クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。「ジェネリックルアー」という分野のパイオニアです。

    2017年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    176d310f.jpg

    ffbada1d.jpg

    305a6c30.jpg

    584074b2.jpg

    7fc56230.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    チャリでこけた、ふなです。

    足痛い、壁上れない、朝練行けない。トホホー。
    縄梯子作るか!よし、明日行こう。

    ということで、朝練の準備を進めていました。
    9.6ftMLのシーバスロッドではパワー負けしたため
    探すと中華から輸入した300cm(10ft)のMアクションの
    ロッドが、、、4PCロッドだけどまあ軽いし、パワーもある。
    たしか2400円くらい。

    ラインはずっとまえに買ったけど、こんな太いの使えるか!と思った中華PE。
    おそらく1.5??2号相当。12LBというのは最低保証なので、
    きっと18??20LBくらいあるはず。直径は中華方式なので嘘、長さはさすがにあると思う(笑)
    確か800円くらい。

    リールは4000番台がなかったので、適当な3000番台。
    LEAD3000という聞いたこともない中華リール。
    確か1800円くらいだったような。

    どうだ!オール中華セットだ。合計5000円いくかいかないか、その程度だと思う。
    国産の影も形もない。

    釣れるといいな。ルアーはダイソー100円。コスパ最高。

    釣り具なんか結局中華で十分だということを
    証明していきたい。
    魚は道具が高いか安いかわからないからね。

    これで、もう少し楽にイナダをキャッチできるのではないか、と思った。
    実践は足が良くなってからかな、、、

    まあたぶん行けるけど、無理はしないタイプなので、、、
    確実に縄梯子で行く方法を確保してから、挑戦しよう。

    若洲待ってろよ!

    日曜日にはボートでイナダを狙う予定なので
    明日ホゲても大丈夫(笑)

    準備としてダイソーのメタルジグにアルミを貼ろう。
    色は何がいいかな、、、
    トップコートは面倒くさいので、マニキュアのトップコートを使う。

    これでいいはず。

    じゃあまた!あ、そうそう、釣り人にしかわからない俳句を作ってみた!解読できるかな?!

    燈あかね(とうあかね)
    黄船紺白(きせんこんぱく)
    鉛銀舞(えんぎんぶ)

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1ce1ff26.png

    7eb378e7.png

    4621a6ad.png

    588fcdb5.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    大雨で朝練中止、明日に延期かなー、ふなです。

    素人が適当なものを作るとプロからダメだしをもらうことがあります。
    アニメとかで、どう見ても2ストバイクなんだけど、直4の排気音だったり
    反射型望遠鏡を逆に設置したり
    そういう適当な仕事をすると
    全然だめだよ!的な指摘を受けますね。

    そんな指摘をしたいと思います(笑)

    ヤフオクの釣り具担当者は釣りをまったく知らない人が作っている
    ことがわかります。

    ヤフーのページに時々出てくる広告。
    この広告内容がひどい。

    アニメーションなのですが、、、
    まず最初は、トローリングのタックルが登場します。
    おそらくナイロン30号とか1000m巻いているような
    トローリングリールにごつい、グラスファイバーのロッドです。
    アリゲーターでしょうか。

    そして釣り上げたのは、、、なんと、、、カワハギ!

    しかも、、、
    エサは、、、

    メタルジグ!!!

    何が釣りシーズン到来!だ!アホか!

    マジか、そんな釣法があったのか。俺が知らないだけなのか、、、
    誰もNG出さなかったんでしょうか。

    複数のチェックの目を通ってきているはずなので、
    これがリリースされること自体異常なのですね、、、

    まあデザイナーも担当者も釣りをまったく知らないということがわかります。
    せめて、、カジキマグロを釣ってくれ。
    譲ってカツオやシイラ。

    そして、最後のアニメーションは、、、

    ダイワのシーボーグに、ショアジギングロッドを組み合わせ
    エギとバイブレーションのセット!!!

    何を釣りたいのか。まったく不明。

    この広告がおかしいですよ、という報告窓口もない。
    なんだかなー。そのうち誰かが指摘して削除されると思うので
    今のうちに楽しんでください。

    まったく理解してないと無茶苦茶な組み合わせになるんだな、、
    というか、ヤフーはあまりいい人材がいないんだろうなぁ、、
    適材適所は出来ない典型的なダメは組織になっていると思う。

    社内で誰もおかしい!って指摘しないのかなぁ、、、

    ということで、ヤフーオークションの釣り具の宣伝担当は
    まったく釣りを知らない素人、というのが露呈してしまいましたね。
    ちゃんと知識ある人が作ろう。

    島田神助もワンピースをまったく知らないけど、ワンピースの主題歌書いた、とか言ってたなぁ。

    無知な製品はいろいろあるので、
    そりゃ駄目だよ、と突っ込みを入れることも多数。

    マグロ用のサメ除け製品でも、単純に、電池を投入するものとか
    磁石入りマグロリングとか、
    根本が分かってないだろ、というものが結構あります。

    テレビでも「やきいもをじっくり遠火で焼くんだ」といいながら
    アルミホイルで包んだサツマイモをたき火から離したところに
    置いていたりします。
    ※何が悪いかわからない人多いと思います。
    アルミは遠赤外線を99%反射するので、まったく焼けません。せめて新聞紙とか裸で遠火で焼け。
    そもそもやきいもをアルミ箔で包むのは水分を蒸気にして逃さないためで
    遮熱はするけど断熱はしないので、良く熱が通るためだし、、、まったくわかってないよなーとか。
    まあこれはプロレスラーの藤原組長さんがやってたんだけどね。

    水素水も同じで、効果がまったくないのに、、、、

    ってなことを考えるとせめて基礎技術は学んでほしいと思います。
    ルアーも同じです。
    なぜか釣れる、ということは科学的にあり得ません。
    理由が説明出来ないルアーは買う価値が無いんです。
    釣れた、というのは理由ではありません。

    少なくても動作原理とか基礎技術があって、その上に応用技術があって
    そしてようやく手順です。
    手順を実行したら結果が産まれるのです。
    このモデルのピラミッドは前から提唱しているので、ぜひどんな製品でも
    当てはまるのですから。応用してみてください。

    知ったかぶりは良くない。わからないものはわからないということでいいと思うし。

    ということで、明日の朝は状況がガラッと変わっているかもしれないが
    練習行こうかな。

    じゃあまた!面白い広告!VOWみたい!素人作品!またそれもよし!炎上狙い?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3f46bbe6.jpg

    065a1553.jpg

    d5f7d3c3.jpg

    a4ffcc60.jpg

    3cb20ec2.jpg

    e79a6064.jpg

    9dc14a01.jpg

    63dbc108.jpg

    f86dbbff.jpg

    05ad2717.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    上司遅刻しすぎだぞ。と言いたい、ふなです。

    上司が家庭の問題で、子供が入院とかなんとか、、まあいいや。
    そのせいで毎日遅刻してくる。
    「遅刻しすぎじゃないか?」と言ってやろうかと思う。

    8月に幼稚園が休みで、奥さんと交代で子供の面倒を見るために
    4月から7月まで有休使わず8月に3日有休使ったら
    「休み過ぎだ」と言われた。
    実際は4-6月に有休使ってない人は7月に1日休め、という無意味な1日消化があったのだが。
    自分の中では1年間でコントロールしているのにねぇ。
    休み取らな過ぎ
    休み取り過ぎ
    極端を嫌うのね。

    家庭が大変な時に会社から理解ではなく、冷たい言葉を
    言われたらどう思うかを身を以て体験してもらおうかと思っている。
    まあ言わないけど。
    何が働き方革命だよ、旧態依然じゃないか、と思っている。
    いい気味だ、というより、吐いたつばがそのままブーメランになった感じだ。

    そういえば、有給の申請欄に「ドラクエ11の攻略のため」と書いた
    申請書を1日じゃ足りないだろう、3日やる、と承認した上司の話があった。
    どうして許可したかというと、自分がそういう申請を出したら許可して欲しいから。
    というとても良い環境の会社の話があったっけ。
    うちはまったく逆のブラックですから。
    くそみたいな仕事を外注雇ってる人貸し産業だからなぁ

    まあそういうわけで、因果応報、ブーメラン、自業自得。なんといっていいか
    わからないけど、相手の立場に立って考えるということが出来るようになりたい。
    会社の仕事第一主義の時代は終わっていると考えた方がいいのではないかなーと。

    同じように私も消費者第一主義で考える。
    消費者にとって何が一番利益なのか、を考える。
    メーカー第一主義ではない。
    消費者ファーストである。

    さて、そんな前置きはさておき
    いよいよ、タチウオ料理である。

    使うのはしっぽ切れドラゴン2本。いや、1.5本か?(笑)

    初日はあぶり刺身、かば焼き、煮物
    2日目には天ぷら、ミリン干し、
    3日目に骨せんべいというコースで。

    刺身は前回から気が付きました。
    タチウオは皮が残るので、火を通すことにより、皮が軟らかくなり、脂が溶け
    いいことづくめ。子供たちも奪い合いでもっとクレー!と
    すまんのー、次回は大目に作るね!

    かば焼きは、かば焼き丼に出来る味付け。ちょっと濃かった。
    お好みで山椒か七味をかけるといい。白ごま振ってみた。

    煮魚は骨を使わなかった。
    良く考えたらしっぽ切れ固体なので
    しっぽ部分がなく、「しっぽ部分どこまで食べるか問題」は発生していない。

    タチウオの断面図は
    多くの釣り人は料理する際にこの断面図をいやというほど見ているはずなのに
    ここからヒントを得ていない。
    歯が鋭いとか鱗が無いとか、立って泳ぐとかそういうことは知っているのにね。

    それと、しっぽ切れの傷が治っている部分のアップである。
    骨が見えるほど、端は身が退化している。

    そして、1日目に魚干し網に
    ミリン干し、骨せんべい、を干した。

    ミリン干しは前回 popi に推薦されたので、作ってみた。
    あ、ここで popi と言ってもわからない人が大勢だけど
    語源をたどると昔ぽぴんずという女性お笑いタレントがいて、、、
    おっと、他人の黒歴史を紹介するところだった。

    私は案外「これいいよ!」と言ってもらうことはやっていたりする。
    聞き流しすことも可能だけど、せっかく教えてもらった情報は試さないと
    情報だけ覚えている、というのは知識ではない。
    実際にやってみて初めて知識と言える。

    干す時間がわからなかったが、3時間と半日と分けてみた。
    おいしかったらまた挑戦すればいいので、今回の数は少な目。

    それが2日目です!ミリン干しは3時間も半日もあまり変わらず
    どっちもおいしい!popiありがとう!ぽぴんずのライブ行こう!
    次回はもっとたくさん作る!

    そして昨日は骨せんべい(笑)
    失敗した、、、骨の乾燥は十分だったのに、油の温度は高すぎた。
    160度くらいでじっくりあげたかったが、揚げすぎでカリカリの焦げの味、、、

    次回は頑張ろう!ということで、
    3日間のタチウオパーティーが終わりました。

    次回はマグロパーティーになるといいな。
    その前にイナダパーティか?(笑)

    じゃあまた!料理は苦手!冷凍庫欲しい!奥さん欲しいらしい!冬のボーナスで買うか!やっほー!
    タチウオの天ぷら、かば焼きの残り、ミリン干し

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    54279c79.jpg
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    湾奥のカリスマも電気式エイガード使用中、ふなです。

    まさか村岡さんが電気式エイガード使用しているとは思わなかったなー。
    だって販売先リストに載っていないんだから。
    他社から出た話は聞かないなー
    考えすぎると、昔APIAが新しいエイガード作ると言っていたな、
    完成したので、そのためのネガティブ広告作戦か?とか
    電気式エイガードのフィールドテスト&宣伝してくれているのか?とか

    ネガティブにもポジティブにも捉えることが出来る。
    まったく真意が読めないので、
    これをアドバルーン記事だと思うことにしよう。

    つまりは相手の反応を知るための記事である。
    ここで、何ネガティブ広告してんだよ!というか
    宣伝してくれてありがとう!というか、
    反応をうかがう記事というわけだ。

    そういえば、うちのおばあちゃんが何でもネガティブに表現する人だ。
    60歳くらいの誕生日に包丁セットを送ったら
    「なんや!この年から料理勉強しろって意味なのかよ!、、、、ありがとう!」
    誕生日に胡蝶蘭を送ったら
    「なんや育てるの難しい花やな、私には無理やで、、、、、ありがとう!」

    みたいに、表現が下手か!という感じだった。
    なんというか、なんでもネガティブに受け止める人はいるんだなーと

    この世の中を何でも悪意に考えると、なんてすさんだ世界だろう、と思えるけど
    何でも善意に考えると、なんとハートフルな世界だろうと思える。
    物事には必ず2面性があるので、
    いわゆる、泣いても一生、笑っても一生、だろうと。

    そして私は、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、ということはなく。
    坊主は憎くても、いい袈裟はいいもの。と区別している。

    村越大御所は老害だ!と非難しても、セイカイコレクションは買ったし。
    fimoは終わりだ!と言ってもfimoフックは買ったり。
    別であると考えられるのである。

    そして電気式エイガードは効果があると発言していただきました。
    影響力はすばらしく、その日急に注文が増えました(笑)
    すなおに感謝したいと思います。

    悪意なら、製造で忙しくさせて俺を釣りに行かせないつもりだな!とか思うんでしょうか。
    善意なら、いいものはいい、と認めてもらった、わーいわーい。という感じでしょうか。

    そういえば、アクティブエイガードはコードの先が腐食するという
    クレームというか要望を受けて、ステンレス端子にして
    水没する!ということでコードも長くしました。

    今回もこのユーザーの声(村岡さんの声)を反映したいと思います。
    何を反映するか、それは来年のお楽しみ、ですかね。

    もちろんアクティブエイガードそのものは変わりません。
    内容も変わりません。なぞなぞのような記事ですね。答え合わせは来年ね!

    前にも書いたと思うんですが、アクティブエイガードの一番最初のきっかけは
    釣りビジョンのシーバス研究所の藤澤さんが関東に来るという番組の回で
    私のホームでエイにビビッて本来の釣りが出来なった、この困った、を解決したい、という
    ところがスタートになっています。

    そして、いろんなモデルを組み合わせて最適なプロダクトを
    提供したいというところなのですね。

    その藤澤さんにもご縁がありまして、アクティブエイガードMAXをお使いいただいているので
    問題は解決できた、と信じたいところです。
    今シーズンは関東で爆釣して欲しいな。
    アーダ釣れるよ。

    ということで、電気式エイガードのシェア100%の私からお送りしました。
    初浸かりは10月の頭を予定。
    今年もランカーくじ引くぜ!

    このランカーくじ引く、という表現。
    実は言いたいのは「あなたが手を突っ込んでいるくじの山の中にアタリはあるのか?」である。
    youtuber のヒカルさんでしたっけ?テキヤのクジにアタリがないことを動画にしたのは。
    それと同じで、くじを引く山の中にアタリが入っているのか?ということを
    良く考えます。
    例えば、マグロの釣りであり、乗合であれば、本船と別船であり、船宿そのものであり、
    また、ポイントであり、時間帯でありと。
    オフショアの釣りをやると、今日はアタリの船だった、外れの船だった、ということがあります。
    アタリの出ない船に乗ると、どんなにがんばってもアタリは出ないのです。そう、外れの船です。

    いろんな船に乗ると、本当にポンコツレベルの船長がいます。
    まず船宿がハズレ、というやつです。
    具体的な名前を出すと、赤羽根港のルアー船、丸万とかポン助とかの午後便、ですね。
    伊勢湾というポイントにすら行かないのですから(笑)
    東京湾だと、北いや、西いや、東いや、、、、、、、とか。吉野屋の対岸の、、、、、、、とか。
    ハズレの山にはアタリはほとんどないんですから、、、
    どっちかと言うと、アタリがたくさんあるクジの山に手を突っ込みたいじゃないですか。

    それが今年の夏の相模湾のマグロだったり、タチウオだったり、イイダコだったりするわけです。
    今年は当たり年、挑戦する価値あるぞと。
    これが私が「釣れている釣り物に行く理由」なのです。
    ということで、10月の4,5あたりに行く予定立てますか。
    バースデーフィッシュ釣りたいものだ。
    10月には誕生日休暇を取らないといけないので、、、無理やりな理由ですね(笑)

    おっと、話が脱線しました。

    お求めはこちらからクラウドルアーズモール

    じゃあまた!アクティブエイガードが売れてる!うれしい悲鳴!眠い!生産追いつくのか!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a09d6b55.jpg

    c2fbb729.jpg

    98c33fb8.jpg

    98c68d62.jpg

    3a764ba1.jpg

    d4ed08ce.jpg

    38cf08ac.jpg

    9b2fd89a.jpg

    36447896.jpg

    18ceeec8.jpg

    238c6fad.jpg

    3e911df2.jpg

    eba5c27f.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    なぞなぞのようなタイトル、ふなです。トップ画像がすべてを物語っているが、、、

    さて、24日にサンスポのバリバスタチウオの大会に出場してきました。
    去年はいい感じのプラですが、BIG1が取れずに、参加賞。
    今年はドラゴンパターンを試すのだー!といきまいて参加。

    ルアーのドラゴンパターンは大体道筋は見えたので、
    エサでも行けるかなーと思って、応用してみたわけで、、

    ってなわけで、前日に使用するロッドテストで
    40号と60号のオモリとつけて比較していたんだけど、、
    使用予定のDEEP用ロッドが、実はいつも柔らかい!とシャロー用にしていたロッドと
    同じ曲がり具合ってことが判明して、さあ困った。
    DEEP用ロッドっていうか、前回のタチウオの大会で折れた竿の代わりに使った
    スピニングロッドにベイトリールという組み合わせ。
    60MLだから案外硬いのでは?と思って、試すと柔らかいロッドと同じだった。
    バス用の66MLだからなのか、、、

    困ったなー60号以上のオモリを背負えないぞ、、、
    いや背負えないことはないけど、もっとパワーが欲しい。
    そこで、もう使わないバスロッドの在庫を見ていると
    ブルーダーの66MGCがあった。66Mの硬さでグラストップ、食い込み重視。
    あ、これのグリップ延長すれば、いいんじゃないの?
    と、相変わらずバスロッドのグリップ延長作戦を急遽
    22:00頃から開始する。
    23:00には寝たいのに。

    折れたシーバスのロッドのグリップを、バスロッドのグリップの底に
    継ぎ足すのである。
    まずは延長するグリップ作成。
    EVAを剥がして、マジックソーでカットする。
    そのまま入るかと思ったら、案の定、太かったので
    大型カッターで、削って細くしていく。

    室温はそんなに高くないと思うけど
    アドレナリンが出るのか興奮して、汗が噴き出てくる。
    不思議だね、そういうことがよくある。

    ギリギリ通るようになって、エポキシ接着剤で、グリップを接着
    延長して完了。明日の朝までには接着されているだろう。
    使い勝手?しらん、明日使ってみる。

    こんなことばかりしてオフショア用のロッドが作られていく。
    折れたロッドもこんな風にリメイクしていくのだ。
    しかし、EVAにコルクを継いだり、コルクにEVAを継いだりしているので、
    統一感は全くない。長いグリップ、という機能が必要なのだよ。
    タコベリでも折れた、ゴミのような竿を捨てないで売って欲しい、200円くらいで。

    通常は2本の竿を用意し、予備リール、予備糸を持っていくのだけれど、
    そのままロッドもセットすれば荷物減るし、使用する竿の選択肢増えるし、という理由で
    持っていったら、やっぱり荷物多かった。

    5時起床で6:00集合、近所の船宿は近くて便利。
    席は抽選。19番、あ、ミヨシの方かな?

    23号船の吉久丸だが、座席表示がファンシーな感じになっていた。トイレもね。
    でもアイロンビーズは基本ポリプロピレンだから接着がうまくいってないのか
    結構、取れてたね。

    吉久はこの日はタチウオ3隻出し、
    大会用の船、乗合1、乗合2、と3隻出ているが
    自分がどの船に乗るのかわからない人が続出。
    なんで、同じ番号のキャップがあるんだよ、
    色が違うよ、この色はどの船だよ、と大混乱(笑)
    船にキャップの色を書いておくべきだ。

    しばらくすると、
    爺「あんた何番?」
    ふ「19番す」
    爺「席変われよ、若造!、俺はここがいいんだ!」
    ふ「は?どこと変われって言うんだよ、くそじじい!」
    爺「1番!オオドモ!」
    ふ「変わりま??す」
    ※かなり脚色しております。

    ということで、出発直前にオオドモへ移動。

    7時出港、8:30第2海保の沖に移動して開始、水深70mで60??70mあたり。
    下から10??15mくらい。終日そんな棚。

    オモリはわからないので、40,60,80と用意してきたが
    まずは60号をセット。
    今日は終始この60号で良かった。

    仕掛けは1本針2mというオーソドックスなもの。
    まずはF3のパターンを探る。

    なんだけど、思ったようにバイトがない。
    あっても、ショートバイト。
    うーん、今日は活性が低い?

    ということで、プラもしていないので、どういう状況か見えにくいが
    パラパラと近所の船は釣っている感じ。

    しゃくり方を変えて、F3をなんとか2本釣った。
    よし、ボーズはない。じゃあドラゴンパターンを試すか。
    で、ドラゴンパターンを試していく。

    なんだけど、やっぱり活性がわからないので、
    このパターンで押し通すメンタルが、、、

    釣れないのはいいけど、ドラゴンがこれに反応するかは未知数なので、、、
    なかなか釣れないけど、釣れたらデカいのか、そもそも釣れないのか、、、
    難しいなぁーと。

    釣れない時間が続く、周りはぽろぽろ釣っているし、
    船内120cm釣れたというアナウンスもあるのでますます自信がなくなる。
    目の前の中山丸では朝一に130cmを釣ったというシーンも見たので、
    自分の信じるパターンは通用しないのでは?という思いも巡ってくる。

    少し修正して、気持ちを入れ替えるために、
    昨日作ったばかりの66MGCベースのロッドに変更してみる。
    なるほど、同じ60号を背負ったとしても軽い、そして高感度だった。
    しゃっくたあとのオモリの暴れ具合まで手に伝わる。
    しゃくりが楽、これなら80号でもいけるか。

    ロッドを交換して、相変わらず70mとかで下から15??20mアタリを探る。
    そして、ズン!とネガカリのようなアタリ、あ、これは大きいやつだ、と分かる。
    水面に見えると、F4くらいありそうな、タチウオ。
    これをグインと抜きあげる。。。。
    ん???
    短い、、、

    なんとしっぽが切れている。
    えー、子ドラゴンなのに、、、1m以上確実にあったであろう、F4の魚。
    さらにしばらくして、ドスンとアタリ、重い。

    途中でドラグが出るくらい、これは期待、、、と思いきや、、
    ん?
    また!!

    またしっぽ切れ固体である。

    マジかーまたかー

    その後、「外道」でF3が何本か追加。
    合計8本となりました。
    数は望めませんが、ドラゴンは混じります。
    大会用の釣りってことですねぇ、、、

    ドラゴンパターンでF4,F4.5は仕留められたけど、しっぽ切れ固体という、、
    記録上はF3の90cmくらいなので、まあ下の下ですね。
    13:30終了15:00表彰式開始
    船内2位で104cmとかなので、メーターあれば期待できる。
    きっとF4.5はトロフィーフィッシュだったはず。
    16:00終了
    17:00寄港、こんな感じ。

    なので、ドラゴンパターンは有効、と思いたいのだけれど
    いまいち検証不足なので、次回、来年かな、、、は、
    エサのドラゴンパターンが成立することを確立したい

    ちょっとまだ、不安定要素があるので、、
    1つは、しっぽ切れ固体だったのだが、
    釣れてくる途中に切られたわけではなく、そこから回復して
    時間のたった個体であることが
    料理をしている最中に発覚した。

    つまり、しっぽ切れ固体を優先的に釣るパターンなのか?という疑問は残るのです。
    しっぽ切れ固体がしっぽを切られてから時間がたっているということがわかったのは
    ・切り口が完全に塞がっている。
    ・切り口付近の筋肉が委縮している
    ・背骨に触れるほど筋肉がなくなっている
    ・胃にはベイトがある

    ということで、しっぽが切られても長い間生きていたことがわかった。
    今回のパターンがしっぽ切れパターンではないことを祈ろう。

    これで、今年のタチウオ釣りは終わりかもしれないですが
    また来年に向けて今年の悪かった点を改善していけば
    ドラゴンパターンは確立するかもしれない。

    ちなみに今回のパターンはM1,T1というオーソドックスな方法。
    まだまだ埋めないといけないパターンは多いので、完全確立するまで何年もかかりそうである。
    でも、70mを手巻きは結構つらい。
    電動リールを使う手法になるかもしれない。

    芯は同じ方法なので、電動になっても検証は可能かな。

    じゃあまた!料理は明日!いろいろ作成中!あと探見丸について心配事も!

    このページのトップヘ