DVC08291.JPG
結果、準優勝です。(でもポイントは優勝と同じなの、、総重量の差で2位だって)

うふふふ、えへへへ。お立ち台では上がってしまい、ぜんぜんしゃべれなかったし、時間もないので
超詳細を
ではタックルから
タックル1:9尺、両ダンゴ用(結局使用せず)
タックル2:12尺、道糸08、ハリス03で23cm30cm。針アラシ4号5号とか。ウキ月山タイプ(笑)16(トップ20cmくらいの細パイプ)
餌:パウダーベイトボトムと半袋を100ccの水+雨少々で溶いてどろどろにして10分放置
バラケマッハ200ccで作ってしっとりしすぎなのでさらにバラケマッハ200cc。
手水+雨でどんどんやわらかくなるのでその時はもじりを1つかみづつ。(ねえ雨って水分調整の敵だよね?)つーかテント買え>俺
タナ:上針トントンのまま(笑)3cmズラシしたんでしょ?って言われて忘れててしてないよって言ったら
笑われた。

1stステージ74番:バッキの前。ここはポイントとして最高。以前にも加瀬林さんが4kg釣ったところ。
両ダンゴで打つ、とにかくすぐ溶けるのでバンバン打つ。
#お立ちインタビューで田辺さんに「それじゃすぐ開くでしょ?」と言われてそういえばすぐに餌落ちまで
#あがったなーとその時気が付く(笑)
30分くらいで450gが釣れたがリリース。以前のウエインアルゴリズムならばキープしていたが
アルゴリズムを単純に600g以下はリリース。を基本にした。
なんぜ600gかというと「オレは700g以下は捨てでいく」とTNKが言っていたのでそれより
ヨワヨワの作戦だ。さらにいつも釣れなくなって得意のメータセットに逃げる!と怒られていたので
底釣りと心中することにする。今までがリミットの釣りならギャンブルの釣りである。
2枚目、3枚目も600g以下なのでリリース。隣で棚網さんは「早いアタリ取ってると、魚が浮いちゃうよ」と
アドバイスをもらったのでじっくり待つことにする(棚網さんが言うんだから間違いないだろう、、単純だな)
この頃からいつものメータセットのアタリじゃないことに気が付く、消しこんだり力強いアタリがない
(そりゃそうだ底釣りだもの)
んで、チクっとかカチっとかいうアタリを狙っていくことにする。

4枚目が600gちょっと、キープする。
ここで1時間経過。バンバン打っていたのはいいけどこのペースで打ち続けると午前中で餌(バラケマッハとボトム)を使い切ってしまうのでなんとかペースを落とすことを考える。
1kgルールでボトム2分封とバラケマッハミニ1袋、あとはセット専用バラケに感嘆。重量あわせでもじり
#本当はケイフを入れたかったが1000gを超えるので、、もじりは使いかけだったので軽かった。
そこで、餌を小さくして待つ釣りに転換とかバラケマッハの代わりにセット専用バラケとして
餌を作り変える。など試みる。もうやってることはバラバラである。
さらに雨が餌をやわらかくする。底釣り=固い餌、だと思い込んでいるオレにとっては雨も手水も敵だ。
餌の配分はTNK直伝。逆にこれしかレシピがない(笑)

2キープ目は800gくらいありそう。
んが、このときにタモアミの水が餌ボールにダーっと浸水して餌がびちゃびちゃに、、
もじりを吸水ポリマー代わりに200ccほど入れる。(普通は作りなおすんだって)
3キープ目は750gくらい
4キープ目は800gはありそう。
30分に1匹のペースで釣る。残り30分で1匹だー。
加瀬林さんが偵察に来て「ここはいいポイントだー」とじっと見られる。プレッシャーをかけられるが
オレはプレッシャーに負けない精神力がある(と思い込んでいる)。
残り3分、ヒット「スレでありませんように!」といいつつ上がってきた魚は800gくらい。
時間終わりで棚網さんが「この人がきっとトップだよ」と言われた。ふーん、そんなに釣ったかな?
自分的には3500g前後じゃないか?と思ってた。トップは4000g行ってるでしょう。
検量では3490gで2ndステージへ、おお10位以内には入ったかもしれない。
昼食の最中に午前中トップであることを知る。へー釣れてないんだ。。この頃から手がかじかみ、
体全体が雨にぬれて冷え体力がヤバイ。テント欲しいっすよ!
おー、でも午後崩れるんだよなー。

2ndステージ11番:座席の右12、13が空席。お、運も見方だな。と思う。
やや右目に竿掛けをセットし、底を取る。針を交換。ハリスがチリチリだった。よくこれで釣れたな(笑)
相変わらず上針トントンのままスタート。餌は同じ配合で両ダンゴでバンバン打つ。

1枚目500g。キープしようかな?と迷っていると「600以下はへらじゃないよ!」とTNKが言うので
素直にリリース。それから相変わらず30分に1枚程度のペースで釣れ、600g以下は捨てるという
作戦で目標3kgにする。ポイント取れたらいいからなぁ。
途中左の方の仕掛けに絡まりハリス1本を切ってしまった。どうもすいません。
大きいのは重さも量らずキープ。3枚まで大きいのが入り、あと600g2枚で優勝だなとか
思ったら気が楽になった(3kg釣るのはそんなにいないだろうと思ってた)。

ここからオレの膀胱が悲鳴を上げ始める。そういえば朝からトイレに行ってない。
雨に濡れて体が冷えて肺炎になりそうなのだけれど、止めるわけにいかないので
900gくらいを入れて、「あと1枚でトイレ!」と決めて続ける。
オレの膀胱は宇宙だ!と自負するだけあってトイレは相当我慢できるのだ。

14:30頃600gくらいを入れ、よし!トイレ!とトイレに駆け込む。
予想では3300g前後じゃないか?と予想する。
これで10位以内でかなり上位だなシングルかな?と思って検量へ。
結果は3710g思わず「やった!」とガッツポーズ。
大きいのは計らないでキープするんでとりあえず600gで計算しているからかな?
でも4000gオーバーが何人かいたので、あーいいとこ10位か?
なんだよ、午後から釣れなくなるんじゃないのか?逆か、、

結果発表では10位で2600+2600くらいだったので(あ、嘘かもしれん)
TOP5かもしれんと思いながら待つと2位でした。
でもトップと同じポイント。総重量で差がつき2位へ。
その差194g。1ステージあたり97g。うーん惜しいね。
3490+3710=7200 1匹平均720g。でかいね。隼人大池!

今回はラッキーも重なり、準優勝でした。
オレは実力だと思っているのですが(笑)、いいや違う!ラッキーだ!と思いたい人のために
どれだけラッキーだったか、明日かきまーす。
だって今日はもう十分長いっすから!