クラウドルアーズブログ

既存のメーカーと180度反対のことをやっているルアーメーカーです。消費者目線で開発していきます。業界初の電気式エイガード、アクティブエイガードシリーズを販売しています。 販売先は以下 https://auctions.yahoo.co.jp/seller/funahashi_y

    2019年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    実験的にプログラミング教室を開催、ふなです。

    さて、このシリーズもコツコツやっているわけですけど
    ようやく子供が先生をやるプログラミング教室を開催することが出来ました。

    子供がプログラミングを理解したかどうかは、他人に教えられるかどうかです。
    それを確認したかった。
    小学校ではプログラミング教育が始まるので先駆けてやっておかないとね。
    はい、親の得意分野です。

    ということで、奥さんに生徒役を探してもらって
    小学校2年生が、小学校1年生と年中幼稚園園児に教えるという
    プログラミング教室を開催することが出来ました(笑)
    大人が先生ではなく、小学校2年生が先生で、
    生徒に小学校1年生と幼稚園の年中です。

    タブレットは事前に準備していました。
    1台は自前であり、2台目を準備していましたが、
    急遽3人目が参加することになったので3台目も同様に
    準備しました。ヤフオクで中古で5000円程度です。

    アンドロイドタブレット3台を充電している様子は
    さながらちょっとしたプログラミング教室みたい、、、と感心してました。
    19-07-20-10-23-16-863_deco

    まずは、会場作りです。
    幸いマンションの集会室が無料で借りられるので
    ここをおさえて適当に机を並べます。
    最大30人くらいはできそうな会場です。
    19-07-20-10-24-03-405_deco

    とはいえ、有料の教室を開催するには制度を変えないといけないので
    有料の教室は公民館みたいな場所にしないといけない感じですかね。

    さて、当日がやってまいりました。
    会場の準備です。
    適当に作った子供の名前の冠がついた教室を作ります。

    生徒2人に先生1人という小規模からスタートです。
    あくまで実験的にやるものですから
    どうなるかわからないので、いわゆるパイロット版というやつです。

    親も参加ですが、見学ですね。
    後ろの席で見学してます。
    19-07-20-10-25-27-103_deco

    土曜日の午前中の2時間の枠を取ってやってみました。
    まあてんわわんやでしたけどね。詳細はノウハウなので書きませんけど、、、
    Screenshot_20190721-213230

    さて実際にやってみて、いろいろデータや経験値が出来て良かったです。
    想定外のことやらもあったので、、、
    なるほど、こういうことに気を付けないといけないのか、、、ということも。

    そのノウハウを溜めるために無料で開催したのですからね。
    需要があるのかどうかわかりませんが、
    まあこうやって無料で何回かやってみて
    手ごたえがあったら、有料でやるのも可能かも。

    問題もいろいろあったのですが、、、ほとんど技術的なことなので
    解決出来ることばかりで良かったです。
    今回、何が一番大変だったかと言うと、、、
    生徒役を集める、ことが一番大変でした(笑)
    プログラミングなどの技術面ではないところが一番苦労したのです(笑)

    技術面ならいくらでも解決方法があるけど、そういう面は無理だな、、、、

    あとはちょっと将来的なことが見えたので良かった。
    マネタイズの方向性も見えてきた。
    やるべきことも見えてきたので良かった。

    次回は今回の続きでやろうという計画も出来た。
    あとはどの段階でScaleするのか、、、
    大抵時間はかかるし、子供の気分次第ということもあるので
    コントロールはかなり難しいですけどね。

    ということで、大成功で小学校2年生が教えるプログラミング教室は終わりました。
    年中、小1でも十分プログラミングが楽しい、ということが理解できるようです。

    当たり前ですが、将来IT技術者にしてIT業界に送り込んでやろうとか
    思っていません。一部は行くでしょうが。
    こんな腐った業界なんて来ない方が幸せだよ。と思います。
    現役SEが言うんだから間違いない(笑)
    送り込んで欲しかったら、幸せな職業にしてくれと思う。

    あーヤバイヤバイ、ほとんど愚痴になるところだった。

    また第2回プログラミング教室でお会いしましょう!

    じゃあまた!夏休みにもう1回やるかな!プログラミング教室楽しい!子供も楽しい!親も楽しい!




      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    NHKから国民を守る党、笑った、ふなです。

    さてと、アクティブエイガードMAXの生産が追い付いていないです。
    いや、正しく言うと、仕様変更に対応するのに時間がかかった。です。

    と言うのも、先日14500を大量購入したわけですが、
    この14500を使うと、本体が動かない。
    あれ?本体が故障かな?と思ったけど
    何か違和感がある。
    DSC_0334

    ん???と思って調べてみると、、、
    電池が長い!!
    DSC_0335

    なんじゃ電池が長いって!!
    同じ規格じゃないの???

    実際にスケールで測ってみると2~3mmほど長い。
    いや、50mmの長さで2~3mmの誤差ってデカいぞ。
    DSC_0353

    そりゃ動作しなくなるわ、、、
    PCB回路追加したのか??

    電池を万力で2mm潰してやろうかと思ったけど
    電池を金属でショートさせるのと同じなので、なかなか無理がある。

    本体の下の部分を削ることも考えたけど
    なかなか難しい。昔はこの電池ストッパーみたいなのが
    無かったので、ある程度長さは可変だったが
    電池ストッパーがあるので、下は変えられない。

    うーんどうしようか、、、と考えた結果。
    基板上のランドを削除するとうまくいくのではないか?と
    考えて、プラス側のランドなしにしてみた。
    DSC_0355

    これでダメなら100本の14500をまた何か所かで手配しないといけないなぁ
    すると生産ラインが半年くらい止まってしまう。
    うーむ、、、

    ということで、いろいろ試行錯誤して
    なんとかこの電池が使えるアクティブエイガードMAXが出来たので
    ようやく生産再開にこぎつけたのである。
    これでまた生産出来るようになった。

    めでたし、めでたし、、

    って生産止まると大変です。
    問い合わせがすごいので、、、

    めっちゃ迷惑かけてます。
    がんばって生産しますね。

    ということで、生産が止まっている舞台裏でした。

    消費者の方には関係ないですね。
    すいません、、、頑張ります!

    じゃあまた!眠い!頑張る!なんで電池長くなるんだ!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    今週末は3連休、ふなです。

    京アニの放火事件とかすごいな言葉が出ない。
    ふと思ったんだけど、当然裁判になって、裁判員裁判になるかもしれないと
    仮定した時、死刑以外の判決って出るのかな??

    裁判官の中では常識的な線引きで、永山基準というのがあり、
    2人以上殺害したら死刑に出来るという不思議な基準がある。(1人でも死刑の前例あるけど)
    それは下限だが、確実に死刑になる、上限も基準としてあるべきである。

    例えば10人超えたら死刑以外の判決は出ない、的な基準が出来るだろう。
    とふと事件を見ながら考えておりました。

    さて、本日の話。

    facebook を見ていると過去のこの時期の投稿を表示する機能がある。
    本日は3年前の記事が表示されていた。
    Screenshot_20190718-162613

    FB_IMG_15634347323538575

    FB_IMG_15634347413775910

    その内容は、、、琵琶湖の外来魚釣り大会に伊藤園がスポンサーとして
    名を連ねているので、このスポンサーを外してやろうという作戦だった。
    2016年のびわ湖の外来魚釣り大会の案内に対して
    各自が文句を言っていることに対して
    文句ばっかり言ってないで行動しようよ!と言って
    伊藤園のHPからクレームを書き込むという方法の記事だったようだ。

    そうか、あれから3年がたったのか、、、じゃあ今年はどうなっているかな?
    と思い、調べてみた。
    伊藤園は相変わらずスポンサーなのか、どうか?である。
    2019

    結果は、、、伊藤園スポンサーから撤退!であった。
    みなさんの1つ1つの意見が企業を動かしたのである。

    2019年のポスターには民間企業が名を連ねることはなく、役所関連のみという
    規模が小さくなっているようだ。
    大勝利!今後は、イベントそのものを潰したい。

    文句を言ったところで世の中は変わらない。
    行動を起こせるかどうか、そこで世の中が変わる、未来を変えられる、ということが
    わかるのだ。
    そういう小さい行動を起こしていけば、世の中は少しづつ変化していく。
    文句だけ言う人は世の中は変えられない。

    世の中を変えようと思ったら少しづつ行動すればいい
    そして行動するクセがついたらもっと大きい行動を。

    そういえば、今週末は選挙ですね。
    選挙に行かなくて文句を言っても世の中は変わりませんが
    選挙に行けば世の中が少しづつ変わるかも。

    行動すると世界は少しづつ変わる。

    じゃあまた!どの党に入れるかそこが問題だ!


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    久々の釣りです、ふなです。

    7/15は海の日でした。そこで行われた釣り大会で優勝しました!
    と結論から書くよいビジネス文章。
    あと、優勝したらログが長くなる法則発動。

    あと、第19回と書いていますが、主催者も18回か19回かわからないそうです(笑)
    その辺、ということでした。なんじゃ、その辺って、、、まあいいや。
    DSC_0304

    この釣り大会は毎年、海の日に行われる地域の催しで
    午前中にウキ作り、午後に釣り大会の2部構成になっています。
    対象は小学校低学年~高学年と子供と保護者向けで、小学校単位で申込み
    近所の小学校11校で募集します。
    DSC_0306

    今回は11校100組200人がエントリーしました。
    子供が工作も釣りも好きなので、まあ、パパもですが、、うってつけの企画です。

    子供と一緒なので、まずはいかに子供を盛り上げるか?というところからスタートです。
    聞くとすみっこぐらしというキャラクターが好きというので、テンションあげあげのために
    まずはすみっこぐらしのシールを買うところからスタートなのであります。

    子供と一緒の釣りの第一歩は数日前の準備段階から始まっているのだよ!!
    で、トイザラスでシール買って、その足でタックルベリー、キャスティング、へ。
    案内によると2.7~3.6mの竿、とあるのです。
    幸い家には2.7mの竿があったので、これは子供用、大人用として3mの竿を購入。
    仕掛け入れも中古で。そのうちパパのルアーボックスにしてしまえ。
    DSC_0302

    それに子供の好きなようにシールを貼らせる。
    すると、テンションあげあげーになります。

    当日が楽しみになること間違いなし。

    とテンションを上げておいて当日を迎えます。

    会場で当日のエントリー費200円x2人を払い、ゼッケンと餌の引換券をもらいます。

    いわゆる公民館、区民館が会場なので、そんなに大人数を捌くには不向きですが、
    三か所の会議室全部使用してまずは、、、浮き作りであります。
    DSC_0308

    材料はバルサとストローと、、、というもので、浮きを作ります。
    10時開始です。さあウキ作るぞー!と
    工作好きにはうれしい時間、ただ椅子がないので、立ったままやるのが辛いので
    持っていったクーラーBOXに座ってしました。椅子あるのに使わない、、うーん、、なんで????
    DSC_0310

    子供たちには竹とんぼのキット付きなので、竹とんぼも作ります。
    簡単に作れるので、すぐに子供は飽きて外で竹とんぼ飛ばして遊んでます。
    なぜか、うちの子(小2)は工作が好きでずっと何か作ってる。
    色塗ったりしている。そういうのが好きだそうです。

    釣りが初めてという人も多く、そして特に指導もないので、
    材料をまるごと使ったウキを作る人が多かったです。

    バルサの直径10mmで長さ10cmくらいな材料と竹串なんだけど、
    そのままドッキングさせて色塗ってはい、完成、みたいな、、、
    色も横の線がいいよ!っていわれて、竹足近くに横線書く、みたいな人も、、、
    いやいや、、、大き過ぎるだろう。なんでトップに色塗らないの??
    それを指導すればいいのになー

    そこで、まず、小さく切って、紙やすりで形整えて、って作っていく。
    途中でスイカ割体験とかアナウンスあったけど、
    スイカ割には興味なく、スイカを食べることは好きみたい。
    というアナウンスあったので、スイカ柄のウキも作ってみた。
    DSC_0313

    色もまず下地の黄色にして、そこから横線の目印を書くとかやってみた。
    そういう指導する人がまったくいないのはどうなんだろう、、、と思いつつ
    自分たちの作業に没頭する。

    バルサを切りだし、紙やすりで形を整えて、竹足を作って、下地塗って、横線入れて完成
    雨だったのでトップコートは無しでした。
    たぶん晴れていたらトップコートするんじゃないかな。

    1個のウキは15分くらいかかるので、子供と共同作業しながら
    玉ウキ、トウガラシウキ、かんざしウキ、パイプウキ、という
    いろんな種類を作ってみました。

    家からクジャクの羽根持っていこうとしたら止められました。
    持っていかなくて良かった(笑)そういう教室じゃなかった。

    で、完成したいくつかのウキ。
    良く出来ています。我ながら。
    昔、へらぶな用の萱ウキを作った経験が生きている感じです。

    朝の試釣で、30分で4匹釣れたので、今日は釣れますよ、というアナウンスがありました。
    12時からお弁当食べて、13時から釣り大会開始です。
    14時半までの90分勝負ですね。
    なるほど名人なら12匹は釣れるわけだ。

    朝貰った引換券で餌を1組1個もらいます。
    イソメとミミズが選べたので迷わずイソメ。

    竿は2.7mが子供用、3mがパパ用として、適当な場所に陣取る。
    仕掛けは道糸0.8号か1号、浮きゴムに、噛みつぶしに、ハリス止め、というシンプルな仕掛け。
    今回はテナガエビを狙いたくて、エビ針2号の仕掛け。
    浮きはもちろん午前中に作ったウキです。
    試合開始まえに水深を測って、底とんとんから少し沈めるようにします。
    水深は80cmくらい。

    昔はここでテナガエビを狙いましたのでいるかなーと思って。
    試合開始の合図で、一斉に投入しています。

    まあここはヌマチチブが外道で釣れるので、これを
    子供に釣らせて、私はテナガエビを狙おうと、、、

    さっそく、子供にヌマチチブがヒット、はいはい。外しますよ。
    とにかく嬉しそう。
    DSC_0320


    大名釣りをやらせるのが一番ですね。
    自分で作った小型ウキで微妙なアタリを取るのですが、
    浮きがちゃんとしてないと釣れないみたいです。

    いつものごとく、ヌマチチブを量産してて、テナガエビこないな、いないのか?
    ヌマチチブ、テナガエビを釣って、透明なプラスチック容器に放り込む、みんなに見せてあげるために
    観察のために、むしかごの下だけ持っていったのだ。

    釣れない人も魚を観察できるように、、
    と思って、ヌマチチブをガンガン釣っていたら。
    釣果を調査にきていた主催のスタッフが、「あら、いっぱい!一番よ!」

    と写真タイム。どうやら広報に載るらしい。
    DSC_0321

    何が他の人と違うのか?と聞かれるんだけど、、、
    バンバン釣るので、釣るたびにすげー、スゲー、言われて子供も鼻が高い。

    何が違うって、、そりゃ腕ですよ。と言いたいが、
    午前中に作ったウキがいいんですかね??とかとぼけておいた。
    そのウキで釣っているからね。

    ええ?周りの人そんなに釣れてないの???と思って
    回り見ると、、、

    ・ロッドがごつすぎる、なんでリール付き?それダイソーの100円の竹竿だよね?
    みたいな道具の人が結構いる。

    ・作ったウキがでかすぎる。市販の仕掛けとウキを交換してる人が多いんだけど
    浮きが横に寝てる、、、
    オモリが軽すぎるんだよね、、

    ・棚が浅すぎる。
    底に魚はいるので、確実にボトムを取らないと、、、
    ウキ下30cmくらいじゃあ、、、

    ・針がでかすぎる。
    10cmくらいのヌマチチブ釣るのに、流線形9号とかの3本針、投げ釣り仕掛け、、、
    デカすぎるよ針が!!!

    ・餌が大きい!イソメ1匹をちょんがけ、、、たまに2匹ちょんがけ、、、、
    うーん、、、カレイでも狙っているのか、、、、
    たしかに触れない人多いけど、、、

    ・フッキングしない、、、
    浮き、ぴくぴく、ゆっくり上げる、あ!って水面でバラす。
    案外ヌマチチブは口硬いです。秘密を守れるヌマチチブちゃんです。
    ちゃんと穂持ち下にテンションかかるくらいのフッキングしましょう。
    バットにまで力はかからなくてもいいですけどね。

    ・沖に投げ過ぎ
    竿の長さが長すぎる案内なので、そうなるんだけど、魚がいるのは
    足元です。石垣付近を狙いましょうよ。

    という基本がしっかりしていない人が多かったのと、
    そういう案内がまったくされていないので
    初心者にとっては難しいイベントだったんじゃないかな。
    全員が全員根こそぎ足元の魚を持って帰っても資源的には困るので
    初心者は1-2匹釣るくらいでいいのかもしれません。

    で、数は40匹前後でした。
    DSC_0327

    最後の集計タイムで、「18匹より多く釣った家族はいませんか?」と聞いていた人が
    うちの釣果みてびっくり!倍スコアですよ。
    今回の一番!という写真を撮っていただきました。
    賞品はありません(笑)名誉だけです!

    もう少し初心者に寄り添った内容になるといいなーと思いました。
    案内の内容見ても、何が釣れるかわからないのに竿、糸、針、って言われても、、、
    浮き作るよ、って足の大きさがわからないのにゴム管持ってきて、とか。
    バルサに刺した竹足を接着しないとか、、、
    工夫が欲しいところですね!

    ということで、優勝をママに報告し、帰宅の途に。
    その日の夕食は優勝祝勝会をハマ寿司で。
    子供には普段は注文を許可されない、お絵かきパンケーキを!
    DSC_0328

    ゆうしょうおめでとうと書こうとして、ゆうしょう、だけでいっぱいになってしまったらしい。
    さかなの絵は描いた。
    DSC_0329

    すみっこのキャラクターか???

    釣ったヌマチチブは冷凍してカサゴ釣りの餌にしようと思います。

    ということで、優勝出来ました。ありがとうございます。
    パパは鼻が高いです!

    今回使用したタックルは、、
    ロッド、、、ア、ア、アル、アルファ、、アルファタッ、、、いやなんでもないです。
    何か安いカーボンロッドです。
    ライン、、、ラ、ラ、ラパ、、ラピ、、カモ、、、いやなんでもないです。
    何か市販のナイロン仕掛けです。

    浮き、、自作バルサウキ。
    オモリ:板オモリを適量に
    ハリ、、たぶんエビ針2号
    餌、、、アオイソメ

    ターゲット:ヌマチチブ、セイゴ
    釣り方:ウキに微妙な変化が現れたら、聞いてみる、重さを感じたらぐっと合わせる。
    レンジ:ボトム

    じゃあまた!これも今年の初優勝記録!100組の中のダントツ1位!ヌマチチブはカサゴ釣りの餌!



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    全世界のファンのみなさまこんにちは
    21日の大会がマンション理事会と重なって断念、ふなです。

    何かでちょっと見たんだけど、道具が自宅に届くことを着弾と言うな!失礼だ!という
    論調を見ました。ツイッターだったかなー。潰れかけの釣りSNSだったかな、、、
    smile

    せっかくメーカーの作ったものを使い終わった弾扱いにするなんて!
    みたいな主張だったと思います。

    とんでもない話で、私はむしろ着弾は褒め言葉だと思っています。

    別の言い方を考えましょうか。
    例のメタルジグが着弾しました!

    アマゾンで注文した荷物が届きました!
    と言い換えたとします。
    「荷物」が「届いた」のです。

    荷物という言葉は会社のお荷物、とか、荷が重い、肩の荷が下りた、とか負の意味があります。
    届いたわけですから、単なる物理移動を表した言葉なのでしょう。
    そこで物語は終わっているわけです。

    仮に、パチンコ玉を5-10cm転がしてみてください。
    ころころと、転がる。
    あるいは、右から左に移動させる。
    別の部屋に持っていく。
    どうでしょうか。何かインパクトがありましたでしょうか。
    何もないですね。正確に表現しても
    そのパチンコ玉は、単なるパチンコ玉にしか表現できません。

    では、そのパチンコ玉を時速1500km、そうですね。
    マッハ1-2で壁にぶつけてみましょう。
    あ、頭の中の想像でいいですよ。
    どうでしょうか。
    何かインパクトはありませんでしたか?

    これは着弾ですね。
    移動ではなく、着弾なのです。

    着弾というのは、単なる物質の移動を表す言葉ではなく
    その待ち待ったものが強力なインパクトを持って
    やってきた、という比喩なのです。
    その強烈なインパクトを与えるものが自宅にやってきたのですから
    着弾、という表現はぴったりなのです。

    グローブライドのSPORTS LINE200のリール(3号糸付き1500円くらい)が家に届いたのと
    ステラSW8000が家に届いた時のインパクトは同じではないと思います。
    価格でもないですよ。
    ジョイクロ178の中古をヤフオクで落としたものが届いた場合と
    GANちゃんのサイン付きオリジナルカラーの世界で1個のジョイクロが届いたインパクトも
    同じではないはずです。

    衝撃度が違いますよね?
    先述のパチンコ玉の例を思い出してください。
    同じものでも衝撃度が違いますから。

    遠くからやってきて今自宅に衝撃を持って届く、これは着弾ですね。

    また、ルアーもよく着弾と言われます。
    それだけインパクトのある製品というのが良く伝わります。
    時々、100円のルアーを買った人が、補給、と言います。
    着弾ほどインパクトはなく、定常的に使う消耗品代わりの表現だと思っています。
    例:今日ダイソーでエギ10本補給した。

    まさに補給ですね。
    特にルアーはキャストするので橋脚を「撃つ」とかいいます。
    撃つための弾という意味でも言いえて妙ということです。
    撃たれるのは魚ですからね。タコイカエビもあるけど、、
    釣り場は戦場なのでしょう。

    なので、新製品やプロトタイプなど期待の高さを表すのに着弾と表現するのはとてもいいことだと思っています。
    むしろ「荷物」とか書いてしまうとマイナスにしか聞こえないので損だと思います。

    ということで、「着弾」を使いましょう!という話でした。

    じゃあまた!夏休みいろいろ大変!急に予定決まった!ロングドライブ!釣りしたいのに!

    このページのトップヘ