クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2018年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    133279af.jpg

    8d013b6a.jpg

    8337a043.jpg

    b48e995f.jpg

    245d4ce7.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    自分でも行動が早いと思います、ふなです。

    アジングでチタンティップが良い、という話が出た。
    そういえば、吉見製作所のチタンティップがあったな、、、
    作ってみるか、、、

    と、構想を練った。10分くらい。

    そもそも市販のロッドにチタンティップが少ないのは
    ダイワが特許を取っているからである。

    チタンティップが欲しければダイワ製を買え、という傲慢さがある。
    そこであきらめるような私ではない。

    無いものは作ればいいのだ。

    方法としてはいろいろある。
    アプローチ方法はいろいろで、
    1、チタンティップを買ってガイドを付ける
    2、中華製を買う
    3、BTOで作ってもらう
    4、アジングロッドのビルドキットを買う

    とかいろいろ方法はある。

    BTOっていうのかどうか知らないけど、
    オーダーで自分好みのロッドは作ることが出来る。

    中華製でもティップが売っている。
    2000円くらいかかるけど、綺麗にガイドがついているから
    成功したら、購入を考えてもいいなと。


    その前に、根本的な疑問があって
    「チタンティップがすごいのか」「そのロッドバランスがすごいのか」の
    疑問がある。

    ロッドバランスがいい、チタンティップじゃなくてもカーボンチューブラーでもカーボンソリッドでも
    グラスソリッドでもいいのなら
    特にチタンティップでなくてもいい。

    が、素材としてチタンティップがいいというのなら機能であり素材の
    ポテンシャルがいいのだから、これは試す価値がある。

    実は前々から、金属を使ったロッドは試作を重ねてて
    オール金属のロッドとか作ってみてた。

    なんだけど、狙っている硬さが出せなくて、頓挫してた。

    しかし、今回作るのはアジングロッドである。
    0.8gのジグヘッドの扱いが良ければ、それでいいのではないか?
    驚異的な感度があればいいのでは?
    ということで、実験的に作ってみた。

    思い立ったら行動は早い。
    ロッドビルダー、と言っても私の場合は穂持ちを作るだけなんだけど
    それだけで、いいと思っているのです。

    全部の部品を買う必要もないし、失敗しても作った穂持ちだけ捨てればいいので、、
    全部が無駄なる必要がないのでリスク管理のみであるところだ、、、

    ということで、まずはベースのロッドを選択する。

    アジングは50g以下という驚異の軽さの世界なので
    まあそこまで行かなくてもいいから、100gを切ればいいや。

    ということで、ベースに選んだのは、メバルロッドである。
    MOON WALKERというもう使っていないメバルロッド。
    このロッドは2PCなので、グリップ側のロッドを利用する。
    これに差し込むティップ側の穂持ち、を作ることになる。

    そして、その先にチタンティップをはめ込めば
    チタンティップのアジングロッドが完成するはずである。

    チタンティップにはすでにガイドが取り付けてあり、白く塗っていた。
    なんで白く塗ったか忘れたが(笑)
    夜に見やすいため?

    使用したチタンティップは最大の50/8/15 というタイプ。
    2500円もした。大きいし重い。

    実際アジングに使うには、ヘビーすぎるはず。
    まあいいや、感度がいいんだろう。
    もし、自作するなら、もっと小さくて軽い
    12/7/10 で1000円くらいのを使うといいと思う。
    16-06-12(SABALO ORIGINAL) 2300円くらいするけど、気合いれるならこれかな、、、

    ガイドはトップガイドがヤフオクで200円くらい。
    途中のガイドは中華で10個300円とかで大量に買ったやつ。

    ガイドの在庫は沢山ある。種類はないけど、、、
    古いロッドのガイドも残してあるので
    いつでも思い立ったら、穂持ちを作るだけで、オリジナルロッドが完成する用意はしてある。

    あとは古いロッドもカーボンを部品で使うので、ゴミみたいなカーボンも残してある。
    将来ゴミ屋敷だな!

    穂持ちは、古いバスロッドか、折れたシーバスロッドを使った。

    軽さを追求するのなら、ヘラ竿で8尺とか7尺のものをベースにするといいと思うんだけど、、
    カーボンが柔らかいのはいまいち。
    硬い40tカーボンで、バット8mmくらい、先端1.1mmくらいのものがいいと思うが
    クソ高い!!!13000円くらいする。
    まあSABALOで買えばいいわけだけどね、、、

    そこまでお金出せないので、ありもので、作ってみるのだ。
    バランスなんか関係ない。

    チタンティップの機能を見るのだから。

    ということで、穂持ちはメバルロッドのグリップ側に差し込むように作り
    チタンテイップを先端につければ出来上がりだ。

    いや、簡単すぎるのはどうかと思うが、これが一番早い。
    メバルロッドのグリップ側にはガイドが1個あり、穂持ちに4個ある。
    あとはティップにもガイドがある。

    これでチタンティップのアジングロッドが完成する。

    穂持ちだけを作るのをロッドビルディングと言っていいのかわからないが
    まあこれで、使われないメバルロッドがアジングロッドにリメイクされた。

    この穂持ちとティップがダメダメなら、やめて元のメバルロッドとして使えるのです。

    ここで気合入れてアジングロッドを作ったところで、
    それに合わせるリールがクソ重たいので、
    40gのアジングロッドに300gのリールじゃ、、、という話になる。
    やはり160g程度の軽量で高級機種が必要になり、
    お金がかかるので、そこはあきらめよう。

    ということで、一晩エポキシを塗った穂持ちをくるくる回して
    今朝、完成。あ、正確には穂持ちにティップを付けていないので完成とは言い難いが、、、
    瞬間接着剤で固定すれば今夜にでもアジングにデビュー出来るだろう。

    感度がいいかどうか、実力見ることが出来る。

    ということで、コンセプトプロトタイプのチタンティップアジングロッドは完成です。

    使いやすいかどうかは別問題だけどね!
    重さも100g超えている気がする(笑)
    あとで重さ計ろう!

    ということで、誰か折れたアジングロッドくれ!チタンティップに改造したいわ!
    あんな激細カーボンロッド、折れまくりじゃないのかな。と想像する。

    じゃあまた!リールは95アルテグラ1000DH!重い!エステル0.3号!2000番台のリール欲しい!買えないけど!



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    4351d7fd.jpg

    f0cbd26d.png

    9ddcd9a9.png

    0f32cec9.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    世界を相手に買い物する、ふなです。

    いや、別に大したものではない。
    世界のPCB基板工場の見積もりを取っているだけなんだけどね。

    seeed studio -> elecrow と乗り換えて使ってみたけど
    その elecrow の送料で china post が消えた。
    おかげで、20ドルくらいの製品を頼むのに、
    送料も20ドル、という、バカげた送料になっていた。

    この傾向は同じで、Fusion PCB も安い送料が選べない。
    elecrow も安いPCBを選べない、ということで、困っていたのだった。

    別の業者見つけるか、、、と思ってぐぐっていたところ
    pcbway が安い送料があった。本体価格は同じように20ドル程度。
    でも送料が6ドル!これは安い。

    問題はガーバーファイルの方式だ、と思ったら
    Fusion PCB , elecrow と同じフォーマットが使える。
    つまり、そのまま乗り換えられるということだ。

    基本的に試作の工場なので、確かに送料が高くても早く欲しい、というのはわかる。
    でも、俺の場合は急がないので、時間がかかってもいいのである。

    で、他のWEBとか見るんだけど
    品質に関してみんな厳しすぎるなぁと思う。
    シルクが見えない、ズレるとか、そんなもん提携工場ガチャだろう。
    シルクなんてお化粧だ。

    問題はロジックエラーさえ、起こしてなければいいんだよ。
    つーか、5ドル程度のものに国内の10万円レベルの品質を求める方が間違っていると思うぞ。
    そう思います。
    ルールギリギリに作るってことは、ちょっとずれたらエラー起こすので
    余裕を持った設計しないとダメなんだよね。
    わかってないと思う。

    ということで、さっそく注文です。
    Fusion pcb もelecrowもpcbwayもフロント企業なだけで、バックエンドの工場は
    どこも同じ設備なんだから、品質云々言う方がおかしい。

    ということで、注文しました。
    今までと同じガーバーファイルをUPLOADして
    paypal で支払って完了です。

    まずは5枚お試しで7ドルでした。
    fusion pcb もお試しやってみた。
    さて、届くのみて決めようかな、、、、と思ったら

    どうやら発送後に、ロストした!返金する?作り直す?と聞いてきたので
    作り直しで!と連絡。

    その後に、発送したけど、やっぱり見つかった。次回注文してくれたら
    見つかったの同封するよ、とあったので
    20ドル程度の注文、送料6ドル。安いね!

    で、しばらく待ちました。
    無事到着!
    他社は大体プチプチ+中華黄色封筒なのに
    pcbway はわざわざ段ボールの小箱に入れてくるのね。

    10枚頼んだが、11枚届く、まあまあいいか。
    1枚使い物にならなくてもOKなように。
    シルク面なんかみてない。レジスト面が抜けているところあるけど
    まあご愛嬌。
    きっと基板を作る人からみたら、レジスト抜けてるぞー!作り直せ!って言うんだろうな。
    基本的に基板ってロジックエラーさえでなけりゃいいんだろ?って
    考えて作られているところが多い中華企業なので、
    目くじらたてるものじゃなし。
    そういうところだと思って付き合うようにしないとね。

    そういえば、おまけしてくれると言った、前の見つかったやつって
    同封されてないぞ(笑)
    なんだよ!ちぇ!セールストークかよ。

    この時点で、お試しで頼んだ fusion pcb がまだ来ない(笑)
    発送遅いなー fusion pcb

    問題はロジックエラーが無いか、だけです。
    というか、設計段階で、ルールギリギリではなく、
    結構余裕を持たせているので
    銅箔面が干渉したり切れたりすることはないように
    設計しているし、なにせ、普通は1か所でいいホールスルーとかを
    何か所にも予備を作っているので、
    なるべくロジックエラーが出ない設計にしています。

    仮に90%の確率でホールスルーが成功するなら
    2か所で99%。4か所で99.99%、8か所で99.999999%の成功率になります。
    確か、10か所程度ホールスルーしているので、まず上下の回路がつながっていない!という
    ことがないようにしているんですよね。

    さらに予備の回路も組み込んでいるので、
    あ、失敗している、となっても改修できるように設計してある。

    品質はまあ同じようなもんだと思います。
    極端にいいとか、悪いとかじゃなく、低いレベルで安定している感じです。
    日本の業者に頼んでいる人が中華企業に出したら、なんじゃこのシルクのズレは!って
    怒るかもしれませんね。

    まあ私は気にしないですけど(笑)
    ということで、実際に部品を装着して、ロジックテスト完了。
    10枚すべてエラーはありませんでした。
    1枚は予備で取っておこう。

    ということで、今のところPCBの最安値はPCBWAYということになりますね。

    メモ(商品+送料=トータルコスト)
    Fusion PCB 19.60 + 21.18 = 40.78 USD
    elecrow 19.60 + 22.84 = 42.44 USD
    PCBWAY 20.00 + 6.00 = 26.00 USD

    まるで携帯3社のようです。
    最初、激安の送料で顧客を確保してから
    送料値上げで横並び、という、、、まあわかるけど。
    pcbway がこの先 china post とか singapole post を採用しなくなったら
    同じような価格帯になってしまうので
    またPCB発注先を頼む旅に出るのですが、、、
    それまではしばらく pcbway でいこうと思います。

    なかなか個人で基板を作って発注することをしている人は少ないと思うのですが
    まあこんな感じです。

    基本は、、フロント企業はどこでも結局バックエンドの工場は
    提携している中華企業。
    これは日本の会社でも同じ。
    日本の企業はDHLとかFEDEXを使って特急便仕上げで発注しているだけ。

    フロント企業が安い送料の会社をロストが多い、という理由で切ると
    他のフロント企業がchina post ,singapole post を使って台頭してくる。
    という、ことかな。
    なので、china post,singapole post の追跡あり、で送ってくる企業を選べば
    安く出来るはず。DHLとかFEDEXは使う必要なし。まあ急いでいるなら別だけど、、、

    という結論に至っております。

    じゃあまた!設計図がモノになるのうれしい!モノつくり楽しい!動くともっとうれしい!



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    0f375be8.jpg

    7b756138.jpg

    213271bf.jpg

    4de2fb59.jpg

    f7678bb7.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    どきどきする釣り番組を見た!、ふなです。

    WOWOWの誤判対策室を見てたら
    見慣れたビルが登場していました。
    あれ?
    いつもなら、

    ??先日、??△△△ビルで行われた撮影の放映予定等を共有いたします。
    ・WOWOWドラマ「誤判対策室」 (本日放映)
    詳細は添付をご覧ください。

    みたいなアナウンス出ると思うんですが、、
    今回出なかったような、、、
    WOWOWだから?

    なんだかなー。まあいいわ。
    それはさておき

    GWは釣り番組をいっぱい見てたのですが、その中でENJOY FISHINGが
    一番どきどきしました。
    マグロでもシーバスでもBIGBITEとかでもなく、ENJOY FISHINGです。

    知っている人は知っていますが、
    ENJOY FISHINGは外国人が日本の釣りに挑戦するという釣りビジョンの釣りバラエティです。

    本日のお題は、「若洲海浜公園で釣りしよう!」です。
    いやードキドキしますね!
    え?俺だけ??

    そう、知っての通り
    http://crowdlures.blog.jp/archives/62230439.html
    知ってた?「外国人はコマセ禁止」という法律

    があるからなんですね!

    もうドキドキでリーチです!
    激熱!

    番組に登場するのは「メキシコ出身」という女性のマリアナさん。
    日本在住6年で、まだ帰化はしてないだろう。
    外国人という定義に当てはまるぞ!

    パチンコで言えば第一リールが7で止まった感じ。
    うむ、フィーバーまであと2つ!!

    危ない!危ない!放送しちゃうのか!やっちゃうのか!どうだ!

    さらに、釣りを教える先生としては
    さかな芸人ハットリさん。
    「大漁!」という持ちギャグを駆使して
    さかなを釣るわけですが、、

    若洲で釣りならコマセのサビキやっちゃうよね!
    もう、アウトな絵が流れてしまうのか!
    違法動画を堂々と放送してしまうのか?
    お蔵入り決定にしてしまうのか?
    若洲に来た時点で77と2個そろって、リーチ!!!です!!!

    と、もうドキドキしながら目が離せません!

    まず売店でタックルをレンタルして、釣り開始です。
    最初に、イソメを使って、釣ります。

    うむうむ、まだコマセは登場しないなぁ、、

    次に、同じく胴突きにオキアミを1匹がけで釣ります。
    うお!オキアミ演出キター!!!
    あとはコマセ!コマセ!
    オキアミの大きいのはいいから、細かいの!来い!冷凍の!!

    が、ここでもコマセは登場せず。
    じりじりと釣りビジョンの焦らしプレイは続きます。
    先走りするわ!!!

    パチンコで言えば、77リーチで
    発展リーチで激熱だろ!
    もう、ガンガンガン!って6が叩かれて、下から7が見える画像に近いだろう。

    そして、お待ちかね!!!
    ついに来たよ!
    「サビキ釣り!!!!」

    うおー!!!
    777が揃いそうだ!!!
    来たー!!
    キター!!!
    サビキ仕掛け来た!!!!
    7か8かどっちやー!状態!
    もう7だろ!7だよね!

    コマセカゴ!来い!来い!来い!アミエビ来い!来い!
    7来い!7来い!

    どうやー!!!
    確実にアウトな映像を垂れ流しやがれー!!
    俺のHDDレコーダーにDR画質で保存されやがれ!!!

    仕掛け発表!!!
    サビキ!!
    来い!
    来い!

    ん?

    あ??

    これは、、、、

    あー!!!コマセカゴがなーい!!!
    コマセなしで釣ってる!!
    マジかー!!!!
    778、残念なのかー!!!!

    いや!まだわからん!!
    パチンコはまだまだ回りそうだ!まだ完全に止まっていない。
    釣れないからコマセカゴを付けるかもしれん!

    ここから逆転のコマセカゴ登場だろう!!

    うぉー!!!
    泳がせでアカエイ釣れた、とかどうでもいいんだよ!!
    余計な発展アニメーションとかいらないんだよ!!!

    あー、もう料理コーナーか!!!
    エンディング前の、ダイジェストでちらっと、実はコマセカゴ付いていた、とか
    大逆転の映像を流しやがれーーー!!!
    どうや!!
    スタッフロールの後ろの絵!
    イソメじゃなく!
    サビキだよ!
    そうサビキ!
    ああ!同じか!

    うぉーーー!!終わった!
    きちんと法律守ってやがった!!
    くそーーー!!!

    外国人、若洲、サビキ釣り、と条件はそろっていたのに!!
    見事にかいくぐりやがった!!

    ちくしょーーーー!!!

    ということで、釣りビジョンのENJOY FISHINGは
    法律を犯すことなく、無事に外国人が若洲でサビキ釣りを楽しみましたとさ。

    おしまい。

    あー!ドキドキしましたね!!
    こんなにドキドキしたのは、釣り番組では初めてかも。
    60分アドレナリン出っ放し。
    非常に見るのに疲れた番組でした。
    パチンコのリーチアクションが60分連続している感覚。

    え?俺だけ?

    スタッフGJ。ハットリくんは知らなかったろうな、と思う。逆かもしれないが、、、

    じゃあまた!注意書きが無かったのは残念!外国人のコマセ禁止の注意喚起は必要!勘違いする人出てくるよ!



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ff60eb11.jpg

    a5624362.jpg

    c2b59f72.jpg

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    GWはチチブ1匹!ふなです。

    海でカニ釣りした時の外道です、、、
    なのでGWの成績は
    アジング:0匹
    カニ釣り:2匹、チチブ1匹
    という、貧果でおわりました。

    来週はキスしたい!Rの法則でキスしたい!書類送検!ということで
    キスに行きたいと思います。
    木更津あたりで釣れだしたらしい。

    じゃあGWは何をしてたのか?というと
    ビデオを見ていました。

    ひょんなことからアマゾンのプライムに1か月だけ入ったので、
    プライムビデオを見てた。
    正直、あまり見たいものがなかったが
    ぜったい見てやると思っていたのが「戦闘車」と「ドキュメンタル」です。
    知っての通り最近「リアルカイジGP」のロケに参加と
    ネット企業の動画コンテンツはいかほど?というチェックをしたかったので、、

    まあ結論から言うと「未だに昭和」という感じでした。

    戦闘車とは、、、
    ダウンタウンの浜ちゃんとジュニアのチームに分かれて
    車をぶつけて戦う、とかそういう番組です。

    アマゾンでやることになったので、
    どういうものか、気になりました。

    元高級車をぶつけて、壊す、そういう感じでしたね。
    元、というのは高級車ですが、市場価格は100万円以下のものばかりなので。
    おそらく修復歴あり、10万キロオーバー、金融車、そんなものを集めた、昔の高級車です。
    廃車置き場から持ってきたような車。

    なんとか磨いて動くようにした、そんな感じでした。
    動画が約50分にわけて5話くらいになっている。
    最初の1話は登場シーンだけで1話使う。
    誰が登場するのか、なんていうことだけだ。
    とは言ってもドッキリで自分の車を買うところから始める。

    なんだけどこれがセコイ。
    尼崎インターの人がFUGA買うんだけど、本体価格37万円とかだ。
    乗りだし50万円。おそらく予算はそのくらいなんだろう。
    全部で12台登場したけど、単純に600万円分だ。
    600万円といえばすごい高いかもしれないが、
    地上波の60分番組の予算が300万円くらいなので、
    50分*5話なら600万円分の車を買うのはむしろ安い、部類になる。
    実際にはセットやギャラとかもあるので、一概に言えないが、とびぬけて高い予算ではないということだ。

    だからアイデア勝負なのである。
    だけど中身は残念ながら台本通り、という感がひしひしと。

    途中で早送りしたくなるほど、単調だった。
    徐々にぶつけたり壊したりしていく。
    最後は逆転で優勝!みたいなその辺にある良く出来たストーリー。
    極楽とんぼの山本も登場で、「アマゾンさんは俺はモザイクなしでいいんだよ!」と
    ブチ切れるところがうーん、、まあいいけど。

    中身は完全に昭和のバブルの頃の動画、と思ってみればいいかも。
    現在の地上波のコンプライアンスでは無理なシーンがいっぱいなので
    ネット動画だからみられる、というのはまあ評価出来るかもしれない。
    いや、コンプライアンスというか、車を壊す、のだから、車メーカーの反発にあい
    「広告出稿止めるよ?」的なものがないだけだ。
    忖度がないだけだから。

    だからこそ逆に地上波は「ネットで何でも買える時代に店舗でしか買えない激レア100選」的な
    ものなら絶対にネット企業の動画のテーマには出来ない。
    ネット企業ではアイデンティティの損失のなるから。
    地上波はその視点で番組を作るべきだろう。
    「ハッキング講座」「ネット銀行の危険性」「アマゾンで損した企業」なんていうテーマは
    ネット企業の動画テーマにはならない、ということだ。

    なので、まずは戦闘車なんだけど
    戦闘車つまらない。

    次に、松本ひとしのドキュメンタル。
    お笑い芸人を集めて、笑ったら退場というルール。
    参加費100万円で、優勝したら1000万円+松本から100万円=1100万円
    という笑わしあいの芸人ならではの動画だ。

    これも50分*6話*5シーズンという
    結構な容量を食う動画なのだが、、
    評価は完全に分かれていた。

    えーと、全部見たんだけど、、、
    なるほど評価が分かれる理由も分かった。
    1話はまるごと登場者の紹介で使われる。
    なんだろうね、アマゾンさんは、人物登場だけで、1話使い切る病にかかっているのかな。
    地上波の編集なら3分で終わるものを延々と登場シーンを残している。
    無駄だなーと思っているので、これから見る人は1話はスキップすることをお勧めする。

    中身は「笑ってはいけない」の焼き直しなのだが、
    ゲラの芸人を集めるのに苦労しただろうな、ということが見て取れる。
    わらったかどうか、の判定にビデオの巻き戻しをつかったり
    松本自体が笑ったシーンを見つけられない時のために
    手元には笑ったランプがあった。スタッフが芸人1人に対して
    1名貼りつきで確認しているのだろう。
    赤いランプが光った時点で、松本が赤ボタンを押して
    誰かが笑った、という判定をするのにいちいち進行がストップする。
    そのサブの部屋とスタジオが少々離れているので、
    登場するまで間延びしている。→10秒のアイコンを2回押せるほどだから
    20秒くらいかかっている。テンポが悪い。

    笑いの判定も松本が下すので、イエローカード、オレンジカード、レッドカードと
    1人最大3回まで笑ってしまうことが可能。もちろん一発レッドカードもありうるし、
    微笑み*3回でもレッドカードである。
    この基準があいまいだけど、なんだかなーである。

    で、笑ったかどうか、見ているこっちも判定したいのだが、
    松本の笑い声がずっと、音声に乗っているので、
    見ている側からは良くわからない。
    せめて左右チャンネルで音声を独立させてほしいわ。
    カメラも追い切れてない。

    中身は「笑ってはいけない」の焼き直しで、
    ネタはスタッフが仕込むのではなく、登場する芸人が仕込む。
    そのため、ネタの質、量ともに、圧倒的に少ない。
    モノネタとか写真ネタとか、手作り感満載だ。
    まあ、この辺までは許そう。

    おそらく子供でも見られる、ここまでならば。
    問題はその先で、結局芸人同士が笑わせようとすると、
    「下ネタ」に行きつく。

    順番は覚えていないけど確かこんな感じ
    シーズン1はジミー大西のキ〇タマを掃除機で吸って、痛い!痛い!と言って笑って脱落
    シーズン2はオードリー春日の包茎のチ〇チンの皮からキャラ消しゴムが出てきて笑った脱落
    シーズン3は地面に落ちたラーメンをゲロみたいにしたのを2人が食べあう笑って脱落
    シーズン4は大島(女)が肛門に空気を入れてオナラするぞ、という準備段階で笑って脱落
    シーズン5は梅干しを口移しで食べて、つばまみれになったのを食べて笑って脱落
    というように、子供には見せられない内容だ。嫌悪感もハンパない。
    もちろん性器にはモザイクはかかっているけど
    股間のモザイクの中から消しゴムが出てくるシーンとか
    まあ子供には見せらない内容なので、評価は分かれる。

    結局下ネタをどう評価するのか?というところだろう。
    成人した大人が見る分にはいいと思うがPG12レベルではないかと思う。
    そういうネタでも平気な人は評価は高いと思うけど
    それ以外ではきっと気持ち悪いとか、下品、となってしまう。

    いろいろあるんだけど、一番のダメな原因は
    下ネタだろうと思う。だからといって下ネタを封印したら、どこまでOK,どこまでNGが
    線引けないので無理だろうな。

    なので、下ネタWARNINGは出すとして
    「下ネタがあります」的なアナウンスがなく、後半下ネタオンリーなので
    そこは是正したらいいんじゃないかなーと思う。

    内容的には、芸人がネタをやったり仕込んだりしているのに
    まともに見てない人が多いのはダメだと思う。
    やはり、ネタは全身で受け止めて、笑う、笑わない、を判定して欲しい。
    ペットボトルの水も廃止するべきだろう。

    なので、1か月だけだったけど、アマゾンプライムでビデオを見る中で
    オリジナル番組を見たけど、相対的に評価は低い。

    シーズンいくつか忘れたけど、極楽の山本が優勝した回があった。
    山本自体は面白くなく、共演者が潰しあいをした結果、漁夫の利で山本の優勝。
    なんだかなーと。面白いやつの優勝ではないところがこのシステムのダメなところだ。

    ドキュメンタルがさらに良くなるには、強制ネタ見せタイムがあるべきだ。
    控室にこもりっきりとか、料理しててネタを見ないとか、ネタの破壊力を
    他人が全部受け止める、という義務をやらないといけないと思う。

    そこはゲラな芸人をどれだけ集められるか?というさじ加減が難しいのだけど、、
    ゾンビタイムは意味がわからん、いや、わかるけど、ルールとしては
    全員笑わせないと返金されないので、後半に登場させるようにしないと
    前半で登場する意味がわからない。無駄ゾンビ。

    アマゾンに関するオリジナルバラエティはそんな感じ。

    そしてabemaTVのリアルカイジGPである。
    参加したけど、つまらないことつまらないこと、、、
    現在も配信されているが、仕込み、ヤラセが目いっぱいで
    ガチではない。
    カイジっぽさが何もないという評価はその通りだと思う。
    単なる罰ゲームの塊で、それを賞金1億円で釣っているだけ。
    キャッチコピーとは裏腹にかなり面白い部分はカットされている。

    従って、番宣で過激なタイトルをつけるしかない、というまさに
    これも昭和のバブル時代の手法。
    なんだかなーと言う感じ。

    一番のインパクトはパイプカットだったと思います。
    なんだけど、いろいろ法律の壁が高く(笑)
    どっきりってことにして、さらに仕込みが発覚して、、、
    これからもいい素材が収録できたのに、全カットということになると、、、
    ここでも極楽山本が出場、ネット動画にしか通用しないタレントになっている気がする。
    ヤラセ、仕込みがこんだけOKなメディアってネット動画しかないですね。
    おそらく台本で最初から優勝者決まっているのでしょう。
    私の予想は、極楽山本です。
    不自然なこと多かったです。
    まあその辺はどんどん視聴数が下がっていくでしょうから
    #普通は回数ごとに上がっていくはずですね。

    リアルカイジGPはシーズン2,3と次々に出来る展開のものではなく、一発芸人のごとく
    単発で終わると思います。もちろん形を変えて再登場するかもしれませんがね。
    最初から芸能人、タレント、モデル、ホストで、固めればいい話ですから、、、
    昭和のバブルの頃の番組でも、素人参加番組→芸能人参加→芸能人番組になった番組はあったので
    その流れを受けると思います。

    じゃあどうやれば、という手法ですが
    リアルカイジを再現したいのか、罰ゲームをやらせるために嘘をつくのか、どっちだ?ということになります。
    素人参加番組の難しさは素人のキャラが立っていないので、どうやってキャラ立ちさせるか?という
    ことです。これが出来ないので、タレント、芸能人に頼っているわけで
    放送作家、テレビマンの技量が問われるわけですよ。
    カイジでは各キャラクターが最初からキャラ立ちして描かれているわけで
    それを素人参加に求めるのは難しいですからね。

    Pの手腕が問われるわけですが、そこは無視して、タレントに頼った時点で負けです。
    ロクなPがいないんでしょうね。そこにお金かけないと、、、
    タレントや大道具、小道具、機材、なんていくらでも代替えが効きますが
    優秀なPは

    ということで、主なネット企業の動画コンテンツ3番組を見たんですが
    作りが昭和でした。
    ナイナイの岡村だか、お笑い芸人の誰かが言っていたと思いますが
    放送倫理、コンプライアンスが無ければ面白い番組は作れる、ということを体現したものだと思いました。
    ヤラセ、仕込みを堂々と行える、となれば面白くなるのは当たり前です。
    地上波ではそれは出来ないので、みんな頭を使っているので、
    ゲームで言うところのチートですかね。

    ルール犯せば俺TUEEEが、出来るのは当たり前なので、意味がない。
    規制のゆるいネット番組で好き勝手出来るのは、最初だけそのうち同じ規制がかかる。
    その時に、優秀なPを抱えているかどうか、なのである。

    同じ規制がかかればネット番組には勝ち目がない。
    今のネット番組はチートし放題なゲームと同じなのだ。
    少なくてもバラエティはそういうことだろう。

    当たり前だけどドラマやニュースなんかも同じになると思う。
    そういう未来予想が出来たGWだった。

    じゃあまた!ネット番組面白い!規制がない分忖度が無い!でもヤラセ、仕込みだらけ!コンプライアンス緩い!




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    258b1101.png

    2d14b34a.png

    66120926.png

    全世界のファンのみなさまこんにちは
    GWなのに暇です、ふなです。

    今夜はアジング行こうかな、、、、

    暇なので、新元号とか考えていました。
    新元号は、72文字の漢字の中の組み合わせ、という法則を知り、
    勝手に新元号を想像してみました。

    考え方としては、2回以上登場した漢字の組み合わせ。
    漢字2文字、2つの漢字を組み合わせる。
    頭の漢字と尻の漢字をそれぞれ、振り分けて行き。
    残った漢字を組み合わせて、振り分けると
    自動的にわかるのではないか?という考え方からです。

    ということで、まずは2回以上登場した漢字は全部で42文字。
    これを勝ち抜け方式で採点していきます。

    本来なら、一番ポイントの高い漢字を選ぶべきなのですが、
    例えば、ローマ字の頭文字がMTSHのどれかで、それ以外がパーフェクトだった場合。
    Hで始まりますが、それ以外がいいので、Hで始まる元号です。というのは
    説明が難しいだろうと思うわけです。

    だから、どれか1個でも引っかかると、その時点で
    次には進めない、つまり勝ち抜け方式を採用しました。

    まず、最初にチェックしたのは MTSHで始まらないこと。
    役所の書類に生年月日でMTSHに〇とつける際にこのローマ字を使いますが、
    これ以外であること、というチェックをします。
    ご健在なのかどうかわからないので、慶応生まれの方も対象。
    HとKは似ているので、MTSHKに〇を付けるとき、HかKかわからん、となるのも防ぎます。
    IとOは1と0に見えるから除外、と金田一さんが言っていたので、除外。
    なので、MTSHKIOで始まる漢字は脱落です。

    次に読みです。
    漢字単体で読みかたは1個か?ということです。
    例えば「明治の治」は、「ち」とも「じ」とも読めるので、脱落です。
    あと読みが難しい漢字も脱落。

    次に、頭文字として使われているかどうか。
    たとえば「歴」は、ほとんど頭文字では使われていないので
    脱落となります。

    次にトレンドを調べます。
    歴代の元号のうち、昔は使われていた、最近はまったく使われていない、という漢字は
    脱落です。
    昔よく使われていた、という漢字も脱落ですね。

    そして、意味です。
    漢字単体で意味があるかどうか。
    最近だと「昭和の昭」は意味がない漢字なので、通常は選ばれないそうです。
    へーへー

    そして縦読み。
    明治、大正、昭和、平成、など、の頭文字を縦読みすると
    明大、大昭、昭平、と意味がない言葉になります。
    逆に、意味があったら困るわけです。
    平に続く漢字で、意味があったら脱落ですね。
    平文、平安、など意味があるものは脱落です。

    すると、1個の漢字しか残りませんでした。
    「元」ですね。

    つまり、法則通りに漢字を選定すると、最初の漢字は「元」ということになります。
    出目の法則ですか、、

    次は後ろの漢字、尻文字です。
    同じように、考えますが。
    まずは、近代の元号の明治、大正、昭和、平成と同じ漢字が使われていないこと。
    なので、!近代、という表記で
    平成の次が、成和、とかにはならないでしょう、ということで
    必ず違う文字の重ね合わせだと思うわけです。
    この漢字は脱落、というわけですね。

    そして読みがどうか、
    例えば「保」ですが、「ほ」とも読めるし「ぽ」と読める。
    読み方が2通り以上あるのは△としています。
    だめってわけじゃないので、、、

    そして、尻文字として過去利用されてきたか?という
    ことを調べています。
    頭文字にしか使われていない漢字は、尻文字には使われないでしょう。
    頭文字の漢字は脱落としています。

    そして、同じくトレンド、
    最近使われている漢字かどうか。
    昔はよく使われていたんだけどね、、は脱落です。

    最後は漢字単体で意味があるかどうか。

    そうすると、残った漢字が、5つ。

    頭文字1つと尻文字5つですから
    組み合わせは5通り。

    これもフルイにかけていきます。
    1つは、母音。
    GENEIとかは「げんえい」ですがローマ字読みは「げねい」とも読める。
    つまり、尻文字が母音から始まる漢字は脱落ということになります。

    次は、濁音、鼻濁音は1個以下か?
    「平成」は何もない平穏な元号でしたが、
    明治、大正、昭和は、濁音や小さい「やゆよ」が使われているが
    1か所のみで、2回は使われていない。
    1回以下、と考えると、残りは2個になり。

    イメージが強いかどうか、どうも指切りに通じるものはだめっぽい気がして
    いいイメージがない。

    と考えると、1個だけ、ということになりました。

    なので、法則から考える出目(笑)は
    この画像の1個だけです。

    なんてテキストにしないかと言うと
    ぐぐってヒットしないため。
    ぐぐってヒットして素人の予想と同じだったら、きっと候補から外れる(笑)

    なので、あえて、テキストでは答えは書いていません。

    しかしながら、どうも古臭いイメージがあります。
    400年前かよ!てイメージがありますので
    さらに原価に通じるところもあるので、まあないな、ボツだな。

    過去に出てきた漢字ではなく、新しい漢字が使われる可能性があります。
    昭和の昭も過去に一回も出ていない漢字ですので。

    で、オリジナルを考えると、、、頭文字は法則通りとして、
    尻文字は「新」ではないか?と思います。

    今の天皇は初めて、譲位(生前退位)をする天皇ですので、
    元からあった、古い体質をまったく新しい制度によって誕生した天皇、という意味になっていいんじゃないかな。
    ということで、頭文字は「元」尻文字は「新」ではないか、と思います。
    これだけ分けて書けば、ぐぐってもヒットしないだろうと思う(笑)

    ピンポイントで予想していますから、当たらないと思うけどね。

    じゃあまた!4連休だ!ああ眠い!遊びたい!仕事しよう!遊ぼう!



    このページのトップヘ