日本全国8人のファンのみなさまこんにちは。

昨夜は雨+風で出撃できなかったので、今夜あたり旧江戸のゴロタで40cmを狙いたいふなです。



まだ完成型が見えないFIMOですが、危惧していることを書きます。





web1.0 って自分が頑張って HTML書いてサーバにFTPでUPLOADしていた時代の話です。

自分がコンテンツの発信者。

やや進んで、掲示板が登場しました。自分でコンテンツを書かなくて済んだのです。



それから時代はWEB2.0になりました。

WEB2.0の定義は難しいのですが、コンテンツをすべてWEB上で作ることが出来るもの、

という考えのものです。



そのほとんどはAPIを提供し、マッシュアップという手法で自分で好きなコンテンツを作り

プラットフォームを提供するだけで、ユーザが好きなものを、勝手に作られるようになりました。

有名なところでは mixi のアプリや iphone などのアプリがそうです。

GREEや、google,docomo などもAPIを提供し、

自分のところのサービスを使ってください、ということで、ユーザの望むサービスをユーザが勝手に作るということで、爆発的に利用者を増やせます。



マッシュアップの簡単な例は

例えば、私が私専用で作った東京湾ポイント検索システムの

現在地を登録して地図で表示する、

http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/kaze/

(携帯専用 GPS と書いてあるリンクから LOOK をクリックすると現在地が地図で表示される)

これはdocomoやAUの携帯の位置情報APIで自分の位置を取得して、google map のAPIに渡して地図を表示するというもので、

ポイントを登録しておいて、半径nKm以内の他のポイントを探す、とかいう風に使っています。





現段階のfimo は残念ながら web1.0 の時代のものです。

メニューバーには

ホーム、マイページ、フィールド、つりぽー、釣りログ、凄腕、チーム&コミュ、広場、特集、ランキング、ECショップ

のメニューがありますが

どれも、本部発信のコンテンツです。



それはコンテンツの発信の限界が本部の処理能力の限界を意味しています。

新たなメニューが加わるとしたら、どの位置に、どのように加わり、本部の負担はどうなるのでしょうか?

どこか、メニューバーの位置に新たなメニューバナーが挿入され、そこにリンクが貼られ、

サーバは容量不足、回線もいっぱいいっぱい、CPUも食われて遅い、

本部の負担はますます増える、そんなモデルになっていないでしょうか?



正式オープンし、どっと人が押し寄せると、コンテンツ不足になります。

会員の増加いかんはコンテンツ「量」に比例します。

んなーことはない、大量の会員でも、同じコンテンツを見るはずだ、という仮説は成り立ちません。

会員を増やすために宣伝やSEO対策をしても徒労に終わるでしょう。

これは自分自身でも経験していることですが、コンテンツの量がないと会員数は増えません。



以前、ヤフーの記事から私のブログがリンクされていて、カウンターがブンブン回ったことがあります。

1日1000PV程度だったのが、1日5000-8000PVまで回りました。

じゃあその後、1日5000PVで移行したかといえば、数日で元の1日1000PVに落ち着きました。



宣伝も同じで、中身に比例して1日のPVや会員数は増えます。

中身が薄いのに宣伝しても意味が無いことがわかります。



では、その中身のコンテンツをどうやって発信していくのでしょうか?

会員数が増えたとき、コンテンツ数も同じペースかそれ以上に増やさないといけません。

そのPVなり会員数をどうやって支えるのか?

本部がリクエストに答えて、システム会社に発注して、、、ではペースが遅すぎる。

月に1個のコンテンツが精一杯でしょう。

#私も経験済み

iphoneのアプリは20万とも言われています。

WEB1.0のペースで開発していくと、20万ヶ月かかることになります。

えーと、2万年弱(笑)1アプリ100万円としても2000億円の開発費。



スピード感がありません。APIを先に公開しておけば

勝手にコンテンツをユーザがパラレルで無料で作ってくれます。

課金処理はフィーモで処理できます。

サーバーも回線もユーザが負担。

ユーザがフィーモで支払い、コンテンツ作成者にもフィーモで支払われます。

本部は手数料を消費していきます。

この仕組みを作るというのが大事というわけです。



仕組みを作っておけば、あとは本部の処理能力以上のコンテンツが発信できます。

会員やPVを支えることも、開発スピードも今の数万倍になります。

会員が爆発的に増えてもスピーディーな対応が出来ます。



最初の要求定義を見たときから、この意見は書いています。

機能を追加しようとしたとき、今の開発会社しか、対応できないとなると、

将来ボラれますよ、スピード感がないですよ、と。

良くないものが高くて遅いというモデルになりそうです。

心配してますし、現状、そのモデルしか見えません。



今のところ、fimo アプリのAPIをいつ発表、というのがないのでWEB1.0の古い方式のまま進んでいるように見えます。

fimo は mixi と同じように永遠のβで完成型はないと思います。

時代時代に合わせて、成長していくものでしょう。



また課金モデルはフリーミアムモデルが良いと思います。

通貨はフィーモで。

小額課金にはルアーに載せるコロプラメトロカード方式がいいかなーと。

Fimoオリジナルルアー、メジャーにシリアル番号を載せて、課金コードにする。





最後にAPIが発表されたら提供したいアプリ

・釣りニュース  

 ニュースサイトから釣りに関する情報だけを選択して表示する

 また、記事を書く記者を募集し、世界へ釣りニュースを自ら発信する

・釣り時計

 美人時計の釣りバージョン(美人アングラーや巨大魚など)

・RSS発信

 FIMOの内部コンテンツをRSS発信する

・POP販売

 凄腕の写真Bのような写真から販売用POPを自動的に作成し、販売するアプリ



いろいろアイデアは各個人であると思います。

でもAPIがなければ本部に「作ってー」て意見出して終わり。

そして永遠にリリースされない、、そんな気がします。





内容が難しいなーと思った方へ

要するに「カルモアはキンタマ握っているのか?、それとも握られているのか?」ってことです。