日本全国212人のファンのみなさまこんにちは

バスプロやルアーメーカーでもブラックバスを研究のため飼っている人は多い

でもシーバスのルアーメーカー、プロでシーバスを飼っている人を聞いたことが無い。

基礎研究は大事だよ、のふなです。





ジャッカルの水槽とかバークレーの水槽など、ブラックバスのプロや

メーカーは自前の実験池を持っています。

バークレーのバイトが400倍、とか実験結果による記録が元になっています。



へらぶなも同じですね。実験池や飼っている人もいます。

うちにはプラ船ジャンボ400が2個あり、へらぶなを飼う様に

用意しています。問題はへらぶなを売ってないことなんですが、、

釣りに行く時間がないので、1個は金魚池になって

子供と釣りしてます(笑)

1個はえび専用です。たまに金魚の卵がついたままの水草が

飛んで行き、高級えび食い放題になっていることがあるので注意。

#今年は野生のへらぶなを確保して法流したい。

あ、ちなみに自宅はマンションです。ベランダに池が欲しかったの、、

プラ船ジャンボ400は400リッターの水槽です。

装置と人間合わせるとベランダには約1トンの重さがかかってます。





それに比べシーバスは研究のため飼っている人を

見たことも聞いたこともありません。

東京湾が実験池だ、という屁理屈はあるのかもしれませんが

やっぱり基礎データをきちんと取得するという行為をおろそかにしては

いけないのかなぁと思います。



屋外で海水魚を飼うのはとても難しいみたいですが、

幸いシーバスは淡水でも徐々に慣らせば飼えるので

最初海水で飼い始めて、淡水化していけば飼えるのではないかと

思います。



ある実験論文を見つけました。

http://www.tochigi-edu.ed.jp/bato/fish/kadaikennkyu/H14/suzuki.pdf



この実験によると、淡水でもスズキは飼うことが出来ると

予想できます。



もちろん70cmの大きさのものを飼うのは大変でしょうが

小さい固体からはじめていけば、ノウハウが溜まり

210cmの水槽に70cmのシーバスを泳がすのは

不可能ではないと思います。

エンドケリーやアロワナ、テールキャットと同じ程度の

大型水槽でいけるはずです。



超大型水槽で飼うのを最終目標にするために

まずはセイゴサイズを確保するところからなぁ。



スズキの生態をじっくり観察していけば

思わぬ発見があるかもしれません。

これはフィールドでは絶対に出来ないことです。



釣りビジョンでもジャッカルの水槽でスレや習性の観察を

やっていましたが、本当に釣れるルアーをリリースしようと

思うなら基礎研究は重要です。

売れるための研究には魚の生態ではなく消費者の研究してれば

いいわけですから魚の生態には興味ないのかもしれません。

しかし、私は売る研究より、釣るための研究をしたいですから

魚のほうの研究に興味があるわけです。

#ターゲットフィッシュを研究しない人、メーカーって、、、



ということで、今年はセイゴサイズでいいので

家でスズキを飼うことを目標にしようと思います。

ちょっとしたラボですかね。



一応、最弱ではありますがルアーメーカーですからね(笑)