クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2017年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    849deed0.jpg

    8fbc200f.jpg

    e9d6f6af.jpg

    1bdd545e.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    ようやく見えてきたマグロ釣りの全貌、ふなです。

    本日は北朝鮮がミサイル飛ばす中、時事ネタには降れずに
    キハダマグロの釣りについて理解したことを
    まとめてみようと思う。

    最初に、キハダマグロ釣りをするには大きく分けで4通りあることが
    わかってきた。もちろん、これ以外の方法もあるけど、少数かな。
    ってなことで、代表的な4通りを列挙してみる。

    1、コマセ
    2、エビング
    3、ライブベイト
    4、キャスティング

    大きく分けてこの4通りが相模湾でキハダマグロを狙う方法として存在する。
    もちろん仕立でジギングとか、カツオの一本釣りの外道狙いとかあるけど
    専門に狙うには、この上記4つの方法がメジャーな釣法であろうと思われる。

    では1個づつ説明して行こうかなぁっと。

    1、コマセ
    オキアミをコマセに使った釣法である。
    主に80号ー100号のビシを使い、相模湾の水深30??40mを狙う。
    道具は大型ベイトロッドに、大型ベイトリール、
    PE8号以上を300m以上巻ければいい。
    ロッドは折れないようにグラスソリッド竿を使うのが一般的
    元径20mm、先端4mmくらいのグラス無垢ロッドが標準
    ほとんど専用品と言ってもいいと思う。

    個人的にはいまだにPEラインと天秤の接続方法がわからないので、
    30号(120LB)のナイロンラインをリーダーにしてPRノットで接続し
    リーダーを天秤にハワイアンフックで接続している。
    リーダーとハワイアンフックの接続は漁師結び。

    天秤はステンレス1.6mm以上で、大型のもの。
    ステンカン接続金具が壊れないようにハワイアンフックに変更してある。
    ハリスはフロロ16-20号で4.5m
    針はサークルムツ1/0 とか、16号ー22号までいろいろ。
    ハリスと針は坂本結びで、パイプ強化はあったほうがいいと思う。
    結構大変ね。

    オキアミは3Lサイズのものを使う。
    ルールで1人3kgまでと決められている。
    解凍方法がいまいちわからないけど、足元のバケツに袋を突っ込んで解凍すると
    いいのかも。正しい解凍方法がわからない。
    未だに、午後になるとオキアミが黒くなる。酵素が活動し始めるので、、、
    糖に漬けないとだめか?
    付けエサは最初抱き合わせ、あとで1匹がけ。
    オーロラがいいと思うけど、お店のおすすめでもいいと思う。
    おきえもんは選べる、買える。
    一俊丸はGクリルが無料配布。
    他は知らん。
    前にオキエビを買って行ったが、、、
    丸秘印も人気だよね。

    唯一、ベイトリールを使う釣法で
    一番コスパが悪い釣り方であると思います。
    ランニングコストという意味ではなくて、道具の転用が効かないという意味で。

    2、エビング
    コマセ船のミヨシに同船する形の釣り方となります。
    専門の船が出るようなことにはならないのかもしれないけど
    基本はコマセ船に同乗することになる。
    ロッドは8ft前後の大型スピニングロッド
    DragMAX15kg以上、大型スピニングリールに
    PE3-4号を300m以上巻けること。ドラグ30kgくらい必要
    リーダーは30号(120LB)をPRノットで接続し
    漁師結びで直線天秤に接続。
    あいかわらずリーダーが必要かどうかわかりません。
    基本的にはPEを直接、サルカンとかヨリモドシに接続する
    強度の高いノットを知らないので、強度率が90%以上の
    PRノットと漁師結びで強化しているのですが。
    直線天秤には150??200gのロングジグを接続
    天秤の先にはフロロ16-18号、3m。
    針はサークルムツ1/0 とかを坂本結びで。
    ルアーはエビングワームとか、DRスティック。
    コマセについているキハダにはオキアミカラー、
    シラス、イワシについているキハダにはケイムラとかブルー。

    50mまで落としてスローなワンピッチで巻いてくる。
    大型スピニングタックルは他の釣りでも転用可能。
    コスパはいいと思うが、エビングが通用するのはキハダ初期だけ。


    3、ライブベイト
    イワシ餌を泳がせて釣る釣り方。
    専門の船が出る。
    イワシ餌の仕入れのために他の釣り船より、出港が遅い。
    爆発力は最大。
    使用するタックルも、大型スピニングロッドに大型スピニングリール
    PE3-4号を300m以上にハリスはフロロ16-18号で、
    針はヒラマサ14号とか、小型のもの。
    PRノットで直接接続して、仕掛けは実にシンプル。
    針は坂本結びで接続。

    イワシはエラ掛けに、サバ類は口とか背中とか。
    投入の合図ので、一斉に投入する。イワシはぐんぐん泳いでいく。
    スピニングリールからパラパラと出ていく糸が、パララララと早くなったら
    アタリなので、フッキング。
    エサの種類により、扱いが異なる。
    小型のイワシ餌については小針を使い、大きなマグロ針に
    接続すると弱らない。

    胴突き仕掛けで40m下まで落とすこともある。
    食いがいいが、コマセについているキハダは食わない場合がある。
    イワシについているキハダには抜群。
    カツオが釣れる可能性も高い。お土産には困らない釣り。
    外道に、メジ、シイラ、カツオがある。
    一番可能性が高い釣り方だと個人的には思っている。
    鳥にやられないように、沈める方法が模索される。


    4、キャスティング
    ナブラを見つけてそこにルアーを投げ込む釣法。
    タックルは上記の3つと同じ大型スピニングロッドに大型スピニングリールを使う。
    プラグは100mm以下で50gくらいのものから
    120mm、140mm、160mm、180mmと大きさがある。
    それぞれ、シンキングとフローティングもある。
    リーダーは30号(120LB)程度で、接続方法はいろいろ。
    私はスナップ(200LB)を使っているけど
    リングじゃないと強度が心配という人もいるし
    パイプで強化して、ダブルラインで、、、もうイワシの頭も信心次第。

    通常乗合だけど、ミヨシに立てるのは4名ほどで、残りは
    休憩、つまり、船長がローテーションを行う。
    個人的にはもっとも効率が悪いキハダの釣り方である。

    1つは棚が水面だけ。
    水深40mでクルージングしているキハダは釣ることが出来ない。
    誘い出しで、という可能性は否定しないが
    まず釣れない方法。

    ボイルがあっても単発ではダメで大型ナブラにならないと釣れない。
    シラス付きのナブラはプラグに反応しない。
    イワシ付きのナブラではないと反応しない。
    サメ付きはサメがイワシを追っている間中、ナブラが続くけど
    サメをヒットしてしまう可能もあるので注意。

    基本的にはナブラは、すぐに沈むので一瞬のチャンスのみでの勝負となる。
    そのための、「自分がローテーションでミヨシの時」に偶然「ナブラが発生して」
    運よく、「ルアーがいいところに届いて」そして「偶然キハダはバイトする」、という
    とてつもない段階を踏まないとヒットしない。

    コマセ船がキハダの群れをRUN+GUNしているのを横目に
    ローテーション待ちとか、ナブラ待ちとか、耐えられない気分になる。
    仕立てをおすすめするが、それでもローテーションしなくていいだけ、なので
    とてつもなく確率は低くなる。

    ただし、TOPの釣りなので、興奮度は他の釣りの3倍である。
    出る前、出た時、フッキングした時の3倍楽しめる。
    そのため、中毒になりやすい釣り。
    マグロのキャスティングばかりやっている人がいたらそれは中毒患者なので
    付き合わない方がいい。


    1のコマセ釣り以外は道具は共通で使える。

    おすすめ順で言うと
    ライブベイト
    エビング
    コマセ
    キャスティング

    の順であろう。
    コマセのベイトタックルは他に転用が出来ないのでコスパが悪すぎると思うし
    ライブベイトは出港が遅いし
    エビングは時期がある
    キャスティングはナブラ次第、と
    デメリットがどれもあるんだけどね。

    お金があったらいろんな道具買って、いろんな釣りしてみたらいいと思うけど
    一番おすすめはレンタルタックルで出来るものがいい。
    キャスティングはレンタルタックルないところがほとんどだし、ルアーも買わないといけないから
    気軽に試せない。
    まずは、ライブベイトで体験してみてはいかがでしょうか?

    ということで、かなり個人的な思いが強すぎるレビューとなりましたが
    どうせまだ1匹も釣ってませんよー!!!

    ライブベイトに期待してみたいと思います。

    じゃあまた!いつかは釣りたいな!キハダ!待ってろ!まずはロッド作るところから!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    7215c0a1.jpg

    b6c93fab.jpg

    a1fabeec.jpg

    643e9d7f.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    夏休みの自由研究みたいなのになった、ふなです。

    子供が。ラメ入りスライムみたいなのを買って遊んでいた。
    従来のPVC+ほう砂、のスライムではない感じ。

    急激な変形には耐えられず切れるが、ゆっくり伸ばすと伸びる、とかいうタイプ。
    キネティック砂のような感じ。

    それで遊んでいたのはいいんだが、そのスライムが服についた。
    もうべっとりと。これが布について取れないんだな。

    ググっても良くわからないので、原材料名から調査してみた。
    「キサンタンガム CMC」とか書いている。
    どうやら多糖類の増粘剤らしい。食品にも使われているようだ。安心ねー。
    なるほど、で、物質的には、粉末らしい。
    でもこれはスライム状だ。

    加水分解しないようだ。洗濯しても無駄らしい。
    そこで、残りのスライムをちぎって、どうやったら分解できるのか
    実験してみた。

    まずは、自動食器洗い用洗剤。
    確か、炭水化物に対して酵素で分解する性質があったはず、、、という
    あやふやな情報をもとに、ZIPLOCKにスライムを貼りつけたタオルを
    入れて水を入れて、洗剤を入れて様子見してみた。
    5分後、、、変化なし。
    うーむ、多糖類だから炭水化物を分解する酵素で分解できると思ったのになー

    次に試したのは、「塩」
    PVCベースのスライムは塩を混ぜると安定してスーパーボールのように
    カチカチになるはずなので、似た性質じゃないかなーと思って
    小指大のスライムに小さじ半分の塩を混ぜ込んでみた、、、ら。
    透明だった色が白濁し、カチカチに固まった。おお、似た性質を持っているんだな。
    じゃあ似た方法で溶けるかも、、、

    次に実験したのは「酢」。
    酸が効くらしい、という情報で、酢につけてみた。
    〆スライムだな。
    5分後、、変化なし、、、ん?やや溶けている気がする。
    気のせいか?

    次に「アルコール」
    アルコールなら溶けるよね?ってことで、手指消毒用のアルコールジェルと
    混ぜてみる、、、溶けない。
    いやー、厄介だなー。全然溶けないぞ。
    もうクリーニングに出して「キサンタンガム CMC」って指定して
    プロに任せるか?

    と思って、ZIPLOCKから見てみると、、
    食器洗い器用洗剤、、、薄くなっているみたいだ。
    少し分解された?一晩置いとけばいいかも。

    次に酢、うむ!明らかに分解が始まっている!
    これは「酸」が効くってことだな!

    酸っぽいのなんかあったかな???
    そうだ、ビタミンCがあった。
    ということで、ビタミンCこと、アスコルビン酸を小さじ2くらい
    入れた水溶液にスライムを入れてみる。
    これで、溶けるだろう。
    しかし、ビタミンCで洗濯するにはコストがかかりすぎる。

    うーん、どうも酢より溶けるの遅い。
    よし!クエン酸を買いに行こう!
    100円ショップの掃除コーナーにクエン酸を見つけ、ご購入。

    これを、小さいバケツに入れて、クエン酸を大量にブチ込み、一晩浸しておいた。
    無事溶けたはずなので、あとは洗濯機に入れてきた。
    ラメが大量に沈殿していたので、たぶん大丈夫だろう。ということで、
    なんとかなりました。

    実験をしながら、そういえばエジソンも似たことをやっていたなぁ。
    なんだっけ、ひとのおできを溶かす薬とか作っていたよなー。
    ということで、平成のエジソンは無事、スライムを溶かしました。
    服がダメにならないで良かった。
    子供の高いブランド服らしいので(良く知らん)

    一晩おいておくと、食器洗い器用洗剤も分解が進んでいたようで
    どうも、遅溶性の物質だったのかもしれない。
    アルギンサンだったか、人工イクラを作る際にも遅溶性の物質があったっけ。
    とか過去の経験が生きてくる。

    という、自由研究みたいな洗濯ものの汚れ攻略法をやってて
    俺はアホみたいに理系だなーーと感心で自画自賛。

    そんな、日曜日、という前置きは置いといて

    キハダマグロのライブベイト用ロッドを作成する準備をしてました。
    使うのはBOAT??SHOT 80??180という竿です。
    グラスソリッドで、数年前にカツオをバンバンライブベイトで釣った竿ですね。
    2kgくらいのカツオではびくともしないです。

    グラスソリッドなので、キハダのライブベイトにぴったりじゃないか、ということ
    なんですが、なんせガイドが小さい。
    スピニングロッドなのにガイド小さいので、大型スピニングリールが合わない。

    そこで、ガイドを交換することにしました。
    大陸より大型ガイドセット10個セット600円を購入。
    交換すると大型スピニングリールでも使えるようになるはずです。
    ということで、まず、ガイドを取るところから、、、

    そこで、古いガイドを取りながら感じたんですが、、
    スレッドがナイロンラインのようです。
    ようです、というか、そんな感じです。
    伸びるんです。

    通常ガイドのスレッドって、主にPEラインを使っていたので、
    伸びるスレッドってどういう意味?と思っています。
    エポキシもやや粘度があるような気がしますので
    きっとグラスソリッドにガイドを巻くときは、伸びるスレッドとやや柔らかいエポキシを
    使うのが幸せになれるコツなのではないか?と思いながらガイドを取り外しています。

    伸びるスレッドといっても限度がありますので、
    輪ゴムみたいに伸びはしないのですが、、、
    スレッドにナイロンラインかフロロラインの06-08号を使うのは有りなのか?
    PEじゃないのか?と心の葛藤があります。
    もし、知っている人がいたら、グラスソリッドのガイドの足を巻くスレッドは
    これが常識だよ!ということがあれば教えてください。

    キハダとはいえ、ガイドに何キロもの力は加わることはないと思うので
    ある程度でいいのかなーという気はするのですが、、、、

    自分で作った竿でキハダ釣れたらうれしいなぁ。
    グラスソリッドだからそう簡単には折れないと思うけど
    ガイドが飛ぶ可能性はゼロではないので、、、
    うまくガイドが付けられたらうれしいなぁ、というところですね。

    じゃあまた!キハダ!タチウオ!カワハギ!季節が変わってきた!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    8f456be7.jpg

    87a4609e.jpg

    9a760b64.jpg

    1c8f0728.jpg

    192c8c4c.jpg

    6c8d102d.jpg

    1c7613c1.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    横浜ぶらぶら日記、ふなです。

    先週パシフィコ横浜へちゃおフェスにアッシー君をしたついでに
    横浜付近をぶらぶらしてみました。

    カーナビとかで適当に探して、現場に行ってみる、という適当な感じで。
    まず、向かったのは釣り公園です。

    磯子釣り施設に行ってみました。
    いや、中に入ったわけではない。
    外から見てみました。
    駐車場完備で、いい施設、とかそういう感じではなく
    その近所に釣りのポイントがあるかどうかを探りに行ってみたのです。
    っていうか、駐車場の締まる時間は書いているけど
    開く時間が書いてないんですけど、、、

    その結果、ここのポイントいいんじゃね?的な場所をいくつか発見したので
    今度夜中にでも行ってみようかなと。

    横浜はポイントがいくつもあっていいなー。
    典型的な隣の芝生であるのだが、うちから5分の江戸川に
    アジやタコがいれば言うことないのだが、そうはいかない。
    サヨリやシーバス、チヌ、時にはサバという楽しいターゲットが
    いるのだから。

    しかし、車で45分程度のところにすばらしいフィールドがあるのはいいね。

    そして、釣具屋が本気。
    階段の写真はアークス。
    何、この営業時間。
    釣具屋の鏡だな。

    こんな時間で営業している釣具屋って都内にあるんだろうか。
    朝の5時から営業ですよ。
    買い忘れたものがあっても7時の出船に間にあうわけですよ。
    いいと思う。

    カワハギイベントはチェック。
    そして、買ったものは、、、フロロ18号が880円!安い!
    家には16号、20号を1760円で買ったと思うので半額!!!
    これで16,18,20号がそろい踏み。

    ハリスとして活躍予定。マグロのね。

    次回の釣りの予定は来月末のタチウオなので、それまでに
    何かの釣りに行きたいとは思うけど。
    できればマグロのライブベイトに行きたい。

    誰か車を出してくれ(笑)最悪バイクで行くか(笑)

    ってなことで、しばらく釣りは行けないのだけれど
    これからマグロ用のロッド作成とか手を出してみようと思う(無謀)
    あと、大型スピニングリールももう1台欲しい。

    じゃあまた!タチウオの用意も!ライブベイト行きたい!ヒットくらい欲しい!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    32d46607.jpg

    e0624ad9.jpg

    6b75bfc4.jpg

    ea97e9f2.jpg

    6df3f147.jpg

    c60cca17.jpg

    52327e9b.jpg

    d244b832.jpg

    638ac5e2.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    基本失敗の買い物が多い、ふなです。

    昨日夜中に溜まっているビデオを見てたですよ。
    こんな日に世界征服とかいう番組を見てて、
    心霊現象で窓が勝手に開いた、とかいうシーンで

    急にリビングのドアが開く!
    うわ!!出た!!!
    髪の長い少女の霊がはっきり見える!!

    少女「パパ、お茶飲みたい」

    なんだ!自分の子供か、、、、、ビビるわ!!!!

    という、恐怖の体験をして、漏らすかと思ったわ。
    タイミング良すぎだろう。

    そんな前置きを置いておきまして
    【世界を買う】シリーズ。
    本日は、リール編となります。

    キハダマグロのキャスティング用に大型スピニングリールを買ったつもりでした。
    が、届いたのは、小型、いや、中型のシャロースプールリール。
    ええー!7000番台っていうから大型だと思ったんですけどー
    型番はYG7000
    良く見ないで、買った俺が悪い。

    PE2号が250mしか巻けませんでした。3000番台の糸巻き量かと。
    作りとしてはいい感じなんですけどね。
    ドラグも25kg!とか謳っているし、フルメタルで丈夫だと思うし
    ハンドルノブも大型で金属でカッコイイ。
    本当にスプール容量だけ、不満足。
    つーか、糸巻き量の目安書いていたね。
    よく読まずに買うと、失敗する例ですね。

    ちなみに4300円(税・送料込)です。

    来年に間に合うようにさらに大型リール注文しました(笑)

    ドラグ35kgで、8000番で、PE5号ー300mくらいは巻けるだろうという
    リールですね。
    来月くらいに届くといいんだけど。
    これは6600円くらい。たった2千円をケチったばかりに無駄なリールが増えてしまった。
    これはこれで、青物ジギングとかシイラとかヒラスズキとかボイリーとか使えそうなんですけど
    その釣りをしないので、しばらくお蔵入りかもしれません。

    ベアリング数は9BB+1と10ベアリングで、ツインパ並みじゃないかな?
    ツインパは定価49800円、これは定価6000円くらい。
    実売だと10台買えるわ!という値段。

    ちなみに注文中のリールはドラグ35kgというもので、
    PE8号ー350mmくらい巻けそう。
    ソルティガで言えば7000H??DF並み、と見れば定価12万円
    注文中のリールは6600円、20分の1程度のお値段。

    これなら失敗しても大丈夫ですね。
    ステラと比べても12万円近い。同じくらいかな。
    まあステラなんかと比べるな!って話ですから。
    中身が全然違いますからね。

    ダイワは基本中身は中華なので比較の対象になるんだけどね。
    うまく人の心理をついている商売をしているなぁと感心することばかり。
    高価格=高機能、高性能と思っている人が多いのだけれど
    高機能、高性能=高価格ではあるけど、
    その逆は正ではないんだよ。
    低価格のリールにお化粧して12万円!とかよく売るなーって感じです。

    そもそもリールとはなんぞや?というところからスタートし
    結局、糸巻き量、ドラグ、ギア比、ハンドル長、重量、くらいで
    ほぼ決まってしまうだろう。

    キハダマグロのキャスティング用のリールとして「ステラ、ソルティガ」という商品名ではなく
    「大型スピニングリール」と定義すれば、選択肢はぐんと広がるのだ。
    良くわからないリールだから買わないだけであって、
    カタログ値を読めるようになると、機能、スペックで買うことが出来る。
    表示が正しければ、という前提

    低価格でもちゃんとした高機能のあるものは存在すると証明したいのである。
    それがこの【世界を買う】シリーズの目的でもあるのだ。
    実際、針とか糸とかスイベルとかルアーとかロッドとかガイドとか、低価格でも高機能なものは
    発掘しているので
    将来的にオール中華で揃えることが出来たら、それはそれでラッキーじゃないかな。
    ※楽天で2万円台でステラ8000売っているが詐欺だろうな。

    じゃあまた!買い物難しい!急に業者潰れるし!安定した仕入れ出来ない!大変よ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    09285b37.jpg

    f62f133e.jpg

    d522b884.jpg

    d532d40f.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    初めてマグロのキャスティングに挑戦出来た、ふなです。

    ってなわけで、大磯、邦丸さんから
    やっと人生初のマグロのキャスティングに挑戦してきました。
    仕立てで幹事はへらぶな釣り仲間が仕切っていただきました。
    5人で1人あたり16200円、高いなー。12000円が乗合の予算の限界
    15000円が仕立ての限界なので
    はるかに突破しております。
    最初だからまあいいか、ってことで。

    起床は2時、23時に寝た気がするので、3時間の仮眠程度で
    車でGO!、今日は平日なので車を奪取です。
    2:30出発でコンビニでご飯を買って、高速乗って4時、大磯に到着。
    車の中で、SALT DREAMERのビデオを見てイメージトレーニングです。
    「シューパーボイル、シューパーボイル、食ったよ」を何度見たことか。
    空いていたので70分で、到着しました。
    高速代は、首都高+東名+新西湘バイパス(60円)で片道2000円くらい?深夜だから安い?
    いまいち、新西湘が安いのか、小田厚が安いのかわからん。
    カーナビに新西湘がのっていないので、川沿いの道を走っている。

    5時ちょっとまえに出船。
    本日持ち込んだタックルは
    1)8.5ft キャスティングロッド dragmax 20kg + AZORES9000
    PE4号400m、リーダー28号ナイロン3m

    2)6.6ft キャステイングロッド JIGMAX 140g + YZ7000
    PE2号250m、リーダー10号3m

    3)1850mm コマセ用ロッド + ACT40
    PE8号300m、リーダー28号3m

    という3本です。
    1)がメインロッドで、キャスティング用
    2)はカツオナブラ用
    3)はエビング用のつもり

    2)のYZ7000は前日に届いた中華製、7000番という大型スピニングだと
    思ったのに実は3000番クラスの糸巻き量しかなかった。くそー!
    しょうがないので中華PE2号まけるだけ巻いてみたら、250mしか巻けなかった。
    PE5号300m巻く予定だったのに!
    半分以下じゃった、4000円じゃ、しょうがないか(笑)

    メンバーにはテンリューのテスターの方もおられ
    すごい数のロッドを持ってきておりました。総額ウン十万円でしょうか。
    お大臣様ー

    ラインはPE4号とか、PE8号とか、太さだけを書いていますが
    いづれもULTRA2です。
    つまりSK60ではなく、SK71素材。
    マグロにSK60は使ってはいけません。いけないというか弱い。
    中華PE2号はSK60だと思うけどね。だからカツオ用
    SK60なら1番手大きいものを使う、だからPE5号300mはSK60のものでした。

    これを勘違いしやすいので、PEの太さ表記に騙されないように。
    SK71素材なのか、SK60素材なのか、で強度が2割程度も違うので。

    タックルの説明はこんな感じ
    ルアーは、適当だけど115mm未満は持って行ってなかったら
    「90mmくらいのシンペンを沈めて、、、」とかいう説明に震える、、
    そんな小さいルアー持ってきてないぞ、、、

    95mmのシンペンで50gとかいうルアーがあるらしい、メガバス。
    マジですかー、そんないいルアーあるんですかー
    タックルベリー、道楽箱、徘徊しますわー

    船長から「1時間半ほど走ります」と出港

    1時間ほど沖に船を走らせますと、、、急にスピードが上がった。
    おお!鳥山だ!
    どうやら、サメ付きナブラのようだ、
    体中のアドレナリンが解放される

    来た!この時を待っていた。数年前から夢に見た光景。
    キャストの時は後方確認が大事。
    人がいる、人がいる、じゃあアンダーキャストで、、、
    あ、全然届かない。

    次は、後方確認、、人がいない、じゃあ、オーバーヘッドキャストで、
    ラインスラックを取る、何か重くなる、そりゃっと合わせ!、スカ!あれ?気のせいか、、
    いや、軽い、ラインが切れた。すっぽ抜けたか?

    急いで回収、PEから切れている。
    どうやらサメか何かの鋭い場所に当たったようだ。
    サメの歯に当たったと思い込もう。

    その模様は
    https://t.co/bDSvFdipBq
    で。

    予備ロッドがないので、ラインを結びなおすしかない。
    あ、予備ロッドって必要なのね。
    超高速で、FGノットするも、すでにボイル終わり。
    ヒットルアー(?)はオシアペンシル115mm65gの相模湾仕様。

    まったく同じものをアマゾンで買っていたが、
    中古店で800円で売っていたので、買っていた。ナンピンは買い物の基本。
    いや、中古店じゃないな、キャスティング根岸店だっけ。
    800円のロストは痛いが、、、高い方(アマゾンで2000円で買った方)じゃないから
    いい損きり。

    しばらくすると、怪しい鳥山が、船の船団の真ん中で発生!
    ボイルと鳥の一番濃いところへ、キャスト、うまく落ちた!
    そして、巻くとグン!とアタリが!

    おりゃ!おりゃ!おりゃ!と3発、合わせ!
    「ヒットや!」と叫ぶ!
    リールのスプールがギューンと周り、糸が出ていく!
    同じだ!ビデオと同じだ!マグロだ!やったぞ!
    俺最高!!!



    船長「あー、お祭りだね」

    え?

    向こう側の船に向かって、ラインは横に伸びている。
    ルアーが空中に浮いている。
    向こう側の釣り人も一生懸命巻いている(笑)

    気が付いていない、、、
    しょうがない、ドラグをゆるゆるに、、、
    向こうの釣り人は「あ、切れた」

    切れたじゃないよ、俺が緩めたんだよ(笑)
    巻いてもらい、お祭りを解消して終了。

    ライン回収中に、鳥にひっかかる、鳥が水面を転がってくる。
    竿をゆすって解消。

    あとはクルージングして終わり。
    終了でした。
    釣り15分、クルージング8時間、こんな感じ。

    ということで、
    サメヒット1、鳥ヒット1で終わりです。
    船内マグロヒットすらなし。

    5人の中では
    サメヒット1、鳥ヒット1
    鳥ヒット1
    ノーヒット
    ノーヒット
    ノーヒット

    なので、俺が竿頭か?(笑)
    まあどうでもいいです。

    また来年!
    その時の船宿さんの日記
    「NEW!2017-08-22 14:48:00

    テーマ: Simplog

    今日もチャーター船で出船致しましたよ。

    今日の朝も前日のポイント方面へブラブラ下げて行くと手前のポイントで怪しい鳥が??????
    その後も周辺を待っていると鳥が固めてガサガサっと跳ねるチャンスが何回か出来ましたが残念ながらヒットしてくれませんでしたね??���

    その後も周辺を待っていると鳥が固めてくれるも、直ぐに沈んでしまいなかなか近付けさせてくれず苦戦しましたね????
    次第に鳥の動きも悪くなり大幅にポイントを変えて前日のポイント周辺を探しに行くも全然無かったですね????

    グルッとポイントを回って朝のポイントへ戻りますが全然ナブラに当たらず、何日か前に近場のポイントで跳ねを見れた周辺を見るもナブラに当たらず帰港しました。


    今日来て頂いた皆様、お疲れ様でした????


    と、残念賞。
    乗合はヒットまで行ったようです。
    乗合の方が良かったんじゃねー?

    何が辛いって、22日の釣果日記探している時に23日に
    連続ヒット!キャッチ!のブログを見ながらって、、、辛いわー
    悪い日に当たったようですね。ちぇ!

    釣れている釣りをしたいので、辛いなぁと。
    ナブラ2回しか見られなかったかー

    いろいろ試すとか無理。

    まあ概念はわかったし、マグロ釣りの全体が見えてきたので
    あとはライブベイト体験してみたい。
    今年はライブベイトアタリ年じゃないかな。
    ロッドはなんとかなるんだけど、リールが大変だ。
    8000番クラスで5号300m巻けるリールで
    ドラグが20kgくらい、って結構大型です。

    すると、ステラ、バイオ、ツインパ、ソルティガって感じになると思うんだけど
    それって、思考停止なので、別の道を探しています。
    高いじゃん!それだけ。

    ソルティガって中身中華なんだから、中華のでかいのの中に使えそうなのがあるはず。
    値段10分の1であるはず。そう思っていろいろ買って失敗してます(笑)

    じゃあまた!次回ライブベイト船でお会いしましょう!キャスティングはしばらくいいや!コマセも!エビングも!また来年!

    このページのトップヘ