日本全国204人のファンのみなさまこんにちは

ヤフーで人材募集していたので、応募してみたふなです。



たぶんボツだろうな。でも引っかかるかもしれない。

可能性はゼロじゃない。最終列車は始発列車さ♪



クラウドルアーズでは、ロゴを使ってなんでも好きな

グッズを作ることが出来ます。

特に制限はありません。

勝手にどうぞ、というスタンスです。

でも素材がないよね?ということで



クラウドルアーズのロゴの作り方です。

実に簡単であります。

下記サイトで、フォントの番号137を指定するだけ。

http://logotypecreator.com/









こんな感じで作られます。

解像度もなかなか良いので

無料ツールですが、使えますね。

頭の変なロゴマークは無視します。

実際、このデータを海外の工場に送っています。



2段にしても良いですね。

デザインする上で一番気にしたのは

「ロゴが目立たないこと」でした。



目立たなければモノに溶け込みやすいのです。

既製の製品にプリントすることが前提なので

既製の製品のデザインを邪魔してはいけないという

根本的なテーマがあります。

線は細く、ラインも意識させない、それでいて読ませることも出来る。

という実に控えめなロゴとなりました。



メーカーは自分のメーカー名をアピールしようと必死に目立つロゴを

考えてきます。

クラウドルアーズは180度違うアプローチですので、

ロゴが目立っていてはいけない、と考えます。

あくまでも製品のデザインを壊さない、それが大事だと思います。



だって大事なのは製品のデザインであって、ロゴのデザインではないでしょう?



逆にいうと、Tシャツとかステッカーとか、ロゴを全面に押し出さないといけない場面では若干苦労しますが、

ロゴが邪魔で目立たなくしたい、という苦労に比べると楽です。

地味な子はどんだけでも盛りって派手に出来ますが

ガングロヤマンバギャルは地味な子には出来ないのに似ています。



さて、ロゴの作り方がわかったわけで、好きなデザインでなんでも作れます。

欲しいものを自分で作って売っていいわけです。

「欲しいもの」というのはニーズですから。



すぐには作りたいとか思わないでしょうが、

そのうち作りたい人が現れるかも知れません。



まずは、そういう方法がある、といういことの告知なわけです。

これが一般の企業なら大変なミッションになったりします。

「新製品の発表を2014年中に10点発表しろ」とかなるわけです。

なぜなら、経費がかかっているから回収しないといけないので

どうしても短期間で結果を求めます。



クラウドルアーズでは毎月の経費らしい経費はかかっていません。

そのため、何年間でも売り上げ0円で耐えられるのです。

だからスケジュールを立てて、経費を回収することをしなくていい。

目標と実績があれば、実績しかみなくていいのですから。

目標なんて絵に描いた餅ですね。

あせる必要もないです。ただ、スケールしたときに

耐えられる処理能力は常に備えておく必要はあります。

いわゆる「うれしい悲鳴」というやつです。