、
    これは開催期間中に釣ったよ!という証明になるものなので、
    確認出来ればなんでもいいわけです。
    白地に黒が理想だと思いますが、白地じゃない、クリーム色なので失格!とかにはならないので
    大丈夫です。基本はゆるいです。

    キーワードは「ニゴイ芸人」です。

    なので、「ニゴイ釣ってしまった、外道め!」と思うのではなく
    「やった!ニゴイカップにエントリーできる!」とポジティブに考えて欲しいなぁと。

    ということで、開催要項です。


    〈開催期間〉
    2017年2月23日(木)??6月30日(金)23:59:59 までの投稿が対象(釣行日は2/23以降)

    〈対象魚〉
    ニゴイ
    ※釣り方・魚のサイズは問いません。


    〈表彰〉
    優勝、準優勝、3位

    〈結果発表〉
    7月上旬頃(予定)
    第2回のニゴイカップは7/1-12/31 開催予定。

    〈表彰対象〉
    ・ニゴイ1匹の全長
    ・投稿ルールを守っている

    エントリー申込みは不要です!!

    〈投稿ルール〉
    ・https://twitter.com/funa2784 (ふな)をフォローする
     連絡時に必要なので、、、、ミュートにしてていいよ。
    ・ニゴイの大きさが分かるメジャー付きの写真データ
     メジャーの指定はありません
    ・キーアイテム「ニゴイ芸人」という文字が確認できるもの
     なんなら地面に書いてもいい
    ・ハッシュタグ #ニゴイカップ を付けて、サイズを書いて、ツイッターに投稿
     サイズは1cm単位で
    ・ダブルエントリー可
     他の大会、フォトコンテスト用と魚は共有出来ます

    同一サイズの場合はエントリー順にします。

    こんな感じでしょうか。
    こんなニゴイカップに賞品を出してもいい、という
    奇特な方がおられましたらご連絡ください。

    宣伝させていただきます!(WIN-WINだね!)

    <賞品予定>
    家に眠っているルアー、釣り具類。
    ST-41TN風フック
    アクティブエイガードLite+延長コードステンレス端子
    おいおい紹介していきます。
    部屋を発掘しながら、、、

    投稿先をツイッターにしたのには理由があります。
    それは集計は別な人に頼める、ということです。

    普通フォトコンテストとか釣り大会とかは
    集計を主催が全部やらないといけないんですけど、
    それをクラウドで処理することが出来るので
    私の手間が省ける、ということです。

    そして透明性もあります。
    盾も用意して、賞品も用意して、送料も負担するのだから、集計くらい誰かやってよ!と
    言いたい。
    宣伝もリツートなり、ブログで取り上げるなり、手間を分散して行えるというモデルにしてあります。
    その実験でもあります。
    何回かやれば最適解が出ると思いますが、まずはフォトコンテスト2.0というかWEB2.0というか
    主催が全部を抱え込まないモデルの設計にしてあります。

    はい、気が付いた人がいるかもしれませんが、ST-41TN風フックの入荷があったので
    モールの方で販売再開しました。
    相変わらず原価1本40円とかなので、50円で売っても利益なんか出ません。
    ほぼボランティアです。
    もっと数が出ればいいんだけどね、手間ばかりかかって大変。

    #明日は有給のため更新はありません。また月曜日!

    じゃあまた!ニゴイカップの割にカップない!作るか!カップって必要?いらん!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    b21844e6.gif

    014f97f2.jpg

    318b4547.jpg

    79ef0781.jpg

    d53d73e6.jpg

    803066d4.jpg

    abd0fe86.jpg

    4db2f579.jpg

    4f531d10.jpg

    bdf41528.jpg

    552488d7.jpg

    5fca8df4.jpg

    b8eaeec3.jpg

    e6931f9f.jpg

    63f36ee9.jpg

    67d098bc.jpg

    39c70e53.jpg

    b15a347c.jpg

    2bb78815.jpg

    59717381.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    PPAPの次はなんだ?ふなです。

    ということで、次の旬の芸人はおそらく
    ブルゾンちえみであると思われます。

    私は自称ニゴイ芸人とか言われるわけで、
    芸人を科学的に分析するのとか好きなんですよね。
    ブルゾンちえみに関しては、まだ2年目で、あれだけの完成度は
    なかなかないと思います。

    実は、デビュー前のネタとか見たんですけど
    「あらあら、またまた遅刻?電車が遅れた?車で渋滞?何を言っているの?お空はガラガラよ!」
    的な、いまとまったく芸風は変わらないのですが、
    いや、お前は金持ちキャラに見えないだろ、(コシノジュンコ風も変わらず)という
    ブレイクはしそうにない芸人でしたが。
    まったく同じネタをキャラクターを金持ち社長からキャリアウーマンに変えて
    大成功しています。その理由の1つは
    キャラクターと芸風のマッチング。
    金持ち社長ネタをやっても共感出来ないでしょう。
    でも多くのキャリアウーマンには同世代は共感できる。

    手の届かない人のネタをやってもその世界のことは見えないが、
    身近な人のネタなら背景、風景が見える。
    そんなところだと思います。

    技術的には同じことが釣り人有名人ものまねの「くじら」さんとかいました。
    あれはわからなさ、を楽しむ芸風ですね。
    そして釣り人にはわかる楽しさがあります。

    SEあるあるとかいうネタはSEにはわかりますが
    一般人は置いてけぼりなので、というところだと思います。
    分からないネタとわかるネタの扱いの難しさがそこにあります。

    そして WithBの存在。
    さすがに2年目では引出しが少ないので、もう1ネタ被せてきました。
    指をパチンと鳴らすと、WithBのネタが始まります。
    それにブルゾンちえみも協力するというWIN-WINな関係。
    後輩と言っていたので、2年目ですでに派閥が発生しています。

    一発屋のニオイは消せませんが、よく計算されていると思います。

    持論ですが、テレビタレントで売れるためのAVSというパラメータがあります。
    Aはオーディオでしゃべり
    Vはビジュアルで見た目
    Sはスタッフで、staffと stuff と両方で、使いやすさと芸、です。

    一発屋はどれもが高いパラメータなのです。
    ハードゲイやらふなっしーやらPPAPも同じです。全部が高い(ほぼMAX)ので
    それ以上の伸びしろがないために一発屋になると思っています。
    大御所とかトップを走り続ける芸人は、どれかが異様に高くあとは普通、という
    場合が多いですね。
    売れないタレントはどれも低い。

    ちなみに売れる歌手のSSSSというパラメータもあります。
    持論なので、気にしないでください。チャンスがあったらいつか語りたいと思います。



    ということで、旬のブルゾンちえみのネタをわかる人にわかるネタで作ってみました。

    わかる人にはわかるというネタです、おっと誰かが来たようだ、、
    、、、
    、、、
    (ライドオン!)
    、、
    、、
    ふうふう、逃げ切れた。
    、、、、
    というわけで、公開してみた、後悔はしていない。

    じゃあまた!アホですね!勢いで作っただけ!結婚とギャグは勢いが大事!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    d907230f.jpg

    53fd2171.jpg

    5605e2ee.jpg

    60dc6e92.jpg

    7243b3af.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    いろいろな方が業界の危機について考えているねー、ふなです。

    今朝、オフィスで隣の人が小型の MP3 プレイヤーを見せながら
    「これいくらだと思います?350円でした!安いですよね!」
    と言っていたので、
    俺なら100円程度で買える、とある画面を見せたらびっくりしてました。

    もう輸入転売業者はいろんな場所ではびこっていますね。
    そこに付加価値はないのかい。

    いろいろ輸入しているんだけど
    その中でリチウム電池は鬼門中の鬼門で
    とにかく手に入らない。
    2000円の電池を送料5000円とかかかるのはNG。
    いやいや、それではだめだ、、、
    ってなわけで、アマゾンでも売っていたので
    買ってみた。
    典型的な容量詐欺のニオイがプンプンするのだが
    まあよい。とりあえず、使えればいいや、、、ってことで。

    5本999円(送料込)、外国から送られてくるかと思ったら
    国内発送で、すぐついた。

    じつは、ヘッドライトを買ったのだが電池が付属していなかった。
    ご存知の通り、サムソンのスマホ爆発事件でリチウム電池が
    航空便不可になってしまい。
    下手したら日本向けには発送不可なところが多いんです。

    今でもいくつか注文していますが、発送番号が通知されないままで
    期限切れ→闘争→返金、という流れなのではないか?と思うほどです。
    見事に1個もトラック番号が通知されないなぁ、、、、

    それはいいとして、ヘッドライト本体は半年前に買ったものの
    電池がないので使えない状態でした。
    18650という充電池なんですが、
    まあ容量詐欺が多くて大変です。

    理想は3000mAH以上なのですが、それはかなわぬ夢なのか。
    まともなものは1本1000円程度するんですよね。
    送料は3000円だけど(笑)
    100本単位で買わないと割に合わないから個人では難しいです。
    船便でいいから発送しろよ、と、バンバン業者を変えて注文するも
    発送されなかったり、日本向けに売ってなかったり、、、
    60日くらいかかってもいいから、船便で発送してくれないかなぁ、、、、

    ま、それは置いといて、ようやくヘッドライトを確保しました。
    いや、厳密には本体はあるので電池を手配してみた、です。

    今使っているのは18650を2本使用するタイプで、
    明るいんだけど、重いので、もう少し軽いのがいいかなーと
    思って予備機として使ってみたい、と思ったわけです。

    調子良ければメイン機にしたいんだけどね。
    でもそこはバッテリー問題があるわけじゃないですか。

    しょうがないので、国内で買ってみました。
    ヘッドライトにセットすると、まあまあ明るい。

    F社のZもようやく充電バッテリー対応になりましたが
    おそらく同じような仕組みです。

    気になるお値段の方は、ヘッドライト本体840円(送料込)
    バッテリー200円(5本999円だから)、と合計1000円ちょっとで
    防水のヘッドライトが手に入りました。

    F社のZのZX-Rシリーズとかこれとおなじようなもんでしょう。
    これにシールを貼るとはい、定価13000円、という商売です。
    そんなもんで、消費者を騙せるとでも、、おや、誰か来たようだ、、、
    、、、
    、、、
    (ゼクサ○!サファ○!ピカー)
    、、、
    、、、、
    ふう!サングラスが役に立った!
    、、、、
    、、、、
    1時間くらいLEDライトをHIGHで点けっぱなしにして
    その後、暗くなって、スイッチを入れても反応しなくなったので
    充電器に入れて、バッテリーの容量をチェックしました。
    あれ?これって生セル?

    すると、、1300mAh 弱、、、おいおい、表示は 10800mAHやぞ。
    実質8分の1かよ!というお粗末さ。
    これじゃあ 14500 と同じくらいじゃないか。
    生セルのいいところはバッテリーを限界まで使えるところですが
    管理を間違えると爆発します(笑)
    保護回路付きがいいと思います。

    ちなみに5WのLEDだというので、1Aくらい流れているのかな?
    いや、こういうのはLEDは5Wだけど、実際電流はそれ以下で流れるのでもっと下かな?
    1時間くらいしか持たない気がします。
    連続1時間なので、釣りする分には一晩くらい持つと思いますが、、、

    ちなみにヘッドライトのスイッチは
    HIGH->OFF->LOW->OFF->BLINK->OFF の順番でした。
    いちいちOFFが入るのが邪魔くさい。
    今使っているのは
    HIGH->LOW->BLINK->OFF なので、こっちが楽。

    改造するか(笑)

    それはさておき秋には活躍してほしいんだけど
    その前になんとか18650のまともなバッテリーを手に入れたいところです。

    ヘッドライト本体はいろいろ選べるんだけどねぇ、、、
    なかなか難しいもんです。

    じゃあまた!バッテリー問題大変!なかなか解決できない!あ、ヤフオクに結構あるね!電池が本体より高い!F社はぼったくり!

    このページのトップヘ