クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2017年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    09285b37.jpg

    f62f133e.jpg

    d522b884.jpg

    d532d40f.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    初めてマグロのキャスティングに挑戦出来た、ふなです。

    ってなわけで、大磯、邦丸さんから
    やっと人生初のマグロのキャスティングに挑戦してきました。
    仕立てで幹事はへらぶな釣り仲間が仕切っていただきました。
    5人で1人あたり16200円、高いなー。12000円が乗合の予算の限界
    15000円が仕立ての限界なので
    はるかに突破しております。
    最初だからまあいいか、ってことで。

    起床は2時、23時に寝た気がするので、3時間の仮眠程度で
    車でGO!、今日は平日なので車を奪取です。
    2:30出発でコンビニでご飯を買って、高速乗って4時、大磯に到着。
    車の中で、SALT DREAMERのビデオを見てイメージトレーニングです。
    「シューパーボイル、シューパーボイル、食ったよ」を何度見たことか。
    空いていたので70分で、到着しました。
    高速代は、首都高+東名+新西湘バイパス(60円)で片道2000円くらい?深夜だから安い?
    いまいち、新西湘が安いのか、小田厚が安いのかわからん。
    カーナビに新西湘がのっていないので、川沿いの道を走っている。

    5時ちょっとまえに出船。
    本日持ち込んだタックルは
    1)8.5ft キャスティングロッド dragmax 20kg + AZORES9000
    PE4号400m、リーダー28号ナイロン3m

    2)6.6ft キャステイングロッド JIGMAX 140g + YZ7000
    PE2号250m、リーダー10号3m

    3)1850mm コマセ用ロッド + ACT40
    PE8号300m、リーダー28号3m

    という3本です。
    1)がメインロッドで、キャスティング用
    2)はカツオナブラ用
    3)はエビング用のつもり

    2)のYZ7000は前日に届いた中華製、7000番という大型スピニングだと
    思ったのに実は3000番クラスの糸巻き量しかなかった。くそー!
    しょうがないので中華PE2号まけるだけ巻いてみたら、250mしか巻けなかった。
    PE5号300m巻く予定だったのに!
    半分以下じゃった、4000円じゃ、しょうがないか(笑)

    メンバーにはテンリューのテスターの方もおられ
    すごい数のロッドを持ってきておりました。総額ウン十万円でしょうか。
    お大臣様ー

    ラインはPE4号とか、PE8号とか、太さだけを書いていますが
    いづれもULTRA2です。
    つまりSK60ではなく、SK71素材。
    マグロにSK60は使ってはいけません。いけないというか弱い。
    中華PE2号はSK60だと思うけどね。だからカツオ用
    SK60なら1番手大きいものを使う、だからPE5号300mはSK60のものでした。

    これを勘違いしやすいので、PEの太さ表記に騙されないように。
    SK71素材なのか、SK60素材なのか、で強度が2割程度も違うので。

    タックルの説明はこんな感じ
    ルアーは、適当だけど115mm未満は持って行ってなかったら
    「90mmくらいのシンペンを沈めて、、、」とかいう説明に震える、、
    そんな小さいルアー持ってきてないぞ、、、

    95mmのシンペンで50gとかいうルアーがあるらしい、メガバス。
    マジですかー、そんないいルアーあるんですかー
    タックルベリー、道楽箱、徘徊しますわー

    船長から「1時間半ほど走ります」と出港

    1時間ほど沖に船を走らせますと、、、急にスピードが上がった。
    おお!鳥山だ!
    どうやら、サメ付きナブラのようだ、
    体中のアドレナリンが解放される

    来た!この時を待っていた。数年前から夢に見た光景。
    キャストの時は後方確認が大事。
    人がいる、人がいる、じゃあアンダーキャストで、、、
    あ、全然届かない。

    次は、後方確認、、人がいない、じゃあ、オーバーヘッドキャストで、
    ラインスラックを取る、何か重くなる、そりゃっと合わせ!、スカ!あれ?気のせいか、、
    いや、軽い、ラインが切れた。すっぽ抜けたか?

    急いで回収、PEから切れている。
    どうやらサメか何かの鋭い場所に当たったようだ。
    サメの歯に当たったと思い込もう。

    その模様は
    https://t.co/bDSvFdipBq
    で。

    予備ロッドがないので、ラインを結びなおすしかない。
    あ、予備ロッドって必要なのね。
    超高速で、FGノットするも、すでにボイル終わり。
    ヒットルアー(?)はオシアペンシル115mm65gの相模湾仕様。

    まったく同じものをアマゾンで買っていたが、
    中古店で800円で売っていたので、買っていた。ナンピンは買い物の基本。
    いや、中古店じゃないな、キャスティング根岸店だっけ。
    800円のロストは痛いが、、、高い方(アマゾンで2000円で買った方)じゃないから
    いい損きり。

    しばらくすると、怪しい鳥山が、船の船団の真ん中で発生!
    ボイルと鳥の一番濃いところへ、キャスト、うまく落ちた!
    そして、巻くとグン!とアタリが!

    おりゃ!おりゃ!おりゃ!と3発、合わせ!
    「ヒットや!」と叫ぶ!
    リールのスプールがギューンと周り、糸が出ていく!
    同じだ!ビデオと同じだ!マグロだ!やったぞ!
    俺最高!!!



    船長「あー、お祭りだね」

    え?

    向こう側の船に向かって、ラインは横に伸びている。
    ルアーが空中に浮いている。
    向こう側の釣り人も一生懸命巻いている(笑)

    気が付いていない、、、
    しょうがない、ドラグをゆるゆるに、、、
    向こうの釣り人は「あ、切れた」

    切れたじゃないよ、俺が緩めたんだよ(笑)
    巻いてもらい、お祭りを解消して終了。

    ライン回収中に、鳥にひっかかる、鳥が水面を転がってくる。
    竿をゆすって解消。

    あとはクルージングして終わり。
    終了でした。
    釣り15分、クルージング8時間、こんな感じ。

    ということで、
    サメヒット1、鳥ヒット1で終わりです。
    船内マグロヒットすらなし。

    5人の中では
    サメヒット1、鳥ヒット1
    鳥ヒット1
    ノーヒット
    ノーヒット
    ノーヒット

    なので、俺が竿頭か?(笑)
    まあどうでもいいです。

    また来年!
    その時の船宿さんの日記
    「NEW!2017-08-22 14:48:00

    テーマ: Simplog

    今日もチャーター船で出船致しましたよ。

    今日の朝も前日のポイント方面へブラブラ下げて行くと手前のポイントで怪しい鳥が??????
    その後も周辺を待っていると鳥が固めてガサガサっと跳ねるチャンスが何回か出来ましたが残念ながらヒットしてくれませんでしたね??���

    その後も周辺を待っていると鳥が固めてくれるも、直ぐに沈んでしまいなかなか近付けさせてくれず苦戦しましたね????
    次第に鳥の動きも悪くなり大幅にポイントを変えて前日のポイント周辺を探しに行くも全然無かったですね????

    グルッとポイントを回って朝のポイントへ戻りますが全然ナブラに当たらず、何日か前に近場のポイントで跳ねを見れた周辺を見るもナブラに当たらず帰港しました。


    今日来て頂いた皆様、お疲れ様でした????


    と、残念賞。
    乗合はヒットまで行ったようです。
    乗合の方が良かったんじゃねー?

    何が辛いって、22日の釣果日記探している時に23日に
    連続ヒット!キャッチ!のブログを見ながらって、、、辛いわー
    悪い日に当たったようですね。ちぇ!

    釣れている釣りをしたいので、辛いなぁと。
    ナブラ2回しか見られなかったかー

    いろいろ試すとか無理。

    まあ概念はわかったし、マグロ釣りの全体が見えてきたので
    あとはライブベイト体験してみたい。
    今年はライブベイトアタリ年じゃないかな。
    ロッドはなんとかなるんだけど、リールが大変だ。
    8000番クラスで5号300m巻けるリールで
    ドラグが20kgくらい、って結構大型です。

    すると、ステラ、バイオ、ツインパ、ソルティガって感じになると思うんだけど
    それって、思考停止なので、別の道を探しています。
    高いじゃん!それだけ。

    ソルティガって中身中華なんだから、中華のでかいのの中に使えそうなのがあるはず。
    値段10分の1であるはず。そう思っていろいろ買って失敗してます(笑)

    じゃあまた!次回ライブベイト船でお会いしましょう!キャスティングはしばらくいいや!コマセも!エビングも!また来年!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a1f24a77.jpg

    7652ae63.jpg

    8456494d.jpg

    2e381c7c.jpg

    6552913f.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    お祭りの後は疲れて寝てる、ふなです。

    週末は地区のお祭りでした。
    前回は5500本ほど焼き鳥を焼いたと思う。
    それを今年は悪天候を見越して、2000本少なくしたそうだ。
    ちぇ!6000本焼く気、マンマンだったのに(笑)
    そして、開始を30分早める、という。

    お祭りは準備から開始です。
    8時頃公園に集合して、テントの設営から、仕込みまで
    準備に3時間くらい。11:30頃からお昼ご飯を食べて
    14:30集合で。15:00スタートでした。

    午前中は結構晴れていたのに、午後は豪雨が2回ほどあり、
    大変な感じになっていましたね。
    15:30から焼き始め、18:30頃焼きが終了、19:00販売終了。
    今年は早く終わった。

    例年、焼き鳥の提供スピードが上がっているので
    そろそろコンロ5台→4台
    プロパンガス3台→2台(2口プロパンなので)
    に減らして、バイトも減らしても、提供スピードは変わらないと思う。
    コスト削減+利益UPになろうかと思います。

    問題は会計部分かなー、相変わらずの課題です。
    処理が遅い。1列にしているので2列にしてくれ、と何回も言っているのになー。
    会計遅い→ストック焼き鳥溜まる→焼きがストップ
    これをなんとかしたい。
    6000本焼き鳥を焼けるスキームはあるが、会計が追い付かない、これだけ何とかして欲しいな。
    案としては5本単位の列を1個作ればたぶん大量に捌ける。
    1??4本の人は遅い列に並んでもらってもいい。
    5本単位の人は早く渡せる→売り上げが大きい→人件費(時間)が稼げる
    とFASTPASS風の処理をしてあげたい。

    あとは準備だと、例年、スーパーボールすくいとヨーヨー(水風船)すくい、かき氷、駄菓子、
    そしてジュースの販売ブースも設営するんだけど
    ジュースだけはよーい、ドン!で販売出来ない。
    常温のペットボトルが来るので、これを冷やす時間も氷も必要。
    これを冷やした飲物を食材を運ぶタイミングで
    持ってきてもらうと、時間も、氷も節約できる。
    記憶にあるだけで10種類、3.5ケース平均(1ケースは24本)なので
    1000本近い飲物がある。これを冷やす時間も氷ももったいない。
    大型の冷蔵庫をお祭り前の期間(3日間とか)だけ電気入れる、とかして、
    設置すべきだろうなぁとは思う。
    たぶん大きさにして、500Lの冷蔵庫2個分は余裕でいっぱいになると思う。
    中古で買えば2-3万円だろう、氷の元はすぐに取れると思う。

    大きさの計算をしてみた、1ケースの大きさはおよそ
    42x28x22 cmくらいなので35ケースで800Lサイズの
    冷蔵庫でいい。うーん、ストッカーがあるといいな。
    あるいはプラ船ジャンボ800を置いとくか(笑)

    現在100Lペール5個+100Lサイズのストッカー2個で700L相当の
    場所が必要だから結構大変である。
    冷えないうえに、氷使うな、とかいう老害を無視して氷をバンバン使っているのだ。
    毎年、ぬるいジュース売っているので、なんとかしたいところ。
    老人の言うことなんて聞くだけ無駄。

    今年は雨天でどの模擬店も大量に売れ残ったはずだが、早々に売り切れた焼き鳥は
    頑張ったと思う。
    気温低下でジュースとかき氷に生ビールは特につらかったと思うな。

    で、8:00??20:00まで12時間立ちっぱなしの仕事はつらい。
    若者が増えて老人は引退して、という新陳代謝をしていかないと
    自治会は回らないと思います。とはいえ、あまりに負担が多いと
    自治会を脱退する案も出ているくらいなので
    100世帯で年間36万円は決して少ない額ではない。
    独立してしまうかもしれませんね。
    そのバランスをどうとるのか、これも自治会の運営のバランス感覚が大事です。

    そんな大変なお祭りの翌日に、持ち帰りした焼き鳥と焼きそば。
    これをどうやって朝食にするのか。
    1つは焼きそばパンに!1つは焼き鳥パンにしてみました。

    焼きそばパンは安定のおいしさ、さて、挑戦したのは
    「焼き鳥パン」です。

    チンした、焼き鳥を食パンの上に乗せ、マヨネーズをかけて、パタンと挟む。
    それだけでOKなのです。
    食べてみると、、、うむ!うまい!
    焼き鳥パン!もっと流行しないかな、ってぐぐったら、、
    あまり流行ではないのね、、、
    えー、いいと思うんだけどね。

    焼き鳥が余ったら、ぜひやってみてください。
    あ、そういうことか、、、
    焼きそばは余るかもしれないけど、
    焼き鳥は余ることが少ないわけだ。

    ちなみに、タレでモモであります。
    串は外さないと食べづらいですよ。
    ぜひ、トライしてみてください。
    皮が好きなので、本当は鶏皮だらけの焼き鳥パンが理想。

    明日はマグロのキャスティングなので、ブログ更新はお休みです!

    じゃあまた!焼きそばパンがあるなら焼き鳥パンがあってもいいじゃないか!かき氷パン!焼きモロコシパン!どうかな?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    0ea9f4b2.jpg

    7b9871ac.jpg

    9fa46aba.jpg

    cb4926ec.jpg

    58a2e418.jpg

    085ae9d8.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    世界を買う、でも失敗もあるある、ふなです。

    今朝は会社で「USBでご飯が炊ける炊飯器がある」という話題になって
    俺は絶対に炊けない、電力が足りな過ぎる、という意見で衝突してたんだけど
    調べても調べても、どうも、そんな炊飯器はなさそうだ。

    当たり前なのだが、そういう製品を見たことがある、という記憶の人は
    そんな嘘製品でも信じてしまう。
    一方、俺はUSBの規格は5V500mAなので、2.5W。
    2.5Wじゃあ、どうがんばっても0.1号の米をご飯にすることも
    技術的には不可能であろう、という基礎技術から推測できる。

    仮に0.01号(1.8g)の米をご飯にする炊飯器があったとしても
    実用にはならない。

    ちなみに単1電池でゆで卵を作るのも難しい。うずらレベルならOK。

    そういう、トンでも製品が出ても信じてしまうのはなぜなんだろうか、といつも思う。
    シガーソケットに差し込む炊飯器はいっぱいある。
    そうだ、12V30A=360Wあれば、なんとか時間はかかるだろうが
    炊けるだろう。

    これも昔、オフグリッドでのDC(直流)住宅を考えていた時に
    電子レンジとエアコンだけは、無茶苦茶電気を食うので、
    なかなか難しいという結論になった。

    #エアコンは井戸水を使ってコンプレッサーレスにして
    #電子レンジは超小型のものなら12Vでもあるので、現在では問題はすべて解決している。
    #当たり前だが交流100Vのインバーターを使うというのは「無し」で。

    それが炊飯器で、さらに電源がUSBとなるともう、絶対にあり得ないことだ。
    それくらいは常識である。

    同じことが、LEDライトの世界とかでもZEXUSのキャッチコピーが
    ひどい、400ルーメン、50時間、単3が4本、これだけ見ると
    400ルーメンの光を50時間連続で、それも単3が4本でいける!と思ってしまう。
    ありえないから!、ということを消費者は知らない。
    ちなみにそんなヘッドライトが1万円超えで売られている。それ以上のスペックの
    中華製が2000円以下で売られているのに。
    知らないことをいいことにトンでも商品が出てくる。

    ルアーなんかも一緒である。
    知らない人向けに嘘を書き連ねたコピーで売るメーカーが多い。
    青い青い会社とかその典型。

    そういえば、Made in Japan でなくなってしまって中華製になってたな。
    まあ興味ないのでどうでもいいんですが。

    さて、中華製と言えば、、

    今回も【世界を買う】シリーズです。
    基本的に中華からの買い物って、成功4:6失敗 くらいの比率ではないかと思っています。
    先日は、ダイヤモンドを輸入しようとしたら、危険物と認定されて本国に送り返された、と
    いうメッセージが(笑)

    いや、いや、工業用ダイヤモンド!なにが危険物なんだよ。
    まあわからんでもない。ペースト状の研磨剤なので、注射器風の容器に入っていた形状だったので
    X線通したら、注射器の映像が出たので怪しい、と思ったんだろう。
    中身を検査してから送り返せよ、きっと開封して、中身調査したけど
    何も出なかった、ヤバイ、破損品になってしまう、送り返してしまえ!
    って感じなのかな?税関も適当な仕事してんなー。
    価格は500円程度の研磨剤なので、どうってことはないんだけどね。
    それって、PC自作用のCPU用シリコングリスも輸入出来ないのか??
    あれも注射器の形しているぞ。

    ダイヤモンドが手に入らないと、実験の次のステップに進めないなぁ、
    容器がもっと違う形の業者探すか。


    ということで、世界を買う、今回は「マグロルアー編」となります。

    勇気いるよねー。中華製のマグロルアーって。
    大きさは18cmで、フローティングだけど、
    型番は180S、フローティングなら180Fになるんじゃないの?

    パッケージ表記はFloating 、さて、浮くのか、沈むのか、、、
    家の水槽で試したら、、、浮いた。
    フックがついていないので、フック付けると沈む可能性もあるんだけど
    これは淡水の実験なので、海水はもう少し浮力が付くから
    ややフローティングということかな。

    そして珍しい、水平フローティング。
    通常、垂直フローティングが多いので、
    水平フローティングは、よりアピールできるかも。

    スプリットリングはあるので、フックだけ買ってくるかなー。
    あるいは、シングルフックを付けるか。
    せっかくの水平浮だから、テールヘビーにして
    無理矢理垂直フローティングにしなくてもいいだろう。

    というか、説明書をよく見ると、トローリングで左右の動作が簡単とか
    書いてある気がするので、トローリング用なのかもしれない。

    まあこれも投げてみないとわからないことではあります。
    スペック不明なルアーは実際投げてみないとわからないことが多いですね。

    へらぶなの時もブラックバスの時もオフショアの時でも
    事前にケチがついた釣行は貧果である場合が多い。
    なぜかわからないのだけど、、、当日のトラブルは回避しようがないので楽しめるんだけどさ。
    事前からケチがつくとまあ、いいことが無い。

    これは経験でしかないんだけど、、、
    ということで、事前にケチがついた釣行は基本、行かないことにしております。
    まず、いいことがないので。
    XXXがケチのつき始め、ということに必ずなるので。あれ、なんでなのかなぁ。
    おそらく科学的に分析すればそれは判明すると思うような事象ですね。

    過去にも違和感を抱えたまま、やっぱりおかしかった、と思うことがいっぱい。
    ある意味、それを確認するために無理矢理実行したり、参加したりしたことは
    あったのだけど、先日の遠州キハダでも確信して
    ケチのついた釣行は行かない、ということにしました。

    これは釣りだけじゃなく、他のことも同じなので
    ケチのついたことはやらないようにしてます。
    違和感を感じたらそっと閉じ、まるで、プレッシャーのかかったフィールドの魚のようだ。

    中華通販でも同じで、HPの作りに違和感を感じだら、やめてます。
    評価を見ても同じで。

    マグロルアーは微妙でしたが、ついでに大型ガイドも購入。
    10個セットで600円という安さでしたが、
    これも微妙に小さいガイドが混じっている。

    グラスロッドのガイドを交換してしまおうと画策中。
    今の激安ロッドのガイドが小さいので、
    大型ガイドに替えて、スピニングリールを使えるようにしたい。
    予備ロッド候補ということになります。

    じゃあまた!なかなか難しい!中華通販!失敗は成功の元!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    4cf5cfc8.jpg

    a490bf94.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今週末は夏祭り!来週はマグロキャスティング!ふなです。

    いやー、夏ですね。
    ということで、キハダキャスティングの準備を淡々と。
    来週ですが、準備は今週末まで、なので、、、

    経験者にルアー一覧を送ってみた。
    目玉のルアーに丸がついていない(笑)

    えー、ダメなのかよー。
    ビッグベイトとか、シイラ用とか、ヒラスズキ用とかさー

    ルアーは壊れても魚が上がればいいんだけどねー。
    まあ関係なく、投げるけどねー。

    これに付随して、シラス付きのキハダ、カツオが釣れるとうれしいな。
    その仕掛けも作ろうと思う。
    前から提唱している、HF釣法だ。Hは high 、 Fは内緒で。
    これで、鈴木斉さんや村越さんを超えたい(笑)

    基本的に教科書通りではやらないのがふな流なので。
    ナブラにルアー投げて、食わない、食った、の低確率より
    確実に可能性のある方法を発見出来たら、それはそれでいいじゃない。

    問題はその方法を見つけても公開しないだろうなぁ、というのはある。
    私がプロで、どこかのスポンサードを受けていたら
    こういう釣法にはこういう道具を買いなはれ、とセールスというか
    マネタイズ出来るんだけど、そうじゃないので例え発見出来ても
    しばらくは黙っておくか。
    専用ルアーとか作るかもしれないが、、、まあ売れないだろうな。
    ハンドメイドになるので、1本1万円とかで、仕上がりは汚いとかなると
    ますます売れない、そして、コピーメーカーが売り出す(笑)


    準備は着々だけど、今回、帰省して、滋賀県のタックルベリーで
    ルアーを2個追加で買った。
    そうだ、海なし県でソルト用品は安いのか?の仮説を昔から
    調査してみて、結構安いということが分かったので、、、

    滋賀県と言えば琵琶湖に沿って100mくらいの幅のドーナツ状の県である(まあ嘘ですが)
    というわけで、バス用品が豊富にあるのが中古屋さんで
    商流の主はバス用品である。
    滋賀県から海に行くには大阪湾か、京都の海で日本海側にいくしかないので
    まったく釣り方もターゲットも異なり、人口も少ないのかもしれない。

    それより琵琶湖でバス釣っている方が簡単で大きいの釣れるから
    お手軽なのかな、、っと。

    ってなことで、写真上部の2個のルアーが、1個1250円だったので、
    2個ともお買い上げ。15cmフローティングと18cmフローティング。
    どっちも誘いだし用だ。
    メーカー不明。 PB-180(F) 、PB-150(F) って書いてあった気がする。
    キレイだし、頑丈そうなので買ってみた。
    あとはシンキング。

    シイラ用は使えないのかね?壊れてもいいんだけどな。
    GUNZ 140F は1.4mm貫通ステンレスだから、強度的には十分なはずなんだけど
    サイン付きだし、
    まあ投げてみるか。

    当然、アクティブサメガードも発動する。
    サメ除けの効果が撮影できるといいな。
    なかなか難しいけど、チャンスはあると見た。

    ということで、今週はちょっとづつ準備をしていこう。
    今度こそ、キハダのキャスティングが出来ますように!
    出来ればゲットできますように!
    出来ればサメ除けの動画が撮れますように!

    じゃあまた!準備期間が一番楽しい!予備タックルどうしようか!PE5号300mでいいか!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dd61de36.png

    eb7b5335.jpg

    10c9a0f4.jpg

    45d26b23.jpg

    f446502c.jpg

    91a98c45.jpg

    98c2eec2.jpg

    f81060fc.jpg

    4d24ea0b.jpg

    5597c982.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    帰省中でした、案外渋滞なしで帰宅した、ふなです。

    毎年お盆の時期は帰省して、帰省先で釣り、そんな予定になっております。
    とはいっても、父もだいぶぼけており、滋賀の墓じまいの話も一向に進みません。
    おそらく、我々夫婦に責任をなすりつけてこの世を去るつもりなのかなーと
    懐疑的です。自分でやるって言ったのにねー。まあそうなったらしょうがない。
    親戚一同に非難されながらもやるしかないので。

    ということで、事情を知らない人が見ると、ある日急に墓じまいの話をし始めた!というように見える
    実はもう数年前から墓じまいをどうするのか?という宿題を出しているので
    俺の中では長年の問題でございます。

    さて、そんなことはさておき、今年は帰省先でマグロのキャスティングに挑戦しようと
    準備してきました。例年は伊勢湾ジギングで、赤羽根、師崎、蒲郡とルアー船に乗っていました。
    ところが一番近い、蒲郡と浜名湖と距離が同じくらいと判明したのです。
    おお!これはマグロ狙えるぞ、っと。5月くらいから準備準備。
    7月に予約を入れ、8月に帰省。
    さあ、明日だ、集合時間とかヒットルアー聞こうと豊國丸船長に電話しました。
    前日の20時くらいです。

    ふな「もしもし、明日お世話になる、、」
    船長「あー、明日出ないですよ」
    ふな「え?出ないんですか?」
    船長「人数集まらなかったんで、みんなに連絡して翌日にスライドしてもらいました。翌日にするよね?」
    ふな「は?無理なんですけど」
    船長「じゃあまた」

    はぁ????俺は放置????
    俺はこの日のために何か月も前から準備してるんだよ。
    シネや豊國丸!三流の底辺が!

    これ、何をしたかわかりますかね?
    最少催行人数で2日やるより、満員で1日やったほうが、儲けが大きくなるんですよ。
    例えば経費が2万円かかるとしましょう。
    3人で、2日間出ると、
    1日あたり売り上げ15000円x3人=4.5万円、経費2万円、利益2.5万円 それが2日で5万円の利益
    1日にまとめると15000円x6人=9万円、経費2万円、利益7万円+1日時間が出来る
    こういう図式で、つまり、釣り人を諭吉にしか見てないんですよ。

    こういうクソな宿は潰れろ。豊國丸はね。
    舞阪港ルアー船豊國丸の評価はクソ、利用するかどうかは
    各自の判断にまかせます。
    逆キャンセル料取れないもんかね(笑)俺的ブラックリストに追加です。

    まあhamazo の問い合わせシステムに反応がなかった時点で、いやな予感は
    したんだけどね、会社から予約するのに電話は出来ないからなー。


    翌日1日しかないので、あっちこっち電話するもすべて「満員」
    クルーズさん、トラストさん、青鬼さん、などなど、hamazo ドメインの船宿で
    カツオマグロのキャスティングできそうなところは全部電話したけどダメ。
    ある船宿さんは、「もう船揚げちゃったけど、下せるかどうか聞いてみる」と
    親切に対応していただいたので、浜名湖の船宿全部がそういうクソな船宿文化ではないと
    思いたいのだけど。

    しょうがないので、伊勢湾ジギングの去年の隆盛丸さんに電話すると
    空いているとのこと、釣りが全く出来ないよりいいか、、と思って
    道具を買うところから開始です。


    カツオ、マグロのキャスティングの道具しか持ってきていないので、
    伊勢湾ジギングの道具はまったく別物なのです。

    さらにイシグロは店舗が移転したらしく移転先を探すところからです!
    ということで、急きょイシグロでタックル調達です。
    20:30イシグロ到着、21:00閉店(笑)
    蛍の光にキックを入れられながら退店。


    ジギングロッドは前回のタチウオで折ってしまったので、
    欲しいことは欲しかったのだけれど、激安の9980円のセットは
    それなり、です。
    ロッド、リール、ライン付きだけどね。

    ロッドはMLの割には柔らかい、リールはシングルハンドルでバランスオモリ付きなのに
    バランスが取れていない、ノブヘビーな感じで、
    1.5号のラインは太すぎる。0.8号でホワイトマーカーなしは高い色しかない。
    さすがに200m4000円は出せないなー。
    イシグロは中古ルアーもあるので、100gのタイラバや、アシストフックも購入。
    ジグは安かったのでダイワの鏡刀160gを3本、1本630円だっけな。
    160gあれば十分だろう、という考えで。
    色は基本の三色、パープル、ピンク、赤金。

    伊勢湾ジギングの基本は、重いジグ、細い糸でやるのがデフォ。
    PE1.5号の先に、マグロ用の20号のフロロラインを、坂本結びしたハリスから取り(笑)
    ごつい、スナップをつけた。

    また、カツオ用のタックルPE1.5号を150m巻いたスピニングも持っていった。
    PEは単色だけどね、なんとかこれで2本用意出来た。
    伊勢湾では、いろんな魚種に対応するため、いろんな仕掛けが必要になる。
    それを全部そろえるのは無理がある。お金がかかりすぎる。

    タイラバも1個、アシストフックに、トリプルフック、
    こんな感じでいいかな。
    カツオ用のジグも持っていく、60gじゃ軽すぎて話にならないだろうけど。
    イナワラ対応では必要。

    ということで、急きょ買った道具で急遽参戦です。
    ご存知の方はご存じですが、この時期から伊勢湾ジギングバトルが始まりますので
    優勝賞金90万円を目指して頑張ります。無理か!

    ということで、いつものように3時に起床。
    3時半に出発して、5時前に到着。
    氷を氷屋さんで9kg600円で買って行く。
    氷屋さんは漁協関係の何トンも氷を買う人向けが
    小売りもやっているの。

    5時半出港。人数は9名。予約順に席が取れるので、
    昨日電話した私は最後です!
    左舷の胴の間しか空いていない。まあそんなもんす。

    出港して30分水深は50mくらい。
    最初はタイ狙い、とうことで、タイラバ。
    実はタイラバで釣ったことがない、いや、正確にはバイトを感じたことはあったけど、、、
    というレベル。
    100gのタイラバだけど、、ぴゅーんと流れる。
    すごい上潮が速い。
    糸が1.5号と太いこともあるんだけど、、、
    ボトムについて、ゆっくり巻くだけでいい、あ、ロッドが柔らかいのが気になる。
    タイラバにはいい感じ。100gで、曲がっているけど、柔らかい。
    周りは結構鯛が釣れている。マジか。どんなアタリなんだ???
    わからん、、、、が、コツコツ当たった。
    おお!と「合せるな、あわてるな」と呪文を唱えながら、一定速度で巻く。
    上がってきたのは、、、ホウボウ!
    こいつか、癒し系ね。
    ポイント移動して80mの深さで、、
    いや、100gのタイラバでは「軽すぎる」。糸が太すぎるのもあるけど。
    いつも0.8号しか使っていないので、その太さは慣れないなぁ。
    100mくらい出ている。
    コツコツ当たった、のを「またホウボウだよ」と思って
    巻いてくるも、、、なんとマダイだった。小さいの。
    よし!ボーズなし!

    さらに、80mの上潮が速いので、糸がふける、そして、運命の高切れ。
    どうも、上潮にラインが流され、船底に絡んだようだ。
    100mくらい切れた。
    水深80mで残りライン50m。届かない!!ピンチ!唯一のタイラバロスト!!

    こりゃダメだ、ということで、カツオタックルに巻いていた、1.5号PE150mを
    ベイトロッドに継ぎ足して巻く。
    しかし、このPEは単色で、水深がわからない。むむ、ピンチ!

    と思っているうちに、
    船長が「タイかタチウオかわからん反応出ているね」ということで、
    タチウオ用のメタルジグをセット。
    中層に出ているということで、水深90mの50??60mを狙うと
    グンと重いアタリが、、、タチウオでした。

    それからタチウオのパターン、なんだけど、、
    160gくらいでは「軽い」のだ。
    ヒットしている人は200gのジグ。
    160gでは流される、、、そして、、、サワラカッターかタチウオカッターか、、
    また高切れ!今度は、10mくらいだった。しかし、タチウオ用トリプルフックを
    2本いっぺんに失った。アシストと、メインフック。

    ということが、2回続いた、、、ピーンち!
    もうタチウオ用のトリプルフックがない!
    どうするか、、、、

    段差のアシストフックとジャコフックを付けて、残りの1つのアシストフックにしてみる。
    よく、テレビとかで見る段差フックとかシングルフックの2個付け、なんだけど
    バイトは取れるが、フッキングしない。
    トリプルフックなら釣れているはず!というバイトがのらない。
    俺はやっぱりトリプルフック派だな。

    なんとかF3を何本か、フッキングする。
    その間にも、周りではボトムでタイ、中層でタチウオという
    タチウオ、タイ、の混在らしい。
    東京湾では考えられない混在ぷり。

    ジグで釣れるタイはでかいね、タイ専用ジグとか投入したかったわ。
    タチウオはみんなロングジャークで釣っているけど、ショートピッチで連発したので
    よし、ここからドラゴン狙うか、と思ったところで、沖上がり時間となりました。
    まだまだ、ドラゴンパターンに迫ることは出来なかったな。

    しかし、9人乗って、8本の大鯛が釣れているので、せめて俺にも
    鯛来いよ!と思ったけど、まあダメなときには何やってもダメでしたね。

    単色PEで、中層を狙うのは難しいです。ハンドル1回50cmで計算してたけど、
    10回5m、で、本当に5m巻いたのはわからないもので。
    潮速いし、かなりのムリゲー。

    実力の半分も出せませんでした。
    200gのジグなんて持ってないわ!と。

    ということで、初のマグロキャスティングは、クソ宿のせいでおじゃんになり
    伊勢湾ジギングの無理ゲーを楽しんできました(笑)

    伊勢湾のタイラバで初の鯛が子鯛というのはご愛嬌。
    ヒットした瞬間に「おお!タイラバでヒットしたのは初めてだ!」と
    叫んだら船長が「何の釣りをいままでやりおった?」と突っ込みが入るほど。
    伊勢湾じゃ、デフォなんだろう、でも東京湾じゃタイラバは少数派なんだよねー。

    ということで、伊勢湾ジギングは無事終了しました。
    タチウオ6、子鯛1、ホウボウ1でした。たぶんスソ(笑)

    その夜には、塩焼き、煮物、刺身で頂きました。
    来年こそは、クソ宿以外を予約してカツオ、マグロとご対面したいですね。
    ということで、浜名湖の豊國丸はお勧めしません。
    お金と時間の無駄無駄無駄ァ!
    邪険に扱ってはいけない客がいるということも思い知るだろう。誰もが文句言わない客と思うな。
    さっさと廃業してしまえ。

    じゃあまた!来週こそはマグロのキャスティングに行く!今度こそ!準備忙しい!予備タックルが決まらない!

    このページのトップヘ