日本全国205人のファンの皆様こんにちは

狼少年と言われるのかな?どうだ、勝負!ふなです。



私が東京ラドンというアカウントで、ラドン濃度の画像を

ツイッターで配信しているのは前にどこかで

書いたと思う。

https://twitter.com/tokyoradon





きっかけは神戸の震災の後に実は、神戸で地震の直前に

ラドン濃度が上がっていました、という研究結果だと思う。

それを見て、ラドン濃度の測定器を買って、見てたりした。

そのうち数値をブログで発信したりして、やめたり、また復活したり

してた。3.11の時にはちょうど、引越しの荷物の中で

まだ、開封もしていない時期なったので、データが取れなかったが

また、ようやく発信し始めた。



大気中、水中のラドン濃度と地震の関係は

http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2011/12/001005.html

あたりが参考になる。



そこで、いろんなデータを見てたが

濃度上昇したあと、M5以上の地震が高確率で起きることが

見えてきた。

実際に、ツイッターでも予知し的中させてきた。

震度3とか予知してもしょうがないんだけど、、、



だけど今回は、そのデータが異常値を出している。

せいぜい上限35程度だったのが40を超えたのだ。









これは異常である。

HPに40超えたら要注意かな?って書いてあるのは

過去に40を超えたことがないからである。

ちなみに3.11以降計測しているが40を超えた例はない。

単位は(Bq/m3)



それが超えたのだから、ほぼリーチであると思っている。

短いと2週間以内、長くても半年以内にはかなり大きめの地震が

来ると思ってよいと思います。



最近ずっと上昇しっぱなしで30を切ることがないので、

おそらく、発生場所は関東より300-500km以上遠くで

あろうと思います。

絶対に関東ではない、とは言い切れないところがアレですが、、、

仮に関東が震源地だとすると、もっと急激に上昇するはずだと思っているので。



実は、予知方法は違うのですが、GPS地殻変動データにより

地震を予知している人もいます。

その人は3月末までに南海トラフ地震が来ると予想しています。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37571



この2つの地震予知の時期が偶然重なったとは思えません。



残念ながら気象予報士ではないので、地震予知情報を大々的に

アナウンスすることは出来ませんが、データの異常を検知したことだけは

お伝えできます。



他の予知をしている人のデータを見てみないとなんとも言えないですが、

確率は非常に高いと思います。



また、地震の発生は大潮前後に多く発生しているデータもあるので、

今度の大潮付近 3/29-4/3 の前後が一番危険であると思います。



関東で多少のゆれを感じても遠くから津波は来る可能性がありますので

海岸には近づかないほうがいいかな?って思います。



みなさん気をつけてくださいね。

仮に予報を出すとしたらこんな感じ



予報期間: 3/24-4/11、および 9月前後

予報規模:M7前後

予報地域:東京より300km以上、おそらく南海トラフ



地震が来ずに外れるといいなと思いますが、、、

その時は狼少年と呼ばれましょう。まだまだ地震予知は始まったばかり

多少は嘘つきと呼ばれる時期だと思いますので、、、