クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    6f6d58c7.jpg

    06375d76.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    毎日コツコツ、ふなです。

    4度目の正直と言いますか、ようやく4度目の手術で、無事に復活した
    スマホ。移植手術を終えて、洗濯バサミにはさまれ、朝まで過ごすと完成です。
    人間でいえば包帯だらけという感じでしょうか?

    この機種はなかなか大変だったので、修理の対象にしたくないなぁ。
    面倒なだけだもの、、、
    初期のXperia は液晶パネルを交換するのに裏蓋からオープンさせないといけない。
    この仕様が面倒なのである。裏蓋だけならまだしも
    バッテリーも取り外さないといけないので、、、

    それに比べると沢山あるこっちはまだ楽な方で、液晶パネルを交換するには
    液晶パネルだけオープンすればいい。
    バッテリーを交換するには
    裏蓋からオープンすればいい、という当たり前の仕様です。
    これが増えるといいな。予備機を追加中です。

    こんな調子でスマホは増殖中です。
    いよいよ売りに、と言いたいところなんですが
    なぜか大量にNFCロックの端末が出ているので
    出終わってから出品したいと思います。

    NFCロックはユーザーではなんとも出来ないので
    ドコモに行くしかないんだよなー。
    いや、ROM焼き直せばいいのかな?
    その辺がいまだによくわかっていないんですよね、、、
    調べるとドコモで無料でロックを外してくれるというので
    その後やってみてはいいのかな?とは思いますが。

    ということで、お昼となりました。
    最近は仕事が忙しいので、日記を書く時間が無い。
    いいことなのか、悪いことか、なんとも言えない。
    仕事増えたのに単価貰ってないとか、どんなブラック企業だよ。

    じゃあまた!順調ではある!おなかすいた!週末だ!釣り行きたい!とらふぐ始まった!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    c3203eb9.jpg

    3d20ecba.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    さくらが散ったら本格的なバス釣り季節の開始、ふなです。

    3月頃に利根川の土手の菜の花を見て、バスボートの整備に向かうと
    今年もバス釣りシーズンやってきたなーって記憶が強烈に思い出すのです。

    そして、桜が散るころになると、本格的なバス釣りシーズンの到来でもあります。
    バスマンは葉桜から始まり、落ち葉で終わるというシーズナブルパターンで
    行動していました。

    シーバスの場合は真冬以外ではほぼ通年釣れるので
    休みが無い感じでしょうか。
    狙い方が違うだけでいろいろアプローチが出来るのは面白いと思います。
    個人的にはさくらのはなびらが運河にあふれラインにからみつくので
    いやな季節だった思い出しかありません。釣れないし。

    釣りは釣果へのハッキングってことで、
    さっき1個ハッキングしたので、公開してしまおう。
    あ、こっちのハッキングは迂回である。

    夜23時まで、ボタンを押すと助かる若者がいる、という企画をしている。
    http://portal.nifty.com/kiji/170405199235_1.htm

    ボタンを押すと家のチャイムが鳴るらしい。
    1回押すと1時間は押せないようになっている。

    ソースを見ると、クッキー制御であることがわかる。
    なるほど、有効時間を1時間としたクッキーを発行して
    有効の間は押せない、という仕様のようだ。

    であれば、、、、クッキー制御を無効にすればいいんじゃね?ということで、
    chrome のシークレットウインドウで、やってみたら、何回でも押せる。
    そうクッキー制御をしないブラウザだからだ。

    案外簡単に回避できた。
    あくまでも回避できたのであって、これで連打する可能性を示しただけである。
    いわゆるスマホでいうところの root 化みたいなものだ。
    その先は何をやっても自由ということだ。
    連打に近いものが出来ると思う。

    記事本文にもあるけど、連打しようぜ!という意味ではない。
    セキュリティがあると破りたくなるのがハッカーなので
    記録とセキュリティーと処女膜は破るためにあるのである。

    あ、仕事のし過ぎで日記を書く時間が無い。
    まあよい、春は釣りを開始する季節。
    釣りは釣果へのハッキング。
    いろんな釣りのセキュリティが俺に挑戦しようとしている、、そんな気がします。


    じゃあまた!とらふぐ!そろそろだ!あー休みが合わない!平日行くかな!鯛は不調だね!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2dd96b6e.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    まつこDXが夢に出てきました、ふなです。

    はだかでした。気持ち悪いぃ!
    業務スーパーでは本当にいろんなものの原価が見られて楽しい。
    ビール風飲料が55円!って、面白いなー。アルコール分0.7%だから
    アルコールなのだ。
    法律上0.5%以上はお酒。
    0.5%未満は清涼飲料水。昔、梅酒ソーダみたいなアルコール分0.3%のジュース
    あったけど、今でもあるのかな?
    全然アルコールを感じないお酒っぽさのない飲物でした。


    昨日は子守でお出かけ。

    プリパラをやっている子供を隣の台に座って見ていたら
    急に自分の台でドリームライブが始まってしまい、
    何もお金もカードもトモチケも無い状態からスタート。
    いや、お金入れてないのになんでゲームが始めるの?
    と思ったら、終わってから気がついた。

    どうも無料ライブモードが期間限定であるらしい。
    なんだけど、最後にプリントシールが排出するには100円が必要という
    フリーミアムな設定でした。

    なるほど、今までは100円入れてからゲームが開始され、最後にチケットがプリントアウトされる。
    その順番を
    ゲームが開始され、100円入れると、チケットがプリントアウト、という順番に
    入れ替えたのだった。
    面白い発想だなぁーと、子供のゲームセンターに付き合った。
    期間限定なので、きっと市場調査しているんだと思う。

    似たようなのが、仮面ライダーエイグゼイトのゲームで、
    ここに立って、ライダーに変身しよう!とかいうゲームは
    変身後の姿がほんの一瞬みえるだけで、写真を撮らせないぜ!という
    主張が良く伝わる。
    ディズニープリンセスに変身するゲームも同じ感じ。

    無料でコアとなる変身後は徹底的に隠すわけだ。
    ゲームなんて稼働率5%以下だろうから、95%以上は非稼働でデモ画面である。
    その95%をいかに活用して5%の稼働率を上げるのか?という命題があるのだろうな。

    キネティックサンドのゲーム機とかアンパンマンバスのゲームとか、キー入力があったら
    「お金を入れてね!」と泥棒扱いのゲーム機もある。
    昔のゲームで言えば、インベーダーゲームのデモ画面で、
    「ボタンを押すと発射が止まる」ということを発見した時には
    デモ画面で、必死にボタンを押して、狙い通りにコントロールできないか?と
    悩んだものだった。
    ※ボタンを押す=ミサイル発射、と体が覚えているので、逆のコントロールは難しい

    で、似たようなモデルがルアーにも出来ないものか、、、と考えていたのである。

    極端な話、ルアーを投げる、バイトある、お金を払う、ルアー売れる。みたいな
    順番を変えられないかな?と。
    どうも今のモデルは、レジさえ通過してしまえば、あとは知らん、と
    思っているメーカーが大半ではないだろうか?

    例えばルアー本体に大きさや重さが書いてないとか、それってパッケージ開封して
    フィールドで本体を見ることを想定してないの?とか思うわけです。
    そういうメーカーはレジさえ通ればあとは知らぬ。と思っているのが
    ありありなわけで、どう見ても魚より人間を釣る方向に向いているなぁと。

    そういうメーカーはいらないので、本当にいいモデルがないか、検討もしている。
    ルアーの稼働率はおそらく0.1%以下だから、99%以上は非稼働である。
    フィールドを泳いでいるルアーより、陸の上の時間が圧倒的に長いので
    どうしても人間を釣ってしまうというモデルに陥りやすいのだけれど。

    そうではなくて、消費者重視で本当に釣れるルアーだけを集めたら
    メーカーも消費者もWIN-WINになれるのになーと
    いつも考えているところです。

    近江商人はとにかく考える。いいモデルじゃないとやらない。
    小金が儲かればそれでいい、っていうのは違うのです。

    じゃあまた!有休使うぜー!プリパラは神アイドルらしい!トモチケパキリたい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    9b971d8d.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    夢の中でアンジャッシュと佐々木希が出てきた、ふなです。

    どうも私は佐々木希と付き合っていたようで
    結婚の報告を受けると、この!この!渡部!やるなー!と
    突っ込んでいたのですが、佐々木希に「もう会えなくなっちゃうね」と
    言われてハグしたところで目が覚めました、妄想激しい夢でした。

    アンジャッシュと言えば勘違いコントの代名詞ですので
    ぜひとも佐々木希とやって欲しいものです。
    元ネタ忘れたけどこんなの。

    ??電話している二人??
    佐々木希「そういえば、できたみたい」(ニキビの話をしている)
    渡部健「え!おめでとう!」(妊娠だと思っている)
    佐々木希「めでたくはないよね」
    渡部健「そう、、なんだ、、、で、どうするの?」
    佐々木希「潰す」
    渡部健「そ、それは結論出すのまだ早いんじゃないかな?、産むとかどう?」
    佐々木希「膿むとか絶対いや」
    渡部健「いやいや、俺も仕事とか頑張るし、考え直してくれないかな?」
    佐々木希「絶対いや、もう針で穴開けて、ぎゅって押して潰そうと思っているし、、」
    渡部健「生々しい!やめて!」
    佐々木希「それで、芯出したい」
    渡部健「死んだ死体、、、そうだけど、、もう生々しいわ!」
    佐々木希「そのあと絆創膏でも貼っておけばいいでしょ」
    渡部健「絆創膏?!そんなのでいいの??、命をなんだと思っているんだ!」
    佐々木希「こんなものに命なんてないよ」
    渡部健「いやー、立派な命だ!まだ小さいけど、将来俺が育てる!」
    佐々木希「小さいうちに潰すの!育てないで!」
    渡部健「いっぱい作ろう、かわいいよきっと」
    佐々木希「キモイ、いらないし!、、、、あ、破れた、、」
    渡部健「大変だ!病院行って!早く!」
    佐々木希「じゃあマツキヨ行く」
    渡部健「そんなところじゃなくてさぁ!!病院でしょ!」
    佐々木希「ポイント付くし」
    渡部健「ポイント?そんな問題じゃないだろ!、どう思うよ、大島!」
    児島「児島だよ!」

    みたいなコントやって欲しいなぁと
    将来やるんだろうなぁという期待を込めて。

    さて、本題。某社の新卒説明会に行ってみた。
    いや、新卒というか転職なんだけど、第4新卒というキーワードになっていた。
    すでに2000名近い応募があったらしい。
    説明会に参加できたのは東京100名、大阪100名という枠だった。
    つまり競争率10倍をまず突破できたわけだった。やったね!

    スタートは11時から1時間半と12時をまたぐ設定だった。
    1日1回、14時からもあるらしい。
    うーむ、、普通12時マタギの設定だと
    パワーランチ前提であろう。が、そういう設定ではなかった。

    そもそもなんで11時スタートなんだ?という話である。
    大阪は10時スタートであった、当然12時前には終わる=パワーランチではない、とわかる。
    そこを突っ込みたかったが、遠慮しておいた。
    他のどうでもいい質問が多かったので、、、

    社員の質を測るテストをしたら全国平均6.2のところ、
    1ポイント以上下回った結果だと言っていた。
    1ポイントの意味がよくわからないが、
    平均4.9くらいだろうか。
    標準偏差と考えると、かなり低い数値になる。
    偏差値62と49の差と考えるとね。
    つまり社員の質が良くない。

    実はこれを全員が12時またぎの説明会で血糖値を通じて感じていたのである。
    ※端的に言えば「おなかすいた」ってことです。
    本当に微妙に配慮とか効率とかが足りない(悪い)のである。
    午前の部が終わったのが12:45、午後の部は14:00スタート、
    午前の部が終わって、片付けして、午後の部の準備してたら
    もう午後の部の参加者が来る時間になる。
    いや、スタッフの昼食時間取れないでしょ?このスケジュールでは、、、

    大阪は10時と15時になっていたので、ちゃんとしているようだ。
    どうした、東京のスタッフ、、、、となる。

    1回50名*4回=200名ということになる。

    場所の案内もある貸し会議室なのだが、「階数」が書いていない。
    なんとかビルしか書いていない、受け付けでいちいち聞くのかな?
    100名分100回受付に聞くの?張り紙もなし。
    スケジュールも当日伝えられ、12時またぎになることを知ったわけで、、、

    アンケートも紙である。説明会の申し込みはgoogle form だっただけに
    アンケートもWEBを使ったほうが、集計がやりやすいし、手数が減る。

    参加者に配られたコラボ先のコカコーラ「めぐり茶」と自社製品「ビフィーナ」もきっと
    単なるお土産だろう。
    私はパッケージ比較して、ビフィーナの課題を挙げて解決策を提示しろ、という
    宿題に見えたので、勝手にやりますけどね。

    いや、俺ならそういう宿題を出す、いや、出すというか、そこに気がつけ、という
    課題にしておく。

    席の後方には自社製品を展示しており、本当に学生向けの会社説明会と
    同じフォーマットで実行しているように見えた。

    そう、あの会場でそれを感じ取らなくてはいけないのだ。
    そこまでは求めないにしても、まったく同じ内容だけど
    アウトプットの差を見る、ということをするのか、しないのか、で
    全然効率が違ってくるのである。
    似たようなことをやっているが、効率や効果がまったく違うという典型だった。

    いわゆる「あっかんべー」を「目の下にある」と捉えられるか?の逸話に似ている。
    企業だって製品を配るわけだからコストがかかっている。
    いや、貸し会場のコストがたぶんどでかいだろうけど。
    そこで配って終わり、じゃあもったいない。たくさんのクラウドの意見を
    収集する場、と定義すればリターンは得られるので
    それを実行できるかどうか。ということ。

    で、最大の問題は、、、過去5年間、中途採用に失敗してきましたけど
    今回は大丈夫、という目論見が聞けなかったことかな。
    なぜ大丈夫ということが言えるか?がはっきりしなかった。
    選考方法は同じで、分母だけ増やした、というのなら不幸な人を増やしただけになる。
    会社としても損失だろうな。1次面接でそこをはっきりさせたいと思う。

    前から言っているように私はWIN-WINのモデルしか興味が無いので、
    誰かを不幸にして得られるGAINなど意味がないと思っています。
    自分を不幸にして、GAINが得られる分には別にいいと思っていますが。
    それが本当の自己責任だし。

    誰かを騙したり、下請けを泣かせたりして得られる利益っていうのは
    長く続かないと思いますので、、、
    いわゆる三方よし!の商売ではないものは私の近江商人のスピリットから外れます。
    人件費を削って配当に回す某弊社とか、本当に悲しい。


    じゃあまた!明日は有休!子供と留守番!どこに遊びに行こうかな!有休消化しろというおふれが!今年は平日船に乗るか!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    d29a7e3b.gif
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    シーバス業界だらけの桃太郎、、ふなです。

    昔、昔、あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
    おじいさんはシーバスの上流限界を求めて山へ出撃、
    おばあさんはタイダルリバーで流れのあるポイントへ行きました。

    しばらく潮目を見ていると、上流から
    流れの中に、置いて流す、というキャスト切れしたコモモがどんぶらこ、どんぶらこと
    流れてきました。

    おばあさんはコモモを拾うと、中古専門の魔界に売りに行こうと思いました。

    おじいさんは山から帰宅途中にゆでたろうでうどんを食べて帰宅しました。
    家に帰ったおばあさんがコモモを磨くと、中からタングステンウエイトが2個
    ぶらさがった、立派な男の子が生まれました。

    おじいさんはとおばあさんはその子に コモモのモモと、ゆでたろうの太郎を
    合わせて桃太郎と名前をつけることにしました。

    すくすくと育った桃太郎は無事高校を卒業しましたが、大学には行かず、
    本をいっぱい読んだから大丈夫というわけのわからない自信を持っていました。

    鬼が島へ鬼退治へ向かう、というので、おじいさんとおばあさんは
    日本一を目指す、というサイトとルアーメーカーをあげました。

    途中でテスターが出てきていいました。桃太郎さん、桃太郎さん
    鬼が島へ行くなら私がコラボしてあげるよ。
    メーカーの犬はサポートすることになりました。

    途中で、MONKEY-VIBが出てきていいました。桃太郎さん、桃太郎さん
    鬼が島へ行くなら私がコラボしてあげるよ。
    MONKEY-VIBはサポートすることになりました。

    エグゼクティブという位を差し上げますよ。桃太郎さん、桃太郎さん
    鬼が島へ行くなら私がコラボしてあげるよ。
    アクセス数を稼ぐ「記事」がサポートすることになりました。

    鬼が島へ着いた桃太郎たちは、中で鬼たちがハクやバチを食べている
    宴会の真っ最中でした。

    メーカーの犬は桃太郎さん、こうやれば鬼は退治出来ます!と
    パターンを教えました。

    MONKEY-VIBはマンメイドストラクチャーにぶつかりながら
    鬼を射ぬきました。

    キジはバチ抜け必須ルアーはこれだ!と根拠のない記事を流しました。

    桃太郎は周りのサポートのおかげでマンメイドストラクチャーに隠れている鬼をタイトな
    キャスティングによってヘビーカバーを撃ち、鬼をつぎつぎ退治していきました。
    その様子を雑誌やDVDやビデオで紹介していきました。

    鬼が島をネタに散々稼いだ桃太郎は意気揚々と帰ってきました。
    村人は鬼が島の鬼ってそんなに簡単に攻略できるんだ!と
    みんなこぞって鬼が島へ出かけました。

    鬼が島では無法地帯で鬼とは関係ない人にも迷惑をかけ、
    ついに鬼が島は立ち入り禁止となり、あちこちに
    鬼の成敗禁止の立て看板が立ちました。
    桃太郎は次の稼ぎ場所を
    探しに地方へと旅立ちました。

    めでたし、めでたし。

    このページのトップヘ