日本全国263人のファンのみなさまこんにちは

今年最後の更新です。ふなです。



今日で仕事収めですからね。

なお、喪中につき、新年のあいさつは遠慮させていただきます。



昨日はクリスマスでした。

サンタを信じている下の子は、なぜか希望のおもちゃが届いた魔法に大喜びし、

サンタの正体を去年知った上の子は、喜びが少ない。

そういう図式を見ていると、無知の喜びみたいなのが

少なからずもルアーの世界にもあるんじゃないだろうか、と

思うようになりました。

何も知らないほうが幸せなのかもしれないが、

正体を知るのも成長の一環だと思うんです、

釣り業界にはサンタ(プロ)を信じている人がどのくらい

いるのかな、、、そしてその正体を知っている人は

どのくらいいるのかな、、、

すごく気になります。



MIRAIに未来がないようだ。

MIRAIっていうのはトヨタの水素自動車。

水素1kgあたりの価格が算出された。

1kg=1000円(税抜)らしい。これをMIRAIでは4.3kg積める。

そして満タンで700km走る。多分カタログ数値だろう。

で、燃費を算出すると

1kmあたりかかる費用は約7円

ガソリン車が約4円くらい。

(リッター140円で燃費35km)

自作電気バイクは約0.2円くらい。

(20km走る充電費用が4円)



ガソリン車より燃費が悪い水素車。

まるでオールドアメ車だ。

(今のアメ車は燃費がいい)



MIRAIじゃなくKAKOにしたほうがいいかも。

ってなことがわかると水素はkgあたり500円になるまで

様子見ってことになる。

そして、そんなに簡単に水素供給網は整備されないだろうと

予想はつくし、最初はkg1000円じゃあ赤字だろう。

でも、将来本当に水素社会が来るならそれは大事なことだ。

赤字だろうが、水素ステーションが少なかろうが、それはどうでもいい。

始めることが大事。あとは普及したらそれがスタンダードになる。

それまでが大変だと思う。

いかに水素社会を作っていくか、メーカー、ユーザー、ガソリンステーション

それぞれがWIN-WINじゃないといけない。



来年は水素車元年になるのかな?

こういう新しい概念、新しい社会をどう作っていくのか、というのがとても参考になる。



普及したら、こういうことをする、という案はいっぱい出るが、

どうやって普及させるか、はなかなか難しい。

100を150や200にすることは誰でも出来るが

0を1にすることは限られた人しか出来ない難しさである。

産みの苦しみというかコロンブスの卵というか。

まあだれも挑戦しないので、そこにはその面白さがある。



仕事でもLinux畑で育った私がここ数年はWindows案件ばかりやっている(笑)

DNSレコードが消えるとか、dcpromo とか、糞みたいな仕様のOS相手は

本当に仕事が面白くない(爆)



これも慣れるしかないのかな、変な文化だが、、、



来年こそは本気出す、じゃないけど巻いた種が発芽しかかっている

ことが多い。

基本的に1案のみは遂行しない、かならず複数、あるいは両極端を同時に行う。

リスクヘッジって考え方もあるけど、ふり幅が広い方が楽しい。



ルアーも楽しさを求めるものから、釣果を求めるもの、

別の目的のもの、いろいろある。



今年最後に作ったのは楽しさを求める激安メタルジグだ。

名前は「BUNTeen」ブンティーン!である。

原価150円くらい(笑)

鉄ジグで重さは150gだったような。



以前、構想だけはあった文鎮をベースに作ったものだ。

メガーン!はメガネレンチベース、ブンティーン!は文鎮ベースである。



メタルジグ=鉛とアンチモン、という固定観念を捨て

鉄ジグ=加工が面倒くさい、という固定観念も捨てると

こんな感じに出来てくる。



たぶん世の中の鉄ジグなんてきっと原価は似たり寄ったり。

200円もあれば立派な鉄ジグが作れるはずだ(笑)



クラウドルアーズで出すかどうかは微妙だが、

フィールドテストしてみて釣れればいいんだけどね。

こういうふざけたのから、まじめなものまで、

ふり幅は大きくないと狭いニッチなルアーしか

作れなくなってしまう。



あ、基本ふざけた(ようにしか見えない)のしか作ってないと思われます(笑)

それはそれでもいいんですけどね。



ってなわけで、今年も終わり

いろいろやり残したことだらけだけど

来年は主軸をブレさせずにどこまで出来るか

いろいろやってみようと思う。



じゃあまた!来年!ひつじ年!マトン!