「ボーダフォンは、ハッピーボーナスや年間割引を利用する一部ユーザーが通話料割引サービス「ハッピータイム2」の導入を理由に同社契約を解約する場合、割引サービスの契約解除料を無料にすることを明らかにした。」

ボーダーフォンのハッピータイムが今日で終わる。いや、先週で終わったというべきか。

ハッピータイムでは土日1分5円だったのだが、それが廃止。
解約しようものなら違約金。というずいぶん身勝手な制度だったようだ。
今度のプランは5分しゃべると30分無料というプラン。

だが、相手が5分以上しゃべってくれないとあるいは35分以上しゃべると料金高騰の罠。
抗議殺到でしぶしぶ解約するときに解約料取らないよ!としたらしい。
つーか、34分くらいで掛けなおすとか面倒なことする人いるんだろうか??

それが明日から開始である。この制度によって明日からボーダーフォンの解約ラッシュがあると思われる。
方法は簡単だ、ボーダーフォンに行って「ハッピータイム2が気に入らないので解約します」というだけで
解約料が無料なのだ。顧客を縛っていた縄がいま、解き放たれる。

この解約ラッシュでAU、ドコモがシェアを伸ばすと思われる。
最近、アクセス解析をしてないが、俺の携帯サイトではAU,ドコモ、ボーダーフォンの順番で
アクセスが多い。
大体、60、35、5 くらいの割合だ。ボーダーフォンは危うい。
ますます危ういだろう。TUKAはすでに負け犬。

これで日本の携帯勢力はAUとドコモの2大分布図になるわけだが
あとからYAHOOとか出てくるのかな?逆に言えばチャンスでもある。
AUとドコモで切磋琢磨してほしい。さらばボーダーフォン。